米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

ムシャラフの朝令暮改・ブットを自宅拘束後解放

f0127501_128435.gif
  ||| ムシャラフ傀儡政権 狂気の朝令暮改 |||
d0123476_9292095.jpg

ラワルピンジ抗議デモ計画を機動隊が弾圧阻止 反体制派5千名逮捕
ムシャラフ軍政、ブットを自宅軟禁 数時間後ブッシュの忠告で解除


パキスタン・イスラマバード発 |パキスタンの反体制政党の代表ベナジール・ブット女史は、9日金曜朝、ムシャラフ独裁政権の弾圧に対する抗議デモを率いる予定でイスラマバードの自宅を出ようとしたが、大統領の緊急命令で機動隊のバリケードが築かれ、自宅拘束状態となった。しかしこの後まもなく午後になってから禁固処分は解かれた。金曜ホワイトハウスから発表された声明によると、ブッシュ政権がムシャラフに対して、ブット女史の自宅拘束を解除するよう直接説得した模様である。

d0123476_18552829.gifysbeeより: パキスタンの情勢が時々刻々激動し、ニュースがラッシュ状態になっております。1週間分の記事を、とりあえず写真入りのフォーマットで先に掲出しますので、日付の順番が前後いたします。また、訳文は順次追加していきますので、どうぞご了承いただけますよう、お願い申し上げます。(当ブログの和文は私自身の拙訳でありますが、内容を充分咀嚼してから書きますので、翻訳ソフトなどは一切使っておりません。多少時間はかかりますが納得のいくコンテンツでお届けしたいので、そのへんの事情もよろしくご理解くださいますように。)
d0123476_930010.jpg
Bhutto Placed Under House Arrest, Then Freed
Pakistan police block protest against Musharraf, thousands arrested
NOVEMBER 9, 2007 | MSNBC News — PAKISTAN | Translation by ysbee
ISLAMABAD, Pakistan — Pakistani opposition leader Benazir Bhutto was freed from house arrest late on Friday shortly after being stopped from leaving her home in Islamabad to lead a rally against President Pervez Musharraf's imposition of emergency rule earlier in the day. "The detention order has been withdrawn," said Aamir Ali Ahmed, acting deputy commissioner of Islamabad. In a statement on Friday, the Bush administration urged Musharraf to end the house arrest.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 9, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 M S N B C N E W S | P A K I S T A N

ムシャラフ軍事政権、ブットを自宅軟禁・解除 反対派5千名を逮捕
米国時間 2007年11月9日 | MSNBC ニュース・パキスタン現地速報 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_9303768.jpg
1. Crackdown on thousands of protesters
Pakistani police reportedly also rounded up thousands of her supporters to block a mass protest against emergency rule. Bhutto had earlier twice tried to leave in her car, telling police: "Do not raise hands on women. You are Muslims. This is un-Islamic." They responded by blocking her way with an armored vehicle. The former prime minister had planned to defy a ban on public gatherings and address a rally in nearby Rawalpindi, where police used tear gas and batons to chase off hundreds of supporters who staged wildcat protests and hurled stones. Dozens were arrested.
抗議デモの反体制派5千名を投獄
パキスタンの国家警察は、ブット女史拘束の傍ら、先週発令された戒厳令に抗議する目的で今日9日にラワルピンジで実行を予定されていた大規模デモを阻止するために、ブット女史の支持者数千人を逮捕令状なしに拉致投獄した。ブット女史自身はこの日早朝、機動隊のバリケードに包囲されたイスラマバードの自宅から、車で外出しようと2度試みた。その際に彼女は機動隊に向かってこう呼びかけている。「女性に向かって暴力を振るわないでください。あなた方はイスラム教徒でしょう。このようなやり方は反イスラム的です。」
d0123476_1257299.jpg

2. Blocked Friday's national rally in Rawalpindi
They responded by blocking her way with an armored vehicle. The former prime minister had planned to defy a ban on public gatherings and address a rally in nearby Rawalpindi, where police used tear gas and batons to chase off hundreds of supporters who staged wildcat protests and hurled stones. Dozens were arrested.
ラワルピンジから首都への大規模デモを阻止
だが、機動隊は装甲車で彼女の行く手を阻んだ。ブット元首相が計画していたこの日の行動は、ムシャラフ大統領が先週突然施行した戒厳令による「集会禁止の令」に抗議して、言論と集会の自由を復権する目的で、ラワルピンジから大統領官邸と国会のある首都イスラマバードまで、全国から反対派が集まって抗議デモを繰り広げるという予定だった。しかしパキスタン最大の軍都ラワルピンジでは、集まって投石などを繰り返す数百人のデモ隊に対して、市と軍隊の警察が催涙弾、銃、警棒で追いかけ、ラワルピンジ市内だけで数十人が逮捕された。
d0123476_9312644.jpg

3. Fueled criticism in moderate majority
Further afield, a suicide bombing at the home of a government minister in the northwestern city of Peshawar killed four people. Minister for Political Affairs Amir Muqam was unhurt. The attack underscored the threat posed by religious extremists in this Islamic country that President Gen. Pervez Musharraf and Bhutto are sparring over. It was cited by Musharraf as the primary reason for imposing the state of emergency last Saturday. But most of the thousands of people rounded up countrywide since have been moderates — lawyers and activists from secular opposition parties, such as Bhutto's Pakistan People's Party.
穏健派国民の大半が弾圧に抗議
パキスタン国内ではこのほかにも北西部の州都ペシャワールで、政府閣僚の自宅が自爆テロの襲撃を受け4名が死亡したが、内相自身は無傷だった。このテロ事件は、ムシャラフ大統領兼軍事総司令官とブット元首相の間で論争の焦点となっている、イスラム教国家におけるムスリム過激派のテロ活動を強調する結果となった。ムシャラフの言い分では「先週土曜日に戒厳令を発令したのは過激派のテロ活動を規制するためだ」と主張している。しかし実際には、先週来全国で逮捕投獄されたのは、ブット女史のPPP=パキスタン人民党のようなムシャラフの対立政党にを指示する国民大半の代表であり、弁護士や活動家といったむしろ健全思想の穏健派が大半を占めている。
d0123476_932298.jpg

4. Mass detentions fueled more criticism
The mass detentions have fueled criticism that Musharraf — who seized power in a 1999 coup — declared the emergency to maintain his own grip on power. Friday's crackdown showed that Musharraf was not letting up on his political rivals, despite saying a day earlier that parliamentary elections would go ahead by mid-February, just a month later than originally planned.
反対派の弾圧で批判と騒擾拡大
今回の反体制派の大量逮捕は「ムシャラフ大統領が戒厳令を公布したのは、ひとえに彼自身が将軍で起こした99年の軍事クーデターで手中に収めた独裁権力を占有し続けたいがため」という国民の非難の火中に油を注ぐ結果となった。ムシャラフは表面上、本来の予定よりひと月遅れの2月中旬に総選挙を実施すると、たった前日に公言したばかりである。しかし金曜のデモ隊弾圧は、その舌の根も乾かぬうちの全国規模の暴力的弾圧で、政敵であるブット女史を潰そうと言う魂胆を暴露してしまった。
d0123476_12584736.jpg

5. U.S. showed as a puppet-master
His announcement came after intense pressure from the United States, his chief international supporter. It also dimmed prospects that Bhutto and Musharraf would soon form an alliance against Islamic extremists that Washington has pushed for.
ブッシュ傀儡政権の面目躍如
金曜にムシャラフが独裁体制の馬脚を現した「ブット拘束命令の朝令暮改」は、彼の国際的支援者の第一人者である、米国ブッシュ政権から強い圧力がかかった直後にもちあがった。しかしこの一件で、それまで米国政府が推進し、かすかな望みを持たれていた「イスラム過激派に対して共闘する、ブットとムシャラフの首相・大統領連立政権の夢」は、もろくも消え去った。
d0123476_9323441.jpg

6. 'Fight for democracy, justice of law'
Speaking to reporters by phone between her two attempts to escape her home, Bhutto said her supporters would "continue to fight for democracy and the rule of law." She also repeated demands that Musharraf step down as army chief by next week, when his presidential term expires.
「民主主義と法の正義のために闘う」
デモの陣頭指揮のために外出しようとした2度の試みを阻まれ、自宅に軟禁状態となったブット女史は、自宅付近へ詰めかけた各国の取材陣へ携帯を介して連絡をとった。その会話の中で、ブット女史は弾圧で新たにした決意を次のように語った。「私の支持者たちは、民主主義と法の正義を回復するために徹底して闘いを続けます。」さらに続けて、ムシャラフ大統領に対しては、本来であれば彼の大統領としての任期が終了する来週までに、軍部総司令官としての地位を降りるよう重ねて要求する、と対抗姿勢を表明した。
d0123476_933558.jpg

7. Another blow to already-unpopular general
Bhutto's decision to join in anti-government protests against Musharraf is another blow to the military leader whose popularity has plummeted this year amid growing resentment of military rule and failure by his government to curb Taliban and al-Qaida militants.
国民にそっぽを向かれた将軍ムシャラフ
ムシャラフの独裁体制に反対の意を表するために、反体制の抗議デモに参加しようとしたブットの決意は、軍部の総司令官でもあるムシャラフ大統領にとって、協力者を失うというもうひとつの大きな痛手となった。「赤のモスクの反乱」に対する強硬な鎮圧などで極めて顕著になってきた軍部独裁体制への嫌悪と、アフガン国境付近で復活したタリバン・アルカイダ叛徒鎮圧の失敗に対する失望とが相まって、今年に入ってからパキスタンのこの独裁軍事政権指導者に対する国民の人気が地に落ちた感があるのは否めない。 »» 次号「ムシャラフの弾圧逆効果で国民猛反撥」へ続く
d0123476_14115788.jpg
【米国時間 2007年11月9日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6539372
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6539372

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで4位です。もうひと息でベスト3!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11位。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争  | 中東のパワーラビリンス
ユーラシアの回廊 | テロとスパイ陰謀 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治
パキスタン・戒厳令の季節 | アフガニスタン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | サルコジのフランス
グローバルビジネス | 大事故・大災害 | 世界不思議探検  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-09 15:10 | パキスタン戒厳令の季節
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31