米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

チェニー、イランを威嚇「ペルシャ湾には気をつけろ」

f0127501_128435.gif
  ||| チェニー、ペルシャ湾でイランを威嚇 |||
d0123476_10362870.jpg
イランへ威嚇声明「ペルシャ湾公海を遵守せよ、越境行為は命取り」
イラク近隣諸国へは「中東独裁を企てるイランの核兵器保有を阻止」


2007年5月11日 ペルシャ湾ホルムズ海峡 USSジョン・ステニス艦上発
11日金曜、米国のディック・チェニー副大統領は、ペルシャ湾上の米海軍航空母艦USSジョン・C・ステニスの艦上で、次のような声明を発表した。「アメリカは、『中東独裁』を企てるイランの核兵器保有を阻止するために、目的を一にする同盟に加わる。」
Cheney Warns Iran on Sea Lanes Access
Vice president talks tough to Tehran on access while touring Persian Gulf
ABOARD USS JOHN C. STENNIS — REUTERS | MAY 11, 2007 — Vice President Dick Cheney issued a warning to Iran while aboard an aircraft carrier in the Persian Gulf on Friday, saying the United States would join allies to keep Iran from getting nuclear weapons “and dominating the region.” With two U.S. carrier groups now in the region, the vice president declared, “We’re sending clear messages to friends and adversaries alike. We’ll keep the sea lanes open.”


__________________________________________________________________
MAY 11, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

R E U T E R S | M S N B C . c o m
チェニー、ペルシャ湾で越境は命取りとイランを威嚇
2007年5月11日 | ロイター通信/MSNBC.com | 訳:『米流時評』ysbee


d0123476_10365887.jpg1. latest shot in a war of words
Iran exerts considerable control over the narrow passageway that separates the Persian Gulf from the open waters of the Arabian Sea. Roughly a quarter of the world’s oil supplies pass through the Straits of Hormuz. Iran loomed about 150 miles to the east as Cheney spoke aboard the USS John C. Stennis. The carrier was steaming about 20 miles off Abu Dhabi in the United Arab Emirates. Cheney is spending time there after a two-day tour of Iraq. It was the latest shot in an escalating war of words, with both Tehran and Washington seeking to increase influence over states bordering Iraq.

米・イラン間舌戦の最終ラウンド
公海であるアラビア海とペルシャ湾とをへだてる細い海峡を監理する上で、イランは歴史的にもエキスパートの役割を果たしてきた。全世界へ石油を供給するタンカーの約1/4が、このホルムズ海峡を往来する石油経済のネックでもある。イランからほんの150マイル目と鼻の先にいるのは米海軍航空母艦USSジョン・C・ステニス号で、今週その艦上に搭乗したのはチェニー副大統領である。空母は、アラブ首長国の首都アブダビから20マイル航行した洋上に停泊していた。
チェニーはその前に2日間イラクを訪問していたが、この艦上でチェニーが発した演説は、近年のイランと米国両政府間で闘わされた舌戦がエスカレートした最終ラウンドとも言えるもので、イラクと国境を接する中東諸国への両国の影響力の進展を検分するような内容であった。
d0123476_10374135.jpg
中東訪問で最初に降り立ったバグダッドでイラクのタリバニ大統領にイラク戦争の現況を叱咤するチェニー副大統領

2. Your seeking help in stabilizing Iraq
"Cheney’s visit comes just two days before Iranian President Mahmoud Ahmadinejad was to visit Abu Dhabi. “We’ll stand with others to prevent Iran from gaining nuclear weapons and dominating this region,” said Cheney. Both Shiite-dominated Iran and Saudi Arabia, with a predominantly Sunni Muslim population, are vying for influence among their respective ethnic factions in Iraq. Cheney visits Saudi Arabia on Saturday as part of his tour of moderate Arab states, seeking help in stabilizing Iraq. He also will visit Egypt and Jordan.
イラク平定模索の中東旅行
今回のチェニーの一連の中東諸国訪問は、イランのマフムード・アフメディネジャド大統領がアブダビを訪問する直前に挙行された。「我々はイランが核兵器を保有して中東を独裁することを阻止するために、この地域の他の国々を支援するだろう」とチェニーは断言した。
イランとサウジアラビアは、両国ともにシーア派が支配権を握っているが、ともにスンニ派住民が人口の過半数を占める。そして両国とも、イラクの人口の多数を占める少数民族間に影響力を及ぼす事に意欲を燃やしている。
12日土曜に予定されているチェニーのサウジアラビア訪問は、イラク平定に協力を要請する今回の穏健派アラブ諸国訪問旅行の一環である。その後にはエジプトとヨルダンを訪れる予定である。
d0123476_10381765.jpg
ホルムズ海峡に停泊中の米海軍空母USSジョン・ステニス艦上に降り立ったチェニー 後方は爆撃戦闘ジェット

