米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

オバマは知っていた・2度ある核は3度ある

f0127501_128435.gif

   ||| 核施設暴露で孤立化するイラン |||

d0123476_16192636.jpg
 国際協定を3度も破棄したイランの核施設に、国連の経済制裁強化を図るオバマ
 ブッシュ時代のイラン核摩擦との相違点: 英仏に加えロシア・中国も包囲網に


d0123476_16582178.jpgブッシュが退位して、オバマの時代へ。
いよいよ本格的な中東平和の道程が見えてきた……
と思った矢先の、イランの核の陰謀暴露。

そのショックもまだ覚めやらぬ昨日今日と、イランの砂漠では、オバマに秘密核施設を暴露されて、反撃にトチ狂った Qods イラン革命防衛軍が速攻連発で、ミサイル発射実験に突っ走っております。

 当初の日曜早朝には、短距離ミサイルの連射で小手調べ。
 ファテヘ、トンダルとゼルザルを数発、
 その夜中から未明には中距離のシャハブ1とシャハブ2。
 そして月曜には、イスラエルも射程距離に入るシャハブ3とサジル……
d0123476_16201215.jpg
 きわめて、やる気満々のようです。
 ミサイルで脅しにかかるあたりは、
 弟分の北朝鮮と大して変わらない、大時代な国際ヤクザ。

 しかし、終わらない花火大会のようなミサイルのニュースが引きも切らず、
 以前のナタンツの核施設のときの記事やら写真も追いかけて、
 大事な日曜が、丸1日つぶれてしまいした。

 ミサイルの件は、9/28号「イランのウォーゲーム・やけくそミサイル発射実験」で
 詳細記事を翻訳してお知らせしますが、
 その前にクム(コム)地下核施設の後編の記事を。
 またまたその前に、オバマのイラン糾弾に関連して、
 いつもコメントをいただく『悲喜交々...reiko's blog』
 reikoさんのコメントと、私めのレスから。
d0123476_16211589.jpg
 【reikoさんのコメントから】

 あのオバマ氏の発言の裏に、そんな事情があったとは・・・
  >「核なき世界への時代錯誤の挑戦」
 これらの記述を拝察するに、正に、情報戦の時代突入・・・

 しかし、他方 日本と云えば、
 依然「井の中の蛙 大海を知らず」では、世界と対峙できない。
 兎に角、「縷縷面々」からの打破。
 情報諜報機関の確立が 急務と言えるのではないだろうか?
d0123476_1622827.jpg
 【ysbeeのレスポンス】

 > reikoさん、こちらこそ、いつも丁寧なコメントをありがとうございます!
 実は、例の国連総会議場でのオバマの演説、
 いつもと違って、かなり攻撃的だな……と思っていたんですよ。

 彼のスピーチは、国内向けと国際的ステージ用と、
 きちんと使い分けがありまして、聴衆のレベルによって
 コミュニティの集会所では、小学校の先生のように優しく冗談まじりに。
 NAACP(全米黒人地位向上協会)では、まさしくプロパガンダを。
 海外の訪問先では、歴史に残るような感動のスピーチを……

 というように完全にセグメントに合わせたスピーチで、
 またそのどれも感銘深い……という演説の天才です。
d0123476_16225627.jpg
 もちろん、いかに上手でも「こころ」がこもってなければ
 感動までは到達しないでしょうから、
 彼の場合は、むしろ「感動力」に長けたひとなんでしょうね。

 話がそれましたが、初の国連演説は、たしかに素晴らしかったんですが、
 あの注意深いオバマにしては、かなり威圧感を押し出した
 攻撃的な物言いだな、といぶかしかったんです。

 今考えれば、多分あの時点ではもう、
 イランへの威嚇が含まれていたのでしょうね。
 それでもまだ、アフマディが逃げおおせると多寡をくくっているようだったので、
 今回の正面切っての、三首脳共同宣言に至ったのでしょう。
d0123476_16234376.jpg
 アフマディが建設を続行すれば、
 今度はイスラエルに攻撃の事由を与えることになりますから、
 今回の挑戦は、イランへの宣戦布告の第一歩でもあるわけです。

 政治のドラマは、裏がほの見えた時が一番面白いですね。

 【米国時間 2009年9月26日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
  SEPTEMBER 26, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年9月26日号
 d0123476_17164267.gif
 宗教と軍事、二重の盾の陰に……聖都コムの革命軍地下に核施設
 米国時間 2009年9月25日 | デーヴィッド・サンガー/ニューヨークタイムズ | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_16432993.jpg
Iran Is Warned Over Nuclear 'Deception'— 2
SEPTEMBER 25, 2009 | David Sanger/Helen Cooper — NY Times | Translation by ysbee

12. Nuke issue overshadowed economy

Mr. Obama's announcement will probably overshadow the meeting of the Group of 20, whose leaders have gathered to plan the next steps in combating the global financial crisis. Instead, here and during the opening of the United Nations in New York, senior officials from several of the countries were pulled aside for briefings.

