米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

特報!北朝鮮兵38度線脱北/北、韓国に核の威嚇

f0127501_128435.gif

  ||| 38度線脱北兵士/北 核攻撃の威嚇 |||

d0123476_1359562.jpg
4月から2人目の脱北者、北朝鮮兵士が38度線の非武装地帯で南へ越境亡命
韓国は北の核攻撃に備え先制攻撃を宣言、北は攻撃があれば核で報復と威嚇


d0123476_18552829.gif「死線を越えて」という言葉があるが、今回の記事は北朝鮮と韓国の境界北緯38度線上に半世紀以上横たわるDMZ/DeMilitarized Zone=非武装地帯の、文字通り死線を越えて脱北に成功。韓国へ亡命した北朝鮮兵士のニュースである。さらにはその事件に前後して、南北朝鮮が「ミサイル先制攻撃」対「核の報復」を宣言する緊迫の経緯を。

命を賭する危険を冒してまで、なぜ脱北者があとを断たないのか。それは、北朝鮮の社会が「地獄のスタンダード」を押し付けているからにほかならない。政府への反対意見を一切受けつけない全体主義国家。反抗する者は直ちに投獄、あるいは甚だしい場合には公開処刑。第二次大戦の終結から60年以上経つと言うのに、こうした自由の対局にある国家が存在するのを見て見ぬ振りをする国際社会。
▶関連記事: 10/28 Japan: N. Korea's Kim likely still in hospital
d0123476_141465.jpg
中国共産党のチベットや東トルキスタン、法輪功への弾圧。ビルマ軍政の僧侶に対する弾圧。プーチンロシアのチェッチェン独立派への弾圧。北朝鮮の自国民に対する弾圧。どれも軍事独裁政権が体のいい愛国のお題目の元に、思想と信仰の自由を訴える国民を圧殺する、「国家統一」という名を借りた現代の悪夢そのものである。

今日はたまたま北朝鮮関連のやや大きな記事が4本もあって、どれも紹介したかったのだが、この脱北兵士のニュースが全体の潮流を紹介する意味でも有意義に思えたので翻訳してお伝えしたい。他の3つの記事は、最初に読んだのが「北が韓国を核攻撃と威嚇」という物騒な話題だが、その中身はこの記事にも重複して載っているので、金正日体制特有のセンセーショナルな脅しを発表した前後関係が理解できると思う。
▶関連記事: 10/28 N. Korea Threatens to Turn South into 'Debris'
d0123476_1422554.jpg
その次に読んだのが、この記事トップの写真の脱北した人物の実録で、北朝鮮全体で20万人と言われる政治思想犯を収容する5つの強制収容所のレポートである。労役は、炭坑・鉱山などで1日15時間ぶっ通しの強制労働。与えられる食糧と言えばとうもろこし1本。それもあればいいほうで、放置して餓死してもおかまいなしらしい。囚人はしかたなしに、野ネズミや虫けらを捕まえて空腹をしのぐ。看守が気に入らなければ即刻死刑。他の囚人への見せしめに死体は軍用犬の餌に……… これが現世の地獄でなくて何であろうか。
▶関連記事: 10/28 N. Korea Defectors Describe Executions, Torture
d0123476_1433414.jpg
ただあまりにもすさまじい内容なので、ブログへの掲載は控えた。原文のAP通信の記事リンクだけご紹介しておく。こんな悪の権化のような"Rogue nation"=無法の国家をテロ国家リストからはずしたブッシュ政権の判断には、あらためて憤りを覚える。国務省のその決断の陰には、中国からの経済的圧力が梃子としてあったと解釈するしかない。
願わくば、オバマがすでに公約している通り、米国の次期大統領が率いる新しい政権が中国や北朝鮮を始めとする世界中の独裁政権の弾圧を糾弾し、民衆が自由を勝ち取る方向へ力を貸す大国としての "Nobles Oblige" を実行することを願って止まない。

[米国時間 2008年10月28日『米流時評』ysbee]

__________________________________________________________________
OCTOBER 28, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年10/28号
f0127501_457513.gif

  ASSOCIATED PRESS | B R E A K I N G
北朝鮮兵士、38度線の南北非武装地帯で 決死の越境亡命成功!
米国時間 2008年10月28日午前10時59分 | AP通信・ソウル支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_144294.jpg
N. Korean Soldier Defects to South via DMZ
Separately, stark warning issued over Seoul's 'confrontational racket'
OCTOBER 28, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
SEOUL, South Korea — A North Korean soldier has defected to South Korea through the heavily fortified border dividing the two countries, an official from the South's spy agency said Tuesday, in only the second such defection in a decade. The North Korean defector was being investigated, a National Intelligence Service official said, declining to identify his name, rank and the date of his defection.

