「ほっ」と。キャンペーン

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

女王陛下の小さなペンパル・現代版「赤い風船」

f0127501_128435.gif
        ||| 女王陛下の小さなペンパル |||
d0123476_19105372.jpg
     少年の夢を託した風船がつないだ王室のペンパルとの絆
     ロンドンで起きた現代のおとぎ話 英国版の「赤い風船」


今回は『米流時評』らしからぬ、とっても可愛らしい現代の夢物語。
NBC-TVのモーニングショー『TODAY』で報道されたのですが、
あまりにもナイスなストーリーなので、あえて説明文を書いてご紹介します。

d0123476_19314359.jpg
英国ロンドンの4才の少年が、ある日外国のペンパルを探すために、
手書きのメッセージをつけた風船を空へ飛ばしました。
しかしその風船は、残念ながら海外までは届かず、
同じロンドン市内のさる場所へ舞い降りたのです。
そこはクィーン・ヴィクトリアの銅像がそびえる芝生……

d0123476_19325291.jpg
この4才のイギリス人の少年は、
ロンドン西部のハンプシャーに両親とともに住むトム・スタンコーム君。
彼が海を越えたフランスや、もっともっと遠くまで……
地球を半周するような知らない国へ落ちたらいいな、というつもりで飛ばした
ヘリウムガスの風船は、なんと彼の家からたった20マイル先の、
エリザベス女王の居城ウィンザー城の中庭に着地したのでした。

d0123476_19333487.jpg
風船のメッセージは、たまたま幸運にも女王の元へ届けられ、
これを読んだ女王は(なんと!)送り主に返事の手紙を書いたのです。
側近に命じて王室の紋章と封印がしたためられた女王陛下の手紙は、
風船の送り主へ無事返送されました。
王室からの手紙を受けとった少年の家族はびっくり。

d0123476_19341713.jpg
早速喜びの礼状を、両親の手助けで再びトム君から書き送りました。
たまたまトム君の父親が書き添えたのは、
「自分の曾祖父は王室のアートコレクションで制作したこともある芸術家で、
その当時王室からの依頼で、数点の絵を描いたことがある」
という先祖と王室の因縁。このことを手紙の中で伝えました。

d0123476_1935153.jpg
この知らせを受けとった王室では、
今度は宮殿に収蔵してある芸術品のコレクションを調べ、
トム君のご先祖が描いた作品をつきとめました。
それは、オランダ絵画の巨匠の作品を模写した3点の絵画でした。
女王の側近はこの史実を書き留めて、再びトム君の元へ郵送。

d0123476_1935494.jpg
一度ならず二度までも女王陛下からの手紙を受けとったトム君の両親は大感激。
風船に託した夢が思いがけない形で実を結んだトム君自身は、
なにしろまだ4才なので、ことの重大さに気がついていないようですが、
それでも「ペンパルができた」ととてもうれしそう。

d0123476_1936349.jpg
お休み前に母親から手紙を読んでもらうのが、トム君のベッドタイムストーリー。
しかし、トム君にとっては女王陛下は「お札についてる女の人」のようです。
「Loyal pen pal」ならぬ「Royal pen pal」の、英国ならではのハプニングでした。

                 【米国時間 2007年5月31日 米流時評 ysbee】

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gif長らくトップだったKazu先生が政治のカテゴリーに移られたので1位になりました!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-31 17:00 | ニュースで一服

コンピュータ革命・マイクロソフトのサーフェイス

f0127501_128435.gif
 ||| MSの次世代コンピュータ・サーフェイス |||
d0123476_11301091.jpg
ベールを脱いだゲイツの極秘プロジェクト、コードネーム"Milan"
マイクロソフトのコンピュータ革命「サーフェイス」の驚異的機能


By ポール・ホックマン | NBCニュース テクノロジー・エディター | 訳:ysbee
2007年5月30日 | ワシントン州レッドモンド発 | NBCニュース独占取材
来年になればビル・ゲイツは、アメリカのビジネス史の中でも最高の地位にランクされた存在から、転身を余儀なくする。32年前に創業者のひとりとして始めた3千億ドル(約36兆円)の企業マイクロソフトの、チーフ・ソフトウェア・エンジニアとしての職を去ろうとしている。そのあとの人生は、慈善事業への貢献に捧げる予定である。
しかし、マイクロソフトの事業を離れる前に、ゲイツはもうちょっとハイテクのプロジェクトを完成させなくてはいけない。今日この朝まで、「Milan/ミラン」というコードネームの元に5年もの間製作が進められてきたそのプロジェクトは、計画関係者内だけの極秘事項だった。

Microsoft Unveils Revolutionary Device 'SURFACE'
MS finally revealed its top-secret project with code name 'Milan'
By Paul Hochman | NBC News — TODAY Show | Technology Editor
MAY 30, 2007 — In the next year, Bill Gates will manage one of the highest-profile transitions in American business history — he’ll leave his day job as Chief Software Engineer at Microsoft, the $300 billion company he co-founded 32 years ago, and will move full time into philanthropy. But before he leaves, Gates has a few more high-tech projects to finish. Until this morning, one project — almost five years in the making and code-named 'Milan,’ — was top-secret.

__________________________________________________________________
MAY 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_841403.gif

 NBC — TODAY | MSNBC.com
  ||| MSの次世代コンピュータ・サーフェイス |||
d0123476_11304550.jpg
マイクロソフトのコンピュータ革命「サーフェイス」の驚異的機能

1. A plastic black table called 'Surface'
In a TODAY exclusive, I had a chance to talk with Gates at Microsoft’s Redmond, Washington campus about a revolutionary new device Microsoft now calls “Surface.” (MSNBC.com is a Microsoft-NBC Universal joint venture.) “Pretty exciting, eh?” Gates said with a sly smile, when he put his hand down on what looked initially like a low, black coffee table: At the touch of his hand, the hard, plastic tabletop suddenly dissolved into what looked like tiny ripples of water.

「サーフェイス」という名の黒いテーブル
NBCテレビの朝のワイドショー『TODAY』への独占公開ということで、私(ポール・ホックマン)はワシントン州レッドモンドにあるマイクロソフトの本部で、MSのビル・ゲイツ会長と「Surface/サーフェイス」と呼ばれる革命的に新しい機器について話すチャンスを得た。(MSNBC.comはマイクロソフトとNBCユニヴァーサルのジョイントベンチャーである)
「かなりエキサイティングじゃないかい?」ゲイツは、一見黒いコーヒーテーブルのようなものに自分の手を乗せたとき、にんまり笑ってこう言った。彼が手でさわった瞬間、プラスチックのテーブルの表面は、突然水の波紋のようなイメージに変化した。
d0123476_139618.jpg
2. Manually interactive water
The ‘water’ responded to each of his fingers and the ripples rushed quickly away in every direction. “Go ahead,” he said. “Try it.” When I placed my hand on the table at the same time, there were more ripples.
It took a moment to appreciate what was happening. Every hand motion Gates or I did was met with an immediate response from the table. There was no keyboard. There was no mouse. Just our gestures.
“All you have to do is reach out and touch the Surface,” Gates told me with barely concealed pride. “And it responds to what you do.”


最先端テクノロジー装備の「水鏡」
その「水」はゲイツの指に合わせて反応し、ふれた部分から即座に波紋が四方に広がって行く。「やってごらん、試してみなさいよ」と彼が言うので、私も自分の手を彼と一緒にテーブルの上に置いた。波紋はさらに増える。何が起ったのか合点がいくまでしばらくかかった。ゲイツと私が手を動かすたびに、即座にテーブルから反応が返ってきた。キーボードもない。マウスもないのにである。あるのは、ただ我々の手の動きだけ。「君がしなくちゃいけないことは、ただ手を伸ばしてこの『Surface/サーフェイス(表面)』にふれるだけさ」ゲイツは得意満面を隠そうともせずこう言った。「サーフェイスは君のする通りに反応するよ」
d0123476_1394417.jpg
3. 'Surface' took the breath away
In an industry whose bold pronouncements about the future has taught me the benefits of skepticism, Surface literally took my breath away. If the Surface project rollout goes as planned in November, it could alter the way everyday Americans control the technology that currently overwhelms many of us. After Gates and I spent about 20 minutes taking the device out for a spin, a lot of my preconceived notions about how people interact with computers began to melt away.