経済危機よりも緊急課題の核の危機
前号「G20ショック!イランの秘密核施設暴露で開幕」からの続き
米国政府高官の語るところによれば、今回新たに発覚した核燃料濃縮プラントは、まだ操業できる状態に完成したものではないが、工事が順調に進めば来年中には作動するものと見ている。また、別の西側政府高官は、この核施設を特徴づける構造として「地下トンネルを掘削して、核燃料棒を収納する設計」を挙げている。
d0123476_16255096.jpg

13. VIP pulled aside for briefings

Mr. Obama’s announcement will probably overshadow the meeting of the Group of 20, whose leaders have gathered to plan the next steps in combating the global financial crisis. Instead, here and during the opening of the United Nations in New York, senior officials from several of the countries were pulled aside for briefings.

国連とG20サミットのウラ会談
25日金曜朝にオバマ大統領が発した「イラン秘密核施設糾弾声明」は、グローバル財政危機を克服する次なる手段を模索するために主要20カ国首脳が集合したG20サミットに、おそらく大きな影を落とした事実は否めないだろう。ニューヨークの国連本部での年次総会のオープニングから当地ピッツバーグでのG20サミット開幕までの間というもの、今回のイランの核施設に関係のある各国政府高官たちが会議を中座して会場から退出する光景がしばしば見られた。
d0123476_1627610.jpg

14. Prep meetings for Geneva on October 1

The issue of these briefings are on the new intelligence and for strategy sessions about the first direct talks with Iran in 30 years — set for Thursday — that will include the United States. American officials said they expected the announcement to make it easier to build a case for international sanctions if Iran blocked inspectors or refused to halt its nuclear program.

イランとの30年ぶりの外交再開に備えて
それは会議本題の外交問題や経済問題よりもむしろ、新たな諜報情報や戦略公開のブリーフィングを持つためであり、またとりもなおさず、来週木曜に予定されている30年ぶりのイランとの最初の直接会談に対する準備段階としてのかけひきとも解釈できるだろう。そうしたメンバーの中にはもちろん、米国政府高官も含まれていたことは、言うまでもない。
d0123476_18321774.jpg

15. 'They have cheated three times'

"They have cheated three times," one senior administration official with access to the intelligence said of the Iranians late on Thursday evening. "And they have now been caught three times." The official was referring to information unearthed by an Iranian dissident group.

「奴らは3回もだました...そして3回ともドジった」
翻訳中
d0123476_16283368.jpg

16. Discovery of Natanz plant in 2002
Those revelations led to the discovery of the underground plant at Natanz in 2002, and evidence developed two years ago — after Iran's computer networks were pierced by American intelligence agencies — that the country had secretly sought to design a nuclear warhead. American officials believe that effort was halted in late 2003.

2002年のナタンツ地下核施設の発覚
翻訳中
d0123476_16291536.jpg

17. Conversion of IAEA agreement

After the Natanz plant was revealed, Iran struck an agreement with IAEA requiring to inform the agency whenever it is planning to build significant nuclear facilities. But in 2007, Iran renounced that agreement. Its current position is only required to provide notification six months before nuclear material is introduced at a new facility.

IAEAとの核開発協定を無視したイラン
翻訳中
d0123476_16522726.jpg

18. Ahmadi's excuse has no legs

Thus — claiming the Qum facility is in compliance — the position few other countries are expected to embrace. Indeed, Mr. Ahmadinejad told Reuters in New York on Friday, the new facility would not be operational for 18 months, and so Iran had not violated any IAEA requirements. Speaking through a translator, he added Iran doesn't have any problems with IAEA inspections on new facility.

「未完成=不在」詭弁を弄するアフマディ
翻訳中
d0123476_1655175.jpg

19. Obama's leap toward tougher sanctions

After months of talking about the need for engagement, Mr. Obama appears to have made a leap toward viewing tough new sanctions against Iran as an inevitability. He avoided Mr. Ahmadinejad at UN this week, despite his previous position to seek dialogue with Teheran. Instead, he spent much of New York minutes for pressing the case, particularly to Russia and China.

経済制裁強化でロシアと中国を説得したオバマ
翻訳中
d0123476_16564524.jpg

20. More than a dozen suspected nuclear sites

Obama's bold steps is regarding sterner UNSC measures to rein in Tehran’s nuclear ambitions. For years, American intelligence officials have searched for a site where Iran could enrich uranium in secret, far from the inspectors who now regularly monitor activity at Natanz. A highly classified Bush-era intelligence report identifies more than a dozen suspected nuclear sites around the country.

十カ所以上の秘密の核施設疑惑
翻訳中
d0123476_16571237.jpg

21. Underground secret facility in holy city

Some sites are known for building centrifuges and other equipment, others for designing weapons or testing explosives. Administration officials could not immediately say if the new site — built inside a mountain within a military base near the ancient city of Qum, one of the holiest Shiite cities in the Middle East — is on that list.

