米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

中共スパイへ機密漏洩したペンタゴン戦略家に懲役5年

f0127501_128435.gif

 ||| チャイナ エスピオナージ 判決編 |||

d0123476_16204856.jpg
    元ペンタゴン勤務の戦略アナリストに、懲役5年の実刑判決
    米国に長年潜伏した中共政府のスパイに極秘軍事情報を漏洩


米国時間 2008年7月11日20:45 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee
バージニア州アレキサンドリア発 | 中国政府のスパイで米国内で諜報活動を行っていたニューオーリンズの家具セールスマンへ、米軍の軍事的機密情報を漏洩していたかどで、ペンタゴンの元戦略アナリストに対して5年近い実刑判決が下された。

Pentagon Worker Sentenced in China Spy Case
Former analyst gave classified data to a Chinese spy, gets five years in jail
JULY 10, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
ALEXANDRIA, Virginia — A former Pentagon analyst has been sentenced to nearly five years in prison for giving secret military information to a New Orleans furniture salesman who turned out to be a Chinese spy.

__________________________________________________________________________
JULY 13, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_6495131.gif

   A S S O C I A T E D P R E S S

元ペンタゴン戦略アナリスト、中共スパイに軍事機密漏洩で懲役5年
米国時間 2008年7月11日午後8時45分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee
d0123476_1621303.jpg
  ペンタゴンのアナリスト、バーガーセンを籠絡した中共のスパイ、タイ・クオが所属したニューオーリンズの家具ストア


1. Man believed a spy as an informant of Taiwan
At a sentencing hearing in U.S. District Court, Gregg W. Bergersen, 51, of Alexandria, apologized and said he never meant to hurt his country. Bergersen thought that Louisiana businessman Tai Kuo, the recipient of the information, was aligned with the Taiwanese government and that the information was furthering the establishment of a sophisticated new air defense system in Taiwan, called Po Sheng.
台湾政府の諜報と思い込まされた被告
バージニア州アレキサンドリア在住の51才のこの男は、元国防総省勤務のグレッグ・B・バーガーセンで、米国地方裁判所のアレキサンドリア法廷で判決を受けたのち、自国を傷つける意図は毛頭なかったと謝罪した。法廷の公判記録によると、バーガーセンは、情報を手渡していたルイジアナ州ニューオーリンズの家具セールスマンで中国人のタイ・クオを、台湾政府と通じている人物と思い込まされ、渡した情報は「ポーシェン」と呼ばれる台湾政府の最新の対空防衛システムを確立するのに役立つものと信じていたと自白していた。

d0123476_16222597.jpg
  中国では経済ブームに呼応して急速に軍備が拡大充実。それに対応する台湾や韓国、日本の軍備費も膨らむ。
  中国へ戦闘ジェットやミサイルを卸す巨大軍需産業の株主こそ、アジアの軍備エスカレーションの仕掛人として裁かれるべきだ


2. Active spy for the People's Republic of China

But Kuo was actually a spy for the People's Republic of China and was relaying the information provided by Bergersen to the Communist regime in Beijing. "I did not do it for financial gain," Bergersen said, holding back tears. "I somehow in my mind, as convoluted as it sounds, acted out of a perverted sense that the end justifies the means."

中華人民共和国共産党政府の現役のスパイ
しかし中国人クオは、実際には中華人民共和国のスパイだったことが明らかになり、クオがバーガーセンから入手した情報は、そのまま北京の共産党中央政府へと手渡されていたのである。バーガーセンは判決後の陳述で、涙ながらに次のように釈明している。
「私は私服を肥やすためにやったのではありません。非常に屈折した理屈で理解に苦しむとは思いますが、心の中では(結果的には親米政権の台湾のためによかれと思ってやったことになり)『終わり良ければすべて良しとなって、結果が手段を正当化するだろう』というひねくれた感覚から派生した行動でした。」

d0123476_162396.jpg
  中国国内ですら国民を監視体制下におく全体主義の警察国家、他国に対してのスパイ行為は当然の職務なのだろう

3. Motivated by gifts, job promise

Prosecutors, though, said Bergersen was indeed motivated by financial gain, citing the thousands of dollars that Kuo gave him on gambling trips to Las Vegas, as well as Kuo's promise of future employment after Bergersen retired from the federal government. "He knew he needed to give Kuo information that the public didn't get so Mr. Kuo would keep lavishing gifts on him," said prosecutor W. Neil Hammerstrom. Hammerstrom also said Bergersen's claim that he acted solely out of motivation to advance the Po Sheng program is dubious, because the information he provided would have done little.

