米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

極右・極左の原理主義を絶ち、ニュートラルな日本へ

f0127501_128435.gif

   ||| 日本の国政のパラダイムシフト |||

d0123476_19385655.jpg
 極右・極左の危険性を斬る。 ニュートラルな日本へのパラダイムシフト
 ヒットラーは社会主義者か?右翼か? 巧妙な全体主義が国民を騙す過程


d0123476_16582178.jpg秀でたブログというものは、概してそのコメント欄もすぐれて面白い。
ひいきの引き倒しのお愛想や、逆にいまわしい罵詈雑言で埋まることもなく
ひたすら話題の出所を、編集人と読者とでさらに探求していくような
往年の「ぼ・ぼ・ぼくらは少年探偵団」的なチームワークが築かれている。

 そうした理想的な質疑応答が展開していて、
 特に今回は、以前から私も疑問に思っていた、
 「ヒットラーのナチスドイツと社会主義」の話題が出ていたので、
 鳩山政権の全体主義的傾向への警告も込めて、お届けします。
 昨日に引き続き、ブログ『丸山光三或問集』のコメント欄からの転載です。

d0123476_18361536.jpg

 他国にいると、重箱の隅をつつくような日本のメディアに患わされず、
 どちらかと言えば、個々の木よりも森全体の動きを客観的に一望できるので、
 日本の現状が手に取るように、きわめてよく判る場合があります。
 氏のコメントが、そうした立ち位置を良く物語っています。
 
>「保守」という、「進歩」と対になった政治思想パラダイムこそをシフトして行かねば
  政治勢力としての「保守」の再構築はできないと思っています。
  また、名を捨てて実をとるという 政治の基本を思い出してもらうことでもあります。
  保守派を自認する方々に わが真意を汲み取っていただきたいものです。


【米国時間2009年9月7日『米流時評』ysbee】

d0123476_18373316.jpg

*追記:丸山先生、わざわざ拙ブログへ掲載の応答として
 日本ではなかなか出て来ない論点をとりあげて、新しいエントリを立てて下さいました。
 いつもながらの炯眼の提案で、ぜひご一読をおすすめする次第です。
 また、氏の別ハンドル名での フォトブログ『アムゼルくんの世界』も素晴らしい!
 ブログでのご縁に、またあらためて感謝!

>ブログ『丸山光三或問集』9/24号
 「日本の国政のパラダイムシフト 〜 自由民主主義という中道政治


d0123476_1539544.jpg
  SEPTEMBER 19, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年9月19日号
 d0123476_17164267.gif
 日本のパラダイム・シフト 保守vsリベラルの対立構造からの脱却
 ブログ『丸山光三或問集』のコメント欄より

d0123476_19394088.jpg
Res. by 丸山光三 さん
ありがとうございます。
S氏のような保守原理主義にはあきあきしました。
ああいう言論が、麻生総理の足をひっぱったのです。

麻生総理の党内基盤が弱いとはいえ、日本国総理の権限で
堂々と左右を斬ってしまえばよかったなあと思います。

安倍元総理も、総理在任中は中道の言動を維持しつつ
重要な保守的法案を通しました。
あれでいいのです。
d0123476_19422125.jpg
惜しむらくは安倍、麻生両氏とも 自民党という
鵺(ぬえ)のような党にいて、
それを基盤にして 政権運営をしなければならなかった
ということですね。

さて中道右派という政治路線が どれだけ保守を取り込めるか、
保守とリベラルという構造からの脱却、
すなわちパラダイム・シフトが達成できるのか、
祖国の行方を外から祈る気持ちで見守るばかりです。
d0123476_18394391.jpg
コメント by よもぎねこ さん
ワタシは一応小泉改革賛成派なんですけどね。
しかし一部の小泉改革派には驚きました。
改革原理主義と言うか・・・この不況の最中に、
麻生首相が緊縮財政路線を中止した事を批難するのですから。

リーマンショック以来、ヨーロッパ諸国もアメリカも
死にもの狂いで財政出動をしているのに、
そんな事は毛筋も興味が無いようです。

そうかと思うと 麻生総理が
リーマンショックで株価が急降下する最中に、
郵貯銀行の株放出を延期した事でも批難を続けました。
あんな時に大量の株を市場に出したら、大恐慌になるわい!!!

