米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:四川大地震と核施設( 18 )

核ミサイル基地のある中国青海省でまた強震

f0127501_128435.gif

   ||| 中国西域青海省にM6.5の強震 |||

d0123476_15493698.jpg
  チベットの東隣、中国青海省でマグニチュード6.5の強震発生
  震源地は辺境自治区のダカイカン核ミサイル発射基地の近く


d0123476_18552829.gifまたお決まりのパターンである。ところは中国西域の青海省。2005年開通の青海-チベット高速鉄道で、一躍世界の旅人のあこがれの地となった大高原。霊峰に冠雪ありて茫々たる大草原遥かなり……という辺境民族の自治州で地震発生。

この下の地図でもお判りの通り、チベット=西蔵の東隣の辺境地域だが、実はこの青海省には、デリンガ/Delinghaとダカイダン/Da Qaidamという2つの核ミサイル基地がある。これは FAS (アメリカ科学者連盟) の軍備調査機関がグーグルアースで発見した基地で、四川省の地震と核施設の時にも問題になった第812旅団司令部の関連施設がある、レッドゾーン地域。
d0123476_2038473.jpg
青海省のミサイル基地の射程距離内には、インドのカシミールやニューデリーが収まり、先月の米国・インド核開発協力条約の締結は、こうした中国やロシアの核の脅威からインドを防衛するためという解釈も成り立つ。つい2週間前にもパキスタンの辺境自治区バルチスタンでも地震があったばかりだが、あそこも核爆発実験の名所。この「地震」=「核施設」=「少数民族の辺境自治区」という密接な関係の方程式を、そのうちきっと解いてみたいと思う。それではとにかく、AP通信北京支局経由の地震のニュースをどうぞ。
【米国時間 2008年11月9日『米流時評』ysbee】

参考コラム:
▶ FAS: Extensive Nuclear Missile Deployment Area Discovered in Central China
http://www.fas.org/blog/ssp/2008/05/extensive-nuclear-deployment-area-discovered-in-central-china.php
▶ DF-21ミサイル: http://ja.wikipedia.org/wiki/DF-21

__________________________________________________________________
NOVEMBER 9, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月9日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
核ミサイル発射基地のある中国西域青海省で、M6.5の強震発生
米国時間 2008年11月9日午後10時44分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_15554373.jpg
6.5-magnitude Quake Strikes Northwest China
No immediate reports of casualties in the Qinghai province
NOVEMBER 9, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
BEIJING — A strong magnitude-6.5 earthquake struck in the remote Qinghai province of northwestern China on Monday, the U.S. Geological Survey said. There were no immediate reports of casualties. The quake's epicenter was 1,120 miles west of Beijing, the USGS said. It struck at a depth of 6.2 miles at 9:22 a.m. local time (0122 GMT), the agency said.


AP通信・北京支局発 |現地時間で10日月曜、中国北西辺境部の青海省をマグニチュード6.5の強震が襲ったと、米国地理調査局から発表された。現在までのところ、まだ犠牲者などは報告されていない。同局の観測発表によると、今回の地震の震源地は、北京から西へ1,120マイル (1,800キロ) 離れた青海省の辺境自治区の地下6.2マイル (10キロ) の地点と見られ、中国の現地時間で10日月曜の午前9時22分に発生した。
d0123476_1557195.jpg
中国西域のゴルムドから青海省の大平原を突っ切ってチベットのラサへ至る青海ー西蔵鉄道

2. Epicenter: 35 miles east of Da Qaidam

China's Earthquake Administration confirmed the earthquake, but said it had a magnitude of 6.3. The USGS said the quake's epicenter was 35 miles east of Da Qaidam district, in northern Qinghai. The population of the county seat, Da Qaidam town, is about 15,000 people.
震源地はダカイダンから56キロ東方
一方、中国の地震省では、地震が発生した事実を認めたものの、その震度はマグニチュード6.3と発表している。米国地震研究院の観測では、震源地は中国西域の青海省北西部にあるダカイダンから東へ35マイル (56キロ) の地点であると公表した。中国政府が公開している国勢調査によると、ダカイダン町は広域自治区全体の人口およそ1万5千人の過疎地である。
d0123476_15581994.jpg
3. Second-largest city Golmud shook
An official at the Da Qaidam administrative committee said authorities have sent 180 people to investigate the situation and that there were no reports of casualties yet. The quake was felt in Golmud, the second-largest city in the province with a population of 270,000, 100 miles south of the epicenter.
青海省第二の都市ゴルムドでも揺れ
ダカイダム自治体共産党支部の役人の談話によると、同地の公安当局は被災地の状況把握のために、公安警察180名を派遣した模様であるが、まだ犠牲者の報告は届いていないと言う。今回の地震は、震源地から南へ100マイル (約160キロ) 下った、人口27万人を擁する青海省第二の都市、ゴルムドでも強く感じられたと報告されている。
d0123476_15591594.jpg
中国西域のウルムキからチベットの聖都ラサへ至る青海・チベット高速鉄道のゴルムド駅

4. No one hurt yet, so far

Hotels in the city said they could feel the tremors but that the quake was not major enough to cause significant damage. "We felt the ground shaking for a minute earlier today and then it stopped. No one in our hotel was hurt and there was no damage," said a receptionist at Zhongshan Hotel in Golmud who refused to be named.
現在まで死者の報告なし
ゴルムド市内のホテルでも強い揺れを感じたが、目立った被害はなかった模様である。「今朝の地震では、およそ1分ほど地面が揺れるのを感じましたが、ホテル内では怪我人もなく、被害も全くありませんでした」ゴルムド市内のツォンシャンホテルのレセプショニストは、匿名の条件でこう伝えている。
d0123476_1613833.jpg
5. Sichuan Quake death toll hiked 70,000
Phone calls to government offices in Golmud rang unanswered Monday. China's far west is fairly earthquake-prone. A 7.9 magnitude earthquake on May 12 devastated parts of Sichuan province, just east of Tibet, killing 70,000 people and leaving 5 million homeless.
四川大地震は死者7万、難民5百万人
月曜の段階で、AP通信の記者は現地の政府機関に取材の電話を入れたが、返答はなかった。中国の西域地方は(ヒマラヤ山地とモンゴル平原との地殻のぶつかりあう地域であるため)地震の頻発地帯である。今年5月12日に発生したマグニチュード7.9の大地震は、チベットのすぐ東にある四川省各地に甚大な震災の被害をもたらし、死者7万人、家屋を喪失した者500万人と言う、21世紀始まって以来の震災被害を記録した。 [了]

【 米国時間 2008年11月9日 『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_20342495.jpg

The Dream - Tibet, Dunhuang, Qinghai
「夢 〜 チベット・敦煌・青海」
チベット-敦煌-青海湖を開通したばかりの青蔵鉄道など陸路の旅の映像
http://www.youtube.com/watch?v=VX1KIsSVO-U



»» 次号「オバマワールド第7章 オバマの初仕事・ホワイトハウス組閣人事」へ続く
«« 前号「速報!極東海域でロシア原潜事故、20名死亡」からの続き


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8900066f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8900066

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

[PR]
by ysbee-2 | 2008-11-09 18:24 | 四川大地震と核施設

速報!核施設のある四川省広元でM6の地震発生

f0127501_128435.gif
   ||| 核施設のある四川省広元で地震発生 |||

d0123476_21381838.jpg
中国四川省で聖火リレー通過後にマグニチュード6.0の地震発生!
震源地はプルトニウム製造施設のある広元と米国地震予知学会発表


AP通信の速報によると、現地時間で5日火曜夜、中国四川省広元(廣元=ガンギャン/こうげん)で北京五輪の聖火リレーが通過してから数時間後に、マグニチュード6.0の地震が発生した模様。
あー、いやな予感。また「核と地震」ですか! 震源地と推測された廣元には、プルトニウム製造の核施設があることで、その方面(私のような核アレルギー症)には知られています。
しかも、聖火リレー通過直後ときました。天災でしょうか?それとも人災? 詳細は追って続報が入り次第、翻訳掲載します。(*注:第1報から第3報まで内容記述に一部重複箇所があります)

【米国時間2008年8月5日午前6時16分『米流時評』ysbee 記】

6.0 earthquake hits China's Sichuan province

Temblor rocks devastated region hours after Olympic torch stop in Chengdu
AUGUST 5, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
BEIJING — A magnitude 6.0 earthquake has hit China's Sichuan province that was devastated by a more powerful quake in May, the U.S. Geological Survey said Tuesday. There were no immediate reports of damage or injuries from Tuesday's temblor.


米国時間2008年8月5日 | AP通信・北京支局発ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee
【第1報 午前6時16分】 現地時間で5日火曜、5月に甚大な被害を出した大地震からまだ立ち直っていない四川省で、マグニチュード6.0の地震が発生したと米国地震予知学会が発表。今回の地震では、まだ怪我人などの被害状況は報告されていない。
d0123476_557202.jpg
M-6.0 Quake Hit Hours after the Torch Relay Passed Chengdu
The U.S. seismic service said the epicenter of Tuesday's quake was 30 miles northwest of Guangyuan town at a depth of 6 miles shortly before 6:00 p.m. local time. The earthquake occurred a few hours after the Olympic torch relay was held in the Sichuan provincial capital of Chengdu, its last stop before the flame officially opens the Beijing Games on Friday.
聖火リレーの最終経由地成都通過直後
【第2報:午前7時10分】米国地震予知研究所からの発表によると、現地時間で5日火曜午後6時少し前に四川省で起きた地震の震源地は、廣元の町から北西へ30マイル(約48キロ)地下6マイル(約9.6キロ)の地点と観測された。今回の地震は、北京五輪大会の聖火リレーが四川省の省都である成都市内を通過してから数時間後に起きたもので、金曜の開会式で北京のメインスタジアムへ聖火が運ばれる中継地としては、成都市が最終地点だった。


__________________________________________________________________
AUGUST 5, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 Associated Press | B R E A K I N G

四川省広元でM6.0の地震発生、現時点で死者1名、負傷者23名
米国時間2008年8月5日午前11時34分 | AP通信北京支局発・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_6402039.jpg
Panic as Deadly Tremor Hits China Quake Zone

1 dies, 23 hurt as buildings shake in same region where 70,000 died in May

AUGUST 5, 2008, 11:34 a.m. | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
BEIJING/The 3rd issue — A powerful earthquake hit China on Tuesday in the same region where almost 70,000 people were killed in May, and on a day the Olympic torch relay passed through. The quake killed one person and injured 231 others, local media reported. Panicked residents fled into the streets from swaying buildings, the official Xinhua News Agency reported, when the shock measured by the U.S. Geological Survey at magnitude 6.0 struck shortly before 6 p.m. local time.

地震被害は死者1名、負傷者23名
【北京支局発・第3報】 現地時間で5日火曜、5月に7万人近い犠牲者を出した大震災からまだ立ち直っていない四川省で、北京オリンピックの聖火リレーが通過した数時間後の夕刻に、マグニチュード6.0の地震が発生。今回の地震の被害は、現時点で少なくとも死者1名、負傷者23名と報告されている。国営メディアの新華社通信では「四川省の現地時間で午後6時少し前に、マグニチュード6.0の地震が襲い、パニックに陥った住民は一斉に建物内部から通りへ飛び出した」と伝えている。(震度と震源地は、米国地震予知学会発表)
d0123476_6411390.jpg
2. Rattled Qingchuan, Hanzhong, Xi'an, Chongqing
The quake rattled Qingchuan county in southwest Sichuan, and also jolted buildings in neighboring Shaanxi province's Hanzhong and Xi'an cities and the sprawling municipality of Chongqing, the official Xinhua News Agency reported. The casualties were reported in Yaodu, a township in Qingchuan, Xinhua said.
四川省青川県と長京、山西省の漢中、西安に被害
今回の地震の被災地は、震源地に近い四川省南西部の青川県で激しく揺れを感じたほか、この地域に隣接する山西省の漢中(汉中)、西安、四川省の長京市広域地区でも、建物に揺れを感じた。現時点での被害届けでは、青川県の葯都地区で死者1名が報告されている。
d0123476_6421186.jpg
3. Epicenter: 30 miles northwest of Guangyuan
The temblor was the latest of scores of aftershocks from the 7.9 quake that struck Sichuan on May 12, killing almost 70,000 people and leaving 5 million homeless. The U.S. seismic service said the epicenter of Tuesday's quake was 30 miles northwest of Guangyuan town at a depth of 6 miles.
震源地は四川省広元市の北西へ48キロの地下
今回の地震は、5月12日に四川省を襲い「死者7万人・家屋喪失500万人以上」の甚大な被害を出したマグニチュード7.9の烈震以来、その後数百回継起した余震の中でも最新の記録である。米国地震予知学会の観測結果では、火曜の地震の震源地は四川省広元市から北西へ30マイル(約48キロ)地下6マイル(約9.6キロ)の地点と発表された。
d0123476_643916.jpg
4. Right after the torch relay on Chengdu leg
The earthquake occurred a few hours after the Olympic torch relay was held in the Sichuan provincial capital of Chengdu, its last stop before the flame officially opens the Beijing Games on Friday. There were no reports of the quake being felt in Chengdu. On Friday, an aftershock with the same magnitude as Tuesday's hit Pingwu and Beichuan in Sichuan, injuring 231 people.
成都市での聖火リレー通過直後
今回の地震は、北京五輪大会の聖火リレーが四川省の省都である成都市内を通過してから数時間後に起きたもので、金曜の開会式で北京のメインスタジアムへ聖火が搬入される中継地としては、成都市が最終地点だった。しかし現時点では、成都市で建物崩壊などの被害届は出ていない。先週金曜には、同じく四川省の平武(ピングー)と北川(ベイチャン)県で、今回と同程度の地震が発生し、231名の負傷者が報告されたばかりだった。

