米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

グラスゴー空港炎上爆破テロ事件

f0127501_128435.gif
     ||| グラスゴー空港炎上爆破テロ事件 |||
d0123476_16311987.jpg
スコットランドのグラスゴー空港に炎上するSUVが突入、男二人をテロ容疑で逮捕
2日間でロンドンとスコットランドの3カ所でテロ未遂 英国内に「厳戒態勢」施行


2007年6月30日 スコットランド・グラスゴー発 | MSNBCニュース速報 | 訳:ysbee
30日土曜、スコットランドのグラスゴー空港メインターミナルに、二人の男が乗ったSUVが炎上して突入。エントランスのガラスのドアを突き破り周囲も炎上した。事件から数時間後、英国政府はセキュリティの警戒レベルを「critical=甚だしく危険」にまで引き上げたが、これはテロリストの攻撃がいつあってもおかしくない状態を示す、最大の危機レベルである。この厳戒態勢は、英国の国土保安を担当するジャッキ・スミス内相の指示によるもので、過去48時間にロンドンとスコットランドで連続して起きたテロ爆破未遂事件に対応して、警戒態勢を強化したものである。

Burning SUV Rams Glasgow Airport; 2 Arrested
U.K. raises security level to highest ‘critical’ level; attack may be imminent
BREAKING NEWS — MSNBC News Services | Translation by ysbee
GLASGOW, Scotland |JUNE 30, 2007 — Two men rammed a flaming sport utility vehicle into the main terminal of Glasgow airport Saturday, crashing into the glass doors at the entrance and sparking a fire. Police said two suspects were arrested. Hours later, Britain raised its security alert level to critical — the highest possible level indicating that terror attacks are imminent. Home Secretary Jacqui Smith raised the level and ordered security to be tightened in response to events in London and Scotland over last 48 hours.

__________________________________________________________________
JULY 3, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  N B C N E W S | B R E A K I N G
     ||| グラスゴー空港炎上爆破テロ事件 |||
d0123476_16314982.jpg
2日間でロンドンとスコットランドの3カ所でテロ未遂 英国内に厳戒態勢施行
1. 'These are linked'
The airport—Scotland’s largest—was evacuated and all flights suspended, a day after British police thwarted a plot to bomb central London, discovering two cars abandoned with loads of gasoline, gas canisters and nails. “One has to conclude ... these are linked,” Dame Pauline Neville-Jones, former head of Britain’s joint intelligence committee, told Sky News. “This is a very young government, and we may yet see further attacks.” Britain’s prime minister, Gordon Brown, who took office only Wednesday, was being briefed on developments by his officials, Downing Street said.
前日のロンドンテロとの関連性
グラスゴー空港はスコットランド地方で最大の国際空港であるが、空港内にいるもの全員に避難命令が出され、全ての発着便が差し止めとなった。ロンドンの中心街で、ガソリン・ガスボンベ・釘を満載した2台の車が乗り捨ててあるのが発見され、警察によって爆破テロ計画が暴露されてからわずか1日後の出来事である。
英国合同諜報委員会の前委員長だったポーリーヌ・ネヴィルジョーンズ夫人は、Skyニュースのインタビューにこう答えている。「これは誰が見ても、リンクした事件だと言うことは明らかです。ブラウン内閣は誕生したばかりですが、これ以上のテロ攻撃があるかもしれません」
水曜に新しい元首の座についたばかりの英国のゴードン・ブラウン首相は、事件に関連する庁の担当者から捜査の進捗を聞いたところだと、ダウニング街の首相官邸から発表があった。
▼ グラスゴー空港のターミナルビルに全員避難命令が出され雨の中を避難するツーリストと職員
d0123476_16322957.jpg
2. SUV slammed and exploded
n Glasgow, the green SUV barreled toward the building at full speed shortly after 3 p.m., hitting security barriers before crashing into the glass doors and exploding. Two men jumped out of the burning vehicle, one of them engulfed in flames, the witnesses said. “The car came speeding past at about 30 mph. It was approaching the building quickly,” said Scott Leeson, who was nearby at the time. “Then the driver swerved the car around so he could ram straight in to the door. He must have been trying to smash straight through.”
メインターミナルに突入して炎上
グラスゴーでは、土曜の午後3時を少し回った頃に、グリーンのSUVが空港のターミナルビルに猛スピードで突っ込んだ。車止めコンクリートにぶつかりながらも突き進んだためビル入口のガラスのドアを大破して車は炎上した。燃え盛る車から二人の男が飛び出したが、そのうちのひとりは全身炎に包まれていたと、事件当時現場近くにいて目撃したスコット・リースンさんは語る。「車は時速30マイル(約60キロ)位のスピードで通り過ぎ、あっという間にビルの前まで行った。それから運転手は、ちょうど真正面からドアに突入できるように車を回転した。きっとガラスを突き破ってまっすぐに突進しようとしたに違いない」
▼ 空港ターミナル正面入口で燃え盛るジープ 左奥は犯人を地面に取り押さえる警官と空港職員
d0123476_16331783.jpg
3. Witness: Burning car and two men
"He’s trying to get through the main door frame but the bollards have stopped him from going through and barreling into the bustling terminal at Glasgow’s airport. If he’d got through, he’d have killed hundreds, obviously. Only the nose of the vehicle made it inside the building and lodged into the center of the terminal’s main entrance. The jeep is completely on fire and it exploded not long after. Then it actually exploded at the entrance to the terminal. It may have been an explosion of petrol in the tank because it was not a massive explosion. Two men—one of them engulfed in flames—were in the SUV, one as a large South Asian man. His whole body was on fire.... He was just talking gibberish.”
目撃者談:炎上する車と二人の男
「運転手はガラスが大破して枠だけになった入り口から突入しようとしましたが、エントランス外側の車止めのコンクリートのおかげで、車はかろうじてグラスゴー空港内の人混みに突っ込むのはまぬがれました。もしそれを乗り越えていたら、猛スピードの炎上する車は、きっと何百人も殺していたのは明らかです。しかし実際には車の鼻先がビルの中につっこんだだけで済み、主要エントランスの真ん中で止まりました。ジープは完全に火に包まれていて、今にも爆発しそうでした。そして実際まもなく空港の入口で爆発しました。それは爆発物ほど巨大なものではなかったので、多分ガソリンタンクに引火しての爆発でしょう。ジープには二人の男が乗っていましたが、ひとりは火だるまになりました。南アジア系の大柄な男でした。彼の全身が炎に包まれて.... それでもなにやら罵詈雑言を吐いていました。」
▼ 車ごと炎上し服も燃えたイラク人のテロ犯人 全身9割以上の重度の火傷でグラスゴーの病院に入院中
d0123476_16335394.jpg
4. 'There was definitely a bang'
"An Asian guy had been pulled out of the car by two police officers. He was trying to fight off and they’d got him on the floor. Police wrestled him to the ground—the fire was burning through his clothes—and finally put him out with a fire extinguisher. An airport officials did not think the incident was an accident. The men in the car got out and started throwing petrol about—that must be how it caught fire. Then a 'bang' coming from the SUV. The vehicle was on fire and every now and again there was a bang coming off it. ... There was definitely a bang. There were a few pops and bangs that seemed to be the tires and the petrol. There was chaos at the airport. Suddenly people were running past us. Suddenly everyone said to get out of the airport."
「それから何度も爆発音がした」
「そのアジア人の男は二人の警官によって車から引きずり出されました。彼は猛烈に抵抗しましたが、警官は彼を地面にねじ伏せました。男の着てる服が燃えているにもかかわらず警官は格闘して地面に取り押さえたんです。そしてやっと消火器でその火を消しました。消火した空港職員は、これが事故ではなくてテロ事件だとわかっていたようです。男が車から降りるなりそこらじゅうにガソリンをまき散らしましたから.... それにきっと火がついたんでしょう。そのあとは、ジープの中から『バーン』という爆発音がしました。車もすっかり火に包まれたので、そのあとはもうひっきりなしに爆発音が続きました。あれは、絶対に『爆発』でした。タイヤやガソリンによると思われる爆発音は、それよりも小規模でしたから。空港内はパニックでした。人々が目の前を全速力で逃げて行きました。突然誰もが、空港から逃げ出せと叫んでいました。」
▼ グラスゴー空港から緊急避難する旅行客 空港内のカートに荷物を積んだまま路上を走って逃げる
d0123476_16342691.jpg
5. A week before the 2nd anniversary of 7.7
Another witness, Margaret Hughes told the British Broadcasting Corp., "Passengers fled running and screaming from the busy terminal. Flames and black smoke rose from the vehicle outside the main entrance."
Other passengers were stranded, with at least one airplane grounded on the runway, the BBC said. Two men were arrested in consequence, but it was unclear if anyone was injured, Strathclyde Police spokeswoman Lisa O’Neil said. The incident also comes exactly one week before the second anniversary of the July 7 bombings that killed 52 people.

