米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

北京五輪、大気汚染で開催延期の可能性も

f0127501_128435.gif
  ||| 北京五輪、大気汚染で一部開催延期か |||
d0123476_15535966.jpg
国連環境調査で大気汚染に問題、IOC では一部競技延期の可能性も

中国・北京発 |25日木曜、IOC国際オリンピック委員会は、五輪開催地に対する大気汚染に関する特別の制限のために、以前よりはましになったとはいうものの、来年オリンピックが開催される北京の大気汚染がひどいため、いくつかの競技は開催を延期するような可能性が増していると発表した。
Foul Beijing Air May Delay Some Olympic Events
'The air quality is a big problem,' says IOC inspection official
OCTOBER 25, 2007 EST | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
BEIJING, China — Beijing’s pollution is increasing the likelihood some Olympic events may be postponed, though special restrictions may help keep the skies clean, the International Olympic Committee said Thursday.

__________________________________________________________________
OCTOBER 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  Associated Press | B R E A K I N G

北京五輪、空気汚染が大問題に IOCは一部競技延期の可能性も
米国時間 2007年10月25日午前10時36分 | 北京発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_15543275.jpg
1. Report by UN Environment Program
With less than 10 months to go before the 2008 Olympics, air pollution emerged as one of Beijing’s biggest headaches. A report by the United Nations Environment Program criticized Beijing’s cleanup as slow, noting some pollution exceeded World Health Organization standards. In an overall positive assessment of Beijing’s preparations, an IOC inspection team said air quality was a major concern and it was monitoring the situation.
国連環境計画局のレポート
2008年オリンピックまであと10カ月をきったが、大気汚染は相変わらず北京の抱える最大の頭痛の種である。国連の環境計画局によって行なわれた調査レポートでは、中国政府の清浄化計画のスピードは遅々としてはかどらず、一部の環境汚染はWHO世界保健機構の安全基準をはるかに下回っていると報告された。IOC国際オリンピック委員会が発表した内容では、北京五輪の準備態勢は総体的にはポジティブな評価がなされているが、大気汚染が最大の懸念となっており、IOCでは今後の状況改善を監視する体制にある。
d0123476_1555625.jpg
来年のオリンピック開催まであと10か月をきり、メインスタジアムの建設も急ピッチの五輪開催地北京

2. 'Air quality is a big problem'

Inspection team leader Hein Verbruggen said the impact of pollution on athletes’ performance was a specific concern. “The air quality is a big problem,” he said. IOC president Jacques Rogge had warned in the past that pollution might force some outdoor endurance events to be delayed. Verbruggen and other IOC officials said they were confident that measures such as traffic controls should reduce pollution. But if that fails, some events would be delayed. “You might wait a day or two but it is something that we’re used to,” Verbruggen said. “It is a normal standard procedure that we have.”
IOC「大気汚染が最大の問題」
国連の調査チームのリーダーであるハイン・ヴァーブルッゲン氏は「参加選手のパフォーマンスに及ぼす汚染の影響が特に気になる。空気の質は大きな問題だ。」と語っている。
この報告に対して、IOCのジャック・ロッジ会長は過去にも「万一大気汚染がある場合には、長時間かかる屋外競技のいくつかは、開催を遅らすことになるだろう」と表明していた。ヴァーブルッゲン氏と他のIOC委員は「交通規制などの手段によって、大気汚染は緩和されるべきだと確信している。しかし、もしその方法でもだめな場合は、いくつかの競技の開催は遅れることになろう。もしかしたら1日2日待つ事になるかもしれないが、以前にもそういった先例はあったし、開催延期が通常われわれの取るべき正当な手段である。」
d0123476_16193774.jpg
都市周辺では未増有の自動車ブームによる排気ガスと工業地帯から吐き出される煤煙のため昼なお暗い

3. 'Athletes need clean healthy conditions'

Organizers have dwindling options to combat pollution ahead of the Aug. 8-24 Olympics. Some countries are delaying their teams’ arrivals in Beijing until the last possible moment to protect their athletes. But competition times have limited leeway. Rogge underscored the IOC’s concerns in a speech saying that athletes “need clean and healthy conditions in which to train and compete.” But he did not read out a warning to Beijing contained in the prepared text that said “time may be running out.”
「選手には清潔で健康的な環境必須」
来年8月の8日から24日まで開催されるオリンピックを前にして、主催者側が大気汚染と闘う方策も尽きてきた。参加国の中には選手の健康を気遣って、選手団の北京入りをぎりぎりまで延ばす国も出てきている。しかしそうすることで、逆に現地での練習期間は削られてしまう。ロッジ会長は今回の声明の中で、特に次の部分に重点をおいて強調した。「選手たちがトレーニングや競技をするにあたっては、清潔で健全な環境が必須です」だが彼は前もって用意された原稿の中にあった北京政府に警告を発するための一節「残り時間は僅かだ」という箇所を、あえて読み上げなかった。
d0123476_125833.jpg
4. Beijing’s air quality slow to improve
China has one of the world’s fastest-growing economies, but its cities pay for it with choking pollution. Beijing is often blanketed by a gray haze, some from coal-fired industries, others from the soaring numbers of cars. “Extensive use of coal, the city’s geographical location and a growing number of motor vehicles means the pace of improvement in Beijing’s air quality is slow,” said Eric Falt, who heads the U.N. Environment Program’s sports and environment project.
空気浄化、中国の開発汚染に追いつかず
中国は、目下世界でも経済がもっとも急速に成長している国のひとつであるが、その代償として主要都市では息が詰まるほど大気汚染が甚だしい。石炭を燃料とする工業地帯からの煤塵や、激増するマイカーブームの排気ガスのせいで、北京市街ではしばしば立ちこめる灰色のもやに包まれる。
「石炭の過剰な使用、北京市の地理的条件、そして急速に増える自動車。これらがすべて要因となって、北京の空気を清浄化するスピードを、工業化に追いつかないほど遅々とさせているのが現状だ。」国連環境計画局の「スポーツと環境」プロジェクトチームの長であるエリック・ファルト氏は、北京の大気汚染の実状をこう説明した。
d0123476_15582299.jpg
南京市のウォーターフロント 中国各地の主要都市は工業化が著しく農村部から移動の人口急増で空前の建設ブーム

5. Eight times higher than WHO level

Falt said small particulate matter — fine particles of pollution that can easily pass into people’s lungs and harm health — were “particularly worrying.” The U.N. report found that the average level of small particulate matter in Beijing’s air in 2006 was eight times higher than the level recommended by the World Health Organization.
汚染物質の空気混入率、WHO基準の8倍
ファルト氏が特に懸念するのは、肺の気管膜を容易に通り抜けるほど微小な汚染化学物質が呼吸されて人体に引き起す障害に関してで、この事象をとりわけ心配していると述懐する。国連の調査報告書では、2006年の北京市内の空気の質を調査対象としているが、WHOの安全基準値の制限の8倍にも達しているという。
d0123476_15585690.jpg
6. Same measures, same consequences
Other forms of air pollution — sulfur dioxide, nitrogen dioxide and carbon monoxide — rose or failed to drop in 2006 following three years of decline, according to the report, which was based on Chinese government statistics. “(China) never committed to reaching those specific WHO standards within the time frame of the games,” Falt said. Beijing’s Olympic organizers have said contingency measures, such as the selective banning of cars or temporary closure of factories, will have to be used to clear the skies — pledges that were reiterated by officials Thursday.
従来通りの対処法に拘泥する北京政府
中国政府の調査データを元にした報告書の記述では、硫酸ダイオキシン、ニトロゲン・ダイオキサイド、一酸化炭素などの、その他の空気汚染の要因もまた、それまでの3年間減少傾向にあったにも拘らず、2006年には逆に上昇あるいは停滞したままである。
「中国は、いまだかつて競技開催の日程までに、WHOの特定基準をクリアしようと熱心に動いたためしがない」ファルト氏は中国政府をこう非難する。一方の北京五輪主催者たちは、木曜に IOCからの発表後も相変わらず、ある一定の車種を運航禁止したり特定の工場を一時閉鎖したりする、従来通りの方式を取ると弁明したに過ぎない。
d0123476_15594055.jpg
7. Promised $12 billion for pollution control
Verbruggen and other IOC officials defended Beijing’s efforts, saying organizers have spent more than the $12 billion they promised for pollution control, but growth has outpaced all predictions when the city won the bid in 2001. “As far as we’re concerned, there is no blame to be addressed,” Verbruggen said at that news conference. “We all know that the development of this country and the development of this city has accelerated or enhanced the air quality problems.”
大気汚染管理に1兆4千億円投下?
国連調査チームのヴァーブルッゲン氏やIOCの役員は、中国側主張の「五輪開催国の条件をクリアする約定で、汚染規制に120億ドル(約1兆4千億円)以上費やした」という努力を持ち出して一応評価しているが、北京市が五輪開催の権利を射止めた2001年の時点での予測が追いつかないほどのスピードで、中国の環境汚染が進行しているのも事実である。
「我々の感知する範囲内では、現時点では非難を表明するほどのことではない」ヴァーブラッゲン氏は記者会見の席で、取材陣に対してこう答えた。「この国の開発状況、そして北京市の発展の状況が、こうした大気汚染の問題を促進し増大したのは、誰の目にも明らかです。」
d0123476_1615279.jpg
8. Positive about other aspects
The U.N. report was generally positive about other environmental aspects of the preparations, praising the Beijing organizing committee’s efforts in waste management, transportation and water treatment. Solar power will be used at venues and the Olympic village, and organizers have made an “extraordinary achievement” in avoiding chemicals that damage the ozone layer, the report said.
他のチェックポイントはクリア
国連の調査報告書では、開催準備にあたっての他の環境要素については「一般的に良好」と報告しており、特に廃棄物処理、輸送機関、水質処理などの点では、中国側のオリンピック準備委員会の努力の賜物と評価した。報告書の内容によると、ソーラーパワー(太陽熱発電)がオリンピックの競技用施設や選手村に装備され、主催者側は大気のオゾン層を破壊する科学物質の発生を避けるために「並々ならぬ実績」を達成したと、レポートは語っている。

【米国時間 2007年10月30日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_1622212.jpg
»» 次号「トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵」

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6479825
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6479825

次号以降予告:トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵/アルメニア人虐殺問題で反目するトルコと米
スーチー女史ついにミャンマー軍事政権と会談/オルメルト首相驚愕の提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代   | グローバルウォー | イラク戦争  | 中東のパワーラビリンス
ユーラシアの回廊  | テロとスパイ陰謀 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治
サルコジのフランス | ダイハード中国  | トンデモ北朝鮮  | ビルマの赤い川
欧米の見る日本  | グローバルビジネス | 大事故・大災害  | 世界不思議探検

[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-30 21:22 | ダイハード中国
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31