兵士の脱北は10年間でわずか2人目
韓国・ソウル発 |現地時間で28日火曜、南北朝鮮を2分する38度線非武装地帯の厳重な武装警備を突破して、北朝鮮の政府軍兵士1名が韓国側へ越境亡命したと、韓国の諜報機関NIS高官が情報を明かした。北鮮兵士のこのような脱北事件は、ここ10年間でわずかに2度目のケースである。脱北兵士はただちに身柄を調査されたが、NIS高官は兵士の氏名・階級・亡命日時を公表するのは控えた。
d0123476_1452539.jpg
朝鮮半島を北緯38度で南北に二分する非武装地帯 南北朝鮮は事実上いまだ講和条約を結んでいない「休戦状態」

2. Approaching S.K. post in DMZ

文字数制限のため英文省略
38度線の韓国側堡哨基地へ亡命
この北朝鮮兵は、38度線の非武装地帯の中央にある韓国側の堡哨警備施設へ単独で歩み寄り、韓国への亡命を申し出たと、韓国の諜報機関NISの高官は語っている。同施設の韓国軍高官に兵士が語った亡命の理由は、北朝鮮での生活に嫌気がさし共産主義国家での将来の人生を考慮した結果の行動だと伝えている。ただしNISの高官は諜報機関の規則上、名前を公表できない立場にあり、今回は匿名での情報公開である。
d0123476_14551020.jpg
3年越しの6カ国協議で北の核放棄までたどりついたが、IAEAの監査入国条件で一進一退の煮えきらない状況

3. Second defection since April

文字数制限のため英文省略
4月以来2度目の越境脱北者
北朝鮮兵士が38度線を超えて韓国側へと亡命した事件は、過去10年間で今回が2度目である。また北朝鮮政府高官が38度線を超えて脱北した例は、4月に起きたばかりである。DMZ/38度線の非武装地帯は、世界でももっとも警備の厳重な国境線のひとつに挙げられるため、この地域を越境しての亡命は非常に稀である。通常北朝鮮人が共産主義の母国を捨てて国外逃亡する場合、ほとんど大部分は陸続きの中国へ脱走し、その後東南アジアの自由主義国家を経て韓国へたどり着くのが常道である。
d0123476_14111288.jpg
2月に大統領に選出され4月にブッシュ大統領を表敬訪問した李明博大統領 左のワシントン韓国ソサエティで講演はわかるが、解せないのは右の写真。9/30にロシアを訪問し、プーチンの出身地サンクトペテルスブルクの大学で名誉学士号を受けている。グルジア紛争で米露が冷戦状態だった時期にあっては、完全なダブルスタンダード。

4. 14,300+ defectors since Korean War

More than 14,300 North Koreans have arrived in the South since the Korean War, according to South Korea's Unification Ministry. Relations between the two countries have been tense since South Korean President Lee Myung-bak's conservative government took office in February, pledging to get tough with Pyongyang.
朝鮮戦争終結以来、脱北者14,300名以上
韓国の南北統一省の調べによると、朝鮮戦争終結以来韓国へ亡命した北朝鮮脱北者の総数は、14,300名以上にのぼっている。韓国では、平壌政府に対して厳しい姿勢で臨むと公約していた、保守親米派の李明博大統領が今年2月に政権について以来、南北両国間の関係は緊張が高まっている。
d0123476_14172920.jpg
10/21 南北朝鮮統一をスローガンに李明博の親米政策に抗議しソウルをデモする、北に家族が残留する韓国人団体

5. 'Confrontational racket'

The two sides had no official contact until a military meeting earlier this month, and 20-minute talks were held Monday at the border. Earlier this month, Gen. Kim Tae-young, chairman of South Korea's Joint Chiefs of Staff, told a parliamentary committee that his military was prepared to attack suspected nuclear sites in North Korea if the communist country attempts to use its atomic weapons on the South.
20分間の板門店南北軍事会談
今月初めに両国軍部高官が、38度線上の板門店でわずか20分の会談を持つまで、南北両サイドの公式会談は皆無だったと言っていい。また今月早々に、韓国三軍の統合総司令官である金大楊将軍は「万一北朝鮮が韓国に向かって核兵器を使用する計画がある場合には、韓国軍は北朝鮮にある核施設をただちに (ミサイル) 攻撃する用意ができている」と、韓国国会の軍事委員会で発言し注目された。
d0123476_1420235.jpg
10/22 対テロ戦争演習中の韓国武装警察、隠密指令を受けて特殊任務を遂行するレンジャー部隊である

6. Against South's pre-emptive strike

Meanwhile, North Korea warned it would turn South Korea into "debris" and break off all relations if Seoul does not halt "confrontational" activities against the communist country. The North threatened to cut off all ties if the "confrontational racket" continues, citing a South Korean general's remarks about a pre-emptive strike.
韓国の先制攻撃に対抗姿勢
こうした両国間の緊張が高まる一方で、北朝鮮は「万一韓国がわが共産主義国家に対して挑戦的な行動を止めない場合には、我が国は韓国を『灰塵に帰し』すべての外交関係を遮断するつもりである」と警告を発した。また韓国の総司令官が発した「先制攻撃」の発言に対しては、「挑発的な雑音を続けるならば、北は (6カ国協議も含めた) すべての外交関係を廃棄する」と威嚇した。
d0123476_1425082.jpg
10/28 ソウル近郊のヤンピョン山地で実弾ミサイル発射演習を実施する、韓国空軍の戦闘ヘリAH-1Sコブラ

7. Threat to turn S. Korea into debris

The defense minister commented about Kim Jong Il's health and propaganda leafleting by activists. "The puppet authorities had better remember that the advanced pre-emptive strike of our own style will reduce everything opposed to the nation and reunification to debris, not just setting them on fire," the North's military said in a statement carried by the state-run Korean Central News Agency.
韓国へ核攻撃の威嚇
この発言の際に北の防衛長官は、金正日総書記の健康状態と、韓国側の統一運動のプロパガンダ用チラシに関してもふれた。「米国の傀儡である韓国の政権は、我が国独自の先制攻撃方式ならば、敵対国家のすべてを炎上させるだけでなく、灰塵に帰することができる近代兵器だということを、肝に銘じた方が良い」北の軍部総司令官はの発言は、国営メディアの朝鮮中央新報によって報道された。
d0123476_1427481.jpg
今夏6カ国協議での約束通りに、核開発停止のデモンストレーションとして寧辺=ヨンビョンの核燃料炉を爆破してみせた北朝鮮。しかしその後もころころと主張を変え、先月は寧辺に新しい核燃料炉を再建すると警告を発した。この脅しで米国の国務省が折れて、北をテロ国家認定リストから削除したというのが実質的経緯らしい。

8. Kim's current via Korean spy agency

Also Tuesday, South Korea's spy chief told lawmakers that North Korean leader Kim Jong Il — though "not physically perfect" — appears to be recovering and is running the country without difficulty. South Korean and U.S. officials say North Korea's autocratic 66-year-old leader suffered a stroke, reportedly in mid-August. North Korea denies he is ill.
韓国諜報による金正日の近況
28日火曜にはまた韓国の諜報部局長が、国会の諜報委員会で北朝鮮の金正日総書記の近況について報告したが「身体的に完全な状況ではない」と述べた。諜報情報によると、金総書記は回復の途上にあるものの、国家を指揮する上では何ら差し障りないようであると結論づけた。これまで韓国と米国の両政府は、報告によると今年66歳になる北朝鮮の独裁者が8月中旬に脳溢血を患った、という諜報情報を信頼していた。しかし北朝鮮側では、金総書記が病床にあった事実を否定している。
d0123476_1433651.jpg
10/13 北をテロ国家リストから削除した米国に抗議して、反北・反米のデモを米大使館前で展開するソウル市民

9. General 'Kim remained in control'

National Intelligence Service chief Kim Sung-ho made the remarks during a closed-door session with a parliamentary committee, according to Rep. Park Young-sun of the opposition Democratic Party. Later, South Korean Defense Minister Lee Sang-hee told a news conference in Washington that both the U.S. and South Korea believed Kim Jong Il remained in control, adding, "If we show him too much attention, then we might spoil him."
韓国防衛相「金正日の指導力継続」
国会の軍備委員会のメンバーを召集して非公開で開かれた緊急会議の席上、韓国諜報部 NISの金長官から以上のような諜報情報がもたらされたと、出席者のひとりで野党民主党の朴ヤンスン議員は伝えている。また現在米国側との会議のため訪米中の李楊孫防衛相が、ワシントンの記者会見で語った内容では、米国と韓国の両国とも「金正日総書記は北朝鮮政府の指令権限をいまだに把握している」と見ており、「われわれが金の去就にあまりにも注意を向け過ぎると、彼を甘やかす結果を招くだろう」という忠告を補足した。

