「ほっ」と。キャンペーン

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:EUとNATO近況( 3 )

速報!ロンドン五輪予定地が核汚染!ラジウム検出で100万トンの土撤去か

f0127501_128435.gif

   ||| ロンドン五輪会場予定地が核汚染 |||

d0123476_18101924.jpg
メイン会場工事現場から、人体に有害な放射性物質ラジウムを検出
周辺の施設建設予定地の土100万トンがすでに汚染され撤去必要か


d0123476_18552829.gifロンドン、放射性物質、核汚染………ときたら、これはもうKGBの仕業しかないんじゃないでしょうか。ちょうど先週、英国政府は昨年のリトヴィネンコのポロニウム暗殺事件で、ロシアサイドを徹底捜査すると敵対姿勢を示したばかりでもあるし、原因究明の過程で外交問題に発展するのでは?という予感がします。

しかしそれにしても、いくら速報で急いでいたのか知れませんが、原文がひどい! 英語でなくて英(ひでぇ)語になってます。何か最近米国ではインドのボリウッドのスタジオに外注したなと一見して判る、お粗末なコンセプトでどぎついビジュアルのコマーシャルがやたらに目につきますが、もしかしてニュースの分野まで、どこぞの異国に外注しているんじゃないだろか、と思える悪文の典型です。言ってる事も中途半端。後続の詳しい記事に期待したいです。

【米国時間 2008年7月15日 『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
JULY 15, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

   A S S O C I A T E D P R E S S

ロンドン五輪会場施設現場から人体に有害な放射性物質ラジウム検出
米国時間 2008年7月15日 15時04分 | AP 通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1811895.jpg
Radioactive Material at London 2012 Site
1 million tons of soil decontaminated in the area of Olympic Park
JULY 15, 2008 EST | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
LONDON — Radioactive material was found at the main site to be used for the London 2012 Olympics, requiring 1 million tons of soil to be decontaminated. The announcement Tuesday by Olympics Minister Tessa Jowell came less than a week after the discovery of asbestos temporarily halted construction at the Olympic stadium.

上の写真は"London 2012"オリンピックのメインスタジアム完成予想図 右下のパースの右上のロケーション

ロンドン発 |2012年に予定されるロンドンオリンピック大会のメイン会場となる予定地から、放射性物質のラジウムが検出され、周辺地域一帯の100万トンの土が放射能で汚染されている事実が明らかになった。英国時間で15日火曜、テッサ・ジョエルオリンピック相から発表された「汚染警告」は、オリンピックスタジアムの建設現場でアスベストが検出され、工事中止が発表されてから1週間もたたないうちの出来事だった。

1. Warning from Olympic Ministerd0123476_1814071.jpg
Jowell said the Olympic Delivery Authority's contractors had not been "unnecessarily" exposed to radium at the East London area being turned into the Olympic Park, which will also house swimming and diving, cycling and basketball.
オリンピック相から「汚染警告」発表
声明に続くジョエル五輪相の説明では、ロンドンオリンピック実行委員会の下請け建設業者が、ロンドン市内東部のオリンピック公園となる予定地で建設工事に従事していたが、発見されたラジウムには必ずしも汚染された訳ではないと語った。
このオリンピック公園は、開会式・閉会式などの式典が行われる主会場のスタジアムの他にも、水泳と飛び込み競技のスタジアム施設、サイクリング競技場、バスケットボールジムなどの主要な競技施設も、敷地内に予定されていた。

右上:"London 2012" ロンドン市東部のオリンピック公園完成予想図 五輪大会の各競技施設会場が散在する予定
右下:2012ロンドン五輪大会は、昨年も工事現場で火事騒ぎがあったり醜悪なロゴマークでもめたり災難続きである