息をのむほど画期的なシステム
未来に対する大胆な予告宣言で名だたるこのIT業界。おかげでそういった大袈裟なうたい文句にはまず疑ってかかってみる懐疑主義が身に付いた私だが、この「サーフェイス」には文字通り息を飲んだ。もし「サーフェイス」プロジェクトが予定通り順調に進んで11月発売で世に出れば、最近とみに煩雑になり我々アメリカ人の多くをうんざりさせている、日常のテクノロジーを操作する方法を一変するに違いない。ゲイツ氏と私がそのシステムを20分ほどいじくり回したあとでは、それまで私の頭の中にあった先入観、(キーボードとマウスによって)人間とコンピュータがインタラクティブに反応しあう方法という概念は、ものの見事に消え去ってしまっていた。

4. A gadgets-laden magic table
The radical new approach starts with the guts of the device itself. Under the impact-resistant plastic top skin on an otherwise nondescript table hide five infrared scanners, a projector, and a wireless modem. The scanners recognize objects and shapes placed on the top and respond to them accordingly. For example, if the scanners recognize fingers, and the fingers have been placed in color circles that appear on the surface, the projector shows colored lines that follow the tracings and movements of your fingers. Meanwhile, an internal modem sends and receives signals from any electronic device placed on it. All of the hardware is run by a special version of Microsoft’s new operating system, Windows Vista.

モニターは多機能搭載のマジックテーブル
この過激なほど新しい操作方法は、そのディヴァイスの心臓部自体から発している。操作していない時には何も映っていないテーブルの、耐衝撃性強化プラスチックの表面の下には、赤外線スキャナー5基、プロジェクタとワイアレスのモデムがそれぞれ1基ずつ隠されている。スキャナーはテーブルに乗せられた物体をその形態によって認識し、的確に反応を返す。
例えば、スキャナーが指を認識した場合は、表面にはその指の接点がカラーの点となって現れる。プロジェクターは指の動きを追いかけその通りになぞって、色のついた線を裏面から映し出す。
一方内蔵されたモデムは電波を発信して、サーフェイスの上に置かれたどんなエレクトロニクス機器からもその信号を読み取る。サーフェイスに内蔵されたハードウェアはすべて、マイクロソフトの新しいオペレーティングシステムである Windows Vista の特別バージョンによって操作される仕組みである。
d0123476_13101843.jpg
5. Multi-Touch and Multi-User interaction
To do things on Surface’s tabletop screen, you reach down, touch it and push it. To make the image you see on the screen bigger, spread your fingers. To make it smaller, squeeze your fingers together. To move something into the trash, push it into the trash with your hand. And it allows what Microsoft calls “Multi-Touch” and “Multi-User” interaction — namely, more than one person can interact with it at a time. Try that with your home computer.

マルチユーザーの同時使用も可能
サーフェイスのテーブルトップのスクリーンにある「モノ」に試してみる。まず手を伸ばしてどれでもいいから対象のイメージに指で触れ、そしてそれを「押す」のだ。スクリーン上のイメージを拡大して見たければ、(実在のモノを拡げるように)指を拡げてそれを拡げる。小さくしたければ指を一カ所に集中するように縮める。何かを「ゴミ箱」に移動したければ、実際に手でその不要になった「ゴミ」を掴むようにしてゴミ箱に入れるだけ。
さらにこのサーフェイスは、マイクロソフトがそう呼ぶところの「マルチタッチ」とか「マルチユーザー」のインタラクションが可能である。その名のとおり一人以上が同時に同じスクリーンで相互作業できるのである。自宅のコンピュータでも出来ると思ったら試してごらんなさい。

6. Revolutionary natural interaction
One of the most revolutionary aspects of Surface, though, is its natural interaction with everyday objects and technologies. When you place your wi-fi enabled digital camera on the table, for example, Surface ‘sees’ the camera and does something extraordinary: It pulls your digital pictures and videos out onto the table for you to look at, move, edit or send. Images literally spill out in a pool of color.

革命的なほど自然なインターアクション
しかしそれよりももっと驚くサーフェイスのもっとも画期的な特徴は、毎日使うモノとテクノロジーの、極めて自然なインターアクションである。例えば(コード接続の不要な)wi-fi 仕様のディジタルカメラをテーブルの上に置くと、サーフェイスはそのカメラを「見て」何かとんでもないことをやってのける。それは置かれたカメラから写真やビデオのディジタルイメージを引き出して、あなたがそれを移動したり編集したり誰かに送ったりできるように、テーブルの上にひろげてくれるのだ。そのイメージは文字通り、色彩の泉が湧き出すようである。
d0123476_11332899.jpg
7. Remarkably intuitive as everyday life
The whole thing is remarkably intuitive, says Gates, because it’s remarkably similar to what people do in everyday life. “When you make it so that it's just visual — touch and visual — you're drawing on what humans are incredibly good at,” he said. “You know, what people have been practicing their entire lives. People will start to see that this world of information and entertainment is going to be far more accessible.

日常生活と同じ動作のオペレーション
ゲイツいわく、サーフェイスにおいては、すべてが驚くほど本能的なのだと言う。なぜなら、それは人間が日常する動作とまったく同じような操作方法にしたからだそうだ。「そういう主旨で作ったから、そのオペレーションはまさにビジュアルですよ。『タッチ・アンド・ビジュアル』。人間が信じられないほどうまく手を操ってものを描くように、手で描けばいいんですよ。もうお分かりでしょう。人間がその人生で習得してきた手の技をそのまま生かしたものだということが」とゲイツは結論づけた。まさにその通り、このマシンに触れた人々は、情報やエンターテイメントの世界がもっと身近になったと思うようになるだろう。
d0123476_13115110.jpg
8. SURFACE will surface on T-Mobile
The first place you’ll probably see Microsoft Surface is at one of its four inaugural retail partners, including T-Mobile USA, Starwood Hotels and Resorts, and Harrah’s Entertainment. AT T-Mobile, for example, you will be able to place any of their phones on Surface. Surface will sense the presence of each individual phone and then project each phone’s features in front of you for you to consider. If you want to add a feature in the store, just “push” that feature “into” your phone with your finger.
Want to compare three phones? Four? Put them all on the table, and their respective features will line up next to one another, for your consideration. It’s safe to say computing will not look the same again.


T-Mobileほかと提携し11月発売予定
あなたがこのマイクロソフト・サーフェイスに最初にお目にかかるのは、多分発売当初の4大パートナー企業のどれかの製品でだろう。T-Mobil USA、スターウッドホテルズ&リゾーツ、ハラーズ・エンターテイメントなどがその端末のパートナーである。一例を挙げればT-Mobileの場合は、機種を問わずT-Mobile契約の携帯をサーフェイスの上に置いてその機能を使用することが出来る。もしあなたが知りたければ、サーフェイスはその個々の携帯の機種を読み取り、そのオプションを目の前に提示してくれる。もしあなたがT-Mobileのショップで試していて、新しい機能をその携帯に追加したければ、その機能の部分を指で押して携帯のところへもってくるだけでO.K.なのだ。
3種類の機種を比較したい?4種類?それら全部をテーブルの上におけば、それらの個々の機能が比較しやすいように隣り合わせにずらっと表示される……という具合。
(奇跡とは言えないまでも)最低線言えることは、コンピュータの操作はもはや2度と今までのままではなくなるだろう、ということだ。
                   【米国時間 2007年5月30日 米流時評 ysbee訳】

▶イントロ編:ついにベールを脱いだゲイツの極秘プロジェクト「サーフェイス」を公開

▶ビデオリンク:初公開!ビルゲイツがデモンストレーションして見せる「サーフェイス」
May 30, 2007 — Microsoft Unveils a New Project |Bill Gates gave TODAY's Paul Hochman an exclusive look at Surface, a table-shaped computer that responds to touch.

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gif長らくトップだったKazu先生が政治のカテゴリーに移ったので1位になりました!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-30 21:37 | アップル vs MS

MSの極秘プロジェクト「サーフェイス」

f0127501_128435.gif
 ||| MSの極秘プロジェクト「サーフェイス」 |||
d0123476_11329100.jpg
ベールを脱いだゲイツの極秘プロジェクト、コードネーム"Milan"
マイクロソフトのコンピュータ革命「サーフェイス」の驚異的機能

d0123476_18552829.gif私はビル・ゲイツをあまり好きではない。はっきり言って嫌いである。なぜなら、ウィンドウズのオペレーション・システムは元々アップルのOSをそっくりそのまま真似したものだからだ。アメリカに来て以来だから、私のアップル歴もすでに20年近くなる。(何しろマッキントッシュと呼んでいた機種で、総メモリーが264MBしかなかった時代である……現在は180GB。思えば遠くへ来たもんだ!)

その20年の間に、アップルの創始者スティーブ・ジョブズのビジネスライフにも、まるで『Lord of the Rings』のような波乱の歴史が続いた。しかしアップル愛用者は他のPCやMSには目もくれず、ひたすらアップルの機器を買い替えMacのOSを入れ直して、忠実にジョブズの次のプロジェクトを信じて今日までついてきた。これがいわゆる世間で言うところの「救世主ジョブズを信奉するアップル教信者」である。彼らにとって、ジョブズはほとんどビートルズのジョン・レノンの存在に近い。"The One and Only,...... and Ethereal."

