米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

誰がブットを殺したか?陰謀と暗殺の迷宮パキスタン

f0127501_128435.gif
   ||| 陰謀と暗殺の迷宮パキスタン |||
d0123476_19223068.jpg

タリバン、アルカイダ、ムシャラフ、政府諜報、CIA…真犯人は誰?
暗殺現場目撃者談と食い違う政府の説明で深まる事件真相の謎を解明


ロン・モロー/パキスタン | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳
前号「第4章 パキスタン・さらば民主主義のアイコン」からの続き

ベナジル・ブット元首相はもし政権を握る首相の座に返り咲いたら、これまでムシャラフ大統領が果たせなかったあまたの公約を彼女の立場で実現すると誓っていた。その一例として、パキスタン国内の数千に及ぶマドラサ(イスラム教の寺院付属の学院)の改革を実行することが挙げられていた。今までにも大半のマドラサで、数十万とまではいかないまでも数万人の貧しい学生たちに対して、ジハド=イスラム教の聖戦理論を教えてきた背景がある。さらにブット女史は、パキスタン国境地帯の民族自治区のジハディストや、テロ戦争の最前線にいるアルカイダと闘争するために、米国が一国だけでユニラテラルな軍事行動をとることさえ、認めようとしていた。
d0123476_19233399.jpg
【訳者注:従来はパキスタン国内への米軍あるいはNATO軍の軍事介入を、ムシャラフ政権はかたくなに断ってきた。その理由のひとつは、軍事独裁政権の主権国家としてのプライドもあるが、実質的な理由としては、米国が叛徒掃討で直接介入すれば、従来米国から供与されていた莫大な軍事援助金(6年間で100億ドル=1兆1400億円)を受ける資格を失うからである。ここにブッシュ政権の軍事産業との癒着が原因で、パキスタンに軍事費をあてがって米国の軍需事業の得意先とさせるからくりが隠れている。これをズバリ指摘してニュースにしたのがバラク・オバマである

d0123476_1924069.jpg
Who Killed Benazir Bhutto?
Benazir Bhutto's assassination has diminished the Pakistani president's already low public standing. How her death could lead to his political demise.
By Ron Morrow | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — She pledged that if she returned to power she would implement many of Musharraf's failed promises, such as carrying out reforms in the country's thousands of madrassas, or religious schools, many of which teach jihad to tens, if not hundreds, of thousands of poor students. She said she would even allow the United States to take unilateral military action against Pakistani tribal insurgents and Al Qaeda in the frontier areas.


__________________________________________________________________
DECEMBER 31, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  w w w . N E W S W E E K . c o m

第5章 ブット暗殺の真犯人は誰? 陰謀と暗殺の迷宮パキスタン
ロン・モロー/パキスタン特派 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_19245030.jpg

1. Challenging the Nuke network of Dr. Khan
She also promised to allow the International Atomic Energy Agency (IAEA) to interview Abdul Qadir Khan, the discredited father of Pakistan's atomic bomb who also ran a potentially lethal underground market in sensitive nuclear technology and know-how to such states as Iran, Libya and North Korea. Musharraf placed Khan under house arrest but refused to allow any foreigners to interrogate the scientist about his activities.
核の父カーン博士の疑惑を追求
翻訳中ブット女史はまた、IAEA国際原子力機関に対して、パキスタンの原爆の父と呼ばれるアブドゥル・カディール・カーン博士との会見を許可する約束もしていた。カーン博士は、国際間の微妙な問題である核のテクノロジーと製造ノウハウを、イランやリビア、北朝鮮といったような国家へ売りつけるための、武器のブラックマーケットの地下組織を秘密裏に運営していることでも悪名が高い人物である。ムシャラフ大統領はカーン博士を自宅拘禁状態に置いているが、逆に言うとこの科学者の活動に関して、いかなる国外の捜査の手が及ぶことも拒絶している。
d0123476_19272321.jpg
パキスタンの核の父で北朝鮮、イランに核を売ったカーン博士/英国の関税Gメンで核のネットワークを追求したアティフ・アミン /核の密貿易とテロ戦争の危険な状況をレポートした特集「ドクター・カーンの核のネットワーク」
第1話「ドクター・カーンのグローバルな核のブラックマーケット
第2話「英米 » ドバイ » パキスタン » リビア の核の密輸ルート
第3話「グローバルな核の時代を許した恐怖の構図
第4話「北朝鮮とイランの核所有はカーン発ドバイ経由
テロ戦争黙示録「核のテロ時代のアポカリプス」


2. The most enemy of Islamic extremists
Largely because of those tough, seemingly pro-Western stands, and because she was a woman vying for political power, she became a target of Islamic extremists. Before she arrived home from exile last October, Baitullah Mehsud, a powerful pro-Taliban and pro-Al Qaeda tribal leader in the South Waziristan tribal area, vowed to greet her with suicide bombers. (He later denied any involvement in the October attack on her motorcade in Karachi.)
イスラム過激派最大のターゲット
翻訳中
d0123476_12222663.jpg
パキスタン北西部アフガン国境地帯のパシュトゥン民族自治区ワジリスタンは、タリバンのゲリラ活動の本拠地
関連記事:アルカイダ2.0 タリバンの逆襲


3. Political threat of Taliban and al-Qaiada
But Pakistani militants, the Taliban and Al Qaeda doubtlessly saw her as an imminent political threat. Almost all of the more than 50 suicide bombings that have occurred in Pakistan this year, attacks largely aimed at military targets and senior government officials, have originated from the tribal area, Pakistani investigators say. Several insurgent training camps, which include instruction in suicide and IED attacks, are located in Mehsud's territory.
タリバンとアルカイダの宿敵
翻訳中
d0123476_16342231.jpg
関連記事「アルカイダ2.0 核のテロ」: アルカイダのトップ3 副首領のアイマン・アルザワヒリ、オサマ・ビンラディン(英語読み:ビンレーダン)、アルカイダの内部抗争でザワヒリと覇権を競う若手のナンバー3、アルリビ

4. PPP blames on Musharraf's ignorance
While Islamic extremists are the most likely perpetrators of the attack, many emotional Pakistanis, especially the devoted rank and file of Bhutto's Pakistan People's Party, will blame Musharraf, and the powerful military and civilian intelligence agencies he controls, for the killing. That perception will resonate among many Pakistanis. Already, pro-Bhutto crowds have started antiregime rioting in the major cities of Karachi, Lahore and Islamabad. The house of one government minister has been torched.
警護強化の要求を無視したムシャラフ
翻訳中
d0123476_19254075.jpg
左:10月18日の帰国以来ブット元首相に影のように付き添ってきたパキスタン人民党の秘書ナヒド・カーン
右:イスラム圏で史上初の首相としてパキスタン女性の尊敬を集めていたブット女史の死を悼むカラチの女性


5. Intelligence agencies behind the attack?
At least one Bhutto stalwart has publicly pointed the finger of blame at the regime. "This was not the work of Al Qaeda or the Taliban," says a senior PPP stalwart who did not want to be quoted by name. "She told Musharraf this could happen before she came [back from exile, and] he laughed it off. [Pakistanis] know who is to blame for this." Indeed, many of Bhutto's supporters and Musharraf's opponents will say that the government's intelligence agencies were behind the attack because they saw Bhutto as a threat to the political survival of the president, who has ruled Pakistan since overthrowing Prime Minister Nawaz Sharif in a bloodless coup in 1999.
暗殺の陰にパキスタン軍諜報部?
翻訳中
d0123476_19281330.jpg
12/15で政府軍総司令官を退位し民間の大統領となったムシャラフと軍事独裁体制から一歩民主化したパキスタン

6. Sharif 'The unthinkable has happened'
"This is the darkest, gloomiest day in the history of Pakistan," said Sharif at the Rawalpindi hospital where Bhutto's body lay. "The unthinkable has happened." If the rioting continues, and the popular view that Musharraf may have had something to do with Bhutto's death gathers momentum, then Musharraf may come under heavy pressure to resign. Many Pakistanis may conclude that if he wasn't behind the attack he is responsible for failing to have his ubiquitous security services protect Bhutto.
シャリフ候補「考えられないことが起った」
翻訳中
d0123476_19293273.jpg
ムシャラフ政権のチーマ内相 記者会見の度にブットの死因を変更したため、ついには国際社会が捜査介入する結果に

7. Political storm ahead of election
For now the Pakistani police and paramilitary rangers seem to be handling the emotional civil disturbances that are breaking out. The army is on alert but did not take to the streets in the hours immediately following the attack. That could change if the police are not able to control or subdue the demonstrators and rioters. If Musharraf does call out the military, army head Gen. Ashfaq Kiyani, Musharraf's handpicked successor, could ask Musharraf to step down rather than have Pakistani troops firing on crowds in the streets.
選挙を前に混乱と騒擾の社会情勢に
翻訳中

【米国時間 2007年12月31日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_19301476.jpg
ブット暗殺の悲報と同時にムシャラフに疑惑を持つ国民が全土で反体制の騒擾行為に 平和と安定から大きく後退した

»» 次号「第6章 どうなる?パキスタンとムシャラフ政権の行く末」へd0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6877266
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6877266

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「パキスタン・陰謀と暗殺の歴史」
d0123476_10413398.jpg12/27 米流時評「ブットの暗殺 序章・テロ戦争と核と米国政治」
12/27 第1章「パキスタンの悲劇 ・ブット暗殺の衝撃」
12/28 第2章「ブットの葬列・慟哭と暴動の奔流」(未掲載)
12/29 第3章「ブットの遺言・息子ビラワルが党首後継」
12/30 第4章「パキスタン・さらば民主主義のアイコン」
12/31 第5章「真犯人は誰?陰謀と暗殺の迷宮」
1/01 第6章「どうなる?動乱のパキスタンとムシャラフ政権の行く末」


»» 米流時評 特集「パキスタン・戒厳令の季節」
11/03 米流時評「パキスタン戒厳令の季節・序章」
11/04 戒厳令と米国 前編「民主化十字軍ブッシュのジレンマ」
11/05 戒厳令と米国・後編「テロ戦争と民主化の皮肉な運命」
11/06 ジョー・バイデンの諌言「ムシャラフを切れ」
11/09 ムシャラフの朝令暮改「ブットを自宅拘束後解放」
11/10 ムシャラフの大弾圧「パキスタン国民から猛反撥」d0123476_1746245.jpg
11/10 ブットの警告「パキスタンは爆発寸前の危機」
11/11 ブットの挑戦「国民総決起デモで対立決戦」
11/12 ブットのラホーレ入城「またもや7日間の自宅拘束」
11/16 米流時評「パキスタンの11月革命」民主化への潮目が見えた!
11/22 英雄伝説 前編「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-31 19:56 | パキスタン戒厳令の季節

第4章 さらば民主主義のアイコン

f0127501_128435.gif
 ||| さらば パキスタン民主主義のアイコン |||
d0123476_18152394.jpg

ブットの暗殺と共にテロリストに葬られたパキスタンの民主主義精神
ムシャラフの軍事独裁政権から西欧型民主的自由国家への変革を阻む


ロン・モロー/パキスタン | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳
前号「第3章 ブットの遺言/息子を党首後継者に指名」からの続き
パキスタンのベナジル・ブット元首相は、強力なパキスタン政府軍が本部を置くラワルピンジで、27日木曜選挙運動の集会を終え開催場所のダウンタウンの公園から立ち去るところだった。防弾用のプレートを装着した遊説用の白のトヨタランドクルーザーのサンルーフから、彼女は上半身を突き出して、通りの両側を埋めて歓呼の声を挙げる群衆に向かって手を振っていたところだった。
d0123476_18155469.jpg
Can Musharraf Survive? — Part 1
By Ron Morrow | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
DECEMBER 27, 2007 — As former Pakistani prime minister Benazir Bhutto was leaving a campaign rally in downtown Rawalpindi, not far from the headquarters of Pakistan's powerful armed forces, she poked her head out of the open moonroof of her armor-plated white Toyota Land Cruiser to wave at the crowd of admirers lining the street.

__________________________________________________________________
DECEMBER 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  w w w . N E W S W E E K . c o m

ブットの暗殺とともに葬られたパキスタンの民主主義精神
ロン・モロー/パキスタン特派 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_1816306.jpg

1. Sudden death by terrorism
Suddenly a gunman ran up to her car, peppering it with automatic-weapon fire and then exploding himself in a suicide bombing attack. Bhutto, who was standing inside the car, her head and shoulders exposed, was hit in the head and neck by the bullets, and died almost instantly. At least 20 others lost their lives in the blast that followed.
狙撃と自爆テロで即死
そのとき突然、ひとりの男が車に駆け寄り、自動小銃で数発を連続して発射した直後に、爆発物を起爆して自爆した。(30日現在では犯人は2人の若い男で、ひとりが狙撃を後ろのひとりが爆破を行なった瞬間をとらえたビデオが公表されている)車中で立った状態だったブットは、頭部と首に銃弾を受け、ほとんど即死状態で死亡した。現場を取り巻いていた群衆からも、少なくとも20名以上が後続の爆発で命を落とすという、パキスタンの歴史に残る惨劇となった。
d0123476_1816594.jpg
パキスタンだけでなく世界に衝撃の余波を拡げるブット暗殺の悲報を一面トップで伝える28日の英国各新聞

2. Fatal blow to Pakistan's democratization
Her untimely death in the suicide attack deals a major and perhaps even fatal blow to Pakistan's democratic aspirations. Bhutto's return from eight years of self-imposed exile a little more than two months ago had injected new energy and hope into the country's prodemocracy forces, who saw her as their best hope for transforming Pakistan's military-dominated political system into one that was more free and open and more dedicated to helping the mass of Pakistanis, who have yet to benefit from the country's impressive 6 percent economic growth rate.
パキスタンの民主化に致命傷
狙撃と自爆テロの襲撃による突然の死は、パキスタンの民主主義推進にとって多分致命傷でさえある。8年間の自発的亡命生活を終えて、わずか2カ月前に帰国したブット元首相は、この国の民主主義を標榜する人びとに新たな活力と希望を注入した。彼らにとってブット女史は、現行のパキスタンの軍事独裁の政治体制を、より自由で開放的な、そしてパキスタン民衆の貧困救済にもっと貢献できる政権に改造するための、最良の希望であった。なぜならパキスタンの一般大衆は、国家単位では毎年6%も上昇している経済成長の恩恵にいまだ与っていないからだ。
d0123476_18194532.jpg
ブットの葬儀が行なわれるラルカナ近郊のブット家の霊廟目指して一族郎党1台のトラクターで集まる村民

3. Champion of democracy and human rights
Despite her many political faults and weaknesses, she was a champion of democracy and human rights and an advocate of dealing harshly with the country's armed and determined Islamic militants. These radicals are believed to be the ones most likely to have killed her.
民主主義と人権擁護の旗手?
翻訳中
d0123476_18223162.jpg
暗殺の翌朝、ブットの柩の到着を高みの見物で待つパキスタン市民 当日の人出は全国で数十万人と言われる

4. Candor to bridge the sectarian politics
Not only did many Pakistanis see her as a symbol of hope for a more just and democratic society, the West too, led by the United States and Britain, saw her as someone who could work with the unpopular Musharraf to increase political stability and rally opposition to Pakistan's radical Islamists—especially the Al Qaeda supporters who have carved out a safe haven in the country's lawless tribal areas along the western frontier with Afghanistan.
分裂したパキスタン政局を統一する要
翻訳中
d0123476_18264097.jpg
ムシャラフの独裁にピリオドを打つ中道派としてパキスタン統一の希望を託されていたブットの死を嘆く市民

5. West lobbied to Musharraf to welcome her
Washington and London supported her bid to return from exile, lobbying hard with Musharraf over the past year to get him to allow her to return without her having to face the slew of corruption charges that had been filed against her. Bhutto always claimed that those allegations of corruption, which happened during her two terms as prime minister during the late 1980s and mid-1990s, were politically motivated and that she was innocent.
ムシャラフにブットとの共闘を説得した米英
翻訳中
d0123476_1830657.jpg
暗殺以前の12月18日に地方都市ミルプルカスの遊説に集まった市民 ブットの行く先々どこもおびただしい人出

6. Bhutto-Musharraf power-sharing pact
For the White House and Downing Street, a Bhutto-Musharraf power-sharing arrangement made a dream team. The West envisioned Musharraf as president, continuing to lead the fight against extremism, and Bhutto as prime minister, giving a more popular mandate to the Bush administration's war on terror and added impetus to the anti-jihad campaign.
民主化路線の期待を担ったブット
翻訳中
d0123476_18325715.jpg
米国はある時点からムシャラフに見切りをつけブットに肩入れし出したように見受けられる/左はシュワルツネッガー州知事選出の立役者だった共和党の中堅、カリフォルニア州選出ドライヤー上院議員/暗殺当日ラワルピンジへ向かう直前に、ブット女史はアフガニスタンのカルザイ首相とイスラマバードで会談している。現行大統領ムシャラフはカルザイとはそりが合わず、米国の期待に添えていなかった。上の会談いずれのケースもブッシュ政権の特にライス国務長官の支援体制が裏にあり、米国に忠実なカルザイ=アフガニスタンと協調路線を歩む予定の線上で、ブット元首相が米国推進の「アフガン・パキスタン民主化共闘路線」の主導権を握る鍵となるはずだったことは明らかである。

7. Outspoken opponent of Islamic extremists
Bhutto indeed was an outspoken opponent of Islamic extremists. Just before and after her return from exile, she publicly vowed to fight radical Islamists in a more systematic way than Musharraf. She said she could rally more popular support for a battle that many Pakistanis see as a U.S.-led crusade against Islam in which Pakistanis should not be involved.
イスラム原理主義者の宿敵だったブット
翻訳中

【米国時間 2007年12月30日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_184810100.jpg
ブット元首相の側近秘書で、暗殺の重要な目撃者でもあるパキスタン人民党のシェリー・レーマン/ベルリンでの追悼集会/ブットと政党こそ違え打倒ムシャラフ独裁政権を標榜し学生層の絶大な支持を受ける元クリケットのスーパースターで現国会議員のイムラン・カーン ブットの訃報翌日にインドのムンバイで政府以外の暗殺独自捜査を主張

»» 次号「第5章 真犯人は誰? 陰謀と暗殺の迷宮」へd0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6869901
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6869901

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6〜7位!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「パキスタン・陰謀と暗殺の歴史」
d0123476_10413398.jpg12/27 米流時評「ブットの暗殺 序章・テロ戦争と核と米国政治」
12/27 第1章「パキスタンの悲劇 ・ブット暗殺の衝撃」
12/28 第2章「ブットの葬列・慟哭と暴動の奔流」
12/29 第3章「ブットの遺言・息子ビラワルが党首後継」
12/30 第4章「パキスタン・陰謀と暗殺の迷宮」


»» 米流時評 特集「パキスタン・戒厳令の季節」
11/03 米流時評「パキスタン戒厳令の季節・序章」
11/04 戒厳令と米国 前編「民主化十字軍ブッシュのジレンマ」
11/05 戒厳令と米国・後編「テロ戦争と民主化の皮肉な運命」
11/06 ジョー・バイデンの諌言「ムシャラフを切れ」
11/09 ムシャラフの朝令暮改「ブットを自宅拘束後解放」
11/10 ムシャラフの大弾圧「パキスタン国民から猛反撥」
11/10 ブットの警告「パキスタンは爆発寸前の危機」
11/11 ブットの挑戦「国民総決起デモで対立決戦」
11/12 ブットのラホーレ入城「またもや7日間の自宅拘束」
11/16 米流時評「パキスタンの11月革命」民主化への潮目が見えた!
11/18 パキスタン大詰め「ネグロポンテ・ムシャラフ会談」
11/19 第1章「パキスタンのダークスーツ革命」司法の独立を守る弁護士たち
11/20 第2章「ホワイトスカーフ革命」民主主義を守るブット支援の女性たち(未掲載)d0123476_1746245.jpg
11/21 第3章「アイボリータワー革命」弾圧に抗議するカーン支援の学生たち(未掲載)
11/22 英雄伝説 前編「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」
11/23 英雄伝説 後編「パキスタンの明日に賭けるイムラン・カーン」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-30 18:07 | パキスタン戒厳令の季節