2. Very low levels of radioactivity

d0123476_18151138.jpg"Other contaminants discovered on site include hydrocarbons, industrial chemicals, heavy metals and a very small amount of low level radioactive material," Jowell said in a written parliamentary answer. "A report on the radium find from the ODA's specialist contractor stated that 'no worker or member of the public has been unnecessarily exposed to ionizing radiation,' which registered low or very low levels of radioactivity."
人体汚染被害の可能性は低い
「その他にも同じ工事現場で発見された汚染物質は、炭化水素(メタンなど)、工業用化学物質、重金属、きわめて低いレベルの放射性物質が発見された。ODAの特殊技術作業員からラジウムが検出されたという報告はあるが、その他の作業員や一般市民が必ずしも放射性物質に汚染されたとは限らない。なぜならラジウムは、低レベル、あるいはきわめて低いレベルの放射性物質だからである」ジョエル氏は国会へ提出した覚え書きの中でこう説明している。 [了]

【米国時間 2008年7月15日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 次号「米国務省、イランと核の和平交渉で会談か」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8287559
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8287559

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


おかげさまで4位まで挽回しました。クリックで応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

[PR]
by ysbee-2 | 2008-07-16 05:10 | EUとNATO近況

デモ隊と機動隊でG8サミット大波乱の幕開け

f0127501_128435.gif
       ||| G8サミットでバルト海大荒れ |||
d0123476_2053278.jpg
 ナチス並みの厳戒態勢の中、デモ隊と機動隊で大波乱の幕開け
 交通機関全面的にストップ、プーチン対ブッシュの大見得大会


By リチャード・ウルフ/ホーリー・ベイリー | Newsweek サイト独占掲載 | 訳:ysbee
米国時間2007年6月6日 ドイツ・ロストック発 |ドイツ人気質と言えば、効率主義と几帳面さでよく知られる。しかしどちらの特質も、ドイツが主催国となって今週開幕したG8サミットでは、そのスタート時点で早くも完敗した。6日水曜、世界8大国の首脳がバルト海のリゾート地ハイリゲンダムで一堂に会した時点で、少数のきわめて統率のとれたデモ隊が、サミット周辺のありとあらゆる形態の交通機関をストップすることに成功したからである。
Havoc in Germany
The G8 meeting is off to a rocky start, as protesters stymie transportation and Putin lobs threats
By Richard Wolffe / Holly Bailey | Newsweek — The OVAL | WEB EXCLUSIVE
ROSTOCK, Germany |JUNE 6, 2007 — The Germans may be known for their efficiency and organization, but both qualities failed them completely as the G8 summit they are hosting this week kicked off. As the world’s leaders gathered at the Baltic Sea resort of Heiligendamm on Wednesday, a few well-organized protesters managed to disrupt almost all modes of transport around the summit.

__________________________________________________________________
JUNE 6, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

 N E W S W E E K | M S N B C . c o m
      ||| G8サミットでバルト海大荒れ |||
d0123476_2054266.jpg
ナチス並みの厳戒態勢の中、デモ隊と機動隊で大波乱のG8幕開け
▲G8サミットのメイン会議場 一見田舎の村役場というイメージ

1. Cat-and-mouse game of protesters

First the anti-capitalist protesters played a game of cat-and-mouse on the roads. They ran through the fields and woods around the summit, stringing tape across highways. Then they parked their cars in the roads. Finally they just sat in the roadways, as the German police stood by and watched. Then activists launched a surprise attack on the most ridiculous part of the summit’s logistics: a steam train connecting the media center to the G8 site. For some reason, German security wasn’t familiar with the long oeuvre of “Tom and Jerry.” So when the protesters lay on the track, their trains came to a halt.
デモ隊と機動隊のいたちごっこ
まず最初に、反帝国主義グループのデモ隊が、路上で機動隊とのいたちごっこを演じた。彼らはサミット会場周辺の高速道路にテープを撒き散らしたかと思うと、野原や林を巧みに走り回って逃げる。そうかと思うと、今度は自分たちの車を路上駐車する。ドイツの機動隊が傍らに立って警戒する中、最後には道路に直接座り込んでしまった。
おまけにデモ隊は、今回のサミットの作戦におけるもっとも馬鹿げた部分に急襲をかけた。報道機関が待機するメディアセンターとサミット会場とをつなぐ蒸気機関車である。どういうわけか、ドイツ人は『トムとジェリー』の一連の作品になじみがないと見える。そんなわけで、デモ隊が線路に横たわった時点で、汽車はストップせざるを得ない結果となった。
d0123476_2054516.jpg
2. Not exactly a projection of power
The solution? A small flotilla of German navy boats on the Baltic Sea. Government officials and journalists bobbed up and down on the high seas for an hour as German commandos escorted them between creaky wooden piers.
For a meeting of the world’s most powerful nations, this was not exactly a projection of power. Especially when the protesters even managed to shut down the harbor and the boat service stopped altogether. One frustrated Canadian official stepped off a boat to hear that the demonstrators had blocked the roads nearby. “Back to the boats!” cried one of his assistants, only half-joking.

経済大国のお粗末な輸送態勢
その解決策? バルト海に浮かぶドイツ海軍の艦隊である。各国の政府高官とジャーナリストたちが、1時間も高波にもまれて海上を運ばれた挙句、最後は海軍特別部隊のエスコートで、やっとのことでぎしぎしと音を立てる木製の桟橋にたどりつく有様。
世界でもっともパワフルな国家の集まりにしては、これはとても力強い展望などとは、お世辞にも言えた状況ではかった。特に、デモ隊は港を全面的に閉鎖することに成功したために、船舶の輸送機関までが全面停止になったので、こんなお粗末な羽目に陥ったのである。カナダの一高官などは、デモ隊が会場周辺の道路を封鎖したと聞いて業を煮やし、船から降りようとしたほどだ。もっとも側近のひとりの「船に戻れっ!」というかけ声で元に戻ったが。どちらもお粗末な輸送態勢に頭に来てのあてこすりの冗談ではあったようだ。
d0123476_2055545.jpg
3. Why doomed to fail
There are several reasons why this G8 summit will fail to achieve anything substantive, and logistics are only part of the explanation. The screwball organization points to a bigger problem: under Chancellor Angela Merkel, the summit has set unrealistic goals that were doomed to fail. Most notably, Merkel set explicit targets to limit global warming without lining up the agreement of one of her closest allies: President George W. Bush. There’s nothing wrong with setting goals to try to limit the worst effects of climate change. But in terms of diplomacy, there’s everything wrong with a public announcement before the private work is close to an end.
失敗に終わる運命のサミット
d0123476_20582972.jpg今回のG8サミットが、根本的にあらゆる点で失敗するだろうと思われる理由がいくつか挙げられる。ロジスティックス/輸送手段はその一部にすぎない。見当違いの運営態勢は、より大きな問題点を指摘してしまったようだ。アンジェラ・メルケル首相の指導の元に、サミットは非現実的なゴールを掲げてしまったので、当然それは失敗に帰するよう運命づけられていたとしか言いようがない。その最たる例がある。
メルケル首相は、彼女のもっとも近しい盟友のひとりであるジョージ・ブッシュ大統領と足並みをそろえて同意することなしに、地球温暖化を規制する対象を明文化してしまったのだ。地球のあちこちで起きている天候異変の最悪の影響を規制しようと試みて、目標を掲げること自体はけっして悪いことではない。しかし外交の立場では、個々の作業部会で結論づける前に勝手に草案を公表するのは、あらゆる点でまずいに決まっている。

4. New targets on global warming
Bush told reporters on Wednesday he had no intention of budging from his position, as detailed last week, that he would only agree to begin a new round of talks to specify new targets in 18 months. Bush was asked if he would give any ground on Merkel’s target of limiting the rise in temperatures to 2 degrees Celsius over the century. “No, I talked about what I'm for,” he said. “Remember? I said I’m for sitting together with the nations to sit down and discuss a way forward.”
地球温暖化対策に新しい規制項目
ブッシュは水曜の時点は取材記者に対して、彼の立場からは何ら変更する意向はないと語った。しかし先週の段階を思い返すと、1年半以内に規制対象を新規に設定するため、ひと通りの新たな話し合いを開始することに賛成するだけだ、と彼は語っていたのである。ブッシュは「今世紀中に地球の気温上昇を摂氏2度までに抑える」というメルケル案の制限に対して、いかなる検討の余地も与えないのかという記者の質問に対して、こう答えた。「いや、私は私なりの依って立つところを話すよ。覚えてるだろ?以前私は、同じ立場で話し合える国と今後の方策をじっくり話し合うと言ったことを。」
d0123476_20591064.jpg
5. How to deal with Putin
Climate change may be the most pressing problem facing all the leaders at the summit. But the more personal challenge is how to deal with Russian President Vladimir Putin. The site of the summit is located in what used to be communist East Germany, and Russia has rattled Europe with its threatening approach to its former sphere of influence.
In the days leading up to the summit, Putin gave a series of interviews in which he threatened to aim his missiles at targets in the Czech Republic and Poland if they agreed to take part in Bush’s new missile-defense system. The president just happens to have visited the Czech capital before arriving at the G8, and he stops in Poland just after the summit.

難問のプーチン対策
翻訳未完
d0123476_210745.jpg
6. Aggressive rhetoric of Putin and Bush
Bush’s reaction to Putin's aggressive rhetoric was to dismiss it out of hand — a stark contrast to his approach to the aggressive rhetoric coming out of Iran. "I don't think Vladimir Putin intends to attack Russia—I mean, Europe," he told reporters on Wednesday. "By the way, a missile-defense system that is deployed in Europe can handle one or two rocket launchers. It can't handle a multiple launch regime. Russia has got an inventory that could overpower any missile-defense system. The practicality is that this is aimed at a country like Iran, if they ended up with a nuclear weapon, so that they couldn't blackmail the free world."
プーチン対ブッシュの舌戦
翻訳未完
d0123476_2135686.jpg
7. Some kind of mentor to Putin?
President Bush has long believed that he could serve as some kind of mentor to Putin, guiding him towards good government and a secure place at the table of international leaders. But seven years into Putin's tuition, it's time to concede that either the student doesn't want to learn, or the teacher was misguided. For his part, Bush seemed to have far more enthusiasm to meet a world leader of an entirely different nature—someone who can credibly claim to have nudged the politicians in a different direction.
プーチンを弟子と見るブッシュ
翻訳未完
d0123476_2132036.jpg
8. "Bono for president!"
As he was standing beside Japanese Prime Minister Shinzo Abe, Bush glimpsed the rock star Bono striding across the garden outside the summit's luxury hotel rooms. By the time Abe had finished talking, Bono was gone. Bush would have to wait several hours for his allotted time with the U2 singer who has led efforts on debt cancellation in Africa. So he sent a message via two White House officials. "Bono for president!" Bush told his aides to pass onto the rock star. "Tell him I'm looking forward to seeing him!" He surely won't be that happy about his next face-to-face with Putin.
G8セレブ「ボノを大統領に!」
翻訳未完

【米国時間2007年6月6日 『米流時評』ysbee訳】
d0123476_2122075.jpg

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gif長らくトップだったKazu先生が政治のカテゴリーに移られたので1位になりました!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-06 20:50 | EUとNATO近況

サルコジのアメリカンドリーム 親米派の百日フランス革命

f0127501_128435.gif
      ||| サルコジのアメリカンドリーム |||
d0123476_1329371.jpg
親米派サルコジの百日革命・後編 「知られざるサルコジ」
米国知性派の時事評論家クリストファー・ディッキーのサルコジ論


知る人ぞ知るアメリカの隠れた文才、時事評論家クリストファー・ディッキー氏のユニークなサルコジ評『France Is Back』の後編『A Modern Lafayette?』です。前編では対抗馬ロワイヤル女史との政治的主張・手腕の違いを分析してみせましたが、後編ではその解剖論のメスをさらに深く掘り下げて、サルコジの強さとなっている「American Optimism/アメリカ流の楽観主義」と「Judo in the global capitalism/グローバル経済の懐柔策」を実例を挙げて実証してみせます。

オプティミズムはアメリカ人一般の性向を表現する際にもっとも多用される形容ですが、政治論における「Judo/柔道」とはなんぞや?と疑問に思う方がずいぶんいらっしゃると思います。これは米国の現政権の得意技、特にブッシュの側近カール・ローブが得意とする政治の舞台での寝技で、「Jujutsu of Karl Rove」と言えば、彼一流の土壇場での逆転戦術。つまり政敵の攻撃してくるパワーを逆手に利用する受け身の必殺技。相手の突いてくるポイントを逆にブッシュ陣営からの攻撃ポイントに置き換えて、最後のワンラウンドでずっでんどうと相手を投げて勝負を決める、という意味で使われます。

これは2004年の大統領選の選挙運動の最後にも、ブッシュに対抗するジョン・ケリー候補が1日だけちらっと「Quail hunting/うずら狩り」に出かけたことがありました。このことをブッシュ陣営では大々的に攻撃材料として取り上げ、数日後にあったハロウィーンでは、カール・ローブ、カレン・ヒューズ以下がハンターの仮装をしてケリーの行動を揶揄するなど、実に低レベルでの攻撃を展開しました。しかしアメリカの一般大衆もそのレベルだったのか、それ以前はケリー圧勝と出ていた開票予測が突然落ち込み、1週間後の投票結果では、みなさんもご存知のようにミリ単位(?)の僅少差でブッシュが当選してしまった、といういきさつがありました。これが典型的な「ローブの柔術」です。
蛇足が冒頭にきてしまいました。それではディッキー氏のサルコジ評論「France is Back」の後編「A Modern Laffayette?」をどうぞ。       【2007年5月8日 米流時評 ysbee記】


__________________________________________________________________
MAY 8, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

N E W S W E E K | Web Exclusive
      ||| サルコジのアメリカンドリーム |||
d0123476_10124332.jpg
A Modern Lafayette?  |Christopher Dickey
米国知性派のクリストファー・ディッキー時事評論「知られざるサルコジ」
By クリストファー・ディッキー | 2007年5月6日 NEWSWEEK サイト独占掲載 | 訳:ysbee

6. Cooperation in counterterrorism

Indeed, quiet but effective cooperation between Paris and Washington in counterterrorism reached new heights during Sarkozy’s two terms as interior minister, and that’s not the least of the reasons he has been received so warmly in the past by U.S. officials, including Bush. “I have always done all I can—even when our two countries disagreed, as we did over the Iraq war, for example—to ensure that our security services cooperated on a daily basis, in full transparency.” (Transparent to each other, that is. Only rarely did the extent leak into the public sphere.)

テロ対策での両国の協力体制
実際、サルコジが内相を2期務めた期間に、カウンターテロリズム(テロ対策)において米仏両国政府の間で進展した、人知れずしかし実効性のある協力体制は、新たな高水準へと達していた。しかし過去において彼がブッシュも含めた米国首脳部に暖かく迎え入れられたのは、それだけが理由ではない。
「例を挙げるとイラク戦争の時がそうでしたが、我々両国の意見が不一致を見た時でさえも、お互いの公安機関が毎日隠し立てのない協力体制にあるよう確かめるというように、私はいつもできる限りのことをしてきました。」(お互いに隠し立てなく……まさしく。その協力体制が一般社会に漏れたことが滅多になかったことだけは確かだ。)
d0123476_9394628.jpg
7. Faith in the American dream
What may be most appealing and accessible about this son of a Hungarian refugee (albeit an aristocratic one) who has worked in politics since he was a teenager to become president of France is his faith in the American dream. “In the United States there are all sorts of opportunities for those who know how to seize them. Americans don’t ask about the diplomas or social origins of someone who comes up with a new idea; they just ask whether the idea is good or not. Past failures [and here we should say Sarkozy himself had quite a few] if they’re honorable ones, should be seen as an opportunity to learn, and not as a stain on one’s reputation.”

