米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

戦士の休息/ガザ休戦とイスラエルの戦争犯罪

f0127501_128435.gif

   ||| ガザ休戦とイスラエルの戦争犯罪 |||

d0123476_1719779.jpg
イスラエル軍ガザから全面撤退後も国境常駐で臨戦態勢、ハマスとの緊張消えず
国連人権委員会「イスラエル軍のガザ住民密集地区への白燐弾使用は、戦争犯罪」


d0123476_18552829.gif21日間戦争。イスラエル軍がガザへ空爆を開始してから、3週間後の終戦。2006年のイスラエルのレバノン侵攻の場合も、3週間強だった。レバノンを陸海空3軍で痛めつけたこの3段階の攻撃戦略のフェーズは、今回のガザ攻撃でもまったくそのまま繰り返された。
 1. 空爆によるインフラの徹底破壊(空港・道路・橋脚・電気水道網など)>封鎖
 2. 対抗勢力拠点とモスク・学校など公共施設の破壊、一般市民への爆撃 >虐殺
 3. 赤十字・国連施設・メディアなど、国際的救援組織・報道陣への攻撃 >隠蔽
d0123476_17222968.jpg
ガザ地区から撤退したが国境で駐屯待機する地上軍。高層ビルの建て込むガザと比べ、国境の向こう側のイスラエルには広大な土地が広がる。1948年のイスラエルの建国までは、元々は数千年の間パレスチナ人の故郷だった土地だ。

レバノンと比べて極端に狭小な地域のガザ地区には、戦闘爆撃機編隊による空爆と砲艦と戦車隊からの砲撃が集中的に投下され、生き物はおろか地層を掘り返すほどの凄絶な破壊で、まるで大空襲後の東京の焼け野原か、広島の爆心地のような様相を呈している。

これ以上砲撃目標がない、というまで徹底的に爆撃し尽くされたガザ地区へ、国連人権諮問委員会からの要望で、潘基文事務総長が現地の実地視察でガザ入りしたのが昨日20日(米国時間)。ハマスはこれにあわせて、大規模な反イスラエルのラリーを展開した。
d0123476_17232293.jpg
どなたかのブログで映画『戦場のピアニスト』の爆撃されたワルソーゲットーの廃墟と酷似していると書かれていたが、まさしくその通りで、大戦直後のベルリンやドレスデン、大空襲後の東京や爆心地広島を彷彿とさせる。これは比較的被害が軽かったガザ地区南端ラファの町。北部や東端の国境近辺の町は爆撃でさら地同様に壊滅し見る影もない。

すでに失うものは何もなく、とことんまで痛めつけられた民族ほど、そのレジスタンス精神に迷いはない。イスラエルは、ガザ地区の建物は破壊したが、パレスチナ人の闘争精神の砦を、これまでになくより強靭な高みに押し上げてしまったようだ。さらに今回は、問題になっている「人口密集地での白リン弾使用」に対して国際的糾弾が集中し、国連の人権委員会は「戦争犯罪」として調査を開始した。

日暮れて道遠し。しかし道はいまだにある。これを機会に、イスラエルの行った非人道的作戦=パレスチナ人虐殺の実態を徹底的に暴いて、二度とこのような軍事大国の暴虐が、貧しい小国の無実の一般市民に、特に子どもたちに行使されることのないよう、国連の公正中立な立場を少しでも回復していってほしいと、切に、切に、願う。

【米国時間2008年1月21日『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
JANUARY 20, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2009年1月20日号
f0127501_2052197.gif

 ASSOCIATED PRESS | BREAKING
イスラエル軍ガザ撤退後も国境に常駐、国連人権委「白燐弾使用は戦争犯罪」
米国時間 2009年1月20日午後11時59分 | AP 通信・ガザ現地レポート | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17241668.jpg
Israel: All Troops Have Left Gaza Strip
Forces remain massed on other side of border amid shaky cease-fire
JANUARY 21, 2008 | Association Press — BREAKING | Translation by ysbee
JERUSALEM, Israel — Israel withdrew the last of its troops from the Gaza Strip before dawn Wednesday, the military said, and pursued diplomatic efforts to stanch the flow of arms into the Hamas-ruled territory. The timing of the pullout reflected Israeli hopes to defuse the crisis in Gaza before President Barack Obama entered the White House.