[注:この段落の行間に、現在米国と韓国が北朝鮮に対処する方策を「共同で」練っている体勢が浮かび上がっている。韓国の防衛相が現時点でなぜ米国にいるのか? 答えはひとつ、彼の発言とは裏腹に、米韓ともに「ポスト金正日」の半島の防衛体勢を検討しているのだろう。わたしにはそういう解釈が一番すんなり理解できる。しかし、日本の防衛相が呼ばれていないというのが非常に気にかかる。万一、金が崩御したあとで北の軍部が核を使用して暴発したとしても、日本までには火の粉が降りかからないという前提なのだろうか? それとも韓国とは別個に、日本政府とは駐留米軍の司令官と東京で防衛対策が練られているのだろうか? 日本の記者諸君は、麻生首相の立寄先のカクテルの値段などを詮索するよりも、防衛省のキーパースンが誰と何処で逢って何を話しているのか、という「ポスト金のアジア対策」の進展を追いかけるべきだろう。]
d0123476_1436330.jpg
10/28 KOAFEC/韓国・アフリカ経済協力会議に出席の、ADB/アフリカ開発銀行カベルカ頭取と韓国代表カン・マンスー財相。アフリカへの韓国の経済的影響力を伸張する狙いだが、当然先行者の中国には嫌われる構造である。

10. PM Aso: 'French doctor went to Beijing'

On Tuesday, Japanese Prime Minister Taro Aso said that Tokyo has information that Kim Jong Il may be in a hospital and a French doctor went to Beijing, perhaps en route to North Korea. "His condition is not so good. However, I don't think he is totally incapable of making decisions," Aso said at the upper house foreign affairs committee. North Korea denies he is ill, but the leader was out of public sight for two months and missed several important anniversary celebrations, sparking speculation about his health.
麻生首相「北京経由で平壌入りの仏人医師」
28日火曜、日本の麻生太郎首相は、日本政府が把握している情報として次のように語った。「金正日総書記は多分入院中なのだろう。その理由は特別な治療を施すためにフランス人の医師が北京へ向かったが、中国を経由して北朝鮮へ入国するためと思われる。彼の容態は、あまり良好ではないようだ。しかしながら、彼は政策に決断を下す程度のことはできる状況だと考えられる。」麻生首相は、参議院の外交問題委員会で、以上のように説明した。
北朝鮮政府自体は、金が病床にあることを否定しているが、北の独裁者が公けの席から姿を消してからすでに2か月も経過しており、特に建国60周年記念式典の重要なパレードに欠席したことなどから、健康状態をいぶかる疑惑の噂に火がついたのも事実である。 [了]
d0123476_1441619.jpg
10/20 韓国の首都圏地下鉄のソウル駅構内に設置のテレビ画面に現れた北の金正日の映像。健康に生存を強調する北の政府発表だが、映像が夏のものでかえって猜疑心をあおる結果に。
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年10月26日 『米流時評』ysbee 訳 】
»» 次号「号外!パキスタン西部ケッタ地方大地震で数百名死亡」へ
»» 前号「号外!イラクの米軍ヘリがシリア領空侵犯!空爆で8名死亡」へ(未掲載)

«« 前々号「テロ戦争最前線 後編・タリバン殲滅まであと半年」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8840537f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8840537

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。クリックでの応援に感謝申し上げます!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利




d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』グローバル恐慌レポート |||
第1章 ウォール街金融危機

9/14 号外!メリルリンチを500億ドルでBOAが買収
9/15 ウォールストリート大暴落、9/11以来のメルトダウン
9/16 号外!AIGに8.9兆円連邦救済ローン、恐慌脱出か?
9/17 経済危機と大統領選・ペイリンは共和党の自爆装置?

第2章 米国金融危機
10/01 号外!80兆円金融経済救済案、上院を通過!
10/02 下院でも通過!73.8兆円の経済救済案ついに成立!
10/06 ウォール街暴落1万ドルの大台を割る 大恐慌2.0?
10/07 2日目も暴落のウォール街・前日比 ▼508ドル

第3章 グローバル金融危機
10/08 アイスランド国家破産の危機・前編
10/09 アイスランド国家破産の危機・後編(翻訳中)
10/10 号外!GMがクライスラーを吸収合併交渉!
10/12 ダウ記録的サージで危機脱出? IMF・EUの緊急サミット効果
10/13 底が見えた!グローバル・メルトダウンからの Uターン
10/14 ウォール街実録・暗黒の7日間(翻訳中)

第4章 ポスト恐慌のニューパラダイム(予定)
10/15 堕ちた偶像アメリカの救済・オバマ対マケインの政治学(予定)
10/16 堕ちた偶像アメリカの救済・オバマノミクスと米国経済再建案(予定)

[PR]
by ysbee-2 | 2008-10-28 15:04 | トンデモ北朝鮮
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31