【米国時間 2008年8月5日午前6時16分 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_6435351.jpg
»» 次号「辺境のテロリスト・カシュガル国境警備隊襲撃事件詳報」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8400409
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8400409

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ランキングが夏バテ気味? クリックで応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選



『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/15 【中国崩壊】落盤・地滑り・大洪水…止まらない災害大国
中国南部広域豪雨で大洪水、死者57名、流域住民120万人が避難
山西省 煉瓦工場地滑り事故19名死亡/炭坑爆発事故で27名死亡

6/11 中国政府が米下院議員のPCにサイバー攻撃発覚!
中国の人権問題摘発を背景に狙われた両議員、上下両院に警告走る

6/05 「現実化するチャイナシンドローム」拡散する四川震源地の核災害
汚染大国中国のガン四川省から広がる震災難民・薬物汚染・核汚染

6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 「四川省の地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のCAEP南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-08-05 20:20 | 四川大地震と核施設

【中国大崩壊】落盤・地滑り・大洪水…止まらない災害大国

f0127501_128435.gif

  ||| 中国大崩壊・止まらない災害大国 |||

d0123476_17175583.jpg
落盤・地滑り・大洪水…大寒波から大地震まで止まらない中国の災厄
Bad News, Worse News, Endless Crisis Happening in China


d0123476_18552829.gif中国の今冬の大寒波は「世紀の冬将軍」と呼ばれたが、その記憶も薄れない4月に起きた四川大地震。その被害は尋常ではない。住む家を失った難民の数500万という前代未聞の民族大移動。この状態に速やかに対処しなければ極めて深刻な社会不安が解決されないまま五輪後へ残され、下手をすれば内乱一歩手前の動乱の時代に中国が突入するだろう事は、市場のダイビング曲線を見ずとも明らかである。
▲橋の「上」を流れる川。その川を流れるのは水ではなく土砂。中国の明日に架ける橋は、確実に崩壊したようだ
d0123476_17192690.jpg
また中国だけでなく、米国のテロ戦争の焦点が、今月に入って急激にアフガニスタンとパキスタンとの国境地帯「タリバニスタン」と俗称されるパシュトゥン族の辺境へと、急転してきている。
この件に関しては、米国主体のテロ戦争の立役者を、拉致のあかないパキスタンから忠実な僕国のアフガニスタンへと鞍替えしつつあること。それに伴って、米国の膨大な軍事援助予算が、当然のようにパキスタンからアフガニスタンへと移行しつつある事。また、パキスタンを発信地とする核兵器の密輸ネットワークに関する白書が公開され、「核兵器の悪の枢軸」が新たに浮上してきた事……とパキスタンが急転直下、悪役の汚名を着て攻撃の的になる状況が展開している最中である。
d0123476_17201887.jpg
テロ戦線の大転換は、先週のたった数日のうちに公になったことであり、この動きに付随して先週お伝えしたタリバンのアフガン監獄襲撃による大脱走やら、その前の米軍のパキスタン軍誤爆事件やら、アフガン・パキスタン双方随所でのモスク爆破やら、とにもかくにもこのままパキスタン戦線が展開しそうな戦雲の雲行きである。これら一連の関連事件の資料は膨大であり、しかもそれぞれが連携しながら爆発する星雲のように現在急激に進行中なので、この次の記事から特集してお届けする予定である。その前に、中国の災厄続きの崩壊現象を、三つばかりまとめてお届けします。

【米国時間 2008年6月15日『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
JUNE 15, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

中国南部広域豪雨で大洪水、死者57名、120万人が避難
米国時間2008年6月14日午前0時08分 | AP通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17205570.jpg
China Flooding Kills 57, Forces 1.2 Million to Flee
Quake-stricken Sichuan province is within flood region

JUNE 15, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
BEIJING — At least 57 people have died and seven are missing in flooding across a broad stretch of southern China, state media reported Sunday. More than 1.2 million people have been forced to flee their homes across nine provinces, including Sichuan, which is still reeling from last month's earthquake that killed almost 70,000 people, the official Xinhua News Agency said.


米国時間2008年6月15日午前10時58分 | AP通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee
15日日曜、中国南部全域に広がった洪水の被害で、少なくとも住民57名が死亡し7名が行方不明と中国の国営メディアが発表。四川省を含む中国西南部の9つの省にわたって、河川流域の住民120万人以上に避難命令が発令された。四川省は先月12日の大地震以来、確認されただけでも7万人近い犠牲者を出したが、震災の傷も癒えないうちに新たに水害に見舞われたと、国営メディアの新華社通信は報道している。
d0123476_1721364.jpg
The worst floods in 50 years hit Southern China
The worst-hit province was Guangdong, were 20 people died and eight were still missing, Xinhua said. Streets and houses along the Xijiang River in Guangdong were submerged in the worst flooding to hit the Pearl River Delta region in 50 years, the official China Daily newspaper said. "A major flood is feared if rain continues," Huang Boqing, deputy director of the Guangdong flood control and drought relief headquarters, was quoted as saying.
中国南部豪雨で半世紀に一度の大洪水
新華社報によると、今回の洪水の被害がもっともひどかったのは広東省で、20名が死亡、8名がいまだ行方不明のままである。珠江流域のデルタ地帯では50年に1度という最悪の洪水に見舞われ、広東省内を流れる西江流域の道路や家屋は水没したと、国営新聞『China Daily』が報道した。洪水危機管理・旱魃救済本部の広東省局長であるファン・ボーチン氏は「もし雨がこれ以上続くようであれば、大規模な洪水が起きる恐れがある」と述べた。
d0123476_17231494.jpg
120,000 residents fled to the higher ground
A 130-foot crack opened in the river's embankment near Changzhou, Xinhua said. Nearly 120,000 people fled to high ground in the town of Longhua when river water began to pour through the gap, it said. "If the crack widened and the dike collapsed, the flood would directly threaten the safety" of the city of Wuzhou on Guangxi's border with Guangdong, Zhang Jinshen, a regional flood control official, was quoted as saying by Xinhua.
広東省西江流域の住民12万人が避難
新華社通信の報道によると、常州市近郊を流れる河川の堤防が40メートルにわたって決壊した。また、決壊部分から増水した川の水が流れ込んだため、龍華(Longhua)の町では12万人近い住民が高台へと避難した。「決壊部分が広がって堤防が全面的に決壊すれば、広東省と省境を接する広西省の五洲市は、増水した川の水が直接流れ込んで街全体が水没する危機にさらされる」という広西省のザン・ジンシェン河川管理局長の談話を、新華社通信では発表した。
d0123476_1724794.jpg
Economic losses reach $1.5 billion
Vegetable prices in Guangdong rose by 70 percent Saturday in four cities including Guangzhou, according to the China Daily. Economic losses have reached $1.5 billion because of the floods, the paper said. More than 45,000 houses collapsed and 140,000 have been damaged, it said.
中国南部の洪水被害総額15億ドル以上
『China Daily』紙の報道によると、広東州の広州市を含む4都市で14日土曜調査した結果、洪水前と比較して野菜の小売価格が70%も上昇したそうである。また、今回の洪水による損害総額は15億ドルに到達するものと予測され、45万戸以上が全壊、14万戸がなにがしかの被害を被ったと報告された。 [第1話・了]
d0123476_17251053.jpg

__________________________________________________________________
JUNE 14, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

山西省の煉瓦工場で地滑り事故、19名死亡2名が生き埋め
米国時間2008年6月14日午前0時08分 | AP通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1726176.jpg
Landslide in China Buries Brick Factory
So far 19 killed, at least 2 still trapped, state news agency reports

JUNE 14, 2008 | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
SHANXI — A landslide in northern China buried a brick factory, killing 19 workers, local officials said Saturday. Rescue workers found the workers' bodies at the site of a landslide that hit Friday morning near town, said a staffer at the Shanxi provincial government who refused to give his name as is customary.

山西省発 | 現地時間で14日土曜、中国北部の地滑り事故で煉瓦工場が土砂に埋まり、労働者19人が生き埋めになって死亡したと現地警察の消息筋は伝えている。13日金曜朝、山西省のルリアン市(Luliang)郊外の村で起きた地滑り事故で煉瓦工場が埋まり、現場での救出作業でこれまでに19名の遺体が発見されたが、少なくともまだ2名が生き埋めになっているものという、山西省の匿名の担当者の談話を新華社通信が伝えた。

Search suspended for fears of second landslide
The landslide occurred at 10:20 a.m. Friday on a mountain in Shangan village, engulfing the nearby factory, according to the official Xinhua News Agency. One worker was rescued Friday but the search effort was suspended overnight because of fears of a second landslide in the area.
二次災害を危惧して救出作業中断
新華社通信の報道によると、地滑り事故は13日金曜午前10時20分に山西省シャンガン村(Shangan)の山間部で起きたが、土石流は近隣の煉瓦工場を飲み込んだ模様。現場での救出作業で工員1名が救出されたが、二次災害の土砂崩れを恐れて、徹夜の救出作業は中断された。

300 rescuers 20 earth-moving machines working

More than 300 people and 20 earth-moving machines were used in the rescue effort at the site of the engulfed factory, Xinhua said. A staffer surnamed Liu with Luliang's city government said rescuers were trying to investigate the cause of the landslide.
ショベルカー20台、300名が救出作業
工場が土砂に埋まった生き埋め事故現場では、20台のショベルカーと作業員300名以上が救出作業にあたっていると新華社通信は伝えている。ルリアン市の担当者リウ氏の談話では、救出作業員が地滑り事故の原因も捜査中と語っている。 [第2話・了]

__________________________________________________________________
JUNE 13, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

山西省の炭坑で坑道爆発事故 27名死亡、7名が生き埋め
米国時間2008年6月13日午後11時45分 | AP通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1726543.jpg
Mine Explosion Leaves 27 Dead, 7 Still Berried
Rescuers working to free seven who remain trapped, state media reports

JUNE 13, 2008 | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
SHANXI, China — Twenty-seven miners were found dead Saturday following an explosion at a Chinese coal mine, and rescuers were working to free seven more who remain trapped, state media reported. Miners were trapped when explosives went off accidentally Friday deep in the pit of the mine located on the outskirts of Xiaoyi city in the northern province of Shanxi, the official Xinhua News Agency reported.

山西省発 |中国時間で14日土曜、中国の炭坑で爆発事故が起き27名が遺体で発見されたが、生き埋めになった残り7名の救出作業は継続中と、中国国営メディアから報道された。事故は金曜、山西省北部のシャオイー市郊外にある炭坑の、深い地下坑道で誤って爆発物が爆破を起こし、坑内で作業中だった炭坑夫が生き埋めになったものと新華社通信は伝えている。

15 workers made it to the surface
Fifteen workers made it to the surface following the blast, which ripped through the mine's main shaft shortly after 1 p.m. Another nine miners were rescued Friday evening. The bodies of the 27 killed were pulled out around dawn Saturday. More than 100 rescuers from three local mine disaster relief teams were continuing to search for the seven trapped miners.
生存者15名自力で脱出
同日午後1時過ぎに起きた爆発で、炭坑のメイン坑道を爆風が走り連鎖反応で次々に爆発、それに引き続いて生き埋めになった炭坑夫のうち15人が自力で脱出した。またほかの9名の炭坑夫は、金曜夕刻に救出されたが、土曜の明け方には27名が遺体となって搬出された。しかし、まだ7名が坑道で生き埋めになっており、地元シャオイー市の3つの鉱山の災害救出チーム100名以上が総出で救出にあたっている。

Nearly 3,800 miners died last year

China's mining industry is notoriously unsafe, although Xinhua said the mine, operated by the Anxin Coal Mining Corp., had passed a recent safety inspection. Nearly 3,800 miners died in China last year, an average of about 10 a day, making the country's mining industry the most dangerous in the world.
鉱山事故、昨年だけで3800名死亡
新華社通信では、鉱山を運営するアンシン工業は最近安全検査をパスしたばかりと報道したが、中国の鉱山の労働環境はきわめて危険なことで悪名が高い。中国では昨年だけで3800名の鉱山労働者が事故で死亡しており、1日に平均10名が事故死している勘定になる。この数字はとりもなおさず、中国の鉱山採掘業は、世界でもっとも危険な産業であると言えよう。 [第3話・了]

【米国時間 2008年6月15日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 次号「テロ戦争最前線」ランドレポート、オルブライト白書の核の最新諜報 に続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8115959
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8115959