d0123476_1725983.jpg
建国で土地を奪い、国境封鎖で生命線を奪い、空爆で命を奪う イスラエルはガザからこれ以上何を奪おうというのか

オバマ執権前にガザから全面撤退
イスラエル・エルサレム発 |イスラエルは21日水曜の夜明け前に、IDFイスラエル防衛軍の地上部隊を、侵攻していたガザ地区から全面撤退させたと発表した。またハマスが政権を握る同地域への武器の流入を遮断するために、関係各国の協力を得る外交努力を重ねていることを明らかにした。ガザ地区からの撤退のタイミングは、バラク・オバマ新大統領がホワイトハウス入りする前に、ガザでの危機的状況を終了したいという、イスラエル側の思惑を反映したものである。

d0123476_1726443.jpg
停戦でかろうじてガザ市内の一部では電気も復旧 空爆で窓ガラスのないタイ料理レストランでオバマの就任演説を見守るガザ市民。ガザ、タイレストラン、オバマ..... この構造もまたグローバル化した世界の現実の一断面ではある。

2. Still ready on the border

The military said troops remain massed on the Israeli side of the border, prepared to take action in the event of renewed militant fire. Israeli navy ships shot rounds of machine-gun fire at the beaches of northern Gaza. The military had no immediate comment on the gunboat fire.
イスラエル軍国境常駐で臨戦態勢
イスラエル軍の発表によると、ガザ侵攻に出動した地上軍の大半は、ガザ地区内から撤退したものの、イスラエル側の国境地帯に沿って駐屯を続けており、ハマスからの攻撃があった場合にはいつでも出兵できるような体制を取っている。また海上からの砲撃を展開したイスラエル海軍の戦闘艦は、ガザ北部の海岸に向かって威嚇射撃を行なったと報告されているが、軍部ではこの射撃事件に関してはノーコメントだった。
d0123476_17265565.jpg
爆撃された家屋からわずかに残った寝具を持ち出すジェバリヤ難民村の住民

3. Over 1,340 Palestinians killed

Israel sent thousands of ground troops into the Palestinian territory earlier this month as part of a bruising offensive meant to permanently halt years of militant rocket fire on growing numbers of Israelis and to halt the smuggling of arms into Gaza. At least 1,340 Palestinians were killed, more than half of them civilians, Gaza health officials and the United Nations have reported.
パレスチナ人の死者1340名以上
イスラエルは長年にわたって、ガザ地区内から発射されるハマスのロケット砲攻撃と、地下トンネルを経由するガザへの武器密輸に悩まされてきた。その元凶を一挙に断とうと、先月26日から空爆を開始、今月4日にはパレスチナ人の領土へ数千人の地上部隊を投下して、ガザ侵攻を展開してきた。その結果これまでの3週間に1340人以上のパレスチナ人が殺され、しかもその半数以上が非戦闘員である一般市民の犠牲者だった。この数字は、ガザのハマス政権の厚生省高官と、国連の現地事務局双方の報告によるものである。

d0123476_17275410.jpg
ザイトゥンの虐殺事件で、一族110人のうち70人が砲撃で殺されたサムーニ家 停戦でまた新しい遺体を発見

4. World outrage over massacre by Israel

A death toll of Palestinians has provoked international outrage. In Israel, however, the war was popular because it was seen as a legitimate response to militants who now have one-eighth of the population within rocket range. Both sides declared cease-fires that went into effect Sunday, though they remain shaky.
イスラエルの殺戮に世界の怒り
クパレスチナ人の膨大な死者の数は、国際世論に憤激を呼び起こした。しかしながらイスラエル国内では、戦争に対して賛成意見が圧倒的である。それは今やハマスのロケット砲が届く範囲が、イスラエル人口の8分の1を占める地域に及ぶようになった状況に対する、合法的な反撃と看做されているからである。しかし3週間の激しい戦闘の末、イスラエルとハマスの双方が別々に停戦を宣言し、18日日曜の時点で停戦協定は有効となった。もっとも、上述のイスラエル軍の国境待機により、今回の停戦も非常に危ういものであることは確かだ。

d0123476_17284487.jpg
イスラエルと協定しガザからの唯一の出口ラファ国境を封鎖したエジプト。レバノンの首都ベイルートのエジプト大使館には抗議のデモ隊を警戒して鉄条網が貼りめぐらされたが、そこへはイスラエルの国旗を炎上する抗議行動も展開。

