米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ビルマの赤い川革命( 15 )

不屈のビルマ 自由の僧衣・9千名解放のミャンマー恩赦

f0127501_128435.gif

  ||| 不屈のビルマ 自由の僧衣 |||

d0123476_949204.jpg
ミャンマーの軍事独裁政権、特例恩赦で政治犯ら9千名を釈放処分へ
国連総会の開会日に、人権蹂躙への糾弾を恐れた国際世論への対策か


d0123476_18552829.gif軍事独裁政権の圧政弾圧のもと、政府に対して反旗を掲げるものは即座に政治犯として逮捕される、アジアの全体主義国家ミャンマー(旧名ビルマ)。共産主義の一党独裁の中国と同様、政府へ反対意見を持つものは一方的裁判で政治思想犯として投獄される。そうした受刑者も含めて総数9002名の囚人が、24日自由解放の身となった。
d0123476_16571870.jpg
この背景にあるのが、昨年ヤンゴン市(旧名ラングーン)を中心に極度のインフレに抗議して僧侶の間から始まった、赤い僧衣の民主化運動の大きな流れ。これに対して、タンシュエ将軍を独裁者に据える軍事独裁政権は、死者数百人とも一千人以上とも言われる壮絶な軍事制圧で、一般市民を圧殺した。弾圧と虐殺の事実は、現地から命からがら隣国のタイへ亡命した生存者の僧侶や学生の報告で、世界へも明らかにされた。もちろん、ミャンマー国内での言論の自由はない。事実を訴える者は消される。
d0123476_16575324.jpg
9月末から10月の上旬まで続いたこの抗争から、もうすぐ1周年を迎える。23日当日は折しも第63回の国連総会の初日に当たり、この日にぶつけて解放を発表した政府の意図は言わずもがなである。当然、国連で人権蹂躙問題を糾弾されないように、という計らいで実施されただろうことは想像に難くない。数千人と言われる政治思想犯受刑者のうち、実際にはわずか7人しか釈放されなかったそうだが、その中には独房で19年もの獄中生活を送り、高齢で健康状態を心配されていた自由の闘士、文筆家のウィンチン氏も含まれていた………詳細はこの下の翻訳記事で。

【米国時間2008年9月24日『米流時評』ysbee 】
d0123476_8542618.jpg
左:英国国会前で「Stop Killing Civilians=市民を殺すな」のサインを掲げミャンマー制裁を訴えたアジア系市民
右:「ビルマの戒厳令即刻停止」を訴え首都マニラ市マカティのミャンマー大使館へ押し掛けたフィリピン人


Myanmar Frees Political Prisoner after 19 years

Aide to opposition leader Suu Kyi is among the 9,000 released by junta
SEPTEMBER 23, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
YANGON, Myanmar — Myanmar's longest-serving political prisoner was among more than 9,000 inmates freed Tuesday, days before the first anniversary of the junta's deadly crackdown on anti-government protests led by Buddhist monks. The amnesty granted to 9,002 prisoners around the country was believed to be one of the largest the junta has approved.

__________________________________________________________________
SEPTEMBER 24, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 A P / M S N B C | B R E A K I N G
ミャンマー軍事独裁政権、恩赦で政治犯ら9,002名を釈放処分に
米国時間 2008年9月23日午後1時35分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_9284413.jpg
ヤンゴンのデモの始まりは、のどかで平和的な行進だった。その後この家族は軍の銃撃に逢ったのだろうか?

1. Amnesty granted to 9,002 prisoners

State-controlled media said the amnesty was granted to prisoners who exhibited good "moral behavior." It came days ahead of the first anniversary of the military junta's brutal crackdown on protests led by Buddhist monks. The U.N. estimated at least 31 people were killed when the army fired on peaceful protesters Sept. 26-27, sparking global outrage.
服役囚9002名釈放の大量恩赦
ミャンマー唯一の国家が統制するメディアによると、刑期中「品行方正」だった囚人に対して、政府から恩赦がもたらされたと報道された。ちょうどこの日は、昨年秋に仏教の僧侶によって繰り拡げられた抗議運動に対して、ミャンマーの軍事独裁政権が残虐な弾圧を強行してから、ちょうど1周年を迎えようとしていた矢先のことだった。昨年9月の26〜27日の2日間、平和裡にデモ行進していた群衆に向かって政府軍が機銃掃射を行ない、その結果少なくとも31名が死亡したと、国連の人権擁護委員会の調査報告書には記録されている。
d0123476_18552739.jpg
ミャンマーの隣国タイへは多数の亡命者が逃亡してきており、タンシュエ政権に対する抗議活動の本拠地となっている

2. Strategy to avoid international criticism

Analysts suspect the junta timed the release as an attempt to fend off international criticism on the anniversary. "I am certain that it is part of a political strategy," said Josef Silverstein, a retired Rutgers University professor and Myanmar expert. "The military did not come off well in attacking the monks last year and that attack has not been forgotten." The junta "is determined to get the world to forget and just take note of the military's 'favorable' action," he added.
国際世論の批判をかわす政治的配慮
海外の外交アナリストは、今回の恩赦は軍事政権が1周年に予期された国際的世論の批判をかわすために、釈放のタイミングを見計らって実施したと推測している。ミャンマー研究の専門家でルトガー大学の元教授ジョゼフ・シルバースタイン氏は、今回の大量恩赦を「政治的戦略による配慮だと確信している」と解釈する。「昨年政府軍が僧侶たちを襲った事件はまだ記憶に新しい。軍事独裁政権は、世界に対してそのことを忘れさせようと躍起になっており、軍部の『善意』から出た方策と受け止めてほしいようだが、弾圧の史実は忘れ去られるべきではない。」
d0123476_840446.jpg
昨年僧侶弾圧のニュースが駆け巡り世界各都市で展開された軍政弾圧に抗議するデモ 左から東京、ローマ、パリ

3. Long-awaited Win Tin's release

Analysts said the vast majority of the prisoners were likely petty criminals. The government often grants amnesty to people convicted of low-level crimes to mark important national days. Win Tin, a journalist-turned-activist and aide to pro-democracy opposition leader Aung San Suu Kyi, was held for 19 years.
長らく切望されたウィンチン氏の解放
アジア外交アナリストは、今回釈放された囚人たちの大半は軽犯罪で収監されていた受刑者だと見ている。ミャンマーでは、重要な国家の祭日には軽犯罪の受刑者に対して恩赦を施す実例が、過去にもしばしばあった。しかし釈放された者の中に、唯一例外があった。ミャンマー民主化運動のリーダーで軍事政権に対抗する党の党首であるアウンサンスーチー女史の側近で、ジャーナリストから政治活動家に転身し19年もの間投獄されていたウィンチン氏が、その人物である。
d0123476_1712136.jpg
昨年10月初め、ミャンマーの僧侶デモ弾圧に抗議して香港でも実施された民主化運動支援デモ

4. RWB: 'Release a historic moment'

Suu Kyi has called Win Tin "a man of courage and integrity" and said he was instrumental in Myanmar's democracy movement. Human rights groups rejoiced at his release. "We are immensely relieved that he has finally been freed," Reporters Without Borders said in a statement. "It is unacceptable that he was made to serve 19 years in prison for peacefully advocating democracy but today his release is an historic moment."
国境なき記者団「解放は歴史的記念碑」
スーチー女史はウィンチン氏を「高潔な勇者」と呼び、ミャンマーの民主化運動に重要な役割を果たす人物と評価してきた。人権擁護団体は、彼の釈放を手放しで歓迎する。国境なき記者団からは、次のような声明が発表された。「われわれはウィンチン氏がついに解放されたことで、この上なくほっとしました。民主化運動を平和裡に進めてきたにもかかわらず、19年間もの長い年月獄中生活を送らなければならなかった事実は決して許されるべきではありません。しかし今日は、彼の解放で歴史に残る日となりました。」
d0123476_9564243.jpg
昨秋インドネシアの首都ジャカルタでも行われたタンシュエ軍事政権打倒デモ

5. The best news in Myanmar's aggression

Amnesty International called Win Tin's release "the best news to come out of Myanmar in a long time," but said the seven political prisoners "don't even represent 1 percent of the political prisoners there. There are many, many more who should also be released." He was one of at least seven political prisoners released, Amnesty International said. The rights group said there are an estimated 2,100 political prisoners in Myanmar, which has been under military rule for 46 years and is one of the world's poorest and most authoritarian nations.
「ビルマ弾圧の歴史の中でも最高の朗報」
国連の人権問題理事会と国際的な人権擁護組織は、ともに長らくミャンマーの弾圧の歴史の中でも一番長く拘留されているウィンチン氏の解放を訴えてきた。人権擁護団体のデータでは、ミャンマー国内で投獄されている政治思想犯は2,100名にのぼると推計している。ミャンマーは、過去46年間にわたる軍事独裁政権の圧政のおかげで、世界でももっとも全体主義の徹底した最も貧しい国家のひとつである。
d0123476_9482685.jpg
ビルマやチベットで仏教徒への弾圧が起きるたびに、ネパールのカトマンズでは同じ仏教僧侶の弾圧抗議支援運動が起きていた。しかし、チベットへの中国弾圧以降は、ネパール政府も中国政府の経済力を盾にした圧力のもと隣国に右倣えで摘発弾圧の手を強め、チベット弾圧に並行して数百人の逮捕者を出している。

6. Only 7 political prisoners

Amnesty International called Win Tin's release "the best news to come out of Myanmar in a long time." and said, "he was one of at least seven political prisoners released." But also they said, "the seven political prisoners don't even represent 1 percent of the political prisoners there. There are many, many more who should also be released."
政治犯釈放はわずか7人だけ
アムネスティ・インターナショナルでは、ウィンチン氏の解放を「ミャンマーの長い圧政の中では最高の朗報」と評価したが、政治犯の釈放はわずか7名にとどまった事実を指摘し、ウィンチン氏は幸いにその7人の中にいたと報告する。「解放されたのは獄中にいる政治犯のわずか1%にも満たない。他にも解放されるべき人々は、まだまだ沢山残っています。」
d0123476_1243030.jpg
熱心な仏教国のビルマでは僧院が学校代わり 僧侶と言っても小学生のような子供から僧籍に入る
こうした子供たちも昨秋のデモに連日参加していたが、逮捕されたあとは一体どうなったのだろうか?