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


More
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-15 18:00 | 四川大地震と核施設

チャイナシンドローム 拡散する四川省震源地の核汚染

f0127501_128435.gif

  ||| 現実化するチャイナシンドローム |||

d0123476_110457.jpg
現実化するチャイナシンドローム 拡散する四川省震源地の核災害
汚染大国中国のガン四川省から広がる震災難民・薬物汚染・核汚染


d0123476_18552829.gif前書きもなくいきなりですが、トップの写真をご覧頂きたい。これは7日に初めて報道陣が足を踏み入れた激甚被災地、什邡市(Shifang=シーファン=じゅうほうのほうの字は「方」におおざとがつく)郊外の洛水鎮(Luoshui=ルオシュイ/ロースイ)の村落。それまでは立入禁止区域であったが、多数上がってきた写真の中でこの写真に行き当たったときに「やはり」と思ってしまった。
中国でも土葬の場合は、他の国と同様に墓穴を掘ってから埋葬するものと思っていたが、このコンクリートの「かまぼこ型の墓」は異様である。地面の部分を見ると、コンクリートの土台を作り、その上に遺体の棺あるいは遺体を置き、その上をかまぼこ状にコンクリートを固めている。

この異形の墓は何を意味するか。私の目で見て言わせていただくなら、これは「核汚染」された遺体からの放射線放出を防ぐ特設の墓である。それ以外にどういう説明が有効だろう? もしもこの地域の特殊な埋葬方法に、これと同じ「かまぼこ型のコンクリート露出墓地」が存在するならば、その由緒来歴と証拠写真を見たいものである。下の写真は、今回の地震の死亡者のために紅白鎮(Hongbai=ホンバイ)の村落で急造された墓所。右上に白く消毒剤の撒かれた埋葬済みの墓が見える。通常はこのように「穴を掘って埋める」のが万国共通の慣習だと思う。
d0123476_1105839.jpg
什方のコンクリートの墓の前で手を合わせている遺族は、地震から1週間後に出た二次災害防止の退去命令で、洛水の村人全員が同じ什方地域の高地に設けられた避難民テント村や、この地方の中心地である工業都市の徳陽市へと脱出した。その後、村民には廃墟から遺留品を持ち出すために初めて一時帰郷の許可が出たが、故郷に戻った7日に村人と一緒に初めて取材陣が現地入りできたのがこの写真である。その間いったい誰がこの墓の処理をしたのか。この地域に立入りできたのは、人民軍兵士だけである。

もうこれ以上の説明は不要だろう。一言で言えば、このコンクリートの墓には核汚染で死亡した者の遺体が埋められている。もしくは、コンクリートで塗り固められている。核汚染の証左として、これほどあからさまな状況証拠もないだろう。これは数ある証拠写真の一葉にすぎない。写真の説明は一切なく「6月7日 什方」とだけ。同じカメラマンの同じ日付で「Luoshui, Shifang」のバッチの中に入っていたので、同じ洛水鎮での撮影であろう。説明が一切ないのは、カメラマンも事の重大さに固まってしまったかのようである。
(注 : 中国の行政区域の大小は 省>市>県>鎮>郷 の順。日本で言えば 地方>県>市>町>村)

なお四川省地震による核汚染と、日本をはじめとする東アジア近隣諸国への影響は、相互リンクでお世話になっている多くのブロガー諸氏も憂慮しているので、ぜひご一読をおすすめする。

▶『閣下の憂鬱』  6/8号「日本は核汚染への準備が出来ているのか?」
▶『或る浪人の手記』6/8号「チャイナ・アポカリプス」
▶『すがすが日記』 6/8号「上海の水道水は核施設が上流にある長江の水」
▶『色々言いたいことあります』6/9号「大量の核廃棄物で排水不能??」
▶『三四郎の日記』 6/7号「ちがうだろ」核災害の情報公開を


d0123476_119214.jpgここから下の文章は、昨日のナポレオン・ソロ氏のコメント特集の続きである。掲出した写真は今週になってから浮上してきたもので、多々発見があった。右の写真のように単なる地震で破壊されたというよりも、何か巨大な爆発があったとしか解釈できない写真もある。地名はChenjiaba、撮影日は6月8日。上方の巨大な穴の周辺に、黒い上下とベージュの上衣を着た2人の人物が立っているので、その大きさが判ると思う。各写真に貼付した説明文は私なりの推理と補足である。ブログ名『米流時評』とリンクがあれば、文章のみの一部転載は自由。

みなさん、とにもかくにも事は核汚染です。
マスコミよ、まともに真実を報道してくれ!
科学者よ、真面目に事実を調査してくれ!
政治家よ、真剣に中国に抗議してくれ!

【米国時間2008年6月5日『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
JUNE 5, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  b e i r y u 2 . e x b l o g . j p

現実化するチャイナシンドローム 拡散する四川省震源地の核災害
米国時間2008年6月5日 | By ナポレオン・ソロ氏ほか諸兄 | 『米流時評』四川大地震特集へのコメントより

d0123476_1110423.jpg
コメント欄投稿:by ナポレオン・ソロ 2008/06/04 06:44

北京市はオリンピックを開催辞退するのが順当です。日本との共同開催の声も上がっているようですが、日本は断るべきです。利用されるだけ。代替え開催地は前開催地のアテネで宜しいのでは?
ずっとアテネで良いのじゃないかと言う意見もある位なんだから。是から雨期間だというのに長江上流地域の放射能汚染が更に心配になった、瓦礫や膨大な震災ゴミも手つかずの様に見える、先ずは死体の発見、処理が先決なのは判るが、2次災害の発生にも早急に備えないと、被害は更に拡大するだろう。

もう直ぐ1ヶ月になるから、そろそろ現地住民達の非常な生活への忍耐限界を超え始めて居ると思う。是から先、水害への恐怖から、上流域から順番に大移動が始まるのではないか。彼等は、食糧も水も持たないばかりか、家族も職も失った流民に近い。その絶望感から、暴動が行く先々で自然発生的になって起こる懼れがあるが、誰が止められるだろうか。

▲上の写真:激甚被災地のひとつ、綿陽市汎王の町。ほとんどの建物があとかたもなく崩壊。残ったビルも亀裂や傾斜でひとの住める状態ではない。総人口1億人近い四川省全体で災害復興にかかる費用と時間は想像を絶する。
▼下の写真:日本の救援隊が活躍した省境の青川県。この写真は6月7日で、上流の唐家山ダムほかの堰塞湖(地震による土石流で川が塞き止められてできた地震湖)の決壊による洪水を恐れて、下流域の住民全員に再度避難命令が出たため、高地へ避難する青川県住民。
【青川県】四川省北東部に位置。行政単位では広元市に属し北は甘粛省、東は陝西省と接する。面積は東京都の約1.5倍の3200平方キロで、その約7割が森林に覆われている。ジャイアントパンダが生息する唐家河自然保護区がある。

d0123476_11111556.jpg
其処に、豪雨による土石流が発生し、上流域の百数カ所のダムが決壊を起せば、瞬時に大水害となるでしょう、上流域の放射能で汚染した物質を含む大量の瓦礫や土砂が、三峡ダム底を埋めて、短期間にダムは使用限界を超えるでしょう。もし三峡ダムが決壊して下流域を洪水にすると、更に大量の死傷者が出る一方、放射能に汚染された泥や瓦礫は下流域の川底に沈澱、堆積する事になる。下流域地方の農業の受けるダメージは計り知れないが、心配は地下水汚染、つまり飲料水のレベルに及ぶから、下流域全体が人の住めない土地になる懼れがある。

オマケに最近のシナの治水は「南水北調」です。つまり、乱開発で上流域で取水し過ぎて下流域に水が流れてこなくなった黄河に代わって、長江流域の水をダム湖に貯水して送っているのですから、長江の本流が遣えなくなった場合、長江流域と黄河流域で水の奪い合いが起こる懼れが出てきます。共産シナは、政権崩壊ではなく、国家絶滅を心配をしなくてはならない段階に達したと言うことだ。オリンピック開催どころの話ではない筈だと思うが。
d0123476_111315.jpg

by 日比野 2008/06/04 08:37
ナポレオン・ソロ 様、おはようございます。
 「三峡ダムが決壊して下流域を洪水にすると、更に大量の死傷者が出る一方、
  放射能に汚染された泥や瓦礫は下流域の川底に沈澱、堆積する事になる。」
私も一番恐れるのはこれです。中国で長江流域の水が使い物にならなくなることは致命的です。
北部だけであれだけの人口は賄えない。難民が中国国内だけでなく周辺国にまで流れてきます。
また、ご推察のようにICBMは使えなくなっている可能性が高い。
台湾国民党の呉伯雄主席が「対岸はミサイルを撃てないと思う」発言に、アメリカの潜水艦増強の動き、そして、黄海での中国海軍のSLBM発射実験と、いろいろ連鎖した動きがあるように感じています。まだ推測の段階ですが・・・
d0123476_1114415.jpg

by ナポレオン・ソロ 2008/06/04 10:11
>日比野様
 「台湾国民党の呉伯雄主席が『対岸はミサイルを撃てないと思う』発言に、
  アメリカの潜水艦増強の動き、そして、黄海での中国海軍のSLBM発射実験と、
  いろいろ連鎖した動きがあるように感じています。」
↑って、知りませんでした、国民党はやはり危険ですね、相手が弱ったら内戦継続認識に豹変ですか、サスガ、共産シナと一卵性双生児と比喩されるダケのことはある、今や台湾省民である台湾人は、自分達の判断を呪うしかないでしょう。
四川のICBMが使えないとしても、通化の中距離弾道弾は無傷なんですがね、勿論SLBMも有ればIRBMも残っている可能性がある、全ての核施設をマークできているのかも確認出来ての発言なのか疑問ですが、米海軍の潜水艦隊増強なら、地域別の制圧体制の配置第一歩じゃないでしょうか。

それにしても共産シナで怖いのは、追い詰められて自暴自棄にさせる事です。ナニセ、彼の軍隊では歴史的に、実務・現場を握っている中堅軍人の暴走、抜け駆けが多く、全体として軍律が緩い。ダカラ国府軍も赤匪も、持久戦になると規律強固で忍耐強い日本軍に勝てなかった。彼等が強いのは意気が上がりまくった緒戦だけ。持久戦で膠着状態を打破する為には自己犠牲を必要とするが、「オレが、オレが」の情況では下級兵士に犠牲を押しつける事になるでしょう。
d0123476_1158415.jpg

それが2回、3回と失敗すると、自分達が一体誰のために戦っているのかが次第に判り始め「次は自分達か」と、兵士の間に疑心暗鬼が生まれ、士気が下がり脱走兵も出始める……とこういうパターンを繰り返すから、結局は敗走となる。
そんな中で、中堅士官は手柄を立てたい一心で抜け駆けをやらかすが、それは、うまくいったら出世に繋がる組織=部下の手柄を横取りする、幹部ダラケの組織だからでしょう。是は後方の安全地帯に居る将官は勿論、現場の指揮官にとってさえ、下級兵士達の命は全くの消耗品としか認識されていないから、差別意識丸出しだから、軍隊が強くなれないのです。実際に相戦うのは、等しく生を受けた人間同志なんですから。

シナ人が国の為に命を捨てる様な事は希でしょう。何故なら、国=支配者は何千年も非情な異民族であり、民衆の敵でしかなかったからです。戦争参加は、立身出世の手段でしかない、国=国民=家族と言う常識が背景になければ、愛国心とは、歪んだ功利的出世主義に他なりません。
d0123476_1117432.jpg

by umejum 2008/06/05 00:31
怒涛のエントリ連射に圧倒されます(^^) 変電所はじめ跡形も無い瓦礫と不自然に残る周りの建物との不気味なコントラストが本当に異様ですよね。 核の誘発・誤爆というふうに見えちゃいます。それにスターウォーズみたいな防護服。 もうビンゴですよ(泣)
六四天安門の総括よりは,今回の核の誘爆の発表の方が,心理的抵抗が低いんじゃないかなと勝手に想像するんですけど,どうなるでしょう? チベット報道が極端に少ない事の理由が単なる圧政ということじゃないということなのかな。 嗚呼・・・
日本の梅雨も怖くなってきました。  
d0123476_11442517.jpg

by ナポレオン・ソロ 2008/06/05 09:46
私の報道認識に誤りがあった様ですので、訂正致します。私は「コンクリート塊が噴きだした」のは地震の後だと思って居ましたが、大紀元の報道はソウではなく「地震の前に大きな音がし、割れ目が走って山の頂上に穴が開いて、そこからコンクリートの塊が・・」と云うことです。
それなら、地震自体が地下の軍事基地での異変に基づくもので、其れが核爆発規模のモノであった可能性が高いと言うことになります。否、地下基地内は放射能で充満しており立ち入りは不可能なのでしょう。爆発が地震を誘発した可能性もあるわけですが、相当離れた重慶でも相当の被害を出している処から、被害の主たる原因は紛れもなく地震でしょう。

唯、日本の様に地震に関する詳細な解析が行われない処に違和感を覚えます。大抵、現地の被災者が最も求める情報とは、予想される最大級の余震の規模や期間。是から同規模の地震が起こる可能性の如何でしょうに、確かにレアなケースではあるが、何故、最初の震度を超す大きな地震が起こらないと断定できるのか。亦(また)、行方不明の放射性物質の扱いに着いての報道が、余りにぞんざいに扱われて居る事にも違和感を覚えます。発表された内容は個数だけが増えるのみで、その内容物や大きさ、重さについての報道は一切無い。
d0123476_115052100.jpg

是は、排除出来ないが未回収の放射性物質は、短時間に更に危険性が増す可能性が低い事を示しているのではないか、つまり、爆発で潰滅した地下軍事基地に遺された残骸に過ぎない、ICBMの核弾頭などは無事と云うことなのかも知れない。
しかし、1ヶ月経っても、ユンボやドーザーと言った機器の支援要請が無いと言うことは、本格的な復旧作業に掛かれないのですから、現地周辺の放射能汚染の度合いは、相当に深刻なのではないだろうか、やはり、雨期の期間の水害発生が心配です。

»» 次号「中国崩壊警報3」地震湖決壊の脅威、下流全域から百万人脱出 へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8071424
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8071424

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


▼この下の『特集・中国崩壊』記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-05 23:36 | 四川大地震と核施設

「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響

f0127501_128435.gif

   ||| 核災害と地震による中国崩壊警報 |||

d0123476_21373744.jpg
「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
「震源地で核災害はあったのか?」四川省核施設に関するナポレオン・ソロ氏の考察


d0123476_18552829.gif先日から予告しました通り、拙ブログに投稿を頂きましたナポレオン・ソロ氏のコメントを、今号から2度にわたってまとめて掲載したいと思います。私が彼の投稿を初めて拝読したのは、たしか敬愛するアネモネ氏の『東アジア黙示録』のコメント欄だったと思います。東アジア全域に対する深い理解と膨大な知識には、いつも敬服しておりました。
他にもブロガー同士で三四郎塾の塾長と呼んでいる三四郎さんのブログでもよく拝見し、また3月のチベット問題のあたりから『米流時評』にもコメントを頂くようになりました。特に半島と中国に関しては、歴史的背景から軍備にいたるまで「慧眼 紙背に徹する」と言えるような鋭い論評を展開され、コメント欄だけに納めておくのはもったいないので、あえて一括してご紹介したいと思います。
▲トップの写真は地震の被害がもっともひどかった地域のひとつ、四川省アバチベット・チャン族北川自治県の擂鼓鎮(レイグーチン=Leigu)。村落全体が壊滅状態で見渡す限り「グラウンドゼロ=爆心地」状態。少年の家族も生存している事を心底祈る。
▼下の写真:四川省からチベット高原へと抜ける山間の村落、小金(Xiaojin)地区の大衛(Dawei)。震源地に近い割には文川県映秀鎮(Yinxiu, Wenchuan)や綿陽市北川県(Beichuan, Mianyang)ほどの壊滅的な被害を被らなかった。被害状況を比較すると、映秀や北川は地震以外の激甚な衝撃によって破壊されたと見るのが妥当だろう。

d0123476_21391497.jpg
もし世に「アルファブロガー」が存在するのなら、ナポレオン・ソロ氏は「アルファコメンター」の名がふさわしい存在。私のように西洋史が専攻だったので、国史や東洋史にはとんと弱い片手落ちの時事ブロガーにとっては、情報の希薄な部分を肉付けしてくれる、実にありがたい存在です。
特に、今回の中国の核施設の問題のように、一般のマスコミが一切ふれない疑問を解明したいとネット上をひた走る、隠居した小林少年のような私にとっては、収集して公開した情報に対して「実はこういう背景もあったんですよ」という、その裏付けとなる事実を補足してくれる博識で頼もしいワトソン博士のように思えます。今回は、特に四川省の核兵器施設に関しての豊富な知識を披露してくださったので、この下に一括編集して掲載いたします。

【米国時間2008年6月5日『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
JUNE 5, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  b e i r y u 2 . e x b l o g . j p

「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
米国時間 2008年6月5日 | By ナポレオン・ソロ | 『米流時評』四川大地震特集へのコメントより

d0123476_21435836.jpg
▲文川県映秀鎮に配属された化学防疫服で完全武装の人民軍兵士。捜索しているのは遺体か、核物質か。映秀鎮の被害の全貌が伺える写真は、6/1号「ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発」と6/2号「CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』」にも多数掲載。中国の核研究本部であるCAEP=中国工程物理研究院ほか、中国における核エネルギーと核兵器開発に関するかなり重要な核施設が存在したようである。

コメント欄投稿:by ナポレオン・ソロ at 2008/05/26 16:33
佐藤守閣下のブログに出ていました。
 >冷戦時代、米ソ間の核論議で賑わっていた頃、毛沢東はソ連の核を恐れ、米国からの攻撃を
  恐れて、この地区の峻険な山岳地一帯に、巨大な地下核施設を建設したことは、中国情勢に
  詳しい平松教授の論文にも書かれている。
 
「地下核施設」の存在が確定しているとは、遭難に遭った空挺部隊は其処を目指していたのか、と腑に落ちた。おまけに核基地なら「瓦礫の下で不明になっている15ヶにも上る放射性物質」とは、プルトニウムだけではなく、貯蔵している核弾頭の可能性もあるワケです。

シナの中距離弾道ミサイル「東風」の配備基地は、朝鮮国境近くの通化だと知られているが、米ソを狙える ICBMについては知られて居なかった。勿論米ソは、既に細かい位置まで知っていて、衛星等を使って監視していたのだろう。だから、震災後に共産シナが緊急事態をカバーする為に、米軍に情報の提供を要請したのでしょう。だから、核弾頭の貯蔵施設やICBMのサイロもきっとこの辺に有るのだろう。
d0123476_2032393.jpg
▲四川省アバチベット・チャン族北川自治県。5/12の地震後初めて公開された5/15の空撮写真。地上で撮った写真では、この下に続く写真同様瓦礫に化している。急峻な山あいの町は長江へ流れ込む支流に沿って発展してきたが、地震による土石流で上流に堰塞湖ができ川の流れが大幅に阻害されたために、地震からひと月近く経つ現在では川床が露出するほど水量が少ない「枯れ川」に化している。

それならシナが慌てるわけだ。核施設が当分使えないとなれば、乃ち国防の危機に瀕する事になるのは明白だからだ。おまけに地震が起こる数十時間前には、M7以上の巨大地震が四川地方で起こる事は、米国によって予言されていたらしいから、4万人もの人民解放軍が地震発生の翌日には現地入り出来たのでしょう。勿論、山岳部の秘密基地には、地震直後に入って居る可能性が高い。

シナの発表は、公式声明だと言っても全く信用できないから、何時までも安心できない。唯、もしメルトダウン等のチェルノブイリ級の事故が起こって居るなら、米国の衛星からの監視で明らかでしょうから、米国とシナの間に妙な取引が無い限り、日本は辛うじて安全圏を確保していると言えるでしょう。日米安保の有り難さは、反対賛成を問わず日本国民に等しく享受されて居るわけですね。
サヨクは、信用・奉仕している共産シナに、もっと正確で正直な情報を寄越す様に要請すべきだろう。それとも、身も心も家族の命も全て捧げ尽くすってか? だとしたら、本当のバカですね。
d0123476_21454663.jpg
▲北川県擂鼓鎮(Leigu=レイグーチン)の被災状況。町の建物の8割以上が倒壊し原型をとどめないほどの壊滅状態。30年以上研究にたずさわっている米国の地震学専門家も一連の被害状況を見て「イランやパキスタンの地震ですら見た事がないほど粉々に破壊されていて、広範囲に渡ってこれほどひどい地震の被害は前例がない」とMSNBCのニュースへレポートしていた。

by ナポレオン・ソロ at 2008-06-02 22:08
予想の範疇には入っていましたが、やはりチェルノブイリ級、否、殊に拠れば浅い深度での核爆発級の核災害が起こっていたと考えるべきなのでしょう。正に、シナは「世界に対して事実を知らせる義務がある」と思います。

前エントリののっぺら坊の死体は、発電用の蒸気タービンの原動力となる高温のドライ蒸気を浴びたモノだと思いましたので、私の中では、核災害まで起こったと言う確証とは成りませんでしたが、尾根に沿って建っていた鉄筋コンクリート建てと思しき住宅群が全て破壊されて居るのを看て、パキスタンの核実験で尾根が崩れ去る映像を思い出しました。

監視衛星で情報を察知出きる米国やロシアと比べ、地上無線か有線電話でしか事情を確認出来ないシナとでは、初動に大きな差が出てくるのは当然です、シナは彼我の情報収集力の差を思い知った事でしょう。米国としても「核災害は、地球規模の汚染をもたらす」との認識下に有るでしょうから、地震が避けられない情況に成っている事や被害状況に付いて、シナへ情報提供を惜しまなかったのは判ります。
d0123476_2149498.jpg
▲地震から3日後の5/15の綿陽市管轄の汎旺(Hanwang=ハンワン)地区の被災状況。倒壊した建物は原型をとどめず、走行中か駐車中だったであろう車輛が転覆するほどの衝撃があったようだ。5/22に住民に退去命令が出て現在はゴーストタウン状態。

しかし、米国の動きはドウもその水準ではない。この情報収集力の差を嫌と云うほど思い知ったのは、他ならぬシナ人民軍関係者であった事だろう。彼等は殊有ると、台湾問題で真の敵と見なされる米に対する反感を示す姿勢を示してきた。人民軍大学学長の朱成虎将軍などは「米国が台湾問題に介入するなら、例え北京から東の都市が灰になろうと、核を行使する」とまで発言した。

こういう世間知らずが軍の中枢に居る事自体、シナ人民軍が未完の組織であることを示していたが、当時、江択民の後を継いで党首脳の地位にあった胡錦涛は、そんな彼さえも処罰できないと言う立場であった。軍は江派の独壇場だったからでしょう。
米国やロシアの真の力を知り、その格差に愕然とした軍が、是から如何なる行動を示すのか見守りたい処ですが、核の保有が何のアドバンテージにも成らないと言う現状を冷静に認識できて、正しい選択肢をチョイス出きる知性を持った軍幹部や党幹部がどれ程居るか、大いに疑問ですね。

米国が懸念するのは、追い込まれたシナがヤケクソを起こす可能性が高い事でしょう。そうなれば、更に非人道的な行為をこの地域に下すしかなくなるワケです。この地域は、黄河と長江の双方の上流域ですから、そう言う措置を下した場合、シナ全土に放射能汚染が数日のウチに拡大する事になり、シナ大陸は人の住めない場所になり果てる可能性すら有ります。
d0123476_215174.jpg
▲地震で流れ込んだ土石流で川が塞き止められたDonghekou地区の地震湖=堰塞湖。文川県映秀や綿陽市北川県にあったと思われる重要地下核施設が破壊されているのであれば、そうした施設から漏洩する核汚染は、当然周囲の川にも流入してしまっているだろう。汚染はすでに震源地から拡散してしまったようである。

by kawa@FreeTibet at 2008-06-03 11:58
ysbeeさん こんにちは。
いやぁスゴイの一言に尽きます。ここまで事実を突きつけても支那政府は何処吹く風。
誰かが追求し続けないと人類の危機となるは必至。微力ながら応援いたしております。

by cv at 2008-06-03 12:46
ただの地震だったのか、地下核実験を実施して、失敗したのか
または地下核実験を実施して、その結果地震を誘発したのか、何とも言えません。
しかし、地下核実験による揺れと地震の揺れは異なるそうなので
地下核実験を行なえば、必ず世界各国に探知されてしまうのではないでしょうか。

包括的核実験禁止条約CTBTはまだ発行されていない。
地下核実験の禁止は国際法的な拘束力はない。
だからと言って、北京オリンピックを間近に控えたこの時期に、
中国が地下核実験を行なうとは考えられない。
d0123476_20352547.jpg
▲被害のひどい綿陽市管轄の汎旺(Hanwang=ハンワン)の町。灰塵に帰した廃墟に地震以来の黒い雨が2週間以上続いた。一番下の「太鼓橋」の写真も、同じく汎旺の中心部。中国政府は北川県に対して5/23に爆破命令を下し、その後も人民軍による完全封鎖状態が続いている。さらには復旧は不可能と見る「北川県の震災記念公園化」という苦し紛れの偽装隠蔽・永久封鎖政策を公表している。

あえて行なう理由があるとすれば、ただ1つ、
3月14日以降、チベットで起きた暴動で中国は世界から非難され孤立している。
北京オリンピックの成功は危ぶまれる状況です。

北京オリンピックの成功次第で、コキントウ政権は吹っ飛んでしまう。
この局面を打開するためには、中国に対する世界の非難の声を、
同情のそれに引っくり返す必要がある。
地下核実験を行い地震を誘発させたのか、世界から同情されることを目的に、
万単位の死傷者と何百万単位の被災者を覚悟してまで行なうのか。

古代中国では宦官、纏足、食人などが行なわれてきた。
朝鮮戦争の時には督戦隊というものがあった。
通常の尺度では測れない逸脱した所があり、
それは現在の中国にも脈々と受け継がれているのではないか。中国共産党ならやりかねない。
しかし、核実験で地震を誘発する事は可能なのか疑問はつきません。
d0123476_22142539.jpg

by ナポレオン・ソロ at 2008-06-04 06:44

現地には、毛沢東がソ連の核を怖がって、この地の地下に大規模な核基地を造ったと言う確定情報があったのですが、ysbeeさんの記事から、地震でその施設が崩壊したのではないかと推測されていました。亦は、地震自体が核爆発に拠るモノであった可能性を指摘する声もありました。現地は核兵器の研究、製造、貯蔵施設が集中して居り、加えて先端科学兵器の開発・研究施設もあったと云うのでは、正に四川地方は、シナ政府の軍事研究の心臓部だった事になりますね。

行方不明の放射性物質の数は、今や99ヶらしい(2→15→33→99)ので、その種類や大きさは、全て同じではない可能性の方が高いでしょう。コンクリートの塊が噴き上がったのなら、もし核爆発でなくとも、相当大きな規模の爆発です、今まで中に生存者が居たとしても、是で絶望ですね、それに復旧も同じく絶望的でしょう。内部が高度に放射能汚染されている可能性が高い。それに、現在シナに、使える大型のICBM施設は皆無ではないでしょうか。この後、一体ドゥするつもりでしょうか。 »» 続く
d0123476_2036895.jpg
»» 次号「現実化するチャイナシンドローム」拡散する四川省震源地の核災害 へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8061717
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8061717

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/05 「現実化するチャイナシンドローム」拡散する四川省震源地の核災害
汚染大国中国のガン四川省から広がる震災難民・薬物汚染・核汚染

6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 「四川省の地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のCAEP南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-05 22:22 | 四川大地震と核施設

四川省の地下核施設爆発と放射能汚染

f0127501_128435.gif

  ||| 四川省 地下核施設爆発と放射能汚染 |||

d0123476_16262738.jpg
四川省震源地で大量のコンクリート噴出、地下核兵器施設の爆発か?
映秀と旋口付近での爆発を目撃者が証言 核漏れを隠蔽する中国当局


d0123476_18552829.gif今回は6月3日に『陳さんのWorld View』を始めとする数多くのブログで紹介された『大紀元』の記事の転載である。この震源地付近の目撃者の証言が真実であれば、やはり四川省の地下核施設で爆発が起きた事実は否めない。中国政府がこうした一連の事実を否定するならば、とうの昔に無事だったはずの核施設を写した映像を流すはずだろう。すでに核物質の喪失を発表しているくらいであるから、現実には核施設にいったいどれほどの被害を被ったのか、想像の余地がない。一日でも、一刻でも早く IAEAなり核保安の国際機関が調査に向かってほしい。ことは、東アジア全域の核汚染なのだから。

【米国時間2008年6月4日『米流時評』ysbee 記】
d0123476_16543738.jpg

__________________________________________________________________
JUNE 4, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 j p . e p o c h t i m e s . c o m

四川省の震源地で大量のコンクリート噴出、地下核施設の爆発か
2008年6月3日午前8時22分 | 大紀元日本 | 記者・呉偉林、翻訳・編集/叶子

d0123476_18272315.jpg
震源地で地下核施設爆発か | 大紀元日本 6月3日の報道より
四川大地震の震源地付近の山で、地下からコンクリートの塊が大量に噴出した。専門家は、地下で核施設の爆発の可能性を示唆した。

中国メディアの中国新聞社の5月31日報道によると、震源地付近の映秀鎮と旋口鎮の境目にある山の上り坂で、幅約1キロ、長さ約2キロの巨大な溝が地震後にできた。溝の底には直径20cmから50cmコンクリートの破片で埋め尽くされていた。現場には大きな建物がないため、これほど多くのコンクリートの破片の出所が問題になった。
d0123476_18282611.jpg
▲写真はBeichuan=北川県の地震前 (右・2006年) と地震後 (左・2008年5月14日) を比較した衛星写真。町の中央部が山の斜面からの土石流に埋没し消失したのが伺える。

現地の村民によると、5月12日地震発生当時、多くの村民は農作業をやっていた。突然地面と山が激しく揺れ始め、同時に凄まじい爆発音に伴い、付近の山頂に穴が開き、そこから歯磨き粉を絞り出すかのようにコンクリートの破片が噴出した。この様子は、約3分間続いたという。

中国新聞社が報道した噴出の時間と現象に基づいて、地下の火山爆発の可能性を排除できる。「核施設の爆発によって発生した強烈なエネルギーが地下建築物を砕き、その破片を地上に押し上げてきた可能性が高い」と専門家は分析している。国外の中国情報サイト博訊ネットも専門家の見解を引用し核爆発が発生したと伝え、コンクリートの破片は中国軍の地下軍事施設のものと報じた。
d0123476_16592849.jpg
被災地の目撃者の証言によれば、地震発生直後、汶川県の震源地から南西方面の山中に通じる主要道路は特殊部隊に封鎖され、半径数百キロ圏内が立ち入り禁止となった。また、山に入る大量の軍車両に、白い防護服を着た人の姿を目撃したとの証言もある。また、震源地付近の救援隊は、中国の軍部隊だけで、国外と民間の救助隊は現地に近づくのを禁止されていたという。

【大紀元日本 2008年6月3日】

▼写真は大紀元の記事にある映秀鎮とは別に、北川県で山腹から噴出した土石流のあと。岷江の取水口近辺の核施設とおぼしき建築物は跡形もなく瓦礫と化した。(クリックで拡大)
d0123476_17411730.jpgd0123476_17422594.jpg
__________________________________________________________________

四川大地震で懸念される核施設の実態=元中国核開発関係者
2008年5月28日午前8時03分 | 大紀元日本 | 寄稿・黄慈萍/米国在住物理学者

d0123476_19554748.jpg
四川省核施設の実態 | 大紀元日本 5月28日の報道より
中国環境保護部長の周生賢は先日、「今回の四川大地震で32個の放射源が埋もれたが、現在そのうちの30個が回収され、残りの2個はその位置が特定され、周辺に安全措置を取ったため問題ない」と発言したが、これを聞いてびっくりした。

かつて核開発の仕事に携わっていた経験から、中共政権が被災地で設置された核兵器と放射源を適切に対処することができるとは思っていない。今日になって中共政権はまた、「埋もれた放射源は50個あり、そのうちの35個が既に回収された」との修正報道を流した。これを聞いて、疑問が深まると同時に憤りも覚えた。被災地に設置された核施設について中共はよく知っているはずだが、この無責任な対応は被災地に絶滅的な災難をもたらすに違いない。
d0123476_1958107.jpg
インターネットからの情報によると、地震発生後数日経っても、軍事管制が敷かれた安県に自由に出入りすることができなかったという。地震直後、震源地から西と南方面の山に通ずる交通要路は特殊部隊によって厳戒態勢が敷かれた。さらに、山方面に走る軍の車の中に被爆防止作業着を着る兵士の姿が目撃された。

また中国核工業建設集団公司は、地震後、施工現場で6人の作業員は死亡し、施設に被害はなかったと公表した。しかし実際、プルトニウムと核弾頭を生産する821工場は甚大な被害を受け、6人死亡、11人負傷した。中国マスコミの報道によると、救助隊は放射を恐れず821工場の核施設の強固工事を行い、被害の拡大と環境汚染の防止に大きく貢献したという。しかし、救助隊員は工事前に核施設の怖さを知らされたのだろうか。
d0123476_172397.jpg
60年代、毛沢東は第三次世界大戦が核戦争になると断言し、西南部に山々が連なり、戦争時の絶好な銃後であると判断し、重要な軍事施設を中国西南部に移動させた。そのため、軍事工業都市と位置づけられた綿陽市に核研究施設(通称二機部)と宇宙開発企業(通称七機部)と兵器工業部の企業(通称五機部)がある。地震後、前国家核安全局長で、環境保護部副部長の李幹傑は、幾つかの工場と施設を訪問したと報道された。その主な訪問先は以下である。

・核工業の中国核動力研究設計院(通称909所):夾江県に位置する。
・中国工程物理研究院(通称902所):中国核兵器研究基地。
 前身は西北核兵器研究設計院(国防第九研究院)であり、
 現在839核工業基地で研究開発を行っている。
・楽山核分裂研究院(通称585所):前身は長春503所であり、楽山県に位置する。
d0123476_16485434.jpg
・821場:四川省広元県西北部にある。
・白龍江核基地:核弾頭を生産し、中国最大の核反応炉を製造し、
 プルトニウムの主要生産メーカでもある。従業員は3万人。
・221場:中国初めての核兵器研究基地である。
     1964年初めての原子爆弾を開発した。
     1968年、青海省から四川省錦陽の西南物理研究院に移動した。
・525場:峨眉機器製造工場
・814場:中国の三番目の原子力生産企業で、重水工場でもある。従業員は4万人。
・816場:ばい陵核燃料部品工場。原子弾頭を製造。
・857場:四川省江油市に位置する。中性子爆弾を製造。
・四川宇宙開発技術研究院:中国宇宙開発科学技術集団公司に属し、
 宇宙開発製品の生産基地、兵器開発生産基地である。
・総装備部中国空気動力発展と研究センター:本部は錦陽市に位置し、
 各研究所は安県の各地に分散している。
周辺に甚大な被害を及ぼしかねない、これらの施設の被害状況と従業員の安否を公表してほしいものである。(※注:著者は魏京生基金会の事務局長。かつて中国で核開発の事業に携わっていた。)

【大紀元日本5月28日 翻訳/編集・高遠】
__________________________________________________________________

水源汚染・疫病・核の放射能汚染……四川省北西部は中国の癌?
2008年5月27日午前8時20分 | 大紀元日本 | 寄稿・黄慈萍/米国在住物理学者

d0123476_16564450.jpg
核漏れを隠ぺいする中国当局 | 大紀元 5月27日の報道より
四川省大地震により、被災者は悲惨な生死の災難を経験した。中国共産党は地震予報を隠ぺいし、地震情報に関して当局がデマとする情報を打ち消した。地震後は被災地の水汚染、核漏えいの情報を打ち消し、放射能が漏れ出していることを否定した。しかし綿陽市の被災者・張さんは24日晩、記者に対し噂は根も葉もないうわさではなく、我々地元の人間はみな実情を知っていると伝えた。

張さん「私たちのこの付近ではよくない噂が3つある。一つは水源汚染、もう一つは疫病、そしてもう一つは核による放射能汚染だ。」
彼はこの中で、人々が最も心配しているのは核漏えいであると話している。
張さん「私たち民衆の間にはいくつかの噂があり、地下に埋められている何ヶ所かはすでに崩れて容易に放射能が漏れていると言われている。綿陽市地元の人々は、ここにはたくさんの核工業基地と核研究所があることを知っており、みなこの問題を非常に心配している。」
d0123476_2003216.jpg
張さんによると、特にこの地区の核基地及び研究部門を防衛するために駐屯している軍隊職員が、地震後にいなくなったという。
張さん「綿陽科学技術都市の今回の大地震では、綿陽市に駐在している全ての部隊は何の行動も起こさず防衛のための駐在員も被災地に何の支援もしていない。私たちの所にいる軍隊は全て他の省から来ており、綿陽の軍隊は少しも被災地に救援に来ないのです。この点もおかしなところです」
小●(●=土へんに覇)では地震中にこれほど多くの人が死に、これほど多くの人が被災者になったのに軍人の影は全く見えない。張さんも政府が発表したものを民衆は全く信用していないことを断言する。
d0123476_20161116.jpg
張さん「今政府が話しているこれらのことは、どう発表しようと皆信じない。特にこれほど大きな災害の後では地震で多くの人が負傷したが、私たち綿陽市街区の多くの地区では何の報道もなかった。どれだけの人が亡くなったのかもはっきりしない。百川について言えば、全ての県都市は基本的には無くなってしまった。百川の多くの街や村でどれほどの人が死んだのかは分からない。」
報道では、基本的に放っておかれたのだと見ている。新華社の記者は政府側の記者で、毎日私たちを探して話していることは無駄なのに、彼らに何を話せというのか。その時私たちの多くの同僚は「我々があなたたちに何を話せるというのですか」と言い返していた。
d0123476_17365041.jpg
さらに、核輻射(放射能汚染)の事も政府は明らかにし続けている。政府紙も明らかにしている、話はデマだと。しかし、このデマも根も葉もないというものではない。地元の人間は、ここに何があるのか皆知っている。政府はどんなものがあるかは否定していない。しかし(核物質からの放射能の)漏えいがあるかないかについては、政府は完全に否定している。

中国の民衆は、すでにこれらの事は聞き慣れている。どんな大きな嘘も。政府は隠蔽するだけで、どれほど多くの人が死んでも、自分が死ななければそれでよい。いずれにせよ、中国人には誰も(文句を)言う人はいない。一人言っても他の人は話す勇気がない。西洋と比較すると、西洋では誰かがそれに対し意見し、誰かが(独立した第三者)がそれを監督する。しかし中共には監督する人(独立した第三者)がいない。
d0123476_2021528.jpg
調べによると、中共政府は四川省に研究用の原子炉、2つの核燃料生産設備と2カ所の核兵器設備を持つという。中国共産党の四川にある軍事核研究設備では、今回の四川大地震で職員が死傷しているが、総作戦部の馬健副部長は、核施設は安全だとし、「部門では死者が出ただろう。しかし核施設が原因で死に至ったとは言えない」と述べた。

これに対し、米国科学者連盟(FAS)の核兵器専門家ハンス・クリステンセン氏は、中共政府の「すべての核施設は安全」という大雑把な言い方に疑問を抱き、なぜ核兵器工場の情報を公表しないのか疑義を抱いている。また、「この地区周辺が受けた広範囲な被害から見て、核材料の軍事工場が地震による災害を回避できたとは考えにくい」と述べている。

【大紀元日本5月27日 記者・呉偉林、翻訳・編集/叶子】

»» 次号「中国崩壊警報」ナポレオン・ソロ氏による中国の核災害情報 へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8048048
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8048048

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 「四川省の地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のCAEP南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-04 18:05 | 四川大地震と核施設

中国の核と地震とネット妨害

f0127501_128435.gif

   ||| 中国の核と地震とネット妨害 |||

d0123476_13233875.jpg
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

d0123476_18552829.gifいつも記事をアップロードしたあとにトラックバックを送るために100近いリンク先のブログを巡礼するが、真っ先にお伺いするのが『陳さんのWorld View』。彼のブログは、日本・国際・中国・半島・相場経済・疫病・ネタオチ……と、ありとあらゆるカテゴリーのニュースからもっとも最新の情報をリストアップしている「current trend」ニュースダイジェストの最たるブログである。
d0123476_1401620.jpg
▲前号で詳説した、激甚被災地で核兵器工厰があった綿陽市管轄の北川地区。山腹から巨石が噴出したと思われる土石流で山麓の建物が倒壊。その左手に「北川大飯店」が立っているが、北京からの政府要人や海外からの研究視察のVIP用ではなかったかと思われる。特に同じ建築仕様で仕上げられてはいるが、左側のホテル名が掲げられた方がホテルとしての本棟で、この写真には写っていない左側の各階に広いバルコニーが付いている方が、VIPや研究員などの長期滞在用コンドミニアムだったように看取できる。(編集人は元々設計畑出身のプランナーなので、ビルの用途などは一目で理解できる)

そのブログが、先月半ばに楽天の一方的な処置で突然クローズした時は、それまでの膨大な情報量が、かけがえのないニュースデータであっただけに、少なからずショックだった。陳氏はめげずに即刻別サイトをライブドアから立ち上げて、相変わらず精力的な連載を続けているので、ぜひご一読をお勧めする。そもそも閉鎖した直前に不気味な写真が載ったのが原因ではないかと思えるのだが、それは「ガス壊疽」で死んだ鶏の屍骸の写真だった。ニュースの発信元は中国である。なので、クローズになったのを知った時点で、やはり中国は知られたくなくて手を回したのだな、とつい合点が行ってしまった。
d0123476_14104382.jpg
▲震源地にもっとも近い町、文川県映秀地区の人口は、今回の一連の報道では1万人とも2万人ともまちまちに公表されているが、元々の地域住民は1万人しかおらず、その他は核施設勤務の中国空軍兵士や研究施設スタッフ、外国からの核研究要員が、流動的な員数で「駐屯」あるいは長期出張滞在していたものと思われる。そうしたスタッフの宿泊施設とおぼしき、山間の村落には不釣り合いなマンションが地震前までは林立していた。写真のテントは1万人以上が死亡したと言われるこの地域の急造の遺体仮安置所。手前を遺体を収容して運ぶ作業員が見えるが、何か「固まり」のような形状になっているのが異様である。

また、私が主宰するチベット情報のポータルサイト『フリーチベットブロガーズ』も、「シナチス特集」の予告を出した直後に、ハッカーにやられてサーバ自体がクラッシュしてしまった。幸いブログのプロバイダーは米国のMacなので、ブログ自体は無事にネットでオープンしているが、復元したPCはIDから一切初期設定し直したおかげで、新しいIDからはアクセスできなくなってしまった。
その間4・5日かかって全システムの復旧を私自身でやらざるを得ず(外地の悲しさ、日本語システムを扱えるIT技術者がいない!)泣きが入るとともに、ネット妨害の脅威を身にしみて感じた。毎日お邪魔する『博士の独り言』さんも、ずいぶん長いこと頻繁に妨害に遭っていると聞く。
敵の立ち位置はわかっているので、なるべく地雷を踏まないように気をつけているが、今回の地震では、とんでもない事実が連日明らかになってくるので、地震の陰に隠れた一連の核の問題と、少数民族弾圧政策について、覚悟を決めて書いている。
d0123476_14164944.jpg
▲生徒800名以上が倒壊した校舎の下敷きとなって犠牲になった北川第一中学校 倒壊現場というよりも爆心地という形容の方がふさわしい。四川省各地で数多くの学校が地震の直撃と同時に全壊し、生き埋めになったまま亡くなった。特に北川では地震から1週間後に市内全域から撤退命令が出され、生き残った建物もすべて爆破処理された。まだ生き埋めになったままの生徒がいるかも知れないというので父兄は激怒したが、市内全域を消毒しフルスピードでこの町から遁走する群衆や軍隊の写真を見ると、この町が放射能か化学物質で汚染されたのを知っていたのではないかと察せられる。

日本ではあまり報道されていないと見えて(米国でも同様だが)連日のビジターの数が唯事ではない。チベット問題に触れた3月以降は、連日2000~3000だったが、地震以降は確実に3000を超し、核施設の問題に触れてからは4000〜5000に上る。特にどうしたわけか、一昨日が10,767、昨日は42,353と、6月に入ってからだけですでに6万を超した。多分2ちゃんねるにでもリンクが出たのだろう。もちろん、お読みいただいたブロガー諸兄のエントリー上でのご紹介にあずかるものが大きいのは言うまでもない。おひとりずつではなくて恐縮なのだが、ここにあらためて記事の主旨をご理解頂けたことに、心から感謝申し上げます。
d0123476_1794716.jpg
▲これも北川市内の学校の校舎 まるで紙でできた模型をひねりつぶすように崩壊している

上述のネット妨害という事情がある上に、デマゴーグなどと受け取られるのを避けるために、慎重に写真を選び公けに承認・公開された情報だけを厳選してお届けしているので「信用して下さい」と我が胸を叩くしかない。まぁ、以前から愛読して下さっているブロガー諸兄には、フェアプレーを志す私の姿勢を理解していただいていると思い、このままの姿勢で走らせて頂きます。
d0123476_17555342.jpg
▲震源地に近い文川県映秀は、地震によって生存者わずか25%という死の町と化した。生き残った住民もすべて怪我を負っており、ヘリで南の成都市へ送られた。政府命令で、重傷者はさらにそこから北京へチャーター機で護送されたが、一切取材拒否のためどういう症状なのか不明である。
この写真でご覧のとおり、空撮では無事に建っているように見えた建物も、地上で間近に見るとすべて1階の部分が粉々に崩壊し、2階以上の部分がその上に「落下」した形で倒壊している。また細部をよく見ると、前から3人目の作業員(人民軍兵士)は、左手にガイガーカウンターのような黒いツールを携行している。4番目の人物も何か計器らしきものを肩にかけている。通常の作業員とは異なる科学汚染防護服(放射能よけ)からしても、核物質を捜索しているような状況が看取できる。

ただし、昨日『陳さんのWorld View』経由で読んだ『大紀元』の「地下核爆発か」の記事は、核施設情報としては初めての画期的事故報告であり、中国政府が現地への立入りを禁じている限り、外国メディアのジャーナリストは立ち入れないので、真偽を確認するすべがない。しかし、読む限りでは「やはり!」と思い当たる事象ばかりなので、あえてここに、普段はやらない日本語メディアからの転載を試みるものです。
d0123476_18492367.jpg
▲これも映秀。崩壊した建物は原型をとどめず瓦礫の山と化している。すでに2週間以上経った時点での写真なので死臭がひどく、マスクなしには歩けない状態。またすべての写真は目一杯明るくなるように明度を処理してあるが、どの写真も当初は真っ暗で何が写っているのか分からないほどであった。すべて地震直後からこの地方一帯を覆っている分厚い雲のせいである。

この記事は、TB先のブログや逆に初めてTBを頂いたブログでも昨日取り扱ってらっしゃるので、すでに既報の旧聞となるかも知れませんが、中国の巨大な薮の中に初めて斬り込んだ情報として極めて重要であり、この次のエントリーで転載掲出します。

【米国時間2008年6月3日『米流時評』ysbee 記】


»» 次号「四川省地下核施設爆発と放射能汚染」震源地の目撃者証言と核漏れ隠蔽 へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8040898
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8040898

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 「四川省の地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のCAEP南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-03 13:23 | 四川大地震と核施設

CIAが発禁にした中国核兵器開発報告書『スティルマンレポート』

f0127501_128435.gif

 ||| 震源地綿陽は中国の核兵器開発の本拠地  |||

d0123476_22124852.jpg
CIAが発禁にした中国核兵器開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバのINPC南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か


08年5月13日 | By ジョスリン・フォード/サイエンスフライデー | 訳 米流時評ysbee
地震の震源地に近い綿陽市は、中国の核兵器研究開発および実験施設の本拠地である。(中国の核研究本部である)中国工程物理研究院=CAEP/Chinese Academy of Engineering Physics も、ここに存在する。今日 (地震発生の翌日5月13日) の新華社通信=Xinhua News Agency のサイトでは、綿陽市だけで1万8千人が、地震によって倒壊した建物で生き埋めになったと伝えている。中国政府の環境保護省は直ちにこの地区へ21名の調査団を派遣したが、その中には核保安の専門家も含まれている。
▲トップの写真:四川省綿陽市管轄区域にある映秀の町(古称:映秀鎮)。右側の山の麓にある高台に注目。白く見えるのはコンクリートの地面で、その上にあったのは「変電所」のように見える。この箇所を撮った空撮写真は多々あるのだが、もっと上方から地面に直角に撮った写真では、飴のように曲がって一様に地面に倒れている送電線の柱のようなものが見えるので、変電所に間違いないと観察できる。左側のビルと比較すれば、かなり大きな変電所であったことが察せられる。

▼現在まで欧米のメディアを介して報道された写真を見る限り、下の地図の上部中央に近いWenchuan=*文川県のYinxiu=映秀、その下流にあるZipingpu Dam=紫坪鋪ダム、その下流にあるDujiangyan=都江堰、そこから東方のShifang=什方*市管轄のHongbai=ホンバイ、さらには綿陽市管轄のHanwang=汎王などが、特に壊滅状態。
(漢字の注:文川の「文」にはさんずいが、什方の「方」にはおおざとがつきます。)
d0123476_22132620.jpg
Sichuan Quake & Nuclear Weapons
Sichuan: Home to China's nuclear weapons development and testing labs

May 13, 2008, 10:19 AM | By Jocelyn Ford — Science Friday | Translation by ysbee
Mianyang, the base of CAEP — Mianyang, a city near the epicenter of the earthquake, is home to China's nuclear weapons research, development and testing labs. The Chinese Academy of Engineering Physics is based there. Today Xinhua News Agency said 18,000 people in Mianyang were buried in collapsed buildings. The Ministry of Environmental Protection has dispatched a 21-member team to the area, including nuclear safety experts.

__________________________________________________________________
JUNE 2, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 S c i e n c e F r i d a y . c o m

四川省の核兵器開発とCIA発禁の『スティルマンレポート』
米国時間2008年5月13日 | By ジョスリン・フォード/サイエンスフライデー | 訳『米流時評』ysbee


1. Mianyang, "Los Alamos in China"d0123476_22143655.jpg
The academy, known as CAEP, "is China's equivalent to our Los Alamos, Sandia, and Lawrence Livermore nuclear laboratories." That's from a 2001 presentation by physicist Danny B. Stillman.
綿陽市は中国のロスアラモス
「通称 "CAEP" として知られるこの核研究所を米国の施設に例えるなら、ロスアラモスやサンディア、ローレンス・リヴァモアの核兵器研究開発施設と同じような役割を中国で果たしている。」米国の原子物理学者、ダニー・B・スティルマン博士は2001年の核物理学会のプレゼンテーションで、綿陽市一帯の核施設の特性をこう要約している。
【注】ロスアラモス国立研究所(LANL/Los Alamos National Laboratory)は、第二次世界大戦中の1943年に、米国が原子爆弾の開発を目的とした「マンハッタン計画」の一環として、ニューメキシコ州ロスアラモスに創設した米国政府の研究機関である。

右上の写真もトップの写真と同じ文川県映秀地区。右側の山の斜面が崩れている箇所は、近くで撮った写真を見ると土砂崩れで赤い山肌が露出している斜面に黒い穴のような部分が見え、ここから土石が噴出したような痕跡を残している。右側中央の白くコの字型になっているのが変電所跡。町のスケールに比べかなり大きなスケールで、原子力発電所からの送電用か、あるいは各核兵器施設への配電用ではないかと思われる。

2. The inside report by physicist Stillman
Between 1990-2001 he made 10 trips to China to visit nuclear weapons facilities, including facilities in Mianyang. Stillman worked for 32 years at the Los Alamos National Laboratory, Lawrence Radiation Laboratory, and the Nevada Test Site. It would be helpful to know more about what he saw in Mianyang.
核開発内情報告書『スティルマンレポート』
彼は1991年から2001年までの10年余りの間に、中国の核兵器施設へ合計10回も訪れているが、その中には綿陽市の核施設も含まれていた。スティルマン氏のこれまでの経歴は、ロスアラモスの米国原子力研究所、ローレンス・リヴァモア放射線研究所やネヴァダ砂漠の核実験場などに足掛け32年もの間勤務してきた、原子力研究のベテランである。綿陽市で彼が見てきた施設に関する知識を掘り下げれば、中国の核兵器開発の現状をもっとよく知るよすがになるはずだった。
d0123476_22173151.jpg
▲変電所の丘の周辺を木立が取り巻いているが、その外周に沿った部分は壊滅状態である。地上でさらに近接して撮った写真を見ると、建築物は倒壊しただけでなく「木っ端微塵」の段階にまで粉々に粉砕されている。この写真は、そのまた外周に残った建物で、遠目では一見無事だったように見えるものの、近くで撮った写真を見るとどの建物も1階部分が粉々に「紛失」していて、垂直に立っているビルは残っていない。中共政府も復興を諦め、早々に市街全域に爆破命令を下したが、まだ数千人が生き埋めになったままでの指令だったので、核兵器施設の証拠隠滅ではないかという説もある。

3. CIA blocked the publication of report
Unfortunately, last year the CIA blocked the publication of his 500-page manuscript, "Inside China's Nuclear Weapons Program," alleging it contained classified information, says the FAS Project on Government Secrecy.
CIAが阻止した報告書の発行
しかしあいにくにも昨年CIAは、彼の500ページにも及ぶ報告書『Inside China's Nuclear Weapons Program=中国の核兵器開発の内情』の原稿を差し押さえて、発刊されるのを阻止してしまった。その理由として、スティルマンレポートには政府の機密情報が含まれており、国家機密にかかわるFASプロジェクトに触れているからだと説明している。
d0123476_1682963.jpg
▲震源地にもっとも近い町、文川県映秀地区の人口は、今回の一連の報道では1万人とも2万人ともまちまちに公表されているが、元々の地域住民は1万人しかおらず、その他は核施設勤務の中国空軍兵士や研究施設スタッフ、外国からの核研究要員が流動的な員数で「駐屯」あるいは長期出張滞在していたものと思われる。そうしたスタッフの宿泊施設とおぼしき、山間の村落には不釣り合いな瀟洒な中層マンションが地震前までは林立していた。写真のテントは1万人以上が死亡したと言われるこの地域の急造の遺体仮安置所。手前を遺体を収容して運ぶ作業員が見えるが、何か「固まり」のような形状になっているのが異様である。

4. INPC's mountainous location near Dashiba
"Here are some details about the South Western Institute of Nuclear Physics and Chemistry (INPC), which is located in the mountains a two hour drive from Mianyang. It's near the town of Dashiba, which is closer to the epicenter.
ダシバの山中にあるINPC=核物理化学南西研究所
ここでは、South Western Institute of Nuclear Physics and Chemistry/INPC=核物理化学南西研究所に関するいくつかの情報に関しても挙げておくが、この施設は綿陽市から車で2時間ほど山奥へ入った位置にあり、人家のある村落としては震源地にもっとも近い、ダシバ (Dashiba) の町の近郊に存在する。
d0123476_14265668.jpg
▲左:映秀や北川と相似した地形、「急峻な山地の谷間の急流の曲がり角」に立地する北朝鮮のヨンビョン核施設 /右:イスラエルの核兵器施設はネゲブ砂漠の真ん中にある公然の秘密

5. Experiment of plasma physics, thermal-neutron,....
INPC facilities include high-temperature and high-density plasma physics laboratories, a thermal-neutron experimental reactor, a pulsed fast neutron reactor, a high-power laser installation, and various accelerators. There are no doubt many scientists in the U.S. who have colleagues and friends in Mianyang. If you have contact with them, please let us know.
プラズマ兵器・ニュートロン兵器も開発か
INPC核物理化学南西研究所の施設には、高熱高圧プラズマ物理学研究所、熱中性子融合実験炉、超高速中性子融合炉、ハイパワーレーザーシステム、その他各種アクセルレータ(中性子抽出のための超高速加速装置)施設などが含まれている。これらの事実から、米国の科学者の多くに綿陽地区に出張滞在する仲間や友人がいることは疑うべくもない。もし彼の地にいる知人から連絡があったら、その情報をぜひ知らせていただきたいものである。

【米国時間 2008年6月2日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_22154913.jpg
▲特に注目していただきたいのが、上から3番目の右側の写真で川の合流地点の堤防に沿って塗り固められたコンクリートの地面。この上にクローズアップしたが、地震から36時間後まだ住民の75%の1万人以上が生き埋めになったままの14日朝の段階で、これら一連の映秀地区の航空写真が新華社のサイトに登場。世界中のメディアやブログに転載された。
d0123476_1625996.jpg
▲しかし人命救助そっちのけで、蟻のように見える数十人の兵士がコンクリートを流してこの区域一帯を「カバー」しているのが見てとれる。写真の説明には単に「映秀地区の空撮」と日付しかなかったが、北朝鮮やシリアの核施設の例では、こういった川に沿った部分には原子力燃料炉と取水施設がある。こうした施設が崩壊したので、放射能漏れを防ぐのとメディアの目から隠蔽するために、人命救助そっちのけで緊急に工事しているとしか思えない。青い点に見えるのは、後日の地上で撮った写真で判明したが、遺体収容用のテント。右側のコンクリートの上に1張りだけ離れて設置されたテントは、「核物質」収容用か。
d0123476_1553913.jpg
▲この写真は上の写真と同じ場所を反対方向から撮った空撮。日付はついてないがネットに掲出になったのが30日。コンクリート急造の時点から2週間以上経っている。住民に対しては早い時点で一斉退去命令が下っており一般市民は皆無のはずなので、軍隊駐屯用とおぼしき多数の青いテントが急造されている。中央上部にヘリポートらしき三角形の敷地が見えるが、そのすぐ右下の黒い円形の部分が謎の箇所。この上の写真では、地震直後に円形に盛り上がるようにコンクリートで固められている。この直下に核関連の施設が存在したのではないか。
d0123476_22194839.jpg
[ Non-proliferation Treaty ]
China is a nuclear weapons state, party to the Nuclear Non-Proliferation Treaty (NPT) under which a safeguards agreement has been in force since 1989, with the Additional Protocol in force since 2002. China undertook nuclear weapons tests 1964–96. Since then it has signed the Comprehensive Test Ban Treaty. In May 2004 it joined the Nuclear Suppliers' Group.

China has Peaceful Use agreements for nuclear materials with Canada, USA, Germany and France. The Canadian one is very similar to Australian bilateral safeguards agreements.

All imported nuclear power plants — from France, Canada and Russia — are under IAEA safeguards*, as is the Russian Hanzhun centrifuge enrichment plant in Shaanxi.

A significant number of military production reactors and other plants, with the related Chinese Academy of Engineering Physics, are in Sichuan province.

* though only one is listed in IEAE 2005 Annual Report: Qinshan.

NPT 核非拡散条約締結国
翻訳中
d0123476_2220523.jpg
»» 次号「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害 へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8025014
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8025014

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 大紀元が伝える「四川省地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のINPC南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-02 22:08 | 四川大地震と核施設

ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発施設

f0127501_128435.gif

   ||| 四川大地震と中国の核兵器施設  |||

d0123476_2113447.jpg
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地
ダシバ山中の INPC南西研究所では、プラズマ兵器・ニュートロン兵器も開発か


d0123476_18552829.gifこの前の号で書いたように、中国の核施設は四川省内に集中して存在することは、一部核の保安に関心のある者には、従来から知られていた。私自身、一昨年の北朝鮮の核問題や昨年の「イスラエルによるシリアの核施設爆撃」に関しては、特集で記事を組んできた。その際に少々調べた資料を介して、あくまで概略ではあるが、中国の主要な各関連施設は四川省にかたまっているという事実も把握していた。
d0123476_2121222.jpg
なので、5月12日に「四川省で激震」という臨時ニュースが入った時点で、真っ先に頭に浮かんだのは「地下核実験に失敗したのか?」という疑問だった。しかし、3月以来のチベット問題で、四川省の山岳部にはチベット人やチャン族などの少数民族が、人口のかなりの部分を占めて住んでいることも頭にあったので、彼らに被害が及ばないように「そんなとんでもないことがあっては困る」という気持ちが強く、すぐに否定して地震のニュースを追っていた。
d0123476_2124811.jpg
しかし、これまでに延べで数えると数千枚になる報道写真に目を通してきたが、気になる写真がどんどん出てきた。先ず第一に、中国政府の対応が驚くほど迅速だったこと。地震発生から2時間後にはすでに数個師団の軍隊を現地に投下している。しかも、その壮行式らしき背景には巨大なバナーまで用意されていた。それがそもそもの疑問の始まりで、その後はどう見ても「核」が関連しているのではないかと思われる、震災現場のただならぬ壊滅状態の写真が、文字通り「山が動く」というほどの巨大な規模で、数千枚続いた。
d0123476_2132079.jpg
もし地下核実験の失敗だとしたら、地上での実験とは違って、爆風や閃光はもちろん出現する訳はない。しかし凄まじいまでの山の崩れよう、*文川県の映秀地区、綿陽市管轄の北川地区、什方*管轄の*汉王/漢王地区など、震源地に近い町の倒壊の現場は、地震というよりも被爆で粉々になったと説明した方が納得のいくほどの徹底した壊滅状態である。写真は主にGetty imagesのものを利用しているが、ロイター、AP通信ともに現地へ特派記者を投入してどんどん写真を上げている。不思議なのは、写真は膨大なのだが記事が少なく、しかもその内容はみな新華社通信の受け売り的なつっこみの浅さである。
【四川省の関連地名:*文川(ウェンチャン・ヴェンチュワン/Wenchuan)県の映秀(インシュウ・インジュ/Yinxiu)地区、綿陽(ミャンヤン・メンヤン/Mianyang)市管轄の北川(ベイチャン・ベイチュワン/Beichuan)地区、什方*(シーファン/Shifang)管轄の汉王/漢王(ハンワン/Hanwang) ただし*文川の「文」にはさんずいが、什方*の「方」にはおおざとがつきます】
d0123476_213573.jpg
私としては何としても核施設がどうなったのか知りたくて、ネット上で関連情報を探ってきた。しかし一般のニュースサイトでは、日本も欧米もみな中国政府発表の内容を公表するに過ぎず、従って紛失・回収した核物質が、当初は13個、次は33個、そして先週末の段階では99個と、あれよあれよと言う間にトリプルゲームが繰り返された。さらには、どこで・いつ・一体「なに」を紛失したのか?という、馬鹿でも疑問に思う基本的な項目が明らかにされないままである。こんなふざけた報道があるだろうか。ことは「核」である。中国は世界に対して事実を知らせる義務がある。
d0123476_2143764.jpg
大体、真っ先に諮問するべき国連の IAEAから、一切声明が出されないのが不思議だった。と思う間もなく、温家宝首相が被災地へ赴き激励して回る姿がテレビに……後を追うように胡錦濤主席が被災者を慰問……そしてようやく国連の潘基文事務総長が四川省へ。しかも、大量の取材陣を引き連れて、震源地にもっとも近いと思われる映秀の廃墟を視察させ、わざわざ「これは天災(Natural disaster)である」と宣言させている。地震は天災に決まっているではないか。国連の事務総長に現地でわざわざ「天災」宣言をさせるところが、偽装くさい。
d0123476_215949.jpg
百歩譲って60年に一度の天災だとしても、まずは核施設の安全性に関して公表するのが国際的道義だろう。北京政府がうやむやなので、いきおい全世界のメディアも「盲、象をなでる」的なもどかしいニュースで終始する……… 独自のルートで欧米のネット界で色々情報を読み込んだが、その中でようやくきらっと光るダイヤモンド原石のような一文につき当たった。しかも、地震の翌日の13日以来、メディアの表層に浮いていたのである。灯台下暗し。
d0123476_2154116.jpg
そのサイト名は『Science Friday』。これは日本のNHKにあたる公共放送 NPR (National Public Radio)が毎週金曜に流す科学関連の情報番組のウェブサイトである。そのブログ部分に掲載されていたジョスリン・フォード女史の『Sichuan Quake & Nuclear Weapons』というコラム。読んでいて「探していたのはこれだっ」と思ったのは、「四川省の核施設のエキスパートであるダニー・B・スティルマン氏の調査報告書の発行を、CIAが差し止めた」という箇所を読んだときだった。
d0123476_2161418.jpg
それ以前から、中国核開発の原料をフランスが輸出する条約締結が昨年ニュースになったり、米軍との相互乗り入れの新型兵器開発の噂などがネットに上がってはいたが、核の専門家による内部情報は読んだことがなかった。メディア界ばかりを探索していたからなのだろうが、学会の連中にはどうも常識だったようなのである。このジョスリン・フォード女史も、別に大上段に構えるわけでもなく、あっさりとCIAから待ったがかかって……とか、プラズマ兵器や中性子兵器の存在にまであっけなくふれていて、カジュアルなブログのつもりで気楽に読んでいた私としては、椅子からずっこけるほど仰天してしまった。特に、提携しているのがロシアではなく米国というのが、私にとっては目からウロコだった。
d0123476_2164214.jpg
なるほど、だから欧米のメディアにも規制がかかっているわけだ……と変に納得のいったコラムをこのすぐ次に翻訳して紹介する。興味のない方にとっては、だからどうなのという話題かも知れないが、核の安全性と紛失した「物体」の行方を知りたい方々にとっては、まさにダイヤモンドの原石のような情報である。CIAが発禁処分にしたという『スティルマンレポート』を、何としてもこの目で読みたいものではある。