5. Israel’s shelling killed 2 Gazans

Israel reported mortar shelling from Gaza on Tuesday, and the Palestinians say Israeli troops shot and killed two Gaza farmers along the border since the truce took hold.The fighting ended before Israel achieved its aims, though world leaders have pledged to assist in efforts to keep militants from restocking war-depleted arsenals.
停戦後もイスラエル軍の銃撃で2名死亡
停戦協定が発効してからもまだ、イスラエルは火曜にガザから砲撃があったと発表しており、一方ガザのパレスチナ側でもまた、イスラエル軍の銃撃で国境沿いの村の農夫2人が死亡したと報告した。イスラエルは、ハマスの戦闘用兵器再装備を阻止する目的で、各国の指導者に訴えかけてイスラエルの戦略を指示する側に付いてもらったものの(米国・エジプト・フランス等)、今回の侵攻作戦も(ヒズボラ掃討のレバノン侵攻と同様に)イスラエルの最終目標を達成せずに終わった。

d0123476_1741337.jpg
ベイトラヒヤの爆撃されたビルで遺体を手で掘って捜索するパレスチナ人/イスラエル側から見たガザの丘にかかる虹/以前に紹介した国境なき医師団のノルウェー人医師マッズ・ギルバート氏、停戦で訪れた親友とラファの国境で再会

6. U.N. inspection with Ban

U.N. Secretary-General Ban Ki-moon left the region early Wednesday after touring Gaza and southern Israel. Ban called for an investigation into the Israeli shelling of U.N. compounds in Gaza during the fighting, which he termed "outrageous." He also called militant rocket attacks against Israel "appalling and unacceptable."
潘基文国連総長、ガザの被害を視察
国連の潘基文事務総長は、先週イスラエル空軍の空爆を受けて全焼したラファのUNRWA/国連人道支援ガザ本部を訪れ、現地担当官からの訴えを聴き被害の実態を視察したあと、21日水曜午後にはイスラエル南部へと旅立った。
その前にガザの視察を終えた段階で行なった記者会見の席で、事務総長はいかに戦闘期間中であれ、(存在位置がわかっていて、攻撃目標にしてはいけないはずの)国連の支援施設をイスラエル軍が砲撃した事件に対して「outrageous=とんでもない暴虐だ」と非難し、真相究明の調査を提唱した。事務総長はまたイスラエルに向かって発射されるハマス側のロケット砲撃に対しても「appalling and unacceptable=許しがたい脅威である」と非難した。

d0123476_1741478.jpg
ラファにあるUNRWA国連人権支援部門のガザ支部もイスラエルの空爆で全焼した。国連事務総長が被害を視察

▶次号「イスラエルの戦争犯罪・国連学校に白リン弾で殺傷」へ続く
7. 国連、イスラエルの白リン弾使用を調査 /8. アムネスティ「ガザへの白リン弾砲撃は戦争犯罪」 /9.リブニ外相、EUに軍事協力要請 /10. 米国:テロ防止の技術協力を約束 /11. 米国:テロ防止のハード&ソフトを提供 /12. ガザの資産損失額20億ドル以上

【 米国時間 2009年1月20日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

▶1/21号「イスラエルの戦争犯罪・国連学校へ白リン弾投下」へ
▶1/22号「オバマの仕事始め・ニューアメリカンエイジ開幕」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9236203
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9236203

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


おかげさまで4位になりました!応援をありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門ではトップまでもう一歩。クリックで応援をよろしく!


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門で2位です。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利




d0123476_13304378.jpg

NBC ナイトリーニュース | 戦場のジャーナリスト/ガザへの危険な旅路  1/17/2009
d0123476_1031265.jpgRichard Engel Gaza Report | NBC News International Dept. Chief Richard Engel finally could enter into Gaza from Rafah crossing.

17日土曜、それまで外人記者団に対し一切立入禁止だったガザ地区へ、8時間だけの入国が許された。
戦場のジャーナリストとしてアフガニスタン、イラクと従軍してきたNBCニュース国際部長のリチャード・エンゲルが、その第一陣のジャーナリストとして国境を越え、空爆に怯えるガザ市民の生活を現地からビデオレポート。

