米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

ロシアと中国が合同軍事演習!プーチンの次世代冷戦ゲーム

f0127501_128435.gif
    ||| プーチンの次世代冷戦ゲーム開幕 |||
d0123476_1465535.jpg
ロシア、ウラル山地で 史上初めて中国と実戦用合同軍事演習実施
プーチン、ソ連体制崩壊以来停止していた爆撃機による遠隔地偵察飛行を復活


d0123476_3532373.jpg今朝早く、むしろ夜中と言っていい時間に目が覚めた。午前3時半。こんなことは滅多にない。9/11以来の胸騒ぎである。いやな予感がしてネットのニュースを開ける・・・やっぱり。不吉な予感が的中してしまった。プーチンが戦略用爆撃機での偵察飛行再開、と出ている。掲出時間は、とみるとわずか6分前。

記事を読み進むうちに「いやな予感」から確実な「戦争への不安」へと変わっていくのが自分でもわかる。さらに、関連の写真をチェックしているうちに、一度に目が覚めた。
何なんだ、これは? ロシアと中国の合同軍事演習? 実戦用? いつからこんなことに!
こんなに不気味な写真も珍しい。とにかく記事紹介を急ぎます。

▲写真上:Joint Military Exercise/ロシア領土内では史上初の中国との合同軍事演習
8月13日月曜、ロシア領土内ウラル山地のチェリヤビンスクで実施された、中国政府軍との大規模な実戦用合同軍事演習では、200名以上の空挺部隊がパラシュート降下するなど、総勢6千名が実戦さながらの演習を展開。新冷戦時代開幕の噂を現実の映像で展開した。実戦フィールドで戦車の上を飛んでいるのは、ロシア製攻撃用軍事ヘリMi-8。

__________________________________________________________________
AUGUST 17, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 Associated Press / MSNBC.com

プーチンの次世代冷戦ゲーム・中国と組んだロシア
米国時間 2007年8月17日午前5時 | AP通信/MSNBC.com | 訳:『米流時評』ysbee


d0123476_1491458.jpgRussia to Revive Long-Range Bomber Patrols
Putin says Moscow to resume practice ended with Soviet Union's collapse
By Associated Press | Translation by ysbee

AUGUST 17, 2007 EST | Associated Press | Translation by ysbee
MOSCOW — President Vladimir Putin said Friday that he had ordered the military to resume regular long-range flights of strategic bombers, a show of Russia’s resurgent military power which comes amid a chill in relations with the United States.

ロシア領土内で中国と初の合同軍事演習/長距離弾道弾防衛パトロールを復活
モスクワ発 |17日金曜、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、92年以来停止していた定期的な戦略用爆撃機の長距離偵察飛行を再開するよう、ロシア空軍に命令を下したと、ロシア政府の報道機関は発表した。この偵察飛行再開は(ソビエト連邦の崩壊により停止していた戦略的軍事訓練の復活と発表されたがが)、実質的には米国との関係が冷却している最中にあって、ロシア軍事力の復活を誇示するものと受け止められている。

d0123476_726195.jpg1. Russian and Chinese forces held major war games exercises
Speaking after Russian and Chinese forces completed major war games exercises for the first time on Russian turf, Putin said a halt in long-range bombers’ flights after the Soviet collapse had affected Russia’s security as other nations had continued such missions — an oblique reference to the United States.
“I have made a decision to resume regular flights of Russian strategic aviation,” Putin said in televised remarks. “We proceed from the assumption that our partners will view the resumption of flights of Russia’s strategic aviation with understanding.”
右の写真:ロシアの可変速戦略爆撃機TU-160

ロシアと中国が初の合同軍事演習
プーチン大統領は「ロシア領土内では史上初めての、大規模な実戦想定を想定したロシアと中国の軍事演習」について公表する際に、長距離飛行可能な遠隔地用戦闘爆撃機について次のように説明した。
「ソビエト連邦が崩壊して以来、戦略用戦闘爆撃機の飛行を停止していたことによって、ロシアの保安は著しく後退せざるをえなかった。それというのも、同じ時期に他の国々は、同様の戦闘爆撃機による偵察飛行を継続していたために、相対的に不利になった。(米国に対する斜に構えた指摘)ロシアも戦略的航空機 (strategic aviation) を定期的に飛ばす保安体制を再開する (resume regular flights) ことを決定した。」プーチンは戦闘爆撃機での巡回偵察飛行再開を以上のように宣言したと、ロシア政府広報局によって報道された。
d0123476_1495667.jpg
ロシアのウラル山地で実施された6千名の実戦用軍事合同演習でウォーキートーキーを使う中国人民軍の地上部隊