竹中平蔵氏だって、麻生総理の財政出動を基本的には賛成していてたのです。
経済問題に興味を持つ人は それなりに現実的思考をする人かと思っていたら、
それは全くの間違いでした。

d0123476_19432368.jpg
Res. by 丸山光三 さん
To よもさま、
いわゆる「改革」の前提はなんでしょう。国が破綻する云々でしょうか?
三橋貴明氏が根底的にその嘘の根拠を叩いていますね。

この政権にはいわゆる「郵政改革」見直し、
できれば清算、総括「だけ」をしてもらい、
あとはなーーーにもしないで欲しいと願っています。

その清算の過程で 小泉一味がやらかそうとしていた事が
すべて明るみにでて法的な処分をきちんと受けることを期待します。
d0123476_19442061.jpg
コメント by 風来坊 さん
鳩山新草履、もとい新総理が先ほどの記者会見で述べた第一声は
「今回の衆院選で勝利したのは民主党ではない。勝利したのは国民の皆様である」
というものでした。

私にはそれ以上TVを見続ける忍耐力がなかったので、
その後で彼が何を喋ったかは知りませんが、彼の言葉を補足するとすれば
「勝利したのは反日日本人である」ということでしょうね。

確かに鳩山政権には ヒチコックの「The Birds」の比ではない
怖さ・不気味さを感じますが、
所詮は無能鳩山のこと、いずれ自滅するでしょう。

問題は実力者・小沢の出方です。
先般の「豹変するのか小沢一郎」に書いておられたように、
小沢の豹変が期待出来るのなら 悲観することはないのですがねえ?
d0123476_184446.jpg
 >政治の王道とは左右を切り捨て中道を行くことである。

お説の通りで、「保守」という言葉には
ネガティブなイメージがつきまとっています。

「一人の人間を他の人間と区別し得るものは
その人の過去以外の何ものでもない」のと同様に、
「日本を日本たらしめているものは日本の歴史であり伝統である」というのが
「保守」という言葉が持つポジティブな意味合いなのでしょうが、
その意味での保守回帰は期待出来そうもありません。


また、自民党の面々が盛んに「解党的出直し」という言葉を口にしていますが、
あれも胡散臭い。「解党的出直し」というのは、
「解党して出直す」のではなく「解党しないで出直す」ということ。
本来の保守とはほど遠い輩が「解党しないで出直し」したところで、
中身が変わる筈がありません。

“急がば回れ”で、私は「解党して出直す」のが
「打倒民主」の一番の近道だと信じています。

d0123476_1945106.jpg
Res. by 丸山光三 さん
To うたさま、
自民党は政権与党ゆえに 有象無象がよってたかっていたわけで、
これで自然と分解消滅するのもいいかもしれませんね。

また戦後レジームがあってこその党存立基盤があったわけで、
それを否定しようとした安倍元総理は
米日の構造的支配層に斬られた、と見るべきでしょうか。

これからは 保守を名のらない保守を目指すべきかと思い、
こんなエントリーをアップしてみました。

d0123476_1539544.jpg
 C U R R E N T    N E W S   F R O M   E U R O P E
d0123476_21302648.jpg
 ヒットラーは社会主義者か? 右翼か?
 ブログ『丸山光三或問集』9月16日コメント欄より転載

d0123476_1845359.jpg
コメント by 相模 さん
 >しかしドイツにはナチスという極右がかってあり・・・

横から失礼します。おいちゃんが、[三島明のホームページ]さんで、
ナチを右翼として説明されておりました。
「社会主義」のナチを右翼と規定するのがドイツの考え方なのでしょうか。
(戦争=右翼?)
また「ナチ=右翼」を基準として、中道右派という言葉になったのでしょうか。

確かに言葉はドレスと同じで 手垢が着けば取りかえる。
日本のドレスは取替え時期なのか。
私は「保守」という言葉が いまだ市民権を得たと思えない日本で、
「自分探し」をするほど日本人は成熟していないように思えます。
d0123476_18461872.jpg
Res. by 丸山光三 さん
 >> しかしドイツにはナチスという極右がかってあり・・・

いい例なのでちょっと説明しましょう。
ナチスは「Nationalsozialismus」(国家社会主義)の略称です。
正確には「Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei」
(ドイツ国家社会主義労働者党、略称はNSDAP)ですが
名前だけ見ると左翼政党ですね。

実はその前身の「Deutsche Arbeiterpartei」(ドイツ労働者党、略称DAP)は
れっきとした左翼政党でしたが、ヒットラーがのっとってしまい、
名前は左翼、実質右翼の運営を行いました。
「国家」が「社会主義」に被されてあるところが肝です。

これは ヒットラーを支持したのが
労働者階級や下層中流階級だったことの説明にもなっています。
つまり第一次大戦に負け打ちひしがれているドイツ国民意識を高揚し、
同時に労働者の階級意識を利用してもいるのです。

d0123476_18475012.jpg
まことに巧妙な手腕でした。
ナチスの総選挙による政権獲得は
まさに革命を待望する国民の要求をくみ上げた右翼革命でした。


PS:「民主」党が仮の名、
その実 旧社会党(全部ではないにしても)ということも
ここでは考えたほうがいいのではないでしょうか?