ブットの遺言「19才の息子ビラワルを党首後継者に」

f0127501_128435.gif
  ||| ブットの遺言で大学生の息子が党首後継者に |||
d0123476_12381581.jpg

ブットの遺言:大学生の息子ビラワルをパキスタン人民党の党首に指名
ブットの父ズフィカール、ベナジル・ブットから三代目のPPP党首世襲


07年12月29日 | マイケル・ハーシュ/ニューズウィーク | 『米流時評』ysbee 訳
前号「第1章 パキスタンの悲劇 ・ブット暗殺の衝撃」からの続き
木曜ラワルピンジで遊説中に暗殺されたパキスタンの元首相ベナジル・ブットは、彼女のあとを継ぐPPPパキスタン人民党の党首後継者として、遺言で19才の息子ビラワルを指名していたことが明らかになった。また遺言状では、ビラワルが法的に後継者として認可される時期まで、彼女の夫アシフ・アリ・ザルダリ氏が一種の後見人として法的権限を果たすことを期待する旨が書かれていた模様である。この事実は、米国時間で29日土曜の段階で、ブット女史本人の遺言状を読んだ家族と親しい友人から、ニューズウィークへ伝えられたものである。
d0123476_9584781.jpg
トップの写真は、朝もまだ明けやらぬうちからブット元首相の柩が到着するのを待って集まった数万人の地元民たち
後方に見えるタジマハールを平たくしたようなモスクは「ブット家の」霊廟 地方豪族であった家系の権威が伺える

A Family Affair?
By Michael Hirch | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
DECEMBER 29, 2007 — Benazir Bhutto, the slain former Pakistani prime minister, names her 19-year-old son Bilawal as her successor and the new leader of the Pakistan Peoples Party in her will, and her husband Asif Ali Zardari is expected to act as a kind of regent to him until he comes of age, a close family friend who has read the will told NEWSWEEK on Saturday.

__________________________________________________________________
DECEMBER 29, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  w w w . N E W S W E E K . c o m

ブットの遺言・19才の息子ビラワルを PPP党首後継者に指名
米国時間 2007年12月29日 | マイケル・ハーシュ/ニューズウィーク | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_9592832.jpg
1. Will chose her son, Oxford student
Neither Bilawal nor Zardari, however, is expected to be named as the prime ministerial candidate of the PPP, the friend said, speaking on condition of anonymity because of the sensitivity of the matter. That honor will go to a senior official, although it is not believed to be Amin Fahim, the vice chairman of the party who served as interim leader during Bhutto's eight-year exile.
遺言で19才大学生の息子を後継者指名
しかしながら、ベナジル・ブットの息子ビラワルも夫のザルダリも、PPPパキスタン人民党から首相候補として指名されることは期待されていないと、その家族の友人は、微妙な問題なだけに匿名という条件で語った。首相候補の栄誉を授かるのは党の最高幹部となる模様である。もっともその人物は、8年間のブットの亡命期間中に代行党首の役割を務めた、アミン・ファヒム党副会長ではない模様である。
d0123476_14311999.jpg
ブット元首相の葬儀に参列した夫のアシフ・アリ・ザルダリと、19才でオックスフォード大学生の息子ビラワル

2. PPP's rank filed by family affairs

Bilawal, who enrolled as a student at Oxford University only this year, is scheduled to read the will himself at a party gathering on Sunday. There is little doubt that he will be accepted by the party rank and file; the PPP has been an all-family affair in Pakistan's dynastic politics since Benazir Bhutto's father, Zulfikar Ali Bhutto, founded it 40 years ago.
党創設以来、世襲で継承の党首
今年オックスフォード大学に入学したばかりのビラワルは、30日日曜に開かれる党大会で、彼自身がブット元首相の遺言を読み上げる予定である。彼が党の役員として承認され登記されるだろうことには疑いの余地もない。なぜなら、パキスタン人民党は、ベナジル・ブット女史の父親であるズルフィカール・アリ・ブット氏が40年前に創設して以来、パキスタンにおける世襲政治(dynastic politics)の舞台で、家系のように代々継承されてきた政党だからである。
d0123476_102869.jpg
1972年当時のパキスタン大統領ズフィカール・ブット氏を訪問したインドのインディラ・ガンジー夫人 娘のベナジル(右から二人目)も同席したレセプション ガンジー家も親子2代で暗殺に会っている 運命的な因縁のある写真

3. Bhutto titled as 'chairperson for life'

Bhutto had given herself the title of "chairperson for life" and her only previous public signal as to who she wanted her political heir to be occurred when she sent Bilawal to register to vote for the first time earlier this year.
ブットの役職名は「終身党首」
ブットは自分自身を「chairman for life=終身党首」と呼んできた。したがって存命中に道をゆずる気はなかったと思えるが、今年早々になって初めて息子のベナジルを、投票権登録のためにわざわざ英国からパキスタンへ行かせた時点で察せられた程度で、それが「万一政治的継承者として望むのであれば息子だろう」という唯一公けにされたヒントだった。
d0123476_1061528.jpg
1月早々の選挙に備えてPPP党首としてパキスタン全土を遊説中だったブット元首相 12/16カラチ空港で

4. Zardari, a tangle of corruption

Even so, given Bilawal's youth, the role of her husband will no doubt be controversial within the party and in the politics of the country. Zardari is a former playboy and polo star who was labeled "Mr. 10 Percent" in the Pakistani press because of the commissions and kickbacks he allegedly demanded from contractors doing business with the Pakistani government. He is widely blamed for the tangle of corruption that strangled and cut short Bhutto's two terms in office.
政治腐敗の元凶、夫ザルダリ氏が後見
しかし彼女がたとえそう意図したとしても、当年19才というビラワルの若さをもってしては、いかんせん彼女の夫でありビラワルの父親である人物が後見人を務めることは、パキスタンの危機とも言える政局にあって、党内部で論争がおきるのは疑うべくもない。夫のザルダリ氏はかつてはプレイボーイとして鳴らしたポロ競技のスター選手であった。彼はパキスタンのマスコミでは「ミスター10パーセント」で通っている。その理由は、ベナジルが首相だった時代に政府発注事業の受注業者に対して、受注金額の一律10%をコミッションや賄賂として要求していたからである。彼はブットの2期にわたる首相在任期間中は政治腐敗の元凶として糾弾され、ブット元首相の政治的寿命を2度とも縮めた人物としてパキスタン国民には広く知られている。
d0123476_1084073.jpg
ブット家の巨大な霊廟で営まれた29日の葬儀に参列し ブット女史の埋葬された墓所に惜別の花弁をまく夫と息子

5. Will prepared for predicted assassination

It is not known when Bhutto made the will, but the 54-year-old PPP leader had long made preparations for her possible assassination before returning to Pakistan last October. She even wrote the current president, Pervez Musharraf, a letter asking him to investigate certain individuals in his government if she were killed. Bhutto narrowly escaped one assassination attempt on the night of her Oct. 18 return, but she was killed Thursday in a second attempt.
予期された暗殺に備えた遺言
今回発表されたブット女史の遺言がいつ書かれたのかはさだかでないが、享年54才だったパキスタン人民党の党首は、今秋10月に8年ぶりにパキスタンへ帰国するよりもずっと以前に、暗殺の予測される事態に備えてずいぶん前から用意していたにちがいないと思われる。彼女は、現政権のペルヴェズ・ムシャラフ大統領に宛ててさえ手紙を書いていた。その手紙は「もし自分が殺された場合には、閣僚内のある特定の人物を捜査対象にしてほしい」と依頼する内容だったと言う。
d0123476_1012392.jpg
ニューヨーク市ブルックリン地区 イスラム教徒のコミュニティでも急遽執り行われたvigil=死者追悼の献灯式

6. Complication factors for the election

The anointment of Bhutto's son will complicate the issue of whether scheduled Jan. 8 elections can go forward. Her chief secular rival, former Prime Minister Nawaz Sharif, announced shortly after Bhutto was killed that he would boycott the vote, and it is not known whether the PPP's new prime ministerial candidate will be able to win anything like the votes that Bhutto was expected to garner.
波乱含みの選挙情勢
遺言によるブットの息子の党首指名は、1月8日に予定されている選挙が実行可能だろうかという問題を、さらに面倒なものにする課題である。選挙戦での彼女の対抗馬であるナワズ・シャリフ元首相は、ブット暗殺の報を受けてから間もなく、彼の党では投票をボイコットすると発表した。さらにパキスタン人民党の新しい首相候補者が、ブット女史が獲得したであろうような投票数で勝利を勝ち取ることができるかどうかは、皆目わからないというのが現状である。 [了]

【米国時間 2007年12月29日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1015664.jpg
世界各地での追悼イベント 左から「Addio Benazir」と大書されたローマの追悼式/ブット家の霊廟へ弔問の共闘していた別の反対派政党党首ナワズ・シャリフ氏/アーメダバードの書店でもブット女史の自伝を目立つ位置へ移動

»» 次号「第4章 真犯人は誰? 陰謀と暗殺の迷宮」へd0123476_1023580.jpg


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6852432
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6852432

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6位!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「パキスタン・陰謀と暗殺の歴史」
d0123476_10413398.jpg12/27 米流時評「ブットの暗殺 序章・テロ戦争と核と米国政治」
12/27 第1章「パキスタンの悲劇 ・ブット暗殺の衝撃」
12/28 第2章「ブットの葬列・慟哭と暴動の奔流」
12/29 第3章「ブットの遺言・息子ビラワルが党首後継」
12/30 第4章「パキスタン・陰謀と暗殺の迷宮」


»» 米流時評 特集「パキスタン・戒厳令の季節」
11/03 米流時評「パキスタン戒厳令の季節・序章」
11/04 戒厳令と米国 前編「民主化十字軍ブッシュのジレンマ」
11/05 戒厳令と米国・後編「テロ戦争と民主化の皮肉な運命」
11/06 ジョー・バイデンの諌言「ムシャラフを切れ」
11/09 ムシャラフの朝令暮改「ブットを自宅拘束後解放」
11/10 ムシャラフの大弾圧「パキスタン国民から猛反撥」
11/10 ブットの警告「パキスタンは爆発寸前の危機」
11/11 ブットの挑戦「国民総決起デモで対立決戦」
11/12 ブットのラホーレ入城「またもや7日間の自宅拘束」
11/16 米流時評「パキスタンの11月革命」民主化への潮目が見えた!
11/18 パキスタン大詰め「ネグロポンテ・ムシャラフ会談」
11/19 第1章「パキスタンのダークスーツ革命」司法の独立を守る弁護士たち
11/20 第2章「ホワイトスカーフ革命」民主主義を守るブット支援の女性たち(未掲載)d0123476_1746245.jpg
11/21 第3章「アイボリータワー革命」弾圧に抗議するカーン支援の学生たち(未掲載)
11/22 英雄伝説 前編「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」
11/23 英雄伝説 後編「パキスタンの明日に賭けるイムラン・カーン」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-29 10:32 | パキスタン戒厳令の季節

パキスタン現地悲報「ブット暗殺の衝撃」

f0127501_128435.gif
    ||| ベナジル・ブット暗殺の衝撃 |||
d0123476_1373810.jpg

パキスタン人が現地で伝える「ベナジル・ブット暗殺」の悲報と衝撃
父親は処刑、弟は謎の事故死と毒殺、悲劇のブット家最後のヒロイン


2007年12月27日 | アディル・ナジャム/Pakistaniat.com | 『米流時評』ysbee 訳
前号「序章 ブットの暗殺/テロ戦争と核と米国政治」からの続き

パキスタン・イスラマバード発 |たった今、PPPパキスタン人民党党首のベナジル・ブット元首相が、ラワルピンジでテロリストの襲撃により殺されたという臨時ニュースが入った。彼女は暗殺者の凶弾に倒れ、その直後に犯人は自爆して死んだと言う。
d0123476_1395450.jpg
Benazir Bhutto Assassinated
By Adil Najam — Pakistaniat.com | Translation by ysbee
December 27, 2007 — News is just breaking that former Prime Minister and head of the Pakistan People’s Party, Benazir Bhutto was killed in Rawalpindi in a terrorist attack. She was gunned down by an assasin who then blew himself up in a suicide attack.

__________________________________________________________________
DECEMBER 27, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  w w w . p a k i s t a n i a t . c o m

パキスタン人が現地から伝える「ベナジル・ブット暗殺」の衝撃
現地時間 2007年12月27日午後7時 | アディル・ナジャム/Pakistaniat.com | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_13251497.jpg

1. 'Destination assassinated'd0123476_1384570.jpg
This happened at the end of her rally in Liaquat Bagh, Rawalpindi; the same place where Liaqat Ali Khan, Pakistan’s first Prime Minister was assassinated. Major news networks are now reporting that following bomb blasts at Benazir Bhutto’s rally in Rawalpindi, shots were fired directly targeting her. Her husband, Asif Ali Zardari says that one of these shots hit her in the neck and killed her.
初代首相と同じ場所で暗殺
事件は、ラワルピンジのリアカット・バグで行なわれた彼女の選挙遊説の最後に起きた。この場所は、パキスタン最初の首相であるリアカット・アリ・カーンが暗殺された因縁の場所である。メジャーなニュースメディアは、現在ラワルピンジでのブットの選挙カー爆破直後と犯人に彼女が直接撃たれた映像を流している。彼女の夫であるアシフ・アリ・ザルダリ氏は、数発の銃弾のひとつが彼女の首に命中して殺されたと語っている。
d0123476_13184767.jpg
1月5日の投票日を前にパキスタン全土を遊説中だったブット ラワルピンジ暗殺直前の映像:CNNと現地のPTV