【米国時間 2008年6月1日 『米流時評』ysbee記】

[ Sources ]
Country Nuclear Power Profiles: IAEA—2003
Nuclear Power Development in the Asia Pacific Region: ANSTO—June 2001
The Future of the Nuclear Industry in China: CNS Bulletin, p.8-11—August 2000
Uranium 1999: Resources, Production and Demand; OECD/NEA—2000
Nucleonics Week: Power in Asia (featured articles)—Nov. 27, 2003
Nuclear Europe Worldscan: March–April 2000
Zhang Z. & Yu S. 2002: Future HTGR Developments in China after HTR-10;
Nuclear Engineering & Design — p.218, 249-257
US EIA China Brief: July 2004
Qiu J, 2006: Status and Plans for Nuclear Power in China;
World Nuclear Fuel Cycle conference — April 2006
CNNC & CGNPC web site


»» 次号 CIAが発禁にした中国核兵器開発報告書『スティルマンレポート』 へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8024225
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8024225

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 大紀元が伝える「四川省地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のINPC南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-01 21:32 | 四川大地震と核施設

「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実

f0127501_128435.gif

    ||| 中国の少数民族ディアスポラ |||

d0123476_16542415.jpg
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監


d0123476_18552829.gifまずお詫びから先に。メモリアルデーの3連休の終わりに風邪を引き、ここ5日間ブログの更新が止まっていたことをお詫び申し上げます。しかし、その間に数限りない欧米や中国の英文記事を読み、写真やビデオをくまなく見てきて、少なからず分かった事実がある。地震発生以来、茫漠と抱いてきた私なりの疑惑が、事実が積み重なるごとに、次第にその相貌が明らかになってきた。

疑惑というのは事象的には数限りなくあるが、大きく主軸をまとめれば、四川省地震から派生した「核施設崩壊」と「少数民族大移動」というふたつの大きなテーマである。ひとつは、今現在も続く一連の地震と核施設とは無関係ではないこと。もうひとつは、胡錦濤が主導する中共政府は「計画的施策か、結果的便乗か」という議論は別にして、明らかにこの機に乗じて四川省アバチベット族・チャン族自治県の少数民族を、根こそぎ生まれ故郷から移動させて難民化し、一種の強制収容所へ囲い込もうとしていることである。
d0123476_175753.jpg
▲トップの写真:12日の烈震の震源地にもっとも近い町、四川省北西部、文川県(実際はさんずいに文)の映秀地区(Yinxiu=インジュ)。私がここに核施設があったと確信する理由は、人口わずか2万人という小さな町にもかかわらず、立派なホテル「北川大飯店」があったこと(北京あるいは外国の要人用、現在は倒壊)。山間の小さな村落にもかかわらず、ほとんど全ての建物がモダンな高層ビルであったこと。しかし全建築物の85%以上が倒壊、残った建物には爆破命令が下ったこと。

また、住民の75%がほとんど即死していること。生き残った負傷者はヘリで一旦は成都市の病院に収容されたが、その後北京へチャーター機や特別列車を仕立てて隔離護送されたこと(取材は一切拒否状態)。一番上の写真に見られるように、市内の建物は壊滅状態。死体は一体ずつでなく、まとめて丘の上へ運ばれ大量埋葬されていること(トップ写真)。しかもその墓穴は尋常でなく深く掘られていること(下から3番目の写真)。そもそもの立地条件が、北朝鮮の核施設やシリアの核施設とまったく相似した立地条件の、急流の曲がり角に施設があったと思われること(核燃料棒冷却用の取水が容易) ……その他、数限りなく条件が挙げられる。(詳細は次のエントリーへ続きます)

  【米流時評・参考記事】 特集『中東核戦争』
  10/28/2007 「衛星写真が写したシリア核施設の証拠隠滅」
  01/13/2008 「シリア核施設とホルムズ海峡事件の謎を解く」


▲この上の写真の巨石をご覧頂きたい。どう見ても自然に崩落したものとは思えない。核爆発で吹き飛ばされたのではないか?という疑問の湧く奇怪な形状である。
▼下の写真:ゴーストタウンと化した綿竹市(Mianzhu=ミャンズー)の中心街。600人の小学生が倒壊した校舎に生き埋めになって死亡した町だが、崩壊した建物の鉄筋が飴細工のようにねじ曲がっている。地震と言う物理的な力でここまで曲がるものだろうか?
d0123476_176539.jpg
ひとことで分かりやすく例えれば、現在四川省で進行している被災地からの避難、あるいは強制的立ち退きは、中国における「少数民族のディアスポラ」に他ならない。ディアスポラというのは、バビロン捕囚でユダヤ人がそれ以降4千年の放浪の民の運命を辿るきっかけとなった強制移動で、古代史の一大転機である。それとまったく同じ少数民族の大移動と、それ以降の永久難民化を、地震からの避難という天災の助けで「被災地からの避難」という名目を借りて、中共政府は堂々と行なっている。

▼この写真はM7.8とも8.0とも言われる5月12日の烈震が襲った翌日の信苑(Shifang)の被災者。住居は全壊、毛布にくるまった負傷者は頭に包帯を巻いているので、救急隊の手当を受けたものと判断できるが、手前の親子は生死不明。何の処置も施されず放置されているので、死体ではないかと思われる。このときはまだ、瓦礫の下から生存者を救出するのに懸命だった時点。
d0123476_1765258.jpg
被災地の奥地などへは、2週間も経つというのにいまだに未踏の陸の孤島のままの村落が、各地に多々残されたままである。そうした地域の情報は、地震以来一切途絶えている。また核施設の銀座と呼称された北川県(Benchuan)、汶川県(Wenchuan)の映秀地区(Yinziu)、綿陽市(Mianyang)管轄の汉王(Hanwang)、青川(Qingchuan)地区、などの被害は、地震後3日間は皆無。その後当初は空撮写真で、そして1週間も経ってからやっと現地に足を踏み入れたジャーナリストの報道写真で、みなさんもご覧になったことと思う。

▼文川県映秀地区で、あまりにも変わり果てた家族の遺体を確認後ショックで倒れた遺族。左端の黄色いボディバッグの遺体はのっぺらぼうの異様な状態。核か化学薬品がかかわった事故による死亡ではないだろうか。普段は死体の写真などエログロ関連は徹底して載せない方針だが、今回は震災にかこつけて覇権のチャンスに利用する中国政府の隠蔽を暴く意味であえて公開する。
d0123476_1774499.jpg
しかし、目を凝らして洞察すると、その中で確実に疑問に答える数枚があった。読み通した記事は数百にのぼるが、疑問に対する適切な解答を与えてくれる記事は、驚くべきことだが皆無である。ほとんどが中国政府の発表の受け売りで、そんなものは新華社通信の英文記事を読むのと変わりなく、何の役にも立たない。むしろ、無言のうちに巨大な疑問を投げかける写真の力に圧倒される。ここでご覧いただくのは、そうした私なりの疑問と同じ方向を示す一連の写真で、決して解答ではないが、写真に添えた私なりの解釈を読んで頂いて、報道では知らされていない隠された真実に、一歩でも近づく一助になればと思い、あえて冒険を承知で発表する。

▼これも映秀地区。通常は瓦礫から掘り出された遺体は、ボディバッグに収納されるか最悪毛布をかけられ急遽埋葬されるはずだが、このトタンのような金属板で遺体の四方を囲っているのは異様。この謎が解けたのは、ホリデイの最終日に『インディアナ・ジョーンズ』を見た時である。ネヴァダの砂漠の核実験現場に主人公が迷い込み、核爆発の放射線を避けるために鉛の金属板張りの冷蔵庫の中に逃げ込むが、このシーンを見てハタ!と思い当たった。この写真の金属の囲いは、放射線よけの応急処置ではないかと思われる。特別に保存しているのは、遺体が一般市民ではなく、核施設に勤務していたスタッフだからではないだろうか。核物質が紛失していることから、生死に関わらずスタッフの身元確認が急務になっているはずだ。
d0123476_1792243.jpg
すでに4月半ばに『フリーチベットブロガーズ』のサイト妨害で、サーバ自体をクラッシュさせられた。また今月半ばには、敬愛するブログの盟友『陳さんのWorld View』が突然閉鎖の憂き目に遭っている。その後すぐに別のブログサーバで再開したが、中国に手厳しい批判の声を上げるブログにはうんざりするほどのスパムTBが蝟集する。それに嫌気がさしてブログを中止してしまったブロガーを、ひとりならず知っている。3月のチベット問題発生以来、中国の弾圧に対する告発の声が高まるとともに、そうしたブログへの妨害活動も激しさを増したように思える。

▼映秀地区を見下ろす高台に掘られた、深い塹壕のような急造の死体埋葬場所。墓地というにはあまりに杜撰な埋葬で、ナチスドイツが強制収容所でユダヤ人の死体を埋葬した方法と酷似している。深さは7〜8メートルほどもあり延々と続いている。この大量墓地(mass grave)の謎は、いつ掘削されたのか? なぜ山の上なのか? 作業の兵士はなぜガスマスクを着用しているのか? などであるが、私の推理では地震よりも前に掘られていたのではないかということ。(5月14日の写真ですでに出現)平地で掘削作業をすれば小さな町なので目立ってしまうが、山の上なら住民から悟られずに作業が進められる。死体から発散する放射能とか化学物質の影響を避けるために、化学防疫服とガスマスクを着用、といったところ。ともかく不自然である。
d0123476_17101738.jpg
このエントリー以降は、特に中国の「核」と「少数民族政策」に関して書くので、私なりに覚悟を決めてここに掲出する。下手をすると妨害にあって、数時間で消される恐れもあるので、見た方は今回だけは出自とリンクがあれば転載自由とするので、なるべく多くの方に伝えてもらいたい。今現在、四川省で進行している大掛かりな少数民族大移動は、ナチスドイツがユダヤ人に押し進めた強制収容所への囲い込みとなんら変わらない、とんでもない謀略であることに気がついてほしい。

▼綿陽市汉王(Hanwang)地区も、ほとんどの建物が壊滅。住民には立ち退き命令が出た。写真は生まれ故郷の生家をカメラに収めて最後の別れを告げる生き残った少女。打撲傷なのか被爆のやけどなのか判然としない顔の傷が痛々しい。この地域もチベット族・チャン族などの少数民族が多く居住した地区で、地震後は死の町と化した。
d0123476_6124778.jpg
四川大地震は「災害救援」の体裁に隠れた、中国自治区の少数民族殲滅政策に他ならない。もしそれが言い過ぎであるというなら、少なくともチベット人やチャン族などの少数民族に対する「中国のディアスポラ」、バビロン捕囚ならぬ「北京捕囚」と呼べる永久難民化政策であり、彼らをデラシネとして漢人社会の最下層へ取り込む、巧妙な民族同化政策に他ならないということを。

【米国時間 2008年5月28日『米流時評』ysbee記】

▼信苑(Shifang)の化学工場の施設は12日の地震で全壊、アンモニアガスが噴出して一時周辺は立入禁止だったが、この写真は2週間以上経過したあと。手前の作業員が歩いているのはこうした施設へ引かれた鉄道。四川省内の道路と同様、中国の主要交通手段である鉄道も至る所で寸断され、復旧の見込みは立っていない。
d0123476_17105798.jpg
»» 次号「ついに解けた核の謎!」四川省綿陽市周辺は中国の核兵器開発と実験施設の本拠地
d0123476_1023580.jpg

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7997269
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7997269

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


休みの間にランキングが下がってしまいました。挽回でクリック!
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
『FTB フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


5/25 「チャイナシンドローム」廃墟と化した死の町北川に爆破指令

5/24 「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21 「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20 「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま


5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事

[PR]
by ysbee-2 | 2008-05-24 17:24 | 四川大地震と核施設
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30