高価な贈答品や退職後の就職口で釣る
しかしながら、検察側では「バーガーセンは実際には金銭欲が動機でスパイ行為を働いた」と見ており、それを裏付けるようにクオは彼に数千ドル手渡してラスベガスへの賭博旅行へ行かせたり、バーガーセンが連邦政府から定年退職したあとの将来の職を約束したりしていた。
「被告は、自分が一般人と違って中国人スパイのクオが欲しがる情報を渡せる立場にあり、そうすることでクオは彼に贅沢な報酬を与え続けるだろうということを承知していた。」
法廷のニール・ハマーストロム検事は、被告の動機をこう説明している。ハマーストロム検事はまた、バーガーセンの「私はただひたすら、台湾のポシェン開発計画の進展を手助けする動機から情報漏洩を実行しました」という申し開きは信用できないと述べ、その理由として、彼の漏洩した情報は台湾の防衛計画には何ら関わりのないものだったことを挙げている。

d0123476_16235888.jpg
  国内総生産では米・日本を抜き世界のトップとなった中国経済だが、国民一人当りの豊かさでは貧富・階級格差が歴然

4. Motivation for the Taiwan plot is dubious

The 57-month sentence imposed by U.S. District Judge Leonie Brinkema was less than the sentence of seven to nine years sought by the government. Brinkema said she departed from the federal sentencing guidelines, which also called for a 7- to 9-year term, in part because of a classified memo filed by the government that apparently detailed the damage caused by Bergersen's actions.

検事「台湾を幇助する動機は疑わしい」
ペンタゴンが所在するバージニア州の地方裁判所で、レオニー・ブリンケマ判事はバーガーセン被告に対して、57ヶ月の懲役という実刑判決を言い渡した。この判決は、当初米国政府側が想定していた7〜9年の懲役よりは軽いものである。
ブリンケマ判事は、通常こうした国家機密情報漏洩に対する最小限の懲役刑を7〜9年と設定される連邦裁判所の判決基準とは、一線を画して判断したと説明する。彼女はその理由として、バーガーセンのスパイ行為によってこうむった被害は、非公開の連邦政府の覚え書きに事細かに書き出されていたが、大したものではないという判断からでもあると説明した。

d0123476_16243715.jpg
  中国政府おかかえのグローバルなネットコミュニケーション専門のハッカーは3万人とも5万人とも言われている

5. Judge, 'Incident caused little harm'

Brinkema said she concluded from the memo that the information provided by Bergersen caused relatively little harm to national security. Hammerstrom disputed that conclusion, saying a full damage assessment has not yet been made. Taiwanese officials said shortly after Bergersen and Kuo were arrested in February that the espionage caused some damage but did not compromise key technology.

判事「漏洩による実質的被害は微小」
ブリンケマ判事は、連邦政府から提出された被害届の詳細から判断して「被告バーガーセンによって漏洩された情報は、国家防衛に対して比較的小さな害しか与えなかった」と結論づけている。
この結論に対して検察側のハマーストロム検事は真っ向から反論し、被害の総体を把握する作業はまだ続行中だと、今法廷の判決に異議を申し立てた。論争の焦点となっている台湾政府側の高官は、2月にバーガーセンとクオが逮捕された直後、「スパイ行為によってなにがしかの被害はあったが、鍵となるテクノロジーとは拮抗しない」という声明を出している。

d0123476_16251742.jpg
  西側諸国防衛体制の心臓部とも言えるペンタゴン内部にスパイが存在するとしたら、これほど危険な漏洩はない

6. Nephew of the general for Chiang Kai-shek

Kuo, 58, who has pleaded guilty to espionage, is scheduled to be sentenced later this month. He is a naturalized U.S. citizen and a native of Taiwan. His family is prominent in Taiwan — he is the son-in-law of Xue Yue, a Chinese nationalist general who was a close associate of Chiang Kai-shek.

台湾建国の父蒋介石の参謀の甥
一方、中共政府スパイのクオはスパイ容疑を認めており、今月後半に判決が下される予定になっている。クオは台湾生まれで米国へ帰化した、移民一世の米国市民であり、出身の一族は台湾では著名である。彼は、台湾建国の父、蒋介石の参謀のひとりだった中華民国政府軍のシュウ・ユエ将軍の甥にあたることで知られている。

d0123476_16261077.jpg
  米国ばかりでなく英国政府内部のコンピュータネットワークからも中共政府スパイのハッキング行為が発見摘発された

7. Tip of the iceberg of China espionage

The Bergersen case is one of more than a dozen in the last few years involving either traditional spying or economic espionage related to China. U.S. officials have warned in the last year of increasing espionage efforts by Beijing.

激増する中国スパイ活動の氷山の一角
バーガーセンのペンタゴンスパイ事件は、本来の国家機密入手と言う伝統的なスパイからビジネスの極秘情報入手という企業スパイまで、ここ数年間に中国と関連のある諜報活動として発覚した数十件以上のスパイ事件のひとつに過ぎない。バーガーセンとクオの逮捕は、北京の中共政府による諜報活動が激増している現状を危惧し、昨年暮れに米国政府が関係者に対し警告を発した直後の出来事だった。 [了]

【米国時間 2008年7月13日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 次号「緊急アフガンレポート・テロ戦争の最前線から」へ続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8275527
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8275527

________________________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


おかげさまで4位まで挽回しました。クリックで応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

[PR]
by ysbee-2 | 2008-07-14 10:56 | テロとスパイ陰謀
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー