米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

第1話 カーン博士の核のブラックマーケット

f0127501_128435.gif
  ||| ドバイ-パキスタンの核コネクション |||
d0123476_2001552.jpg
英国エージェントが暴露する核取引の闇市場とドバイネットワーク

米国とヨーロッパが、核兵器開発をめぐってイランへの経済封鎖を強化している矢先に、元英国関税局の捜査員が「欧米は、イラン政府が7年も前に核を入手しようとしていたルートを断つ、黄金のチャンスをみすみす逃した」という事実を暴露した。

米国時間 2007年10月30日 | NBCニュース特捜班スクープ |『米流時評』ysbee 訳
»» 以下4部に分けてお送りします。
第1話「ドクター・カーンのグローバルな核のブラックマーケット」
第2話「英米 » ドバイ » パキスタン » リビア の核の密輸ルート」
第3話「グローバルな核の時代を許した恐怖の構図」
第4話「北朝鮮とイランの核所有はカーン発ドバイ経由」


Dr. Khan's Nuclear Connection: Pakistan » Dubai » Iran
British agent says he alerted U.S., U.K. to A.Q. Khan's network in 2000
OCTOBER 30, 2007 EST | NBC News — BREAKING | Translation by ysbee
By Richard Greenberg and Robert Windrem — NBC News Special Investigation Team
BREAKING — As the U.S. and Europe brace for a showdown with Iran over that country’s nuclear program, a former British Customs investigator is asserting that the West missed a golden opportunity to disrupt Tehran’s nuclear effort seven years ago.


__________________________________________________________________
NOVEMBER 1, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  Associated Press | B R E A K I N G

第1話「ドクター・カーンの核のブラックマーケット」
米国時間 2007年10月30日午前8時20分 | NBCニュース特捜班スクープ | 『米流時評』ysbee 訳
By リチャード・グリーンバーグ/ロバート・ウィンドレム | NBCニュース特捜班プロデューサー

d0123476_2004862.jpg
パキスタンの核科学者アブドゥル・カデール・カーン博士/不動産化した世界像、ドバイの人工島「The World」

1. Dr. Khan's nuclear black market

Atif Amin says that as a U.K. Customs agent in 2000, he uncovered evidence that Pakistani scientist Abdul Qadeer Khan was running a nuclear black market. But the United States and United Kingdom waited more than three years to take action to shut down the Khan network, which supplied Libya, North Korea and Iran with gas centrifuge technology to enrich uranium. Had they moved against Khan sooner, Amin believes and some critics agree, Iran might not have as many as 3,000 centrifuges today and be threatening to become a nuclear power.
カーン博士の核の闇取り引き
d0123476_14252961.jpgアティフ・アミンは、2000年の段階では英国の関税局のエージェントだったが、パキスタン人の核科学者として有名なアブドゥル・カデール・カーンが、核のブラックマーケット(闇市場・密貿易)を操作している証拠を、当時発見した。しかし米国、英国ともに、カーン博士のネットワークを閉鎖するための行動を起こすまでに3年以上も待たねばならなかったと言う。そのネットワークとは、博士が開発したウラニウム高純度化のガス・セントリフュージ技術を、リビア、北朝鮮、そしてイランへ売り渡すルートであった。
アミンとその分野の評論家が悔やむのは、もし英米がもっと早い段階で動いてカーン博士を検挙していれば、イランは今日吹聴しているような3千本の核燃料棒を保有していなかっただろうし、さらには核のパワーとして世界に脅威を与える存在にもなっていなかったろうという現実である。

2. 'America and the Islamic Bomb' of Nuke
The previously undisclosed account of Amin’s thwarted investigation is included in a new book about A.Q. Khan titled “America and the Islamic Bomb: The Deadly Compromise” by David Armstrong and Joseph Trento of the National Security News Service. Amin recently sat down with NBC News and discussed details of his investigation, recounted in the book, including his frustration over the decision to limit his criminal probe.
d0123476_2072840.jpg
元英国関税局のエージェント、アティフ・アミン氏の捜査内容が明らかにされる新刊書『アメリカとイスラム爆弾』

核の暴露本「アメリカとイスラム爆弾」

ここまでで明らかになったアミンの摘発捜査の経緯は、ナショナル・セキュリティ・ニューズサービスのデーヴィッド・アームストロングとジョゼフ・トレント両氏の共著による、A・Q・カーン博士について書かれた新刊本『アメリカとイスラム爆弾:危険な協約』の中に記されている。
つい最近アミン氏は、NBCニュースのインタビューに答えて、この本の中にも書かれている彼の捜査の詳細を語ってくれた。そして犯罪捜査の限界を規定する上層部の決定に対する、彼の不満も。