ロンドン地下鉄爆破テロ2周年の1週間前
別の目撃者マーガレット・ヒューズさんはBBCを通してこう伝えている。「空港につめていた旅行客は、悲鳴を上げながらビルの外へ逃げ出しました。メインエントランスの入口で車から炎と真っ黒な煙が吹き出していました」他の乗客は空港内で立ち往生し、少なくとも1機の旅客機が滑走路上で待機したとBBCは報道している。
空港の地元ストラッチクライド警察のリサ・オニール広報官は「この事件の結果二人の男が逮捕されたが、怪我人が出たかどうかは定かではない」と発表。今回の事件が起きたのは、52人の犠牲者を出したロンドン爆破テロ事件があってから2周年の7月7日の、ちょうど1週間前にあたる。
▼ 米国はまだ警報を発令していないがニューヨークのケネディ国際空港でも機銃で武装した警官が随時警備する
d0123476_16345735.jpg
6. Tighter security at U.S. airports
Glasgow airport handles around 8.5 million passengers a year, according to its website, and would have been packed with holidaymakers at the time of the incident, which took place at around 3:20 p.m. (11:20 a.m. ET), according to Glasgow police.
Meanwhile, the U.S. Transportation Security Administration has taken steps to raise alertness at some airports, and more TSA agents will be posted outside some terminals, the White House spokesman, Tony Snow said. Local police also may take separate measures, he added. “The most you’re going to see right now is some inconvenience—like some longer waiting lines for the airline passengers, more likely at the major airports,” Snow said.

米国の主要空港も厳戒態勢
グラスゴー空港は、公式ウェブサイトによると年間の昇降客およそ850万人を数える国際空港だが、今回の事件の起きた6月30日土曜日の午後3時20分という時間帯は、とりわけ夏期休暇のツーリストでごったがえしていたと地元警察は報告している。
一方米国では、TSA交通保安局が国内の主要空港における警戒態勢を引き上げる措置をとったと、ホワイトハウスのトニー・スノウ広報官は発表した。普段よりも人数の多い武装したTSAのエージェントを、各ターミナルの外側に配備するという。また地方警察もそれぞれ独自の対応策を取るかもしれないと見ている。「現時点でもっとも考えられる状況は、ちょっとした不便な事態が発生することでしょう。特に主要空港などではエアライン利用者にとって、通常よりも待ち時間が長くなるというような不都合が発生するでしょう」とスノウ氏は補足した。
▼ 空港ビルへ入る前の段階で早くも関門を設け空港利用客をチェック 英国では全土で厳戒態勢が当分は続く模様
d0123476_16354781.jpg
【米国時間 2007年7月3日  『米流時評』 ysbee訳】

d0123476_16595561.jpg    米流時評 特集 【英国連続爆破テロ事件】
    7/1 特集・英国連続爆破テロ事件の全貌
    7/1 テロ事件と犯人捜査のタイムライン
    7/2 ロンドンナイトクラブ爆破テロの真相
    7/3 グラスゴー空港炎上爆破テロ事件
    7/4 ドクターテロリスト戦線ネットワーク
    7/5 テロリストの暗号「アルカイダ・コード」
    7/6 秘録「アルスリ」アルカイダの戦略ブレーン

__________________________________________________________________
d0123476_8292959.jpg暑 中 お 見 舞 申 し 上 げ ま す !

ご愛読たいへんありがとうございます。独立記念日までちょっと夏休みをとりましたら、ランキングの方がフリーフォールになり、10位近く落ちてしまいました。(め・めまいが....)ランキングの夏バテ回復のため、クリックして投票で応援を、なにとぞよろしくおねがいいたします!
▶ 写真はマウイのアップカントリー、涼しい高原の放牧場です。

f0127501_12134737.gifここをぽちっとよろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしーっ 牛歩の歩みで25〜30位をうろうろですが、ぽちっ!
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位をキープさせていただいてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-07-03 16:28 | テロとスパイ陰謀
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30