米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

CIA潜入のヒズボラスパイ「ナーダ・プルーティ事件」詳報

f0127501_128435.gif
 ||| CIAのヒズボラスパイファイル・第2報 |||
d0123476_15531973.jpg
CIA潜入ヒズボラ女スパイ ナーダ・プルーティ事件レポート・2
バグダッド司令部の重要なポストに勤務 米国極秘情報漏洩の疑惑


米国時間 2007年11月14日 午後8時22分 | NBCナイトリーニュース特別レポート
偽装結婚で米国籍を不法取得し、FBIとCIAの目をくらましてエージェントの職に就き、諜報機関内部の極秘情報を漏洩していた疑いで起訴処分となっていたレバノン人女性ナーダ・ナディム・プルーティ(37)。ヒズボラのスパイであることを認めたこの女性が配属されていたのは、バグダッドの米国政府出先機関であり、アルカイダに潜入しているCIAのスパイと連携をとる重要なポジションにいた事実が明らかになった。以下は、NBCニュース外報部長のアンドレア・ミッチェルが報告する、NBC『ナイトリーニュース』の特別レポートである。

How Big a Role Did Disgraced CIA Officer Have?
Prouty was assigned a sensitive post in Baghdad, NBC News has learned
By Andrea Mitchell / Robert Windrem — NBC News producer | Translation by ysbee
NOVEMBER 14, 2007 — NBC Nightly News: Lebanese woman who fooled FBI and CIA was assigned to Baghdad and responsible for debriefing al-Qaida operatives, Andrea Mitchell reports:


__________________________________________________________________
NOVEMBER 14, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

 N E W S W E E K | S P E C I A L

CIA潜入のヒズボラ女スパイはバグダッドの重要なポストに勤務
By アンドレア・ミッチェル ロバート・ウィンドレム/NBCニュース プロデューサー |『米流時評』ysbee 訳
米国時間 2007年11月14日 午後8時22分 | NBC『ナイトリーニュース』サイトコラム

d0123476_15541439.jpg

1. Nada's role much bigger than expected
There’s new information about the young Lebanese woman who pleaded guilty Tuesday to charges she lied about her background to get jobs at the FBI and CIA. Current and former intelligence officials tell NBC News that Nada Nadim Prouty had a much bigger role than officials at the FBI and CIA first acknowledged. In fact, Prouty was assigned to the CIA’s most sensitive post, Baghdad, and participated in the debriefings of high-ranking al- Qaida detainees.
予測を遥かに上回るスパイの要職に勤務
昨日のスクープ以来メディアの焦点となっているレバノン人の若い女性に関して、さらに新しい情報が入っている。この女性は、FBIとCIAの両方の諜報部門へ就職する際に、過去の経歴に関して詐称した嫌疑で検察庁から上告されていたが、13日火曜ミシガン州デトロイトの連邦裁判所へ出廷し、事前聴取で有罪を認めた。
d0123476_15554414.jpg現役・退役を問わず、ベテラン諜報員がNBCニュースに伝える内容では、この女性ナーダ・ナディム・プルーティは、FBIとCIA両方の関係者が当初知らされた以上のきわめて重要な職務についていたことが明らかになった。プルーティは、実際には「CIAのもっとも重要な機密を扱うバグダッド支局に配属され、よりによって秘密の刑務所に収監されているアルカイダ幹部との連絡役として、CIAの業務にたずさわっていたことが判った。

写真上:ナーダがFBIに勤務する前にウェートレスとして勤務していた米国内のアラビア料理レストランチェーン『ラ・シシ』(シシカバブ専門店)ヒズボラの資金源としてテロ組織に不法送金していた容疑がかけられている

2. Among the brightest agent in Baghdad
A former colleague called Prouty “among the best and the brightest” CIA officers in Baghdad. She was so exceptional, agree officials of both agencies, the CIA recruited her from the FBI to work for the agency’s clandestine service at Langley, Va., in June 2003. She then went to Iraq for the agency to work with the U.S. military on the debriefings. “Early on, she was an active agent in the debriefings,” said one former intelligence official. “It was more than translation.”
バグダッド司令部でも最高のエージェント
元同僚はプルーティを「バグダッドのCIA配属の中でも最も優秀で頭脳明晰なエージェントのひとり」と評価する。FBI、CIA双方のエージェントが同意するのは、当初FBIでの彼女の仕事ぶりがあまりにも際立っていたので、2003年にはCIAに引き抜かれ、ヴァージニア州ラングレーCIA本部のスパイ要員部門に配属された、という経緯がある。その後で米軍と共同で、捕虜となった敵側のスパイを尋問する役職に就いていた。諜報機関のもうひとりの元エージェントはこう回想する。
「CIAに勤務して早々は、彼女は実際に捕虜尋問を行なうエージェントの実動部隊だった。それは通訳以上の役割を意味する。」
d0123476_15565517.jpg
レバノンの首都ベイルートの北部はキリスト教徒の裕福な階級の居住区 ヒズボラ本部は南部の下町にある

