米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

第2章 中東核戦争の危機は本物か

f0127501_128435.gif
     ||| 中東核戦争の危機は本物か・後編 |||
d0123476_524978.jpg
ヴァーチャルではすでに核戦争時代に突入 米国TVドラマ『JERICHO』『HEROES』『Battlestar Galactica』他

核保有問題で急浮上した「シリア対イスラエル」核戦争危機の構図

「イスラエル空軍の戦闘爆撃機が、シリア国内のダイール・アズ・ザウールに近い砂漠の無人地帯上空で、爆弾を投下したあと(警備のシリア陸軍の地上からの対空砲火から)逃げ去った。わが国はしかるべき時期を見計らって、必ずやきちんとした報復手段をとるだろう。イスラエルのシリア領空侵犯の目的が何であれ、彼らがしでかしたことに対しては、そのまま代償を払わずに済まそうなどという勝手は許されない。」ワシントン駐在のシリア大使イマッド・ムスタファ氏は、こう明言した。 ーーー前号『イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯』より
Invasion of Israeli Warplanes
What is Israel's intention sending Iran a signal with stealth raid on Syria?
By Dan Ephron / Mark Hosenbal | Newsweek — World News | Translation by ysbee
Syrian Crisis 2 — Syria's ambassador to the United States told NEWSWEEK the Israeli warplanes dropped munitions in the open desert near Dayr az Zawr before fleeing; he promised his country would retaliate in a manner and at a time of its choosing. "Israel will not be permitted to do whatever it does without paying a price," says Imad Moustapha.

__________________________________________________________________
SEPTEMBER 19, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

 N e w s w e e k | W o r l d N e w s

核保有問題で急浮上した「シリア対イスラエル」核戦争危機の構図
By ダン・エフロン/マーク・ホーゼンボール | ニューズウィーク 9月24日号 | 訳『米流時評』ysbee



6. IAEA's inspection in Syriad0123476_1791933.jpg
But current and former U.S. intelligence officials, willing to speak only if they were not named, say they've seen no credible evidence yet of nuclear ties between North Korea and Syria, whether before or since the Israeli operation. David Albright, a former weapons inspector in Iraq, says allegations raised by Bolton prompted the International Atomic Energy Agency to inspect Syria's small nuclear research reactor and other sites in 2003. He says the agency found the claims to be "unsubstantiated."

現在ではイスラエルの公然の秘密となった、ネゲヴ砂漠の真ん中にあるディモーナの核兵器開発センター

国連IAEAシリア査察の結論
しかし、匿名での取材に応じた米国諜報機関の高官たちは、現役退役を問わず一様に「イスラエルの爆撃作戦の前後にかかわらず、北朝鮮とシリアの間には核兵器での結びつきを示すような信頼に値する証拠は、何ひとつ見受けられない」と語っている。イラク戦争の始まる前にイラクへ派遣された元兵器査察官、デーヴィッド・オルブライト氏は、以前ボルトンがこうした疑惑を主張したために、国連のIAEAが2003年来、シリア国内の小規模の核開発施設や他の関連設備を査察する結果となった経緯を、ニューズウィークの取材で説明した。彼の経験では、査察団はこれらの主張には何の根拠もなかった事実を確認して終わったそうである。
d0123476_102722100.jpg
国連の核監視機関IAEAのエルバラダイ事務局長とイランのラリジャーニ核開発相/ウィーンのIAEA本部会議場

7. Vows to stop the nuclear-arming
Even Bolton, who served as the State Department's under secretary for arms control and international security, acknowledged to NEWSWEEK that while in government, he never saw proof North Korea was sharing nuclear technology with Syria.
For Israel, the possibility of a nuclear-armed adversary might have been enough to warrant the operation. Officially in a state of war with Syria — and Iran — Israel has vowed to let neither country obtain nukes (though Israel itself is believed to have built at least 200 nuclear bombs in its secret Dimona plant).

イランの核武装阻止を誓うイスラエル
さらには、当時国務省の軍備・国際安全保障担当秘書官であったボルトン本人でさえ、ニューズウィークの質問に対して、北朝鮮がシリアと核開発技術を共有しているという証拠は彼の在職中には一度も見たことがないと、シリアの核の疑惑を否定したほどである。
しかしイスラエルにしてみれば、敵国が核武装したという可能性が伺えれば、警告の軍事行動を起こす理由としては充分であったのかもしれない。シリアと、さらにはイランと、公式に戦時体制が続いている状態にあるため、イスラエルはどちらの国にも核を持たせないと公言していた。(もっともイスラエル自身は、ディモーラの秘密核兵器工場で、現在まで少なくとも200以上の原子爆弾を製造したと信じられている)
d0123476_1023182.jpg
イスラエル・ディモーナのネゲヴ核開発センター/核弾頭装着で核ミサイルになるイランの長距離ミサイル RT-Fajr3

8. Olmert's request for Bush
Earlier this year, according to a well-placed Israeli source, Prime Minister Ehud Olmert asked President Bush for assurances that if economic and political sanctions failed to get Iran to shut down its nuclear facilities, Bush would order the U.S. military to destroy them before he leaves office. Bush has yet to provide the assurances, according to the source, who refused to be quoted because he is not authorized to speak for the government.
オルメルト首相、ブッシュに支援依頼
イスラエル政府首脳部の消息筋によると、今年早々イスラエルのエフド・オルマート首相は米国のブッシュ大統領に対して、万一現行の「経済制裁と政治的孤立化」をもってしてもイランが核施設を閉鎖しない場合には、「ブッシュが政権の座を下りる前に、それらの施設を破壊するよう米軍に命令を下す件」について、確認をとりつけたそうである。しかしながら、政権内部の情報を語る権限がないので名を開かすことはできないが、あるワシントンの消息筋によれば、ブッシュはいまだにその承認(イラン攻撃命令)を(イスラエルに)与えていないということであった。
d0123476_10303651.jpg
ブッシュの家系はれっきとしたシオニスト / イスラエルのオルメルト首相 / ホワイトハウスのダース・ベーダー

9. Reality check on Iran's nuke plan
The source says the Israeli government believes the Iranians will reach the point of no return in their nuclear-enrichment program sometime next year. U.S. intelligence agencies, by contrast, believe Iran is still two to eight years away from mastering the technology to build a bomb. Some officials warn that attacking Iran would mire U.S. forces in another messy war and might prove ineffective, since the Iranian facilities are believed to be scattered across the country and buried deep underground.
イラン核兵器開発の進行状態
その消息筋の説では、イスラエル政府の読みでは「イランは来年のある時期には、核燃料の濃縮計画の過程で後戻りできない地点 (原爆製造に成功) に到達するだろう」と信じられているらしい。
一方その説とは反対に、米国の諜報機関では「イランが原爆を製造する技術をマスターするまでには、この先まだ2年から8年はかかるもの」と見るのが通説だそうである。
CIA高官の何人かは「イランを攻撃すれば、米軍は(イラク同様の)さらなる破滅型の戦争にはまり込む結果となり、まったくいい結果をもたらさないに違いない」と踏んでいる。なぜならイランの核施設は数多く、イラン国内のあちこちに散らばっており、しかも(米やイスラエルの空軍の爆撃に直接さらされないように)地下の奥深くに建設されているらしいからである。
d0123476_1033314.jpg
パレスチナとの国境に掲示された、上からヘブライ語、英語、アラビア語で書かれた平和を求める標語/核のマーク

10. Nuke war on Bush's watch
Still, from Israel's perspective, there might never be a more supportive White House. "It makes sense that if Israel has to do it alone, it would want to do it on Bush's watch and not wait to see what the political attitude of the next administration will be," says Alpher. That Arab states, and the world, will look away next time might be too much to assume.
核戦争があるとすればブッシュの在位期間中
それでもなおかつ、イスラエルの観点から見れば、現行のブッシュ政権のホワイトハウス以上にイスラエルに対して協力的な政権は、今後もありえないにちがいない。
「万一イスラエルが単独で(シリアやイランを)攻撃しなければならない場合があるとしたら、それはブッシュの在位期間中であり、イスラエルとしてはその間に実行してしまいたいと思っている。アメリカの次期政権の政治的態勢がどうなるかを見極めるまで待つつもりなど、毛頭ないと推測するのは当然だろう」冒頭に出てきた元イスラエル諜報高官のアルファー氏は、イスラエルの立場をこう説明した。
だが実際には、「万一次の戦争が起きた時に、アラブの当事国と世界の他の国々が見捨てるのは、イスラエルと米国にほかならない」と見るのは、はたしてあまりにも考え過ぎだろうか。[了]
d0123476_1037542.jpg
ドゥームズデイクロックを示し「世界が終末に迎う危機が迫っている」と警告を発した ジェンキンス博士らの学会

序章を読む » 9/17号「中東核戦争前夜?急浮上するシリアとイスラエルの核紛争」

前編を読む » 9/18号「戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯」
1. アラブ世界の反応を見るイスラエル /2. 「シリアは時期を見て報復」/3. イスラエル空軍の爆撃ターゲット /4. 北朝鮮の協力でシリアが核開発?/5. イスラエルの主張する北のミサイルと核販売

【米国時間 2007年9月19日 訳『米流時評』ysbee】


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス 特集 | イラク戦争 関連記事特集 | 安倍首相辞任と総裁選 特集

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6186057
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6186057

__________________________________________________________________
行 く 夏 を 肩 越 し に 見 送 る 9 月 の 海d0123476_7393236.jpg

ご愛読たいへんありがとうございます
「ブッシュの戦争」はイラク戦争だけでは終りません
ネオコンの描いた「中東ニューワールド」の構想では
初めから イランが最終のゴールとしてありました
地図を見れば アフガニスタンとイラクにはさまれ
石油利権をめぐるオセロゲームに出たのは一目瞭然
ブッシュ家とサウディ王室との関係も大きな要因でしょう


f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門でただいま2位です。感謝!
f0127501_1040831.gifおかげさまでベスト10にはいりました。 ぽちっ!
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。一歩一歩ぽちっ! 20位から17位になりました。
d0123476_10141436.gifおかげさまで ニュース部門で1位をキープ。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です。


[PR]
by ysbee-2 | 2007-09-19 05:20 | 中東核戦争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31