緊急特集 ||| ガザ戦記 |||
▶12/26  ガザ戦争 序章「イスラエルの最終戦争」
▶12/29(1)「ガザ空爆エスカレート」 凄惨!死者364名 負傷者1400名以上
▶12/30(2)「ガザの最終戦争宣言」ついに全面戦争へ突入するイスラエル(未掲載)
▶12/31(3)「ガザ空爆はジェノサイド!」反イスラエル抗議運動世界へ拡大(未掲載)
▶ 1/1 『米流時評』年頭のメッセージ「2009年のワルキューレ」ブログの砦の同志たちへ
▶ 1/2 (4)中東戦局分析「イスラエルのエンドゲーム」ガザ侵攻の最終目標は中東大戦争?
▶ 1/2 (5)中東戦局分析「イスラエルのエンドゲーム」後編(未掲載)
▶ 1/3 (6)号外!「ついに地上侵攻開始」イスラエル恐怖のガザ市街戦へ突入!
▶ 1/4 (7)緊急レポート・ガザの死闘で長期戦を覚悟するイスラエル
▶ 1/5 (8)イスラエルの大罪・ガザジェノサイド【白リン弾使用】
▶ 1/6 (9)イスラエルの巨大な棺ガザ
▶ 1/7 (10)中東平和への墓標ガザ(未掲載)
▶ 1/8 (11)虐殺の砲弾・地上軍のガザ国連学校砲撃で死者40名(未掲載)
▶ 1/9 (12)ガザのホロコースト/イスラエル軍の戦争犯罪を赤十字が暴露!
▶1/10(13)ザイトゥンの虐殺/イスラエルの戦争犯罪目撃者の証言
▶1/13(16)ガザは大戦末期の日本なのか?イスラエル・タカ派の見る共通性
▶1/14(17)戦争終結の最終兵器・イスラエル極右タカ派と核使用の危険性
▶1/15(18)「オバマのアウフヘーベン/米国のスマートパワー外交」(予告)
▶1/16(19)「オバマはユナイター/米国のスマートポリティクス」(予告)
▶1/17(20)イスラエル軍ガザの国連本部を爆撃!支援物資全焼
▶1/18(21)ガザ戦争ついに休戦へ!開戦から3週後イスラエル国会で可決(未掲載)
▶1/19(22)勝者なき闘い・ガザ戦争/ガザの終りとオバマの始まり
▶1/21(23)戦士の休息/ガザ終戦とイスラエルの戦争犯罪
▶1/22(24)イスラエルの戦争犯罪・国連学校へ白リン弾投下(予告)
▶1/23(25)ガザへの解答・ヨーロッパが提案する恒久平和への道(予告)


d0123476_12454779.jpg

■ 必読 ■ 中東の歴史と現状を理解するために
米流時評 総論「ガザの悲劇」4千年の中東民族抗争

■ 参考 ■ アメリカの中東外交の原点を知るヒント

2/17/07「米国と中東・ふり向いた異邦人」
2/18/07「ユダヤとアラブ・千年王国の確執」


■ 特集 ■ ガザ・エクソダス <2008年1月>
1/23/08 第1部 ガザの壁崩壊で パレスチナ人35万人エジプトへ越境
1/24/08 第2部 ポスト・ジェリコ ガザの壁崩壊が中東に及ぼす波紋
1/25/08 第3部 ガザ・ゲットー ガザの壁崩壊による窮乏からの脱出

■ 特集 ■ アナポリス中東平和会議 <2007年11月>
11/27/07 第1章 アナポリスの奇跡?中東平和会議陰謀論
11/28/07 第2章 アナポリスの謀略・中東特使に元NATO総帥抜擢
11/29/07 第3章 アナポリスの神託・中東和平会議の出した結論
11/30/07 第4章 アナポリスの予兆・どうなる?中東和平会議の行方

■ 特集 ■ 中東核戦争 <2007年6月>
「イランが危ない!」中東大戦争の可能性
「中東大戦争前夜?」急浮上するシリアとイスラエルの核紛争
1  戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
2  中東核戦争の危機は本物か
3  「新ジェリコの戦い」イランのミサイル報復作戦
4  核のターゲットはイラク・アフガン駐留米軍
5  消された記事『中東代理戦争:シリア対イスラエル』
6-1 ホワイトハウスのウォーゲーム
6-2 「2008年核戦争の冬」チェニーのウォープラン
6-3 復讐の世紀「核のアルマゲドン」中東戦争
6-4 暴かれた大謀略・ネオコンとイスラエルの中東「核の戦略」

■ 特集 ■ 中東・イラン問題 <2008年>
急接近する北朝鮮とイラン、二国同盟に初調印
ブレアの再出発・中東平和外交代表
イラン警告:1分間で1万1千発ミサイル発射可能
衛星写真が証明 シリア核施設空爆後の証拠隠滅


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節  |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2009-01-20 23:30 | イスラエル・ガザ戦争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30