「ほっ」と。キャンペーン

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:海賊シージャック( 13 )

海賊・失踪事件は嘘?国家レベルの機密物資闇取引?

f0127501_128435.gif

   ||| 謎の貨物船オデッセイ・完結編 |||

d0123476_13424926.jpg
 ロシアは貨物船海賊事件の被害者か?闇取引を仕掛けた国際的陰謀の画策者か?
 スウェーデン・ロシア・英国・マルタの海事専門家が推理する貨物船ミステリー


前号「貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相」からの続き
モスクワ発 |バルト海で海賊に襲われ、英仏海峡を通って大西洋を南下、行方不明になってから3週間後にアフリカ西岸近海のカーボベルデ諸島沖合の洋上で発見された(と一応ロシア政府からは発表された)謎の貨物船アークティックシー号。錯綜した航跡と同じように、その所属形態も複雑だ。
船の本当の持ち主はロシア
船のマストに掲げられたのは、船籍登録をしたマルタ共和国。運行管理はフィンランドの海運会社ソルチャート社だが、最終的な経営権はロシアにあり、ロシアのアルカンゲルスクに本社を置く姉妹会社が、操縦から一切の船の運航技術面を請け負っていた。救出された(と伝えられている)15名のロシア人乗組員は、全員アルカンゲンスクに住んでいることがわかった。
d0123476_14153318.jpg
Officials Knew Where 'Missing' Cargo Ship Was
AUGUST 18, 2009 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
11. Ship's real owner is Russia

The Arctic Sea, which flies under a Maltese flag, is operated by the Finnish company Solchart, which has Russian management and a sister company providing technical support in the Russian city of Arkhangelsk, the home of all 15 crew members.


d0123476_1539544.jpg
  AUGUST 19, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年8月19日号
 f0127501_457513.gif
 謎の貨物船オデッセイ・完結編 ロシアが隠蔽する貨物船の秘密
 米国時間 2009年8月18日午前7時43分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_13335654.jpg
12. Why no contacts from crew?
MOSCOW — Mikhail Voitenko, the editor of the online Maritime Bulletin-Sovfracht, said he had spoken with some of the Arctic Sea's sailors. However, after conversation he was more puzzled than ever. "The vessel had all the necessary modern means of communication and emergency alarms, and was located in waters where regular mobile telephones work," he said at a news conference.

乗組員はなぜ連絡できなかったのか?
ロシアの海事情報サイト「Maritime Bulletin-Sovfracht=ソヴフラヒト海事情報」の編集者ミハイル・ヴォイオテンコ氏は、救出されたアークティックシー号の乗組員のうち数人と電話で話すことができたと語っている。しかしながら彼は会話を交わしたあと、実際には謎が解けるどころか、それ以前よりももっと訳が分からなくなったと述介している。
「あの船には、必要な限り最先端の通信設備と緊急時の信号発信装置が備えてあったはずなのに?しかも普通の携帯が使える海域を航海していたにもかかわらず、なんで連絡が取れなかったのだろうか?」
d0123476_13405520.jpg

13. Operation cost more than cargo+ship

"To hijack the vessel so that no one makes a peep — not one alarm goes off — can you imagine how that could be? I can't." Voitenko, whose company Sovfracht specializes in anti-piracy security consulting, said the hijacking was beyond the means of ordinary pirates. "The operation cost more than the cargo and ship combined," he said.

積載物よりもはるかに高額な作戦費用の謎
翻訳中
d0123476_13351880.jpg
 まだロシアの港湾に停泊していた時点のアークティックシー号。海賊は右舷にある緊急脱出用の赤いボートで逃走。

14. Carrying undeclared cargo with state interests?

Finnish port officials in Pietarsaari confirmed the timber was on board before the Arctic Sea left and said no radiation had been detected on board. Voitenko said he suspected the freighter was carrying an undeclared cargo and that state interests were involved. He refused to elaborate.

国家レベルの機密物資を搭載か?
貨物船アークティック号がフィンランドのピエタルサーリ港を出航する前に、フィンランド港湾管理局の税関官吏が積載物をチェックしたが、届け出の貨物は木材で放射線反応もなかったと証言している。しかしながらヴォイテンコ氏は、貨物船には提出書類で出港許可を得た木材以外の、国家レベルでの利害関係が絡んでいる機密の積載物が積まれていたものと推測している。彼はそれ以上の推理の展開は控えた。
d0123476_13363128.jpg

15. Suspicion of Russian SS involvement

Prominent analyst Yulia Latynina also said she believed the ship had a secret cargo, and noted that before setting sail the freighter was in the Russian port of Kaliningrad for repairs. Latynina, writing in the online Yezhednevny Zhurnal, said she suspected the involvement of special services.

ロシアの秘密警察が関与の疑惑
翻訳中
d0123476_1337132.jpg
 
16. Far-fetched state involvement

She and others have reported widespread speculation that the Arctic Sea was smuggling nuclear materials. British maritime security expert Nick Davis said he considered state involvement to be far-fetched and predicted it would turn out to be "a straightforward case of criminals trying to extort money out of an owner."

当初から国家レベルでのオペレーション
翻訳中
d0123476_1337562.jpg
 
17. Mystery of ransom made

Finnish investigators said a ransom demand had been made, though it was unclear to whom. Swedish police were still investigating. Police spokeswoman Ylva Voxby said they had received pictures of the crew's injuries from the Arctic Sea's operator, which had received the pictures from the ship by e-mail.

支払われた身代金の受取人は誰?
翻訳中
d0123476_13383444.jpg
 
18. No witness confirmation yet

Voxby also said Swedish police still haven't received any witness reports confirming that an inflatable boat approached the freighter in the Baltic Sea. However, police have confirmed through radar pictures and other vessels in the area that the Arctic Sea made strange movements at the time of the alleged hijacking.

第三者による海賊の目撃者ゼロ
翻訳中
d0123476_13391879.jpg
 船のオペレーションをあずかるフィンランドの海運会社ソルチャート社の壁にあった貨物船現在位置を示す地図

19. Murky by Moscow's Information firewall

Davis, of the Merchant Maritime Warfare Centre, said the full story may never be known, in part because the Russian government has been playing it down. The government initially appeared reluctant to take action. Moscow only sent Russian Navy to search on Aug. 12 after relatives of the crew publicly appealed for help in finding the missing ship.

ロシア政府の情報管制で真相は謎のまま
翻訳中 
謎の貨物船オデッセイシリーズ<完了>

【 米国時間 2009年8月19日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_140589.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「リビア人テロリスト釈放の陰にBP英国石油の闇取引」
▶ 前号「貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10148314
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10148314

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

ブログランキングでは、ベスト10にカムバックまでもうひとがんばり!
  
d0123476_164733.gif

 ブログ村の国際政治部門でちょっと下がりました。応援をよろしく!


*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-08-19 14:36 | 海賊シージャック

謎の貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相

f0127501_128435.gif

   ||| 謎の貨物船4週間のオデッセイ |||

d0123476_9563428.jpg
 謎の貨物船オデッセイに終止符?ロシアが隠蔽するカリーニングラードの秘密
 バルト海で失踪してからカーボベルデ沖で発見までの3週間、何が起きたのか?


d0123476_16582178.jpg まっさきに、次号の予告を。(正確には次々号)
 ここ1週間エントリのアップが遅れていたのは、
 みなさん多分見当がついていたと思いますが、
 膨大な量の関連記事やブログ情報、写真を洗っていたからです。

 お察しの通り、実質的には「オデッセイ」とも言える
 ロシアの貨物船の消失から発見までの航跡。

 謎の貨物船アークティックシー号のミステリーを解明しているうちに、
 実は とんでもないダイヤモンドの鉱脈に
 つきあたってしまったようです。
d0123476_10161336.jpg
 その謎を解く鍵は、次号で解説しますが。
 「カリーニングラード」であり、
 もうひとつは「マルタの騎士団」。

 おまけに核と石油と、リビアとスコットランドまで絡んでいたとは!

 次回のエントリは、あくまで私個人のつきとめた推論ですが、
 まだ欧米のブログでも解明していない謎が、
 するっと解けたような展開です。お楽しみに。

【米国時間2009年8月18日『米流時評』ysbee】
d0123476_1085934.jpg
 *今回のエントリの写真は段落 (2) を除いて、すべて英国南部の海岸から見た英仏海峡です。

d0123476_1539544.jpg
  AUGUST 18, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年8月18日号
 f0127501_457513.gif
 謎の貨物船オデッセイ・完結編 ロシアが隠蔽するカリーニングラードの秘密
 米国時間 2009年8月18日午前7時43分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1531837.jpg
8 Arrested in Mystery of Vanishing Freighter
Russia: Hijackers ordered crew to take vessel thousands of miles off-course
AUGUST 18, 2009 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

1. The cargo was not missing!
MOSCOW — For more than two weeks, the freighter Arctic Sea seemed to have vanished in the Atlantic Ocean's vastness, but officials said Tuesday they knew where it was all along and were just staying mum in order to bring a dangerous hijacking drama to a bloodless end.

ロシアは一部始終の消息を知っていた
モスクワ発 |貨物船アークティックシー号は、すでに2週間以上、茫漠たる大西洋のどこかで消息を絶ったと思いわれていた。ところが19日火曜になって、実は船の関連各国の関係者一同、貨物船の所在を一部始終知っていながら、最後まで沈黙していたという新しい事実がわかった。
関係者の説明では、船がハイジャックされたという危険なドラマを、流血を見ることなく安全な結末で終わるよう気遣ったための隠蔽だったと言う。
d0123476_101125.jpg
 ドーバーの白い崖から見下ろすイングリッシュチャネル=英仏海峡の絶景 晴れた日には永遠が見えそうな場所だ

2. Missing ship found off Cape verde

A Russian naval vessel reached the Arctic Sea late Sunday in waters near Cape Verde, thousands of miles from the Algerian port — primarily destination to dock on Aug. 4. Russian Defense Minister Anatoly Serdyukov said Tuesday that eight suspected hijackers were in Russian custody. It was the first official confirmation that the ship had been attacked, after weeks of rumors and clues about why the vessel might have disappeared.

ロシア巡洋艦がカーボベルデ沖で貨物船発見
船舶行方不明・海賊襲撃事件が世界的ニュースとなってから捜索のために出動したと伝えられていた、ロシア海軍の艦隊のうちミサイル巡洋艦が16日日曜午後、大西洋をはるかに南下したアフリカ西岸に近いカーボベルデ諸島の沖合で問題のアークティックシー号を発見した、とロシアの国営メディアを介して報道された。
d0123476_17282833.jpg
 アフリカ西岸のセネガルやギネアビサウとは対岸の大西洋上のクレオールの島 カーボベルデ諸島沖で貨物船を発見

3. First official confirmation of highjacking

Russian Defense Minister Anatoly Serdyukov said Tuesday that eight suspected hijackers were in Russian custody. It was the first official confirmation that the ship had been attacked, after weeks of rumors and clues about why the vessel might have disappeared.

ロシア海軍「海賊行為」として初めて公表
それから2日後の18日火曜の記者会見で、ロシアのアナトリー・セルジュコフ防衛相の口から「船は海賊にハイジャックされ、その犯人8名を逮捕した」と発表されたが、これがロシア政府からの「海賊行為があった事実」の初の公式発表となった。それまでは何週間も詳しい事実は一切公表されなかったため、貨物船が大西洋上で忽然と消えた事件をめぐって、ありとあらゆる噂が流布する原因となった。
d0123476_10145622.jpg

4. Everybody knows everything!
The Maritime Authority in Malta, where the Russian-crewed ship is registered, said in a statement late Tuesday that "The movements of the MV Arctic Sea were always known for several days, not withstanding reports that the ship had 'disappeared.'" Authorities in Finland, Malta and Sweden had agreed not to disclose any sensitive information in agreement to avoid jeopardizing life of the crew and to keep ship in safe and integrity, the statement said.

関係国全員が事実を隠蔽!
一方、地中海の真ん中の島国マルタ共和国は、ロシア人の乗組員が乗り込んで行方不明になった貨物船が船舶登録をした国であるが、マルタ海運局でもまた18日火曜午後の段階で、次のような記者発表を行なった。
「わが国の海運局の関係者は、ここ数日のアークティックシー号の動きはずっと把握していた。しかし実際問題として、問題の船が消えたという情報を肯定するには、やぶさかではなかった。」
フィンランドとマルタ、スウェーデンの三国とも、微妙な問題にかかわるために、船の存在確認を公表しない事に同意していたという見解を表明した。船の存在を機密にしていた理由は、船の乗組員の命と船の安全を危険に晒すのを避けるためだったと、当事国は供述している。
d0123476_18455731.jpg
 夕暮れが近づくとエトルタ海岸にそそり立つドーバーの白い崖も黄昏色に染まる。映画『Atonement』の舞台

5. Highjacked off the Gotland island, Swedish

The ship left the Finnish port of Pietarsaari with a load of timber on July 21. More than a week later, Swedish police said they were investigating a report that masked men had raided the ship and beat the crew near the Swedish island of Gotland before speeding off 12 hours later.

スウェーデンのゴットランド島沖で襲撃
貨物船は7月21日に木材の積み荷を搭載して、フィンランドのピエタルサーリ港から出航した。それから1週間以上経過した時点でスウェーデン警視庁から記者発表があった。
その内容によると、貨物船がスエーデンのゴットランド島近海を通過した時点で、覆面をして武装した一団が船に乗り込んで、乗組員を殴打し縛り上げるという海賊事件が発生した。船を襲撃した一団は、それから12時間後には、貨物船に備えてあった緊急脱出時の救命ボートに乗って、海上を走り去ったと報告されている。
d0123476_101231100.jpg

6. Armed hijackers tied up the crew
The armed hijackers had boarded the freighter under the pretext that there was a problem with their inflatable craft, Serdyukov reportedly said. They then forced the crew to change course and turned off the Arctic Sea's navigation equipment, he said, according to Russian news agencies. The ship's signal going dead coincided with news of the reported attack.

武装した海賊が乗組員を縛り上げ脅迫
武装したハイジャッカーは当初、彼らの船の緊急脱出用ボートに問題が起きたという理由で、援助を求めて船に近づいて乗り込んだという、セルジュコフ防衛相からの説明も報道された。
しかしいったん船に乗り込むと、彼らは一変して銃で脅して乗組員を縛り上げ、アークティック号のナビゲーションシステムや通信装置をすべて遮断し、針路を変えるように命令したという。以上はすべて、ロシアの国営メディアで発表された内容である。
d0123476_10182835.jpg

7. Last contact on July 28 off Bay of Biscay
By the time the report of the attack had emerged, the ship had already passed through the English Channel, where ship made its last known radio contact on July 28. Signals from the ship's tracking device were picked up off the French coast late the next day.

ビスケー湾沖からが最後の交信
しかしながら、アークティックシー号が海賊の襲撃を受けたという報告がなされた時点では、船はすでに英仏海峡を通り抜けてしまった後だった。海峡を通過したのは7月28日だが、同船はその時点でフィンランドの海運会社と最後の無線交信を行なっている。
一方、翌日の午後にも、同船が自動的に発信していたGPSの地上位置確認用の電波が、フランスの沿岸地域で傍受されている。
d0123476_10201543.jpg
ユーミンが荒井由美だった頃の「海を見ていた午後」を思わず口ずさみたくなる ソーダ水の中を貨物船がと〜お〜る

8. Highjackers: Estonian, Latvian, Russians

The suspected hijackers — citizens of Estonia, Latvia and Russia — were arrested without a shot being fired, state news agencies quoted Serdyukov as saying. The ship's 15 crew members were safe and were taken aboard by the navy for questioning.