7. Writing poems on the walls of his cell

A longtime journalist and poet, while in prison Win Tin would write poems on the walls of his cell with ink made of brick powder and water, according to supporters who visited him. Tried in a military court, he was sentenced to 14 years in prison for allegedly being a member of the banned Communist Party of Myanmar. Authorities initially kept him without food while interrogating him about his role in the democracy movement, Suu Kyi wrote in 1996 in a newspaper article.
独房の壁に煉瓦で綴り続けた詩
人生のほとんどを詩人でジャーナリストとして獄中で過ごしたウィンチン氏は、刑務所の煉瓦の壁から崩れた粉と水で作ったインクで、彼の独房の壁に詩を綴ってきた。その事実は刑務所に氏を訪問した友人からの報告で、世間に広く知られている。元々はミャンマー共産党のメンバーであったことを咎められ、軍事法廷で14年の刑期が言い渡された。投獄された当初は、民主化運動における彼の役割を自白させるため拷問が行われ、その間食事抜きという虐待を受けていた。その事実は、1996年にスーチー女史が新聞の記事として投稿したことから、世に知られることとなった。
d0123476_16441987.jpg
自由のために闘い投獄され長い獄中生活を著述に費やし解放されたウィンチン氏 ネルソン・マンデラにも通じる闘志

8. Journalist survived two sentences

While incarcerated, Win Tin had two heart attacks, a hernia operation and suffered from high blood pressure, diabetes and spinal inflammation, according to international media groups. Now 78, he appeared alert and healthy despite recent reports of being ill. Asked how it felt to be free, Win Tin replied, "I will be happy only when all political prisoners, including Aung San Suu Kyi are released."
ジャーナリストは二度死ぬ
獄中につながれていた間、ウィンチン氏は2度の心臓マヒとヘルニアの手術を経験し、最近では高血圧・糖尿病・脊髄リューマチを患っていたと、国際的報道機関からレポートされていた。78才という高齢と伝えられた病状にもかかわらず、今日釈放されたウィンチン氏はしっかりして健康そうに見えた。自由の身になった感想はと記者に質問された氏は、次のように答えた。「私が本当に幸せだと言えるのは、政治犯が全員釈放される時です。もちろん、アウンサンスーチー女史も解放されてからのことです」
d0123476_1651223.jpg
病弱を気遣われたが23日釈放されヤンゴンに戻ったウィンチン氏 79才の今日まで19年間の獄中生活を送った

9. Aung San Suu Kyi still in custody

Nobel Peace Prize winner Suu Kyi has spent more than 12 of the past 19 years in detention, mostly under house arrest. Win Tin served as a close aide to Suu Kyi and helped found her National League for Democracy opposition party in 1988. She was elected as the prime minister after the first democratic election in Mynmar history. Instead, the regime stepped up to arrest her and have done repression of dissidents. He was arrested on July 4, 1989, along with other opposition politicians.
いまだ幽閉状態のスーチー女史
ビルマの民主化運動の指導者としてノーベル平和賞受賞者となったスーチー女史は、過去19年間のうち12年間を自宅幽閉の処分の元に過ごしている。ウィンチン氏はスーチー女史の側近として、1988年の民主化運動の中で彼女が党首のNLD/民主国民連盟の結成に関与した。その後のミャンマー史上初めての民主的選挙で、スーチー女史は首相に選出されたが、軍事独裁政権はこれを無視して彼女を逮捕。側近や民主化運動のリーダーたちも弾圧逮捕され、獄中で拷問を受けた。ウィンチン氏が仲間とともに逮捕されたのは、今から19年前の1989年7月4日のことだった。
d0123476_921582.jpg
ビルマの民主化運動のシンボル、アウンサンスーチー女史 自宅幽閉の虜囚生活が今も続いたままだ

10. Protesting letter costed another 7 years

He was most recently sentenced in 1996 to an additional seven years for writing to the United Nations about prison conditions and for writing and circulating anti-government pamphlets in prison. He said he would keep wearing his prison blues as a sign of protest against the military rulers, and he vowed to keep pressing for more freedom. "I have to continue with my unfinished task of trying to achieve democracy in Myanmar," he said from a friend's home in Yangon after being released from Insein Prison.
国連へ訴えた手紙でさらに7年懲役延長
ウィンチン氏は、最近では1996年に2度目の刑期を言い渡された。その理由は、監獄の悲惨な実情を訴える手紙を国連へ送った事実と、獄中で仲間の間に反政府的なパンフレットを配布した、という罪状である。氏は解放されたあとも、軍事政権の独裁者に対する抗議のシンボルとして、これまでに綴った「独房の詩」を今後も書き続けて、もっと自由な社会の実現のために邁進すると誓った。政治犯の収監で悪名高いインセイン監獄から釈放された後、ヤンゴン市内の友人宅でウィンチン氏は次のように語った。「ミャンマーで真の民主主義が実現するように、これからもまだ未完の使命を完遂するために、詩を通して民主化を訴える活動をできる限り続けなくては……」 [完]

【米国時間2008年9月24日『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_176917.jpg
尼僧院の女生徒も僧侶たちと共闘して平和的な抗議デモを決行した。彼女たちも自由の身になっていますように。

»» 次号「米国メディアが評価する麻生新首相と日本の政局」へ続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8666772
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8666772

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。クリックでの応援に感謝申し上げます!
d0123476_12465883.gif


4〜6位でがんばってます。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまでトップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利



▶クリックして『米流時評』の特集記事インデックスへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-09-24 17:24 | ビルマの赤い川革命

「ビルマ自由の竪琴」政治犯ら9千名自由の身に!

f0127501_128435.gif

     ||| ビルマの解放・明けない夜はない |||

d0123476_9181184.jpg
 ミャンマー軍事独裁政権、特別恩赦で政治犯ら9,002名を釈放処分に

d0123476_18552829.gif朗報! しかもにわかには信じられないほどの……昨年秋に托鉢を覆して、軍事独裁政権に決死の抗議を繰り広げたビルマの僧侶たち。彼らを含むミャンマーの政治犯をはじめ、9002名の服役囚が恩赦で解放されたというニュースである。余りにも突然で、ちょっと信じがたい。

『米流時評』でも「ビルマの赤い川革命」というカテゴリーで2週間ぶっ通しで特集した。独裁政権による民衆への圧政と弾圧は、中国共産党政府のチベットに対する弾圧がその代表例だが、独裁政権の元では弾圧の詳細な事実は明らかにされないまま、お蔵入りになる。歴史の夜と霧は、21世紀になってすら、明けるどころかますます深く濃くなってきているような気がする。
d0123476_175239.jpg
イラクとアフガン戦線のテロ戦争が7年も続くアメリカでは、毎日のニュースに戦死やら爆死やら斬首死といった凄惨な記事が載らない日はない。極度のストレスで自殺する前線の兵士や、帰還後も傷害事件を起こす「PTS=ポスト・トラウマティック・シンドローム」(戦争のトラウマ後遺症)の軍隊経験者があとを断たない。帰還兵の4分の一を占める膨大な数である。そのままストレートに失業者層を形成するので、社会問題にもなりつつある。こうしている間にもどこかで誰かが、兵士と一般市民の別なく、意味もなく殺され、墓碑が立ち、やがて忘れ去られる。2001年の9.11以来、米国では死が日常化してしまったようだ。
d0123476_9452198.jpg
8月に入ってからは、コーカサスの火薬庫に火がついたような、グルジアとロシアの攻防。その後のロシアのベネズエラへのミサイル艦入港は、まるでキューバ危機を再現させようとするかのような、プーチン体制の「冷戦指向の初期設定」を、われわれに思い出させてくれるには充分なショック療法だった。グルジアはNATOへ入りたいばかりに、叛徒鎮圧能力を誇示したかったのだろうが、一方のロシアにしてみれば、飛んで火にいる夏のオセチアだったに違いない。数千と言う戦車を連ねて、グルジアが先に発砲するのを固唾を飲んで待ちかねていたのだから。
[グルジア紛争に関しては、来週もう一度総括して結論づける「まとめ」をやります]
d0123476_14222440.jpg
一昨年のレバノン紛争といい、なぜいつも夏になると戦争が勃発するのか? 9月の新しい会計年度前に各国の軍隊が武器弾薬在庫一掃して、予算を完全消化し翌年の予算増大を図るためだ、という説もある。たしかにレバノン紛争もグルジア紛争も、イスラエルの軍需産業にとっては「消費市場」としての戦場が必要で、短期間に膨大なamoを消費するためにイスラエルとグルジアの軍部を焚き付けたと言われても、否定できるだけの強い根拠はない。
d0123476_174926100.jpg
また、先週来のウォール街の危機は、利益の恩寵だけでなく恐慌の寒波までが瞬時に世界を駆け巡る、デイジタルでリンクするグローバル経済の危険な相貌を、あらためて我々の目の前につきつけて見せた。ブッシュ政権は7000億ドルという国庫融資で、今回のサブプライムローンから波及した金融危機を乗り切ろうとしているが、それで景気が回復する保証はどこにもない。国民の誰もがここ8年近く野放しにしてきた国家放漫経営に対しては、とうの昔に見切りをつけ「CHANGE」を叫ぶ新しい人物に大いに期待をかける……
こう書いてきても、ブッシュ政権になってから「いいニュース」というのは一体あったのだろうかと、疑問を抱かざるを得ない。
d0123476_15403262.jpg
折もおり、今日はニューヨークで国連総会が開催。初日からいきなり、核兵器開発に固執するイランのアフマディネジャドの登場。ちょうど10分前に彼の演説が終わったが、相変わらずの「悪の枢軸つばめ返し論=イヴィルはブッシュ……」の繰り返しで、慣れっ子になってしまったメディアは、もはや騒ぎもしない。彼もブッシュと同じく、泣こうがわめこうが任期があと半年も残っていない「Lame duck」の身柄である。イラン国内での支持もがた落ちで、次期は「反アフマディ」構想を打ち出す平和路線の中道派が勝つだろう。どちらも、国民を覇権主義のドグマの犠牲にした罰が回帰する「独裁者の落日」の季節に入った。
d0123476_12283212.jpg
そんな中で、えっと目を疑ったニュースが。「ミャンマー」である。「プリズナー=囚人」である。それも9千人という……また弾圧?と思って読み返すと、「Freed=解放された」とあるではないか! あの軍事独裁政権が、政治犯を解放? それも9千人も? ウソでしょう? うれしい驚きである。早速、国境なき記者団のサイトで事実を確かめた。本当だ!
詳しい事情はなんであれ、Good News! 釈放されたら、政府の気が変わらないうちに、さっさと安全なタイへでも亡命したほうがいい……と老婆心がよぎったりするが、まずはそのうれしい記事を次のエントリーで翻訳してお届けしたい。昨年大量に逮捕され虐待されていた6千人の僧侶たちも、この中に入っている事を祈りながら。

【米国時間2008年9月23日『米流時評』ysbee 記】
d0123476_12163088.jpg
»» 次号「ミャンマー軍政、恩赦で政治犯ら9,002名を釈放」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8659920
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8659920

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。クリックでの応援に感謝申し上げます!
d0123476_12465883.gif


おかげさまで5位です。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまでトップに戻りました!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||    »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg

10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』で読む世界危機の最新情報 |||
次世代冷戦時代 | ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | テロとスパイ陰謀 | サルコジのフランス
グローバルウォー | 中東核戦争 | 中東のパワーラビリンス | イラク戦争レポート | トンデモ北朝鮮
アルカイダ2.0 核のテロ | アフガン・タリバンの復活 | パキスタン戒厳令の季節 | ビルマの赤い川革命
四川大地震と中国の核施設 | フリーチベット・フリー東トルキスタン | 北京の長い夏 | ダイハード中国
米大統領選 | ブッシュと米国政治 | 欧米メディアの見る日本 | EUとNATO | グローバル ビジネス


[PR]
by ysbee-2 | 2008-09-23 09:24 | ビルマの赤い川革命

ミャンマーデモ指導者獄中で拷問死 ローラ・ブッシュも抗議

f0127501_128435.gif
   ||| デモ指導者、尋問中の拷問で獄中死 |||
d0123476_12415672.jpg
ミャンマー軍事政権に逮捕された自由化抗議デモ指導者が獄中死
民主化グループの疑惑:ウィン・シュウェ氏の死因は官憲の拷問


タイ・バンコック発 |先月末の軍事独裁政権に対する大規模な抗議デモを主導して逮捕されたミャンマー反政府運動の指導者が、官憲側の取調べ尋問中の拷問によって死亡したと、民主化運動グループから現地時間で10日水曜発表された。人権擁護団体「The Assistance Association for Political Prisoners=政治犯援護同盟」の発表によると、ビルマの民主国民連盟=NLDの党員であるウィン・シュウェ氏(42才)は、同党の他の4人のメンバーとともに、9月26日ヤンゴン市内で繰り広げられた過去20年間で最大の民主化運動を、積極的に支持加担したという理由で、デモ行動中に逮捕されていた。
Myanmar Opposition Leader Dies in Arrest
Activist group: Arrested protester died from torture during interrogation

OCTOBER 10, 2007 | REUTERS — BREAKING | Translation by ysbee
BANGKOK, Thailand — A Myanmar opposition leader who was arrested during last month’s mass protests against the junta died due to torture during interrogation, an activist group said Wednesday. The Assistance Association for Political Prisoners said that Win Shwe, a 42-year-old member of the National League for Democracy, and four other people were arrested Sept. 26 because of their active support for and participation in the biggest pro-democracy protests in nearly 20 years.

__________________________________________________________________
OCTOBER 10, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 R E U T E R S | B R E A K I N G

反政府運動指導者ウィン・シュウェ氏、投獄中に謎の急死
米国時間 2007年10月10日 | ロイター通信/ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee


d0123476_12423714.jpg
1. 'Died as a result of torture'
“He died as a result of torture during interrogation,” the Thai-based group said in a statement on its Web site, sourcing its information to authorities in Kyaukpandawn township. “However, his body was not sent to his family, and the interrogators indicated that they had cremated it instead.”
尋問中に受けた拷問の結果死亡
「シュウェ氏は、政府軍警察の尋問中に受けた拷問の結果死亡した。しかしながら、彼の遺体は家族の元へ返されていない。尋問した官憲側では、遺体を返却するかわりに焼却したと伝えている」タイ国内に本部をもつAAPPは、同組織のサイトで以上のようなニュースを発表したが、この情報は、シュウェ氏が投獄されていたヤンゴン市内チョクパンドン街区監獄の、官憲から漏れた消息によるものであることが明らかにされている。
d0123476_12432096.jpg
上:シュウェ氏の拷問死が伝えられ、ホワイトハウスはさらに新しい制裁をミャンマー軍事独裁政権に加圧と表明

2. Burned bodies dead or alive
The AAPP said in its statement that “many dead bodies and injured persons were cremated or placed in the river. Some dead bodies of monks have appeared in the Pazundaung River in Rangoon (Yangon) in the past few days. In addition, many of those who have been arrested have been tortured during interrogation.”
死体も怪我人も一緒に焼却
さらにAAPPの報道では、さらに死体や怪我人の処理が詳報されている。「多くの死体と逮捕された怪我人が一緒にトラックへ詰め込まれ、その後火葬場で焼却されたり川へ投げ込まれた。過去数日間にわたって、殺された僧侶の死体が次々に、ラングーン(ヤンゴン)市内のパズンドン川に浮かびあがった。」
d0123476_12435412.jpg
デモに参加した少年僧や少女尼僧、支援して行進した沢山の高校生たちは、いったいその後どうなったのだろう?

3. U.S. 'New sanction and investigation'
In Washington, the United States threatened new sanctions against Myanmar after media reports of the death of Win Shwe. “The junta must stop the brutal treatment of its people and peacefully transition to democracy or face new sanctions from the United States,” White House spokesman Gordon Johndroe said in a statement.
米政府「新たな制裁と死因究明」
ウィン・シュウェ氏の死がメディアを通じて報じられた後、米国政府はミャンマーに対する新しい制裁措置を執るという声明で威嚇した。「ミャンマーの軍事独裁政権は、ビルマの人民と平和的な民主化移行に対する暴虐な弾圧をただちに取り止めなければいけない。さもないと、米国からの新たな制裁に遭遇することになるだろう」ホワイトハウスのゴードン・ジョンドロー広報官は、米国政権からの直接の声明でこう発表した。
d0123476_124649.jpg
26・27日の血の弾圧で圧殺されたデモ隊側では、僧侶2千人を含む6千人が連行され200人が死亡したと伝えられる

4. First Lady's pledge
The White House did not say what additional sanctions it was considering on the nation formerly known as Burma, but it called for a full investigation into Win Shwe’s death. First lady Laura Bush told USA Today in an interview published on Wednesday that the United States would announce further sanctions on Myanmar’s military government “within the next couple of days” if the junta does not take steps toward democracy.
ブッシュ大統領夫人も抗議表明
ホワイトハウスの声明では、この新しい制裁が旧称ビルマとして知られるこの国に対して具体的にいったい何を意味するものかは挙げていないが、米国政府はウィン・シュウェ氏の死因に関して完璧な捜査を要請すると述べている。
さらに米国のファーストレディ、ローラ・ブッシュ大統領夫人は、10日水曜発行のUSA Todayの紙上でインタビューに応え、次のように意見表明をした。「民主化に対して行動を起こさなければ、米国は一両日中にミャンマーの軍事政権に対して新たな制裁を下すと宣言するでしょう。」
d0123476_12485826.jpg
普段は政治的発言を控えるローラ・ブッシュ大統領夫人も今回のミャンマーの弾圧に対して憤慨、珍しく公けに発言

【米国時間 2007年10月10日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6356328
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6356328

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||        »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg

10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス 特集 | イラク戦争 関連記事特集 | 次世代冷戦時代 特集
グローバルウォー 特集 | テロ戦争とスパイ陰謀 特集 | 安倍首相辞任と総裁選 特集

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg
政治部門で80位あたりから再スタートですが、応援よろしくお願いします!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位をキープ、みなさまのおかげです。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。よいしょっ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-10 13:24 | ビルマの赤い川革命

軍政との会談を蹴ったスーチー女史

f0127501_128435.gif

   ||| スーチー女史、軍政との会談を拒否 |||
d0123476_19465024.jpg
【速報】ザ・ガーディアン紙特集:ビルマ特別レポート現地最新情報
ミャンマー軍事政権が負荷した会談に出席するための事前条件を拒否


米国時間 2007年10月9日 | ザ・ガーディアン紙特報 | ヤンゴン発ロンドン編集
先週の段階でビルマの軍政府独裁者であるタンシュウェ将軍は、民主化運動の政党NLDの指導者で現政権に幽閉されているアウンサン・スーチー女史と会談を持つ事に合意した。ただしその条件として、軍政側ではスーチー女史が軍政に対抗する姿勢を放棄し、ビルマへの経済制裁を諸外国へ呼びかけるのをやめるという、基本方針の放棄を提示していた。これに対してスーチー女史は、独裁政権との会談に付けられた条件を受け入れられないと拒否したため、軍政との直接会談の可能性はなくなった。
Aung San Suu Kyi Rejects Talks with Burma Junta
OCTOBER 9, 2007 | By Matthew Weaver / The Guardian | Translation by ysbee
LONDON — Last week Burma's reclusive military leader, General Than Shwe, agreed to meet Burma's detained opposition leader Aung San Suu Kyi but only if she renounced her confrontational stance against the regime and renounced calls for sanctions on Burma. But the prospect of a meeting between Suu Kyi and the military ruler faded today, after she refused to accept preconditions for the talks set by the junta.

__________________________________________________________________
OCTOBER 9, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 R E U T E R S | B R E A K I N G

「ビルマのマンデラ」スーチー女史、軍政独裁者との会談を蹴る
米国時間 2007年10月9日 | マシュウ・ウィーバー記者/ザ・ガーディアン紙 | 訳『米流時評』ysbee


1. Statement from Suu Kyid0123476_1932599.jpg
In a statement today issued by her party, the National League for Democracy, Aung San Suu Kyi rejected the deal. She said: "The success of a dialogue is based on sincerity and the spirit of give and take. The will for achieving success is also crucial and there should not be any preconditions." The statement, which follows similar announcements by party figures, came after the junta said it hoped to achieve "smooth relations" with Aung San Suu Kyi, just a day after suggesting that her release from house arrest was unlikely anytime soon.
スーチーの会談拒否声明文
9日火曜に彼女の所属する政党NLD民主国民連盟から発表された声明によると、アウンサン・スーチー女史はタンシュウェ将軍との会談を断った。その理由として彼女自身が声明の中でこう語っている。
「対話の成功は、ひとえにお互いの真摯な姿勢とギブアンドテイクの公平な精神に基づいています。会談を成功させようとする意志自体もまた不可欠であり、そのような意味においてはいかなる前提条件も付随されるべきではないと考えます。」
彼女の声明文に続いて、似通ったような党首脳部からの声明が出されたが、いずれも彼女を自宅幽閉から解放せよという、当分は実現しそうにない要求が示された翌日の事であり、軍事政権側が「和やかな関係を築く事を望む」と報道したのに続いて発表された。
d0123476_19324211.jpg
2. General loathe the opposition leader
Yesterday the regime appointed the deputy labour minister, Aung Kyi, as "manager for relations" with opposition leaders. Gen Than Shwe's offer of a meeting followed a four-day visit from the UN envoy, Ibrahim Gambari, who had separate meetings with Aung San Suu Kyi and the general. Mr Gambari was sent to express the UN's disgust at the brutal crackdown of pro-democracy protests. Gen Than Shwe has met with Aung San Suu Kyi just once before, in 2002, and the talks quickly broke down. He is understood to loathe the opposition leader. It is said that he does not even allow mention of her name in his presence.
スーチーを極端に嫌う将軍
昨日8日月曜の段階では、軍政府は労働省副相のアウンチー氏を、反政府政党指導者側との会談の「交渉部長」に任命していた。タンシュウェ将軍が会談を提唱したのは、アウンサン・スーチー女史と将軍との個別の会談を持ったイブラヒム・ガンバリ国連特使が、4日間のビルマ訪問を終えた直後であった。ガンバリ氏は、ビルマの民主化運動の抗議デモが武力で弾圧された事に、国連が遺憾の意を表明して送り込んだ特使である。
タンシュウェ将軍は、以前には2002年の総選挙の時点で、たった一度だけスーチー女史と対面したが、会談は即座に決裂した。噂では、彼は対抗政党の指導者を極端に嫌っており、彼の面前では彼女の名前すら口にすることは許されない状況だと言われている。
d0123476_19332168.jpg
3. China again rejected sanctions
Earlier today China again rejected sanctions against Burma. "Sanctions or pressure will not help to solve the issue in [Burma]," the foreign ministry spokesman, Liu Jianchao, told a news conference in Beijing.
The EU member states and US have warned that they will push for UN sanctions against Burma if it fails to move towards democracy. But China, which has a veto on such a move as a member of the security council, has repeatedly opposed the idea.