2. Macormick 'It’s a different era'
In Washington, a State Department spokesman said the U.S. was not troubled by the Russian decision. “We certainly are not in the kind of posture we were with what used to be the Soviet Union,” said the spokesman, Sean McCormack. “It’s a different era. If Russia feels as though they want to take some of these old aircraft out of mothballs and get them flying again, that’s their decision.”

国務省「冷戦時代とは違う」
一方ワシントンでは、国務省のショーン・マコーミック公報官が次のように対応した。「米国は、今回のロシアの決定によって、なんらわずらわされるものではない。現在の我が国は、ソ連時代 (=冷戦時代) にそうであったようなたぐいの体制では、もちろんありません。当時とは時代が違いますよ。万一ロシアが、ああいった古い冷戦体制の飛行機を地球の上に飛ばしたいというのなら、また飛ばせばいいじゃないですか。それは彼らが決めることです。」
d0123476_6323975.jpg
6月にドイツ・バルト海で開催された欧州G8サミットで「撮影用/photo-option」に仲のいいところを見せる両雄

3. Strategic flights to remote areas
The Russian-Chinese war games, which took place near the Ural Mountain city of Chelyabinsk, coincided with Russian air force maneuvers involving strategic bombers which ranged far over the Atlantic, Pacific and Arctic oceans. Putin said that 20 Russian bombers were involved in the exercise.
“Starting today, such tours of duty would be conducted regularly and on the strategic scale,” Putin said. “Our pilots have been grounded for too long, they are happy to start a new life.”


大西洋、太平洋、北極海上空をパトロール
ロシア中国合同の実戦用軍事演習は、ウラル山地の山間の都市チェリヤビンスクに近いフィールドで実施されたが、ロシア空軍の戦略爆撃機の飛行演習も同時に行われた。この戦闘機の飛行範囲は、大西洋、太平洋、北極海の上空と想定されている。プーチンの発表によると、この演習には20機が参加した模様である。
「このような特別任務を帯びた飛行は、定期的に戦略的想定範囲で執り行われるものである。我が軍のパイロットは、(巡回偵察飛行が停止になり) 地上に降り立ってから随分長い期間経っている。彼らは新しい任務がスタートするので喜んでいる。」
d0123476_6352156.jpg
左:プーチンにはサンクトペテルスブルク市長の側近だった時期がある 彼地でピヨトール大帝が過ごした夏の離宮
右:プーチンとプライベートジェットに同乗している右の人物は 誰あろうモナコ王室のアルバート王子 WHY?
誰もが何でと疑問を持つ謎の関係ですが、多分モナコの銀行に隠し資産を持ってるのでは?というのが私の読みです


4. 'Regrettably, other nations haven’t followed'
Soviet bombers routinely flew such missions to areas from which nuclear-tipped cruise missiles could be launched at the United States, but stopped in the post-Soviet economic meltdown. “Starting in 1992, the Russian Federation unilaterally suspended strategic aviation flights to remote areas,” Putin said. “Regrettably, other nations haven’t followed our example. That has created certain problems for Russia’s security.”
プーチン、軍縮を守らぬ米国を間接的に非難
ソ連時代には、こうした戦闘用爆撃機が、(専守防衛のための) 偵察という使命の元に、米国内にある核弾頭搭載のミサイル基地上空まで、定期的に飛来したものだった。しかしその任務も、ソ連解体後の経済崩壊とともに、(予算不足で) とりやめになっていた。
「1992年以来ロシアの連邦国家では、遠隔地に向けてのこうした戦略用爆撃機の飛行を、一丸となって停止した。しかるに、誠に残念ながら、(米国以下) 他の国々では、われわれの示した先例を見習おうとはしなかった。こういう片手落ちの実態が、まぎれもなくロシアの国家保安体制にとって脅威となる問題を築いたのは確かである」(とプーチンは暗に米国を非難した)
d0123476_6342149.jpg
先週モスクワとサンクトペテルスブルクを結ぶ特急の路線で起きた爆破脱線事故 プーチンは反対派のテロ行為と断定