アメリカンドリームの信奉者
ティーンエージャーの頃からフランスの大統領になることが、彼にとってのアメリカンドリームの実現だったから、政治畑に就職した男。何がこのハンガリーの亡命者(ただし貴族階級)の息子を最も惹きつけ、憧れさせるのか。
「米国では、どうやってチャンスを生かすか知っている者にとっては、ありとあらゆる種類の機会が待っている。アメリカ人は、新しいアイディアを考えついた人物に向かってその学歴や氏育ちを訊ねたりはしない。そのアイディアの是非を問うだけだ。(ここからがサルコジ自身少なからず経験者であると強調しておくべきだが)過去の失敗は、もしそれが自信をもってやった結果ならば、その経験から世知を学んだ良いチャンスとして考えられるべきであって、その人物の経歴の汚点として受けとられるべきではない。」
d0123476_9401773.jpg
8. French gloire almost as 'Gaullism'
But, manifestos and rhetoric aside, just how "American" is Sarkozy, really? During his tenure the French passion for gloire and the sometimes eccentric attachment to “exceptionalism” may not change on some key issues. “Certain aspects of American society would never suit France,” he writes. “I am proud, for example, that France devotes a large part of its resources to provide a social safety net for those who have the least. I believe that possession of handguns is too dangerous not to be strictly regulated. I admire the way the French people are interested in global affairs."

ドゴール主義に近いフランスへの誇り
しかし、こういった主義主張や理屈は抜きにして、サルコジ氏は果たしていったいどれだけ「アメリカン」だと言えるだろう?彼の内相時代には、(ドゴール流に)フランスの栄光を追求する情熱あふれる政策や、時には米国式の「特例措置法案」に奇妙なつぎはぎをした法案などを施行したが、そんな小手先の政策だけではとても、いくつかの今後の鍵となる問題の流れを変えることはできなかった。「アメリカ社会での法則はフランスには当てはまらない」と彼は書いている。「フランスの場合は、持たざる者に対して社会的安全ネットを提供する財源の大部分に国家が貢献しているのが良い例で、私はこの政策に誇りに思っている。」(アメリカの場合は貧者救済には民間の慈善事業がかなりの部分を占める)

9. 'Remain what is unique to France'
d0123476_12261763.jpg"Finally, I like the way that France seeks to give its immigrants a new identity within the Republic, rather than continue to define them according to their ethnic origins. These are not minor differences. They will remain part of what is unique to France.” (Some American political candidates might consider whether there’s something to learn here …)

フランス式の寛容な移民政策
「最後に、私は共和国内の移民に対して新しいアイデンティティを与えるためには、アメリカ流に彼らの民族性の違いに従って区分し続ける方策よりも、フランスが模索している方法の方を好ましいと思う。この差は決して小さなものではない。この寛容な移民政策が、フランスをフランスたらしめている部分だ。」
(アメリカの選挙候補者は、この彼の指摘から何がしか学ぶことの有無を検討すべきである。)

10. The darker side of Sarkozy
But the darker side of Sarkozy—the darker “American” side, if you will—is reminiscent of those Republican candidates in the United States in the 1970s and '80s who set out to capture the unsavory votes of erstwhile bigots like Alabama Gov. George Wallace while distancing themselves from the tainted man himself. In France, the equivalent figure is perennial ultra-right candidate Jean-Marie Le Pen, who stunned the nation by making it into the runoff in the 2002 presidential elections.
Sarkozy, playing to working-class French voters who feel overwhelmed by foreign immigrants, even adapted a loaded phrase from the troubled America of the 1960s to attract Le Pen’s voters today: “France, love it or leave it.”