私もきっとそのひとりだろう。なぜならハードもソフトも全てにおいてアップルの生み出すものはマイクロソフトよりも10年先を行っていると信じてきたし、実際その性能にも満足し続けてきたからだ。ここまで製品に信頼がおけるメーカーというのは、米人の間ではSONYとHONDAぐらいのものだろう。ただ単にGoodとかWonderfulという即物的な賞賛ではなく、そのSupremacyに対する盲目的信頼に近い。たしかに一種の「ブランド信仰」と言えるかも知れない。
d0123476_11324853.jpg
しかし、しかしである。今回のニュースにはちょっと驚いた。MSの新しいプロジェクトの発表である。ニュースで見出しが視界に入った時点では「また何か新しいガジェット?」程度に思ったのだが、記事の本文を読んだらじわじわとその威力が伝わってきた。ビル・ゲイツに直接取材した編集者が「Revolutionary/革命的」と形容するのもあながち大袈裟ではない。私流の解釈で簡単にひとことで言うと「任天堂のWiiをPCソフトに転用したシステム」とでも言えるだろうか。もはやキーボードもマウスも不要。モニターとユーザーがダイレクトに手でインターラクトするマシン? Hmm..... 言葉で説明するのは難しい。まさに「The Words Fail on Me」である。

察しの良い方はトップの写真で想像できるように、まさにスピルバーグのSF映画『マイノリティリポート』に出てくるような、近未来的「サーフェイス」なのである。もったいつけて御託を並べるよりも、まずはその記事を読んでいただくことにする。拙訳では具体的なイメージが見えてこない方のために、記事下にビデオクリップのリンクもつけたのでご参照いただきたい。
ところで、この製品は11月に市場へ公開とあるので、新しもの好きの日本ならすぐに普及するかもしれない。その時には「そういえば『米流』でそんな名前を見たなぁ」と思い出していただければ幸いである。なにしろ当方は常日頃、新鮮なネタをストレートにお届けする「ブログのさらし割烹」を自負しているので。       【米国時間 2007年5月30日 米流時評 ysbee】

▶次号記事:「コンピュータ革命・サーフェイス」ビルゲイツ直接取材レポート

▶ビデオリンク:ビルゲイツがデモンストレーションして見せる「サーフェイス」
May 30, 2007 — Microsoft Unveils a New Project |Bill Gates gave TODAY's Paul Hochman an exclusive look at Surface, a table-shaped computer that responds to touch.

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gif長らくトップだったKazu先生が政治のカテゴリーに移られたのでトップになりました!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-30 20:38 | アップル vs MS

オードリーのドレス2300万円で落札

f0127501_128435.gif
     ||| オードリーのドレス2300万円で落札 |||
d0123476_18424893.jpg
『ティファニーで朝食を』の主人公ホーリー・ゴライトリーのドレス
  クリスティーズのオークションで最高値19万2千ドルに到達し落札


d0123476_349123.gif今年の『米流時評』3/3号でも「ヘップバーンのドレスでインドに15 の小学校建設」という記事を書きました。そこでも同じくオードリーが『ティファニーで朝食を』のファーストシーンで着ていた「The Little Black Dress」が、ロンドンのクリスティーズでオークションにかけられ、807,000ドル(約9765万円)の最高価格で落札されたというニュースでした。

ただしこの時はオークションのあったのが1月で、競売にかけたのはオードリーが生前熱心に難民救済活動を続けていた慈善団体。そして売却した金額は、そっくりそのままインドに15の小学校を建設する費用に充てられたという美談でした。しかし、もっと私が面白いなというか「粋じゃありませんか」と感心したのは、そのドレスは元々の所有者でデザイナーのユベール・ド・ジヴァンシーが、その団体に資産として寄贈したものだったこと。さらに、その時のオークションで最高値をつけて競り落としたのが、その寄贈主自身の(今は故人である)ジヴァンシーのブランドを守るブティックであったこと。
d0123476_2155348.jpg
▲ トップ:新婚間もない1954年に、スキーリゾートのサン・モリッツで夫君のメル・ファーラーが撮ったオードリー
現在のようなスノー仕様SUVではなく、スターでもチェーンをつけたトラックでスキー場へというのがその時代でした
この上:60年代の洋画に傑作は数々あれど、20世紀のミッドセンチュリーモダンのファッション、インテリア、音楽(ヘンリー・マンシーニ)から会話やパーティースタイルまでそのエッセンスが詰まっているこの映画は私にとって宝物


ちょっとややこしいと思えるかもしれませんね。「そんな七面倒なことをせずに、お金をそのまま寄付すれば?」とか「金持財団(LVMH [ルイ・ヴィトン・モエ et ヘネシー] 社)のお遊び」とかいくらでも批判できるでしょう。しかし、私に言わせれば、やはり「粋じゃありませんか」です。
おまけにこのエピソードは、あの「オードリーの黒いドレス」とともに伝説化するでしょうから、ジヴァンシーにしてみたら、世界中の新聞のトピック欄を買い占めたと同じ効果があったわけで、PR面から見たら数十億円の広告を只で出したと同じ結果になったという......フ〜ム、やはりユダヤ人の考えることは違う。

まあ外野がとやかく騒ごうが鎮まろうが、一番良かったなと思ったのは、新しい学校が建ったインドの小学生たちの顔を写真で見たとき。ただでさえ新築の校舎は嬉しいに違いないのですが、それがあの名画のあのオードリーの伝説のドレスから出来たものだという事実が、彼らの誇りになってほしいなぁ〜と思いました。彼女は唯一無二の素敵な女優だったし、人間としてもハリウッドには珍しく尊敬に値する素晴らしいひとでしたから……。現代でもまだこんな「おとぎ話」が生き続ける余地があるのは、やはり、オードリー・マジックのせいでしょうか?
                    【米国時間 2007年5月30日 米流時評 ysbee】

__________________________________________________________________
MAY 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_841403.gif

 Associated Press | MSNBC.com
    ||| オードリーのドレス2300万円で落札 |||
d0123476_19514172.jpg
『ティファニーで朝食を』主人公のピンクのカクテルドレスに最高値

'Tiffany's' Dress Fetches $192,000 at Auction
Marilyn Monroe's script and other Memorabilia items sold in total $1.2 million

1. Legendary heroin's dress
d0123476_18484074.jpgNEW YORK |May 30, 2007 — A pink cocktail dress worn by Audrey Hepburn in “Breakfast at Tiffany’s” was auctioned Wednesday for nearly $200,000 — more than six times what the auctioneers expected.
The sleeveless dress, worn for the scene in which Holly Golightly discovers her brother has died, sold for $192,000 to a private European buyer at Christie’s sale of film and entertainment memorabilia. The auction house said it had expected the dress to sell for as much as $30,000.


ホーリー・ゴライトリーのピンクドレス
2007年5月30日 ニューヨーク発 |オードリー・ヘップバーンが名画『ティファニーで朝食を』で着用したピンクのカクテルドレスが、30日水曜クリスティーズで行われたオークションで、20万ドル(約2千4百万円)近い値がついて落札された。これはオークション主催者クリスティーズが当初予想した額の6倍以上だと伝えられる。

トルーマン・カポーティ原作の『ティファニーで朝食を』の映画の中で、主人公ホーリー・ゴライトリーが兄の死を知らされるシーンで着ていたスリーブレスのドレスは、今回クリスティーズが開催した「フィルム・エンターテイメント・メモラビリア」のオークションで、ヨーロッパのある個人バイヤーによって19万2千ドルで落札された。オークション主催者側では、このドレスはせいぜい3万ドル相当で売れるものと期待していたと述べている。

2. Iconic pieces captured imagination
“The sale was filled with iconic pieces,” said Helen Hall, Christie’s head of entertainment memorabilia. “It captured people’s imagination.” She said the auction house was pleased with the results of the sale, which brought in $1.2 million.

映画史のアイコンとも呼べる逸品ぞろい
「今回のオークションは、映画史のアイコンとも呼べるような逸品ぞろいでした。それが人々の憧れを射止めたのでしょう。」こう語るのはクリスティーズのエンターテイメント・メモラビリアのセールス部長であるヘレンホール女史。コレクション総額で120万ドル(約1億4500万円)もの売上を上げたことは喜ばしいと感想を語った。
d0123476_18445417.jpg
デビュー当時から「20世紀の妖精」と呼ばれたオードリー。1929年にベルギーのブリュッセルで貴族の血を引くユダヤ人家庭に生まれたものの、幼時にナチスドイツの迫害を逃れて英国へ亡命した生い立ちはあまり知られていない。
だからこそ人生後半の難民救済事業にも他人事ではなく貢献したのかも。写真は左から54年の『麗しのサブリナ』撮影中のセットで/中:50年にはロンドンの舞台でミュージカル役者として人気を博す/53年ハリウッドでのデビュー作『ローマの休日』直後、まだ新進気鋭のデザイナーだったユベール・ド・ジヴァンシーと撮影現場で衣装の打ち合わせ


3. Marilyn Monroe's memorabilia
Other items on the block included Marilyn Monroe’s script for “Something’s Got To Give,” with the actress’ handwritten notes, which sold for $19,200. A program from President John F. Kennedy’s birthday celebration that featured the actress at Madison Square Garden went for $66,000. All the prices include the Christie’s commission.

マリリン・モンローの忘れ形見も
コレクションの中には、マリリン・モンローが使った彼女の手書きの書き込みの入った『アパートの鍵貸します』の脚本もあり、こちらは1万9200ドル(約232万円)で落札した。またそのモンローが「ハッピーバースデ〜、プレジデント!」と歌った、マジソンスクエアガーデンで行われたジョン・F・ケネディ大統領のバースデー祝賀会のプログラムは、6万6千ドルにも上った。ちなみに販売額は、いずれもクリスティーズのコミッションも含まれた額である。
d0123476_18453014.jpg
『ティファニーで朝食を』の原作者で『冷血/In Cold Blood』で米国を代表する作家となったトルーマン・カポーティと、当時のハリウッドを代表する女優ふたり。左はオードリー・ヘップバーンと夫君のメル・ファラー(代表作『風とともに去りぬ』『戦争と平和』)右はパーティーマニアと呼ばれたカポーティとモンローの珍しいショット。
50〜60年代ハリウッドの女優御三家といえば、このふたりにエリザベス・テーラー。ヨーロッパ映画では、フランスのブルジッド・バルドー、イタリーのソフィア・ローレンに当時若手のクラウディア・カルディナーレがトップ3


【米国時間 2007年5月30日 米流時評 ysbee訳】

O d e   t o   O u r   F a i r   L a d y
d0123476_539242.gifいつも『米流時評』にコメントを寄せてくださるmeixiさんのブログにもオードリーの記事が載りました。オードリーが生前子供たちに読んで聞かせたサム・レヴィンソンさんという詩人の作品で、コピーにして大事にとっておきたくなるような詩です。ぜひ読みにいってみて下さい。感動します。meixiさんは塾の先生をしておられ、国際時事にとても鋭い感覚を持ってらして、そのブログ「私の語学奮闘記」には普段よくトルコと中国の関連記事が対訳で載ります。英語の勉強にもなりますよ。

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-30 15:40 | ニュースで一服

特報!病に伏した金正日

f0127501_128435.gif
        ||| 金正日、持病が悪化し病床か |||
d0123476_8204215.jpg
北朝鮮の金正日主席、ここ数カ月公式の席に姿を現さず
持病の糖尿と心臓病がかなり悪化という諜報情報を確認


2007年5月29日 | By ロバート・ウィンドレム/NBCニュース特捜班スクープ
ニューヨーク発 |韓国と米国の諜報局高官は、北朝鮮の金正日主席の健康状態がかなり悪化しているという最近の情報を、信憑性のあるものと受け止めている事実が判明した。

NBC: U.S. Calls Kim Jong Il's health a 'Concern'
North Korean leader not deadly ill, but diabetes and heart disease cited
Breaking News by Robert Windrem | NBC News Special Investigative Team Producer
MAY 29, 2007 — South Korean and U.S. intelligence officials confirm that the two countries are taking seriously recent reports of a deterioration in the health of North Korean leader Kim Jong Il.

__________________________________________________________________
MAY 29, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_6495131.gif

 NBC News | Special Investigative
       ||| 金正日、公式の場に姿見せず |||
d0123476_8211298.jpg
糖尿病と心臓病がかなり悪化し、ひと月近く公式イベントを欠席
1. Source from South Korean Intelligence
he interest, first reported in South Korea’s Chosun Ilbo newspaper and confirmed by NBC News, is based on Kim’s month-long disappearance from view as well as internal reports that the 66-year-old is suffering from advanced diabetes and heart disease as well as high blood pressure. “The National Intelligence Service has obtained information that the reclusive leader Kim’s diabetes and heart disease have been worsening. This information is more reliable than former rumors,” Chosun Ilbo reported, quoting a South Korean official.

韓国諜報機関、金の欠席を不審視
d0123476_8214853.jpg今回のニュースは最初に韓国の朝鮮日報によって報道されたが、その記事によれば、66才の金正日主席はここ数カ月公式の席に姿を現しておらず、高血圧もさることながら重度の糖尿病と心臓疾患を患っているという北朝鮮内部の消息筋の情報があった。NBCでは、これらの状況分析に基づいて今回の記事が発表されたことを、消息筋への問い合わせで確認している。
「韓国諜報局は、金大統領持病の糖尿病と心臓病が悪化しているという情報をつかんだ。この情報は、それ以前に飛び交っていた同じような噂よりも信頼の置ける消息筋からの情報である。」朝鮮日報は韓国政府高官の談話として、こう報道している。

2. U.S. intell. 'Matter of concern'
“It is a matter of interest and concern. I wouldn’t steer you away from that,” a senior U.S. intelligence official told NBC News. “People with diabetes don’t usually get better. They can control it better, but it doesn’t get better. Is it being looked at closely? Oh yeah. Is he on his death bed? No.”

米諜報機関「病状を懸念」
「その件は非常に気になるし(事態の進展を)懸念している。その状況に関しては否定しない。」米国諜報機関の高官は、NBCニュースの質問に対しこう答えた。「糖尿病患者は、普通好転はしないものだ。病状を抑えることはできても、回復することはありえない。医師がつきっきりかって?もちろん。危篤状態かと聞かれたら、ノーだが。」

3. Currently out of view
U.S. and South Korean officials have been watching Kim’s appearance schedule lately. He has not been seen in public since April 25, when he headed the 75th anniversary celebration of the North Korean People's Army in Pyongyang. Since then, the Korean Central News Agency has reported only one other public appearance, on May 5, at military barracks. There was no video of that appearance and KCNA normally reports events days after they happen.

公式の席に姿見せず
米国と韓国両国の諜報高官ともに、最近の北朝鮮のイベントへの金主席の出席状況をチェックしている。金は4月25日平壌で行われた北朝鮮人民軍結成75周年の式典で国家主席として祝賀したが、それ以降公の場所に姿を見せていない。その時から現在まで北朝鮮の国営ニュース局KCNAが金の外出を報道したのは、5月5日軍隊の宿舎訪問の一度だけであった。しかもそ、通常なら金の動向はすべてビデオで国営放送を通じて放映されるが、この訪問の際は映像は一切流れなかった。

4. In case of serious ill
Chosun Ilbo also reported that Kim’s official activities this year are only at about half the level they were last year at this time. Any serious health problem for the North Korean leader could complicate negotiations between the United States and North Korea, which call for the North to halt nuclear activities in return for aid. It could also set off a power struggle between Kim’s three sons, who were born to two different women.

病状悪化した場合の予測
韓国の朝鮮日報はまた、金主席の公式活動が昨年の同時期と比べて半減していることも指摘している。どんな病状であれ北朝鮮主席が深刻な健康状態にあれば、米国が北朝鮮に対して「北の核開発放棄の見返りとして経済援助」と呼びかけている交渉の条件を複雑化するだろうと予測されている。また命に別状をきたすような状態になれば、金正日の2人の妻から生まれた3人の息子の間で、後継者争いが発生するものとも推測されている。

【米国時間 2007年5月29日 米流時評 ysbee訳】
__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-30 08:35 | トンデモ北朝鮮

「大草原の小さな家」初刊から75周年

f0127501_128435.gif
    |||「大草原の小さな家」初刊から75周年 |||
d0123476_1059655.jpg
ローラ・インガルス・ワイルダーの名著、誕生から75年をマーク
全米児童文学の古典として今なお愛される作者の生前の家を訪問


2007年5月27日 ミズーリ州・マンスフィールド発 |ミズーリの片田舎オザルクの農家の片隅にある、小さなライティングデスク。この何の変哲も無い素朴な木の机は、これまでにここを訪れた者の何人もの涙をそそってきた。西部開拓者として過ごした自分の子供時代を回想して書いた、ローラ・インガルス・ワイルダーの小説『大草原の小さな家』は、愛読者にとってはそれだけ懐かしい思い出に彩られているようである。現在でもミズーリにあるローラの生前の家に足を踏み入れ、彼女がその本を書き綴った実在のデスクを目の当たりにする時、そのあまりのつましさにファンの中には思わず落涙してしまう者もいるようである。

'Little House' Still Resonates after 75 Years
Laura Ingalls Wilder's tales of prairie childhood remain popular
MANSFIELD, Missouri — Associated Press |MAY 27, 2007 — A narrow wooden desk in a corner of an Ozarks farmhouse has been known to move visitors to tears. Some readers have such fond memories of the "Little House" novels about Laura Ingalls Wilder's frontier childhood that they cry when they walk into her Missouri home and see the desk where she wrote many of the books.

__________________________________________________________________
MAY 27, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

Associated Press | MSNBC.com
     |||「大草原の小さな家」初刊から75周年 |||
d0123476_7525897.jpg
全米児童文学の古典として今なお愛されるローラ・インガルス・ワイルダー作品の秘密

1. 75th anniversary since the first publication
April marks the 75th anniversary of the first publication in 1932 of "Little House in the Big Woods." The story of Laura's early life in a cabin in 1860s Wisconsin launched a nine-book series that made Wilder a household name, helped by the hit award-winning TV series "Little House on the Prairie" that ran on NBC from 1974-1983. Embraced from the start by America's teachers, the books have been read by or to generations of elementary school kids, which has helped to keep the books in continuous print. The series has sold more than 41 million copies in the United States and been translated into more than 40 languages, from German and French to Arabic and Japanese.
▲74年から10年間アメリカだけでなく放送された各国で大人気を博したホームドラマ 米国では現在も再放送中

「大草原の小さな家」初刊から75周年
d0123476_1183668.jpg1932年に『大きな森の小さな家』が初めて刊行されて以来、今年の4月で75周年を迎えた。1860年代にウィスコンシン州の小さな丸太小屋で過ごしたローラの少女時代の物語は、全部で9冊を数えるシリーズとなった。
またこの原作を脚色した1974年から1983年まで10年間も続いた全米ネットNBCのテレビドラマ『大草原の小さな家』が、数々の賞を受賞するヒットシリーズとなったことも手伝って、作者ローラ・インガルス・ワイルダーの名は、誰もが知る女流作家としてアメリカ中に轟いた。
初版出版後まもなく全米の教師によって絶賛されたように、この本は主に代々小学生への推薦書として愛読されてきており、それが絶え間なく再販を繰り返すことに繋がったと思われる。ローラの書いたシリーズは、現在まで米国内で売れただけでも4100万冊にのぼり、ドイツ語、フランス語、アラビア語、日本語ほか40種類以上の言語に翻訳され、現在では世界中で愛読される児童文学の古典となった。
▶インガルス家の三姉妹 左から末っ子のキャリー、長女のメアリー、次女で作家になったローラ 1870年代の写真

2. Sweet home for Laura and Almanzo
The white clapboard farmhouse where Laura and her husband Almanzo spent most of their adult lives stands on a hillside among rolling pastures and woods in the Ozarks of southern Missouri. The couple moved here to raise apples and horses after losing their first farm in South Dakota and briefly living in Florida. Wilder was already famous in her lifetime and the home was quickly preserved as a museum after her death in 1957 at age 90.

ローラとアルマンゾ夫妻の峠の我が家
ローラと彼女の夫アルマンゾが結婚後ほとんどそこで過ごした白い木造の田舎家は、ミズーリ州南部オザークスの木立に囲まれたなだかな丘の上に、今でもひっそりと立っている。ワイルダー夫妻は、サウスダコタ州の彼らの最初の農家を手放してからしばらくフロリダ州で過ごした後この土地に移り、リンゴを栽培し馬を育てながら生計を立てた彼らにとっての「我が家」である。ローラ・インガルス・ワイルダーは、『大草原の小さな家』の出版とともにすぐに人気を博し、生前にはすでに著名作家の地位を確立していた。彼女が1957年に90歳で亡くなると同時に、この家はそのまま彼女を忍ぶ記念館に変身した歴史を持つ。

▼サウスダコタからフロリダと転々としたワイルダー夫妻もミシシッピー州オザークスのロッキーリッジを終の住処に
d0123476_1119969.jpg
3. Visitors are ‘just in awe’
"We've had people who've actually come to tears over it," tour guide Rebecca Dierksen said about the writing desk at the Laura Ingalls Wilder Historic Home and Museum, which gets about 40,000 visitors a year. "They're just in awe. So many of them have wanted to come here for years and then they actually walk in the house."
The 40-acre farm the Wilders bought in 1894 for $400 now includes a museum with artifacts from Laura's collection, including a fiddle her father played in Laura's stories, a quilt made by her sister Mary and handwritten manuscripts of the books.


d0123476_7504567.jpg記念館訪問者は見るもの全てに感動
「ここに来られた方は、これを見ると感極まって実際涙を流しますよ。」毎年4万人以上の訪問者を迎える『ローラ・インガルス・ワイルダー生家記念館』ガイド役のレベッカ・ダークセンさんは、こう説明する。「みなさん、ひたすら感動するようです。訪問する方のほとんどが、この場所を訪れたいと何年もの長い間憧れていて、それがついに念願かなってローラの生前の家に実際に足を踏み入れるのですから、無理もありません。」
ワイルダー夫妻が1894年にわずか400ドルで購入した40エーカー(約5万坪弱)の農場は、今やローラのコレクションである民芸品などを納めた博物館の所在地である。その中では、物語にも出てくるローラの父親が弾いたバイオリンや、彼女の姉メアリーが作ったキルト、そしてローラ自筆の本の原稿なども展示されている。
▶写真はローラが最初の原稿を書いたライティングデスク 記念館の片隅で実際に使われていた状態で展示されている

4. First draft in her early 60s
Laura Ingalls Wilder spent more than 30 years painstakingly developing the rocky farm with her husband before sitting down to write about her childhood on the vanished frontier. She was in her early 60s when she attempted her first draft in 1930, a first-person memoir called "Pioneer Girl." That roughly 200-page manuscript was submitted to publishers and magazines by Laura's only surviving child, Rose Wilder Lane, a successful writer, journalist and novelist. The manuscript was turned down but prompted a publisher's suggestion that Laura rework her stories as a fictional account for children.

60代に入ってからの著作生活
d0123476_112384.jpgローラ・インガルス・ワイルダーは夫とともに岩だらけの痩せ地の農場を開墾し、その後30年間もリンゴの栽培や馬の飼育などに明け暮れたあと、初めて腰を下ろし、すでに消え去った過去となった開拓時代の子供の頃を懐かしく思い出しながらペンを執ったのである。1930年代に『パイオニアガール』と名付けられた回顧録になるはずだった最初の原稿を書き始めたのは、彼女がすでに60代に入ってからのことだった。およそ200ページあまりの手書きの原稿は、当時作家・小説家兼ジャーナリストとして成功を収めていたローラの一人娘であるローズ・ワイルダー・レーンによって、出版社と雑誌社に出版の意向を伺うべく送付された。出版社は一旦その手書きの原稿を差し戻したとはいうものの、ローラに対して子供向けの小説として書き直してみたら、という提案も忘れなかった。
▶写真は1885年のローラと夫のアルマンゾ・ワイルダー この翌年に一人娘のローズがロッキーリッジで誕生

5. 'The Ghost in the Little House'
To this day, Wilder enthusiasts and scholars debate how much Rose was responsible for the content of the Little House series. An experienced editor and author, Rose revised her mother's handwritten manuscripts and typed them. Historian William V. Holtz argued in his 1995 book, "The Ghost in the Little House," that Rose's revisions were so extensive that she was actually her mother's ghost writer. But that judgment goes too far, say many other Wilder scholars.

ローラの娘ローズは母親のゴーストライター?
今日に至るまでワイルダーの熱烈なファンや研究者は、この「小さな家」シリーズの著述のどこまでが娘のローズの手になるものかという議論を繰り返している、経験豊かな編集者であり作家であったローズは、彼女の母ローラの手書きの原稿をすべてタイプで打ち直した。歴史研究家のウィリアム・V・ホルツ氏は、1995年出版の彼の研究書『The Ghost in the Little House』の中で、こう論議のポイントを指摘する。「ローズは原稿をあまりにも手直ししすぎたので、その結果彼女自身母親のゴーストライターになってしまった。」しかし、ワイルダー研究の他の学者たちは、その説もまた行き過ぎであると判定を下している。

▼左から、すでにベストセラー作家として名声を馳せた晩年のローラ・インガルス・ワイルダー/作品を書き始める60才まで農場の切り盛りに精を出したロッキーリッジの我が家 現在は「ローラル・インガルス・ワイルダー記念館」として一般公開/ローラとアルマンゾの一人娘、作家でジャーナリストのローズ・ワイルダー・レーン
d0123476_1127332.jpg
6. A good collaboration as a professional
"I felt that it was a good collaboration," said William Anderson, author of several Wilder biographies and related histories and a board member of the Wilder Home Association that operates the Mansfield site. "Laura wrote all those books. We have the manuscripts and drafts. Rose was living there on the farm at the time. It was natural that she as an established professional and editor collaborated" with her mother, Anderson said.

作家の母と編集者の娘の協力の賜物
「私は、この本が二人の間のいい協力関係の賜物だと思いますよ。」こう言うのは、マンスフィールドの記念館を運営するワイルダーホーム協会の役員であり、すでに何冊かのワイルダーの伝記や関連する歴史書を著している作家、ウィリアム・アンダーソン氏である。「これらの本すべてはローラが書いたものです。その下書きも原稿も存在します。原稿を書いた当時、ローズはまだあの農場に住んでいました。すでに地位を確立したプロの編集者として、彼女が母親に協力したのはきわめて自然な成り行きです。」アンダーソン氏はこう解釈している。

d0123476_1837794.jpgd0123476_18381338.jpgd0123476_18395698.jpgd0123476_18381338.jpgd0123476_18404433.jpg

7. 'They really are a phenomenon'
John E. Miller argues in his 1998 biography, "Becoming Laura Ingalls Wilder," that Laura was a talented writer who provided the story lines and most of the language for her books. Rose, he argued, deserves "major credit for helping shape the material into publishable form and for making revisions that usually — but not always — improved the final product." Whatever the creative process was, the result was a series that has remained on reading lists for generations of children, teachers and parents. "They're a phenomenon, they really are," Anderson said.

アメリカ児童文学の傑作
またもうひとりの著者ジョン・E・ミラー氏は、1998年出版のローラの伝記『Becoming Laura Ingalls Wilder』の中で「ローラは才能ある作家であり、彼女の本の物語の筋書きとほとんどの記述を自ら手がけた」と書いている。しかし次のような記述で論点を明らかにもしている。「元々の素材原稿が出版にそぐう形態となるように、また最終作品として練られたものとなるため文章の体裁を整えるために、常に毎回ではないが通常ローズは大きな役割を果たしたという評価にあたいするだろう。」
たとえ創作過程がどうであれ、このシリーズが代々今日にいたるまで、児童・教師・両親の推薦する本のリストに常に挙げられてきたことがその結論であるようだ。また前述のアンダーソン氏も「このシリーズは傑作です。実際その通りですよ」と絶賛を惜しまない。

d0123476_1844773.jpgd0123476_18381338.jpgd0123476_18442477.jpgd0123476_18381338.jpgd0123476_18444046.jpg

8. Popular among teachers and librarians
One reason is that the books fit a specific educational niche, Anderson and others said, covering the period of U.S. westward expansion at a grade school reading level. And the books are popular among today's growing ranks of home-schoolers, according to publisher HarperCollins.
An enthusiastic response from America's teachers helped get the first books over the hurdle of being published during the Depression. "Wilder herself knew that she had a strong debt to teachers and librarians because they embraced the books first and really made them known," Anderson said.


教育者と図書館司書の推薦で初版本刊行
アンダーソン氏を始めとする多くの研究者の説では「米国が西へ西へと発展して行った時代を小学生でも読めるレベルで描写していることが、この本が特に従来欠けていた部分の教育の穴を埋めるテキストとして優れている理由のひとつだ」と説明する。出版元のハーパーコリンズ社の分析によると、今日急激に増加している家庭教育者の中で特にその人気が著しい傾向があるそうである。
1930年代の大恐慌時代に、全米の小学校教師たちからの熱狂的な反応を背景に、この本は初刊の出版にこぎつけた。アンダーソン氏は、その件に関しても充分承知している。「ワイルダー自身が、現場の教育者や図書館司書たちに借りがあるということをよくわかっていました。なぜなら、彼らが一番最初に愛読し絶賛してくれたおかげで、この本が世の中に広まったのですから。」

d0123476_18464852.jpgd0123476_18381338.jpgd0123476_1847531.jpgd0123476_18381338.jpgd0123476_18472159.jpg

【米国時間 2007年5月27日 米流時評 ysbee訳】
__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。 クリックでランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg
1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-27 21:39 | ニュースで一服

「大草原の小さな家」で触れるアメリカ

f0127501_128435.gif
   |||「大草原の小さな家」で触れるアメリカ |||
d0123476_1259967.jpg
ローラ・インガルス・ワイルダーが書き綴った西部開拓時代のアメリカ

『大草原の小さな家』………このタイトルを聞いただけでテーマ音楽がよみがえり、懐かしさがこみ上げてくる日本人は少なくないと思います。私もそのひとり。みなさんの中にも毎週日曜の夕方一家そろってNHKにチャンネルを合わせ、食卓を囲んだ思い出があるのでは?
日本ではTVのシリーズが先に公開され、70年代のマイホーム主義の家庭に根強い人気を博しました。一方本国のアメリカでは、元々ローラ・インガルス・ワイルダーという作者が、自分が実際に過ごしてきた西部開拓時代のフロンティア精神に満ちた子供時代を、生き生きとした筆致で綴った回顧録風の小説を75年前に出版し、それが一世を風靡したのがそもそもの始まりです。

彼女の育った時代は、19世紀から20世紀へとアメリカ自体がまさに世界の中で成熟して行った時代と重なります。開拓時代のワイルドウェストから、洗練された文化と興隆する経済に支えられたモダン・アメリカへと変遷して行く様子は、ローラの小説の中でもその手触りが感じられ、アメリカの堅実な家庭が営々と培ってきた、たくましい真のアメリカンスピリットが脈打っています。

d0123476_12214686.jpgd0123476_1222780.jpgd0123476_12222535.jpgd0123476_12224358.jpgd0123476_12225982.jpg
初版から75周年を迎えた今年、インガルスの『大草原の家』シリーズの発行元であるハーパー・コリンズ社では、長らく愛されてきたイラストの表紙をこの機に時代感覚に合わせたヴィジュアルなイメージ写真に差し替え、新しいシリーズにして発売しました。70年代のテレビドラマで主役の三姉妹を演じた子役たちも今はみな熟年俳優ですが、新しく起用したイメージキャラクターは今の子にも親しみやすい少女の写真で、本の表紙はもちろんサイトでも活用し、「ローラ・インガルス」シリーズのトータルなイメージ作りに一役買っています。

上の一連の写真は代々の系譜の少女のイメージですが、左からローラの曾祖母にあたるマーサ・タッカー(1782ー1862)、祖母のシャーロット・クィナー(1809ー1884)、母親のキャロライン・インガルス(1839ー1924)、作者のローラ・インガルス・ワイルダー(1867-1957)、そしてローラの娘のローズ・ワイルダー(1886ー1968)です。こうして見ると、ローラが思いを馳せて書き綴った開拓時代のアメリカの少女の物語は、そのまま彼女の家系5代にわたって綿々と語り継がれてきた、膨大な「米国女性のクロニクル」であることがわかります。
いつの時代も母親が娘に与える本として、米国児童文学のトップにランクされ愛読されてきたことも無理なく頷ける、堅実なアメリカンスピリットに満ちた内容です。大人の読者ならば、時とともに紡がれてきた「少女の目から見た米国の生活史」として読んでみても面白いでしょう。

d0123476_12244264.jpgd0123476_1225314.jpgd0123476_12252337.jpg
アメリカでは親子代々4・5世代にわたって読み継がれ、学校でも副読書として常にトップリストに挙げられるインガルス本。もちろんそのしっかりした文章、卓越した状況説明や人物の性格描写など、子供向けの文学としての高い評価は言う間でもありません。しかし作者自身の体験をベースにした自伝に近い内容が生き生きと描かれ、遠い昔にアメリカ人の先祖が遭遇した、開拓地での冒険や怖れや四季のうつろいや、そして何よりも家族の絆がしっかりと書き留められているところが、万人の思いを惹きつける心の故郷のような役割を果たしているからこそ、児童文学の古典としての地位を築いたのではないでしょうか。

75周年のニュースと一緒に『大草原の小さな家』のファンの方のために、ハーパーコリンズ社の「Little House Books」のサイトもこの下にご紹介しておきます。TVドラマについてのサイトは日本のファンの方もブログなどで随分アップされてるようですが、この機会に原文で作者のハートに触れてみたいとお思いの方は、原作のサイトへもぜひ訪れてみてください。何冊もシリーズになっているので、お子さんと一緒に英語の本にトライするには最適かと思います。きっと読むだけで、古き良きアメリカの心の故郷に戻れるでしょう。

【米国時間 2007年5月27日 米流時評 ysbee書】
__________________________________________________________________
MAY 27, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif
【 B r i e f B i o g r a p h y o f L a u r a I n g a l l s W i l d e r 】
Laura Ingalls Wilder was born in 1867 in the log cabin described in Little House in the Big Woods. She and her family traveled by covered wagon across the Midwest. Later, Laura and her husband, Almanzo Wilder, made their own covered-wagon trip with their daughter, Rose, to Mansfield, Missouri. There, believing in the importance of knowing where you began in order to appreciate how far you've come, Laura wrote about her childhood growing up on the American frontier. For millions of readers Laura lives on forever as the little pioneer girl in the beloved Little House books.

左はローラの家族が西進しフロンティアとして住んだカンザス州インディペンデンス、プレーリーのキャビン
右はそれ以前にローラが育ったサウスダコタ州ペピン、ビッグウッズのキャビン どちらも地元有志によって復元された

d0123476_10594677.jpgd0123476_115483.jpg
【 ローラ・インガルス・ワイルダー抄伝 】
ローラ・インガルス・ワイルダーは1867年に、彼女の処女作「Little House in the Big Woods」に描かれたサウスダコタ州ペピンにある文字通り大平原の、小さなログキャビン(丸太小屋)で生まれました。彼女の家族インガルス家は、その後幌馬車で中西部を横断し西へと向かい、カンザス州のプレイリーに新しいキャビンを建て落ち着きます。そのビッグウッズで少女時代を過ごした後、ローラ・インガルスはアルマンゾ・ワイルダーと結婚し、ふたりの間に生まれた一人娘ローズを連れて、幌馬車で南へ下りミズーリ州のマンスフィールドへ落ち着きます。

ローラはその地で初めてそれまでの長い旅路を振り返り、無事に家族そろって暮らせることに感謝すると同時に、そこへたどり着くまでの遥かな出発点を振り返る重要性を再認識します。彼女はそのロッキーリッジの農場で、アメリカの西部開拓時代にフロンティアの一員として育った自分の少女時代について、60才を過ぎてから初めて回顧録を書き始めます。

70年代にはこの物語がテレビドラマシリーズにもなり、世界中に数千万人のファンが生まれました。彼女の著した「大草原の小さな家」シリーズは、現在までにローラだけでなく、その祖先の少女時代にまで遡った何十冊もの本が発行されています。そのどれもが母から娘へと受け継がれ読み継がれる、アメリカの児童書の古典として愛され続けています。(左下の写真は晩年のローラ)

d0123476_1226120.jpg『大草原の小さな家』Little House Booksのサイト:
http://www.littlehousebooks.com/

インガルス家の年表とアメリカの歴史が一望できるビジュアル・クロニクル:
http://www.littlehousebooks.com/girls/timeline.cfm

ハーパーコリンズ出版社の子供向けの本のサイト:
http://www.harpercollinschildrens.com/harperchildrens/

▶次号『大草原の小さな家』刊行75周年・ローラの実在の家訪問レポート へ続く

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。 最近ランキングの順位ががっくり落ちております。ブログ継続の励みになりますので、クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-27 17:17 | ニュースで一服

米国が変わる!イラク撤退への道

f0127501_128435.gif
       ||| 米国に新風!イラク撤退への道 |||
d0123476_2029786.jpg
ブッシュのイラク政策に大転換!民主党の撤退予算案に承認のサイン
ニューヨークタイムズ紙デービッド・サンガー記者の決定的スクープ記事を全訳紹介

By デーヴィッド・サンガー/デーヴィッド・クラウド | ニューヨークタイムズ 2007年5月26日第1面
イラク戦争開始以来初めて撤退へ方向転換

ブッシュ大統領は25日金曜、イラクで駐留米軍の活動予算の議案書に承認の署名をした。ここに至るまでは、是が非でも米軍撤退にもっていくために実質上駐留延長が不可能になる限定つきの予算案を提出した下院与党の民主党と、ブッシュ政権との間で壮烈な舌戦が繰り広げられたが、大統領承認のサインでこの議案は正式に通過したことになる。今回の署名は、ブッシュがメモリアルデーの休日を過ごしている、メリーランド州キャンプデービッドの大統領別荘で行われ、議案は立法化したことになる。
【このあと順次翻訳が上がり次第アップしますので、しばらくお待ちください】

Bush Signs Iraq Bill: Strategy Shift Next?
The very first indication of the turning direction by White House
President reportedly eyes steep troop draw-down by mid-2008

By David E. Sanger, David S. Cloud | New York Times — MAY 26, 2007
WASHINGTON — The Bush administration is developing what are described as concepts for reducing American combat forces in Iraq by as much as half next year, according to senior administration officials in the midst of the internal debate. It is the first indication that growing political pressure is forcing the White House to turn its attention to what happens after the current troop increase runs its course.


__________________________________________________________________
MAY 26, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_1954417.gif

 N e w  Y o r k  T i m e s
     ||| 米国ついにイラク撤退へ方向転換 |||
d0123476_2018993.jpg
ブッシュのイラク政策に大転換!来年夏までにイラク駐留米軍を半減

1. Cutting U.S. forces as half by mid-2008
The concepts call for a reduction in forces that could lower troop levels by the midst of the 2008 presidential election to roughly 100,000, from about 146,000, the latest available figure, which the military reported on May 1. They would also greatly scale back the mission that President Bush set for the American military when he ordered it in January to win back control of Baghdad and Anbar Province. The mission would instead focus on the training of Iraqi troops and fighting Al Qaeda in Mesopotamia, while removing Americans from many of the counterinsurgency efforts inside Baghdad.

2008年半ばまでに駐留米軍を半減
翻訳中
d0123476_20302016.jpg
2. Gates, Rice, Pentagon generals persuasions?
Officials say proponents of reducing the troops and scaling back their mission next year appear to include Secretary of Defense Robert M. Gates and Secretary of State Condoleezza Rice. They have been joined by generals at the Pentagon and elsewhere who have long been skeptical that the Iraqi government would use the opportunity created by the troop increase to reach genuine political accommodations.

説得役にゲイツ・ライス両長官、ペンタゴン将校
翻訳中
d0123476_2031186.jpg
3. Bush refers Iraq Study Group
During his own news conference, Mr. Bush referred on four separate occasions to the report of the Iraq Study Group, headed by the former Secretary of State James A. Baker III and the former Congressman Lee H. Hamilton. That report, about which Mr. Bush appeared distinctly unenthusiastic when it was issued in December, called for the withdrawal of all American combat troops by the end of March 2008. Mr. Gates was a member of the study group, though he resigned to take up his current post before the report was written.

イラク研究会のレポートを再認識?
翻訳中
d0123476_2031461.jpg
4. McConnell predicted a change
Senate Republican leader Mitch McConnell predicted a change, and said Bush would show the way. “I think that the handwriting is on the wall that we are going in a different direction in the fall, and I expect the president to lead it,” McConnell said. “In other words, I think he, himself, has certainly indicated he’s not happy with where we are. And I think we are looking for a new direction in the fall.” McConnell also emphasized that the Iraqis need to make progress. “We’ve given the Iraqi government an opportunity here to have a normal country. And so far, they’ve been a great disappointment to members of the Senate on both sides,” he said.

転換を予測した共和党マッコネル議員
翻訳中
d0123476_20322975.jpg
5. U.S. spent $300+ billion on Iraq operations
The war spending bill provides about $95 billion for the wars in Iraq and Afghanistan through Sept. 30 and billions in domestic projects, including more than $6 billion for hurricane relief. The House voted 280-142 Thursday night to pass the bill, followed by a 80-14 vote in the Senate. The Senate will go first when it considers a defense policy bill authorizing $649 billion in military spending in 2008. The proposed bill, approved this week by the Senate Armed Services Committee, cut $12 billion from the administration’s $142 billion war-related request to fund other programs, including an increase in the size of the Army and the Marine Corps. The U.S. has spent more than $300 billion on Iraq military operations so far, according to the congressional Government Accountability Office.

イラク戦争にこれまで36兆円以上出費
翻訳中
d0123476_20331477.jpg
【米国時間 2007年5月26日 米流時評 ysbee訳】  ▶「イラク撤退への道」次号へ続く
__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。 最近ランキングの順位ががっくり落ちております。ブログ継続の励みになりますので、クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-26 00:15 | イラク戦争レポート

ブッシュのニューシフト・イラク撤退へ方向転換

f0127501_128435.gif
         ||| ブッシュのニューシフト |||
d0123476_20173179.jpg
ブッシュのイラク政策に大転換!来年夏までに駐留米軍を半分に削減

ブッシュ大統領は金曜夜、イラク駐留米軍を含む2008年度の軍事予算の議案に承認の署名をした。今後の米国と中東の、命運をくつがえすような決断が下された訳である。是が非でも米軍をイラクからの撤退にもっていくために、実質上(technically)駐留延長が不可能になるような条件を盛り込んだ、民主党提案の限定つきの予算案である。ここに至るまでは、この案を推進する下院与党の民主党とブッシュとの間で壮烈な舌戦が繰り広げられ、米軍撤退に賛成する一部共和党議員が、成否の鍵を握るキャスティングボードに位置していた。
d0123476_11565318.jpg
しかし、万一下院で提案が通り上院でそれが承認可決された場合でも、ブッシュは最後の切り札の「VETO/大統領権限の否認権」を行使して、是が非でも「Withdraw troops/米軍撤退」に反対、むしろ1月提唱以来の「Surge/増兵案」を頑迷に固守するものと見られていた。
またブッシュ自身なにがあってもそうするという最後の牙城的宣言を何度も繰り返して、ただでさえ地を這う支持率にさらに追い打ちをかけるような窮状に自らを追いやっていた。
d0123476_11574852.jpg
その結果が今夕のO.K.サインである。ブッシュが意をひるがえしてこの限定つき予算案に最後のゴーサインを出した陰には、いったいどういう影響が働いたのだろう? 
今月9日に共和党議員有志が「このままではイラク戦争のおかげで国民の不評が高まり、来年の選挙にも共和党は勝てない」と大統領に直訴したのが功を奏したのか?
あるいはゲイツ国防長官、ライス国務長官といった、軍事行動よりも外交を重視するブッシュ政権内良識派の説得で、昨年11月に超党派の見識者から提示された「イラク研究会レポート」の箴言があらためて見直されたのか?

