米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

中東の戦争と平和:レバノンとイランの民主化選挙

f0127501_128435.gif

  ||| 中東に押し寄せる民主化革命の波 |||

d0123476_2253693.jpg
  ベイルートからテヘランへ押し寄せる、中東を洗う第二の民主化革命の波
  レバノン総選挙・イラン大統領選の勝敗で、中東を変えるオバマ演説効果


d0123476_3532373.jpg10日間のご無沙汰です。(2週間近い!)ことの理由は、話せば長〜くなりますので、一段落した折に順繰りにカレンダーをめくって追い上げますが、重大ニュースの雪崩のようなスケジュールに、夏休みがいきなり飛び込んで来た結果、と言っておきましょう。
d0123476_2261673.jpg
写真中央:現役アフマディネジャドに迫る穏健派のホセイン・ムサビ候補 /左:ムサビ候補の妻で大学学長 女性の人権擁護に熱心なザーナ・ラーナヴァード /右:「グリーン革命」を標榜するムサビ候補の民主化キャンペーン

とにもかくにも、中東がめまぐるしい動きを見せておりますので、まずは世界の目が一挙に集中しているテヘランから、アラブ対イスラエルの天下分け目の関ヶ原となっている、イランの大統領選の経緯からお伝えしましょう。

【米国時間2009年6月10日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
   JUNE 10, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年6月10日号
  f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | E X C L U S I V E
  ベイルートからテヘランへ押し寄せる、中東を洗う第二の民主化革命の波
  米国時間2009年6月9日 | クリストファー・ディッキー/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_227950.jpg
アフマディネジャドが激昂マッチョ政策のブッシュタイプなら、ムサビ候補はオープンで知的な説得力のオバマタイプ


War, Peace and A Political Touch
Elections in Lebanon present U.S. and allies with a real opportunity
JUNE 9, 2009 | By Christopher Dickey — Newsweek | Translation by ysbee

1. Violent Mideast in 2005
WEB EXCLUSIVE — Let's not get too enthusiastic about democracy in the Middle East. The elections in Lebanon are a welcome development, with the coalition led by Hizbullah and tied to Iran being defeated by a more liberal, Western-leaning slate. But we've seen this before.
05年は中東災厄の年
翻訳中
d0123476_2284123.jpg
80年代のイスラム革命以来、イランの政界を底上げしてきたイラン革命軍 軍の幹部は閣僚の中でも発言力がある

2. Something is changing for the better

In 2005, a lot of us were carried away by the prospect of brave voters flooding to the polls in Iraq and Lebanon, Palestine and Egypt. A year later Iraq was bloodier than ever, Lebanon was at war with Israel, Hamas had taken over the Palestinian parliament and the only Egyptian politician brave enough to challenge Hosni Mubarak for the presidency had been thrown in jail.
CHANGEを求める空気
翻訳中
d0123476_2211033.jpg
現地時間で12日金曜が投票日のイラン大統領選挙 締め切り間際の1週間で民主化運動のムサビ候補が俄然優勢に

3. Breaking down to ideological battles

That caution aside, it would be a mistake to miss the signs that something is changing for the better just now. For most of modern history, to turn the dictum of Carl von Clausewitz on its head, politics in the Middle East has been the continuation of war by other means. At the international, regional, national and even local level, everything seemed to break down to ideological battles.
あらゆる局面で直面する思想的対立
翻訳中
d0123476_22121496.jpg
左:地方農村・都市貧困層で根強い支持のイスラム強硬派アフマディネジャド現行大統領だが、強硬姿勢で国際社会で孤立化。核兵器開発に対する国連の経済制裁で25%という深刻なインフレを招いた責任が問われている。

4. Mideast politics: complex game of nuance

The Cold War gave way to the clash of civilizations: The world was divided into those who were with us, and those who were with the terrorists. What was missing, particularly in Washington, was an understanding that politics in the Middle East could be a game of nuance, where complex constituencies with complicated and often conflicting agendas have to be taken into account.
中東政治は錯綜する微妙なバランシングゲーム
翻訳中
d0123476_22141379.jpg
オバマの中東歴訪の山場「カイロ演説」は、イスラム教徒への深い理解と歩み寄りでアラブ世界の米国観を変えた

5. A new application for change in the region

And while that is most obvious during free election campaigns, it's true even in monarchies and under authoritarian regimes. What I think and hope we are seeing now is a much more subtle appreciation of the role that politics short of war — indeed, instead of war — can play in reshaping the region. President Barack Obama's speech in Cairo last week was an evocation of that fresh approach.
中東地域ぐるみ平和へ変革の可能性
翻訳中
d0123476_22144978.jpg
アフマディネジャドの経済政策の失敗を追求、過激で好戦的な政治体質を「中東のブッシュ」と批判するムサビ候補

6. A new role in Mideast for old Saudi

Lebanon's elections over the weekend were a window into it. And what may be most surprising is the role that Saudi Arabia, utterly undemocratic but highly political, is playing at many different levels. Its long-term goal is to preserve its regime by stabilizing the region through any political and diplomatic means available.
新しい中東へ脱皮するサウジの役割
翻訳中
d0123476_22153657.jpg
イラン総人口の3分の2を占める65%が30才以下の若年層という、イライラ戦後のベビーブーム世代が大勢を占める

7. Massive financial support for democratic coalition

And its current challenge—much like that of the United States—is to stop the Iranian political momentum that has been building for the last several years. In Lebanon, the Saudis gave massive financial support to the victorious coalition of Saad Hariri.
中東全域の民主連合を支援するパワー
翻訳中
d0123476_22161823.jpg
80年代のイラン・イラク戦争時代に、苦しいイランの国政をあずかった経験を持つ、穏健派のホセイン・ムサビ候補

8. Budgeted more than Obama campaign

As long ago as March, one well-connected operative from Riyadh was telling me privately but with evident pride that his country had spent more in Lebanon, a nation of 4 million, than the record-breaking $715 million Barack Obama's campaign spent in the United States.
オバマの選挙運動を上回る予算付け
翻訳中
d0123476_2216562.jpg
ムサビ候補キャンペーンの強力な原動力として「イランのミシェル・オバマ」と評されるザーナ・ラーナバード女史

9. Beirut became a political investors market

Even if my source was indulging in wild hyperbole, the extent to which Beirut had become a kind of electoral e-Bay for vote buyers from Riyadh and Tehran made international headlines. But the defeat that the Lebanese handed Hizbullah at the polls on Sunday will only be a minor political setback for the mullahs in Tehran.
選挙資金の投資場所と化したベイルート
翻訳中
d0123476_22173726.jpg
街中の至る建物の壁が候補者の看板掲示スペースと化したレバノンの首都ベイルート 総選挙の結果ヒズボラが大敗

10. U.S. just paved the new chart

Hizbollah's setback will not hurt them, if the United States and its key Arab allies—Egypt, Saudi Arabia and Jordan—do not develop a coherent political strategy throughout the region. And my sense from talking to leaders in all these countries is that they think we're not there yet, even if Obama is trying to move American policy in the right direction.
新しい中東外交の道を拓いたオバマ
翻訳中  >次号へ続く

【 米国時間 2009年6月10日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_22182823.jpg
カイロは中東アラブ世界の中心として数千年来イスラム教徒の文化と歴史のアイコン。カイロ大学を演説の場所に選んだオバマは、ブッシュ時代に築かれた米国とイスラム世界の壁を切り崩し、対話外交で和平へと変移する道を拓いた。

d0123476_17133139.jpg◀ 予告 6/10「テヘランの民主化革命なるか? イラン大統領選の行方」
▶ 前号 6/01「北の引き裂かれたカーテン 半島一触即発にF15待機」
d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9852523/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9852523

d0123476_1539544.jpg
   いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーになります!
 d0123476_12465883.gif


ブログランキング/政治経済ではランキングも夏休み状態。がんばりませう!
  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ村の国際政治部門へも 応援のクリックをよろしくお願いします!




d0123476_14585794.jpg
||| 米流時評 ||| 最近の記事リスト   b e i r y u * c u r r e n t
Good News, Bad News, Everything in Between
7/02 テヘラン・自由への行進 革命のレミニッセンス第1章
7/01 イラン 革命のレミニッセンス 序章・前編
6/29 すべてはCIAの陰謀?イラン政府の真っ赤な大嘘『蜂起』6.29(未掲載)
6/28 潮目となるか?テヘラン決死の5千人デモ『イラン蜂起』6.28
6/26 BEAT IT ! 打倒イスラム狂信派 ニコのブログ『イラン蜂起』6.26
6/25 マイケル・ジャクソン急逝!享年50才 R.I.P.
6/24 イランの民衆弾圧と虐殺の実態 バシジ白昼の凶行(未掲載)
6/23 革命の殉教者ネダ バシジに射殺されたイラン女性の身元解明(未)
6/22 テヘラン大学の虐殺 イランの殺戮親衛隊バシジ
6/20 6.20 テヘラン血の土曜日 イランの命運を決した日
6/19 6.19 ハメネイの宣告 抗議運動には死を覚悟せよ(未)
6/18 6.18 テヘラン大行進 君は再び革命の川をわたる(未)d0123476_17124236.gif
6/17 革命と弾圧の最後通牒 イラン・アルティメイタム(未)
6/16 ついに犠牲者7名!テヘランの市民蜂起と血の弾圧(未)
6/15 「グリーン革命の怒れる若者たち」タイム記者現地レポート-2
6/14 「略奪されたイランの大統領選」タイム記者現地レポート-1
6/13 米国ブロガーが見たイランの天安門事件・続編 (未)
6/13 6.13 テヘランの天安門事件 イランの流した血と汗と涙
6/12 イランのグリーン革命 「緑の津波」で空前の投票率
6/11 テヘランの民主化革命なるか?イラン大統領選の行方(未)
6/10 中東に民主化革命の波 レバノンとイランの民主化選挙
6/01 北の引き裂かれたカーテン・一触即発にF15待機
5/31 ゲイツは本気だ。アジア防衛サミット声明
5/30 半島危機・北、核ミサイルまでの時間は?
5/29 警告!北、長距離ミサイル発射の照準は?
5/27 北の宣戦布告「軍事行動もあり」


[PR]
by ysbee-2 | 2009-06-10 22:36 | イランのグリーン革命
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31