知られざる側面「暗いアメリカン」
しかし、サルコジ氏には知られざる側面がある。あえて言うならば「暗いアメリカン」な部分である。この陰の部分は、ちょうど往年のアラバマ州知事ジョージ・ウォーレスが黒人差別問題の張本人であることを棚に上げて大統領候補として名乗りを挙げたように、時代に逆行する腹黒い連中の腐敗票をかき集めようとした70〜80年代米国の共和党候補者たちを彷彿とさせる。今回のフランス大統領選では、2002年の大統領選で最終候補に残って世間を驚かせた保守系極右候補ジャンマリー・ルペン氏が、まさにその最たる人物であった。
それにひきかえサルコジ氏は、異邦人の移民の急増に嫌気がさしている有権者層であるフランスの労働者階級に、巧くとりいったように見える。その戦術として、「今日の旧体制派」であるルペン氏の支持者票にも食い込むために、60年代にアメリカが抱えていた社会問題に対してよく使われた脅し文句を応用して、こう訴えかけている。「フランスを愛せよ、さもなくば離れよ」
photo caption
d0123476_9424891.jpg
12. Grand plans for revitalizing France
Will Sarkozy’s grand plans for revitalizing France bring the kind of progress he promises, or massive unrest, or, perhaps both?
He’s not the first French leader to promise a revamp of the country’s economic machinery. Twelve years ago President Chirac tried to push through similar measures, only to back down in the face of nationwide strikes and protests that shut down the country for weeks.


壮大なフランス活性化計画のゆくえ
サルコジ氏が提案する壮大なフランス活性化計画は、彼が約束した通りのある種の進歩をもたらすだろうか? それとも社会全体を不穏な状況に陥れるだろうか? 多分その両者が出現する?
この国の経済の歯車を一新すると公約したフランスの指導者は、なにも彼が初めてではない。12年前にはほかでもないシラク大統領が、同様の経済政策を強行しようとした。その結果は、何週間にもわたって国全体が麻痺するほどの全国規模のストライキや抗議集会に出会い、すごすごと引き下がるほかなかったという過去がある。
photo caption
d0123476_9433086.jpg
13. Political runner against the clock
Sarkozy, the self-styled man of action, loves to run against the clock. For months a digital counter on his Web site has been ticking off the days, hours and seconds until the results of the election contest would be made public at 8 p.m. Sunday night in Paris. He’s given himself 100 days after the election to get the legislation he needs, even though elections for the national assembly won’t be held until the middle of next month (campaigns for those seats are just beginning).
France may not be able to keep up with him, in fact, and the French, put to the test, may not want to. But if at first Sarkozy doesn’t succeed, he will doubtlessly pick up another maxim from American culture, “try, try again.”


時間にチャレンジして走る政治家
サルコジ氏は、自己流の「行動する男」として知られるが、時計の針にチャレンジして走るのが好きなようでもある。彼のウェブサイト上にあるディジタルカウンターは、選挙結果が公表になるパリ時間で日曜の夜8時をゴールに、もう何カ月も分秒を刻み続けてきた。そして当選の暁には100日間で自分の必要とする行政体制をつくってみせると豪語する。しかも国会議員の選出さえ来月半ばまで待たねばならない状況にもかかわらず、である。(選挙運動はやっと始まったばかりだ)
フランスはとても彼のペースには着いて行けないかも知れない。実際、フランス人に試させてみれば、そんなペースで走るのはごめんだと思うにちがいない。しかし、万一スタート時点でサルコジ氏が成功しなかったとしても、彼はアメリカンカルチャーのもうひとつの金句を拾って走り続けるだろう。「何事にもトライ!だめならもう一度トライ!」
photo caption
d0123476_9375080.jpg
                          【米国時間 2007年5月8日 訳:米流時評 ysbee】

LE BLOG PRESIDENTIEL
フランス大統領選のキャンペーン経過から結果までを網羅したNewsweekの「ル・ブログ・プレズィデンチエール」

__________________________________________________________________
▼ クリックしてブログの各ランキングへのご投票を、どうぞよろしくおねがいします!
みなさまのおかげで2つのランキングでトップになりました。ご愛読たいへんありがとうございます。

f0127501_12134737.gifブログ村では国際時事の部門で1位をいただいています。ぽちっ!
f0127501_1040831.gif社会・経済ニュースに移りました。11〜15位あたりです。上位入賞めざして、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらはみなさんのクリックで、おかげさまで3位まで上がりました。もう一歩!
d0123476_10141436.gifおかげさまで、ニュース部門で1位をキープできてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です


f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-08 08:25 | EUとNATO近況
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28