中国、再度国連制裁案を否決
本日9日火曜午前に、中国は国連でのビルマに対する経済制裁案を再度否決した。「経済制裁や政治的圧迫は、ビルマの問題解決にはならない」中国外務省のリウ・ジャンチャオ広報官は、北京での記者会見で否決の理由をこう表明した。
一方EU加盟ヨーロッパ諸国と米国は、ビルマが民主化への動きをとらない場合には国連の経済制裁案を強行すると強気の構えを見せた。しかし国連安保理の理事国である中国は、このような動きを阻止できる拒否権を持っており、制裁案に対して現在まで反対を繰り返し採決には至っていない。
d0123476_19335818.jpg
ビルマ最大の都市ヤンゴンをはじめ各地に中国や日本などのアジア資本を投下して開発されたホテルやリゾート施設

【米国時間 2007年10月9日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6358083
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6358083

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||    »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg

10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス | イラク戦争関連記事 | 次世代冷戦時代
グローバルウォー | テロ戦争とスパイ陰謀 | 安倍首相辞任と総裁選

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg
政治部門で80位あたりから再スタートですが、応援よろしくお願いします!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位をキープ、みなさまのおかげです。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。よいしょっ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-09 19:45 | ビルマの赤い川革命

ネルソン・マンデラ、ビルマの弾圧に抗議

f0127501_128435.gif
   ||| マンデラ元大統領ビルマの弾圧に抗議 |||
d0123476_13315531.jpg
【速報】ザ・ガーディアン紙特集:ビルマ特別レポート最新情報
ビルマと関連あるゲイリー・プレイヤーのゴルフ事業をボイコット


南ア共和国・ヨハネスバーグ発 |人種差別撤廃運動の不屈の闘士として知られる元南アフリカ共和国大統領ネルソン・マンデラ氏は、ゲイリー・プレイヤー主催でマンデラ氏の名を冠したチャリティイベントのゴルフ大会へ、主催者として出席する事を断った。その理由は、元全米ゴルフトーナメントの優勝者でもあるプレイヤー氏のビジネスが、ビルマと関連しているからというものである。
Mandela Snubs Gary Player Over Burma Links
OCTOBER 9, 2007 | By Chris McGreal, Africa/ The Guardian | Translation by ysbee
JOHANESBERG, South Africa — Nelson Mandela has withdrawn an invitation to Gary Player to host a charity fundraising tournament in his name because of the former Open champion golfer's business ties to Burma.

__________________________________________________________________
OCTOBER 9, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 G U A R D I A N U n l i m i t e d

ネルソン・マンデラ氏、ビルマの弾圧に抗議して関連イベント拒否
米国時間 2007年10月9日 | クリス・マクギール記者/ザ・ガーディアン紙 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_13325292.jpg
写真はアジアきってのトロピカルリゾートのひとつ、タイ・プーケット島18ホールのブルーキャニオンゴルフコース

1. 'Not aware of his involvement in Burma'
The Nelson Mandela Children's Fund said that it was "not fully aware of the extent and nature" of Mr Player's involvement in Burma when it made the invitation, "nor of the political impact of this involvement". It said it took note of the "international campaign in support of greater freedom in that country".
当初プレイヤー氏とビルマの関係知らずd0123476_1334784.jpg
慈善事業団体「ネルソン・マンデラ子ども基金」では、イベントへの招待を受けた時点では「ゲイリー・プレイヤー氏がビルマ政府とかかわり合いのある事実に関して、その詳細と性質について、まったく知らなかったし、ましてやこの関係の政治的意味合いなどまったく気がつかなかった」と釈明している。基金団体側ではマンデラ氏の立場の変更を「彼の国(ビルマ)の偉大なる自由を支持する国際的キャンペーン」の呼びかけに呼応したと説明している。

2. Golf course for junta generals
The move came after a call by Desmond Tutu, the former Anglican archbishop of Cape Town, for a boycott of Mr Player's company because he designed a golf course that is "a playground of the ruling junta in the murderous dictatorship of Burma".
独裁者たちのゴルフ場を設計
マンデラ氏の今回の動きは、南ア共和国のケープタウンの英国国教会前大司教デスモンド・テュテュ氏によって、民主化運動支持の呼びかけがあった直後に、ゲイリー・プレイヤー氏との協賛イベントをボイコットしたものである。その理由について基金団体では「ビルマの虐殺政権である軍政独裁者たちの遊び場であるゴルフコースをプレイヤー氏が設計したから」と釈明した。
d0123476_13345632.jpg
ヤンゴン市内の由緒あるガバナーズ・レジデンシャル・ホテル/ビルマの誇り、金色に輝くスーレーパゴダの威容

3. Myanmar, one of hundreds Player's courses
Mr Player said he was "very disappointed" that his "integrity and support for human rights has been brought into question" over Burma and that his company's involvement in the country was "taken entirely out of context" because it began five years ago when the military regime appeared to be relaxing its grip on power. Mr Player's company has designed hundreds of golf courses around the world, including the 18-hole Pride of Myanmar frequented by Burma's military rulers.
ミャンマー、世界に散在する数百のコースのひとつ
一方招待を断られたプレイヤー氏は、ビルマの一件で彼自身の人権に対する尊厳と支持が疑問に賦されたことになるので、非常にがっかりしたと感想を述べた。また彼の会社のこの国とのかかわり合いはまったく問題外であるとし、その理由としてこの関係は5年前に軍事政権がその権力による弾圧を緩めたかに見えた時点で始まったから、としている。プレイヤー氏の会社は、これまでに世界中に何百と言うゴルフコースを設計してきており、ビルマの軍事政権独裁者たちが頻繁に使用する18ホールの「Pride of Myanmar=プライド・オブ・ミャンマー」も、その中のひとつである。
d0123476_1336974.jpg
60年代に彗星のように現れ数々の優勝をさらい「ブラックホース」と異名をとったゲイリー・プレイヤー氏/事業の一環として自らの名を冠したオリジナルの雑誌も発行/PGAのシニアとしても長い期間活躍したベテランゴルファー

4. International boycott of Burma-related businesses
The former archbishop backed a call by his fellow Nobel peace laureate and Burmese opposition leader, Aung San Suu Kyi, for an international boycott of foreign companies doing business in Burma. Mr Tutu, the patron of the Free Burma Campaign in South Africa, also drew attention to a column in the Guardian by George Monbiot that called for a boycott of Mr Player's company.
ミャンマー関連ビジネスにボイコット運動
元大司教テュテュ氏は、ノーベル平和賞受賞者として立場を同じくするビルマ反政府運動のリーダー、アウンサン・スーチー女史によって世界に呼びかけられた「ビルマ国内の事業に関連する外国企業をボイコットしよう」という呼びかけを支持している。テュテュ氏は南アフリカ共和国における「Free Burma Campaign=ビルマ解放運動」のスポンサーでもあり、プレイヤー氏のビジネスをボイコットしようと最初に呼びかけたジョルジュ・モンビオ氏が、ガーディアン紙へ寄稿し掲載されたコラム記事に注目し、マンデラ氏に忠告した経緯がある。
d0123476_13353976.jpg
プーケット島ブルーキャニオンGCの14番ホール/ミャンマー各地には仏教遺蹟が点在する 写真はピンダヤ寺院

5. 'Always oppose any human rights violations'
Mr Mandela's spokesperson, Zelda la Grange, initially rejected Mr Tutu's plea, saying that the former president "is not going to follow a line simply because it's taken by other Nobel peace prize laureates". "Nelson Mandela is a humanitarian and will always oppose any human rights violations [but] is it necessary for him to stand up every time they happen and make a statement, at 89?" she said. Ms La Grange said that if Mr Mandela were to take a public position it could compromise efforts by South Africa's foreign ministry over Burma.
「基本的にいかなる人権蹂躙にも反対」
マンデラ氏のスポークスパースンであるゼルダ・ラグランジュさんは、当初テュテュ氏のボイコットの依頼を拒否していた。その理由は、「元大統領マンデラ氏は、他のノーベル平和賞受賞者が行動を起こしたからと言って、それだけの理由で単純に同調するつもりはない」というものであった。またこうも弁明していた。
「ネルソン・マンデラは人道主義者であり、いかなる人権蹂躙に対しても常に反対するでしょう。しかしだからと言って、いかなる場合にもその都度立ち上がって宣言する必要があるでしょうか?彼はもう89才なんですよ。」またラグランジュさんは、万一マンデラ氏が公けに立場を表明するならば、その行動は南ア共和国のビルマに対する外交方針に反するものになってしまうから、とも釈明していた。
d0123476_13371781.jpg
左:マンデラ氏の若い頃の写真を見ると三つ揃いのスーツを着こなしたなかなかの洒落者でもある/中:大学から贈呈された伝統のブレザーを着用/右:12月1日のエイズの日のイベントを目指して世界中でキャンペーンを開始した

6. S. Africa widely condemned by Burma issue
South Africa has been widely condemned for failing to back UN security council motions criticising the junta's human rights violations. But under growing criticism, the Nelson Mandela Children's Fund said Mr Player's participation threatened to undermine the charity tournament. "Mr Player shares with us a desire to protect Mr Mandela's good name and ensure that nothing be allowed to detract from the potential success of a prestigious event aimed at improving the lives of children in South Africa," it said in a statement.
ミャンマー支持の南アに世界から非難
南アフリカ共和国は、ビルマの軍事独裁政権の人権蹂躙の弾圧に対する国連の批判的な動きを支持する際に、批判の側に回らなかったことで、世界的に非難されてきた背景がある。しかし国際的糾弾の声の高まりに伴って、ネルソン・マンデラ子供基金でも、ゲイリー・プレイヤー氏の事業イベントへの協賛は、チャリティゴルフトーナメントそのものを国際的非難の対象にする危険性がある、と解釈したと次のように説明した。
「プレイヤー氏は、マンデラ氏の名誉ある名前を傷つけまいとする私たちの願いに共感してくれたようです。私たちの組織は、南アフリカの子供たちの生活を向上させる目的で行なわれる由緒あるイベントであり、その名誉と成功の可能性を何ものにも疎外されたくないという主旨も、お互いに確認できたように思えます。」
d0123476_13374746.jpg
南アフリカ共和国の人種差別アパルトヘイトに対する反対運動で投獄され人生の多くを獄中で過ごした末に解放され、南アの歴史上初の民主的総選挙で見事大統領に選出された「自由への不屈の闘士」ネルソン・マンデラ氏の獄中記

7. Project was in 2002
Mr Player said that his company's involvement with the design of the golf course occurred in 2002 when "the world's relations towards the regime in Burma had thawed; Aung San Suu Kyi had been released from house arrest and it seemed as though real political change was in the air".
軍政事業との関わりは2002年
プレーヤー氏側では、彼の会社がビルマのゴルフコースの設計にたずさわったのは、2002年の段階であり、それは「アウンサン・スーチー女史が自宅拘禁状態から解放されて、あたかも本物の民主政治が行われようとしている気運がビルマ国内にあふれ、世界がビルマ政権に対する非難をゆるめた時期であったから、仕事を承った」と弁明している。
d0123476_13381777.jpg
左:「涅槃」を思わせる静寂なミャンマーのインレー湖にもアジア資本が流入してリゾート開発が進められている
右:俗世間の動きには無関心なはずの仏門の僧侶が政府に抗議という意味では革命的な行為だったミャンマーデモ


8. 'I decry the recent events in Burma'
"Let me make it abundantly clear that I decry, in the strongest possible terms, the recent events in Burma and wholeheartedly support Archbishop Emeritus Desmond Tutu in his efforts to bring peace and transition to that country," he said. Mr Player is not known for his sensitivity to the plight of the downtrodden. He described apartheid South Africa as "maligned, misunderstood, pilloried" after he was heckled while playing abroad.
プレイヤー「現行のビルマの弾圧には反対」
「最近のビルマの出来事に対する私の立場を、できる限り強い表現で、これ以上表しようのないくらいはっきりさせておきましょう。私は大司教デスモンド・テュテュ氏が、あの国(ビルマ)へも平和と民主化をもたらそうとしている努力を、全身全霊で支持します。」プレイヤー氏は声明文の中でこのように断言した。
しかしながら、プレイヤー氏の鉄槌がどの程度まで厳しいものであるかは定かでない。彼は以前南ア共和国でのプレイ終了後に、その人種差別の根深さに辟易し「南アフリカのアパルトヘイトは、悪意に満ちた大間違いの首かせだ」とののしった経験があることは事実であるが。
d0123476_13384677.jpg
40万人を数えるミャンマー政府軍の中枢を占める軍政高官たち/マンデラ氏は世界のどこへいっても自由のシンボル

【米国時間 2007年10月9日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6349519
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6349519

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||        »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg

10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス 特集 | イラク戦争 関連記事特集 | 次世代冷戦時代 特集
グローバルウォー 特集 | テロ戦争とスパイ陰謀 特集 | 安倍首相辞任と総裁選 特集

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg
政治部門で80位あたりから再スタートですが、応援よろしくお願いします!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位をキープ、みなさまのおかげです。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。よいしょっ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-09 13:42 | ビルマの赤い川革命

弾圧にグローバルな怒り・24都市でミャンマー抗議デモ

f0127501_128435.gif

    ||| 世界24都市でミャンマー抗議デモ |||
d0123476_840446.jpg
ミャンマー独裁政権「血の弾圧」に抗議して 世界24都市で抗議デモ
世界を無視する独裁者に届くか? 英国が新たな経済制裁をEUに提案


ロンドン発 |6日土曜、ヨーロッパでもアジアでも世界中の都市が、ミャンマーの軍事独裁政権に反対する抗議の列に加わった。弾圧のあったミャンマーでは、民主化運動に対する弾圧で殺された犠牲者や逮捕者を忍んで、追悼と鎮魂を祈る献灯が終夜行なわれた

【写真:ジャーナリスト長井氏の死を悼んでジャカルタの日本大使館に献花するインドネシア市民/ローマで弾圧の犠牲者追悼と民主化運動支援の抗議集会/パリではジェーン・バーキンさんら文化人も大規模抗議デモに参加】

Cities Launch Protests Against Myanmar Junta
OCTOBER 6, 2007 EST | REUTERS / Associated Press| Translation by ysbee
LONDON — Demonstrators in cities across Europe and Asia joined Saturday in protests against the military junta in Myanmar, where some activists held covert vigils for those killed and arrested in the crackdown against pro-democracy demonstrations.

__________________________________________________________________
OCTOBER 7, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 R E U T E R S | Associate Press

世界は圧殺を許さない・24都市でミャンマー抗議デモ
米国時間 2007年10月6日 | ロイター通信/AP通信 現地特派記者 | 訳『米流時評』ysbee


1. Amnesty organized 24 cities' marchesd0123476_840436.jpg
Hoping to send Myanmar’s ruling military generals a message that “the world is still watching,” rights group Amnesty International organized marches in more than two dozen Asian, European and North American cities. Some observers predicted the protests would have minimal effect on an inward-looking military elite that has largely ignored world opinion and pressure during its 45 years in power.

▶ジャカルタ市内でミャンマー軍事政権の独裁者タンシュウェ将軍を「僧侶殺し」と非難しポスターを燃やすデモ隊

アムネスティが呼びかけ世界24都市で抗議デモ
ミャンマー軍事独裁政権の将軍たちに「世界はなお見守っている」というメッセージを送ろうという願いの元に、国際的人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルが呼びかけて組織された抗議のデモは、アジア、ヨーロッパ、北アメリカの24以上の主要都市で実施された。評論家の一部には「世界の世論をほとんど無視し、45年間も権力の座に居座って圧政をほしいままにしてきた、鎖国的体制の軍事独裁政権に対しては、今回の一連の抗議もほとんど効果はない」と悲観的予測を下している。
d0123476_8412536.jpg
ワシントンの抗議集会でスーチー女史の肖像を掲示する参加者/ハーヴァード大学生主催のミャンマー弾圧抗議デモ

2. Quiet vigils under the bans on gatherings

There were no visible demonstrations in Myanmar’s largest city of Yangon, where bans on gatherings of more than five people are enforced by soldiers, but some in the city and elsewhere in the country prayed in their homes at the suggestion of a Buddhist monk interviewed by Radio Free Asia’s Myanmar-language service.
集会禁止令で静かなヤンゴン市
一方ミャンマー最大の都市ヤンゴンでは、表立ったデモは一切見られない。ヤンゴン市内には弾圧直後の数日間戒厳令が敷かれ、現在でも5人以上の集まりに対して集会禁止令が発令されており、禁を破った者は即座に警備兵が拉致する体制がとられている。しかし、ヤンゴン市の数カ所、あるいはミャンマー国内のあちこちで、国外短波放送の「Radio Free Asia」のビルマ語放送が政府に隠れて各市民の自宅で傍受され、番組の中でインタビューされた仏教僧侶の指示に従い、市民はおとなしく祈りを捧げている。
d0123476_8534899.jpg
左:人口の大半がヒンドゥー教のインド、ニューデリー市の公園で徹夜の灯明で静かに抗議集会を続ける仏教の僧侶
右:スリランカ(旧セイロン)の首都コロンボのミャンマー大使館前でもビルマ学生僧侶連盟のメンバーが抗議のデモ


3. Brown,'The anger of the world'

Before demonstrations began in London, British Prime Minister Gordon Brown called for new European Union sanctions against the junta, including a ban on future investment in the country, which is also known as Burma. "The anger of the world has been expressed about the outrages that have taken place against the people of Burma," Brown said during a televised meeting with Buddhist monks gathered in his 10 Downing St. office.
英国ブラウン首相、強硬制裁をEUに呼びかけ
土曜日にロンドン市内でのデモが始まるよりも前に、英国のゴードン・ブラウン首相はEUに対して、ミャンマー軍事独裁政権への新しい経済制裁を執るよう呼びかけたが、その内容は、旧名ビルマの方が通りの良いこの国へは、いかなる新規の事業投資も禁じるという厳しいものである。「(今回の世界の抗議行動は)ビルマのひとびとに対して振るわれた残虐極まりない弾圧に対して誰もが感じた憤りが、まさしく『世界の怒り』として表現されたものである。」ブラウン首相は、ロンドン・ダウニング街10番地の首相官邸前へ集まった仏教僧との会談を通して、インタビューとしてテレビ中継された番組の中で、以上のように英国としての意見を表明した。
d0123476_8542618.jpg
左:英国国会議場前で「Stop Killing Civilians=一般市民を殺すな」のサインを掲げミャンマー制裁を訴える市民
右:「ビルマの戒厳令即刻停止」を訴え首都マニラ南部マカティ地区のミャンマー大使館へ向かうフィリピン人


4. Rally of 3000 marches in London

Myanmar monks scattered flower petals in London's River Thames and led about 3,000 people — some chanting "Burma, Burma, Free, Free" to a rally in Trafalgar Square, where Amnesty International's chief Irene Khan declared, "Burma is not a human rights emergency of today, last week or last month. It is a human rights emergency that the world has chosen to forget for the last 20 years. We will not forget this time round, we will not let the people of Burma down."
ロンドンデモに3000人以上が参加
土曜日にロンドンで行なわれたデモには3千人が参加し、ミャンマー人の僧侶が清めの花びらをテームズ川に振り撒いて、その先頭を切った。トラファルガー広場では、デモ隊は「ビルマ、ビルマ!自由を、自由を!」とシュプレヒコールを繰り返したが、主催者である世界規模の人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルのアイリーン・カーン局長は、次のように意見表明した。
「ビルマの人権蹂躙の危機は、なにもここ最近の先週・先月に始まったことではありません。この国の人権蹂躙の危機は、過去20年もの間、世界が忘却の彼方に葬り去る事を選んだ結果なのです。われわれは、今回ばかりは決してこの事実に目をつぶってはいけません。われわれはビルマのひとびとの希望をくじいてはなりません。」
d0123476_855235.jpg
5. International day of global protests
文字数制限のため英文省略
「国際ミャンマー抗議の日」にグローバルなデモ
「The international day of protest=世界ミャンマー抗議の日」は、まずオーストラリアのメルボルンから始まった。シドニーでは「これ以上の流血を許すな」とうたった横断幕を先頭に、ミャンマーの僧衣の色にちなんで「サフラン革命」と呼ばれもするビルマの民主化運動への支持を、仏教の五色をなぞらえたカラフルな衣服で表現した200人のデモ行進が引き続いた。
台湾の首都台北では、大型台風の影響による悪天候にもめげず、数百人が集まって国際社会の制裁を強く要求した。ミャンマーの近隣にあたるタイのバンコックとフィリピンのマニラでは、いずれも少人数の参加者で抗議デモが行なわれた。マレーシア最大の都市クアラルンプールでは、金曜の夕刻からキャンドルを点す抗議集会に、一般市民300人が参加した。
d0123476_8553734.jpg
左:同志を見殺しにするな!と虐殺写真を片手に怒りを表すドイツ在住ビルマ人が率いるフランクフルトのデモ隊
右:弾圧に怒りを感じた多くの一般市民が思い思いの示威方法で隊列に参加した、ニューヨーク土曜のデモ行進


6. Paris march to Chinese Embassy

文字数制限のため英文省略
パリでは中国大使館へ抗議デモ
パリでは、僧侶を含めた数百人のデモ隊が市内の中国大使館へ抗議に向かう経路を、フランス警察の機動隊が阻止したため、行進を阻まれた群衆は大使館別館の前で立ち往生する結果となった。
「中国はビルマに巨大資本を投下しています。そういう経緯があるので、われわれは足並みを揃えて中国大使館へ押しかけ、彼ら中国に対して何とかしろと訴えたいのです。なぜなら、中国はビルマでは絶大な権力を誇っていますから」フランス市民権を持つ英国人俳優ジェーン・バーキンさんは、APテレビニュースのインタビューに応えてこう語った。バーキンさんは、フランスにおけるミャンマー政府反対運動のリーダーでもある。
d0123476_85621100.jpg
左:歴史的に「自由と民主主義」には賛同者するフランス、パリの大通りを埋めて行進するミャンマー抗議のデモ
右:ニューヨーク国連本部前で連日抗議の座り込みを続けるアムネスティインターナショナルニューヨーク支部


7. Reform must happen from inside

International condemnation of the junta intensified at the United Nations, with the U.S. warning it would push for U.N. sanctions against Myanmar if it fails to respond to the world’s demands for democratic reforms. But Myanmar’s Foreign Minister Nyan Win told the U.N. General Assembly last week that democracy “cannot be imposed from outside” and demonstrators at recent pro-government rallies have carried placards saying “Oppose external interference.”
ミャンマー外相「外国の内政干渉を排する」
国連においてもミャンマー軍事政権に対する国際的非難が高まっており、米国は「万一ミャンマー政府が民主化に対する世界の要望に応えようとしなければ、ミャンマーに対する国連の経済制裁を強化する」と警告を発している。しかし、これに対してミャンマーのニャンウィン外相は、先週開催された国連総会で「民主主義とは国外から押し付けられるべきではない」と反論し、ミャンマー国内の政府支持派のデモでは「内政干渉反対」とうたったプラカードが示されたと語った。
d0123476_857085.jpg
左:ジャカルタのミャンマー大使館前で弾圧に抗議し民主化運動の写真をアピールするヒンドゥー教徒のインド人
右:ネパールの首都カトマンズでも、同じ仏教僧侶へのミャンマー軍政の弾圧に抗議して行進するネパール人僧侶


8. 'Happen from inside with pressure from outside'

文字数制限のため英文省略
「外部圧力で目覚めた内からの改革を」
「国際的世論の盛り上がりは、まだ充分ではありません。つまり、われわれが期待したほど効果的ではなかったということです。しかし今現在希望が見えてきたのは、敵側の政府軍内部が動揺している状況です。(民主化への変化は)国外からの圧力で、国内から(自発的に)起るべきものでしょうから。」元タイ国外交官で、ミャンマー問題を注意深く見守っているアスダ・ジャヤナマ氏は、外部の意見としてこう語った。
石油価格が一挙に5倍に上昇したことに端を発して、8月の中旬に始まった一連のビルマ民主化反政府運動の抗議デモは、この19年間のミャンマーの歴史の中でも、最大の反政府運動へと盛り上がる気運を見せた。これを鎮圧するために政府軍が投入され暴力的弾圧を強行した結果、政府側では10名の死者を出すに至ったと発表したが、反政府団体の調査では、実際には少なくとも200名以上の僧侶と一般市民が殺害されたと報告されている。

【米国時間 2007年10月7日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_85733100.jpg
ミャンマーの隣国タイのバンコックには亡命した多数のビルマ人が定着し民主化運動の国外の本拠地となっている

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6341201
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6341201

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||    »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg

10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス | イラク戦争関連記事 | 次世代冷戦時代
グローバルウォー | テロ戦争とスパイ陰謀 | 安倍首相辞任と総裁選

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg
政治部門で80位あたりから再スタートですが、応援よろしくお願いします!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位をキープ、みなさまのおかげです。
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-07 09:01 | ビルマの赤い川革命

軍政府のメッセージは国連対策とスーチー逮捕の罠

f0127501_128435.gif
    ||| 独裁政権に追従する無能な国連・後編 |||
d0123476_18535620.jpg
ミャンマー独裁政権の使者と化した無能な特使と無機能な国連安保理
特使のメッセージはミャンマーの国連対策とスーチー女史逮捕のワナ


ワシントン発 |ミャンマーは1962年以来、軍部によって独裁制が敷かれている。近年の軍事政権は、1988年の民主化運動による人民蜂起を武力で弾圧して以来、権力の座についた政権である。その後1990年にスーチー女史の率いるNLD(National League of Democracy=民主国民連盟)が、総選挙で勝利を収めたが、軍首脳部はこの結果を受け入れるのを拒否して、強引に権力の座に居座った。スーチー女史はこれまでの18年間のうち12年間近くを、自宅監禁状態で過ごしているが、91年には彼女の民主化運動への貢献に対して、ノーベル平和賞が贈られた。

Message from Junta, a Psychological Ploy
Tricky trap to put Suu Kyi into guilty plea, no concession in sight
OCTOBER 5, 2007 | REUTERS / Associated Press | Translation by ysbee
WASHINGTON — Myanmar has been ruled by the military since 1962. The current junta came to power after routing the 1988 pro-democracy uprising. Suu Kyi’s party won elections in 1990 but the junta refused to accept the results. Suu Kyi has spent nearly 12 of the last 18 years under house arrest and was awarded the 1991 Nobel Peace Prize for her democracy campaign.


__________________________________________________________________
OCTOBER 6, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 R E U T E R S | Associate Press

独裁政権の使者と化した無機能な国連安保理・後編
米国時間 2007年10月5日 | ロイター通信/AP通信 現地特派記者 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_18545284.jpg
6. Message, a psychological ploy
Georgetown University Myanmar expert David Steinberg added that “it is very difficult to see how that will be productive because basically he has asked Aung San Suu Kyi publicly to surrender before the meeting takes place. “You could say it’s a psychological ploy and at the same time it’s very clear that the military is not making any concessions," Steinberg said.
会談への条件は心理的撹乱戦術
ワシントンのジョージタウン大学でミャンマー問題を研究するエキスパート、デーヴィッド・スタインバーグ氏は、専門家として次のような見解を述べている。「今回持ち出された会談がどういう結果を生むかについて予測するのは、たいへん難しいです。なぜなら(国連特使が伝えている政府側のメッセージを読む限り)基本的にタンシュウェ将軍は、会談の始まる以前の段階で、アウンサン・スーチー女史に対して、「公式に降伏=publicly to surrender」するように呼びかけているわけですから。声明を読めば誰でも、これが心理的撹乱戦術にすぎないのがわかりますし、また同時に政府軍は弾圧の手を一分も緩めていないということが、ありありと現れていますよ」スタインバーグ氏は、国連特使が持ち帰ったタンシュウェ将軍のメッセージをこう解釈した。
d0123476_18552739.jpg
写真上:ニューヨークの国連本部前で「国連は今すぐビルマに介入せよ」と徹夜で訴える米国の民主化支援学生
下:オーストラリア、シドニーの中心街で「ビルマに自由を」の横断幕を先頭にデモ行進の在豪ビルマ人と市民


7. Diplomatic pose to cover China's position

The diplomatic moves by the military leaders appeared aimed at staving off economic sanctions while also pleasing giant neighbor China, which worries the unrest could cause problems for the 2008 Beijing Olympics.
北京五輪を控えた中国の立場を考慮
今回の軍事政権独裁者による外交上の動きは、国連の経済制裁を回避するためのポーズとみなされている一方、「関連国家の政情不安が2008年北京オリンピック開催に問題を引き起すことを怖れる」隣国の巨大国家中国のご機嫌をとる目的で公開されたものと解釈されている。
d0123476_163820.jpg
左:灯台下暗しのそしりに反撥して、中国お膝元の香港でも民主主義支持団体がミャンマー政府の弾圧に抗議
右:ムスリム教徒が8割以上のインドネシアでもビルマ人僧侶が先頭になって弾圧への抗議デモを首都で展開


8. Hardhead bonk China

Many governments have urged stern U.N. Security Council action against Myanmar, but China and Russia have ruled out any council action, saying the crisis does not threaten international peace and security. “No international imposed solution can help the situation,” China’s U.N. Ambassador Wang Gunagya said Thursday.
中国「国連介入は内政干渉」を固執
国連加盟国の多くは、安保理事会に対して、ミャンマー政府に対する厳しい制裁を期待している。しかし主要メンバーである中国とロシアは、安保理UNSCのいかなる制裁に対しても、これまでは反対投票によって否決してきた。「いかなる国際的提案も(ミャンマーの)状況を改善することはできない」中国の国連代表ウォン・グンアギャ氏は4日木曜の段階で中国の見解をこう表明した。
d0123476_12291487.jpg
ヤンゴン市内の要所で警戒体制を敷く政府軍治安部隊 挙動不審の市民はただちに逮捕されトラックに詰め込み連行

9. Yangon today

Life in Yangon was slowly returning to normal but security remained tight in downtown areas where protests were crushed last week. A half-dozen military trucks were stationed near the Sule Pagoda, a flash point of the unrest. The typically busy area around the city's famed Shwedagon Pagoda was eerily quiet, with residents avoiding the area outside the temple where monks were beaten by troops. The Assistance Association for Political Prisoners, a Thailand-based dissident group, said more than 250 protests have been taken place in Myanmar since Aug. 19.
怒りを内に秘めるヤンゴン市民
ヤンゴン市内の日常生活は、徐々に正常な状態に戻りつつある。しかし、先週デモ隊が政府軍の弾圧にあった市街区の中心部では、いまだに治安部隊が強固な警備体制を敷いている。騒擾の発火地点となったスーレー・パゴダ(寺院)の周辺には、5〜6台の軍用トラックが常駐している。ヤンゴン最大の名所シュウェダゴン・パゴダ周辺の、いつもなら人通りの激しい界隈も、気味の悪いほどの静けさで人気がない。先週僧侶たちが政府軍の兵士に暴行された挙句に連行された僧院の周辺を、近隣の住民は避けて通っているようだ。
タイに本部をおく反政府団体 The Assistance Association for Political Prisoners=ビルマ政治犯援護組織が、これまでの民主化運動のデモをふりかえった数字を総括して発表したが、そのデータによると8月19日以来ミャンマー国内で展開された抗議行動は、全部で250以上にのぼるという。
d0123476_14295457.jpg
【米国時間 2007年10月6日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6343786
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6343786

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||    »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg

10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス | イラク戦争関連記事 | 次世代冷戦時代
グローバルウォー | テロ戦争とスパイ陰謀 | 安倍首相辞任と総裁選

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg
政治部門で80位あたりから再スタートですが、応援よろしくお願いします!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位をキープ、みなさまのおかげです。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。よいしょっ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-06 18:51 | ビルマの赤い川革命

中国とミャンマーに気を使う無能な国連への怒り

f0127501_128435.gif
   ||| 独裁政権に左右される無能な国連への怒り |||
d0123476_14241110.jpg

ミャンマー独裁政権の使者と化した無能な特使と無機能な国連安保理
特使「歴史的会談」と自賛 その間政府軍の拉致数千人・死者数百人


ニューヨーク発/ミャンマー・ヤンゴン発 |5日金曜、ミャンマーの軍事独裁政権と今週会談した国連派遣のイブラヒム・ガンバリ特使は、その内容を次のように公表した。「ミャンマー政権のタンシュウェ最高司令官に対して、ある特定の条件の下に民主化運動の指導者で幽閉中のアウンサン・スーチー女史と会談を持つよう、注意深く進言した。」
また、軍政弾圧直後のミャンマーへの4日間の訪問については、「タンシュウェ将軍とノーベル平和賞受賞者のスーチー女史との会談は、できるだけ早い機会にもたれるべきだ。この会談は(実現すれば)ミャンマーにとって歴史に残る記念碑的会談となるだろう」と自画自賛した。
写真上: ニューヨーク国連本部前でミャンマー軍事独裁政権への制裁を訴える、ビルマ民主化運動を支持するデモ

Gambari's Self-assertion, 'Historic Opportunity'
While thousands detained and hundreds killed by Myanmar junta
OCTOBER 5, 2007 | REUTERS / Associated Press | Translation by ysbee
YANGON, Myanmar — On Friday, a U.N. envoy who met with Myanmar's military ruler earlier this week said he was "cautiously encouraged" that Senior Gen. Than Shwe is prepared to hold talks with detained pro-democracy leader Aung San Suu Kyi under certain conditions. Addressing the U.N. Security Council on his four-day trip to Myanmar following the crackdown, U.N. envoy Ibrahim Gambari said Than Shwe’s meeting with the Nobel laureate should occur as soon as possible. “This is an hour of historic opportunity for Myanmar,” he said.

__________________________________________________________________
OCTOBER 6, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 R E U T E R S | Associate Press

独裁政権の使者と化した無能な特使と無機能な安保理
米国時間 2007年10月5日 | ロイター通信/AP通信 現地特派記者 | 訳『米流時評』ysbee


1. Junta demands conditions for Suu Kyid0123476_14244354.jpg
State media reported that Than Shwe was willing to talk with Suu Kyi if she stops calling for international sanctions. He also insisted that Suu Kyi stop urging her countrymen to confront the military regime. Suu Kyi "does not have confrontational attitude, nor does she encourage sanctions," said Thein Lwin, a spokesman for her National League for Democracy party. Suu Kyi, however, has in various statements to the media supported economic sanctions, saying they are effective politically.
軍政側からのスーチー女史への条件
ミャンマーの公営放送は、タンシュウェ将軍はスーチー女史との話し合いを望んでいる、と報道したが、その場合の条件として「彼女が海外に対して経済封鎖を呼びかけている行為をやめた場合に限る」という条件をつけている。将軍はまた「スーチー女史は国民に対して軍事政権と対決するよう煽動するのをやめるべき」と主張している。
写真右: 9月26・27日と弾圧のあった翌日、ニューヨークの目抜き通りで、中国のミャンマー政権支持に抗議して「Kick China Off UNSC=国連安保理から中国を追い出せ」というスローガンの元にネットで速報されたヤンゴンの写真で弾圧の惨状を訴える、米国内のビルマ僧と支援グループ

これに対して、スーチー女史が主導する民主化運動の政党、NLD(民主化国民同盟)のスポークスマンは、「スーチー女史は挑戦的態度は取っておらず、海外に対して経済封鎖を呼びかけてもいない」と、政府側の決めつけを否定した。しかしながら、スーチー女史は過去において海外のメディアに対して「外国のミャンマーに対する経済封鎖は、政治的効果があるので支持する」という意見をたびたび表明していたのは事実である。
d0123476_14251699.jpg
国連から解決策を求めてミャンマーへ派遣されたガンバリ特使:軍政首脳部と/民主化リーダースーチー女史と

2. Message by one-side game
The government said Suu Kyi must abandon “confrontation,” give up ”obstructive measures” and support for sanctions and “utter devastation,” a phrase it did not explain. But an opposition spokesman called the offer unreasonable. But Nyan Win, spokesman for the Nobel peace laureate’s National League for Democracy, said the conditions were unreasonable. “They are asking her to confess to offenses that she has not committed,” he said.
一方的押しつけの独善的要求」
ガンバリ特使が公開した軍政側の言い分は、「スーチー女史は confrontation=対決を放棄し、obstructive measures=障害となる手段(反政府運動)と経済封鎖、utter devastation=徹底した破壊活動を断念しなければならない」というものである。声明の中でのこれらの表現が、具体的にどういう行動を指すものかは説明されなかった。
しかしこの表明に対して、ノーベル平和賞受賞者が率いるNLD民主化国民連盟のスポークスマンであるニャンウィン氏は「政府側の要求する条件には根拠がない。彼らはスーチー女史がかかわっていない無関係な運動を条件につける事で、(さも主導者のように仕立て上げて)根拠のない自白を強要して、有罪の事実をでっちあげようとしている」と対応した。
d0123476_1426492.jpg
45年続くミャンマー軍事政権の独裁者タン・シュウェ将軍/バンキムン国連事務総長から紛争解決で派遣されたイブラヒム・ガンバリ国連特使/「ビルマ建国の父」の娘で民主化運動のシンボル、アウンサン・スーチー女史(幽閉中)

3. Fair dialogue unlikely
Nyan Win demanded Suu Kyi be allowed to respond in public. That is unlikely. The only time Suu Kyi has been seen in public since she was last detained in May 2003 was during one monk-led demonstration when protesters were inexplicably allowed through the barricades sealing off her street.
NLD「まず解放して言論の自由を」
NLDのスポークスマン、ニャンウィン氏はさらに、スーチー女史に対して公けに発言できる機会を与えよと要求した。しかし、事態はそうはならないのは確実である。過去数回にわたる拉致幽閉の中でも、2003年の5月に自宅拘禁となったのが最後の拘留であるが、それ以来スーチー女史が公衆の面前に姿を現したのは、今回僧侶が率先したデモの一隊が、彼女の自宅に面した通りへの進入路を遮っていたバリケードを破って自宅の門前まで行進したときに、思いがけなく門戸に自ら姿を見せたその時一回きりだからである。
d0123476_1427028.jpg
フランスの外相補佐官と会談し国連でのミャンマーへ制裁を訴える、ヨーロッパ在住の亡命ビルマ人セインウェン氏

4. Opposition sees just a PR ploy
“This is just PR ploy ahead of the U.N. Security Council meeting,” added Maung Maung, a member of a self-styled Myanmar government in exile in Bangkok, Thailand. “If they really want to talk, she needs to be released first so she has freedom of association and freedom of speech to engage in a dialogue,” he told reporters.
反対派「軍政のメディア対策」
「今回の会談にかこつけた条件は、国連安保理事会の開催に先立って、軍政側が一方的に流そうと試みた、単なる捏造情報の宣伝にほかならない」と反論するのは、タイの首都バンコックで組織されたミャンマー亡命政府のメンバーであるマウンマウン氏である。「もし彼らが本当に話し合いを持ちたいと望むなら、まず第一に彼女は釈放される必要がある。そうなって初めて、彼女は「政党の自由」と「言論の自由」という、対話を交える際の必要最低限の条件が与えられたことになるだろうから」氏は記者団の取材に対して、こう答えた。  »» 後編へ続く
d0123476_14283659.jpg
左:タイのバンコックで「Stop Violence」と弾圧への抗議を訴えるタイ在住の亡命ビルマ人僧侶と支援の市民
右:国境・宗教を越えてバンコックのカソリック修道女も夜を徹してミャンマーの平和と民主化に祈りを捧げる


【米国時間 2007年10月6日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6327772
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6327772

__________________________________________________________________

||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー関連事業を非難
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス 特集 | イラク戦争 関連記事特集 | 次世代冷戦時代 特集
グローバルウォー 特集 | テロ戦争とスパイ陰謀 特集 | 安倍首相辞任と総裁選 特集

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg政治部門に参入。インターハイからいきなりオリンピック予選に挑戦の感じです。
80位あたりから再スタートですが、応援よろしくお願いします!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位をキープ、 みなさまのおかげです。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。よいしょっ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-06 14:42 | ビルマの赤い川革命

ビルマの声はなぜ我々の声なのか

f0127501_128435.gif
 ||| 米流時評:ビルマの声は我々の声 |||
d0123476_12163088.jpg

米流時評アピール:「ビルマの声はなぜ我々の声なのか」

d0123476_3532373.jpgかつて国連は、世界平和のシンボルであった。第二次大戦後の戦勝国のルールで補強されたコンセプトではあったが、ヒットラーのような独裁者の出現を2度と許さないという一点では、誰も異存なくその方針を支持したはずだった。国力の大小にかかわらず、全ての国が総会での議決投票権を持ち、少なくともそのシステム自体が「民主主義」を具現化したシンボルであったはずだった。

しかし昨今ではどうだろう。つい最近の世界各地での紛争を振り返ってみても、ダルフールの惨状に代表されるように、国連の介入が何のカンフル注射にさえもなっていない。国連が検討中ということで、むしろ他国の干渉を除外して独裁政権の簒奪をほしいままに黙認する「虐殺のグリーンゾーン」をつくってしまった。世界が期待した状況とはまったく逆の方向へ展開してしまったようだ。ダルフールの惨劇の責任の一部を、国連は世界に負っている。
d0123476_12171616.jpg
そこへきて、8月以来のビルマの惨劇である。すでに45年にもわたる独裁政権の圧政ではあるが、勇気ある僧侶と勇気づけられた一般市民の蜂起に、世界は惜しみなく声援を送った。軍政側には百の罪状はあっても、申し開きできる「近代国家の行政府としての義務」を何ら果たしてはいない。

まるで同じ時代に生きる我々が図らずも見殺しにしてきた醜悪な中世の簒奪政治を、目の当たりに突きつけられた思いだ。我々近代人が数百年の革命の世紀を経て獲得してきた「基本的人権」を、その核心から引き裂く暴行である。これは何も、ビルマの僧侶やミャンマー国民だけの問題ではない。タンシュウェ将軍の独裁政権は、世界中に住む我々の存在の根源である「基本的人権」を、真っ向から否定し、粉砕した。
d0123476_12283212.jpg
ならば、我々には逆襲の権利がある。彼らに「人間の尊厳」を教えてやろうではないか。宗教や人種を越えて我々人類を人類たらしめているもの、「あらゆる人間の存在を尊重すること」を、民主的・合法的・平和的な手段で訴えてやろうではないか。

88年の弾圧による3千人の大虐殺を追求もせず、現政権と外交関係を保った国家も、同罪である。ましてや、その独裁政権を支援し続けた日本政府も大いに恥じよ。虐殺の明らかになった現在でもなお、国連でのミャンマー制裁を阻止しようと奔走している中国とロシアは、世界の糾弾を浴びて目覚めるがよい。そして、恥も外聞もなく軍事政権のガキの使いに堕した、国連特使と事務総長は即刻辞任せよ。
d0123476_20303870.jpg
ビルマの人々の流した血を、無駄にしてはいけない。彼らは、今日われわれが享受している「自由で民主的な社会」の存在を、逆説的に証明してくれたのだから。われわれが彼らの主張を、さらに広汎にさらに深い声で伝えていくために、1日でもひとりでもよいから、彼らのとった行動に感銘し、ビルマの人民自らの手になる民主化を、応援する人間が増える事を願ってやまない。
d0123476_1242716.jpg
【米国時間 2007年10月5日『米流時評』ysbee 記 】

d0123476_1023580.jpg
d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6320176
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6320176

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||    »» アムネスティ・ジャパンへ
ミャンマー特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」d0123476_136221.jpg
10/12 ネオコンの民主化政策とビルマの自由化運動の相克
10/12 他民族国家ビルマは民主化で第2のイラクとなるか
10/11「ビルマは許さない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・後編
10/11「ビルマは忘れない」弾圧後のヤンゴン潜入ルポ・前編
10/10 デモ指導者投獄中に拷問死 ローラ・ブッシュも怒りd0123476_9221642.jpg
10/9 スーチー女史、軍政側の要求拒否し会談不成立
10/9 ネルソン・マンデラ、ミャンマー弾圧に非難表明
10/8 ビルマ民主化支援メディア・関連記事ブログリンク
10/7 世界24都市でビルマ弾圧抗議のグローバルデモ
10/6 軍政府のメッセージはスーチー女史逮捕の罠
10/6 ガキの使い無能な特使と無機能な国連安保理
10/5 米流時評アピール「ビルマの声はわれわれの声」
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキング社会経済ニュースでベストテンです。
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリックに深く感謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-05 12:45 | ビルマの赤い川革命

ビルマの圧殺・捏造報道と「僧侶狩り」

f0127501_128435.gif
    ||| ビルマの圧殺・捏造報道と僧侶狩り |||
d0123476_14202537.jpg
  メディア報道を否定するミャンマー軍政、捏造情報をリリース
  ネットを切断し情報伝播を妨害、僧侶デモの指導者4名捜索中


ミャンマー・ヤンゴン(旧名ビルマ・ラングーン)発 |5日金曜(米国時間で4日木曜)ミャンマーの軍事政権は、先週ヤンゴン市内で繰り広げられた民主化運動のデモ参加者の逮捕について、「僧侶を数百人拉致しており、政府軍の警備隊はデモを主導した4人の僧侶を捜索している」と発表した。またミャンマー国営テレビでは「500名以上の僧侶が投獄されており、109名がいまだに尋問を受けている」と報道しており、市民から実際に海外へ報告されている数字の10分の1以下の内容を流している。
Myanmar Hunting for 4 Monks Who Led Protests
Junta offers talks, but opposition says conditions are 'just PR'
OCTOBER 4, 2007 | Associated Press — Yangon | Translation by ysbee
YANGON, Myanmar — Myanmar said Friday (Thursday in U.S. EST) it had detained hundreds of Buddhist monks during last week's bloody crackdown of pro-democracy protests, and that security forces were searching for four of the monks who led the demonstrations. Of more than 500 monks who were detained, 109 were still being questioned, the government said on state-run television.


__________________________________________________________________
OCTOBER 4, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  R E U T E R S | BREAKING NEWS

ビルマの圧殺・軍政の捏造報道と「僧侶狩り」続く
米国時間 2007年10月4日 | AP通信/現地特派記者 | 訳『米流時評』ysbee


1. Opposition differs death count
d0123476_1421899.jpgThe junta on Sept. 26-27 crushed the demonstrations that began in mid-August, inspired largely by thousands of monks, who are revered in Myanmar, marching in the streets. The government says 10 people were killed in the crackdown but dissident groups put the death toll at more than 200.
政府発表死者数10名、反対派は200名を主張
8月中旬に始まった数千人の僧侶の抗議デモに触発されて一般市民も参加し十万人を超える大規模な反政府運動の高まりを見せた抗議運動は、9月の26・27日の両日ミャンマー軍事独裁政権政府軍の弾圧にあって、流血の惨事となった。この衝突に関して、政府側では制圧の際に10名が死亡と発表しているが、反政府側で死者を確認したデータでは、犠牲者の数は200名を下らないものとみている。
右の写真:インド・デリー市の抗議デモで「仏教のお坊さんを殺さないで」と訴えるヒンドゥー教の少女

2. 6,000 detained by 'systematic control'

The junta statement said security forces "systematically controlled" the latest protests, and searched 18 monasteries. Authorities initially detained 513 monks, one novice, 167 men and 30 women lay disciples, but most were released, state media said. It said "109 monks and nine men are still being questioned." On Thursday, state media has said nearly 2,100 people were detained in the crackdown, with almost 700 released. Dissident groups say about 6,000 people were detained, including thousands of monks.
システマティックな弾圧で6千人摘発
軍政側では、最後の抗議運動が行われた時点で治安部隊が「システマティックに制圧」し、衝突のあった夜中から翌日未明まで、ヤンゴン市内の18の僧院から逮捕者を摘発したと発表している。警察側では当初513名の僧侶と高僧1名、さらに男性167名、女性30名の一般市民も検挙したが、そのほとんどは釈放したと、国営放送は報道している。また「109名の僧侶と9名の一般市民男性はいまだに拘禁中」とも伝えている。しかし、先週木曜の時点では国営放送は「先週の摘発によって2100名が逮捕され、その後700名近くが釈放された」と報じていた。(今週の発表ではその1/4に縮小)さらに、反政府団体の内部情報では、実際にはおよそ6千名が逮捕連行され、そのうち僧侶は数千名にのぼっていると伝えている。
d0123476_14215143.jpg
3. Mostly junior monks took part in protests
State media said the government official told the senior monks that many junior monks and civilians took part in the protests at the instigation of “a political party, members of the 88 Generation Students and dissidents.” It did not name the political party, but it referred to Suu Kyi’s National League for Democracy. The 88 Generation Students is a dissident group, which takes its name from the last pro-democracy movement in 1988 that was crushed by the ruling generals. At least 3,000 people are believed to have been killed in that crackdown.
デモ参加者のほとんどは若い修行僧
ミャンマー国営放送の報道では、軍政の司令官は「反政府運動を起こした僧侶と一般市民のうち、若い年代は、民主化政党と「88 Generation Students and dissidents=88年反政府運動家学生世代」のメンバーに煽動されて抗議活動に加わったとみている」と、仏教界の高僧に対して語ったと伝えている。報道の中では特定政党の名前は出さなかったが、スーチー女史の率いる「NLD=民主化国民連盟」を指している事は明らかである。「88年学生世代」は反政府活動グループであり、その名称は、1988年に選挙結果を蹂躙して政権を奪った軍事政権の独裁者の暴政に反抗して立ち上がった、ビルマ最後の民主化運動の歴史的事実に由来する。
d0123476_14222440.jpg
4. Buddhist clergy still hold high regard
A government official met senior monks in Yangon on Friday and asked them to "expose four monks who are at large, who took the leading role in the protest, and the names of the four were given to senior clergy," the statement said. The announcement apparently was meant to show that the ruling generals still have high regard for the Buddhist clergy despite the crackdown that targeted the monks.
軍事独裁政権も仏教界を無視できず
現地時間で5日金曜、軍政高官はヤンゴン市内の高僧と公式に会見し「抗議運動で主導的役割を果たし逃亡中の4人の僧侶を、当局に差し出すよう依頼し、4人の層の名前は会見に臨んだ高僧に手渡された」と政府の声明で明らかにした。この声明は明らかに、軍政司令官たちが(ミャンマー国内で40万人を数える僧侶を擁する)仏教界の高僧に対して、僧侶をターゲットにした弾圧を行なったにもかかわらず、いまだにそれなりの敬意を払っていることの明かしでもある。
d0123476_14225444.jpg
5. Acting U.S. Ambassador decries
In a rare meeting, acting U.S. Ambassador Shari Villarosa, a vocal critic of the crackdown, told Deputy Foreign Minister Maung Myint that Myanmar must end its violent suppression of peaceful demonstrators. "It was not a terribly edifying meeting," State Department spokesman Sean McCormack said in D.C. "What she heard in private was not very different than we hear publicly from the government."
現地の米外交官、即時釈放を要求
今回の軍政首脳部と仏教界高僧との非常に稀な会談に際して、同席した米国の実質的大使で(アメリカはビルマとの正式外交関係を結んでいない)、政府弾圧への手厳しい批判で知られるシャリ・ヴィラローザ女史は、ミャンマー軍政の副外相マウンミイン司令官に対して「政府は平和的なデモの参加者への暴力的弾圧に終止符を打たなくてはいけない」と訴えた。
この会談に関して、ワシントンの国務省(日本の外務省に相当)のスポークスマンであるショーン・マコーミック広報官は、次のような米国側の見解を示した。「会談は決して高圧的なものではなかったと聞いている。ヴィラローザ領事が会談で個人的な見解として聞いた範囲でも、我々がミャンマー政府から公表された声明として把握している内容と、大して相違はなかったようです」
d0123476_14232636.jpg
29日未明に軍事政権の治安部隊が出動してデモ参加者の一斉摘発を行ない、僧侶を一人残らず連行した僧院の入口

6. Junta denied killing monks

The official also told the monks that nonreligious material was seized from the monastery, including pornographic videos, literature belonging to Suu Kyi's party, headbands printed with a Nazi swastika or a U.S. flag. The official denied foreign media reports that monks were killed and injured in the crackdown, the statement said. It said the body found floating in Pazundaung Creek in eastern Yangon last week was not that of a monk, as reported by a dissident group, but of a man "with a piece of saffron robe tied round the neck." It blamed "internal and external destructive elements of inciting the monks who could tarnish the honor of the religion."
政府側「僧侶殺し」否定し外国メディア非難
また政府側では、会見した高僧に対して「スーチー女史の政党の物と思われるアダルトビデオやポルノ小説、ナチの鍵十字や星条旗がプリントされたハチマキなどが、僧院から押収した反宗教的な物の中に含まれていた」とも伝え、「デモ制圧の際に僧侶が殺されたり怪我をしたという外国メディアの報道内容を否定する」という公式声明が明らかにされた。
また、先週反政府団体によってネット上で世界に公開された、ヤンゴン市東部のパズンダウン渓流の水面に浮いているのを発見された死体は、政府側の説明では「僧侶ではなく、首の回りにサフラン色の衣服の切れ端を巻き付けた平民男性にすぎない」と主張し、さらに続けて「仏教の崇高な尊厳に泥を塗るような僧侶たちが陥っている、精神的身体的堕落の要素を排斥しなければいけない」という反対派への攻撃で終始した。
d0123476_14235671.jpg
7. Blocking Internet, violation of citizens’ right
Hamadoun Toure, secretary-general of the International Telecommunication Union, the U.N. telecoms agency, said the government’s decision to block Internet access violated its citizens’ right to communicate. Secure access to the Internet is a basic human freedom that “needs to be preserved, no matter what,” Toure said.
「ネット遮断は基本的人権の自由の侵害」
国連のテレコミュニケーション機関であるITU(International Telecommunication Union=国際テレコミュニケーション・ユニオン)の事務総長を務めるハマドゥン・トゥーレ氏は、ミャンマーの軍政府が国内のインターネットのアクセスを遮断するよう決定を下したのは、人民の「交信の自由」の権利を蹂躙するものである、という抗議文を発表した。インターネットへのアクセスは、基本的人権の自由の権利のひとつであり、「いかなる理由であれ守られる必要がある」とトゥーレ氏は明言している。
d0123476_14242770.jpg
【米国時間 2007年10月4日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6314320
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6314320

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 ミャンマー特集記事 |||
ミャンマー僧侶デモ特集・シリーズ「ビルマの赤い川 」
10/5 ガキの使いの無能な特使と無機能な国連安保理
10/4 ビルマの圧殺・独裁政権の嘘と「僧侶狩り」続く
10/3 ヤンゴンで恐怖の人間狩り・取引停止へ動くEU
10/2 ビルマの殺戮・数千人の僧侶を焼き殺す弾圧
10/1 黙殺するな!消えた六千人の僧侶、大虐殺か?
9/30 許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺
9/29 国連特使、ミャンマーでスーチーさんと初会見


||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス | イラク戦争 関連記事 | 安倍首相辞任と総裁選

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

d0123476_8292554.jpg
おかげさまで政治ニュースでベスト10に入ってます。 ぽちっ!
f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で1位になりました! みなさまのおかげです。
f0127501_10375846.gif政治部門にチャレンジです。20位から一歩ずつ上がってます。よいしょっ!
d0123476_10141436.gifおかげさまで ニュース部門で1位をキープ。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-04 14:45 | ビルマの赤い川革命
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30