5. Supported by Russia's booming economy
Booming oil prices have allowed Russia to sharply increase its military spending. In recent years, Russia’s bombers have resumed flights to areas off Norway and Iceland, as well as Russia’s northeast corner, across the Bering Strait from Alaska several years ago. However, such missions have been rare, and Putin’s statement signals that they would become more frequent.

空前の石油景気で軍事予算も潤沢
石油価格の高騰で空前の経済ブームにわくロシアでは、国庫の財源が豊かになったおかげで、軍事予算も飛躍的に増大することができた。近年では、ロシアの爆撃機は、ノルウェーやアイスランドの北極圏上空に飛来するようになり、同時にロシア領土の北東地域にあたる北方アジア地域においても、数年前にはアラスカを望むベーリング海峡の上空に姿を現している。しかしながら、過去にはそのような偵察飛行の例はまれであったとはいうものの、今回のプーチンの表明した内容では、今後はもっと頻繁に継起するだろうことを示唆している。
d0123476_1504959.jpg
イワン雷帝ならぬツァー・ウラジミールの威圧的なショット三態 最近国旗にも頻用される双頭の鷲の赤い盾が不気味

6. Presence of 'New Cold-War Era'
The announcement comes amid a growing chill in the U.S.-Russian relations, strained over Washington’s criticism of Russia’s democracy record, Moscow’s strong criticism of U.S. missile defense plans and differences over global crises. “This is a significant change of posture of Russian strategic forces,” Alexander Pikayev, a senior military analyst with the Moscow-based Institute for World Economy and International Relations, told The Associated Press. “It’s a response to the relocation of NATO forces closer to Russia’s western border.”
「次世代冷戦時代」の到来
今回のプーチンの爆撃機による偵察飛行再開宣言は、米国とロシア間の外交関係が一挙に冷却している最中に出された新しい方針である。ロシアの民主主義は名目だけで実態はひどいと酷評する米国政府と、米国のミサイル防衛計画を排斥するロシア、おまけにグローバルな危機に対する両国の相違点が原因である。(こうしたことが原因で、両国間に「新冷戦時代の到来」と呼ばれる険悪な状況を呈している)「今回の宣言は、ロシアの戦略的軍事力の体勢を根本から変えるものである。これは、NATO勢力がロシアの西側国境へとシフトしてきた変化に対応するものである。」モスクワを本拠地とする世界経済国際外交研究所(Institute for World Economy and International Relations)の軍事評論家チーフであるアレクサンドル・ピカイェフ氏は、ロシアの軍事体勢のシフトを以上のように分析した。
d0123476_636933.jpg
映画のシーンではなく現実 ロシアと反目するウクライナの士官学校でガスマスクを着用し授業を受ける士官候補生

7. Testing boundaries to Guam, U.K.
Earlier this month, a pair of Russian Tu-95 strategic bombers approached the Pacific Island of Guam — home to a major U.S. military base — for the first time since the Cold War. Last month, two similar bombers briefly entered British air space but turned back after British fighter jets intercepted them. Norwegian F-16s were also scrambled when the Tu-95s headed south along the Norwegian coast in international air space.

