米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:プーチンのロシア( 20 )

速報!極東海域でロシア原潜事故、20名死亡!

f0127501_128435.gif

  ||| 日本海海域でロシア原潜死亡事故 |||

d0123476_12191310.jpg
太平洋極東海域でロシア海軍原子力潜水艦に事故発生、20名死亡
事故発生場所未発表、メドベージェフ 事故原因の緊急調査を指令


米国時間2008年11月8日午後6時 | ロイター通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee
モスクワ発ニュース速報 |モスクワ現地時間で8日土曜深夜、太平洋海域を航行中のロシア海軍太平洋艦隊所属の原子力潜水艦内で事故があり、少なくとも20名が死亡、21名が負傷したと、ロシア海軍の広報官から発表された。
Accident Aboard Russian Submarine Kills 20
Finland hosts highest-level discussions since Georgia war strained ties
NOVEMBER 8, 2008 | REUTERS — BREAKING | Translation by ysbee
MOSCOW — At least 20 people died and 21 were injured in an accident on board a Russian nuclear-powered submarine from the country’s Pacific Fleet, a Russian naval spokesman said late on Saturday.

d0123476_12243759.jpg
1. Location of accident unknown
The spokesman did not give the name of the submarine or specify where it was located, adding only that it was on exercises at sea and 208 people were on board. “The reactor section (of the submarine) is working properly,” he said by telephone. “The radiation levels on the ship are normal.”President Dmitry Medvedev has been informed about the accident, Russian news agencies reported.
208名搭乗の原潜事故発生場所不明
広報官はAP通信の電話での取材に応え、事故は搭乗員208名の原子力潜水艦が極東海域で演習中に起こったと説明しただけで、原潜の名前やどこで事故が起きたのかは公表しなかった。「潜水艦の核燃料炉部分は正常に作動している。艦内の放射能濃度も正常である」一方ロシア国営ニュースの報道では、ドミトリー・メドベージェフ大統領も今回の事故の知らせを受け取っていると言う。
d0123476_1552100.jpg
ロシア領土内の核燃料貯蔵基地

2. Russian destroyer sent to rescue

A Russian destroyer, the Admiral Tributs, was providing assistance and taking some of the injured crew from the submarine to port, the spokesman said. He did not say where the ships were, but the Tributs is normally based at Vladivostok, Russia’s main Far Eastern naval port, according to Russian media.
ウラジオストックからミサイル戦闘艦が救援に
また事故発生後、ロシアの戦闘艦アドミラル・トリバッツ号は直ちに現場へ向かい、潜水艦内の負傷兵を港湾へ搬送したと広報官は伝えている。事故現場がどこであったかは公表しなかったが、ロシア国内のメディアによると、トリバッツ号は通常ロシアの極東地域の中心地ウラジオストックを基地としているので、その近辺海域と目されている。
d0123476_12223271.jpg
ロシア海軍のミサイル戦闘艦
__________________________________________________________________
NOVEMBER 8, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11/08号
f0127501_457513.gif

 X I N H U A | B R E A K I N G N E W S
極東海域でロシア海軍太平洋艦隊原子力潜水艦に事故発生、20名死亡
米国時間 2008年11月8日午後7時46分 | 新華社通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_12195980.jpg
1. Accident of Russian nuke submarine
NOVEMBER 8, 2008 7:46 PM | Xinhua — BREAKING | Translation by ysbee
BEIJING, China — More than 20 people have been killed in an accident on a Russian nuclear submarine, local media reported on early Sunday. "Over 20 people have been killed on Nov. 8, as a result of accidental activation of the fire extinguishing system at a nuclear-powered submarine of the Pacific Fleet during sea trials," Itar-Tass cited a navy spokesman.

実戦演習中に消火装置が誤作動
北京発・新華社通信 |ロシア現地時間で9日日曜の早朝、事故現場に近い区域のロシアのローカルメディアの報道によると、太平洋海域を航行中のロシア海軍の原子力潜水艦内で起きた事故で、同潜水艦乗組員20名以上が死亡した模様である。イタル・タス通信の報道によると、ロシア海軍の広報官から次のような発表があったと伝えている。
「11月8日、ロシア海軍太平洋艦隊の原子力潜水艦が海中での実戦演習中に、間違って消火装置が作動した結果、乗組員20名以上が死亡した」
d0123476_1226596.jpg
ロシア、米国、NATOのミサイル防衛施設マップ

2. Over 20 killed, 21 injured

There were 208 people aboard the submarine during the accident and 81 of them were military servicemen. The radiation on the submarine is normal as its nuclear reactor is working at normal status, said Igor Dygalov, an aide to the commander-in-chief of the Russian Pacific Fleet. Among the killed are workers of a shipyard and military servicemen, he said.
20名以上死亡、負傷者21名
航行中だった潜水艦には、事故当時208名の乗組員が搭乗しており、そのうちの81名は非戦闘員だった。潜水艦のエンジン部である核燃料設備は正常に作動しており、艦内の放射能濃度も正常であると、ロシア太平洋艦隊のイゴール・ディガロフ総司令官補佐官から発表された。犠牲者のうち数名は、非戦闘員である港湾ドック従事者や海軍施設従事者が含まれると同氏は説明した。
d0123476_1572659.jpg
3. Sailing to far east Primorye territory
The submarine is sailing to a temporary base in Russia's far east Primorye territory with the escorting of an anti-submarine warship and a rescue vessel to evacuate another 21 injured people, Dygalo said. Russian President Dmitry Medvedev has ordered the defense minister to probe into the accident and provide all the necessary assistance to the families of the killed, said the Kremlin.
ロシア極東地域のプリモライへ航行
潜水艦は事故後21名の負傷者を搬送するために、対潜水艦ミサイル戦闘艦と救援用の船舶が随航して、ロシアの極東地域にあるプリモライ地域にある臨時の基地へ向かっているとディガロフ補佐官は報告した。ロシアのドミトリー・メドベージェフ大統領は、直ちに事故原因の究明を急ぐよう、また犠牲者の遺族に対しては必要な補助金を全額支給するよう指示を出したと、クレムリンの大統領執務室から公表された。
d0123476_12291846.jpg
4. HIstory of submarine tragedy
The latest similar accident was reported in September, 2006, when two servicemen were killed and one injured in a fire onboard a Russian nuclear submarine. The last major tragedy on Russian nuclear submarine occurred on Aug. 12, 2000, when the Kursk sank during a military exercise in the Barents Sea after an explosion ripped through the vessel. All 118 sailors perished.
ロシア潜水艦事故、悲劇の歴史
ロシアの原潜で最近起きた事故を挙げると、2006年9月に同様の火災事故が起きているが、その際には海軍兵2名が死亡、1名が負傷した。最近の事故で大惨事に至った悲劇は、2000年8月12日にロシア海軍の原潜クルスク号の沈没事件がある。同号は事故当時、北極に近いバレンツ海で軍事演習の最中だったが、艦内で爆発事故が起き沈没。(プーチンは救出を諦めたため)結果的に118名の乗組員全員が死亡した。 <了>

【 米国時間 2008年11月8日 『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_12302365.jpg
»» 次号「オバマワールド第7章 オバマの初仕事・ホワイトハウス組閣人事」へ続く
«« 前号「オバマワールド第6章 オバマの第一声 アメリカの大いなる挑戦」からの続き


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8894133f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8894133

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

[PR]
by ysbee-2 | 2008-11-08 12:24 | プーチンのロシア

プーチン時代 第1章 ロシアン・ミレニアム

f0127501_128435.gif
||| プーチン時代第1章 ロシアンミレニアム |||

d0123476_12462065.jpg
ミレニアム到来で、新生ロシアの権威と経済力を確立したプーチン
国家百年の計を7年間で成し遂げた、プーチンのロシア流資本主義


米国時間 2008年3月2日 午前7時59分 | AP 通信・時事解説 | 訳『米流時評』ysbee
プーチン時代 第1章 ミレニアムのロシア 〜 「米流時評 プーチン時代・序章」からの続き
ロシアは、ちょうどミレニアムを迎える時点で、国家としての画期的転機を不動のものとした。1999年の12月31日、世界中がY2Kのコンピュータ危機到来を怖れていた。折しもロシアでは、それでなくても弱体化していた軍隊やチェルノブイリ式の原子力発電所に、コンピュータクラッシュが襲いかかろうとしているという恐慌に見舞われていた。

トップ:昨年レーニン歿後84周年を記念してモスクワの赤の広場に集まったロシア共産党員。プーチンの若い支持層と比べると半世紀の年代の差を感じる。ロシアの共産党はすでに過去の遺物なのだろうか。
d0123476_12465451.jpg
Putin Era: Moving Forward, Falling Back
Paragon of discipline, Russia's departing Czar let his guard down — once

MARCH 2, 2008 EST | Associated Press — ANALYSIS | Translation by ysbee
MOSCOW, Russia — Russians were steeled for momentous change at the turn of the millennium. On Dec. 31, 1999, many feared the dreaded Y2K computer bug would hit especially hard at Russia's deteriorating military facilities or its Chernobyl-style nuclear power stations.

__________________________________________________________________
MARCH 3, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