3. Pleaded guilty to conspiracy
On Tuesday, she pleaded guilty to conspiracy to illegally search FBI computers for classified information about Hezbollah and to naturalization fraud — a sham marriage to a former husband just to become a U.S. citizen. As the Justice Department noted, she needed to be a U.S. citizen to join the CIA and thus had defrauded the agency. (Prouty first came to the U.S. on a student visa in 1989 and after overstaying her visa paid an acquaintance in Detroit to marry her so she could get U.S. citizenship. She later divorced the man.)
陰謀と市民権不法取得で有罪を認める
火曜の法廷では、FBIのコンピュータデータをサーチしてヒズボラに関する情報を勝手に調査するという違法行為と、米国市民権の不正取得という二つの罪状で自らの有罪を認めた。彼女の分かれた前夫との結婚は、単に米国市民となるためだけの偽装結婚だった。法務局が公開した内容では、彼女がCIA内部に潜入するには、まず米国国籍を取得する必要があったが、この不正取得の事実がCIAに対する偽証罪に該当するものだとされている。
プルーティは最初、1989年に学生ビザでアメリカへやってきた。その後定められた滞在期間を超過したために、デトロイトの知人に金を払って結婚し米国市民権を入手した。その後その男性とは離婚している。
d0123476_15591310.jpg
第1回の事情聴取を終えて、ミシガン州の州都デトロイトの法廷を出るナーダ・プルーティ 右は彼女の法廷弁護士

4. Not yet claimed as a Hezbollah's mole
Although no one claims Prouty worked for Hezbollah, her computer searches led U.S. officials to question her. She looked up files on her sister, Elfat El Aouar, and brother-in-law, Talal Khalil Chahine, both of whom attended a Hezbollah fundraiser in Lebanon — alongside Hezbollah spiritual leader Sheikh Muhammad Hussein Fadlallah, designated by the U.S. as a terrorist.
ヒズボラのスパイ容疑での告訴はまだ
現在の時点ではまだ誰も、プルーティがヒズボラのスパイとして働いていたという正式の訴えは起こしていないが、彼女のコンピュータのデータをチェックした結果、捜査員は彼女がテロ組織のスパイであるという疑惑を持つに至った。捜査の結果mプルーティは彼女の姉エルファト・エルアウアールとその夫タラル・カリル・チャヒーンに関する、諜報組織のコンピュータデータをサーチしていたことが判った。
このプルーティの姉夫婦は、ふたりともレバノンでヒズボラの資金を集めるための集会に出席していた事実も判明した。この集会は、米国政府からテロリストとして指定されているヒズボラの精神的指導者、シーク・ムハッマド・フセイン・ファドララーを支援するために開かれたものであった。
d0123476_1602016.jpg
ナーダ・プルーティがFBIに入る前に働いていたアラビア風シシカバブ・レストラン「ラ・シシ」のイメージロゴ

5. Scheme to conceal more than $20 million in cash
Chahine is currently a fugitive believed to be in Lebanon. He, along with Prouty’s sister and others, was charged in 2006 by the U.S. attorney in Detroit with tax evasion in connection with a scheme to conceal more than $20 million in cash received by La Shish restaurants in suburban Detroit and to route funds to persons in Lebanon with links to Hezbollah.
24億円以上の現金秘匿し資金を送金
「ラ・シシ」のオーナーであるチャヒーンは、現在まではレバノンを亡命した犯罪者ということが判っている。彼と、プルーティの姉、その他数人は、2006年に税金の不正申告でデトロイトの連邦検察支部によって起訴されているが、その内容はデトロイト郊外にある「ラ・シシ」レストランチェーン本部が計上した2千万ドル(約24億円)以上の収入を隠して、レバノンにいるヒズボラと関係のある人物へ資金としてこっそり送金していた、という容疑である。
d0123476_1632552.jpg
全米にチェーン展開していたアラビア料理レストラン「ラ・シシ」から24億円以上もテロ組織に送金されていた?

6. Obtained FBI Detroit data about Hezbollah
Moreover, as she was moving between agencies in 2003, Prouty accessed the FBI’s Automated Case Support system and obtained information on investigations into Hezbollah being conducted by the FBI’s Detroit Field Office. National security experts say the combination of her being at one of the CIA’s most sensitive stations, working on some of the agencies' most sensitive cases, and having her relatives under investigation put her in a vulnerable position — and make the potential damage she could have caused far greater than either the FBI or CIA has admitted.
FBI デトロイト支部でヒズボラ関連のデータ入手
翻訳中
d0123476_1685299.jpg
イスラエルを向くヒズボラのロケットミサイル/イスラエル爆撃犠牲者の葬列/レバノン戦争終結で帰省した避難民

7. 'Could have cost major damage to nation’s security'
Roger Cressey, an NBC News analyst and former deputy director of counterterrorism at the National Security Council, says it never should have happened. “The issue is that she had access to very sensitive information regardless of where she was in the hierarchy,” said Cressey. “Because she was able to interview high-value targets, that put her in a very unique position. So if she therefore shared that information, it could have cost major damage to our nation’s security.”
国家治安体制に甚大な被害の怖れ
翻訳中
d0123476_1693572.jpg
昨年のレバノン戦争終結直後ヒズボラの本拠地である首都ベイルート市内をパトロールする正規の政府軍兵士

8. 'No evidence for her being a Hezbollah spy'
A senior U.S. official familiar with the case says there is no evidence she was a spy and noted that the CIA and FBI have a good record in prosecuting spies, particularly in their own agencies. He says her role was limited. “This is not John Dillinger or Reilly Ace of Spies,” said the official. “She took an illegal shortcut to the American dream, then she made some inappropriate computer searches. At this point, there is no reason to treat this as a counterintelligence case. There is NO allegation she had ever ties to Hezbollah. You can’t let suspicions get ahead of the facts.” Prouty has agreed to submit to lie detector tests as the CIA assesses the damage.
「ヒズボラのスパイだという実質的証拠はまだない」
翻訳中
d0123476_16144641.jpg
ヒズボラは米国のテロ組織指定になっているが、貧民の福祉救済政策などはレバノン政府よりも行政の実力がある

【米国時間 2007年11月14日午後8時22分 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6565434
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6565434

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-14 20:22 | テロとスパイ陰謀
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31