米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

ブットの挑戦・国民総決起デモで対立決戦の構え

f0127501_128435.gif
 ||| ブットの挑戦 総決起デモで対立決戦へ |||
d0123476_6263132.jpg

ブット、拘束・活動阻止でムシャラフ連立政権の夢から対立抗争へ
不屈のブット、ラホーレから首都へ国民総決起の抗議デモ呼びかけ


パキスタン・イスラマバード発 |1998年ムシャラフ将軍による軍事クーデターで国家元首の座を追われたベナジール・ブット前首相は、ムシャラフ大統領が彼女に課していた政治腐敗の罪状を破棄したことで、8年間にわたる長い海外亡命生活を終え、先月故国パキスタンに帰国した。ブットの立場としては、この「1億6千万の民と核兵器をかかえる国家」に3期目の首相として返り咲く思惑も含めて、ムシャラフとの2度目の会談に入る道が開かれていたのだったが。
写真上:先月の帰国歓迎パレードで自爆テロに襲われ犠牲になった支持者の葬儀に訪れたブット女史と警護の私兵

Bhutto Describes Pakistan as ‘Pressure Cooker’
U.K. reporters expelled; official says emergency to end within a month
NOVEMBER 10, 2007 | Associated Press — PAKISTAN | Translation by ysbee
ISLAMABAD, Pakistan — Former Prime Minister Benazir Bhutto returned home last month, following eight years in exile, came after president Musharraf agreed to drop the previous corruption charges against her. Bhutto, for her part, has left open the possibility of re-entering talks with Musharraf on issues including her wish to serve a third term as prime minister of this nuclear-armed nation of more than 160 million people.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 11, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 M S N B C N E W S | P A K I S T A N

ブットの挑戦・ラホーレ〜首都国民総決起デモで対立決戦の構え
米国時間 2007年11月10日 | MSNBC ニュース・パキスタン現地速報 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_627797.jpg
7. Prospects for Bhutto-Musharraf alliance dim
The restrictions on Bhutto dimmed the prospect of her forming a U.S.-friendly alliance with Musharraf against militants who have seized control of an ever-greater area of northwestern Pakistan. Some U.S. officials have expressed concern that the political crisis will actually distract Pakistan from that task, and NATO said Saturday insurgents had killed six American troops in eastern Afghanistan.
ブット-ムシャラフ連立政権の夢消滅
先週ブット女史に対して課された拘束(自宅内逮捕)は、次の選挙で3期目の首相として選出された暁には、ムシャラフ大統領と連立して「パキスタン北西部の国境地帯を前代未聞の勢力拡大で復権したタリバンを討伐する使命の元に親米政権を確立する」という、国内外の誰もが描いてきたパキスタンの未来像を、一瞬にして消し去った。
米国政府のある者は「今回の政治危機は、事実上パキスタンをテロ戦争の使命から逸脱させる」と懸念している。それを裏付けるかのように現地駐留のNATO連合軍から発表されたのは、10日土曜アフガニスタン東部のパキスタンとの国境地帯で、6名の米兵がイスラム過激派叛徒に殺されたというニュースだった。
d0123476_6273595.jpg
10日彼女の率いるパキスタン人民党の主催で行なわれたレセプションで、各国の外交官に窮状を訴えるブット女史

8. Bush 'indispensable ally against the terrorism'
But the Bush administration continues to describe Musharraf as an "indispensable" ally against the Taliban and al-Qaida, suggesting it is unlikely to yield to calls from some lawmakers in Washington for cuts in its generous aid to Pakistan, much of it to the powerful military.
ブッシュ「テロ戦争のかけがえのない友軍」
こうした激変する状況にもかかわらず、ブッシュ政権はムシャラフを相も変わらず、タリバンやアルカイダと闘争する「テロ戦争のかけがえのない友軍」であると表明し、首都ワシントンの議員の間から持ち上がってきた「パキスタンに対する膨大な援助予算をカットせよ」という意見には傾むかない態度をほのめかした。
ちなみにこの援助資金の大部分はパキスタンの強大な軍隊に対する軍事予算であり、テロ戦争開始の2001年以来今年度まで、米国の国家予算から継続的に延べ100億ドル(約1兆2千億円)以上注ぎ込んでいる。
d0123476_628108.jpg
今回のパキスタン危機に際しても、当初4日間はホワイトハウス広報官を通してしか意見を表明しなかったブッシュ。5日目に訪米中のサルコジ大統領との共同記者会見で初めて取材陣の前で口を開いたが「ムシャラフはいい奴だ(He's a good man.)彼を信じている。パキスタンはテロ戦争に欠かせない友軍だ(から切り捨てはしない)」このパターンは毎度の事で、ラムズフェルド国防長官、ゴンザレス司法長官を解雇せよと民主共和両党から説得された時も、頑として受け付けなかった石頭は人後に落ちない(そもそもヒト科?)ジョー・バイデンの爪の垢でも煎じて飲ませたい。

9. Tuesday march from Lahore to capital
Hundreds of police blocked the street in front of Bhutto's home Friday to keep her from leading a rally in the garrison city of Rawalpindi that had been expected to draw thousands. She said Saturday she was still determined to go ahead with a 185 mile march Tuesday from the city of Lahore to Islamabad. "To get Pakistan from the clutches of dictatorship, we are organizing a long march."
火曜にラホーレから首都までデモ行進予定
機動隊はその前夜から徹夜作業で、ブット女史の自宅周辺をコンクリートや鉄条網で包囲していた。9日金曜の朝、ブット女史が軍都ラワルピンジで実施する予定だった数万人を予測された抗議デモの陣頭指揮を執るために自宅を離れようと試みたが、数百人の機動隊が十重二十重に包囲して通行禁止にしており、外出は不可能だった。
しかしそうした状況にもめげず、翌10日土曜には新しいデモを提起し「13日火曜にラホーレから首都イスラマバードまで185マイルの抗議のデモ行進を行なう」と表明し、陣頭指揮をとる覚悟を新たにした。「独裁主義の弾圧からパキスタンを奪い返すために、我々の行進は延々と続きます」
d0123476_629526.jpg
9日に予定されていたラワルピンジの大規模デモに先駆け、いたるところに掲げられたブットの看板やバナー

10. 'Join us in the struggle for democracy'
Bhutto told her determination while around 100 journalists protesting the new media clampdown. Such movement in this time of the nation in emergency rule would impose jail time for those who criticize Musharraf or the army. "I request ... all segments of the population to join us in the struggle for democracy. When the masses combine, the sound of their steps will suppress the sound of military boots."
「民主主義を回復する闘いに参加を」
ブット女史は、新たにメディアに対しても弾圧の手が厳しくなった事態に抗議するために集まった100名あまりのジャーナリストに取り囲まれ、ムシャラフ政権との対決の意志を明らかにした。先週末のこのような動きは、国家非常事態宣言を発令している状況下では、ムシャラフや軍隊を批判したかどで即逮捕投獄の対象となる、危険を冒しての集会だった。
「民主主義を我々の手に取り戻すために、この国のどの階層の市民もみな、私たちの行進に参加するようお願いします。群衆がひとつに団結して行進する時、その足音は軍靴の轟きよりも高く響きわたるでしょう。」
d0123476_6301834.jpg
9日早朝デモが予定されていたラワルピンジで、有刺鉄線のバリケードに阻まれ機動隊に包囲されたデモ隊

11. Amidst of ruling on legality of his presidency
Many critics say the main goal of Musharraf's emergency was to pre-empt a Supreme Court ruling on the legality of his victory in a presidential election last month. Under the constitution, public servants cannot run for office.
「大統領と軍司令官兼任は憲法違反」
政治評論家の多くは、ムシャラフの非常事態宣言の主な目的は、先月行なわれた大統領選での彼の勝利の合憲性に関して、最高裁判所が下そうとしていた「違憲判決」を未然に封殺するためだったと観ている。パキスタンの民主憲法の元では「官吏公僕は選挙に立候補してはならない」という一項に抵触するからである。
【訳者注: 本来の出自が軍司令官という公職であったムシャラフは、米国の後押しでクーデターではなく民主的選挙で選出された大統領となるべき、という主旨に沿ったはずだったが、ムシャラフ、ブッシュ政権の両者ともパキスタン憲法の基本を抑えていなかった結果、その陥穽をターゲットに、最高裁判所以下全国の判事から違憲の糾弾を受けていた経緯がある。】
d0123476_10395264.jpg
最高裁で自国の大統領の「違憲性」を問う判事たち 本来軍事独裁政権から三権分立の基本的民主主義へ変革するようにと願う民主化運動から発した法廷闘争だったが ムシャラフは敗訴するのが明白だったため、クーデター(もどき)を起こして反対派の判事や弁護士を拉致投獄し、司法の機能を軍事の暴力で圧殺した

12. Promise without date
Qayyum, the attorney general, said the court — now purged of its more independent-minded justices — would swear in more judges in the next two or three days, bringing it up to the strength required to restart hearings in the case. Musharraf says he will quit his post as army chief and rule as a civilian once the court has confirmed his re-election, but set no date for that step.
軍司令官降壇に期限のない約束
現在では彼よりももっと中道独立派の判事たちから司法長官の座を追われた経験のあるカイヤム氏は、大統領の合憲性の問題に関する今後の展開に関してこう予測する。「裁判所は今後2・3日の間に、独裁の弾圧に憤激した判事たちが新たに反政府側に加わって、これまでムシャラフ失格を主張して投獄された活動家の数(5千人)をはるかに上回る数で法廷に出廷し、証人として真実を語ると宣誓するでしょう。そうすれば弾圧とは裏腹に、この裁判に対する事情聴取の審議を再開する要請運動が、さらに強力に拡大して行くことになります。」
一方ムシャラフ自身は、裁判所がいったん彼の大統領選での再選を承認すれば、軍司令官の地位を辞任して平民の大統領として統治するつもりだと語っている。しかし、その段階をふむ期日についてはふれていない。[了]
d0123476_1040396.jpg
当初は弁護士や検事などの法律専門家だけの違憲性を問題にした抗議が、非民主的弾圧によって国民全体を敵に回してしまったムシャラフ政権 英国のサンデーテレグラフ紙に「政治的に無能で野蛮」と酷評されたとおりの結果となった

【米国時間 2007年11月11日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6550491
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6550491

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで4位です。もうひと息でベスト3!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11位。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-11 11:14 | パキスタン戒厳令の季節
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30