宗教と軍隊の盾に隠れた秘密施設
翻訳中
d0123476_16582376.jpg

22. Beneath intolerable Revolutionary Guard

In Washington, officials said that intelligence agencies first became aware a few years ago of suspicious work at a secret underground facility at the base which is controlled by Iranian Revolutionary Guard Corps, a powerful arm of the Iranian military. They said their developing excellent access to multiple sources of intelligence about the site but would not be more specific.

イラン革命防衛軍基地の地下に建設
翻訳中
d0123476_1659329.jpg

23. Intelligence concerns on significant installation

The senior intelligence officials spoke on condition of anonymity at a briefing arranged by the White House immediately after the announcement in Pittsburgh. They said their concerns about the site grew as they learned of the installation of particular equipment there in recent months. the plant not able to become operational before next year, and there was no sign of nuclear materials yet at the site.

特殊施設建造を察知した米国諜報
翻訳中
d0123476_16594225.jpg

24. 3,000 centrifuges for enriching nuclear fuel

However, their information suggested it could support some 3,000 centrifuges for enriching nuclear fuel. The assessment was; this was too small to be useful for civilian nuclear power; but big enough to be used—once it became operational—for making enough bomb-grade material for about one weapon a year.

核燃料棒3千本のウラン濃縮設備
翻訳中  >次号へ続く

【 米国時間 2009年9月26日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_1703386.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「第2のキューバ? G20共同宣言で孤立化するイラン」
▶ 前号「G20ショック!イランの秘密核施設暴露で開幕」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10280433
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10280433
d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

あと少しで、政治経済ニュース部門のベスト10にカムバック!
  
d0123476_164733.gif

 おかげさまで国際政治部門のトップです。クリックに感謝!




d0123476_14585794.jpg
G o o d N e w s B a d N e w s E v e r y t h i n g I n B e t w e e n

||| 米流時評 ||| 最近の記事リスト

9/28 イランのウォーゲーム・やけくそミサイル発射実験d0123476_20305687.jpg
9/27 第2のキューバ? G20共同宣言で孤立化するイラン *次号*
9/26 オバマは知っていた! 2度ある核は3度ある
9/25 G20ショック!イラン地下秘密核施設暴露で開幕
9/24 国連サーカス・カダフィとチャベスとアフマディと
9/23 「核なき世界」オバマビジョンの国連採択
9/19 ニュートラルな日本・極右極左の危険性を絶つ
9/18 欧州から見た日本の針路「中道右派のススメ」
9/17 日本のパワーシフト後編・親米から親中へ、急変する日本と東アジア
9/16 日本のパワーシフト前編・保守から革新へ、日本の歴史的大転換
9/13 オバマのアフガン危機・増兵でWHのブレーン対立
9/12 マクリスタルのアフガン戦略転換・増兵案の三択
9/11 どうなる日本?米国から見た日本戦後体制の終焉
9/10 日本の政体の地殻変動・これからはじまる亡国の4年d0123476_17124236.gif
9/09 民主党アメーバ政権の誕生と日本の構造破壊
9/08 日米分断の海溝・民主党が掘る巨大なる墓穴
9/05 日中コンセンサス? 全体主義国家への危険な傾斜
9/04 鳩山文化大革命・デザート政策の致命的欠陥
9/03 エイリアン鳩山+プーチン小沢=デンジャラス・ジャパン
9/02 メディアはメッセージ「鳩山ショック」の原因は媒体にあり
9/01 ハトヤマ・ショック!米国から見た日本の政権交代

* A u g u s t  /  S e p t e m b e r *

8/31 R.I.P. アメリカ民主主義の魂 テッド・ケネディ
8/30 ケネディ家最後の英雄、アーリントン墓地に永眠
8/29 感動4日目、テッド・ケネディの壮麗なる葬儀
8/27 スクープ!北朝鮮発イラン行き武器密輸船をUAEが拿捕
8/26 巨星墜つ、ケネディ上院議員死す。享年77才
8/19 5. 完結編・貨物船消失は嘘?世界をペテンにかけたロシア
8/20 6. リビア人テロリスト釈放の陰にBP英国石油の闇取引d0123476_8371975.jpg
8/18 4. 貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相
8/17 3. 貨物船ミステリー10の疑惑・積荷の真相は核兵器関連?
8/16 2. 謎の貨物船カーボベルデ沖で発見!ロシア人乗組員は無事
8/15 1. 今度は地中海の海賊? 消えた貨物船アークティックシーの謎
8/10 タリバンのエンドゲーム・テロ戦争の潮目
8/09 スワット谷の夜明け・タリバン戦線の鍵を握るパシュトゥン族
8/08 特報!米軍爆撃でタリバン首領メスード爆死
8/07 テロ戦争8年目のCHANGE・パキスタンのタリバン
8/05 帰郷・北の独房生活140日の悪夢の果てに
8/04 解放・ビル・クリントンのYES, YOU CAN外交
8/03 特命・ビル・クリントン、米記者解放交渉で北朝鮮へ


[PR]
by ysbee-2 | 2009-09-26 17:12 | 中東核戦争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30