3. Dare to leave the operationd0123476_1242046.jpg
U.S. intelligence officials who worked on the Khan case tell NBC News that Amin’s concerns are misguided. They say that premature action could have jeopardized secret operations under way at the time targeting Khan, his cohorts and his clients. The officials say that intelligence gained during that period enabled the U.S. to mount other clandestine operations that may still be active, including one aimed at slowing down Iran’s nuclear weapons program.
初期捜査で泳がせるテクニック
カーン博士のケース担当で捜査にあたっていた米国諜報機関の一員は、NBCニュースの取材に対して、アミンの懸念は見当違いだと一蹴する。カーンと彼の取引相手を捜査のターゲットとしていた時点で、彼らがそのように中途半端な行動に踏み切れば、進行中の秘密の捜査活動そのものを危機に陥れていたかもしれないと語る。しかし実際には覆面捜査のまま進行したので、まだ捜査段階初期のその期間中に、米国は他の対象への捜査結果も同時に積み重ねる事ができたと振り返る。なにしろその中には、現在騒がれているイランの核兵器開発を遅らせる目的で展開していたスパイ活動もあったと言う。
d0123476_2062864.jpg
アラビア半島の蜃気楼か ユナイテッド・アラブ・エミレーツの首都、ドバイ国際空港のコンコース

4. Suspicious shipment of nuke materials

Amin was tapped to work on what initially appeared to be an export control case involving a suspicious shipment of high-tensile aluminum that could be used to make centrifuge and missile parts. “It didn’t matter who the end user was,” Amin said. “It needed an export license.” The shipper was a U.K.-based company run by Abu Bakr Siddiqui, a British businessman whose father was a friend of Khan. The stated destination: a company in Dubai, a port that intelligence sources say is notorious for a process in which a shipment is illicitly forwarded to another country.
d0123476_2015611.jpg
UAEの首都ドバイは世界でももっとも加速のついた建設ブームで高層建築がビーチや運河に沿って林立する

核兵器材料の密輸を捜査

アミンは、元々はある輸出制限にひっかかるように見えた疑惑のケースの捜査にとりかかったのだが、この輸出対象品というのは、核燃料棒やミサイルの一部材料として使用される可能性もある、高純度アルミニウムだった。「誰が最終的にそれを使うのかというのは、私にとってはどうでも良い問題でした。ともかくその出荷には輸出業者の免許証が必要だったのですから。」アミンはその時の状況をこう説明する。
その輸出品の送り主は英国に本社のある会社で、アブ・バクル・シディキという英国籍のビジネスマンが経営者であり、この人物の父親はドクター・カーンの友人である事がわかった。そしてその出荷先は、ドバイのある法人。ドバイというのは、諜報関係者なら既知の事実だが、輸出入品が不法に第三国へ転送される事で悪名の高い貿易港だ。
d0123476_1231845.jpg

5. Intercepted and searched by U.K. Customs
Despite a warning from British Customs, Siddiqui shipped the aluminum in May 1999 without obtaining the required license, according to Amin. British Customs intercepted the shipment and searched Siddiqui’s office, home and his parents’ home, he said. Amin, 30 at the time and a member of a special counterproliferation unit, was assigned to be the case agent. He had worked on several big weapons smuggling cases before, but this was the most daunting assignment of his career. During the summer of 1999, he said, he and his team pieced together Siddiqui’s history of shipments and business ties.
d0123476_20174196.jpg
UAEのシンボルのようなパームツリーアイランド 首長の命令一過、何でも人工で建造してしまうお国柄

英国の関税に摘発された輸出用貨物

英国関税局からの警告にもかかわらず、シディキ氏は1999年5月にこのアルミニウムの貨物を、本来ならば要請されるはずの特殊品目の輸出免許証なしに出荷してしまった。そこで英国関税局は輸送品を差し押さえ、シディキ氏のオフィス、自宅、そして彼の両親の家まで家宅捜索した。
アミンは当時30才で、すでに関税局の中でも特捜エージェントとして、特別捜査班の一員に配属されていた。彼はそれまでにも、大がかりな武器の密輸出事件を数件手がけていたが、この事件は彼の経歴の中でももっとも厄介な大役だった。彼と秘密捜査チームは、1999年の夏の間中、シディキ氏の過去の輸出の記録から取引先の関係を洗い出すのに、連日を費やしたという。
d0123476_20195137.jpg
完成すれば世界一の高さとなるドバイビル/ドバイのランドマーク 夕映えに屹立するジュメイラ・アルアラブ