2. According to early BBC reports
"Pakistani former Prime Minister Benazir Bhutto has been killed in a presumed suicide attack, a military spokesman has announced on TV. Earlier reports said Ms Bhutto had only been injured and taken to hospital. Ms Bhutto had just addressed a pre-election rally in the town of Rawalpindi when the bomb went off. At least 15 other people are reported killed in the attack and several more were injured. Ms Bhutto had twice been the country’s prime minister. She was campaigning ahead of elections due in January."
BBCの臨時ニュース第一報
「バキスタンの元首相ベナジル・ブット氏は、自爆テロの襲撃と思われる原因で暗殺されたと、パキスタン政府軍広報官が国営テレビ放送を介して発表。当初の発表では、ブット女史は負傷した状態で病院へ運び込まれたと報告された。報告によると、ブット女史はラワルピンジの市街地で首相選挙予備選の集会で演説の最中に、爆発が起き、現場で巻き添えになった15人が死亡。ほかにも多くのブット支援の市民が負傷した模様。ブット女史は過去においてパキスタンの首相に2度選出されている。彼女は1月に予定されている選挙に先駆けて全国を遊説中であった。」
d0123476_1320141.jpg
自爆テロ爆破直後の現場写真 Getty Imagesのジョン・ムーアの凄まじい写真はここではとてもお見せできない

3. "At 6:16 p.m. she expired"
"The explosion occurred close to an entrance gate of the park in Rawalpindi where Ms Bhutto had been speaking. Benazir Bhutto had been addressing rallies in many parts of Pakistan. PPP spokesman Farhatullah Babar initially said that Ms Bhutto was safe. But later he told the BBC that Ms Bhutto had died. Another member of the PPP, Wasif Ali Khan, told the Associated Press news agency from the Rawalpindi General Hospital: “At 6:16 pm (1316 GMT) she expired.”
「死亡時刻午後6時16分」
BBCニュース第1報続き「爆発は、ブット女史が演説をしていたラワルピンジの公園への入口ゲート付近で起った。ベナジル・ブット氏はパキスタン国内の各地で選挙運動の遊説中であった。
彼女が党首を務めるPPPパキスタン人民党のスポークスマン、ファラチュラー・ババール氏は、当初ブット女史は大丈夫だと語っていた。しかしその後彼は前言を翻し、BBCの取材に対して「ブット女史は亡くなった」と答えた。同党の他のメンバー、ワシフ・アリ・カーン氏は、ブット女史が収容されたラワルピンジの病院から、AP通信の取材に応えてこう発表した。「午後6時16分に彼女は息を引きとりました。」
d0123476_13205593.jpg
狙撃、自爆と続いた暗殺テロ直後の現場の目撃者たち 「Disbelief=信じられない」という表情が全てを物語る

4. Pakistanis numb with shock and grief
I, like most Pakistanis, am still too numb with shock and grief to think coherently about what has happened or what the implications of this are for teh country and for the world. But this I know, whether you agreed with her political positions or not you cannot but be in shock. Even as I type these lines I am literally shaking. Hers was a tragic life story. So tragic that had it not been real no one would have believed it.
パキスタン国民を襲った衝撃
私(筆者アディル・ナジャム)は今、ほとんどのパキスタン人と同様、いったい何が起ったのか、この出来事がパキスタンにそして世界にとってどういう影響を及ぼすのかについて考えをまとめるにはあまりにも衝撃が大きく、悲しみに打ちのめされている。しかしこれだけは言えると思うのは、ブット女史の政治的立場に賛同しようとしまいと、誰もこのショックから無縁でいることは不可能だということである。今こうして文章をタイプしている最中でも、私の身体は文字通り驚愕で震えている。彼女の人生はまさに悲劇的な一生であった。あまりにも数多くの悲劇に彩られているので、誰も現実に起ったこととは思えないくらいだ。
d0123476_13224358.jpg
国民からは米国傀儡の「ブシャラフ」と嘲笑される独裁者 軍属を離れ戒厳令も解除したが またもや政治危機が

5. Endless questions
At this point all sorts of thoughts float through the politics of this. Why did this happen? Why was it not stopped? What could have been done to stop this senseless murder? Maybe she should not have come back? Who did this? What will this mean for the elections? What will this mean for the PPP? What will this mean for Gen. Musharraf? What will this mean for Pakistan? But all of these are paled by thoughts about Benazir as a person. The woman. The wife. The mother. The human being. What about her?
限りなく浮上する疑問
今の時点ではこの事件を政治的に分析できず、ありとあらゆる想念がとりとめもなく浮んでくる。……なぜこんなことが起きたのか? なんで止められなかったのか? この無意味な「殺人」を阻止する手段があったのではないか? もしかしたら彼女は帰国しなかった方がよかったのかも? 選挙はどうなるんだろう?(彼女が党首だった)PPPパキスタン人民党はどうなる? この事件はムシャラフにとってどんな意味があるのか? パキスタンにとっては?………
しかしこれらすべての疑問も、一個人としてのベナジルを振り返ったとき、みな色褪せる。ひとりの女であり、妻であり、母親であり、生身の人間だったブット。彼女の人生とはいったい何だったのだろうか?
d0123476_13215287.jpg
パキスタン民主化への希望を担っていたが享年54才で悼ましい死を遂げたベナジル・ブット元首相 中産階級から底辺の貧民層まで国民の幅広い支持を得ていた 彼女以上のカリスマを持つ政治家は現在のパキスタンには存在しない

6. Respect for her political courage
I have not always agreed with her politically but there was always a respect for her political courage. I had met her many times, first as a journalist covering her when she had just returned to Pakistan in the Zia era and before she became Prime Minister. Later a number of times in her two stints as Prime Minister and then a few times during her exile. In that last period she toll to referring to me as “Professor sahib” and some of our exchanges were more candid (at least on my part) than they had been earlier.
ブットの勇気に対する尊敬
私は政治的見地に立てば、ブット女史の意見にはいつ何どきでも賛同するとは限らないが、彼女の政治の舞台での「勇気」に対しては、常に尊敬を払わずにはいられない。過去に何度も直接お会いしているが、私が初めてジャーナリストとして彼女を取材したのはZia政権時代で、彼女が丁度パキスタンへ帰国し首相に選出される直前の頃だった。その後2度選出された首相在任期間中には何度も、その後の亡命期間中にも数回取材している。その最後の亡命時代には、彼女は会うたびに「サヒブ教授」を彷彿とさせた。取材の最中のやりとりも(あくまで私の受けとった限りだが)それ以前の首相時代よりも格段にストレートで率直な物言いになったように感じられたものである。
d0123476_13231977.jpg
7. Mother of all the tragedies
At a human level this is a tragedy like no other. Only a few days ago I was mentioning to someone that the single most tragic person in all of Pakistan — maybe all the world — is Nusrat Bhutto. Benazir’s mother. Think about it. Her husband, killed. One son alledgedly poisoned. Another son assasinated. Daughter rises to be Prime Minister twice, but jailed, exiled, and finally gunned down.
Today, in shock, I can think only of Benazir Bhutto the human being. Tomorrow, maybe, I will think of politics.

ベナジルの悲劇の母
人間的に受け止めれば、今回の事件ほど悲劇的なものはない。ほんの数日前、私はあるひとにこう言ったばかりだった。「全てのパキスタン人の中で、いえもしかしたら世界中で、もっとも悲劇的な人物をひとり挙げるとすれば、それはヌスラット・ブットだわ」彼女はベナジルの母親である。考えても見てください。彼女の夫は殺された。(政敵に投獄され絞首刑)息子のひとりは毒殺された疑いがある。もうひとりの息子は暗殺された。そして長女のベナジルも父の遺志を継いで政治家の道を歩み、2度も首相に選ばれた挙句に、投獄され、亡命して、最後には凶弾に倒れた。
今日こうしてショックのただ中にあっては、私はベナジル・ブットをひとりの人間としてしか考えられない。明日になったら、多分政治家として振り返るだろうけれども。 [了]

【米国時間 2007年12月27日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_13234658.jpg
家族旅行で、左から時計回りに母親ヌスラット、下の弟、父親ズルフィカール・アリ・ブット、ベナジル、妹、上の弟

»» 次号「第2章 暗殺で激変するパキスタンの政情」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6845901
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6845901

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!

d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6位!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「パキスタン・戒厳令の季節」
d0123476_1738525.jpg11/03 米流時評「パキスタン戒厳令の季節・序章」
11/04 戒厳令と米国 前編「民主化十字軍ブッシュのジレンマ」
11/05 戒厳令と米国・後編「テロ戦争と民主化の皮肉な運命」
11/06 ジョー・バイデンの諌言「ムシャラフを切れ」
11/09 ムシャラフの朝令暮改「ブットを自宅拘束後解放」
11/10 ムシャラフの大弾圧「パキスタン国民から猛反撥」
11/10 ブットの警告「パキスタンは爆発寸前の危機」
11/11 ブットの挑戦「国民総決起デモで対立決戦」
11/12 ブットのラホーレ入城「またもや7日間の自宅拘束」
11/16 米流時評「パキスタンの11月革命」民主化への潮目が見えた!
11/18 パキスタン大詰め「ネグロポンテ・ムシャラフ会談」
11/19 第1章「パキスタンのダークスーツ革命」司法の独立を守る弁護士たち
11/20 第2章「ホワイトスカーフ革命」民主主義を守るブット支援の女性たち(未掲載)d0123476_1746245.jpg
11/21 第3章「アイボリータワー革命」弾圧に抗議するカーン支援の学生たち(未掲載)
11/22 英雄伝説 前編「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」
11/23 英雄伝説 後編「パキスタンの明日に賭けるイムラン・カーン」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-28 08:30 | パキスタン戒厳令の季節

ブットの暗殺「テロ戦争と核と米国政治」

f0127501_128435.gif
  ||| 米流時評 ブットの暗殺と米国政治 |||
d0123476_1156134.jpg
元首相ベナジル・ブット、ラワルピンジでテロリストの凶弾に倒れる
予期された暗殺、予告された死へ生き抜いたパキスタン民主化の闘士


d0123476_18552829.gifとうとう予期していた凶事が起きてしまった。パキスタンの将来をになう鍵を握る人物と嘱望されていた元首相ベナジル・ブット女史が、ついに凶弾に倒れた。27日木曜パキスタンの軍都ラワルピンジで白昼堂々の暗殺テロである。


イスラム過激派の暗殺テロ?
イスラム過激派と見られる犯人は、選挙遊説中の車のサンルーフから上半身をのり出したブット女史を後方から拳銃で狙撃し、そのうちの2発が命中した直後に自爆して自ら命を絶った。詳細はこのあとの速報記事の翻訳で掲載するが、ムシャラフ政権と反対派の間隙を埋める中道派として広く国民の支持を集め、パキスタンの民主化の最後の頼みの綱だったブット女史の暗殺で、国民をわずかに平静の柵につなぎ止めていた鎖は断ち切られた。
d0123476_11564758.jpg
覇権のための暗殺
ムシャラフ政府の捜査当局は、事件直後からタリバン犯人説を公表したが、犯人説は幾通りも考えられる。ムシャラフの諜報説。反対派の同盟を結んだが実は首相職をめぐってライバルのナジャフ・シャリフの刺客説。あるいは、ムシャラフ傀儡政権の存続を願うブッシュ政権のスパイ説。ブット自ら死を覚悟し「もし私が死んだら、それはムシャラフ政権内のある人物のせい....」と各国要人・メディアにメールを送っていたブット。ここまで公然とマークされている人間が、果たして筋書き通りの暗殺劇を実行するだろうか? いや、権力にしがみつこうとする者は手段を選ばずに「やる」だろう。
d0123476_11571438.jpg
ムシャラフ政権への人民蜂起
パキスタンは現在何が起っても不思議ではない。11月の戒厳令と大弾圧以来、政治と軍事と治安の三鼎が一挙にバランスを失って危うい回転を続ける難局に対面している。今回の暗殺事件に際したムシャラフ政権のコメントでは、事件はイスラム過激派によるテロであるから、まるで政府には責任がないかのような言い草である。ブットの率いるPPPパキスタン人民党が治安当局に再三要請していたセキュリティが履行されなかったことで、国民はムシャラフ政権に怒りをぶつけ、パキスタンの各地で反乱が起きている。警察や軍隊の警備兵に対して歯向かう、いわば人民蜂起である。
一夜明けると、インド・カシミール地方のイスラム圏にまで飛び火している。ただごとではない。
d0123476_11574093.jpg
ブッシュ政権パキスタン戦略の失敗
しかし、イスラム過激派とのテロ戦争の地元の同志として、パキスタンに大いに肩入れし、アフガン侵攻以降毎年、7年間で100億ドル(1兆1400億円)という膨大な軍事援助費をあてがってきたブッシュ政権にとって、イスラム過激派テロによるパキスタンの社会不安は、米軍事外交政策の失敗の証明以外の何者でもない。現在の米国のすべての問題の根源、9/11以降のテロ戦争のネオコン的展開に、ほとんどの国民からそっぽを向かれている現政権。未だにオサマ・ビンラディンひとり捕まえられない無様な結果に、米国民は業を煮やしている。しかも、アフガニスタン、パキスタンともに、国境のパシュトゥン族の部族自治区一帯は、昨年来アルカイダとタリバン勢力が覇権を復活し、ムジャヒディーンが跳梁跋扈する「タリバニスタン/ジハディスタン」の無法地帯に舞い戻ってしまった。
d0123476_11581028.jpg
'08年大統領選への微妙な影響
今回の暗殺事件で、これまでパキスタンに投下してきたテロ戦争援助費用は何だったのか、という米国議会での追求も年明けにあるだろう。新年早々の1月3日にアイオワで火ぶたを切る大統領選挙の予備選にも、大きな影響を及ぼすものと予測される。ブッシュ政権を支持する候補者にはさらなる痛手である。反対に、当初から「テロ戦争とは石油利権のための『ブッシュの戦争』である」と主張し続けてきた民主党のバラク・オバマ、共和党のロン・ポールなどにとっては、「それ見たことか」の追い風である。選挙事務所職員の不祥事が続いて下落気味だったヒラリー・クリントンは、夫君が大統領時代にパキスタンの首相だったブット女史との親交を持ち出して、お門違いの点数稼ぎに走っている。共和党で苦戦におちいっているジュリアーニ候補は、9/11当時ニューヨーク市長として活躍した実績を盾に、ここぞとばかり「テロ対策なら私が」と売り込みに忙しい。
d0123476_11583729.jpg
選挙戦にも「ブット・イフェクト」
割りを喰ったのは、彗星のごとく現れ、柔和な中道派として人気が急上昇していた共和党のマイク・ハッカビー候補。コメントの中で図らずも「12月15日にパキスタンの戒厳令が解除になった事実」を知らなかったことを暴露してしまった。米国の全メディア一面トップで大々的に報道された朗報だったが、彼もブッシュ同様に新聞・テレビはいっさい見ないタイプなのだろうか。1度ならご愛嬌で済むが、つい先々週も新しい「NIE」に関してどう思うかという記者の質問に対して答えられず、「What is NIE?」と聞き返すお粗末。これではアーカンソー州知事としては勤まっても、新冷戦時代の軍事外交は任せられない、と傾倒していた有権者が引き潮のごとく去っていったようだ。
d0123476_20221528.jpg
核のテロリズムの悪夢
しかし一番怖い事態は、パキスタンの社会混乱が深刻化して動乱状態に陥れば、治安の手が回らなくなり「核の施設」が過激派の格好の襲撃対象になることである。何が怖いと言って、核兵器=原爆がテロリストの手中に陥る悪夢の現実化ほど恐ろしい脅威はない。それ以上の推測は背筋が寒くなる。映画『Sum of All Fears』のプロットをなぞるような結果を招くだろう。
米国では、早くも米軍の治安出動の議論も出ている。(民主党ビル・リチャードソン候補提案)治安取締の対象が「核」であるだけに、極めて慎重かつ火急の対処が必要だろう。そうした場合に米国一国だけで動けば、イラクの二の舞である。EU、NATOとも緊急会議を開く必要性に迫られる。ことはパキスタン国内のドメスティック処理で済まない深刻な問題であることは、対象が核兵器であるだけに容易に察せられるからだ。
d0123476_2023115.jpg
テロ戦争のグローバル化
核の汚染に国境はない。もしも核施設がテロリストの簒奪あるいは襲撃の対象になれば、極めて近い将来NATO連合軍や国連軍の出兵も見込まれるかも知れない。日本もテロ戦争に関しては「他山の石、外つ国の争乱」と腕組みして傍観している場合ではない。パキスタンの治安が日本の社会情勢を左右する時代に、とうの昔になっている。それは9/11のあった2001年からかもしれないし、その前年ブッシュが大統領に当選した冬からかもしれない。情報のグローバル化が社会の表層に見えない皮膜を張る以前から、グローバルウォーへの歴史の傾斜はすでに始まっていたのである。