Associated Press | POLITICAL ANALYSIS

プーチン時代 第1章 ミレニアムを迎えたプーチンのロシア
米国時間 2008年3月2日 | AP通信/モスクワ支局 政治時評 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_12473647.jpg
1. Post Yeltsin, former KGB
But the big New Year's Eve surprise was political. An hour before midnight tolled in Russia's Far East, an ailing Boris Yeltsin went on TV to announce he was resigning and making Vladimir Putin, a former KGB agent, acting president. That set in motion an extraordinary era in Russia history, both for how much the country has moved forward and how far it has stepped back.
イェリツィンの後継者は元KGBスパイ
しかし、こうしたミレニアム恐慌が背景にあったにもかかわらず、西暦2000年ニューイヤーの到来でもっとも大きなイベントは、大晦日の真夜中まであと1時間と言う時点で政治の舞台で起った。ロシアの極東地方からのテレビのライブ放送を通して、すでに老いの目立つ当時の大統領ボリス・イェリツィンが引退を表明し、元KGBスパイのウラジミール・プーチンを後継者として実質的大統領の役職に就けた政治ドラマだった。
この権限委譲劇は、ロシアの歴史がひとつの特別な時代へと踏み込むドラスティックな転換の、回り舞台のスイッチを入れた瞬間となった。これ以降、この国はどれだけ前進したことだろうか。また同時に(自由と民主主義という観点からは)どれだけ後退していったことだろうか。
d0123476_12481664.jpg
2. Deep in its second war in Chechnya
Many Russians were unsure what to expect from a Putin presidency. The country was deep in its second war in Chechnya, the ruble had collapsed — and Putin himself had been prime minister less than four months. Putin came across as a dull bureaucrat, especially compared with boisterous, hard-drinking Yeltsin. But the next eight years were filled out of the picture.
第二次チェッチェン戦争の泥沼
大部分のロシア人が、プーチンの執権からいったい何を期待できるのか、皆目見当がつかないでいた。ロシアは二度目のチェッチェン戦争の泥沼に腰まで浸かり、ロシアの貨幣体制ルーブルの価値は崩落した。そんな状況にあって、プーチン自身は首相に任命されてからまだほんの4カ月しか経っていなかった。当初プーチンは、特に爆発しやすい大酒飲みのイェリツィンと比べれば、きわめて平凡な官僚上がりとしてしか、国民に捉えられていなかった。しかしこれに続く8年間は、こうした過去のイメージを一掃する見事な活躍ぶりで、新しい大統領像を確立した。
d0123476_1249217.jpg
3. 'We have looked like pilferers'
As Russians elect a new president Sunday, an Associated Press correspondent who has covered all of Putin's tenure looks back at its high and low points. An early surprise came six weeks after Putin became acting president. The new leader sat down with TV reporters at a ski lodge in southern Russia and talked about Russia's tens of billions of dollars in foreign debt. "We have looked like pilferers," he said. It seemed a remarkable moment of candor.
ロシア政府の欠点を認めたプーチン
ロシアの国民はこの日曜に新しい大統領を選ぶが、プーチンのこれまでの政治的手腕の一挙手一投足を取材してきたAP通信モスクワ支局の記者として、彼の業績の長所短所を振り返ってみたい。
まず就任当初の驚きは、プーチンが実効的大統領に任命されてから6週間後にやってきた。この新しいロシアの指導者は、ロシア南部のスキーリゾートのロッジでインタビューするテレビリポーターと共に腰を下ろし、ロシアの数百億ドルに膨れ上がった外国からの負債についてこう語った。「我が国は、今まではまるで(役人の汚職で国民の利益を盗む)こそ泥のようだった」このひと言は、ロシアの指導者の口から発した発言としては初めての、現実を直視する真摯な直言だった。
d0123476_12495458.jpg
4. Playing wallflower during disaster
The debt was not only paid off, but paid off early. A surprise of a much different sort came that August, when the Kursk nuclear submarine exploded and sank, killing all 118 people aboard. Not only did Russian authorities wait two days to announce the accident, but Putin didn't interrupt his summer vacation to take charge of the disaster.
原子力潜水艦の爆発沈没事故
プーチンの代になってから、それまでの負債は返済された。しかも思ったよりも早く。しかし、そうした経済面での喜ばしい驚きとはまったく異なるニュースが、その年8月にやってきた。ロシアの原子力潜水艦クルスク号の爆発沈没事件である。この事故で同艦に搭乗していた118名の海軍兵が死亡した。この事件が起きたとき、ロシアの軍部は事故の発表を2日間保留しただけでなく、非常時に最高司令官として指揮するはずのプーチンは、夏のバカンスの最中でその予定を中途で変更しようとはしなかった。
d0123476_12503022.jpg
5. Genuine 'Homo Sovieticus'
Was he, after all, a Homo Sovieticus, a man stunted by KGB training and conditioned to keep bad news secret? Putin's explanation was that he was afraid he would interfere with the rescue operations — perhaps the only time he has played the role of wallflower. Putin came in for criticism on Russian TV over the Kursk disaster — but the days of independent-minded television were numbered.
生粋の「ホモ・ソビエティクス」
結局のところ、KGBの厳しい訓練で鍛えられたこの男は、悪いニュースは秘密裏に葬るのが習性となった生粋の「ホモ・ソビエティクス=ソ連原人」ではないだろうか?
この疑問に答えるプーチンの説明は「続行中だった救出作戦の邪魔になるのではないかと怖れたから」というものだった。多分この時が彼の執政中たった一度だけ、臆病者の役割を演じたケースだった。プーチンはクルスク号爆発事故を報道するロシア国営テレビで批判の槍玉に挙がったが、その後自主独立精神のテレビジャーナリズムが姿を消すまで、長くはかからなかった。
d0123476_12512212.jpg
6. Media under Putin's thumb
By the following spring the boldest of the nationwide channels NTV had been forced under the thumb of the state natural gas monopoly. Dissident tycoon Boris Berezovsky soon lost control of two channels. Investigative TV shows disappeared, replaced by movies, game shows and spectacularly tacky variety hours.
プーチンのメディア支配体制
その年が明けた春、ロシア国内で最大のネットワークを誇るテレビ局NTVは、国営の天然ガス供給の独占企業ガスプロムの下に吸収された。プーチンの政敵であったコングロマリットのタイクーン、ボリス・ベレゾフスキーは、その後間もなく彼の傘下にあった2つのテレビ局の経営権を失った。テレビ番組からは真相追求の報道ドキュメンタリーは消え、その代わりに映画やゲームショーや、唖然とするほど趣味の悪いバラエティショーで埋められた。
d0123476_12515721.jpg
7. Conquer the Russian journalism
Putin and other Russian officials portrayed the state television takeovers as strictly business matters. The same argument was used for the arrest of Mikhail Khodorkovsky — an oil tycoon and Putin critic — on a Siberian airport's runway. But little of consequence happens in Russia without Kremlin approval, and critics noted that politically compliant moguls weren't under pressure.
ロシアの報道体制の完全掌握
プーチンを始めとするモスクワ政府の閣僚は、国営テレビの掌握をあくまでビジネス上の権限譲渡と見ている。またロシアの石油王でプーチンの政敵であったミハイル・コドルコフスキーが、シベリア空港の滑走路から離陸直前だったジェット機で逮捕された事件についても、同じような理由付けがなされた。(コドルコフスキーと共同経営者のふたりはこの後裁判で不正経理計上で有罪判決を受け、シベリアの刑務所に服役中である)しかし、クレムリンの認可なしには何の真実ももたらされず、政府の御用評論家が「法的に規則に従わなかった石油王に対して懲罰が下っただけで、特に政府の圧力がかかった訳ではない」と煙幕を張るに終わった。 »» 続く
d0123476_12523089.jpg
»» 次号「プーチン時代 第2章 」へ続く
*お知らせ: 明日は民主党候補決定の最後の決戦と期待される4州の予備選「ファイナル・チューズデー」の実況ブログレポートを行ないます。米国時間で3月4日、日本時間で5日です。「プーチン時代」の連載はその後に継続になりますので、よろしくご了承ください。
【米国時間 2008年3月3日 『米流時評』ysbee】
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7406455
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7406455

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。風邪で4・5日休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif
社会経済ニュースでベストテン内……に行くのか?
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門で1位です。

d0123476_4274095.jpg
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||

次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-03 12:54 | プーチンのロシア

メドベージェフ当選でプーチン時代第2幕へ

f0127501_128435.gif
  ||| 米流時評 続・明日のプーチン序章 |||

d0123476_12473091.jpg
ロシア大統領選にメドベージェフ当選でプーチン時代第2幕が開幕
プーチン時代の、昨日を回顧・今日を分析・明日を探るロシア特集


d0123476_18552829.gifロシアの、そして世界の評論家の予測通り、プーチンの後継者メドベージェフが新しいロシア大統領として選出された。プーチンの指名から選挙まで、それはあたかも新幹線のレールを新しい車体が走るように、軌道も発車時刻も昨日と寸分の違いもなく、予定通りに進行表を進めた結果である。しかし、5月以降の新政府体制に移行してから明確な違いが出てくるのではないか、と私は読んでいる。
d0123476_1421070.jpg
それは、プーチンの指導力に余裕が出てくるからに他ならない。彼は大統領の実権をメドベージェフに手渡した後は、首相として一歩退いた体制を執るかに見える。しかし、それは新幹線の運転手席から、もっと全体を見渡す余裕のある管制司令室に席を移したようなもので、これまでよりもさらに、時間軸でも地理的統括においても格段の指揮力を発揮できる、理想的指令塔に納まる結果になるのではないだろうか。一般の企業で言えば、毎日のミクロな判断を要求され全ての責任を負う社長職から、絶対的指導力とマクロな権限を持つ会長職へと昇格したような状況になるだろう。
d0123476_12512195.jpg
こうした新しい二頭立ての指導体制から予測されるのは、睡眠時間5時間で「ワシ以上のハードワーカーはいない」と断言したプーチンに、時間的・精神的余裕ができて、「現在よりももっと大局的な見地で洞察した長期の覇権計画」が出てくるのではないか、という推論である。プーチンはまだ55才。国際政治外交の手腕にも磨きがかかって、これからますます新生ロシアの勢力を、経済面だけでなく軍事面でも拡大するに違いない。
私はプーチンを、東から西へと経済遠征する「現代ロシアのナポレオン」と解釈しているので、フランスの「エコノミック・ナポレオン」のサルコジと、近いうちにきっと角突き合わせる日がくるのではないかと睨んでいる。しかも、中国との貿易摩擦問題と国境地帯紛争をめぐって。
d0123476_12502219.jpg
そうした場合に、世界を大戦の危機から救う人物として第一に期待されるのは、来年2月就任の米国の新しい大統領であり、そうした状況での平和的解決を提案できる指導者は、世界平和を究極の目標に掲げるバラク・オバマしかいないと、ここでもまた認識せざるをえないのである。
今日実施され、開票後2分で当確となったロシアの大統領選の報道は、前回の総選挙での経過とまったく同じで、変化のないことおびただしい。予め予想された候補者が予め予想された高得票率で当選し、予め予想された反対派の抗議とデモがあった。人名と地名を差し替えれば、前回の総選挙の報道をそのまま使える経過である。なんともつまらない。これではまるで全体主義である。
d0123476_1252398.jpg
反対派の抗議デモに備えて、警察と軍隊の機動隊が総勢50万人以上が出動 だが大きな事件もなく投票は無事終了

選挙結果の報道はこうした理由でわざわざお知らせするほどのことでもないので、ロシアの一時代を築き上げた人物の興隆期から全盛期へと移行する今の時点で、今回はあえてプーチンその人にスポットライトを当てた評論を紹介したい。タイトルは単刀直入に『Putin Era/プーチン時代』。ロシアの昨日の歴史を足早に、しかし見落としなく振り返る秀逸な記事である。読者の評価も珍しく驚異的な5.0だった(通常はよくて4.0)。かなり長いので全3編に分けてお届けします。

【米国時間 2008年3月2日 『米流時評』ysbee記】
d0123476_12495114.jpg
ロシア土産品のトップ、マトリューシュカに「メドベージェフはプーチンだった」版が登場。この程度の自由はアリ?

【追記】大統領選結果のニュース記事の冒頭も、念のためこの下に一応付記しておきます。
__________________________________________________________________
MARCH 2, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  A S S O C I A T E D P R E S S

ロシア大統領選でプーチンの後継者にメドベージェフ当選
米国時間 2008年3月2日 午前7時02分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_13521357.jpg
Putin’s Handpicked Successor Medvedev Wins
1st official results show wide margin; Putin expected to retain much power

MARCH 2, 2008 EST | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
MOSCOW, Russia — Vladimir Putin's handpicked successor Dmitry Medvedev was cruising to an easy victory in Russia's presidential election Sunday, a result expected to give significant power to the outgoing president.

d0123476_9173151.jpg
ロシア大統領選でプーチンの後継者にメドベージェフ当選
モスクワ発・速報 |3日日曜行なわれたロシアの大統領選全国投票で、ウラジミール・プーチン指名の後継者ドミトリー・メドベージェフが、圧倒的多数を得票して予想どおり楽勝した。選挙の結果は、現行のプーチン大統領の執権体制に、さらに「次期首相と大統領の両権掌握」というめざましい権限を付加するものと受け止められている。

»» 次号「プーチン時代 第1章 ロシアン・ミレニアム」本文記事へ
1. エリツィンの後継者は元KGBスパイ /2. 第二次チェッチェン戦争の泥沼 /3. ロシア政府の欠点を認めたプーチン
4. 原潜爆発沈没事故 /5. 生粋のホモ・ソビエティクス /6. メディア支配への触手 /7. ロシア報道体制の完全掌握
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7398257
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7398257

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。風邪で4・5日休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援のほど、よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベストテンに戻りつつ…あるのかな?
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻りました!

d0123476_4274095.jpg
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選の早読み・深読み
連載予告「ドリームボーイ」バラク・オバマ*
3/01  終幕へのベルが鳴るヒラリー最後の舞台d0123476_10413398.jpg
3/01  土壇場のヒラリー最後の秒読み
2/19  ウィキウィキ チューズデー予備選開票速報
2/17  オバマ口説けるか?エドワーズとキングメーカー会談
2/14  ロムニーのバレンタインギフト、マケイン支持表明
2/12  ポトマックチューズデー予備選開票速報実況ブログ
2/09  予備選ウィークエンダーLIVE速報
2/07  共和党ミット・ロムニー大統領選から撤退
2/06  グローバルウォッチ予備選レポート・後編
2/06  グローバルウォッチ予備選レポート・前編
2/05  スーパーチューズデー"LIVE"開票中継ブログ
2/04  'Yes We Can' なぜオバマなのか?のメッセージビデオ
2/03  マリアの選択 サクラメントの秘跡
1/31  究極のキングメーカー ジョン・エドワーズ
1/30  米流時評「キングメーカー 予備選で淘汰される支流候補」
1/30  第三の男 ジョン・エドワーズの決断 大統領選から撤退
1/29 フロリダの回答 マケイン対ロムニーに絞られた共和党
1/27  米流時評「ミラクルメーカー バラク・オバマ」*
1/12  米流時評「米大統領選の先読み・共和党編」
1/11  米流時評「米大統領選の先読み・民主党編」
1/06  米流時評「墓穴を掘ったヒラリー」意地悪婆から泣き婆へ
1/05  米流時評「バラク・オバマはケネディの再来か」*
1/03  オバマ予備選で歴史的勝利!次点エドワーズ、クリントン3位
07/08/09  オバマの問題発言「パキスタン派兵」とイラク戦争批判*
07/04/28  堕ちた偶像アメリカの復権に賭ける民主党大統領選候補*
06/10/28  バラク・オバマ フィーバー/08年大統領選のスーパースター*


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-02 13:08 | プーチンのロシア

第2章 民衆に選ばれた皇帝プーチン

f0127501_128435.gif
  ||| 民衆に選ばれし皇帝プーチン |||
d0123476_15442934.jpg
タイム誌「今年の人」プーチン独占インタビュー完訳連載・第2回

エイディ・イグナチウス | TIME誌/モスクワ支局 |『米流時評』ysbee 訳
前号「ザ・プーチン第1章 ツァーリ・プーチンの居城へ」からの続き

プーチンは、世界におけるロシアの役割というものをはっきりと認識している。ソビエト連邦の崩壊は大いなる悲劇であり、特に連邦制度が崩壊するやいなや、2500万人のロシア人同胞が一晩で「外国」に化した旧連邦諸国に封じ込められた事態を、無惨な歴史的事実として受け止めている。しかしだからといって、U.S.S.R.の旧ソビエト連邦を再建しようとか、軍事的政治的冷戦ブロックを再構築しようなどという大それた魂胆はないと言う。
d0123476_15453981.jpg
Vol. 2 – The Elected Czar Putin
Exclusive Interview by Adi Ignatius/TIME Magazine | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — He is clear about Russia's role in the world. He is passionate in his belief that the dissolution of the Soviet Union was a tragedy, particularly since overnight it stranded 25 million ethnic Russians in "foreign" lands. But he says he has no intention of trying to rebuild the U.S.S.R. or re-establish military or political blocs.

__________________________________________________________________
DECEMBER 23, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  w w w . T I M E . c o m

ザ・プーチン第2章 「民衆に選ばれし皇帝プーチン」
TIME誌独占インタビュー連載第2回 | エイディ・イグナチウス/モスクワ支局 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_15462699.jpg

9. Admiration for Yeltsin and Gorbachev
And he praises his predecessors Yeltsin and Mikhail Gorbachev for destroying a system that had lost the people's support. "I'm not sure I could have had the guts to do that myself," he tells us. Putin is, above all, a pragmatist, and has cobbled together a system—not unlike China's—that embraces the free market (albeit with a heavy dose of corruption) but relies on a strong state hand to keep order.
エリツィンとゴルバチョフを賞賛
プーチンは彼に先鞭をつけた先代エリツィンとその前のミハイル・ゴルバチョフの両大統領に対して、社会制度を破壊して人民の支持を失ったにもかかわらず大いに賞賛する。「もし私が彼らの立場だったら、あんなことをできるだけのガッツを持てるかどうか確信がない」と本音をもらす。この言からも伺えるとおり、プーチンはあらゆる点で「実践主義者」なのである。だからこそ中国のように混沌に陥らず、(官僚機構の政治腐敗は重症ではあるが)自由市場経済を享受しながらも国家の強力な規制に保たれて、崩壊寸前だった社会体制をつなぎ合わせてこれたのだ。
d0123476_1547014.jpg
10. Threats of terrorism by any 'Radicals'
Asked if he'd like to correct any American misconceptions about Russia, Putin leans forward and says, "I don't believe these are misconceptions. I think this is a purposeful attempt by some to create an image of Russia based on which one could influence our internal and foreign policies. This is the reason why everybody is made to believe...[Russians] are a little bit savage still or they just climbed down from the trees, you know, and probably need to have...the dirt washed out of their beards and hair." The veins on his forehead seem ready to pop.
いかなる思想の過激派もテロの脅威に
米国のジョージ・W・ブッシュ大統領と同様、プーチンもまたテロリズムをわれわれの新しい世紀の最大の脅威のひとつと見ているが、彼はイスラム教徒に「テロリスト」のレッテルを貼ることを危惧する。「テロリストは過激派だ」とプーチンは断言する。
「過激派という連中は、どんな(思想)環境でも見受けられる」プーチンはそう言って、最近になってロシアの諜報機関が、ロシアと米国の両方に対して脅威をもたらす「特別の」テロリストを発見したという話題を披露したが、その件に関してはブッシュ大統領にも電話を通じて知らせたそうである。
d0123476_15473398.jpg
11. Sees U.S. as 'command-freak'
What gets Putin agitated—and he was frequently agitated during our talk—is his perception that Americans are out to interfere in Russia's affairs. He says he wants Russia and America to be partners but feels the U.S. treats Russia like the uninvited guest at a party. "We want to be a friend of America," he says. "Sometimes we get the impression that America does not need friends" but only "auxiliary subjects to command."
「世界を指令下におきたい米国」
プーチンが声を大にして言いたかったことは(実を言えば会話の間中しきりにそうしていたのだが)「アメリカ人はロシアの問題に外部から干渉しようとしている」という彼独特の認識だった。プーチンいわく、ロシアと米国は世界の諸問題に対してパートナーでありたいとは思うが、彼が感じるところでは、米国はロシアをパーティーへの招かれざる客のように扱ったというのである。彼はずばりこう説明する。
「われわれはアメリカの友人でありたい。しかし時として、アメリカは友人などまるで必要とせず、むしろ命令の対象としてのお供がいれば、それでいいような印象を受ける。」
d0123476_1551305.jpg
12. Not misconceptions but purposeful disguise
Asked if he'd like to correct any American misconceptions about Russia, Putin leans forward and says, "I don't believe these are misconceptions. I think this is a purposeful attempt by some to create an image of Russia based on which one could influence our internal and foreign policies. This is the reason why everybody is made to believe...[Russians] are a little bit savage still or they just climbed down from the trees, you know, and probably need to have...the dirt washed out of their beards and hair." The veins on his forehead seem ready to pop.
捏造されたロシアのイメージ
そこで逆に取材の側から、ロシアに関するアメリカの誤解について何か正すべき点はあるかと訊ねると、プーチンは身を乗り出してこう言った。「私はそういった考えを誤解だとは思っていない。これはわが国の内政外交の政策方針に影響を与えうる基盤となるように、ロシアのイメージを勝手に創り上げようとした誰かによって、意図的に捏造された企みだと思う。だからそれが、外国の誰もが、ロシア人は未だに少々野蛮だとか、木から降りてきたばかり(の猿人)だとかいう誤ったイメージを信じ込まされている原因だ。よく聞くでしょう、ロシア人の髭や髪から土埃を洗い落とす必要があるとか....」前のめりの姿勢でこうまくしたてたときには、プーチンのこめかみの静脈は今にも破裂しそうにいきり立って見えた。
d0123476_1552267.jpg
13. 'Elected Emperor' by the people
Putin has said that next spring, at the end of his second term as President, he will assume the nominally lesser role of Prime Minister. In fact, having nominated his loyal former chief of staff (and current Deputy Prime Minister) Dmitri Medvedev to succeed him as President, Putin will surely remain the supreme leader, master of Russia's destiny, which will allow him to complete the job he started.
民衆から「選出された皇帝」
来春3月大統領として二期目の任期を終える時点で、プーチンは大統領よりは名義的に軽い役職の首相に納まることになっている。実際、彼の忠実な元側近のトップであり現在の第一副首相であるドミトリー・メドベージェフを、彼のあとを継ぐ次期大統領として指名した。さらにプーチンがロシアの将来の運命を握る首謀者となる最高権威の指導者として、今後も政界にとどまることは確実である。彼はクレムリンでスタートを切った職位に再び戻ることで、首相としての任務を完成することが可能になるだろう。
d0123476_15523537.jpg
14. Guided his nation's remarkable transformation
In his eight years as President, he has guided his nation through a remarkable transformation. He has restored stability and a sense of pride among citizens who, after years of Soviet stagnation, rode the heartbreaking roller coaster of raised and dashed expectations when Gorbachev and then Yeltsin were in charge.
ロシアの目覚ましい変貌を導いた旗手
大統領としての8年間の間に、プーチンは祖国に見違えるような変貌をもたらした。彼は、ロシアの社会体制にふたたび安定をもたらし、一般大衆にロシア人としての誇りと愛国心を呼び戻した。それ以前のゴルバチョフとエリツィンがとり仕切っていた時代は、自由化への期待と失望がローラーコースターのようにめまぐるしく駆け抜け、結果的に国全体が失意の底に落ち込んだソ連崩壊の時代だった。
d0123476_15531654.jpg
15. Workers' salaries doubled since 2003
A basket case in the 1990s, Russia's economy has grown an average of 7% a year for the past five years. The country has paid off a foreign debt that once neared $200 billion. Russia's rich have gotten richer, often obscenely so. But the poor are doing better too: workers' salaries have more than doubled since 2003.
4年間で倍増した労働者階級の所得
財政状態を振り返ると、90年代の低迷を逆転するかのように、この5年間ロシア経済は毎年平均7%の成長を続けた。かつては2千億ドル(約23兆円)近くあった外国からの負債額を、国庫から完済した。ロシア国内の金持ちは、しばしば不正行為を通してだが、以前にも増してさらに巨万の富を築き上げた。しかし、貧しい層もまたロシア経済復興の恩恵に与ったのは事実である。なにしろ労働者の平均収入は、2003年からたった4年の間に倍以上に上昇したのだから。
d0123476_15542674.jpg
ロシアへの移民労働者層も選挙ではプーチンの統一ロシア党を支持 この笑顔は買収して買えるものではない

15. Non-Arab Oil Republic

True, this is partly a result of oil at $90 a barrel, and oil is a commodity Russia has in large supply. But Putin has deftly managed the windfall and spread the wealth enough so that people feel hopeful.
オイルリッチ共和国ロシア
実際こうした現象の原因の一部は、1バレル当り90ドルにまで値上がりした原油価格からの差益がもたらした結果である。石油はロシアが大々的に供給できる天然資源である。この資源を貿易収支のレバレッジに用いて、プーチンはロシアを国家崩壊寸前の瀕死の状態から巧みに救い上げ、国民の全階層が希望を持てるように、国庫の利益から富をあまねくロシアの民衆に配分した功績は大きい。 »» 続く

【米国時間 2007年12月23日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 連載の続き(未掲載)
 「ザ・プーチン第3章 ポストモダンのロシアン・ルネッサンス」へ
«« 前号 TIME誌独占会見完訳「ツァーリ・プーチンの居城へ」
»» 次号「きわめて個人的なクリスマスのメッセージ」


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6803116
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6803116

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでただ今6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで。あと7票でトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさんのクリックに感謝!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」d0123476_1746245.jpg
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-23 16:05 | プーチンのロシア

独占会見完訳「ツァーリ・プーチンの居城へ」

f0127501_128435.gif
  ||| ツァーリ・プーチンの居城へ |||
d0123476_2003521.jpg
タイム誌「今年の人」特集・プーチン独占インタビューを完訳紹介
冷徹なるツァープーチンの私邸で知られざる側面にふれる独占会見


エイディ・イグナチウス | TIME誌/モスクワ支局 |『米流時評』ysbee 訳
何びともウラジミール・プーチンのような眼光をもって生まれる者はいない。ロシアの大統領の澄明で真っ青な瞳は、余りにも冷たく、あまりにも感情を現さないので、「権力なんてものは日常の必要性に突き動かされてやむをえずできあがったものだ」という真理をよくわかった人間が、感情表現の必要性に迫られてやるような、つまり「まばたき」のような何気ない人間臭い所作で、会話の糸口をつくらねばならないほど、冷徹なまなざしであった。
d0123476_2011526.jpg
The Tzar Is Born — Vol. 1
DECEMBER 19, 2007 | By Adi Ignatius — TIME Magazine | Translation by ysbee
No one is born with a stare like Vladimir Putin's. The Russian President's pale blue eyes are so cool, so devoid of emotion that the stare must have begun as an affect, the gesture of someone who understood that power might be achieved by the suppression of ordinary needs, like blinking.


__________________________________________________________________
DECEMBER 22, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  w w w . T I M E . c o m

ザ・プーチン第1巻 「ツァーリ・プーチンの居城へ」
TIME誌独占インタビュー連載第1回 | エイディ・イグナチウス/モスクワ支局 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_2015342.jpg

1. Chilling gaze as if saying 'I'm in charge'
The affect is now seamless, which makes talking to the Russian President not just exhausting but often chilling. It's a gaze that says, I'm in charge. This may explain why there is so little visible security at Putin's dacha, Novo-Ogarevo, the grand Russian presidential retreat set inside a birch- and fir-forested compound west of Moscow.
四方を威圧する冷徹な目
いったん親密さを現すとその後はきわめてスムーズに進行したが、ロシアの大統領との会見には、ひたすら消耗させられたばかりでなく、その冷徹なまなざしに射すくめられてぞっとしたことも、たびたびであった。じっと凝視するまなざしはこう語っていた。「俺が仕切っているんだ」
モスクワの西の郊外にある、白樺ともみの林に取り囲まれたロシア王朝風の大統領の別邸、ノーヴォ・オガレヴォ。なぜあのプーチンの私邸を警護する警備要員があんなに少ないのかという理由は、もしかしたらこの威圧する眼力のせいかも知れない。
d0123476_202244.jpg
2. Through the suburbs of new oligarchs
To get there from the capital requires a 25-minute drive through the soul of modern Russia, past decrepit Soviet-era apartment blocks, the mashed-up French Tudor-villa McMansions of the new oligarchs and a shopping mall that boasts not just the routine spoils of affluence like Prada and Gucci but Lamborghinis and Ferraris too.
オリガーキーのベッドタウンを抜けて
モスクワの都心からそこまでは、車で25分ほど要する。近代的ロシアの街並から、やがてソ連時代の凡庸なアパートが延々と続く団地を通り過ぎ、新しい世代のオリガーキー(ロシアのプチブル官僚)御用達の、ベルサイユ様式とチューダー様式をないまぜにしたような瀟洒なマクマンションが林立し、プラダやグッチのような「ありきたりの」贅沢なブティックだけでなく、ランボルギーニやフェラーリまで取りそろえた超高級ショッピングモールが立ち並ぶのを横目にしながら、郊外へと抜ける道程である。
d0123476_2033886.jpg
3. Arriving the sniper-positioned compound
When you arrive at the dacha's faux-neoclassical gate, you have to leave your car and hop into one of the Kremlin's vehicles that slowly wind their way through a silent forest of snow-tipped firs. Aides warn you not to stray, lest you tempt the snipers positioned in the shadows around the compound. This is where Putin, 55, works. (He lives with his wife and two twentysomething daughters in another mansion deeper in the woods.)
狙撃手が警備する郊外の私邸
ダーチャ(ロシア語で別邸)のネオクラシックスタイルを模したゲート(赤坂迎賓館のようなゲート?)に到着したら、乗っていた車はそこへ停めて、クレムリン側で用意した一台に乗り込まなくてはいけない。その送迎用の車は、てっぺんにすでに雪をかむってしんと静まり返った樅の木の、鬱蒼とした木立の中をゆっくりと走り抜けてゆく。同乗した側近は、敷地のいたるところで物陰に隠れてこちらに狙いを定めているスナイパーの注意を引くような、挙動不審の行為をとらないようにと注意する。ここはなにしろ、あの55才のプーチン猊下の職場なのである。(彼が妻とふたりの20代の娘と一緒に私生活で住んでいるのは、この森のもっと奥深くにある邸宅である)
d0123476_912734.jpg
4. In spacious but spartan office
The rooms feel vast, newly redone and mostly empty. As we prepare to enter his spacious but spartan office, out walk some of Russia's most powerful men: Putin's chief of staff, his ideologist, the speaker of parliament—all of them wearing expensive bespoke suits and carrying sleek black briefcases.
飾り気のない広大な大統領執務室
邸内の部屋は、やたらにだだっぴろく感じられた。最近リノベーションを行なったばかりらしく、ほとんどの部屋がガランとしていた。われわれ一行が、広々としてはいるがスパルタ式に飾り気のないプーチンの執務室へまさに足を踏み入れようとしたとき、中から入れ替わりに出てきたのは、ロシアでも最もパワフルな閣僚たちであった。プーチンの側近のトップ(メドベージェフ)、彼の政見アドバイザー、ロシア議会下院議長などである。彼らはみな一見して高価なオーダーメイドと看てとれるりゅうとしたスーツに身を包み、スマートな黒いブリーフケースをたずさえていた。
d0123476_2054890.jpg
5. Three-1/2 hours interview over full-course dinner
Putin, who rarely meets with the foreign press, then gives us 3-1/2 hours of his time, first in a formal interview in his office and then upstairs over an elaborate dinner of lobster-and-shiitake-mushroom salad, "crab fingers with hot sauce" and impressive vintages of Puligny-Montrachet and a Chilean Cabernet.
ディナーを交えて破格の3時間半の会見
プーチンはといえば、本来は外国の記者と直接会見することはめったにないのだが、われわれには執務時間から3時間半もさいて、インタビューに宛ててくれた。この会見は、まず最初に彼の執務室で行なわれ、その次には階上へ上がって、細心にして完璧なフルコースディナーをとりながら行なわれた。ディナーは、ロブスターと椎茸のサラダに始まり、蟹の爪のホットソース添え、ワインは年代物のピュリニー・モンラッシェとチリ産のカベルネが供された。
d0123476_2065459.jpg
6. First impression of contained power
Vladimir Putin gives a first impression of contained power: he is compact and moves stiffly but efficiently. He is fit, thanks to years spent honing his black-belt judo skills and, these days, early-morning swims of an hour or more. And while he is diminutive—5 ft. 6 in. (about 1.7 m) seems a reasonable guess—he projects steely confidence and strength. Putin is unmistakably Russian, with chiseled facial features and those penetrating eyes. Charm is not part of his presentation of self—he makes no effort to be ingratiating.
第一印象「小矩に秘められた権力への意志」
プーチンの与える第一印象は「秘めたるパワー」である。彼は小柄で敏捷だが、無駄のない動きをする。彼の引き締まった体躯は、長年黒帯の有段者として鍛えた柔道の鍛錬と、早朝に欠かさない1時間以上の水泳のおかげである。身長にして5フィート6インチ(約170cm)というロシア人にしては「チビ」の部類に入るが、だからこそ反動で、逆に腹の据わった自信と鋼のような強靭な精神を身につける原動力になったのでは、と憶測させられる。しかしプーチンは、その鋭く削ぎおとされた頬と鋭く射るようなまなざしからして、紛れもなくロシア人の風貌を備えている。愛嬌は彼の魅力の片鱗ですらない。会話の合間には、お愛想のひとつさえ口の端にしようともしなかった。
d0123476_951737.jpg
7. Determined inner discipline
One senses that he pays constant obeisance to a determined inner discipline. The successor to the boozy and ultimately tragic Boris Yeltsin, Putin is temperate, sipping his wine only when the protocol of toasts and greetings requires it; mostly he just twirls the Montrachet in his glass. He eats little, though he twitchily picks the crusts off the bread rolls on his plate.
うちに秘めた強靭な自己統制
彼と会った者の中には、プーチンはまるで自分の内に秘めた戒律に絶え間なく畏敬の念を払っているかのようだ、と感じられる方もいるかもしれない。しかし、大酒飲みで最後には悲劇的に幕を引いたボリス・エリツィンの後継者であるからには、プーチンは否が応でも激昂することなく、乾杯の音頭をとって祝杯を挙げるときだけ、グラスのワインをちびりちびりと口にする程度にならざるをえないのだろう。そんな塩梅でディナーの間中もっぱら、彼はモンラッシェの入ったグラスをゆっくりと回していた。彼は概して小食だったが、ロールパンのパン屑をパン皿からひっきりなしにつまみ出していたのが印象的だった。
d0123476_9112636.jpg
8. Favorites: Brahms, Beatles, and Bible
Putin grudgingly reveals a few personal details between intermittent bites of food: He relaxes, he says, by listening to classical composers like Brahms, Mozart, Tchaikovsky. His favorite Beatles song is Yesterday. He has never sent an e-mail in his life. And while he grew up in an officially atheist country, he is a believer and often reads from a Bible that he keeps on his state plane. He is impatient to the point of rudeness with small talk, and he is in complete control of his own message.
座右にブラームスとビートルズとバイブル
ディナーの料理を口に運ぶ合間合間に、プーチンは自ら口を開いたときだけ、きわめて僅かではあるが彼のプライベートな側面のディテールをぽつりぽつりともらした。クラシックの作曲家では、ブラームス、モーツァルト、チャイコフスキーを聴くとリラックスできること。彼の好きなビートルズの曲は『イエスタデイ』。生涯まだ一度もe-メールを送ったことがないこと。そして(驚いたことに)公的には無神論の共産主義国家に育ったにもかかわらず、彼はキリスト教の信者で聖書も時々読むこと。その聖書は大統領専用のジェット機に常備しているそうである。
彼はつまらない会話には横暴とも言えるほど我慢できないそぶりを見せたが、自分自身の口から発するメッセージに対しては、完璧とも言えるほどしっかりと内容を表現をしていた。 »» 次号へ続く

【米国時間 2007年12月22日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_2074193.jpg
KGB退役後公職への登竜門となったサンクトペテルスブルク市 元市長の命日の供養に未亡人を訪れたプーチン

»» 次号「ザ・プーチン第2章 民衆に選ばれし皇帝」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6797012
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6797012

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでただ今7位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで。あと7票でトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさんのクリックに感謝!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」d0123476_1746245.jpg
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-22 20:30 | プーチンのロシア

タイム誌編集長が語る「今年のひと」プーチン

f0127501_128435.gif
  ||| タイム誌 2007年の男・プーチン |||
d0123476_13455177.jpg

2007年の国際時事で もっとも注目された人物に選ばれたプーチン
ゴアを次点に下した今年の人・ロシア覇権の帝王と栄光復活への道


米国時間07年12月19日 | リチャード・ステンゲル/TIME編集長 | 『米流時評』ysbee 訳
ロシアの大統領としての彼の任期最後の年は、これまでの8年間の在位期間中でももっとも成功を収めた年であった。ロシア国内においては、彼自身の政治的未来を確約した。海外においては、彼はロシアの権威を拡張し、必ずしも穏やかな手並みではなかったが、グローバルな国際情勢に少なからぬ影響力を及ぼした。
Choosing Order Before Freedom
Russia’s Communist Party vows to contest results; U.S. urges investigation
DECEMBER 19, 2007 | By Richard Stengel — TIME Magazine | Translation by ysbee
His final year as Russia's President has been his most successful yet. At home, he secured his political future. Abroad, he expanded his outsize—if not always benign—influence on global affairs.


__________________________________________________________________
DECEMBER 21, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  w w w . T I M E . c o m

タイム誌編集長が語る「今年の人・プーチン」決定の理由
米国時間 2007年12月19日 | リチャード・ステンゲル/TIME誌編集長 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_13463941.jpg

1. The only nation in the upward winds
In a year when Al Gore won the Nobel Peace Prize and green became the new red, white and blue; when the combat in Iraq showed signs of cooling but Baghdad's politicians showed no signs of statesmanship; when China, the rising superpower, juggled its pride in hosting next summer's Olympic Games with its embarrassment at shipping toxic toys around the world; and when J.K. Rowling set millions of minds and hearts on fire with the final volume of her 17-year saga.
陰鬱な世界で唯一ポジティブな国
今年はといえば、アル・ゴアがノーベル平和賞を受賞して「グリーン」が赤白青の星条旗カラーにとって代わる基本色になった。イラクの戦闘は鎮静しつつあるが、バグダッドの政治家たちには国民を代表する意識は一向に見られない。一方で興隆するスーパーパワーの中国は、来年夏のオリンピック大会の開催地となる誇りと汚染商品のおもちゃを世界中に輸出した恥辱とを、交互に世界に投げつける。そして、英国のJ.K.ローリングは、17年間の彼女の連載の最終巻を完結して、数百万人のファンの心情に火を放った。
d0123476_13475876.jpg
2. Russia lives in history
One nation that had fallen off our mental map, led by one steely and determined man, emerged as a critical linchpin of the 21st century. Russia lives in history—and history lives in Russia. Throughout much of the 20th century, the Soviet Union cast an ominous shadow over the world. It was the U.S.'s dark twin.
歴史を生きるロシア
その中でたったひとつの国だけが、われわれの陰鬱な心情を投影する地図からすっぽりと抜け落ちた。その国は、覚悟を決めた鋭いまなざしのひとりの男に導かれ、21世紀の鍵を握る存在として浮上してきた。
ロシアはその歴史の中に生きている。そして歴史はロシアの中に息づいている。20世紀の大部分を通して、ソビエト連邦は世界に対して何かしら陰鬱な影を投じ続けてきた。それはまるで陽気で健全なアメリカとは対照的な、双子の兄弟の病的な方の片割れ(冷戦の悪役)のような存在だった。
d0123476_13492388.jpg
3. Russia is central to the 'New New' world
But after the fall of the Berlin Wall, Russia receded from the American consciousness as we became mired in our own polarized politics. And it lost its place in the great game of geopolitics, its significance dwarfed not just by the U.S. but also by the rising giants of China and India. That view was always naive. Russia is central to our world—and the new world that is being born.
新しいパラダイムの世界の中心に
しかし、ベルリンの壁が崩壊してからというもの、われわれが米国国内を共和党と民主党の両極に分断する政治的泥沼にはまっている間に、ロシアはまんまとアメリカ人の気付かないうちに米国を追い越そうとしているようである。それでもいまだに「ロシアは地政学的な冷戦ゲームではその地位を失った」とか、「国家としての重要性は、米国ばかりでなく今や起き上がった巨人となりつつある中国やインドとの競争でも縮小してきている」などと言う輩がいる。そういった見方は、いかなる場合でも単純すぎると言えるだろう。ロシアは今やこの世界の中心にある。そうした新しいパラダイムの世界が、今まさに生まれようとしている。
d0123476_1350993.jpg
4. The largest country on earth
It is the largest country on earth; it shares a 2,600-mile (4,200 km) border with China; it has a significant and restive Islamic population; it has the world's largest stockpile of weapons of mass destruction and a lethal nuclear arsenal; it is the world's second largest oil producer after Saudi Arabia; and it is an indispensable player in whatever happens in the Middle East. For all these reasons, if Russia fails, all bets are off for the 21st century. And if Russia succeeds as a nation-state in the family of nations, it will owe much of that success to one man, Vladimir Vladimirovich Putin.
地上最大の国家の最高権力者
ロシアは実質的に地上最大の国家である。中国と接する国境線は延べ2600マイル(4200キロ)。国内には相当数の穏健派ムスリム教徒を抱える。世界最大の大量殺戮兵器と核兵器を保有する。サウジアラビアに次いで世界で2番目の石油産出国である。そして特筆しなければならないのは、万一中東で何が起った場合でも、紛争のメインプレーヤーであるという事実である。
これらすべての理由をひっくるめて、もし万が一ロシアが国家として失敗するならば、これから先の21世紀は何でもありの混沌に陥ることだけは確かである。さらに、今後もしロシアが周辺国家の連合体としてひとつの統一した国家形態を形成するのに成功したら、その理由の多くはたったひとりの男の成功に負うことになるだろう。ウラジミール・ウラジミロヴィッチ・プーチン。
d0123476_13505388.jpg
5. Just one of those who
No one would label Putin a child of destiny. The only surviving son of a Leningrad factory worker, he was born after what the Russians call the Great Patriotic War, in which they lost more than 26 million people. The only evidence that fate played a part in Putin's story comes from his grandfather's job: he cooked for Joseph Stalin, the dictator who inflicted ungodly terrors on his nation.
レニングラードの一介の労働者の息子
誰もプーチンに「運命のおとしご」とブランドづけしようとはしない。彼は、レニングラード(現サンクトペテルスブルク)の一介の工場労働者の家に生まれた、兄弟の中で唯一生き延びた息子である。彼は、ロシア人が「the Great Patriotic War/大愛国戦争」と呼ぶ2600万人もの命が失われた内紛が、ひととおり治まった時代に生まれた。プーチンの生い立ちの逸話の中で「世紀の運命」らしきものがもし宿っているとすれば、その唯一の証しは彼の祖父の職業に由来するだろう。この父方の祖父は、神をも怖れぬ恐怖政治で祖国ロシアを恐慌に陥れた独裁者そのひと、ヨシフ・スターリンお抱えの調理人のひとりであった。
d0123476_13514221.jpg
6. Put his country back on the map
When this intense and brooding KGB agent took over as President of Russia in 2000, he found a country on the verge of becoming a failed state. With dauntless persistence, a sharp vision of what Russia should become and a sense that he embodied the spirit of Mother Russia, Putin has put his country back on the map. And he intends to redraw it himself. Though he will step down as Russia's President in March, he will continue to lead his country as its Prime Minister and attempt to transform it into a new kind of nation, beholden to neither East nor West.
プーチンの「祖国は誰のものぞ」
かくしてこの堅物の生真面目なKGBのエージェントが、2000年についにはロシアの大統領の地位に納まったとき、彼が目にしたこの国は、このままでは瀕死の状態に陥る寸前の危機に面していた。母なるロシアンスピリットを自ら体現する地に根を張った不屈の精神と、ロシアはいかにあるべきかという明快なヴィジョンを掲げて、絶え間なく果敢な決断を積み重ねて進むべき道を切り拓きながら、プーチンは祖国をふたたび世界地図の真ん中に位置づけた。
そしてその地図を彼自身の手で、今また書き変えようとしている。来る3月には彼はロシアの大統領の座を降りる予定だが、そのあとは今度は新しい首相として祖国を牽引し続けるつもりである。さらにはそのロシアを、西欧にも東洋にも先例のない、まったく新しい概念の国家に変容しようと企てている最中である。
d0123476_13523412.jpg
7. The most power — for better or worse
TIME's Person of the Year is not and never has been an honor. It is not an endorsement. It is not a popularity contest. At its best, it is a clear-eyed recognition of the world as it is and of the most powerful individuals and forces shaping that world—for better or for worse. It is ultimately about leadership—bold, earth-changing leadership.
善かれ悪しかれ最強の権力者
今年のタイム誌の「パースン・オブ・ジ・イヤー」の選出は、いまだかつてない栄誉にみちたものである。この選定の基準は、公認のお墨付きでもなければ人気投票によるものでもない。端的に言えば、善きにつけ悪しきにつけ「この世界を動かす最も強力なパワーを持った個人、あるいは組織。(過去にはオサマ・ビンラディンやサダム・フセイン、昨年のブッシュ大統領の例もある)言ってみれば究極的には、地球の現状を変えるほど大胆で強力なリーダーシップにほかならない。そうした現時点での世界への影響力を、覚めた目で見た認識の表象である。
d0123476_13531742.jpg
8. For Russia, stability over anything
Putin is not a boy scout. He is not a democrat in any way that the West would define it. He is not a paragon of free speech. He stands, above all, for stability—stability before freedom, stability before choice, stability in a country that has hardly seen it for a hundred years.
ロシアには何よりもまず安定を
プーチンはボーイスカウトではない。彼はどう見ても、西側諸国が定義づけるような民主主義者ではない。彼は言論の自由の礎石でもない。彼がしょって立つ信念は、何よりもまず「stability=安定」である。自由よりも先に安定。選択の自由にもまして安定。自由よりも民主主義よりもなによりもまず先にロシア人に与えなければならないのは、「国家の安定」なのである。なにしろこの国は、これまでの百年以上もの間動乱の連続だったのだから。
d0123476_1601334.jpg
9. The historic figure in present
Whether he becomes more like the man for whom his grandfather prepared blinis—who himself was twice TIME's Person of the Year—or like Peter the Great, the historical figure he most admires; whether he proves to be a reformer or an autocrat who takes Russia back to an era of repression—this we will know only over the next decade. At significant cost to the principles and ideas that free nations prize, he has performed an extraordinary feat of leadership in imposing stability on a nation that has rarely known it and brought Russia back to the table of world power. For that reason, Vladimir Putin is TIME's 2007 Person of the Year.
現時点での歴史的人物
はたしてこの先プーチンは、彼の祖父がブリニスをこしらえて捧げた男、そして当タイム誌の「パースン・オブ・ジ・イヤー」に二度も選ばれた男(スターリン)の存在にますます似てくるだろうか?  あるいは、彼自身がもっとも尊敬する歴史上の人物である、ピヨトール大帝のような帝王になるだろうか? それとも、ロシアを不況のどん底から甦らせた中興の改革者、あるいは切れ者の官僚と呼ばれるにすぎないのだろうか?
その答えは多分、あと数十年たってみなければわからないだろう。
自由主義国家が賞賛する民主主義の基本や理想といったものを犠牲にしてまで、いまだかつて安定した社会というものをまれにしか見たことがなかった国家を安定させるために、とてつもない踏んばりをきかせてこの国を引っぱってきた男。そしてロシアという国を、ふたたび世界のスーパーパワーの国際的舞台に押し上げた男。そういう理由で、TIME誌の2007年の「Person of the Year=今年の人」は、ウラジミール・プーチンなのである。

【米国時間 2007年12月21日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_135489.jpg
毎年暮れにその年を代表する人物「Person of the Year」を選ぶ週刊誌TIMEのリチャード・ステンゲル編集長

»» 次号「タイム誌独占インタビュー・プーチン大帝会見記」へ

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6788713
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6788713

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースで、あと2票で6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まできました。あともう少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさんのクリックに感謝!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」d0123476_1746245.jpg
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-21 14:14 | プーチンのロシア

「ザ・プーチン」21世紀の皇帝論 序章

f0127501_128435.gif
   ||| 序章 21世紀の皇帝プーチン |||
d0123476_1352099.jpg

『米流時評』 ミレニアムの新しい皇帝論を体現するロシアの傑物
タイム誌が選んだ2007年を代表する人物はウラジミール・プーチン


d0123476_18552829.gif米国の時事週刊誌『TIME』の年末恒例の特集「今年を代表する人物=The Person of the Year」が昨日(米国時間19日)発表になった。今年の人物はプーチンである。ロシアの大統領という肩書きもウラジミールという名前も不要の「プーチン」だけで世界に通用する人物。こういうアイコニックな存在を俗に「One-name man」と呼ぶ。例えばブッシュ。例えばプレスリー。例えばチャーチル。
選ばれた評価基準
TIME誌は他の候補者を押し切ってプーチンを選出した理由を挙げているが、図らずも直裁的なプーチンの人物評を読むような趣きであった。特に英米主体の西側諸国からは、賛否両論輩出するであろう問題の人選。したがって、くどいくらいに「代表的人物とは人気投票ではなく、あくまで『世界に対してその年最も影響力のあった人物』という判断基準で選んだ」と釈明している。
d0123476_9375879.jpg
プーチンのムーンサルト
『米流時評』でもプーチンに関しては、これまでに何回もニュースや評論の記事を紹介し、解説に努めてきた。特に11月末の総選挙から次期大統領候補の指名、そしてその後継者メドベージェフをして自らを次期首相に逆指名させた、一時代を画するであろうロシアのターニングポイント。2007年の12月冒頭のわずか1週間の間に、プーチンは今後十年間のロシアの進むべきレールを、一挙に敷いたかに見える。世界がひるんでいる隙に、立場によっては快挙とも暴挙とも言えるだろう早業・荒技を、プーチンは一瞬のうちに決めてしまった。

新しいプーチン像
この間の一部始終は12/02の「プーチン神話・序章」から12/13の「ユーラシア連邦の野望・ポストプーチン時代の予測」までの『米流時評』の記事に詳説しているので、ご参考までに読み返していただくとして、今回は TIME誌の編集長みずからの「今年の人物」選択にいたるまでのすったもんだと、(ここからが非常に面白かったのだが)モスクワのプーチンの私邸で行なわれた独占会見のインタビュー記事を紹介したい。今までのニュースの表層だけでは現れてこなかったプーチンの実像が、きわめてくっきりと浮き彫りにされ、私の頭の中ですでに刻まれていたプーチン像に、より深く濃いリアリスティックな陰影を与える結果となった。
d0123476_9383971.jpg
激動のロシア現代史
インタビュー記事のコンテンツには耳新しい情報も多々あったが、多くの観点で「やはりそうだったか」とうなずかされるプーチンの強靭な信念に裏付けられた決断力と個性を物語るエピソードが次々に展開して、一気に読まされた。そして、読んだあとに改めて気づかされたのだが「プーチンが生きてきた時代は、激動するロシアの現代史でもあったのだなぁ」という感慨が、つい昨日のようなひどく近い歴史を振り返る懐かしさとともに、なぜかしみじみと心に残った。

ロシアの栄光復活へ
インタビューを担当した記者のペンの力にもよるのだろうが、一気呵成に読ませる特集記事は、55年というプーチンの人生を特急列車のように突っ走るストーリーであり、車窓の背景に飛び去っていく数々の現代史のひとコマひとコマが、フラッシュバックのように生々しい残像を結ぶ。
ロシアの政界という荒涼とした原野を驀進する屈強な精神力の一ロシア人が巡り会う、数奇な運命と歴史の変節点。これは「ロシアの栄光復活」というかたくなな信念の元に、すべての転機を奇跡の復興へと結びつけていった、ひとりの平凡な男とひとつの巨大な国家の、パラレルなサクセスストーリーでもある。
d0123476_9391785.jpg
ミレニアムの帝王論
後半はむしろ、一種の現代の英雄伝であり、ユニークな帝王論にまで昇華した趣きがあった。そこからは、善悪という倫理的価値観を超越した存在、むしろ大きな歴史の流れの中でしか正当な評価が出ないだろうと予感させる、過去の英傑や帝王に対する分析に近い視点さえ感じさせられた。 
まずは TIME誌編集長の選出の辞を皮切りに、かなり長丁場ではあるが読み応えのあるインタビュー記事を、拙訳ながらシリーズでお届けする次第である。

【米国時間 2007年12月20日『米流時評』ysbee 記】
»» 次号「今年の人物にプーチン!タイム誌編集長が語る選出の理由」

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6780774
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6780774

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベスト10内。あと1票で6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


»» イラン問題緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」d0123476_1023580.jpg
時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「嘘から出た真実 さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-20 10:16 | プーチンのロシア

「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測

f0127501_128435.gif
 ||| ポストプーチン・ユーラシア連邦の野望 |||
d0123476_18531851.jpg

総選挙圧勝・後継者指名・首相に逆指名の プーチンが抱く真の野望
EU・NATOに対抗する大ロシア構想を実現? ユーラシア連邦結成か


米国時間2007年12月10日午前9月29分 | モスクワ発・AP通信  | 『米流時評』ysbee 訳
プーチンの未来についての憶測は「もしかしたら憲法を改定して、大統領の三期目を可能にしようとするかも知れない」という仮説まで含まれていた。その可能性は、10日月曜のメドベージェフの後継者指名で、いっそう強まったように思える、とロシアリベラル派の代表的政治家であるウラジミール・リシュコフ氏は解釈する。
【訳者注:このコラム記事は、今週月曜10日プーチンがメドベージェフを後継者に指名した直後にサイト掲載され、プーチンが次期首相に逆指名される前日の記事なので、内容的にタイムラグがあることを予めお断りします。】
d0123476_18543279.jpg
Putin Backs Medvedev as Presidential Candidate
Russia’s Communist Party vows to contest results; U.S. urges investigation
DECEMBER 10, 2007 EST | Associated Press — RUSSIA | Translation by ysbee
MOSCOW — The speculation about Putin's future has included the possibility that he could try to return as president. That possibility seemed potentially strengthened by the announcement about Medvedev, said Vladimir Ryzhkov, a prominent liberal politician.


__________________________________________________________________
DECEMBER 13, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S | B R E A K I N G

第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
米国時間 2007年12月10日午前9月29分 | モスクワ発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_18551843.jpg
1. Putin's 'Medvedev strategy'
"The strategy is as follows: Medvedev is a compromise choice because he will allow Putin to keep a free hand. If Putin wants to gradually leave power Medvedev guarantees him comfort and security and will continue to listen him," he said on Ekho Moskvy radio. "If Putin wants to return in two, three years ... Medvedev will be the person who will without a doubt give up the path for him."
プーチンのメドベージェフ戦略
上述のリシュコフ氏は、エコーモスクワのラジオ放送でこう語った。「プーチンの後継者選びの戦略は次のようなものだ。すなわち、メドベージェフは謀略的選択である。なぜなら、彼はプーチンが権力を自在に操るがままにさせるだろうから。プーチンが段階的に徐々に権力を移行しようとする場合でも、選ばれたメドベージェフはプーチンに対してその間の余裕と安定の政権を保証し、今後もプーチンの意見に傾聴する体制が約束されるだろう。また、万一プーチンが数年後に大統領職に返り咲きしようとする場合は、メドベージェフは疑いなくプーチンのためにいさぎよく道を譲る人物である。」
d0123476_1856544.jpg
ライバル候補だったイワノフ副首相(左)と後継者に指名されたメドベージェフの剛柔のバランスを操るプーチン

2. Putin to lead Russia, Belarus
Communist Party leader Gennady Zyuganov suggested another possibility, noting that Russia has recently shown increased interest in long-dormant plans to form a union state of Russia and Belarus. If a new country were formed, that could allow Putin to return to power as leader.
ベラルーシをロシアへ統治併合する案
ロシア共産党リーダーのゲンナジー・ジュガーノフ氏は、もうひとつの可能性を示唆する。その理由として、ロシアはここ最近になって長いこと棚上げになっていた「ベラルーシをロシアに吸収合併して統一した国家形態を作る」という統治案に、強い関心を示すようになったことが上げられると説明する。つまり、もしも統合後に新しく合体した国家が形成されるならば、その時こそプーチンが新しい連合国家の指導者として返り咲く可能性がある、という説である。
d0123476_2023467.jpg
プーチンの率いる統一ロシア党の圧倒的な与党体制に押される、国会少数野党のロシア共産党ジュガーノフ党首

3. Leader of the United States of Russia?
"Putin may become president of the union state by the end of the year," Zyuganov was quoted as saying by the news agency Interfax. "The nomination of Medvedev that was orchestrated from the Kremlin and the possible accelerated development of the union state are to Russia's great misfortune." Putin is to travel to Minsk for meetings with Belarusian President Alexander Lukashenko on Thursday.
「統一ロシア連邦」誕生?
インターファックス社のインタビューに答えて、ロシア共産党ジュガーノフ党首の予測はさらに続く。「もしかしたらプーチンは年末までに、ロシアとベラルーシが連合した国家の大統領になるかも知れない。プーチン政権によってうまく操作されたメドベージェフの指名と、今後予測されるベラルーシとの連合国家形態へと急激に展開する可能性が実現すれば、ロシアにとってはとんでもなく不運な時代が始まることになるだろう。」しかしこうした危惧をよそにプーチンは13日木曜には現地へ向かい、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領と今後の展開を討議する予定である。
d0123476_190529.jpg

4. Tradition of 'Russian classic' in St. Petersburg
Both Medvedev and Putin worked under St. Petersburg's reformist mayor Anatoly Sobchak in the early 1990s. After Putin became prime minister in 1999, he brought Medvedev to Moscow to become deputy chief of staff of the Cabinet.
サンクトペテルスブルクのロシア伝統主義
1990年代前半には、メドベージェフとプーチンは両者ともサンクトペテルスブルクで改革派のアナトリー・ソブチャック市長の下で自治体行政に与っていた。その後1999年にプーチンが首相になった際には、メドベージェフも一緒にモスクワへ同行し、内閣の副主要補佐官に任命されてクレムリン入りを果たした。
d0123476_2064417.jpg
左から今夏の戦勝60周年記念でウィーンの無名戦死の墓に献花するプーチン/赤の広場での演説/クレムリン宮殿内

5. Gazprom head to presidential chief of staff
He then moved up to become deputy chief of staff for the president, became Gazprom board head in 2002 and full presidential chief of staff in 2003. In 2005, Putin named him a first deputy prime minister and almost immediately Medvedev began to receive extensive television coverage — even more than that accorded to the prime minister.
国営ガスプロム代表から側近のトップへ
メドベージェフはその後も、プーチンの昇格にともなって出世街道を伴走し、02年にはロシア経済興隆の鍵となったトップエネルギー産業「ガスプロム」の役員会会長職に就き、03年には大統領の第一補佐官に任命されてクレモリンに戻った。05年にプーチンから第一副首相に任命されるや否や、メドベージェフはたちまち国営テレビを通じて、その回数はむしろズブコフ首相をはるかにしのぐほどの、過剰気味のメディアの取材対象となった。
d0123476_193537.jpg
6. Jockeying for influence among Kremlin factions
The disproportionately lavish coverage raised speculation that Putin even then saw Medvedev as his preferred successor. But Ivanov later was appointed to another first deputy premiership and began to receive equally wide TV coverage, suggesting that Putin was conducting an unstated competition or that there was jockeying for influence among Kremlin factions.
仕掛けられた?副首相同士の後継者争い
05年当時のメディアの取材放映が、余りにもメドベージェフに偏っていたために、巷間にはプーチンがメドベージェフを後継者としてひいきしているのではないかという、疑惑が持たれたほどである。しかしながら、その後イワノフがもうひとりの第一副首相に任命され、メドベージェフと同等の広汎なテレビ取材が放映されるに及んで、関係者の噂はむしろ「プーチンは無言のうちに二人を後継者候補として争わせている」とか「クレムリンの政府内部の派閥争いに対する影響力を競い合っている」という内容に転換するようになったというのが実状である。
【米国時間 2007年12月13日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1934974.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6737255
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6737255

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

ベスト10入りしました。社会経済ニュースでただ今9位!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


»» イラン問題緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」d0123476_1023580.jpg
時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「嘘から出た真実 さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-13 19:16 | プーチンのロシア

「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名

f0127501_128435.gif
 ||| 「明日のプーチン」逆指名でロシア首相に |||
d0123476_104121.jpg

後継者に指名されたメドベージェフ、速攻で新首相にプーチンを提案
総選挙圧勝から1週間で次世代ロシア体制の基礎を確立したプーチン


米国時間 2007年12月11日 午前7時31分 | モスクワ発速報 |『米流時評』ysbee 訳
ウラジミール・プーチン大統領が自ら選んだ子飼いの後継者ドミトリー・メドベージェフ第一副首相は、その翌日11日火曜には、来る3月2日の選挙にはプーチンが選出されて首相となるように呼びかけた。
Putin's Chosen Successor Calls for Him to Be PM
Medvedev's proposal would secure powerful role for current president
DECEMBER 11, 2007 EST | Associated Press — RUSSIA | Translation by ysbee
MOSCOW — Dmitry Medvedev, the hand-picked candidate to succeed President Vladimir Putin, called Tuesday for Putin become prime minister after the March 2 election.


__________________________________________________________________
DECEMBER 12, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 ASSOCIATED PRESS | R U S S I A

「明日のプーチン」メドべージェフ、新首相にプーチンを逆指名
米国時間 2007年12月11日 午前7時31分 | AP通信/ニュース速報 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_1039430.jpg
1. Proposal for Putin as extended role
Putin is prohibited by law for running for a third consecutive term, but clearly wants to retain a powerful role once he steps down. Medvedev's proposal would provide such a role, especially if the constitution were amended to increase the prime minister's powers — which could be done readily with the new parliament dominated by pro-Putin politicians.
首相職の権力拡大も視界に
プーチンは、大統領の三期目に立候補することは(二期までという制限を超えるため)憲法で禁止されているが、いったん大統領の座から降りても、明らかに強大な権力を振るう役割にとどまりたいようである。メドベージェフの今回の提案は、特にもしも首相の権限が拡張するように憲法を改訂するならば、プーチンにそのような役割を与えるものである。この場合は、新しく選出された国会の議席がプーチン支持派の国会議員によって寡占されたために、その体制はすでに整ったと言えよう。
d0123476_1051472.jpg
10月22日 モスクワ郊外ノヴォ・オガレヴォの首相の私邸で密談?するプーチンと現行のズブコフ首相

2. Just a day after Putin endorsement
Medvedev, 42, has spent most of his career as a loyal comrade of Putin, and his proposal for him to become prime minister almost certainly was made with prior consultation with the president. "Having expressed my readiness to run for president of Russia, I appeal to (Putin) with a request to give his principal agreement to head the Russian government after the election of the new president of our country," Medvedev said in televised address a day after Putin endorsed his candidacy.
プーチン後任指名の翌日に提案
今年42才のメドベージェフは、これまでの経歴の大部分をプーチンの忠実な側近として過ごしてきており、大統領指名を受けた翌日に、今度は逆に彼がプーチンを首相に推すよう提案したという経過を見れば「ほとんど確実にプーチン大統領との事前協議で指示を受けた」と解釈するのが当然であろう。
「ロシアの大統領に立候補する私自身の心構えをはっきりと表明するためにも、わが国の新しい大統領を選出する選挙が終わった暁には、私はプーチン大統領に対して、彼が『ロシア政府を統率することに同意する趣意書』を国会に提出するよう求める提案書を渡しました。」メドベージェフは、プーチンから次期大統領候補の指名を受けた翌日に、テレビ中継でこう語った。
d0123476_1094786.jpg
上と同じ私邸の会議室で地図をバックにしたプーチン ロシア地図にしっかり日本列島が入っているのが不気味

3. "Pursuit of Putin Policy"
Putin's support for Medvedev virtually ensures that he would win the election. Medvedev also said that after the election, Russia must continue to pursue the policies driven by Putin in the past eight years. Medvedev's support for Putin's policies and his proposal that he become prime minister were sure to raise questions of whether he would be a genuinely independent president or essentially a figurehead, doing Putin's bidding.
「プーチニズムの踏襲と完成を目指す」
プーチンがメドベージェフを後継者に指名したことで、彼が大統領選で勝利を掴むことは実質上確実となった。メドベージェフはまた「ロシアは過去8年間プーチンによって推進されてきた政策を、選挙後も継続して遂行するべきである」と今後への抱負を述べた。
メドベージェフのプーチン政策への支持と、プーチンが大統領任期満了後は首相になるように提案した事によって、「果たして彼は純粋に独立した大統領でありえるだろうか?それとも基本的にはプーチンの言いなりの傀儡になるのだろうか?」という疑問を投げかけたことは疑うべくもない。
d0123476_10142245.jpg
11月の選挙運動中に氷雨降るサンクトペテルスブルクの広場に集まったプーチン支持派の若者たち 子供まで参加

4. Much milder face than Putin
Medvedev, who projects a milder and more sympathetic image than the steely and often sardonic Putin, nonetheless echoed the prickly national pride and distrust of the West that characterize Putin's public statements.
威圧的プーチニズムを緩和するソフトパワー
従来プーチンは公式の場では、ともするとロシア流ナショナリズムの推進者としてのプライドを必要以上に誇示するあまり、強面(こわもて)な印象を与えがちだった。プーチンの見せるこういった特徴が災いして、とりもなおさず欧米諸国からは危険人物視される傾向があったことは否めない。それにひきかえ後継者に指名されたメドベージェフは、威厳はあるがややもすると近寄り難く冷徹に見えるプーチンに比べて、はるかに穏健で親しみやすいイメージを与えている。
d0123476_10164116.jpg
ミサイル・シールドならぬ本物のシールド(楯)をかまえるプーチン ドイツ訪問先のバヴァリア地方で

5. 'Russia returned to its overwhelming position'
"The world's attitudes toward Russia has been changed. They don't lecture us like schoolchildren. They respect us and they reckon with us. Russia has been returned to its overwhelming position in the world community," Medvedev said in a three-minute statement broadcast on state television.
「世界に冠たるロシアが復活」
「ロシアに対する世界の態度は変わった。彼らはもう昔のように、我々を小学生扱いして教えを垂れるようなことはしない。彼らはわれわれに敬意を表し、優遇するようになった。ロシアは国際社会において、ふたたび偉大なる地位に復活することができた。」メドベージェフは、国営テレビ局の放送でわずか3分間ではあったが、このように最近のロシアに対して抱く思いを語った。
d0123476_11295515.jpg
93年モスクワ赤の広場で気炎を上げる今は亡きイェリツィン プーチンは彼の抜擢でクレムリン入りを果たした

6. Stern contrast with hardliner Ivanov
He also praised efforts under Putin to restore the country's armed forces after years of post-Soviet neglect and underfunding, saying "Our military defense and security have been increased." Despite the assertion of surging military might, Medvedev is not considered a Kremlin hard-liner, in contrast with the others who had vied for Putin's endorsement, chiefly fellow First Deputy Prime Minister Sergei Ivanov.
軍事威圧型タカ派イワノフと対照的
メドベージェフはまた、ソビエト連邦崩壊後、予算のつけられないまま何年も放置されてきたロシア政府軍を再建するために、プーチン大統領の指揮の下に続けられた防衛力復活の努力に対して賛辞を惜しまない。「わが国の防衛と安全保障体制は、プーチン大統領の下で格段に増強された。」
しかしながら、このような軍事力強化への手放しの信念を表明しているにもかかわらず、メドベージェフ自身はクレムリンのロシア政府内では、軍事体制重視の強硬派とは見られていない。むしろ、プーチンの後継者と看做されていた、メドベージェフと同じ地位のセルゲイ・イワノフ第一副首相に代表されるような、タカ派とみなされる他の閣僚メンバーとは対照的である。
d0123476_1131527.jpg
プーチンと密談するイワノフ この人に決まらなくて良かったと思わせる陰険な雰囲気 KGB出身の強硬外交派

7. All the way from St. Petersburg to Moscow
Both Medvedev and Putin worked under St. Petersburg's reformist Mayor Anatoly Sobchak in the early 1990s. After Putin became prime minister in 1999, he brought Medvedev to Moscow to become deputy chief of staff of the Cabinet. He then moved up to become deputy chief of staff for the president, was appointed to head the board of state natural gas giant Gazprom in 2002 and became full presidential chief of staff in 2003. In 2005, Putin named him a first deputy prime minister.
サンクトペテルスブルク時代からの子飼いの側近
メドベージェフとプーチンの両者は、1990年代初頭には、ともにサンクトペテルスブルクで、改革主義者のアナトリー・ソブチャック市長の指揮下に、市の自治体に勤務していた。その後1999年にプーチンが首相になった時点で、プーチンはメドベージェフをモスクワへ引き連れ、内閣側近のトップの地位に就けた。その後もメドベージェフは、プーチンの大統領就任と対応して大統領直属の副参謀官へと昇格し、2002年には天然ガス供給の国営公社ガスプロムの取締役会長に任命された。2003年には大統領補佐官となり、2005年には第一副首相を任命され今日に至っている。 [了]
d0123476_11333596.jpg
かなり険しい表情のふたり メドベージェフは20代半ばから自治体弁護士としてプーチンの補佐役の側近中の側近

»» 次号 第3章 「ユーラシア連邦の野望 ポスト・プーチン時代の予測」へ続く
【米国時間 2007年12月12日『米流時評』ysbee 訳】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6728483
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6728483

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

ベスト10入りしました。社会経済ニュースでただ今9位!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


»» イラン問題緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」d0123476_1023580.jpg
時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「嘘から出た真実 さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-12 15:42 | プーチンのロシア

プーチンの過ぎゆくままに・米国とロシアの「戦争と平和」

f0127501_128435.gif
   ||| 米国とロシアの「戦争と平和」 |||
d0123476_9122722.jpg

米流戯評『ビートルズ世代の限りなく幻想に近い近未来予測』
"As Putin Goes By.... プーチンの過ぎゆくままに"


d0123476_18552829.gif"As Putin Goes By" プーチンの過ぎ行くままに.... 往年の名画『カサブランカ』の主題曲が聞こえるようである。総選挙ではプーチンのイメージがロシア中にあふれ、"Here There Everywhere"の「ユービキタス・プーチン」現象を呈した。元KGBスパイ、リトヴィネンコのポロニウム暗殺を問われたルゴヴォイですら、与党の統一ロシア党から立候補して当選してしまった。勝てば官軍、無敵のプーチンKGB部隊である。
d0123476_9134999.jpg
未来を決めるロシアの10日間
しかも12月に入ってわずか10日間の間に、プーチンは「総選挙圧勝・次期大統領候補指名・次期首相に逆指名」とロシアの今後10年間に向かっての基本路線となる、3つの重大なレールを敷くのに成功した。これが帝王でなくてなんであろう。一時はヒットラー呼ばわりされたチェッチェンの武力制圧。しかし彼らもここ数年の経済成長の恩恵を受けたためか、プーチン政権支持に転向したようである。一部のチェッチェン地区では投票率100%、しかもその票がすべてプーチン率いる統一ロシア党に投じられたと言うのだから恐れ入る。
d0123476_9142453.jpg
ネオコンに取り憑かれたブッシュ政権の自滅
「中東ニューワールド政策」などという、民主化政策の仮面をかぶったネオコンとイスラエルの描いた錦の御旗に振り回されたブッシュ政権と、愛国心をくびきに彼らに引きずり回された、哀れなアメリカの国民。4千年かかっても解決のつかない、聖書よりもはるかに旧い「ユダヤ対アラブ」の民族抗争の砂地獄に自ら首をつっこんで、財政的にも呼吸困難に陥いり、国内はおろかあまねく世界から四面楚歌の、ブッシュ政権がつくり出した潰滅的な7年間とは、まさに対照的である。
d0123476_915751.jpg
上昇と下降のクロスポイント=イラク戦争
ブッシュもプーチンも時同じくして執権の座に就き、来年また同様に大統領職を去る。その間経済的にも外交面でもパワーを加速し急上昇し続けたロシアにくらべ、米国は生産力・輸出力を中国に吸い取られ、軍事力はムスリム過激派とのテロ戦争に費やされて消耗し、国内政治はビジョン皆無のまま空転し、かつて星条旗とともに世界に翻った国威は、地に堕ちた。戦争と平和を天秤にかけた、両大統領のあまりにも際立つ差異が、7年間の短い世界史の中でくっきりと明暗を分けたようである。アメリカの国民は "Hey Jude, Don't let me down...." とつぶやくしかない。
d0123476_17213930.jpg
ポスト・プーチン、ポスト・ブッシュ
"Sun/Son Also Rises" しかし、それでも陽はまた昇る。昨日プーチンの後継者に、危惧されていた好戦的タカ派のイワノフではなく、中道穏健派のメドベージェフが指名されたので、世の東西を問わず外交関係者は安堵の吐息をついたに違いない。願わくば米国の大統領選でも、これまでの自滅型の野蛮外交を一掃する清冽な方針を掲げる人物が、ポストブッシュのクリーニング作業に邁進することを望む。幸い民主党・共和党どちらも、そうした「米国の威信再建」を、軍事力ではなくソフトパワーで実現しようという候補者が主流となっており、有権者の期待を獲得しつつある。
d0123476_9155735.jpg
プーチニズムの踏襲
一方ロシアでは、誰が跡を継いでもプーチニズム=プーチン体制を踏襲するのは明白であり、たとえその役職・呼称が変わっても、プーチンは実権を手放さないだろうと予測される。
「帝政ロシアの首飾り」と呼ばれるコーカサス・中央アジア一帯の、ロシアを取り巻く周辺ユーラシア諸国を、経済と軍事のロシア同盟国として従えて「連帯宣言」を表明する萌芽が見える。
来年のある夏の日に、こういったロシア傘下の同盟国がクレムリン宮殿で一堂に会し、ソビエト連邦ならぬ「統一ロシア連邦」の旗揚げをするのが私には見える。(超短期のノストラダムスか?) "Back in USSR"が「USR=United States of Russia」に変わる状況である。プーチンの野望は、その実現の日を目指しているようだ。あくまで予感にすぎないが、私にはそう感じられる。
d0123476_9181710.jpg
米国とロシアの「戦争と平和」
冬来たりなば春遠からじ。明けない夜はない。来年はきっと「新冷戦」と呼ばれたプーチン対ブッシュの睨み合いの舞台に幕がおり、米露両国の新しい大統領が、世界に向けてもっとポジティブな提案をしていく展開になるようにと、心から願う。その舞台が「イスラエルとパレスチナの恒久平和条約」なのか「南北朝鮮の永久平和協定」なのか見当もつかないが、ベルリンの壁が崩れ落ちた時のように、国際的パワー抗争の次元が一挙に遥かに昇華するようなドラスティックな転換が、未来への曲がり角に待っているような気がする。ゴドーではない何かを待っている今の私の耳には、ジョージ・ハリソンがこう歌っているのが聞こえる。"Here Comes the Sun....."
d0123476_91954.jpg
【米国時間 2007年12月11日 『米流時評』ysbee 記】

»» 次号 第2章「明日のプーチン・子飼いのメドベージェフから逆指名」へ続く

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6722142
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6722142

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

ベスト10入りしました。社会経済ニュースでただ今9位!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


»» イラン問題緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」d0123476_1023580.jpg
時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「嘘から出た真実 さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-11 09:48 | プーチンのロシア
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31