犯人はエストニア人、ラトビア人、ロシア人
今回のハイジャック事件の犯人としてロシア政府の捜査当局に逮捕された容疑者は、エストニア、ラトビア、ロシア人の男性8名である。警察当局が一発の銃弾も撃つ事なく海賊を逮捕できたことを、セルジュコフ防衛相は快挙と賞賛したと、国営メディア各紙から報道された。
また貨物船のロシア人乗組員15名も全員無事救出され、ロシア海軍のミサイル巡洋艦ラトニー号に収容されて、事情聴取を受けているとも伝えられた。
d0123476_1853983.jpg

9. Mystery of 4-week odyssey
There was still no information on why they allegedly seized the Arctic Sea, an 18-year-old ship with a cargo of timber worth only $1.8 million. Security and maritime experts said the Arctic Sea's mysterious four-week journey pointed to something other than piracy, with some suggesting state involvement or a secret cargo, possibly of nuclear materials.

4週間のミステリー・オデッセイ
しかしながら、こうした一連の経過報告が報道されたにもかかわらず、肝心の疑問の要点「積み荷と言っても、たかだか1億8千万円相当の木材しかなく、建造年数すでに18年にもなる半老朽船のアークティックシー号を、なぜわざわざ海賊が襲ったのか?」という基本的な海賊行為の動機に対する疑問である。
海上保安と海事事件に詳しい専門家たちもまた、アークティックシー号の謎に包まれた4週間の航海を、海賊襲撃では説明がつかないと指摘する。彼らは、同号のミステリアスな航海は、何か別の要素、つまり機密物資の密輸、おそらく核兵器素材の運搬に国家レベルでかかわっているのではないだろうか、という疑惑を抱くようになった。

d0123476_13445910.jpg

10. 'Whole thing sniffy from start to finish'

Experts and officials across Europe said the saga of the missing 320-foot freighter was perplexing. "The whole thing has been sniffy from start to finish," said David Osler, a maritime journalist at Lloyd's List in London.

専門家「最初から最後までうさん臭いことだらけ」
事件が表立ってから3週間、ヨーロッパ中の海事専門家や政府関係者は、全長98メートルもの大型貨物船の消失事件について、その間の紆余曲折があまりにも込み入っており、つじつまが合わない事を一様に指摘する。ロンドンのロイズ・リスト社の海事専門情報誌の編集長デヴィッド・オスラー氏は、こうした疑惑を次のように表現した。
「ともかく一から十まで、終始一貫してすべてがうさん臭いことだらけですね。」

>次号「完結編・貨物船消失は嘘?ロシアはすべて知っていた」へ続く

【 米国時間 2009年8月18日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_10392867.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「完結編・貨物船消失は嘘?世界をペテンにかけたロシア」
▶ 前号「貨物船ミステリー10の疑惑・積荷の真相は核物質?」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10143683
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10143683

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

ブログランキングでは、ベスト10にカムバックまでもうひとがんばり!
  
d0123476_164733.gif

 ブログ村の国際政治部門でちょっと下がりました。応援をよろしく!


*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-08-18 10:45 | 海賊シージャック

貨物船ミステリー10の疑惑・積荷の真相は核物質?

f0127501_128435.gif

   ||| 貨物船ミステリー10の疑惑 |||

d0123476_19132159.jpg
 カーボベルデ沖で発見された貨物船、ロシア政府の発表でますます深まる謎の航跡
 偽装された航路? 搭載物資の実体は? 核物質搭載? ロシアンマフィアが関連か?


d0123476_16582178.jpg今週連載でお届けしている謎の貨物船のオデッセイ。
関連している国だけでも、海峡の数ほど多岐にわたる。
4千トンの大型貨物船の生まれたのが、地中海のマルタ島。
船を所有して運航するソルチャート社が、フィンランド。

 15人の乗組員が、なぜか全員ロシア人で、
 消息を絶った後の海軍艦隊出動 という大掛かりな反応からして
 積荷もどうも、ロシアに所属するものらしい。
d0123476_1352787.jpg
 そもそもは、7月にフィンランドの港湾から積荷出航して、
 バルト3国やドイツ北岸沖の バルト海を南下。

 さらに北フランスのブルターニュやノルマンジーの沖へ。
 ドーバー海峡と英仏海峡を通過して、
 この時点で、英国とフランスの海運局が関連。
 
 スペイン沖の大西洋を南下して、
 最終目的地のアルジェリアに向かうかと思われた。
d0123476_13492059.jpg
 この間に、船籍をおくマルタ島の海運局も、
 ビスケー湾の沖合からの発信を傍受。

 しかし、消息不明の海事事件が、世界の耳目を集めるようになり
 突然、身代金要求の発表が。
 「ヨーロッパの公海に海賊出現!」というので
 世界中のメディアがトップで報道。

 その時点では、すでにロシア海軍から
 戦闘艦と潜水艦が、それぞれ数隻発進していた。
d0123476_8164968.jpg
 それから2日後の8月17日、
 今度はフランスの主張していた通りの展開に。

 行方不明だった貨物船、アークティックシー号が
 アフリカ西岸沖のカーボベルデ諸島の海上で、
 消息を絶ってから3週間ぶりに「見つかった」というニュース。

 ロシア人乗組員は全員無事。
 2日後に犯人も8名逮捕された。(次号で詳報)
d0123476_8175835.jpg
 しかし、いったいなんで3週間も放置されていたのか?
 それまでは内密に捜索されていたのが、(もしくは探されていなかった?)
 世界が騒ぎ出してから突然に、ロシア海軍の艦隊が発進した。
 
 するとたちまち、カーボベルデ沖の海上の「現場」で
 「乗組員救出」「犯人逮捕」・・・という
 急転直下に解決したかに見える不自然な展開。
 
 この間の、緯度も経度も相当ずれるような
 船のアリバイの極端な食い違いは、
 いったい どういう理由で発生したのだろうか?
d0123476_19403787.jpg
 ロシアの国営メディア、タス通信から発表された海軍の経過報告、
 すなわち メドベージェフ=プーチン体制の
 ロシア政府の公式見解は、いつものことながら
 発表通りには、すんなり受け止められない。
 
 疑問に対する 確とした回答は得られないまま
 搭載物への疑惑は深まるばかり……
 謎の貨物船オデッセイの第3話です。
 
【米国時間2009年8月17日『米流時評』ysbee 】

 *注:掲載の写真はすべて、マルタ島の首都バレッタの、地中海の港町らしい風景

d0123476_1539544.jpg
  AUGUST 17, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年8月17日号
 f0127501_457513.gif
 貨物船ミステリー10の疑惑・積荷の真相は核物質?
 米国時間 2009年8月17日 | 英『ガーディアン』紙・モスクワ支局 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1465873.jpg
 アフリカとヨーロッパの中間で「地中海の飛び石」と呼ばれる島国、マルタの首都バレッタのヨットハーバー
Missing Cargo Mystery — 3
Russia Finds 'Piracy' Cargo Ship, But What Really Happened?
AUGUST 17, 2009 | Caroline Davies/Tom Parfitt — The Guardian | Translation by ysbee

1. 'Nothing in common with traditional piracy'
MOSCOW — Puzzling over speculation that the ship had fallen victim to pirates, a spokesman for the European commission, Martin Selmayr, said on Friday: "From information currently available it would seem that these acts, such as they have been reported, have nothing in common with 'traditional' acts of piracy or armed robbery at sea."

疑惑その1:ありえない海賊行為
前号「謎の貨物船カーボベルデ沖で発見!ロシア人乗組員は無事」からの続き
ザ・ガーディアン・モスクワ支局発 |問題の貨物船アークティックシー号が海賊の手中に堕ちたという憶測は、誰の首をもかしげさせるのに充分な前代未聞の出来事だった。EU本部のマーチン・セルマイヤー広報官でさえ、先週金曜の記者発表では次のように驚きを隠せないでいた。
「つい最近入手できるようになった情報によると、問題の船が遭遇した状況が伝えられた報告通りであれば、従来の伝統的な海賊行為やシージャックとはまったくかけ離れたものに思えます。」
d0123476_19135791.jpg
 右の白いドームはローマンカトリック教会のサンジョバンニ・カテドラル=聖ヨハネ大聖堂、左の尖塔は英国国教会

2. Truth, or not? French report of witness

Then, French officials reported the same day that a ship "resembling" the Arctic Sea had been spotted off the Cape Verde islands, off the west of Senegal, though there was no immediate confirmation of this.
疑惑その2:フランス「それらしき船を見た」
EUの記者発表があったと同じ日その後まもなく、今度はフランス政府高官の消息筋から「アフリカ西海岸のセネガルの沖合にあるカーボベルデ諸島付近で、消息不明だったアークティック号とそっくりな船を見かけたという報告がある」という談話が発表されたが、この事実をただちに確認するまでには至らなかった。
d0123476_184635100.jpg
 星型の城壁に囲まれた地中海の要塞都市バレッタ フランスの城塞や函館の五稜郭と共通する軍港の都市構造

3. Twisted report by Finnish owner

The plot took a further twist at the weekend with unsubstantiated reports that its Finnish owners, who have denied its cargo is anything other than timber, had received a ransom note for a "large sum", reported to be almost £1m.

疑惑その3:海運会社が事実隠蔽?
行方不明の船の居場所をめぐっての諸説紛々にさらに輪をかけるように、フィンランドの海運会社オーナーから「身代金要求があった」という報告が上がってきたものの、これもまた事実を裏付ける証拠のない話で、捏造ではないかと言う風評さえ立った。
彼の話では(船の略奪者から、乗組員、船と引き換えに)巨額の身代金を要求する連絡があったそうで、漏れ聞こえる噂では100万ポンド(約1億5千万円相当)と伝えられている。
d0123476_18473098.jpg
 往時の支配者の建築様式が時を越えて残るバレッタの街並。この通りはバルコニーが特徴の英国ヴィクトリア朝。

4. Substantial question over cargo

But there was never confirmation whether this was genuine. Since it went missing, unsubstantiated suggestions have been made that the ship might have been hijacked because it was carrying a "secret" shipment, such as drugs or arms, unknown to its crew or owners.

疑惑その4:本来の積荷は機密物資?
しかしながら、貨物船が所属する海運会社が発表した「海賊襲撃で身代金要求」という状況説明に関しても、その情報が真実であるかどうかを裏付ける証拠が一切示されなかったのも事実である。「アークティックシー号失踪事件」は、確固とした確認情報に欠け謎に包まれた部分が解明されないままだったために、問題の貨物船が消息を絶って以来さまざまな根拠のない憶測を生み出した。
その中でももっぱら噂の主流となったのは「行方不明の船には、船の所有者や乗組員にも知らされていない、麻薬や武器のような『機密物資』が搭載されているのでは?」という疑惑で「だからこそ海賊にハイジャックされたにちがいない」という推論だった。
d0123476_1859177.jpg
 車もすれ違えないような狭い露地、島国特有の急な石畳の坂道、中世以来のバレッタの露地によく似合う観光馬車

5. Russian Navy: 'Mission accomplished'

Russia's NATO ambassador, Dmitry Rogozin, gave no indication of how, or by whom, the ship had been seized, and how the Russian military had managed to get the crew aboard the Russian-guided missile frigate Ladny. He told Interfax: "We can say now that the operation has been carried through successfully. It was done with brilliance."

疑惑その5:ロシア海軍「作戦首尾よく成功」?
NATO出向のロシア大使ドミトリー・ロゴズィン氏は、今回の貨物船失踪事件に関して国営メディアのインーターファクスのインタビューに答えたが、いつ、誰によって、どのように船が略奪されたのか?という肝心な点については一切説明しなかった。
また乗組員救出にあたって (通常の哨戒艇ではなく) ロシア海軍がわざわざミサイル巡洋艦ラドニー号以下の攻撃艦隊を出動したのはなぜか?という疑問に対する解答も得られなかった。彼の答えはこうである。「今や作戦は見事に成功裡に完遂された、と言えるだろう。わが国の作戦の首尾は上出来である。」
d0123476_18482044.jpg
 日の丸は世界でも最もシンプルなデザインのひとつだが、それ以上にシンプルなのが紅白で二分したマルタの国旗

6. Piracy: Attacked in the Baltic Sea?

Swedish police said the crew allegedly told their shipping company that up to 12 masked men, claiming to be Swedish anti-drugs police had boarded the vessel on July 24, one day after leaving Finland, tying up the crew before leaving in an inflatable boat after 12 hours.

疑惑その6:バルチック海で海賊襲撃?
インターポルの捜査開始以来、欧州各国の捜査陣も協力しているが、捜査に参画しているスウェーデン警視庁が、「船の運航を管理するソルチャート社が乗組員から受けた報告」として、襲撃された当時の情報を公開している。
その内容によると、フィンランドの港を出航した翌日の7月24日の時点で、「スウェーデン警察の麻薬摘発班」と名乗る覆面をした12名ほどの武装した一団が船に乗り込んで来て、一旦乗船すると乗組員をしばり上げ通信装置を不能にして、それから12時間後に貨物船に装備してあった救命ボートで、海上に去ったという。
d0123476_1849232.jpg
 サテライト中継のパラボラアンテナとバルコニーに干された洗濯物は、地中海全域の民家に共通の庶民的風景

7. Something much expensive, dangerous?

However — not according to its owners — Mikhail Voitenko, editor of Russia's Sovfracht maritime bulletin, fuelled intense speculation by suggesting on the Russia Today news channel that its cargo might not be drugs or arms, "but something much more expensive and dangerous."

疑惑その7:搭載物は巨額で危険なサムシング
当事者である海運会社からの情報ではないが、ロシアの海事情報専門誌『Sovfracht/ソヴフラヒト』の編集長ミハイル・ヴォイテンコ氏がロシアのケーブルニュースチャンネル Russia Today に出演して披露した推論は、それまでにもありとあらゆる憶測が渦巻いていた巷間の噂を、さらに炎上させる結果を招いた。
彼の説によると、貨物船に搭載されていたのは「麻薬でも武器でもなく、実はそれよりもはるかに巨額で数段も危険な『something』何かにちがいない」というものである。

d0123476_983273.jpg
 ローマ帝国時代のギリシャ様式からルネッサンス期のロマネスク、近世のバロック、ロココまで街中がミュージアム

8. Ship started from Kalininglad, Russia

He did not elaborate. "It seems some third party didn't want this transit to be fulfilled so they made this situation highly sophisticated and very complicated," he said. The operating company pointed out that the ship was checked by customs agents on leaving Kaliningrad, and in Finland.

疑惑その8:最初の出港地はロシアの軍港!
ヴォイテンコ氏は、詳細な裏付けを取ったものではないが、彼独自の推理をこう説明した。
「この貨物運送に関しては送り手と受け手の他に何か第三者の組織のような存在が関与していて、極度に手の混んだ複雑怪奇なシナリオにそって行動し、物資輸送を妨害したものと思えます。」
一方、海運会社の報告によると、船は最初にロシアの軍港カリーニングラードを出航する際とフィンランドの港に立ち寄って出航する際の2度とも、税関のチェックを受けていると報告している。

d0123476_18515981.jpg
 温暖な地中海気候のマルタの首都バレッタはヨーロッパ・アフリカ・中東から通年観光客が押し寄せる自由貿易港

9. Surging claims of a 'nuclear cargo'

The Finnish Radiation and Nuclear Safety Authority dismissed as "stupid" claims of a nuclear cargo. Officials did conduct radiation tests on the ship at a port in Finland, but the head of the authority said there was "no basis" for reports that a fireman had thought there might be some radioactivity involved.

