米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

ブットのラホーレ入城・またもや7日間の自宅拘束

f0127501_128435.gif
   ||| ブットのラホーレ入城・再拘束 |||
d0123476_14475930.jpg
火曜大規模デモに備え集合予定地のラホーレへ、支持派の群衆大歓迎

パキスタン・ラホーレ発 |パキスタン国家警察は、国家非常事態下の弾圧に抗議して13日火曜に行なわれる予定の大規模デモを、バナジール・ブット女史が主導するのを阻止する目的で、彼女の身柄に対して、帰国後2度目の4日間にわたる自宅拘束の令状を発行したと発表した。
Pakistan’s Bhutto Put Under House Arrest Again
Detention order intended to stop opposition leader from leading protests
NOVEMBER 12, 2007 | Associated Press — PAKISTAN | Translation by ysbee
LAHORE, Pakistan — Pakistani authorities placed opposition leader Benazir Bhutto under house arrest for the second time in four days to prevent her staging a grand procession on Tuesday to protest emergency rule, police said.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 12, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 Associated Press | P A K I S T A N

デモ予定地ラホーレの群衆ブットを大歓迎 2度目の自宅拘禁
米国時間 2007年11月12日 | AP通信・パキスタン現地速報 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_14491539.jpg

1. Newly issued 7-day house arrest
A seven-day detention order was issued by the government of Punjab province, where the former prime minister is staying at the house of a lawmaker from her party, Aftab Cheema, the chief of operations of Lahore city police, told The Associated Press. “She has been detained and she won’t be allowed to come out,” Cheema said. Hundreds of armed police were deployed Monday in the streets around the home where Bhutto is staying, and sharpshooters took to surrounding rooftops. A series of three steel-and-barbed wire barricades were erected around her house.
新規に7日間の自宅拘禁
ラホーレ市の警察署長がAP通信記者に伝えた内容では、今回の7日間の自宅拘禁令状は、ブット女史が党首であるPPPパキスタン人民党の議員宅に滞在している地元の、パンジャブ州政府から発行されたものである。「彼女は禁足状況にあるので、その家から一歩も外に出る事は許されない」と署長は説明した。
12日月曜早朝、数百人の武装した警察部隊が、ブット女史の滞在先の邸宅に通じる道を閉鎖して警戒にあたっており、要所要所の家屋の屋上には狙撃兵が銃を構えている。議員宅の周囲は鉄条網で三重にバリケードが築かれる、という物々しい警戒態勢を敷いている。
d0123476_14495495.jpg

2. Intensifying nation's political crisis
A conflict over the march between Bhutto and Musharraf could intensify the political crisis engulfing Pakistan and further cloud the prospect of the two leaders forming a U.S.-backed alliance against rising Islamic extremism. Bhutto had planned to leave Lahore on Tuesday morning for the capital, Islamabad. The journey was expected to take about three days, and her party said thousands of supporters were expected to join her en route.
パキスタンの危機を深める国民の離反
デモ行進をめぐってのブットとムシャラフ間の相克は、パキスタンを分断する政治的危機の断層を、とり返しのつかないほど深刻なものにしてしまった感がある。さらに、イスラム過激派の台頭に対抗して、米軍を支援する友軍体制を確立するという談合で望みがかけられた、当初の「ブット-ムシャラフ連立政権」の夢は、戒厳令の弾圧でもろくも崩れ去ってしまった。
ブット女史は13日火曜朝には、ラホーレから首都イスラマバードへ向けて出発する予定であった。「この行進にはおよそ3日間ほどかかり、彼女の支持者数万人が道すがらデモに参加するものと見込まれる」と、彼女の率いるPPPパキスタン人民党からは報道陣に伝えられていた。
d0123476_14503562.jpg

3. To end his dictatorship
The caravan is meant to pressure President Gen. Pervez Musharraf to end the state of emergency he imposed on Nov. 3 and give up his post as army chief. “All processions, rallies, political gatherings at present are outlawed,” Deputy Information Minister Tariq Azim told the AP before the detention order was issued. “So if she breaks the law then obviously she will not be allowed to do it.” Azim declined to give details about what steps authorities might take against Bhutto. He said that officials would “take the necessary action as it happens.”

軍事独裁の弾圧にピリオドを打つ目的
d0123476_14571945.jpgブットが全国民に参加を呼びかけたデモ行進は、ペルヴェズ・ムシャラフ大統領兼将軍に対して、11月3日以来発効の国家非常事態宣言を終結するように圧力をかけ、軍部総司令官としての地位を諦めさせる意図で提唱されたものである。
「現時点におけるいかなるパレード、デモ行進、政治的集会も、違法とみなす」逮捕令状を発行するよりも以前から、情報省のタリク・アズィム副相は、AP通信の記者に対してこう明言していた。「だから、彼女がもし法を破ったら、その時は当然そういった類いの集会は許されないことになる。」しかしアズィム氏は、国家警察側がブットに対してどういう手段を踏むかについての、それ以上の詳細を伝える事は拒否した。彼は端的に「政府側は、必要であればいかなる手段もとるつもりだ」と表現するに終わった。

12日月曜デモ行進出発地のラホーレ市入りを果たし、内外の報道取材陣に包囲されるブット

4. Bhutto’s 'Freedom March' would go ahead
Farhatullah Babar, a spokesman for Bhutto’s Pakistan People’s Party, said before Bhutto’s was ordered detained that Tuesday’s march would go ahead “regardless of what the government is saying.” Party spokeswoman Farzana Raja vowed its supporters would fight any attempt by authorities to block her “freedom march.” “If police try to stop us, in every town and district of Punjab, there will be a battlefield between PPP activists and police,” she said.
ブットの「自由の行進」を決行
ブット女史の率いるパキスタン人民党PPPのスポークスマン、ファラトゥラ・ババール氏は、ブット女史に対して自宅拘束令状が発行される以前の段階では、火曜日の行進は「政府が何と言おうと関係なく決行する予定」と語っていた。またもうひとりのスポークスウーマン、ファルザナ・ラジャさんは、こう予想する。「ブット女史の支援者は、彼女の提唱する『自由の行進』を警察がどんな手段をもって阻もうとも闘い抜くでしょう。もし警察が我々の歩みを止めようとすれば、パンジャブ州のあらゆる町は、PPP党員と警察との間で繰り広げられる闘いの戦場と化すでしょう。」
d0123476_1452727.jpg

5. Declaration 'to save Pakistan'
With an escort of dozens of police vehicles, Bhutto had ventured out around Lahore Monday to offer prayers at the grave of Pakistan’s national poet, Allama Iqbal, and declared to reporters that her caravan was part of her campaign “to save Pakistan.” “I know it is dangerous, but what alternative is there when the country is in danger?” the former prime minister said.
「パキスタンを救うため」の闘争宣言
十数台の警察の車輛に随行されながら、ブット女史は月曜の朝、パキスタンの国民的英雄と敬愛される詩人アラマ・イクバルの墓を参詣した。その後で彼女を包囲した報道陣に向かって、火曜の行進は「パキスタンを救うため」の彼女の政治活動の一部でもあると語った。
「もちろん、危険なのは百も承知です。でもこの国が危機に陥っている現在、そうする以外に、いったいどんな代行手段が残されていると言うんですか?」元首相は決然と言い放った。
d0123476_1453356.jpg

6. Fear for suicide bombing attack
Bhutto was targeted by an Oct. 18 suicide bombing attack on a homecoming procession in the southern city of Karachi as she returned from years in exile. The assassination attempt killed 145 other people. She was placed under house arrest in Islamabad Friday to prevent her from addressing a rally in the nearby garrison city of Rawalpindi, where authorities also warned they had intelligence that suicide bombers were loose in the area.
カラチの自爆テロ再現を懸念
8年間の亡命生活を終えて故国の土を踏みだ10月18日、南部の都市カラチで30万人もの人出を数えた帰国歓迎の盛大なパレード運行中に、自爆テロ攻撃のターゲットとなったブット。この暗殺の企てを本人は免れたものの、巻き添えになった市民145人の犠牲者を出した。その後9日金曜には、当日計画されていた軍都ラワルピンジ近郊のデモを彼女が先導するのを妨害しようというムシャラフ政権の意図で、イスラマバードの自宅で最初の拘禁処分となっている。ラワルピンジ周辺では、自爆テロがこの地域に潜伏しているという諜報情報があり、政府側では警告を発していた最中でもあった。    »» 次号「パキスタン総決起・13日火曜ラホーレへ結集」へ続く
d0123476_14535915.jpg
手前の女性、一見ブット女史に見えるが逮捕された支持者のひとり ここまで似せたファンがいるという人気の現れか

【米国時間 2007年11月12日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6558743
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6558743

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで4位です。もうひと息でベスト3!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11位。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-12 15:02 | パキスタン戒厳令の季節
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31