6. A Sri Lankan 'ran the show'

According to Amin, the Dubai company to which the aluminum was supposed to be shipped was Sama Machinery and Equipment. Amin said he learned that Sama was controlled by one of Siddiqui's business partners, Buhary Syed Abu Tahir, a Sri Lankan operating out of Dubai and Malaysia. "From a practical point of view," Amin said, Tahir "ran the show." Since Dubai did not have aerospace or nuclear industries that would require the specialized aluminum, Amin wanted to know where the aluminum was really going. "That was really the million dollar question," he said.
d0123476_126530.jpg
スリランカで核の闇市場見本市
アルミニウムが輸出されるはずだったドバイの受取人は、Sama Machinery and Equipment=サマ機械設備という会社だった。アミンが調べた結果では、この法人は輸出した英人シディキ氏の会社の共同経営者であるブハリ・シイド・アブタヒルというスリランカ人で、ドバイとマレーシアを本拠地にビジネスを行なっていることがわかった。現実的に判断して、タヒルは両方の場所での『run the show=商品の見本市』の役割」に過ぎない、とアミンは解読した。ドバイには、そういった特殊なアルミニウムを必要とする宇宙基地も核施設も存在しないからだ。
アミンは必然的に、いったいその材料が最終的に、本当はどこへ行くのかを知りたかった。彼はそのときの心境をこう表現する。「それこそ本当に、100万ドルのクェスチョンでしたよ。」
d0123476_126386.jpg
メディアシティ区域には各国主要メディアが終結 中央の赤いサインはCNN/左はソニー・エリクソン なにしろ無税

7. The Dubai-Pakistan connection

Increasingly, he said, evidence pointed to Dubai as the hub of an illicit procurement operation run by Khan, funneling nuclear technology to Pakistan. Authorities in Dubai, who Amin said typically weren’t cooperative on foreign investigations of nuclear proliferation matters, surprisingly allowed Amin to pursue his investigation there, as long as he worked with local police. After arriving in April 2000, Amin said, he made slow progress until he followed up on a Dubai telephone number found in Siddiqui’s diary for someone with the initials “D.S.” Amin said “D.S.” stood for “Dr. Sahib,” a Pakistani term of respect, in this case for A.Q. Khan.

ドバイとパキスタンを結ぶ核のコネクションd0123476_12142216.jpg
カーン博士は、言わずと知れた核のテクノロジーをパキスタンにもたらした張本人であるが、捜査を重ねるに連れて明るみに出てきた証拠の数々は、すべてカーン博士によって密かに操作されていた禁じられた密輸ネットワークの巣窟が、最終的にはドバイである事を指し示していた。
アミンの評価では、ドバイの関税事務所は、核保有に関するケースを捜査する外国の関税に対して通常は非協力的な役所の典型だそうだが、その時ばかりはアミンの現地での捜査に関しては、驚くほどすんなりと許可が下りたと言う。

UAEもご多分に漏れず 首長からイスラム教を信奉するアラブ民族国家 首都ドバイにあるジュメイラモスク

2000年4月にドバイへ到着したあと、証拠書類として押収したシディキ氏の日記に書かれた電話番号と、その持ち主らしきイニシャル「D.S.」の正体を探っていた。アミンの推理では「D.S.」は「Dr. Sahib」の略で、「Sahib」とはパキスタン語で「尊敬」を意味する。したがってこの場合はドクター・サヒブとはカーン博士を意味すると解釈した。

【米国時間 2007年11月1日 訳『米流時評』ysbee】

»» 次号・第2話「ドバイ » パキスタン » リビアの核コネクション」へ続く
d0123476_1023580.jpg次号以降予告:トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵
アルメニア人虐殺問題で反目するトルコと米国
スーチー女史ついにミャンマー軍事政権と会談
オルメルト首相驚愕の提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6487458
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6487458

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで4位です。もうひと息でベスト3!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11位。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代   | グローバルウォー | イラク戦争  | 中東のパワーラビリンス
ユーラシアの回廊  | テロとスパイ陰謀 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治
サルコジのフランス | ダイハード中国  | トンデモ北朝鮮  | ビルマの赤い川
欧米の見る日本  | グローバルビジネス | 大事故・大災害  | 世界不思議探検

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-01 09:30 | テロとスパイ陰謀
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30