疑惑その9:真相は核物質搭載?
ヴォイテンコ氏を筆頭とする、こうした一連の「ロシア政府による核密輸疑惑」説を、フィンランド政府の放射性核物質安全委員会では「ばかげた妄想=stupid claims」であると一蹴した。
特にフィンランドの港で出荷物の放射線調査を実施した税関の担当官は、地元の消防署から上がってきた「その積み荷には何らかの核物質が絡んでいる疑いがある」という警告に関して、その根拠を示す証拠は発見できなかったと答えている。

d0123476_18524753.jpg
 インターナショナルなショップが連なるバレッタ銀座のトリキル・リピュブリカ=共和国プロムナードの坂道の夜景

10. Dispute: Russian mafia involved?

The possibility that the Arctic Sea was involved in a commercial dispute, perhaps involving the Russian mafia, was widely rumoured. David Osler, who writes on Maritime Safety for Lloyd's List, told the BBC's Today programme: "It doesn't look like it's the sort of theft of a high-value ship or cargo. It looks like some sort of dispute between Russian interests."

疑惑その10:ロシアンマフィアが関連か?
またもうひとつ有力な説は、「アークティックシー号は、ロシアンマフィアが介在する何らかの取引あるいは密輸をめぐる紛争に巻き込まれたのではないか?」というもので、このロシアンマフィア犯人説が、巷ではもっぱら噂の主流である。
英国のロイド名鑑で海上保安問題に関して執筆する専門家、デヴィッド・オズラー氏は、BBCテレビのニュースショーTodayに出演して、次のような自説を披露した。
「この事件は、一見して貴重な船舶あるいは高額な積荷を目当てにした略奪とは思えません。どう見ても、ロシア人同士の利権争いから発したある種の紛争に、この船あるいは積み荷が巻き込まれたのではないでしょうか?」 >次号完結編へ続く

【 米国時間 2009年8月17日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_18533890.jpg
 地中海の黄昏時、薔薇色に染まるバレッタの街 ドームと尖塔はローマ教会と英国国教会の対立を象徴するかのよう

 英国『ガーディアン』紙 関連記事で読む紆余曲折のオデッセイ
 8/19 | Arctic Sea hijackers demanded £1.5m ransom, Russian defence ministry says
 8/19 | David Osler discusses the mystery surrounding cargo ship the Arctic Sea
 8/18 | Russia holds eight after recovering missing ship Arctic Sea
 8/17 | 'Pirated' cargo ship Arctic Sea found off Cape Verde
 8/16 | Russian website picks up signal from missing freighter Arctic Sea | The Observer
 8/14 | Ship mystery continues as Cape Verde sightings are denied
 8/14 | Missing Russian cargo ship that went missing last month discovered off the coast of west Africa

d0123476_1851364.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「Vol.4 貨物船オデッセイ・ロシアが隠蔽する海賊事件の真相」
▶ 前号「Vol.2 謎の貨物船カーボベルデ沖で発見!ロシア人乗組員は無事」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10128875
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10128875

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは、ベスト10にカムバックまでもうひとがんばり!
  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ村の国際政治部門でちょっと下がりました。応援をよろしく!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-08-17 14:22 | 海賊シージャック

謎の貨物船カーボベルデ沖で発見!ロシア人乗組員は無事

f0127501_128435.gif

  ||| 見つかった貨物船の解けない謎 |||

d0123476_135154.jpg
 ロシア政府発表「大西洋航行中消息を断った大型貨物船、カーボベルデ沖で発見」
 ロシア人乗組員15名全員無事で、ロシア海軍戦闘艦に収容、事件の顛末は調査中


d0123476_16582178.jpgカーボベルデ共和国、通称カーボベルデは、
大西洋の南、アフリカの西沖合いに位置する
バルラヴェント諸島とソタヴェント諸島からなる共和制国家。
マクロネシアの島国であり、元ポルトガル領であった。

 カーボベルデ諸島は、西アフリカから約375km離れた場所に位置し、
 10の島(内1つは無人島)と 8つの小島から構成されている。
 史跡としては、かつてポルトガルの重要な植民地であったが、
 フランシス・ドレークによって破壊された町、シダーデ・ヴェーリャが残っている。
d0123476_13522940.jpg
 大小15の火山群島からなり、最高峰はフォゴ島にある2829mのカノ山。
 熱く乾燥した気候で、旱魃が何年も続く事があり、
 農作物などの被害を受けやすい。
 
 カーボベルデ諸島は1460年に、ギニアは1445年に
 ポルトガル人によって「発見」された。
 これらの領土は1553年1月31日に、法王クレメンス7世により、
 ローマンカトリックの司教管区に選ばれた。
 
 植民地化が始まった当初は、
 マデイラ諸島やアソーレス諸島のような
 ポルトガル人の大規模移住は行われなかった。
 しかし16世紀になると、アフリカから南北アメリカ大陸へ向かう奴隷船の
 大西洋上の中継拠点となり、奴隷貿易で栄えた。
d0123476_852346.jpg
 カーボベルデ諸島には、
 南洋の植民地として入植したポルトガル人と
 アフリカ大陸から奴隷貿易で連行されたアフリカ人によって
 両者の混血が進み、ヨーロッパとアフリカ混在の
 独自のクレオール文化が形成されていった。
 
 開放的なバルコニーやテラス、強い日差しを遮る鎧戸、
 色鮮やかな南欧風のペイントをほどこした
 プランテーションスタイルの建築様式は、
 貿易船とともに そのままニューオーリンズを中心に
 米国南部へ伝承され、独自のクレオール様式の建物が
 現在でも南部の各州で見られる。
d0123476_8541391.jpg
左:クレオール文化が漂着した代表的な土地、ニューオーリンズ。フレンチクォーターの一角には、植民地時代の栄華を残す建物が今も影をおとす /中:何代にもわたって、ポルトガル・フランス・西アフリカ・インド・中国人が完全に混血したクレオーリアン /右:カーボベルデの首都プライアの港に面した、遠洋航海の船員向けの旅籠 (はたご)

 カーボベルデの料理は、大概が魚介類と
 トウモロコシ・米のような穀類をベースにし
 スパイスの効いた味付けが特徴。
 
 独自の風味で、ヨーロッパ人にもアフリカ人にも受け入れられた
 カーボベルデのクレオール料理は、
 奴隷貿易の船とともに、独立以前のアメリカ南部に上陸。
 
 メキシコ湾から穫れる豊富なシーフードを素材として
 クレオールのフルーティでスパイシーな味付けに
 当時フランス領だったルイジアナの領主が好んだ
 クリーミーなフレンチキュイジーンをミックスした
 独自の「ケイジャン・キュイジーン」が生まれた。

d0123476_8574412.jpg
トマトやパプリカのレッド、タンジェリンのオレンジ、バナナリーフのグリーン、珊瑚礁のターコイズブルー……南国の自然からもぎとったような、オーガニックな色合いのクレオールチェック。何となく黄八丈と通じるものがある。

 カーボベルデの音楽はポルトガル、西インド諸島、
 アフリカ、ブラジルの音楽から影響を受け、混合している。
 
 カーボベルデの真髄たる国民音楽はモルナ(パルラヴェント系)で、
 哀愁に満ちたかつ熱情的な歌の形式は、クレオールミュージックと呼ばれる。
 
 カーボベルデ出身の歌手の中でも最もよく知られた存在は
 セザリア・エヴォラであり、
 彼女の歌は、クレオール文化を代表する音楽となった。

【米国時間2009年8月16日『米流時評』ysbee】

*注:上記の内容は Wikipedia の「カーボベルデ」の項目からの抄文。ブルー文字の段落は編集人の加筆補足です。また今回のエントリの写真は、貨物船とソマリアの海賊の写真を除けば、ほとんどカーボベルデ諸島の海岸風景で、(i) のマークの写真はLonely Planetから。

d0123476_1539544.jpg
  AUGUST 16, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年8月16日号
 f0127501_457513.gif
 消息不明の貨物船アークティックシー号、カーボベルデ沖で発見
 米国時間 2009年8月17日 | 英『ガーディアン』紙・モスクワ支局 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_13573716.jpg
貧しい国に限って、空と海は抜けるように青く素晴らしい、そこに住む人間も誠実だ。神はその一点で公平だと思う。
Muddied Waters
Russia Finds 'Piracy' Cargo Ship, But What Really Happened?
AUGUST 17, 2009 | Caroline Davies/Tom Parfitt — The Guardian | Translation by ysbee

1. Arctic Sea found off Cape Verde
MOSCOW — Three weeks after it vanished on the high seas, the cargo ship Arctic Sea was found off the Cape Verde islands today with its Russian crew alive, well and "answering questions."

北極海号、カーボベルデ諸島沖で発見
モスクワ発 |マルタ共和国船籍でフィンランドの海運会社が運航する4千トンの貨物船『アークティックシー号』が、機密物資と思われる貨物を搭載したまま公海上で消息を絶ってから3週間後の17日月曜、南大西洋のカーボベルデ諸島沖で同船が発見された。
d0123476_1843889.jpg
 トロピカルの太陽を照り返す白砂のビーチ。リゾート地として最適な環境でもあり、近年は別荘用ヴィラが隆盛。

2. 15 sailors all alive and safe

All 15 sailors were aboard a Russian anti-submarine warship , bringing to a conclusion one of the most intriguing maritime mysteries of modern times.

ロシア人乗組員15名全員無事
同船の捜索には世界20カ国以上のインターポル捜査協力があったが、ロシア政府の発表によると、同船が発見された時点では15名のロシア人乗組員は全員無事で元気であり、同海域を哨戒中だったロシア海軍の戦闘艦に収容され、現在船舶の捜索を担当していた当局の質問に答えていると言う。
d0123476_1359926.jpg
 今回カーボベルデ沖でみつかったアークティックシー号 母港はフィンランドで、ソルチャート社が運行を管理する

3. Mystery of secret cargo's saga

But, even as the Russian authorities announced the development, the few details to emerge left more questions than answers at the end of a saga. The missing mystery of the cargo 'Arctic Sea' has inspired frenzied rumors of piracy, ransom demands, secret cargos and arms smuggling — all worthy of a cold war thriller.
ロシアンマフィアの武器密輸?海賊の略奪?
ロシア政府及び海軍からの公式発表があったとはいうものの、詳細な経緯はほとんど語られておらず、大西洋上でこつ然と消息を絶って以来、今日(記事掲載の17日)発見までの一部始終の真相に関する謎は、かえってますます深まる結果となった。
マルタ船籍・フィンランド運営の貨物船「アークティックシー (北極海) 号 謎の失踪事件」のミステリーは、事実がほとんど解明されないまま世界の耳目を集め、地中海に海賊出現か? 身代金支払はいくら? ロシアンマフィアの武器密輸か? とメディアとネットを騒がせた。この一件だけで、冷戦時代のスパイ陰謀小説のようなお膳立てだが、今回の消息発見で推理劇の第一幕がおりた。

d0123476_1402342.jpg
 遠目に見るとグリーンの島に見えるため、Cape Verde/アフリカ西端の碧の岬という名のついたカーボベルデ諸島

4. Crew not under armed control

字数制限のため英文省略
捕虜状態ではなかった乗組員
ロシアの国営メディア タス通信の報道によると、17日土曜モスクワのクレムリンで、アナトリー・セルジュコフ防衛相がドミトリー・メドベージェフ大統領に、次の報告をしたと伝えている。
大西洋上で消息を絶ち行方不明になっていた貨物船アークティックシー号が発見された時点では、船の乗組員たちは、武装した襲撃犯人に捕まっていた状況ではなかったこと。乗組員たちは、捜索救出のため現地に向かったロシア海軍の戦闘艦に保護され、今回の前代未聞の船舶失踪事件に関して真相を糾すために、係官から現在事情聴取を受けていると言う。
d0123476_1413388.jpg
 浅瀬の海岸に地元の漁船やヨット用の小さなピア/桟橋が連なる 町の建物は典型的なカリビアンカラー

5. Discovered at 300 miles off Cape Verde

字数制限のため英文省略
カーボベルデ諸島の沖合480キロで発見
タス通信が報道する記事の内容は以下の通り。
「アークティックシー号は、モスクワ時間で今日(17日)午前1時にカーボベルデ諸島の沖合480キロの海上で発見された。同船の乗組員(ロシア人15名)は、ただちにロシア海軍の対潜水艦哨戒艇に乗り移って、戦闘艦本艦に収容された。彼らは状況説明で事件の全容を明らかにするべく、捜査担当官の尋問に答えている。乗組員は全員無事で健全であり、武器で脅されていたのではないようである。」
d0123476_932369.jpg
 近代的工業施設が皆無に近いカーボベルデ共和国では、住民の大半が昔ながらの手漕ぎボートの漁で生業を立てる

6. Solchart director exhilarated

Viktor Matveyev, director of the Finnish-owned vessel's operating company, Solchart, told the Komsomolskaya Pravda newspaper: "We are extremely pleased, we've been told that everyone is alive and nobody was hurt … I can't say any more. I'm rushing to a meeting to organize getting the crew home, checking their health and providing any help. We still don't know what condition the ship is in".

貨物船発見で歓喜のソルチャート社
問題の船の運行管理会社で、フィンランドを本拠地とするソルチャート社のヴィクトール・マトベイエフ業務部長は、地元ヘルシンキの新聞『コムソモルスカヤ・プラウダ』紙の取材にこう答えている。
「当社では今回発見されたという朗報に、手放しで喜んでいます。我々に伝わってきた情報では、乗組員は全員無事で怪我をしたものもいないと聴いています。」
「いやもうこれ以上は私の口からは言えません。健康状態のチェックやその他諸々の救援作業を進めて乗組員が全員無事帰宅できるよう段取りを組む会議に、これから急がなければいけないので失礼します。いかんせん船が一体どういう状況にあるのか、我々にも皆目わからないんですよ。」
d0123476_9231733.jpg
 町の中央にあるローマンカトリックのノッサ・セニョーラ・ド・ロザリオ教会のチャペル=礼拝堂

7. How could 4,000-ton ship disappear?

The disappearance of the Arctic Sea, carrying a £1.1m cargo of timber, baffled experts as it eluded all radar and satellite detection by vanishing after passing through the English Channel on July 28.

4千トンの巨艦がこつ然と消えた謎
ミステリーの焦点となっている貨物船アークティックシー号の消失事件は、フィンランドから1億3千万円相当の木材を積んだまま出航した同艦が、先月28日にイングリッシュチャネル=英仏海峡を通過した直後、一切のレーダーから忽然と姿を消した海事事件である。
同艦は今回のカーボベルデ沖の発見まで、専門家の懸命の捜索にもかかわらず消息を絶ったままだったため、海賊のシージャックからロシアンマフィアの武器密輸まで、ありとあらゆる陰謀説が各国の報道記事でも噂された。

d0123476_9165475.jpg
 北欧のフィヨルドの港から大西洋へ出るには、英国とフランスをへだてる英仏海峡を通過するのが常道の航路

8. Bermuda triangle? Ghost ship?

Just how a 4,000-ton ship could drop off the charts in these days of space-age technology prompted allusions to the Bermuda triangle and the "ghost ship" Marie Celeste.

バミューダトライアングル? 幽霊船?
それにしても、衛星回線を介した時代の最先端の通信設備を備えながら、どうすれば4千トンもの巨艦が、GPSやその他一切の受信網のレーダーから忽然と消えることが可能だろうか?という基本的な疑問を、誰もが抱かざるをえない。その結果、この海域ではおなじみの「バミューダトライアングル」説や「マリー・セレステの幽霊船」説まで、ありとあらゆる妄想の仮説がネットやブログ界に流布する結果を招いた。
d0123476_9174850.jpg
 カーボベルデ諸島のひとつ、サンヴィンセント島のカルハウビーチ 後方に見えるのは暗緑色のモンテベルデ山

9. Seajacked at the Baltic Sea?

Further intrigue came with reports that the Malta Maritime Authority had received information that the vessel had been boarded by up to a dozen armed men in masks as it sailed through the Baltic Sea, sparking concerns of piracy — almost unheard of in European waters.

バルチック海を航行中に海賊襲撃?
こうした話題の中でももっとも注目されたのは、アークティック号の船籍所在地(船舶の本籍を登記した国)であるマルタ共和国の海運局 MMAから発表された情報である。その内容によると、貨物船がバルチック海(スカンジナビア半島とバルト3国・ドイツに囲まれた北欧の海)を航海していた最中に、12名ほどの武装集団が船に乗り込んで来た、というものである。
状況から推して、すわ海賊によるシージャックか?という疑惑が発生したが(ソマリア沖やインド洋では頻発していても)近代以降のヨーロッパの海域ではおよそ前代未聞であるだけに、大きな波紋を巻き起こした。

d0123476_1411960.jpg
 アフリカ大陸の反対側、東海岸と紅海の接点「Horn of Africa=アフリカの角」から出航するソマリアの海賊

10. From Finland to Bejaja, Algeria

字数制限のため英文省略
フィンランド出航、アルジェリア行き航路
MMAマルタ海運局の情報では、この「Raiders」侵入者は、12時間後に救命ボートに乗って船を離れるまで、貨物船の乗組員に目隠しをして縛り上げた、と伝えられている。その間、貨物船の通信装置をすべて使用不能にしたらしい。
当初アークティックシー号は、7月23日にフィンランドの港を出航した後、バルチック海・英仏海峡を通り、ジブラルタル海峡を回って、8月にアルジェリアの港町ベジャイアへ入港する予定だった。

d0123476_18443265.jpg
 大西洋航海の重要な寄港地点として、大航海時代から植民地時代まで繁栄を誇ったカーボベルデ諸島

11. Via off-Dover and Bay of Biscay

字数制限のため英文省略
ドーバー沖、ビスケー湾からも連絡
同船は7月28日に、ドーバー海峡の公海を警備する海上警備艇へも通信連絡があったようだが、その時点では「襲撃」された報告や救助を求めるような連絡ではなかったため、警備艇は貨物船を捜索するまでにはいたらなかった。
それから2日後、今度は地中海のスペインからフランス沖合のビスケー湾に同船が位置していることが、マルタ海運局のレーダーで一瞬だったが傍受されている。またこれと全く同じ地点から発信した同船の信号が、運行管理会社であるフィンランド、ソルチャート社のGPS装置でも、まったく同じ時点で受信されていた。

d0123476_937252.jpg
 ヨーロッパ大陸西岸と英国から大西洋航海へ向かう船舶がひっきりなしに通行する、ドーバー海峡と英仏海峡

12. Communication stopped on July 28

字数制限のため英文省略
7月28日に消息を経つ
行方不明になっていた貨物船の現在位置が、28日にビスケー湾沖と確認できたとはいうものの、その後ふたたびぷっつり音信不通となり、8月後半まで消息不明のままだった。その間、同船に搭載のGPSや各種位置確認通信装置は、電源が切られたものか機能不全になったのか、全く発信機能は作動していなかったと見られる。
同船の当初の運航予定では、最終目的地のアルジェリアの港へは8月4日入国予定だった。しかし発見されたのが南大西洋のカーボベルデ諸島沖という地点から見ても、当初の地中海へ侵入する航路ではなく、英仏海峡を抜けた後そのまま大西洋を南米方面に向かって南下していた途中ではないか?と推論されている。

d0123476_18455428.jpg
 クレオール特有のアフリカ色の濃いトロピカルカラーが、引き潮の砂浜に屹立する船のもやいの支柱にも

13. Navy sent warships and submarines

字数制限のため英文省略
ロシア海軍の戦艦と潜水艦が捜索へ
こうした一連の事態を深刻に受け止めたクレムリンのロシア政府では、乗組員15名が全員ロシア人だったこの貨物船が、海賊襲撃のターゲットとなったという状況判断の元に、大西洋上で同船を捜索する目的で、ロシア海軍の戦闘艦と潜水艦それぞれ数隻を出動する態勢をとっていた。
一方NATO海軍では、海賊行為のありえない海上で、通常の判断では決断しかねる特殊な展開を見せた貨物船消失事件に対して、直接の関わり合いはないとはいうものの、事態の進展を注意深く見守っている現状である。  >次号第3話へ続く

【 米国時間 2009年8月17日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_184703.jpg
 クレオール特有のスパイシーカラーのマドラスチェックの衣装で踊る ドミニカのクレオールパレードの子供たち

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「貨物船ミステリー10の疑惑・積荷の真相は核関連?」
▶ 前号「地中海の海賊?消えた貨物船アークティックシーの謎」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10121259
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10121259

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは、ベスト10にカムバックまでもうひとがんばり!
  ブログランキング・にほんブログ村へ おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻れました。応援に深謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-08-16 14:30 | 海賊シージャック

地中海の海賊?消えた貨物船アークティックシーの謎

f0127501_128435.gif

   ||| 消えた貨物船「北極海号」の謎 |||

d0123476_16564219.jpg
 ロシア人乗組員・機密物資搭載のアルジェリア行き貨物船、忽然と消息絶つ
 ポルトガル沖航行中に謎の失踪、ロシア軍艦出動。欧州沖で初の海賊行為?


d0123476_16582178.jpg海賊と言えば、おととしまではカリビア海の、
昨年以降はソマリアの海賊が通例だった。ソマリアといっても、
インド洋のはるか沖合まで遠征してのシージャック=船舶略奪行為なので、
各国海軍を繰り出しての海賊掃討作戦が、メディアをにぎわした。

 しかし、今回のシージャック、フィンランドの貨物船消失事件は、
 地中海で起きた。
 ヨーロッパの公海上での海賊行為というのは、
 数世紀の間なかった、前代未聞の事件らしい。
d0123476_16574751.jpg
 さらに事件の謎を深めているのは、その貨物船自体の複雑怪奇な運航内容。

 先ず最初に、船の船籍は、地中海の島国マルタであること。
 その船の運航営業を取り扱っているのは、北欧フィンランドの貨物運航会社。
 そして問題なのは、15名の乗組員全員が、ロシア人である事。
 (ここで、突然スパイ小説じみてきます)

 さらにさらに、否が応でも興味を惹かずにおかないのは、
 搭載していた1億3千万円相当の「木材」というのは、表向きの名称で、
 実際には「ミサイル」なのか、「核廃棄物」なのか、
 あるいはまた「核燃料」なのか……?
d0123476_17543328.jpg
 これだけの国際的事件に発展しても、
 いまだに公表できない性質の、
 軍事関連の物資が積まれていた疑いがあるようである。

 GPSグローバル位置確認装置の発信が突然ストップし、
 地中海上でこつ然と消失してしまった、
 このフィンランドの貨物船「アークティックシー/北極海号」。
 
 現在位置の情報も各国でまちまちなら、
 海賊の身代金要求も通ったようだが内密のまま。
 それにもまして、非常に気なるのは、
 同船の捜索に、ロシア海軍の戦闘艦が出動した、という確認情報である。
d0123476_16583476.jpg
 いったい、何が積まれていたのか? 
 いまだ謎に包まれたままの、北極海号の秘密に迫る(れるか?)

【米国時間2009年8月15日『米流時評』ysbee 】

*注:今回のエントリの掲載写真の大半は、事件とは直接関係ありませんが、
 北極海号が生まれたマルタ島の写真で、少しばかり夏休み気分を。

d0123476_1539544.jpg
  AUGUST 15, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年8月15日号
 f0127501_457513.gif
 消えた貨物船 北極海号の謎 機密物資輸送?捜索にロシア海軍出動
 米国時間2009年8月15日 | MSNBC/REUTERS・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_16592315.jpg
 ヨーロッパとアフリカの中間に位置し、古代から「地中海の飛び石」として地中海交易の要衝だったマルタ島
Mystery Deepens Over Missing Cargo Ship
Ransom demand reported amid conflicting accounts of whereabouts
AUGUST 15, 2009 | MSNBC News/REUTERS — BREAKING | Translation by ysbee

1. Mystery of missing cargo ship
HELSINKI, Finland — A ransom demand has been made for the lost merchant ship Arctic Sea, Finnish media said on Saturday, but the whereabouts of the vessel were still unknown in a saga looking increasingly like the plot of a spy thriller.

貨物船「北極海号」謎の消失事件
フィンランド・ヘルシンキ発 |今月1日にヨーロッパ沖で消息を絶って以来、乗組員を乗せたまま行方不明になっていた商用貨物船「Arctic Sea/北極海号」に対して、身代金の要求があったと言う事実が、15日土曜フィンランドのメディアから報道された。
しかし、貨物船の現在位置やこれまでの消息は依然として謎のままであり、「北極海号謎の消失事件」は日が経つにつれ、ますますスパイ小説の筋書きのような様相を呈してきている。
d0123476_1703937.jpg
 マルタ島の朝が明ける 古くからの地中海交易の要衝だったヴァレッタの港湾は、街全体が要塞のようにも見える

2. Large ransom demanded for release

"A ransom demand has been made ... let's say it's a largish amount of money," Markku Ranta-Aho, of Finland's National Bureau of Investigation, told national YLE radio Saturday. He said the demand was addressed to the Finland-based company that owns the Arctic Sea, but he would not give further details or say where the ship might be located for fear of endangering the crew.

フィンランドの運航会社に多額の身代金要求
「身代金の要求がありました。あえて言えば、かなり巨額です。」フィンランドの国家捜査局(米国のFBI、日本の警視庁に相当か)のマルック・レンタアホ氏は、フィンランドの現地時間で15日土曜、国営ラジオ局のYLEの番組でこう語った。
レンタアホ氏の説明では、今回の貨物船の身代金要求は、シージャックされたアークティックシー(北極海)号が所属するソルチャート社のヘルシンキ本社宛てに届いたと言う。しかしながら、氏は乗組員の安否を気遣ってか、船舶の所在地などそれ以上の詳細は明らかにしなかった。
d0123476_1713763.jpg
 マルタ島南部の町ゼイツン イタリーの地方都市のように見えるが、建築様式はローマ帝国以来地中海全域に共通

3. Unprecedented hijacking in European waters

字数制限のため英文省略
ヨーロッパの公海で初めての海賊シージャック
ここ数年、海賊行為による一連のシージャックが横行し、紅海からインド洋を航行する船舶を恐怖に陥れているのは、もっぱら「アフリカの角」と呼ばれるソマリアの沖合だった。
公海上のテロとも言うべき、大胆な船舶略奪と乗組員誘拐による身代金要求事件の連続に、被害国家は業を煮やした。その結果、自国船舶の航行安全を図って商用船舶を護送するために、各国とも海軍の戦闘艦を繰り出し、ソマリア沖の海賊掃討作戦で共闘体制をとるまでになっていた。
しかしながら、ヨーロッパの公海上でのシージャック=海賊行為というのは、近代社会になってからはいまだかつて前例のない、前代未聞の海事事件である。
d0123476_1722311.jpg
 インターナショナルな貿易港バレッタは、旧市街をとり囲む深い運河と合わせて、外国の大型船舶が停泊できる

4. Heading to Algeria with 15 Russian crew

The report was the latest fragment of information to surface about the missing ship. 15-member Russian crew, who have been cloaked in mystery since failing to deliver a $1.3-million cargo of timber to the Algerian port of Bejaia on August 4.

ヘルシンキ発アルジェリア行き、ロシア人乗組員15名
ソルチャート社が問題の貨物船からの最後の連絡を受信したのは、先々週8月1日で、ポルトガル沖を通過中だった。その後ぷっつり消息を絶って以来、さまざまな憶測を呼んでいた謎の船舶失踪事件だったが、今回の身代金要求の報道で事件の性質が明らかになってきたようである。
アクアティックシー号は、1億3千万円相当の木材を輸送して、本来の予定では8月4日に北アフリカ・アルジェリアのベジャイアの港に到着し荷下ろしする予定だった。しかしながら、身元を公開しない15名のロシア人乗組員を乗せたまま、ポルトガル沖の海上でこつ然と消息を絶って以来、同船に対する謎は深まるばかりだった。
d0123476_1732841.jpg
 マルタ島最大の港町バレッタ 歴史の深く刻まれたライムストーンの地中海様式建築が連なる特徴ある坂道

5. Ship's whereabout unknown

"I don't sleep. I don't eat. I have been working 24 hours a day," said Viktor Matveyev, director of Solchart, the Finland-based operator of the vessel. "We hope that the crew is alive," he told Reuters. Matveyev declined to comment on any ransom demand.

ポルトガル沖?スペイン沖?フランス沖?
「眠る時間もなければ、食事する暇もありません。1日24時間かかりきりですよ。」こうもらすのは、消息不明の貨物船の航行を管理するフィンランドのソルチャート本社に詰めっぱなしのヴィクトル・マトベーエフ営業部長である。
「ともかくも、乗組員の無事を願うばかりです。」氏はロイター通信記者の取材に答えてこう所存を述べたが、身代金要求に関する質問に関しては、一切ノーコメントだった。
d0123476_1741578.jpg
 運航会社ソルチャートのフィンランド部門営業部長ヴィクトル・マトベーエフ氏 ヘルシンキのオフィスで連絡待ち

6. Moscow sent warships for search

The vanishing of the Maltese-registered vessel and its crew has unsettled authorities in Europe and North Africa. The mysterious situation for its disappearance have included piracy, foul play or a secret cargo. Moscow sent warships to find it.

捜索に海軍戦闘艦を出動したロシア
マルタ共和国船籍の商用貨物船アークティックシー号が、乗組員を乗せたまま消息を絶った事件は、これまで前例がない地中海海域で発生しただけに、この海域を利用するヨーロッパ、及び北アフリカ各国政府の関連各省を震撼とさせている。
今回の船舶失踪事件でも特に謎を呼んでいる状況は、消息不明は海賊の襲撃によるものか? 不測の事態が発生したのか? さらには搭載した貨物そのものが機密物資なのではないか? という点に由来するものである。
d0123476_17506.jpg
 文字通りコートダジュール=紺碧のサンジュリアン湾に浮かぶ巨大な航空母艦のような地中海の要塞都市バレッタ

7. State-level Russia involved?

字数制限のため英文省略
国家レベルでのロシアの機密物資搭載?
一方、ロシアの一紙の報道によると、行方不明の船舶は15日日曜の時点で一時的に所在が確認されたが、発信した位置はフランス沖の模様である。また他のメディアの報道では、その発信元はケープベルデとなっていた。
ロシアの海運関係者が信頼を寄せる業界専門誌『ソヴフラクト・マリタイムジャーナル (海事情報)』の編集長ミハイル・ボイテンコ氏の談話によると、実は「同船は船舶所有権をおくマルタ共和国にも、運行管理会社の本拠地であるフィンランドにも内容証明の届け出を出していない、秘密の物資を搭載しているのではないか?」という疑惑も浮上してきていると言う。
d0123476_21485626.jpg
 8月1日時点でぷっつり音信不通になった貨物船から最後に届いた航海日報のコピー/マリンジャーナル

8. 'Cloak-and-dagger, like a le Carre novel'

"I don't think that it was pirates who took this vessel but it really smells of some sort of state involvement. This is real cloak and dagger stuff, like a le Carre novel," the editor told Reuters. Solchart's director Matveyev said his main focus was on trying to find the Arctic Sea.

ル・カレのスパイ陰謀小説のように
「私が思うに、どうも今回の船を略奪したのは海賊ではないと受け取れるんですがね。それにしても、今回の失踪事件には、国家レベルでの何らかの関わり合いがあると、やけに匂います。まるでジョン・ル・カレのスパイ小説のように、 国家反逆罪ものの陰謀でも絡んでるんじゃないかと思えますよ。」海運ジャーナルの編集長ボイテンコ氏は、こう分析した。
しかし、海上運輸会社ソルチャート社のマトベーエフ部長は、そうした下馬評よりもとにかくアークティックシー号を探し出す事に専念集中すると強調した。
d0123476_21493339.jpg
 フィンランド出航アルジェリア行きの航海途中で、乗組員を乗せたまま突如行方不明になったアークティックシー号

9. Last GPS signal: Bay of Biscay

字数制限のため英文省略
最後のGPS発信位置はビスケー湾
ロシアの海事雑誌『ソヴフラクト』の記事によると、アークティックシー号のGPS=自動位置確認装置から、米国東部時間で15日土曜の午前4時30分(グリニッチ標準時で08:30)に、たった一度だけ発信があって確認できたが、その後すぐに音信不通になったようである。
ヘルシンキのソルチャート社がとらえたGPS信号が指した位置によると、行方不明の貨物船はその時点では地中海のスペイン沖、ビスケー湾にいたと言う。
d0123476_1763841.jpg
 この地図はソルチャート社の運航チャートで、8/13時点の貨物船の現在位置がフランス沖合にオレンジで表示

10. French Navy: ship heading to Brazil

字数制限のため英文省略
フランス海軍「針路は南大西洋からブラジルへ」?
同じく15日土曜、フランスでは海軍のジェローム・バロー広報官から貨物船の消息について、関連海域担当艦から報告があった事が明らかにされたが、その内容を裏付ける情報は一切公表されなかった。ただし広報官は地中海での行方不明説を否定し、「該当船舶は多分いまだに南大西洋上を航海中で、ブラジルに向かっているものと思われる」という、フランス独自の見解を付け加えた。
d0123476_1773923.jpg
 マルタ島のバレッタは古代ローマ帝国時代に開港 以来治世が変わっても地中海の要衝として繁栄を続けてきた

11. French conclusion: off Cape Verde

字数制限のため英文省略
ケープベルデ沖と結論したフランス
フランス海軍広報官は、消息を絶った貨物船がフランス海域には存在しないという点を強調した。
「フランス海軍の情報から判断して、問題の船はケープヴェルデ(カーボベルデ共和国)の沖合にいるものと思われる。しかし現状では、その事実を100%保証することはできない。もしその船が捜索中の貨物船だとしたら、船の外観は部分的に偽装されていると見ていいだろう。先月初めにハイジャックされてから随分の日数が経っているので、そうした変化があったとしても不思議ではない。わが国の海軍はまだ現場へ急行していないが、ポルトガルの海軍が向かったようだ。」
d0123476_1782462.jpg
 マルタ島の領主の居城だった王宮には、現在では国立美術館・国会議事堂・大統領官邸が内部に併在している

12. Conflicting informations from various sources

字数制限のため英文省略
謎が謎を呼ぶ錯綜した情報
「以上、われわれが知る限りでの情報から総合判断した結果、この船はわが国フランスの海域を航行してはおらず、カーボベルデ沖にいるといっても航行中のようであり、その向かう先はどうも、ブラジルの方向を指している。」仏海軍広報官は最終的にこうしめくくった。
しかしながらフランスの出した結論は、消息を絶ってからこれまでのひと月半の間、謎の貨物船をめぐってありとあらゆる噂が投じられた錯綜した情報の渦に、さらに新たなさざ波を立てたに過ぎない。
d0123476_179294.jpg
 現在は美術館となっている王宮グランドマスターズパレスの回廊 ルネッサンス時代以来変わらないインテリア

13. international investigation under way

字数制限のため英文省略
国際犯罪の略奪事件として捜査開始
その代表的な例として、先週14日金曜に報道されたロシアの一外交官がもらした説では、全長98メートル4千トンの巨艦である貨物船が、遠浅の海岸線を持つケープベルデの沖を運航するというのは、あり得ない話だと、大西洋南下説を否定している。
一方、問題の貨物船が船籍をおくマルタでは、共和国政府の海運局長が次のような新しい展開を発表した。「国際的な犯罪捜査のネットワークが、海上略奪行為とシージャックの嫌疑で、この貨物船消失事件の捜査を開始した。」
d0123476_179496.jpg
 マルタ共和国の国会議事堂へ向かう荘厳なエントランス 由緒あるグランドマスターズパレスの内部にある

14. Broad investigation via Interpol, Europol

字数制限のため英文省略
インターポル・ユーロポル20カ国以上で捜査
MMAマルタ海運局局長は、失踪事件にかかわる現況の展開を次のように説明した。
「貨物船消失事件に直接関連する犯罪行為の嫌疑に対して、フィンランド・スェーデン・マルタ各国の捜査当局が、緊密に連絡をとりあって事件捜査の指揮に当たります。」
捜査に協力するのは上記3国だけでなくヨーロッパ・アフリカ・南米の総数20カ国以上にのぼり、国際警察のインターポルとユーロポルもまた、捜査ネットワークに加担する状況となった。
>次号「消えた貨物船の謎・カーボベルデ篇」へ続く

【 米国時間 2009年8月15日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_17102471.jpg
 モスタの町の由緒ある英国国教会のカテドラル(大伽藍) 第2次大戦中にドイツ軍の空襲で爆撃されたが、
 爆弾は伽藍の壁に突き刺さったまま不発に終わったという奇跡で有名。


*Cape Verde/カーボベルデ共和国*

英語読みでは「Cape Verde/ケープヴェルデ」ポルトガル語の現地読みでは「Cabo Verde/カーボベルデ」で、意味は碧の岬。アフリカ大陸の西側の南大西洋に点在する自然の桟橋のような、トロピカル環礁から成る列島の共和国。
ヨーロッパとアフリカと南北アメリカ大陸の中間に位置して、人種と文化の交差点のようなカーボベルデ諸島で培われたクレオール音楽とクレオール料理。そのクレオール文化のふるさとでもあるこの国については、次号で詳しく紹介。
d0123476_10275330.jpg
バーミューダ島やセントジョン島のようなカリビア海のトロピカルな島々と共通する、ピンクのさらさらしたパウダーサンドと、どこまでも透き通ったターコイズブルーの海が特徴の、カーボベルデのビーチ

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「消えた貨物船の謎 続編・カーボベルデ沖で発見!」
▶ 前号「タリバンのエンドゲーム・テロ戦争の潮目」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10113969
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10113969

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは、ベスト10にカムバックまでもうひとがんばり!
  ブログランキング・にほんブログ村へ おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻れました。応援に深謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-08-15 17:24 | 海賊シージャック

過熱するアデン湾岸戦争でソマリア歩哨基地案も

f0127501_128435.gif

  ||| 過熱する海賊とのアデン湾岸戦争 |||

d0123476_1873140.jpg
 EUと米国の共闘掃討作戦、過熱するアデン湾岸戦争でソマリアに歩哨基地案も
 EU「海軍力を増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相「湾岸に歩哨基地を」


d0123476_18552829.gifここ1・2年雨後のタケノコのように急激に横行し、今やソマリア第一の巨大産業となってしまった海賊戦線の実態を知りたい方のために、昨日に引き続き昨年12月16日号のエントリー、「緊急報告 ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認!」の一部を前書きとして再掲出します。(*記事下にも海賊関連記事リスト掲載)

トップ:ソロモン諸島海域で海賊船の偵察にあたる無人スパイ機「スキャン・イーグル」を 艦上から発射した瞬間
ソマリア沖を哨戒中の米国海軍第5艦隊所属ミサイル巡洋艦USSベインブリッジ号にも、スキャンイーグルを搭載


米軍再び「ブラックホークダウン」のソマリアへ

今回の国連安保理の決議で、米軍は再びソマリアの地を踏む可能性がでてきた。過去において米軍がソマリアに進駐したのは1992〜93年のことで、首都モガディシュで軍閥のロケット砲を受けて米軍ヘリが墜落し、パイロットの死体が市内引き回しになるという悪夢の事件が起きた。また別の人質パイロットが解放されたあとは、当時のクリントン政権がソマリアからの米軍撤退という恥辱的な決定を下した苦い経験がある。
d0123476_1259044.jpg
人質の身代金で巨額の軍資金を得た海賊は、アデン湾岸ソマリアの母港エイルで新しいボートを購入し増殖する

イスラム過激派が支配するソマリア南部

今日ではソマリア南部の大部分が、イスラム過激派の軍閥の支配下にある。この地を支配する旧態依然のイスラム法と言えば、罪を犯した者には鞭打ちや投石、斬首刑などの残酷な公開処刑が待っており、社会に植え付けた恐怖感で住民を支配する時代を逆行する支配体制である。
福祉制度や医療設備、医師も皆無に等しいので、平均寿命は46才ときわめて低い。それと言うのも生まれた子供の約半数が5才に達する前に死亡、という慢性的な飢饉と劣悪な衛生環境にあるためである。
d0123476_17452052.jpg
海賊にインタビューする怖いもの知らずの戦場のジャーナリスト、ロイター通信のアンドリュー・コーソーン支局長

しかしその一方で、ソマリアの海賊産業には潤沢な資金が行きわたっており、充分な訓練と武器を授かった民兵がその組織の活動を支えている。20年近く内戦状態が続き戦禍で全土が荒廃したソマリアでは、軍隊並の重装備の武器は定着した密輸ルートからいとも簡単に入手できているようだ。

【米国時間2009年4月17日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
APRIL 17, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月17日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
復讐を誓う海賊、エスカレートするシージャック、ソマリアの陸上で掃討計画も?
米国時間 2009年4月16日午後0時03分 | AP通信・ケニア発現地レポート | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1314337.jpg
トップ:海賊の横行するアデン湾へ向かう、スエズ運河を運行中の米海軍第5艦隊ミサイル駆逐艦 USS メーハン号
U.S. Navy Rescues Captain Held by Pirates
Three of the Somali captors killed, one in custody after swift operation
APRIL 16, 2009, 12:03 p.m | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

8. EU boosts anti-piracy fleet
Continued from the previous issue |MOMBASA, Kenya — Meanwhile the European Union said Thursday it is boosting its anti-piracy fleet off the Somali coast to 11 ships, with the addition of three Swedish frigates in May. Its main task is to escort cargo ships carrying U.N. World Food Program aid to hungry Somalis. Nearly a dozen countries, including the United States, have anti-piracy operations in the Gulf of Aden and off the Somali coast.
EU「対海賊艦隊」を11艘に増強
前号「復讐を誓う海賊・米国は資金凍結・EU海軍増強」からの続き
翻訳中
d0123476_1843533.jpg
北方アラビア海を哨戒する米海軍ミサイル巡洋艦USSゲティスバーグ号 今回のソマリア沖救出作戦にも参加した

9. Best way: prevent them entering ocean

Sharmarke said the Somali government was presenting a anti-pirates strategy plan to envoys from the European Union, the United States and a regional authority to fight pirates by building up military forces and establishing intelligence-gathering posts along its coastline. "The best way to actually deal with this is to prevent (the pirates) from going into the waters," Sharmarke said.
最善の予防策:海賊を出航前に阻止
翻訳中
d0123476_1851245.jpg
ソマリアのオマール・アブディラシド・シャルマーク首相/モガディシュ訪問のドナルド・ペイン米下院議員と協議

10. Plan to establish 10+ observation posts

"We are planning to establish at least ten or more observation posts on the coastline." Still, it was not clear how this plan could cover the 1,900-mile Somali coastline, since his government controls only a few square blocks of the capital, Mogadishu, with the aid of African peacekeepers.
ソマリア海岸に海賊監視基地10カ所以上設置
翻訳中
d0123476_1863079.jpg
マースクアラバマ号の襲撃の知らせで現場へ急行したが、海賊と5日間の睨み合いとなった米海軍USSベンブリッジ号

11. U.S. warning further action

But once reluctant donors, funding a government with little accountability, may change by the recent piracy spike. Despite U.S. Admiral Michael Mullen's confident statement and President Barack Obama's warning of further U.S. action, Somali pirates captured two more nautical trophies Tuesday to match the two ships they seized a day or two earlier.
掃討作戦強化の警告を発した米国
翻訳中
d0123476_547028.jpg
アデン湾航路を運航する船舶警護のため、日本の海上自衛隊から派遣されたMSD十和田号

12. Pirates vow revenge against U.S.

Pirates have vowed revenge for the deaths of three colleagues at the hands of U.S. snipers rescuing Capt. Richard Phillips. As well as they threatened to kill more captives for two other pirates slain by French forces in a separate rescue last week.
米国への復讐を誓うソマリアの海賊
翻訳中
d0123476_1303338.jpg
20年以上も内戦の続くソマリアの首都モガディシュは常に市街戦の舞台で、弾痕のない建物は見当たらない

13. New threat on lives of hostages

"Our latest hijackings were meant to show that no one can deter us from protecting our waters from the enemy because we believe in dying for our land." A message of vengeance from Omar Dahir Idle, a pirate based in the coastal town of Harardhere, was delivered to The Associated Press by telephone.
人質に危害・殺戮と脅迫
翻訳中
d0123476_1361582.jpg
海賊の人質となるのを拒否して脱出、モンバサ港へ無事たどりつき、船長の無事救出を訴えるアラバマ号クルー

14. Ending the 5 days ordeal of hostage

Meanwhile, the American sea captain held hostage for five days by pirates reached port in Kenya on Thursday, hours after his crew held a joyous reunion with their families at Andrews Air Force Base in Maryland. Phillips, 53, of Underhill, Vermont, gave himself up as a hostage to ensure the safety of his crew.
5日間の人質救出作戦
翻訳中
d0123476_1351626.jpg
左:アラバマ号が所属する海運会社マースク社の自家用ジェット ケニアの首都モンバサの国際空港から帰国の途へ
右:ケニアモンバサ港へコンテナ貨物輸送の途中、8日水曜ソマリアの500キロ沖合で海賊に襲撃されたアラバマ号


15. Self-sacrifying captain, hero of Seamen

He was freed Sunday by Navy SEAL sharpshooters who killed his three captors. Phillips planned to spend Thursday night on the Bainbridge, according to Maersk shipping line spokesman Gordan van Hook.
自己犠牲の船長は海の男の鑑
翻訳中
d0123476_1881457.jpg
 左:海軍の特殊部隊に救出され、ケニアから米国本土へ向かう、アラバマ号のリチャード・フィリップス船長
 中:米国の海軍巡視艇 /右:身代わりとなった船長無事救出の知らせを受け、喜びに沸くアラバマ号クルー


16. 'Sweet Home Alabama's coming home

Capt. Richard Phillips of the U.S.-flagged Maersk Alabama cargo ship was brought into Mombasa harbor aboard the USS Bainbridge, which docked to the music of "Sweet Home Alabama" — the Lynyrd Skynyrd hit that includes the words "I'm coming home to you."
”スィートホーム”アラバマ号の帰郷
翻訳中
<了>
【 米国時間 2009年4月17日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_139817.jpg
救出された人質フィリップス船長の無事帰国を祝って、ウェルカムバナーを作る船長の故郷の町アンダーヒルの小学生
d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9617505/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9617505

d0123476_514329.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。変わらぬ応援に感謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-04-17 13:35 | 海賊シージャック

復讐を誓う海賊に、資金凍結で首根を絞めるクリントン

f0127501_128435.gif

  ||| 復讐を誓う海賊に致命的資金凍結案 |||

d0123476_17431175.jpg
 EU「海軍力増強」米国「海賊の資金凍結」ソマリア首相提案「湾岸に歩哨基地」
 スエズ運河から紅海を経てインド洋へ至る、世界の輸送タンカー主要航路を警護


d0123476_18552829.gifソマリアの海賊については、07年から大きな襲撃事件が起きるたびに関連記事を紹介してきた。その中でも昨年後半、海賊のシージャックがあまりにも猖獗を極めるため、12月になって国連が加盟各国に対し海賊への全面攻撃を承認したのが、ソマリア戦線での大きな潮目となった。

昨年12/16のエントリ「ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認」に、こうした海賊行為の背景となるソマリアの国情や人質拉致の手法、シージャックの実態について詳説してあるので、海賊戦線の実態を知りたい方のために、本日の記事の前書きとして、あらためてその一部を再掲載する。
d0123476_17435635.jpg
トップ:米海軍ミサイル駆逐艦 USS オスカー・オースチン号艦上のネイビーシールズ 12日に人質船長の救出に成功
上:4日海賊にハイジャックされたヨットで子供1人を含むフランス人4人が人質。1週間後に仏海軍のコマンド部隊が人質救出作戦を展開。結果、海賊2人が死亡3人を逮捕したが、人質のひとりも巻き添えになって死亡した。


ハイテク装備の海の突撃隊

事態を重く見た各国海軍の軍艦や哨戒艇が同海域をパトロールしているにもかかわらず、実際に拿捕された海賊はほんの一握りにすぎない。ソマリアの海賊たちは、GPSシステムや携帯を経由したイントラネット連絡など、サテライトを中継した先端のITツールを組織のコミュニケーションに活用しており、生まれ育ったソマリアの海域に関してはもちろん他国の海軍よりも精通している。しかしターゲットの船をハイジャックする時には昔ながらの海賊同様の手段を用いるのも常である。
d0123476_17463567.jpg
復讐を誓う海賊に追撃されロケット砲で24時間攻撃を受けたが、あやうく危機を脱出した米国船籍のリバティサン号

巨大船舶ほど身動きとれず

彼らは狙いを定めた船の周りを小回りの効く高速艇で取り囲むと、先端にフックをつけた縄梯子を投げて船の甲板によじのぼり、ハイジャック活動をスタートする。11月にハイジャックされたサウジのスーパータンカーが最たる例だが、彼らが通常ターゲットにするのは巨大な船舶が多い。
その理由は、船が大きくなるほど急発進や急ターンが利かないために、5〜6人の海賊が乗り込んだ小型の快速艇がフルスピードで近づくのを避けることができず、むざむざと餌食になってしまうという実情のためである。

【米国時間2009年4月16日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
APRIL 16, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月16日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
復讐を誓う海賊、エスカレートするシージャック、陸上掃討計画も
米国時間 2009年4月16日午後0時03分 | AP通信・ケニア発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17594264.jpg
ソマリアの首都モガディシュを闊歩する、反政府勢力のイスラム過激派軍団「ヒズブル・イスラム」の戦士=海賊
U.S. Navy Rescues Captain Held by Pirates
Three of the Somali captors killed, one in custody after swift operation
APRIL 16, 2009, 12:03 p.m | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

1. From Suez, Red Sea to Indian Ocean
MOMBASA, Kenya — The Gulf of Aden, which links the Suez Canal and the Red Sea to the Indian Ocean, is the shortest route from Asia to Europe. More than 20,000 ships cross the vital sea lane every year.
スエズ運河・紅海・インド洋の主要航路
ケニア・モンバサ発 |スエズ運河・紅海から開口部にあるアデン湾を経由して、洋々たるインド洋の大海へとつながる航路は、前世紀以来ヨーロッパからアジアへと航海する際の最短距離として利用されている。世界でも行き交う船舶の数が最も多いこの航路では、毎年2万隻以上の船が航行しているのが現状である。
d0123476_1801882.jpg
船長解放・海賊射殺の結果、海賊の復讐の対象となった米国のリバティサン号 写真は襲撃の前でスエズ運河航行中

2. 280 foreign crew captive on 15 ships

But currently, forty-two ships were hijacked by Somali pirates last year, and so far 19 have been taken this year. Still pirates are holding more than 280 foreign crewmen captive on 15 ships. After the battle with U.S. Navy last week, the pirates capture at least 76 sailors as their revenge.
船舶15隻と船員280名が人質のまま
しかし最近ではソマリア沿岸を本拠地として、航行中のタンカーや貨物輸送船を襲撃する身代金目当ての海賊が横行し、昨年は42隻の、今年に入ってから現在まではすでに19隻の船がハイジャックされている。ソマリアの海賊が現時点で拉致している総数は、各国の船舶15隻とその乗組員280名以上という数字が上がっている
先週(4/8〜4/13)起きた米国海軍との戦闘の直後に、仲間を特殊部隊に射殺され復讐を誓った海賊は、わずか数日間にすでに4隻の船を拿捕し、その乗組員76名を人質として拉致している。
d0123476_181997.jpg
海賊の襲撃から脱出し、11日ケニアのモンバサ港へ入港した米国船籍のマースク・アラバマ号乗組員 船長は人質に

3. Captured 4 ships with 60 crew in 2 days

The latest seizures were the Lebanese-owned cargo ship MV Sea Horse, the Greek-managed bulk carrier MV Irene E.M. and two Egyptian fishing boats. Maritime officials said the Irene carried 21 to 23 Filipino crew, and Egyptian officials reported 36 men, mostly Egyptians, on the two fishing boats.
2日間で4隻・60名のシージャック
もっとも最近の拉致連行は、レバノン船籍の貨物船 MVシーホース号、ギリシャの海運会社が運営する大型輸送船 MVイレーネ・E・M号、そして2隻のエジプトの漁船となっている。
海事事務局消息筋の話では、イレーネ号には21〜23名のフィリピン人の乗組員が搭乗しており、またエジプト政府当局からは、2隻の漁船で連れ去られたのは36名の漁船員で、そのほとんどがエジプト人であると発表された。
d0123476_1119854.jpg
海賊といってもAK47とロケット砲で重装備した民兵は、アデン湾の人質拉致産業ゲリラと言った方が早い

4. Enforcing Somali government to hunt

Omar Abdirashid Ali Sharmarke, Somalia's prime minister, says his government has identified many pirate leaders and would be willing to share that information with other countries, including the U.S., to get the resources needed to go after them. He was speaking Thursday to The Associated Press in its exclusive interview in Nairobi, the capital of Kenya.
海賊掃討にに必要なソマリア政府強化
オマール・アブディラシド・アリ・シャルマーキ新首相は、ソマリア政府は数多くの海賊首領の身元を割り出しており、政府は海賊討伐を展開するのに必要な資金を得るために、米国を始めとする支援協力国家との情報交換も喜んでするつもりだと語った。ソマリア新政権が表明するこの新しい方針は、ケニアの首都ナイロビで行なわれたシャルマーク首相との、AP通信の独占インタビューで明らかにされたものである。
d0123476_1815640.jpg
30日カタールの首都ドーハで開催のアラブサミットでシリアのアサド大統領と会談するソマリアのアハメド新大統領

5. 'Pirates become wealthy and powerful'

Sharmarke said the pirates have become so wealthy and powerful that they threaten his government. "We have information on who is behind this, who is involved," he said. He was referring to the fact that Somali pirates can earn $1 million or more in ransom for each hijacked ship. "There is a lot of money flowing in.... we are following very closely how money is distributed here," he said.
ソマリアの政府よりも強大になった海賊
シャルマーク首相の談話によると、海賊勢力は(数十億ドルにのぼる人質の身代金で)財源が豊かになり軍隊並みの兵器で武装した結果、現在ではソマリアの政府を脅かすほど強大な勢力になってしまったと吐露した。また、海賊はハイジャックした船舶1隻あたり平均して1億円以上の身代金を入手しているそうである。
「政府側ではこの海賊行為を陰で操っているのが誰(どの国家/組織)なのか、またどういうメンバーが所属しているのか、という情報を握っている。海賊には巨額の金が転がり込んでいる。われわれはこうした資金が、どうやってわが国まで送られるのかという経路を緻密に追跡している」とシャルマーク首相は語った。

d0123476_184947.jpg
左:モガディシュの官邸でビンラディンの挑戦宣告を非難するソマリア新政府のシーク・シャリフ・アハメド大統領
中:アルカイダ系列のシーク/首長が率いるイスラム過激派軍団ヒズブル・イスラムの本陣入口を警備する海賊兵士
右:海賊に襲撃されたが脱出してモンバサ港に入港した米船籍コンテナ輸送船マースクアラバマ号を警備する海軍兵


6. Clinton, 'armed gangs on the sea'

U.S. Secretary of State Hillary Rodham Clinton on Wednesday announced new diplomatic efforts to freeze the pirates' assets and said the Obama administration will work with shippers and insurers to improve their defenses against pirates. "These pirates are criminals, they are armed gangs on the sea. And those plotting attacks must be stopped," Clinton said in Washington.
クリントン長官「武装した海のギャング」
一方14日水曜、米国のヒラリー・クリントン国務長官は、ソマリア海域の海賊に対処する米国の新しい方針を明らかにした。その内容によると、オバマ政権は海賊の資産凍結を目的とする国際間の外交的施策を図り、また当該地域での運輸航路を海賊から守るために、海運業界や運輸保険会社と一致協力する体勢をとる、と表明した。
「この海域に出没する海賊は犯罪者であり、武装した海のギャングです。こうした襲撃は、計画時点で阻止しなければいけません。」クリントン長官は、オーストラリアとの二国会談を終えた後の共同記者会見の席で、海賊対策についてこう発表した。
d0123476_185316.jpg
米・オーストラリア2国間軍事外交サミットAUSMIT記者会見で海賊に対する制裁措置を告げるクリントン国務長官

7. 'Track and freeze pirates' money'

She urged the U.S. and others to "explore ways to track and freeze" pirate ransom money and other funds used in purchases of new boats, weapons and communications equipment. Clinton did not call for military force, although she mentioned "going after" pirate bases in Somalia.
「海賊の身代金と資金経路を凍結」
クリントン長官は、米国を始め、ソマリア政府への協力国に対して、払われた人質の身代金や、スピードボート、兵器や通信機器を購入する資金のルートを追跡して凍結する方法を模索するよう協力を促すと発表した。クリントン長官は、ソマリア国内の海賊の基地を「追跡」するとは言ったものの、軍事出動は口にしなかった。   >> 次号へ続く

【 米国時間 2009年4月16日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_1845033.jpg
フランス海軍の偵察機から撮ったソマリア海賊の「母船」/ヨットから人質3人を救出した仏海軍のコマンド部隊
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9614282/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9614282

d0123476_11202865.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。変わらぬ応援に感謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-04-16 17:41 | 海賊シージャック

海軍伝説・ネイビーシールズの殺しのライセンス

f0127501_128435.gif

    ||| 海軍伝説 殺しのライセンス |||

d0123476_17553117.jpg
 米国海軍の特殊任務遂行部隊 NAVY SEALs 究極任務の殺しのライセンス
 ソマリア海賊の人質事件でクローズアップされた ミッションインポッサブル

d0123476_18552829.gif記事の写真を色々探していたら、やはりこの海軍の特殊部隊 NAVY SEALs は只者ではない。紛争地域での敵前上陸や諜報情報の収集、任務遂行のための「殺しのライセンス」もあるようだ。

ただし戦闘行為として認められた状況でなければ、軍属の任務そのものも発生しない訳で、これは大分前の映画のタイトルにもあった『Rules of Engagement』が問われる状況だ。また、出動および任務遂行は軍事行動となるので、その都度大統領じきじきの署名が必要となる。まさに「Signed, Sealed, and Delivered = 署名 > 封印 > 実行」のプロセスそのものである。

(「Signed, Sealed, and Delivered」はスティービー・ワンダーの往年のヒット曲で、たまたま一昨年来のオバマの選挙キャンペーンでは、この曲がキャンペーンテーマとして各遊説会場の演説の最後に流れたという経緯もある因縁深いタイトル)
d0123476_9322329.jpg
ソマリアは、90年代クリントン大統領の1期目に、国連の食糧救援の警護のため、国連軍援護で米軍を派遣していた。その結果、米軍ヘリが現地の武装勢力に襲撃され、米兵19名が死亡。パイロットの死体が市中引き回しになるという、米国にとっては悪夢の体験をした鬼門である。

これに懲りて以降、クリントン政権は各地で紛争が起きても、自国大事で看過する態勢をとるようになってしまった。94年のルワンダの虐殺も、モガディシュの惨事がなければ、米国が事前に特殊部隊を送り込んで止められたはずだった。

d0123476_16391691.jpgYAN-Cさんのブログ『RE:SUKI』でも、海賊に関するエントリでソマリアの首都モガディシュの惨事を描いた、リドリー・スコットの戦争映画『ブラックホーク・ダウン』にふれていた。
▶オバマ大統領「SEALS」によるソマリア海賊からの救出に成功

彼らの任務は、常に生か死かの命がけの最前線へ送られるため、その訓練も一様ではなく、写真を見ているだけで凄みが伝わってくる。33万の海軍の中でわずか2千名というエリート中のエリート部隊。こうした訓練の集積が骨身にしみているからこそ、揺れる船内にいた3人の海賊を3発の銃弾で同時に仕留める、という神業に近い使命が遂行できたのだろう。
d0123476_9331331.jpg
軍事行動を無条件に認めるきらいのある米国ですら「海賊も人間」という人命擁護説を唱えるアメリカ人もたしかにいる。しかし、重装備の海賊が人質をとりその命が危機にさらされた場合、たとえ人質がたったひとりであっても戦艦を差し向け、「国家は国民を守る」という鉄則を示したアメリカ。

国民の政府に対する信頼というものは、上から教え込むよりも、やはりこうした危機的状況が展開する中で、無言のうちに浸透するものだな……と、米国における「国家と国民の信頼の絆」というものを、あらためて痛感した次第である。

   【米国時間2009年4月14日『米流時評』ysbee】
d0123476_1539544.jpg
APRIL 14, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月14日号
f0127501_457513.gif

  Associated Press | P E N T A G O N
ソマリア海賊人質事件でクローズアップされた NAVY SEALs の殺しのライセンス
米国時間 2009年4月13日午後5時32分 | AP通信・ワシントン発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1845057.jpg
Snipers Had One Improbable Chance: Part-II
Pirates holding captain hostage appeared increasingly agitated
APRIL 13, 2009 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

7. 25 yards from their targets
Continued from the previous issue — Continued from the previous issue — The SEALs in the Gulf of Aden standoff had parachuted into the ocean to join the destroyer. Now, Sunday night, they were 25 or so yards from their targets, waiting. Their mission, fraught with risk for the hostage, was one that SEAL snipers are trained to do, Couch said.
ターゲットと23メートルの距離まで接近
前号「ソマリア沖のボーン・アルティメイタム/海賊3人3発3中」からの続き:
アデン湾で人質をとった海賊と5日間のにらみ合いとなった米国海軍の最終手段となるべく、使命を帯びたシールズのメンバーは、宵闇が降りてから海上へパラシュート降下し、駆逐艦ベインブリッジ号の甲板で満を持した。時すでに、アフリカ現地時間で日曜の夜。彼らの狙うターゲットは、およそ25ヤード(約23メートル)ほど先にあって、ひたすら好機の訪れるのを待っていた。
彼らの使命は、人質を危機に陥れることなく、狙撃手が常時訓練している技術を実践に移すだけのことだったはず、と(前号でも紹介した)クーチ氏は解釈している。
d0123476_17585049.jpg
8. Imminent danger of captain's life
Three Navy SEALs aboard the Bainbridge waited quietly in the darkness. First, a tracer bullet arced from the lifeboat toward the Bainbridge. Then, through one of the few openings on the lifeboat, Phillips could be seen with a gun pointed at him, almost touching him.
風前の灯火だった船長の命
NAVY SEALs の3人のスナイパーは、ベインブリッジ号の甲板上に身を伏せ、周囲が闇に包まれるのをじっと待っていた。そのとき、最初に海賊達のボートからベインブリッジ号に向かって、実弾が発射された。その直後、海上に降りたスナイパーの観察したところによると、救命ボートのわずかな開口部のひとつを通して、フィリップス船長の頭部に海賊が銃をつきつけているのが見えた。その銃口は、ほとんど船長の頭にふれていたと言う。
d0123476_17593388.jpg
9. SEALs snipers waiting for the chance
The risk seemed obvious, but what about opportunity? Clean lines of fire that would leave the pirates' captive safe were hard to come by when taking aim at the bubble. Officials declined to discuss the equipment used by the SEALs on the destroyer. But U.S. Special Operations Command in Tampa, Fla., has purchased several thousand small night sights.
千載一遇のチャンスを待つスナイパー
船長の危機は誰の目にも明らかだった。しかし、はたして救出できる可能性はあるのか?
海賊もスナイパーも、どちらのボートも波間に揺れる木の葉のような状況では、人質の命を救えるような射撃が成功する可能性は、皆無に等しかった。
現場の指揮官は、米海軍の駆逐艦ベインブリッジ号に搭乗したシールズのスナイパーが使用した装備については洩らさなかったが、フロリダ州タンパの米海軍特殊作戦コマンド部隊(スペシャル・オプ・コマンド)では、すでに数千挺の小型の夜間照準装備を購入していたことがわかっている。
d0123476_181401.jpg
10. Super-magnifying night sights
The battery-operated night sights magnify available in moonlight and starlight to illuminate targets. The sights weigh a few pounds and clip onto rifles. "From 1,000 meters, you can tell if someone is raising their left or right hand," said C. Reed Knight Jr., president of Knight's Armament in Titusville, Fla., one of the few companies that sells sights to the command.
スーパー照準のナイトスコープ
バッテリー起動のナイトスコープは、数ポンドの重さを増すがライフルに装着でき、たとえ月夜でも星明かりでもターゲットが明瞭に見えるような視界を可能にする、狙撃用の特殊装備だった。
「たとえ1キロ離れた距離であっても、標的となる人間が右手を上げているのか左手なのかまで、ちゃんと識別できる優れ物ですよ。」
その夜間用特殊スコープをこう評価するのは、コマンド部隊にオプティカル装備を納入している数少ないメーカーのひとつ、フロリダ州タイタスヴィルに本社を置くナイツ・アーマメント社の C・リード・ナイト社長である。
d0123476_1821788.jpg
11. Three pirates, 3 shots, 3 bodies
The opportunity arrived. The three hostage-takers were observed with their heads and shoulders all exposed at once. The sight was told to Vice Adm. William Gortney, commander of U.S. naval forces in the region. Three shots rang out from the SEALs. Three pirates were dead or rapidly dying. Phillips was found safe, his hands bound.
3発の銃弾で海賊3人即死
ソマリア沖の艦上では、ついにチャンスが訪れた。たまたま、人質に銃をつきつけている海賊が救命ボートの小さな窓のひとつに、3人一緒に頭部と肩を現したのだ。この視界はただちに、アデン湾を含むインド洋一帯をとりしきる米国海軍第5艦隊の総司令官、ウィリアム・ゴートニー副提督へ伝えられた。
間髪を入れず、3人のシールズのスナイパーの銃口から3発の銃声がとどろいた。と同時に3人の海賊は即死、あるいは倒れてすぐに死んだ。フィリップス船長は、両手を縛られてはいたが、拉致されてから5日目に、ついに怪我もなく無事救出された。
d0123476_1825191.jpg
12. Work of ultimate precision
"It was a day at the office for the SEALs, much like it's a day at the office for a heart surgeon or a concert violinist," said Dick Couch, a Vietnam-era SEAL and author of "The Warrior Elite," an inside look at the commandos' rigorous training program.
究極の緻密さと正確さで職務遂行
「シールズにとっては、今日の任務もオフィスで片付ける毎日の仕事と変わりない。まあ、普通のサラリーマンと言うよりは、心臓外科の手術医とかコンサートのバイオリニストの仕事に近いが」
ベトナム戦争時代にSEALの一員として活躍し、コマンド部隊の過酷なトレーニングプログラムを部内者の目でレポートした実録書『The Warrior Elite/エリート戦士』の著者、ディック・クーチ氏は、SEALsの仕事の内容をこう解説する。
d0123476_1833276.jpg
13. SEAL stands for at 'SEa, Air and Land'
The Navy, a force of more than 330,000, has just 2,000 SEALs, highly trained as stealthy rescuers — and killers. They are called SEALs because they can fight by SEa, Air and Land. SEAL snipers are counted on for precision fire from concealed positions.
SEALの由来は「SEa, Air, Land」
米国海軍に所属する者は総数33万名にのぼるが、その中で高度な軍事特訓を受けた特殊部隊のシールズは、わずか2千名を数えるに過ぎない。彼らの遂行任務は、究極の困難な救出作戦だが、時と場合では殺人使命も帯びる。
彼らの活躍する舞台は「SEa, Air and Land」陸海空のどこでも、という由縁で「SEALs/シールズ」と呼ばれる。単独の兵士はSEALと呼ばれるが、特にそのスナイパーは、隠れた位置から正確無比な射撃を遂行する腕前にかけては、右に出るものがいない。
d0123476_182475.jpg
14. 'Correcting for Environmental Factors'
They practice stalking, helicopter insertion, intelligence gathering and more. Their training manual instructs them on camouflage, navigation, evading dogs and a skill of special value when taking aim from a large ship at a small boat riding the waves: "Correcting for Environmental Factors."
ハイテク装備で敵前上陸から諜報任務まで
彼らは、狙撃のターゲットを地上で追跡したり、軍用ヘリからパラシュートで降下したりする訓練の他にも、情報収集など諜報的職務も遂行できるよう特殊な訓練をマスターする。彼らのトレーニングマニュアルでは、作戦実行に際してはカモフラージュ用のメイクをほどこし、ボートを操り、捜索用の犬をけむに巻く……といった、揚陸艦から小型ボートに乗り移って敵前上陸する際の特殊技術について微に入り細にわたって伝授されている。その表紙のタイトルもまた、まるで敵の目をあざむくかのような題名だ。『Correcting for Environmental Factors/環境要素の是正』。
<了>
【 米国時間 2009年4月14日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_185754.jpg
真冬にツンドラの凍土でのサバイバル訓練 凍った泥をくぐり抜けた兵士はまるで銅像のようだd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9605870/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9605870

d0123476_11202865.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。ここを重点的にクリック!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-04-14 18:36 | 海賊シージャック

ソマリア沖のボーン・アルティメイタム/海賊3人3発3中

f0127501_128435.gif

  ||| ソマリア沖の特命・人質救出作戦 |||

d0123476_20435299.jpg
 海軍特殊部隊の勝利: 3人の海賊に、3人のスナイパーの3発の銃弾が命中!
 オバマ「海賊行為は16世紀の犯罪」各国海軍の協力による海賊撲滅を呼びかけ


d0123476_18552829.gif先週水曜から、米国のメディアでは「ソマリア海賊の米人船長人質事件」が話題を独占していたが、土曜の深夜にオバマからGOサインが出て、特殊部隊がパラシュート降下。最終的には海賊3人を射殺して船長を救出した。

この展開で、復活祭の朝には「人質解放」の朗報で全米が安堵の吐息をもらした、という経緯は前号で紹介したとおり。しかし、あとから続々伝わってきた詳報が注目の的。このままでは船長がソマリアのイール港の海賊の本拠地へ連れ去られるか、あるいは最悪の場合船内で射殺される、と見えた瞬間、事態は急転。

海賊3人と人質の乗ったカプセル状の救命ボート目がけて、3人のスナイパーからの3発の銃弾が3人の海賊に「同時に」命中し、3人とも即死、という……これはもう映画以上の結末となった。
d0123476_2029542.jpg
よく米国の話題が一緒になる『JIN & TONIC』のJINさんは、奇しくもこの展開を「オバマ、ジャックを派遣」とタイトルにしてらしたが、確かに大統領と現場の司令官とのホットラインやテロリストへの必殺使命は『24』のジャック・バウアー顔負け。

私が最初にNBCテレビのニュースで、ミリタリー系ニュース報道のベテラン、ミクロズースキー・ペンタゴン担当デスクがこの状況を微に入り細に入り語るのを聴いた時には、即座に「ジェイソン・ボーンだ」と思い、一瞬で3人必殺のあの瞬速わざが彷彿と浮かんだ。  >> 次号へ続く

【米国時間2009年4月13日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
APRIL 13, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月13日号
f0127501_457513.gif

  Associated Press | P E N T A G O N
米海軍特殊部隊のミッションインポッサブル 人質救出の特命作戦
米国時間 2009年4月13日午後5時32分 | AP通信・ワシントン発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17162754.jpg
Snipers Had One Improbable Chance
Pirates holding captain hostage appeared increasingly agitated
APRIL 13, 2009 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
1. Three bullets to kill 3 pirates
WASHINGTON — Ordered to shoot to kill, snipers on the swaying stern of the U.S. destroyer had one improbable chance to get it right. Anything less than direct hits killing three pirates with three bullets would have placed the American hostage, merchant Capt. Richard Phillips, in mortal danger, if not sealed his fate.

必殺必中の極限の特命
人質を拉致していた海賊に対して最終的に射殺命令が下ったとき、米海軍の戦闘艦から揺れる波間に下ろされたボートから、これまた木の葉のように揺れ続けるカプセル状の救命ボートに乗った海賊3人を間違いなく仕留めるチャンスは、万にひとつの可能性しかなかった。3人の海賊に3発の銃弾を瞬時に命中させなければ、米人の人質である民間輸送船のリチャード・フィリップス船長は、逃れようのない死の危険にさらされるだけだった。
d0123476_2032302.jpg
2. Duty on missions impossible
Navy SEALs are trained for an improbable variety of tasks — to dive deep, fight in the desert, parachute into the ocean, conduct urban warfare, operate in bitter cold, crawl through the jungle. They're trained to wait, too. This night, they had to find their moment, shrug off the pressure and shoot straight.
不可能なミッションを可能にする任務
NAVY SEALs は、米軍でも最も過酷な訓練を受けた米国海軍の特殊部隊である。……深海深くダイビング、灼熱の砂漠での戦闘、軍の輸送機からパラシュート降下、市街地での白兵戦、極寒の凍土や熱帯のジャングルを匍匐前進……陸海空あらゆるステージでの遂行不可能と思える任務を遂行するべく特訓を受けた、エリート中のエリート部隊である。
しかし、彼らはまた好機がくるまでじっと待つようにも訓練されている。海賊を倒したこの夜も、彼らはベストタイミングが到来するまで待ち、狙いを定め、好機を逃さず撃った。
d0123476_20351058.jpg
3. Counting the ticking temper
The scene was set as darkness fell Sunday evening off the African coast. The last three pirates, holding Phillips in an enclosed powerless lifeboat, appeared to be running out of patience with their predicament.
海賊側の焦燥も限界に
今回の海賊襲撃の舞台は、イースターサンデーの夜のとばりが降り、アフリカ東岸の海が漆黒の闇に包まれたときだった。大胆にもわずか4人の海賊は小さなボートでマースク・アラバマ号を襲撃し、船長を人質にとってから4日間というもの、エンジンもなく閉ざされたカプセル状の救命ボートの中で息を詰め、人質の身代金交渉の解答の出るのを待っていた。
d0123476_20355276.jpg
4. Breaking up the hostage negotiation
Bobbing for days after their brazen attempt to seize Phillips' ship failed, their mood was "going up and down" like the ocean swells, according to U.S. accounts of the negotiations.
人質解放交渉決裂で状況悪化
しかし、陸上での交渉は決裂。手に怪我をした十代の海賊ひとりが先に投降。残りの3人がフィリップス船長を人質にしたまま、ボートは三方を米海軍の戦闘艦に囲まれ、海賊達の忍耐も限界にきていた。彼らのムードはインド洋の波のように険悪に揺れていたと、人質交渉にあたった米国側FBIのスペシャリストは語る。
d0123476_15454894.jpg
5. Painfully miserable situation on lifeboat
They were described as increasingly agitated, and it's easy to see why. Life aboard the lifeboat was plainly miserable. It's a sweltering, elongated fiberglass bubble with no setup for sleeping or going to the bathroom on board. A fourth pirate had surrendered, boarding the destroyer for treatment of a wound to his hand.
灼熱のオーブンのような救命ボート
彼らは時間が経つにつれた緯度がますます過激になった。無理もない、難破脱出用の救命ボートは極端に狭い空間で、惨めなことこの上ない。ファイバーグラスでできたコクーンのようなカプセル状の閉ざされた内部は、寝る場所もなければトイレもない極限状況だった。4人の海賊のうちひとりは、初日にフィリップス船長の乗組員が逆襲しアイスピックで刺した手の怪我を手当てするために、先に米軍の戦艦に乗り移っていた。
d0123476_15551784.jpg
6. Preparing for the worst
The remaining three pirates and the U.S. Navy, like barroom brawlers agreeing to take it outside, had decided to move their standoff to calmer waters. As night fell, the Bainbridge had the lifeboat under tow when two developments told the Navy the pirates might be getting desperate, U.S. officials said in their reconstruction of events.
最悪の事態に備えて
残りの3人の海賊を乗せたボートと海軍の戦闘艦は、まるで酒場の喧嘩の「表へ出てやろうじゃないか」という合図のように、外海の波の静かな海域へと移動した。
夜になって船が闇に包まれたあと、交渉に当たっていた米国側の担当官の話では、海賊たちは態勢を立て直すために急に険悪になった兆候が2度伺われたため、海賊側のボートは激しい波を避けるためにベインブリッジ号の陰に隠れるように、そばへ寄って来た。 >> 次号へ続く
d0123476_1547443.jpg
【 米国時間 2009年4月13日 『米流時評』ysbee訳 】d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9602078/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9602078

d0123476_11202865.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。変わらぬ応援に感謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-04-13 20:45 | 海賊シージャック

米海軍、ソマリア海賊から人質船長救出に成功!

f0127501_128435.gif

  ||| 米海軍、海賊人質の船長救出に成功 |||

d0123476_8311415.jpg
 ソマリア海賊人質の米国輸送船船長を奪還、米海軍特殊部隊の救出作戦成功!
 人質として拉致後5日目の復活祭に朗報! 船長2度目の脱出が成功の糸口に


d0123476_18552829.gifHappy Easter!復活祭の朝、米国全土に安堵と快哉をもたらした朗報。ここ数日たれこめる暗雲のように、米国のニュースを独占してきた話題「ソマリア海賊の米輸送船船長人質事件」。ソマリア海賊の跳梁跋扈は今に始まったことでなく、襲撃事件が頻発した2007年から『米流時評』でも随時お伝えしてきた。

今回の襲撃拉致事件のことの起こりは、米国時間で先週水曜の8日。すでにパターン化している襲撃だが、今回は相手が悪かった。もちろん、米国からすれば不幸中の幸い。一見普通の輸送船と見えた「Maersk Alabama/マースク・アラバマ号」だが、この船の船長以下メインの乗組員には、歴史あるアナポリス米海軍士官学校卒業の強者がそろっていた。
d0123476_8323454.jpg
 先週8日水曜、アデン湾を航行中にソマリア海賊の襲撃を受けた米船籍コンテナ輸送船マースク・アラバマ号
 トップは バーレーンの米海軍基地に所属し 人質救出作戦の海上基地となった米海軍艇 USSベインブリッジ号


AK47機関銃やロケット砲で重装備した海賊のスピードボートが襲ってきた時点で、この船長はクルー全員に「みな奥へ隠れろ、おれひとりで対処する」と命じ、船へ乗り込んで来た海賊と交渉。その間、船内を徘徊する海賊一人に隠れていたクルー3人が飛びかかって、アイスピックで手を突き刺す、という一幕もあったが、結果的に海賊は船長を人質にして脱出ボートへ閉じ込め海上へ投げ出した。

海賊を輸送船から遠ざける試みは成功したが、船長は人質のまま。米海軍が現場へ急行したとは言っても、広いインド洋。協力して警備体制で出動している各国の巡洋艦・駆逐艦がいかに奔走しても、実質的には焼け石に水らしい。海賊出没危険海域だけでも米国全土の3分の2ほどの面積があり、例えて言うなら、その広い海の荒野をわずか数十台のパトカーで巡回しているような状態、というのがいつわらざる実情だそうだ。
d0123476_711287.jpg
 左:先週末海賊にハイジャックされたフランス人のヨット 仏海軍の救出作戦では人質4人のうちひとりが死亡
 中:アフリカの角と呼ばれるソマリアは紅海とインド洋に面し、スエズ運河からアデン湾へ出る国際海運の要衝
 右:米海軍輸送機の C-130 Hercules(ハーキュリーズ=ヘラクレス)から降下する特殊部隊 NAVY SEALs


しかしともかく、拉致のあかない解放交渉がまとまらず、4日目の土曜夜、オバマは現地の司令官に直接通達で「やれ」と命を下した。人質奪還作戦である。勇猛果敢で名高い米国海軍の特殊部隊「NAVY SEAL」が、5日目の復活祭の朝ついに船長を救出。全米に「救出成功!」の臨時ニュースが走った。ハリウッドのアクション映画さながらの人質救出作戦の一部始終を、このあとの記事を翻訳して紹介したい。

【米国時間2009年4月12日『米流時評』ysbee】
d0123476_17335560.jpg
米流時評 ||| ソマリアの海賊 ||| 記事特集
09/04/12 米海軍、ソマリア海賊から人質船長救出に成功!
08/12/16 緊急報告:ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認!
08/11/20 ソマリア海賊の猛威 1週間で8隻ハイジャック!
08/11/15 速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック
07/10/20 米流時評 第三次世界大戦はもう始まっている
07/09/13 日本にとってテロ戦争とは何か?特措法、日本のとる道


d0123476_1539544.jpg
APRIL 12, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月12日号
f0127501_457513.gif

  Associated Press | B R E A K I N G
ソマリア海賊人質の米船長を5日ぶりに奪還、海軍特殊部隊の救出作戦成功!
米国時間 2009年4月12日午後3時15分 | AP通信・ケニア発ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_8353627.jpg
5日ぶりについに海賊の人質状況から救出されたマースク号のリチャード・フィリップス船長
U.S. Navy Rescues Captain Held by Pirates
Three of the Somali captors killed, one in custody after swift operation
APRIL 12, 2009, 3:15 p.m. | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

1. Finally U.S. succeeded in rescue
MOMBASA, Kenya — U.S. forces freed an American ship captain and killed three of his captors Sunday in a daring rescue that ended a five-day standoff between the world's most powerful navy and Somali pirates in a lifeboat far off the Horn of Africa.
5日目についに人質救出成功!
ケニア・モンバサ発 |「Horn of Africa」アフリカの角と呼ばれるソマリアの沖合海上で、世界最強の海軍とソマリアの海賊との間で繰り広げられていた人質救出のドラマ。8日水曜の襲撃以来続けられていた5日間にわたる人質解放交渉が、土曜夜決裂。米軍は日曜の未明、漆黒の海に海軍特殊部隊をパラシュート降下させ、4人の海賊のうち3人を射殺1人を捕獲して、狭い救命ボートに捕らわれの身となっていた米人船長をついに救出した。
d0123476_10555450.jpg
襲撃されたマースク・アラバマ号に搭載してあった緊急脱出用ボート 事件の起きるよりも大分以前に撮られた写真

2. License to kill in 'imminent danger'

Capt. Richard Phillips was in "imminent danger" of being killed before snipers shot the pirates in an operation authorized by President Barack Obama, Vice Adm. Bill Gortney said. He said the pirates were armed with AK-47s and small-caliber pistols and were pointing the rifles at the captain when the commander of the nearby USS Bainbridge gave the order to open fire.
海軍特殊部隊の決死の救出作戦
ビル・ゴートニー海軍副総督から発表された現場状況によると、バラク・オバマ大統領の勅命を受けた海軍特殊部隊NAVY SEAL、救出作戦実行チームのスナイパーがソマリアの海賊を射殺する直前には、拉致されていたリチャード・フィリップス船長は「不可避の危機」にあった。
救出作戦のため現場に出動していた米軍の戦闘艦USSベンブリッジ号から、作戦司令官がスナイパーにゴーサインを送った時点では、海賊達は機関銃AK47とピストルで武装し、船長の頭に銃を向けていたと、ゴートニー副提督は伝えている。
d0123476_10531311.jpg
今回の人質救出で5日間海上作戦基地となった米国海軍の戦闘艦ベーンブリッジ

3. Escaped crew erupted with joy

Gortney, the commander of U.S. Naval Forces Central Command, said the White House had given "very clear guidance and authority" to take action if Phillips' life was in danger. Phillips' crew, who said they had escaped after he offered himself as a hostage, erupted in cheers aboard their ship docked in Mombasa, Kenya. Some waved an American flag and fired flares in celebration.
救出成功の朗報に沸き立つ乗組員
米国海軍中央司令部の総司令官であるゴートニー副提督は、フィリップ船長の生死を賭けた今回の救出作戦実行にあたって、ホワイトハウスからは「きわめて明確な指示と確固とした指令があった」と述べている。
フィリップス船長の配下の乗組員は、船長が他の乗組員の命と引き換えに進んで人質になったため、危機を脱出して船ごとソマリアの隣国ケニアへ避難していたが、停泊中のモンバサ港のドックで救出成功の朗報を受け、喜びに沸き立った。船員の中には星条旗を掲げ、祝砲の代わりの発煙筒を打上げる者もいた。
d0123476_1626970.jpg
船長救出の知らせを受けて快哉を叫ぶ乗組員、彼らは船長が人質になった時点で船ごと脱出に成功していた

4. Captain O.K. with no injury

Phillips, 53, of Underhill, Vermont, was not hurt in several minutes of gunfire and the U.S. Navy's 5th Fleet said he was resting comfortably on a U.S. warship after receiving a medical exam. "I'm just the byline. The real heroes are the Navy, the Seals, those who have brought me home," Phillips said by phone to Maersk Line Limited President and CEO John Reinhart, the company head told reporters.
船長は数分間の銃撃戦でも無傷
バーモント州アンダーヒルに自宅のあるリチャード・フィリップス船長(53才)は、海賊と特殊部隊との間で銃撃戦が数分間続いたにもかかわらず、幸いにして怪我は負わなかった。米海軍第5艦隊からの発表によると、船長は現在米戦闘艦ベンブリッジ号に収容され、医師の点検を受けた後は安心して休息をとっていると伝えられた。
フィリップス船長からマースク号の所属する米国のマースク・ライン・リミテッドへ直接電話が入り、社主のジョン・ラインハート氏と語った内容によると、船長は「真の英雄は、私を救って故郷に帰してくれる海軍とNAVY SEALsですよ」と伝えたそうである。
d0123476_10521668.jpg
貨物輸送船マースク・アラバマ号がドック入りしているケニアのモンバサ港 現在連邦 FBI が船内で CSI の作業中

5. Obama admires, 'a model for all Americans'

A photo released by the Navy showed Phillips unharmed and shaking hands with the commanding officer of the Bainbridge. Obama said Phillips had courage that was "a model for all Americans" and he was pleased about the rescue, adding that the United States needs help from other countries to deal with the threat of piracy and to hold pirates accountable.
オバマ「船長はアメリカ人の鑑」
海軍広報部から公開された写真では、ベンブリッジ号に収容されたフィリップス船長は怪我もなく同艦の司令官と握手をしている場面が映っていた。オバマ大統領は電話で祝辞を入れ、(乗組員を救うために命がけで人質となった)フィリップ船長に対して「すべてのアメリカ人の鑑(かがみ)だ」と賞賛。救出作戦が成功したことを喜ぶとともに、海賊襲撃の脅威と闘うためにも米国以外の国からの協力が必要である、と言い添えた。
d0123476_715799.jpg
記者会見で説明する、リチャード・フィリップス船長以下乗組員が所属する船舶運輸会社のラインハルト社長

6. Obama gave permissions twice

The Defense Department twice asked Obama for permission to use military force to rescue Phillips, most recently late Friday evening, U.S. officials said. On Saturday morning, Obama signed off on the Pentagon's request, as he had a day earlier, said the officials, who spoke on the condition of anonymity to discuss internal deliberations.
軍事力行使を2度許可したオバマ
国防省はオバマ大統領に対して、フィリップ船長を救出するための軍事力行使を許可するよう2度要請し、2回とも許可を得たと米国政府高官は伝えている。最終の許可依頼は金曜夜に届けられ、最初の金曜日中の許可同様、大統領権限の最終指令は土曜早朝に署名されたそうである。内部機密情報のため、この内容を伝えた高官名は匿名のままである。
d0123476_10434793.jpg
ギリシャの貨物船を略奪しようとしたところをギリシャ海軍につかまったソマリアの海賊

7. Totally integrated operation of 5th Fleet

字数制限のため英文省略
米海軍第5艦隊の統合救出作戦
米海軍の発表によると、フィリップス船長が海賊の手から解放されたのは、現地時間で午後7時19分で、救命ボートから巡洋艦ノーフォーク号へ、さらにバージニアを母港とする駆逐艦ベンブリッジ号へと移送され、そこからさらにサンディエゴ海軍基地所属のUSSボクサー号へヘリで運ばれ、同艦で医師の検診を受けたと、第5艦隊のネイサン・クリステンセン広報官から記者団に公表された。フィリップス船長は、現在はインド洋ソマリア沖のUSSボクサー号艦上で、安心して休養していると広報官は伝えている。
d0123476_1045287.jpg
ケニアのモンバサ港でソマリア出動のギリシャ海軍フリゲート艦から下船する海上で逮捕された海賊

8. Fourth pirate surrendered in cutody

字数制限のため英文省略
4人目の海賊投降し米軍捕虜に
政府高官の談話によると、4人のうち3人は射殺されたが、残った一人は米軍に投降し、戦闘場面に置ける軍事捕虜となった。一方連邦捜査局FBIもベンブリッジ号に乗り込んで、ここ数日人質解放の交渉を続けていたが、ジョン・ミラーFBI広報官によると「今回の襲撃事件は、軍事問題と言うよりも犯罪事件として看做される状況に変わってきた」と語っている。
一方フィリップス船長の家族を代弁するスポークスウーマン、アリソン・マッコールさんの談話では、船長と妻のアンドレアさんは、ほんの短い時間だったが、人質から解放された直後に電話で会話を交わしたと伝えている。
d0123476_10502918.jpg
ギリシャ海軍に逮捕、連行されたケニアの首都モンバサの裁判所で口頭尋問を受けるソマリアの海賊メンバー

9. Captain recaptured on Friday

字数制限のため英文省略
失敗に終わった最初の脱出
フィリップス船長は、人質になってから3日目の先週金曜、救命ボートから海へ飛び込み、海賊の手から自力による脱出を試みたが、海賊が船長目がけて銃を発射したため、やむなくまた海賊の人質となった。この実情は、まだ救出作戦が展開中だった時点で、ペンタゴンの匿名の高官から内密裡にという条件の下で知らされていた談話である。(救出が成功したために公開)
d0123476_19243885.jpg
先週金曜、無事帰宅を祈る住民の手で黄色いリボンが飾られたバーモント州アンダーヒルのフィリップス船長の自宅

10. A few shots fired on U.S. boat Saturday

字数制限のため英文省略
海賊に接近した米軍のボートに発射
11日土曜の早朝、フィリップ船長と4人の海賊の乗っていた救命ボートに米海軍の小型ボートが近づいた際、海賊はそのボートめがけて銃で撃ってきた。この際には(まだ軍事行動指令が出ていなかったため)ボートの海軍兵は海賊に撃ち返さなかった。海軍のボートはきびすを返して戻ったため、誰も負傷せずに済んだ。この話は前述の匿名高官からだが、この際の海軍ボートは(海賊との交渉のためで)船長救出の特命は受けていなかった、と語っている。
d0123476_1144320.jpg
先週8日に海賊の人質になったニュースを受け自宅で報道陣に夫の写真を示すフィリップス船長の妻アンドレアさん

11. Saved 19 crew arrived at Mombasa

字数制限のため英文省略
乗組員19人は一足先にモンバサ港へ
ソマリア中部のマドッグ州知事が伝える談話によると、フィリップス船長の人質解放交渉は同州地元の長老たちも加わり、アメリカ人側では通訳も交えて、衛星回線を介した電話で土曜いっぱい続いた。しかし最終的に(米国側は断固として身代金支払の要求をはねつけたため)土曜深夜になって交渉は決裂した。
一方水曜の襲撃事件の後、フィリップ船長配下の19名の乗組員とマースク号は、米国海軍特殊部隊の警護艇が随行して、ケニア北西部にあるモンバサ港に無事入港した。一行は人質を免れた状況を喜びながらも、フィリップ船長をひとり残さなければならなかった状況に断腸の思いだと語った。
d0123476_11464213.jpg
今回の出航以前に撮った乗組員クイン氏と家族の写真 /留守宅で夫の安否を気遣う妻のゾヤ・クインさん

12. Holding a dozen ships with 200+ crew

字数制限のため英文省略
現在ソマリアに船舶12隻と人質200人以上
マレーシアに本部を置く海賊監視専門のインターナショナル・マリタイムビューロー/国際海事事務局の調べによると、現時点でソマリアの海賊は船舶12隻と200名以上の乗組員を拉致している。人質の国籍は多岐に渡り、ブルガリア、中国、ドイツ、インドネシア、イタリー、フィリピン、ロシア、台湾、ツバル、ウクライナ、その他の国籍の乗組員がソマリアに拉致されたままである。
d0123476_1147143.jpg
乗組員の命と引き換えにひとり人質となった船長が救出された知らせを現地の夫から受け取る乗組員の妻

13. German freighter Hansa Stavanger in capture

字数制限のため英文省略
ドイツのコンテナ船もいまだ拿捕されたまま
一方、ドイツ軍の対海賊作戦広報官は、AP通信の取材に応えて「米軍は人質となった船長の安否を気遣って、外部へは作戦のあることをおくびにも出さなかった」と語っている。しかしこの広報官もまた、今月冒頭に海賊にハイジャックされた自国のコンテナ輸送船ハンザ・スタヴァンゲル号の詳細については口をつぐんでいる。
同船には24名の乗組員が搭乗していたが、その内訳はドイツ人5名、ロシア人3名、ウクライナ人2名、フィリピン人2名、ツヴァル諸島住民が12名という構成になっている。 >> 次号へ続く

【 米国時間 2009年4月12日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_11482815.jpg
ソマリアの海賊に襲撃拿捕され、現在も係留中のドイツの貨物船ハンザ・スタヴェンゲル号
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9590781
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9590781

d0123476_11202865.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。変わらぬ応援に感謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-04-12 08:40 | 海賊シージャック
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28