いずれにせよ 保守かリベラルかという選択肢では
米英式のパラダイムから永遠に抜け出せません。

ドイツや北欧の高福祉高負担は無理にしても
中福祉中負担のこれまでの、つまり小泉以前の日本方式が
やはり国情にあっていると思います。
d0123476_1849323.jpg
いわゆる小泉「改革」は 自民党ばかりではなく
この日本的「保守」を壊してしまった似非「保守」でした。

その目的は「規制緩和」という外資を防ぐ堤防をはずし
外資に市場を開放し 国の資産を食い荒らさせるというものでした。
売国奴と罵られる所以です。


いま行き過ぎた市場原理主義を止め、保守本流に回帰するためには、
声たからかに保守を叫ぶより 中道を唱えながら
実際の保守運営(中福祉・中負担)をしてゆくべきだと思います。

なぜなら 小泉の輩を保守と思い込み信仰している人々が
まだまだいるからです。
あれはアメリカの国情にあった保守であって
わが国には相応しいものではないこと いまや明瞭ではないでしょうか?

 以上、ブログ『丸山光三或問集』9/16エントリ「鳩山新草履…」 より転載
d0123476_18501537.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「G20ショック!イラン地下秘密核施設暴露で開幕」
▶ 前号「欧州から見た日本の針路・中道右派のススメ」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_12274896.jpg
記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10257714
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10257714

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

あと数票で、政治経済ニュース部門のベスト10にカムバック!
  
d0123476_164733.gif

 おかげさまで国際政治部門のトップに戻れました。大いに感謝!




d0123476_15372447.jpg
G o o d N e w s B a d N e w s E v e r y t h i n g I n B e t w e e n

||| 米流時評 ||| 最近の記事リスト

9/27 第2のキューバ? G20共同採択で孤立化するイランd0123476_20305687.jpg
9/26 オバマは知っていた!クム核施設でシラを切るアフマディ
9/25 G20ショック!イラン地下秘密核施設暴露で開幕
9/24 国連サーカス・カダフィとチャベスとアフマディと
9/23 「核なき世界」オバマビジョンの国連採択
9/19 ニュートラルな日本・極右極左の危険性を絶つ
9/18 欧州から見た日本の針路「中道右派のススメ」
9/17 日本のパワーシフト後編・親米から親中へ、急変する日本と東アジア
9/16 日本のパワーシフト前編・保守から革新へ、日本の歴史的大転換
9/13 オバマのアフガン危機・増兵でWHのブレーン対立
9/12 マクリスタルのアフガン戦略転換・増兵案の三択
9/11 どうなる日本?米国から見た日本戦後体制の終焉
9/10 日本の政体の地殻変動・これからはじまる亡国の4年
9/09 民主党アメーバ政権の誕生と日本の構造破壊d0123476_17124236.gif
9/08 日米分断の海溝・民主党が掘る巨大なる墓穴
9/05 日中コンセンサス? 全体主義国家への危険な傾斜
9/04 鳩山文化大革命・デザート政策の致命的欠陥
9/03 エイリアン鳩山+プーチン小沢=デンジャラス・ジャパン
9/02 メディアはメッセージ「鳩山ショック」の原因は媒体にあり
9/01 ハトヤマ・ショック!米国から見た日本の政権交代

* A u g u s t  /  S e p t e m b e r *

8/31 R.I.P. アメリカ民主主義の魂 テッド・ケネディ
8/30 ケネディ家最後の英雄、アーリントン墓地に永眠
8/29 感動4日目、テッド・ケネディの壮麗なる葬儀
8/27 スクープ!北朝鮮発イラン行き武器密輸船をUAEが拿捕
8/26 巨星墜つ、ケネディ上院議員死す。享年77才
8/19 5. 完結編・貨物船消失は嘘?世界をペテンにかけたロシア
8/20 6. リビア人テロリスト釈放の陰にBP英国石油の闇取引
8/18 4. 貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相d0123476_8371975.jpg
8/17 3. 貨物船ミステリー10の疑惑・積荷の真相は核兵器関連?
8/16 2. 謎の貨物船カーボベルデ沖で発見!ロシア人乗組員は無事
8/15 1. 今度は地中海の海賊? 消えた貨物船アークティックシーの謎
8/10 タリバンのエンドゲーム・テロ戦争の潮目
8/09 スワット谷の夜明け・タリバン戦線の鍵を握るパシュトゥン族
8/08 特報!米軍爆撃でタリバン首領メスード爆死
8/07 テロ戦争8年目のCHANGE・パキスタンのタリバン
8/05 帰郷・北の独房生活140日の悪夢の果てに
8/04 解放・ビル・クリントンのYES, YOU CAN外交
8/03 特命・ビル・クリントン、米記者解放交渉で北朝鮮へ


[PR]
by ysbee-2 | 2009-09-19 19:50 | 日本のパワーシフト
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30