d0123476_11585390.jpgd0123476_11591244.jpg
イランに対する対処の急激な変化など、他の外交問題でのドラスティックな変化と併せて考察すると、長いスパンで煮詰まってきたホワイトハウスのチェニー離れが「イラク戦争・継続か撤退か」という局面でついに表面化してきたようにも受けとれる。
これは2003年3月にイラク戦争が始まって以来の、一大方向転換である。大統領の無謀な号令一過、頑強に勝利に固執して36兆円も投下した挙句に、3400名の米兵と60万人のイラク市民を犠牲にしたこの戦争。死者の生前の笑顔と遺族の悲しみの声に明け暮れたこの4年間……
その功罪は、我々以上に、イラク人ひとりひとりの胸に刻まれているはずだ。
d0123476_12759100.jpg
ともかくも、最後の大統領承認のサインで、この議案は正式に通過した。
今回の署名は、ブッシュがメモリアルデーの休日を過ごしているキャンプデービッドの大統領別荘で金曜夜行われ、歴史の風向きを変える2008年度の軍事予算案は、戦死者を忍ぶメモリアルデーウィークエンドの前夜である今夕、ついに立法化した。
d0123476_18552829.gif9/11からイラク戦争へという長い暗いトンネルに、ようやく出口が見えてきた。
アメリカに新しい風が吹いてきたように感じたのは、はたして私だけだろうか。
【米国時間 2007年5月25日深夜 米流時評 ysbee記】

▶次号「米国が変わる!イラク撤退への道」ニューヨークタイムズのスクープ記事へ続く

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。 最近ランキングの順位ががっくり落ちております。ブログ継続の励みになりますので、クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-25 23:15 | イラク戦争レポート

速報!北朝鮮、日本海にミサイル発射

f0127501_128435.gif
    ||| 速報!北朝鮮、日本海にミサイル発射 |||
d0123476_21523369.jpg
北朝鮮、昨年のミサイル打ち上げ、核爆発実験に続く予告なしの暴挙


米国時間2007年5月25日 韓国・ソウル発 |韓国の政府高官と報道機関が伝える内容によると北朝鮮は25日金曜数回にわたって、実戦ではなく発射実験と見られる短距離ミサイルを日本海に向けて発射した模様である。韓国の三軍連合司令官は今回の発射実験を確認してはいるものの、何発のミサイルが発射されたのか打ち上げられたのはどの場所かなど、まだ詳細を解明中である。

Report: North Korea Fires Short-range Missiles
Missiles fired toward Sea of Japan, according to U.S. and Japanese sources
SEOUL, South Korea | MAY 25, 2007 — North Korea fired several short-range guided missiles Friday in an apparent test launch, South Korean officials and media reports said. South Korea’s Joint Chiefs of Staff confirmed the launches, but said it was still investigating how many missiles were fired and where exactly the tests occurred.
__________________________________________________________________
MAY 25, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_6495131.gif

 Newsweek | MSNBC.com
   ||| 速報!北朝鮮、日本海にミサイル発射 |||

北朝鮮、昨年のミサイル打ち上げ、核爆発実験に続く予告なしの暴挙


【 ミサイル防衛システム 】 米国防省公開資料より
d0123476_2155547.jpg
北朝鮮が長距離ミサイルを発射した場合、ペンタゴンは今まで精度を確認できていない迎撃ミサイルシステムを初めて使用する事になる。
1. サテライトでミサイル発射を観測。データは指令センターと各地のレーダー基地へ送られる。
2. 発射の通知は迎撃ミサイルの発射を許可するNORAD(*note-2)へ転送される。
3. アラスカとカリフォルニアにあるレーダー基地が太平洋上のイージスレーダー搭載艦と連携してミサイルの軌道を追跡する。
4. 確認した軌道へ向けて迎撃ミサイルを発射。

1. 'A part of routine excercise'
“The short-range missile launches are believed to be part of a routine exercise that North Korea has conducted annually on the east and the west coasts in the past,” the Joint Chiefs said in a statement. The missiles were fired from the communist country’s east coast into the sea between Japan and the Korean peninsula, a Joint Chiefs official said on condition of anonymity, citing official protocol.

朝鮮半島東部から日本海へ恒例の発射実験
「今回の短距離ミサイル発射実験は、過去においても北朝鮮が東部と西部の海岸で、毎年好例で実施している実験である。ミサイルは、共産主義国家北朝鮮の東海岸から、日本と朝鮮半島の間に横たわる海、日本海に向けて発射されたものである。」連合司令官は声明の中でこう説明している。(政府高官の規制により司令官は匿名で発表した)

2. Response to South Korea?
Some reports suggested the North’s test was in response to South Korea’s launch of its first destroyer equipped with high-tech Aegis radar technology on Friday.
South Korea’s Yonhap news agency cited an unidentified Unification Ministry official as saying the tests would not strain ties because they were apparently part of regular exercises. North and South Korea are planning to hold Cabinet level talks on reconciliation efforts next week in Seoul.


韓国初のイージス艦へのいやがらせ?
報道内容の中には、今回の北の発射実験は、25日金曜韓国がハイテクなイージスレーダーを同国初のデストロイヤーに搭載したことに対する応答だと示唆するレポートもある。
韓国のヨンハップニュース社の報道では、政府の一高官が「実験は南北朝鮮の間の関係に緊張をもたらすものではない。なぜなら今回もまた恒例の演習の一環だからである」と意見を述べたと伝えている。南北朝鮮は、来週ソウルで閣僚レベルの和平会議を開催する予定になっている。

3. Japan's media reports
Japan’s public broadcaster and other media, citing Japanese and U.S. sources, reported that the missiles were surface-to-ship. Japan’s Defense Ministry and Foreign Ministry could not immediately confirm the reports, but were investigating.
Public broadcaster NHK said the missiles were shorter-range, and were not North Korea’s existing Rodong or Taepodong I ballistic missiles. It was not immediately known where the missiles landed. Kyodo News agency said the missiles were launched from Hamgyong Namdo on the east coast of the Korean Peninsula and are considered modified silkworm or miniaturized Scuds, with a range of about 60 to 125 miles.


日本のメディアの報道内容
一方、日本の放送機関及びほかのメディアの報道によると「日本と米国の消息筋からの情報では、今回発射されたのは地対艦ミサイルであるらしい。日本政府の防衛省と外務省高官は、事実の究明を急いでいる。
日本の公共放送機関NHKの報道では、ミサイルは短距離用であるが、従来北朝鮮が保有しているロドンやテポドン1型の攻撃用ミサイルではない模様である。ミサイルの落下地点は直ちにはわかっていないと放送された。一方共同通信の報道では、ミサイルは朝鮮半島の東海岸にあるハンギョン・ナムドーから打ち上げられたが、射程距離は約60〜125マイル(約96〜200キロ)で、改良型シルクワームか小型のスカッドミサイルと見られている。

4. Reckless threats to the region
North Korea’s missile development has been a constant concern to the region, along with its pursuit of nuclear weapons. The hard-line regime test-fired a series of missiles in July last year, including its latest long-range model, known abroad as the Taepodong-2, which experts believe could reach parts of the United States.
The North rattled the world again in October by conducting its first-ever test of a nuclear device. However, experts believe it does not have a bomb design advanced enough to be placed on a missile.


北東アジア地域への脅威の元凶
北朝鮮のミサイル開発は、同国の核兵器開発とともに、常に北東アジア地域における最大の関心事となっていた。国際外交における強硬姿勢をくずさない同国政府は、昨年7月にも一連のミサイル発射実験を実施しており、中でも海外でテポドン2として知られる最新型の長距離ミサイルは、軍事専門家は米国の一部地方にまで届くものと観測されている。
また北朝鮮は、昨年10月には同国で最初の核爆発実験を実施して、世界を騒然とさせた。しかしながら専門家は、これらの核爆弾はまだミサイルの弾頭として搭載するのに充分なほど小型化されていないと見られている。

【米国時間 2007年5月25日未明 米流時評 ysbee訳】

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。 最近ランキングの順位ががっくり落ちております。ブログ継続の励みになりますので、クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで2位をキープです!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-05-25 21:19 | トンデモ北朝鮮
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー