米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

戒厳令の季節 第1章 パキスタンのダークスーツ革命

f0127501_128435.gif
 ||| 第1章 パキスタンのダークスーツ革命 |||
d0123476_12561129.jpg
三権分立・民主主義の基本精神擁護のため立ち上がった弁護士たち

2007年11月13日 | ロン・モロー/ニューズウィーク特約 | 『米流時評』ysbee 訳
これで5日間で2度目の自宅拘束命令で、パキスタンの前首相ベナジール・ブットはまたもや禁足処分で身動きできなくなってしまった。先週金曜には、イスラマバードの彼女の自宅に対して自宅収監命令が下され、鉄条網と完全武装の機動隊が幾重にもその周囲を包囲して、その日に予定されていた軍都ラワルピンジでの抗議デモを、ブット女史が先導するのを阻止した。

Pakistan's Black Suits Revolution
What is happening now in Pakistan is the social revolutions in multi-sphere.
By Ron Moreau | Newsweek — Web Exclusive | Translation by ysbee
NOVEMBER 13, 2007 — For the second time in five days, former Pakistani prime minister Benazir Bhutto finds herself under house arrest. Last Friday she was hemmed in inside her Islamabad residence behind coils of barbed wire and a phalanx of Pakistani riot police to prevent her from holding a political rally in the nearby army garrison town of Rawalpindi.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 19, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 N E W S W E E K | S P E C I A L

第1章 パキスタンのダークスーツ革命 立ち上がった弁護士たち
2007年11月13日 | By ロン・モロー/ニューズウィーク サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_12565844.jpg
1. 'Sub-jail' by detention order
Today's lockup was an eerily similar replay but on a larger and harsher scale. This time she was not even allowed to come out of her house and address the large gathering of local and international media waiting at the barricades. She was sealed tight inside the comfortable home of one of her top aides in Lahore's tony Defense Housing Authority (DHA).
自宅逮捕処分により「亜・収監」
今日(13日火曜)の自宅拘禁は先回と気味の悪い程似たパターンだったが、動員された軍警察の人数も厳しさも一段とスケールを増した感がある。ブット女史に関しては、今回は逗留中の知人の家から一歩も出る事を許されず、したがって先回のように、自宅周辺を包囲したバリケードまで集まった群衆や海外の報道陣に向かって、スピーカーで演説することは不可能になった。ラホーレ市内の軍用高級住宅街の一角にある、彼女の参謀のひとりの瀟洒な自宅の内部に、厳重な警戒の元に拘束されている。
d0123476_12581336.jpg
ラホーレ市内のブット逗留先の住宅周辺に近づく者は誰彼の区別なく一斉検挙にあい護送車で収監された

2. Trapped in super-tight security
Police padlocked the house's gate, pasted on it two seven-day detention orders that declared the house a "sub-jail," and rolled up a police pickup truck to block it further. The cops cordoned off the street running in front of the house with more barbed wire, farm tractors tied to wagons piled high with sand, and large cargo trucks.
前代未聞の厳戒態勢で遮断
軍警察は、問題の家の門を施錠しその門に7日間の禁固処分の令状を2枚貼り付け、その家が「留置所に準ずる」状態を宣言した。さらにはその先への侵入を防ぐため、警察の装甲車をくり出して道路をさえぎってしまった。周辺の通りを警備するために配置された警官以外は、鉄条網をさらに二重三重にはりめぐらし、砂を山盛りに積んだトラクターやダンプカーを道路遮断用に横付けにして、住宅の周囲に鉄壁の防御態勢を敷いた。
d0123476_12584657.jpg

3. Entire neighborhood blocked
The entire quiet, upper-middle-class neighborhood was tightly sealed, preventing anyone from getting out or in. Police even forced neighbors to sign documents saying they would not talk to the media or allow them into their houses. In a plaintive e-mail Bhutto's information secretary Sherry Rehman said it all: "We are trapped in here." Bhutto and a handful of her senior aides are stuck for at least one week, it seems.
近隣全域の通行遮断
その邸宅周辺は普段は閑静なアッパーミドル階級の住宅街だが、今日は厳重な警戒網が敷かれ、その地域への通行の出入りは一切禁止された。警察側ではさらに、近隣の住民すべてに「報道陣の取材や訪問を受け付けない」という宣誓書に署名までさせるという念の入れようであった。ブットの広報担当秘書であるシェリー・レーマン氏からのメールが、その状況の全容を物語っていた。
「われわれは罠にはまってしまって身動きできません」この調子だと、ブットと一握りの側近は、この場所で少なくとも1週間はカンヅメになりそうな様子である。
d0123476_12592483.jpg

4. Lame excuse as usual
Government officials gave the lame excuse that the super security clampdown was for her own good, leaking news that a suicide bomber was on the loose, a terrorist similar to the killer who blew himself up next to her motorcade in Karachi last month, killing some 140 people, a fraction of the tens of thousands who had turned out to welcome her back from eight years in exile. But no one was buying that.
苦しい弁解「テロ対策の特別警護」
パキスタン政府高官は、今回の2度目の弾圧に対して苦しい言訳をこじつけている。いわく「超」のつく厳戒態勢はブット自身の身の安全のためであると弁明し、そうした理由は自爆テロリストがラホーレ市内に潜入したという情報がテロリスト側から漏れてきたからだと説明した。
またこのテロリストは、8年間の海外亡命生活から帰国したブット元首相を歓迎するために繰り出した数十万人の人出を狙い、140人以上の死者を出した先月のカラチ市内のパレードでの自爆テロ犯人と同じようなテロリストだと説明した。しかしパキスタンの誰も、ムシャラフ政権のそんな言訳を真に受けはしない。
d0123476_12595398.jpg

5. 8-year rule may end by 10-day-old emergency rule
Pakistani President Pervez Musharraf was pulling out all stops to prevent her from launching her "long march," a slow-moving vehicle caravan from Lahore to Islamabad along some 250 miles of the historic Grand Trunk Road. Bhutto was hoping that hundreds of thousands of Pakistanis fed up with Musharraf's eight-year rule and the 10-day-old emergency rule would turn out to greet her or join her campaign.
8年の軍政を10日間の戒厳令が終幕へ
パキスタンのペルヴェズ・ムシャラフ大統領は、ブット女史が提唱した「ロングマーチ」を彼女が主導して出発するのをなんとしてでも阻止するために、あらゆる方策を尽くしているようだ。そのマーチというのは、歴史的にも有名なグランド・トランクロードの250マイルの道のりを、ラホーレから首都イスラマバードまで車の隊列を組んでゆっくりと行進する、という主旨であった。
ブット女史の思惑としては、その行進の道すがら、ムシャラフの8年間の独裁と10日間の戒厳令にうんざりしたパキスタン国民が、彼女の抗議行動を応援あるいは行進に参加するために、歓迎パレード以上の数十万人の人出を記録することを期待していた。
d0123476_1302547.jpg

6. Won the day, lose the battle
The president and his men were even more determined to scotch it. Musharraf won the day, shutting Bhutto indoors and largely keeping protesters off the streets. But he could be losing the battle. "He should be building bridges to the opposition, not burning them," warned one influential Pakistani businessman. Indeed, it is nearly impossible to find anyone outside Musharraf's inner circle and his hard-core political allies who have a good word to say about the president or his emergency.
戦術に勝って戦略で負けた将軍
ムシャラフ大統領と彼の腹心は、この弾圧で強硬姿勢を続けることにさらに意を固くしたようである。ブットを屋内に閉じ込めて活動を阻止し、ほとんどの通りから抗議の人並みを排除したという意味では、たしかにムシャラフは今日の作戦では勝ったかもしれない。しかし、彼はこの民主化の闘いでは敗北を喫するだろう。
「大統領は反対派との架け橋を築くべきで、焼失するべきではない」こう警告するのは、パキスタンの有力な実業家である。まさにその通り。反対派以外では、政権内部のほんの一握りの仲間内や少数の支持派の政治家連中の間では、大統領や戒厳令に関して直言する者は誰一人見当たらない。
d0123476_1305534.jpg

7. 'Conscience against martial law'
"No one wants this military dictatorship," said one DHA resident, a petroleum engineer. "All Pakistanis who have a conscience resent him and his martial law." Another neighbor, a well-dressed housewife, was equally outraged at the heavy security presence and its goal of keeping Bhutto and her supporters off the streets. "I don't support Benazir," she said, "but I don't like Musharraf, and I don't like her being treated this way."
「戒厳令と良識の闘い」
「パキスタンの誰ひとりとして、こんな軍事独裁制を望んではいない」こういうのは今回の邸宅の近所に住む住民で、石油会社のエンジニアである。「良心をもったパキスタン人なら誰でも、ムシャラフと戒厳令に対して苦々しく思ってますよ。」
またもうひとりの住民は、小ぎれいな服装の主婦だが、厳重な警戒態勢とブットや支持者の行動阻止とに対して、同じように怒りをぶちまける。「私はベナジール(ブット)を支持してませんよ。でもムシャラフはいけすかない。彼女がこんな風に扱われるのはいやですね。」
d0123476_1314157.jpg
【米国時間 2007年11月19日 訳『米流時評』ysbee】

»» 『米流時評』緊急特集 「パキスタン・戒厳令の季節」
第1章 「ダークスーツ革命」  司法権の独立を守るため立ち上がった弁護士たち
第2章 「ホワイトスカーフ革命」 民主主義のためブット女史を支持する女性たち
第3章 「アイボリータワー革命」 独裁弾圧に抗議してカーンを支援する学生たち

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6564668
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6564668

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-19 10:24 | パキスタン戒厳令の季節
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30