3. Asking UAE to shut down Iranian firms
Iran exerts considerable control over the narrow passageway that separates the Persian Gulf from the open waters of the Arabian Sea. Roughly a quarter of the world’s oil supplies pass through the Straits of Hormuz. Iran loomed about 150 miles to the east as Cheney spoke aboard the USS John C. Stennis. The carrier was steaming about 20 miles off Abu Dhabi in the United Arab Emirates. Cheney is spending time there after a two-day tour of Iraq. It was the latest shot in an escalating war of words, with both Tehran and Washington seeking to increase influence over states bordering Iraq.
アラブ首長国連邦にイラン法人の閉鎖を依頼
洋上の航空母艦からアブダビへ舞い戻ったチェニー副大統領は、アラブ首長国連邦の盟主モハメド・ビンザイード・アルナヒャン第一王子と夕食を共にした。翌日土曜サウジアラビアへ発つ前に、チェニーは同国の大統領シーク・カリファ・ビンザイード・アルナヒャン氏に会い、イラクでの米軍統治に対する協力を依頼する一方、米国側消息筋が「イランの核兵器開発に貢献している」と見る同国内のイラン法人を閉鎖するよう圧力をかけたと伝えられる。
ステニス艦への激励訪問はチェニーは過去にも数回行っているが、2002年3月に同艦を訪れた際の目的は、イラク侵攻に対する中東近隣諸国の支持をとりつけるためであった。
d0123476_10392567.jpg
ジョン・ステニスとともにホルムズ海峡に停泊し事態に備える空母USSニミッツ ワシントン州母港出港シーン

4. Confronting Iran if necessary
Standing in front of five F18 Super Hornet fighters and a huge American flag in the cavernous hangar deck — one flight below the carrier’s flight deck — Cheney sounded a hard line both on holding firm in Iraq and confronting Iran if necessary. Little more than four years after President Bush stood on another aircraft carrier beneath a “Mission Accomplished” banner and declared an end to major combat, Cheney gave a far more measured description of progress in Iraq. “We want to complete the mission, get it done right, and return with honor,” he told Stennis crew members..
必要あればイランとの対決も辞さず
デッキ上に整列した5機の戦闘ジェット機F18スーパーホーネットを背景に、広大なデッキの一段下にある洞窟のように貼られたテントの下で、巨大な星条旗をバックにチェニーはがなり立てた。あたかもイラク戦線を固守し、必要とあらばイランとの対決も辞さない構えの、戦闘強硬派の代表でもあるかのように。
4年以上前にブッシュ大統領が「Mission Accomplished/使命達成」の横断幕を背景に、イラク戦争の主要な戦闘は終了したと宣言したのは、もうひとつの海軍空母USSミズーリの艦上であったが、今回のチェニーの演説は、イラク戦争の進展をより深く物語るものであった。「われわれは使命を成就したい。しっかりやり終えて栄誉の帰還を果たすように」彼はステニスの乗員に向かってこう檄を飛ばした。
d0123476_1039012.jpg
米海軍航空母艦USSジョン・ステニスの艦上で同艦に搭乗している5千名の海軍と海兵隊を激励するチェニー副大統領

5. 'Disrupt attacks on our own forces'
Officials said that between 3,500 and 4,000 of the carrier’s 5,000 sailors and Marines stood in sweltering heat—hovering over 100 degrees—to hear Cheney speak. “It’s not easy to serve in this part of the world. It’s a place of tension and many conflicts,” said Cheney.
“We’ll stands with our friends in opposing extremism and strategic threats. We’ll disrupt attacks on our own forces,” Cheney said. U.S. officials have said that some of the sophisticated roadside bombs used against U.S. troops in Iraq have come from Iran. Cheney flew to and from the carrier by helicopter.

「我が軍への攻撃を阻止するため」
同艦の高官の談話によると、ステニスに搭乗している総数5千名の海軍と海兵隊員のうち約3千5百〜4千名が、華氏100度(38℃)を越える炎天下、チェニーの激励演説を聞くために整列した。
「世界の中でもこの地域で役務に服するのは容易なことではない。しかもここは、対立抗争が極度に緊迫した地域であるからなおさらである。我々は、敵対する過激派や戦略的威嚇攻撃には、友好国と共に対抗して行く。我々の軍隊に対する攻撃は、断固として阻止せねばならない」チェニーは居並ぶ米兵を前にこう演説した。米軍高官の伝えるところでは、イラク占領米軍に対して用いられる最新型のIED(道路埋め込み爆弾)の一部は、イランから来たものであるという。チェニーの同艦への離着陸は軍用ヘリコプターを介して行われた。

【2007年5月11日 米流時評 ysbee訳】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/5407109
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/5407109

__________________________________________________________________
▼ クリックしてブログの各ランキングへのご投票を、どうぞよろしくおねがいします!
みなさまのおかげで2つのランキングでトップになりました。ご愛読たいへんありがとうございます。

ブログランキング おかげさまで2位をキープです!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-11 18:44 | 中東のパワーラビリンス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31