TU-95がグァム、英国上空を侵犯
今月早々には、太平洋における要衝で米軍の主要基地のあるグァム島近辺まで、ロシア製戦略爆撃機TU-95が2機飛来している。これは、冷戦時代以来初めてのことである。また先月は、ほとんど同機種の2機の爆撃機が、ほんのわずかの間ではあったが、英国の空軍基地上空を侵犯。しかし、英国空軍の戦闘ジェット機がこの2機を追撃したところ、Uターンして飛び去ったという。さらに、ノルウェー空軍のF-16戦闘ジェット機は、国際空域のオープン領域ではあったが、ロシアのTU-95戦略用爆撃機がノルウェーの北海沿岸に沿って飛行しているのを発見し、スクランブル発進した経過がある。
d0123476_7271046.jpg
ロシアの戦略用爆撃機の演習シーン/米海軍の攻撃用ミサイル発射の瞬間/ロシアの最新型可変速戦略爆撃機 TU-160

8. Simulation War Game
Russian Air Force spokesman Col. Alexander Drobyshevsky said that Friday’s exercise involved Tu-160, Tu-95 and Tu-22M bombers, tanker aircraft and air radars. NATO jets were scrambled to escort the Russian aircraft over the oceans, he said, according to the ITAR-Tass news agency.
As of the beginning of this year, Russia had 79 strategic bombers, according to data exchanged with the United States under the START I arms control treaty. At the peak of the Cold War, the Soviet long-range bomber fleet numbered several hundred.


実戦想定のウォーゲーム
ロシアのイタル・タス通信の報道によると、ロシア空軍の広報官アレクサンドル・ドロビシェフスキー大佐が報道陣に公表した内容では「金曜の演習にはロシア空軍戦闘爆撃機のTU-160、TU-95、TU-22M、給油用ジェット機、レーダー搭載航空機などが参加した。その際に、公海上ではNATOのジェット機が緊急発進して、ロシアの各ジェット機をエスコートした」と大佐から説明があったと伝えている。
TRAT-1軍縮協定の元にロシアが米国と取り交わした軍備情報データによると、今年の冒頭までの時点では、ロシアは79の戦略用爆撃機を保有している模様である。ちなみに60年代の冷戦時代のピークには、ソ連は遠隔地敵国想定の長距離飛行用爆撃編隊には、数百機が登録されていた。
d0123476_6383668.jpg
「帝政ロシアの首飾り」と呼ばれた旧ソ連領周辺国家はオセロゲームのように親米政権に転向し米国MDの拠点となる

【翻訳後記】 当初4段落しかなかったので、翻訳をすすめ写真を探して入れたりして、とりあえずこちらの時間で朝の7時頃アップしました。そこから元記事のリンクを確かめ再度開けたら、なんと記事のボリュームが3倍ほどになって、記述も全く違っている! APの記事ではよくある「全面改稿」というやつで、多分急ぎで雑に書いた記者の原稿から緻密に書き込んだ他の記者の記事に差し替えたのでしょう。やれやれと気を取り直して、こちらも全面改訂です。
『米流時評』では「プーチンとブッシュの新冷戦」関係の時事評論については、以前から何度も記事にしております。
下の記事リンクか、サイドバー上部のカテゴリ「次世代冷戦」「プーチンのロシア」から一連の記事へリンクします。
【米国時間 2007年8月17日 『米流時評』 文責 ysbee】


   ||| 米流時評・新冷戦特集「多極化する世界構造」記事リスト |||
d0123476_6391347.jpg
軍事的にも経済的にも、今後の世界のパワーコントロールの鍵を握るロシアのプーチン 世界平和は胸中にあるのか?

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/5988860
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/5988860

__________________________________________________________________
暑 中 お 見 舞 申 し 上 げ ま す !d0123476_10395172.jpg

ご愛読たいへんありがとうございます。夏も真っ盛りですが、いかがお過ごしですか。みなさまも暑さに負けず、毎日ブログを更新してらっしゃることと存じます。私の方はおかげさまでランキングがやや回復しました。ご面倒をおかけしますが、クリックで応援をよろしくお願いいたします!
▶ ハワイでは政府の建物もパームツリーの木陰でトロピカルしてます でも暑い!



f0127501_12134737.gifトップの方が引っ越しなさったらしく、繰り上げで1位になりました。ラッキー!
f0127501_1040831.gif社会・経済ニュースに移りました。11〜15位あたりです。上位入賞めざして、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらはみなさんのクリックで、おかげさまで3位まで上がりました。もう一歩!
d0123476_10141436.gifおかげさまで、ニュース部門で1位をキープできてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です


[PR]
by ysbee-2 | 2007-08-18 02:17 | 次世代冷戦時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30