ともかくまず最初に、パキスタンからの暗殺事件の一部始終を伝えるAP通信の速報を、その次には、第一報から3時間あまりで力のこもった論評をNewsweekのサイトに掲出したマイケル・ハーシュの特別寄稿の評論記事を、数回に分けて紹介していきます。
【米国時間 2007年12月27日『米流時評』ysbee 記】

*トップの写真は1967年彼女の父親がムシャラフの前政権によって投獄処刑された時点でのベナジル・ブット/
以下掲出の写真は米国メディア各社の第一報を伝えるサイトのトップページ:一番上から時事週刊誌Newsweek MSNBC、CNNニュース、ワシントン・ポスト紙、ニューヨークタイムズ紙、ABCニュース、英国のBBCニュース
/右下の写真はワシントンのパキスタン大使館にしつらえられたブット女史へのcondolence=弔問記帳テーブル


»» 次号「速報 パキスタン元首相ベナジル・ブットの暗殺」へ

【ブット関連ビデオアーカイブ/Newsweek】
d0123476_8565722.jpg
2007/12/27 暗殺事件当日のビデオ

Raw Video: Bhutto Dies in Blast/爆破直後の臨時ニュース
Pakistan: Bhutto Assassinated/ニュース速報:ブット暗殺
Karzai: Bhutto 'Sacrificed Her Life'/カルザイ大統領の声明
State Department on Bhutto Killing/米国国務省からの声明
Bush Reacts to Bhutto Killing/ブッシュからの弔問声明
Pakistanis in New York Speak Out/在米パキスタン人の反応

2007/10/18 ブット帰国パレードでの自爆テロ関連
11/13/07 Archive: More Curbs on Bhutto/ブットの選挙活動
10/19/07 Archive: Bhutto Condemns Attack/テロ撲滅宣言
10/18/07 Archive: Explosions Rock Pakistan/自爆テロ現場
10/18/07 Archive: Bhutto Back in Pakistan/ブットの帰国


d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6831035
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6831035

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさんのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで4位。挽回せねば!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「パキスタン・戒厳令の季節」
d0123476_1738525.jpg11/03 米流時評「パキスタン戒厳令の季節・序章」
11/04 戒厳令と米国 前編「民主化十字軍ブッシュのジレンマ」
11/05 戒厳令と米国・後編「テロ戦争と民主化の皮肉な運命」
11/06 ジョー・バイデンの諌言「ムシャラフを切れ」
11/09 ムシャラフの朝令暮改「ブットを自宅拘束後解放」
11/10 ムシャラフの大弾圧「パキスタン国民から猛反撥」
11/10 ブットの警告「パキスタンは爆発寸前の危機」
11/11 ブットの挑戦「国民総決起デモで対立決戦」
11/12 ブットのラホーレ入城「またもや7日間の自宅拘束」
11/16 米流時評「パキスタンの11月革命」民主化への潮目が見えた!
11/18 パキスタン大詰め「ネグロポンテ・ムシャラフ会談」
11/19 第1章「パキスタンのダークスーツ革命」司法の独立を守る弁護士たち
11/20 第2章「ホワイトスカーフ革命」民主主義を守るブット支援の女性たち(未掲載)d0123476_1746245.jpg
11/21 第3章「アイボリータワー革命」弾圧に抗議するカーン支援の学生たち(未掲載)
11/22 英雄伝説 Part-1「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」
11/23 英雄伝説 Part-2「パキスタンの明日に賭けるイムラン・カーン」


»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-27 11:56 | パキスタン戒厳令の季節

ある雑誌馬鹿の告白・年末の本棚

f0127501_128435.gif
  ||| ある雑誌馬鹿の告白・年末の本棚 |||
d0123476_19582415.jpg

モータルな世界にはまったクリスマス、たった2日でランクどっぺり

d0123476_18552829.gif轟沈で2日空けましたら、ランキングもずるっと滑り落ちました。さぁ今日から以前のペース復活です。クリスマスの自分用のギフトは、数カ月前からそろそろと必要に迫られていた本棚だったのです。色気がないこと甚だしいんですが、何しろ昔から名にしおう「雑誌バカ」なもので、毎月の購読誌がおよそ40冊前後。そんな訳で2年に1回は書棚を買い足さないと追いつかない。

d0123476_19592085.jpg旧い号から順繰りに捨ててはいるんですが、仕事柄「あの年のあの号にあの記事が載っていたっけ」という後追い作業がけっこうあるので、過去3年分はセーブです。(言い訳が長い!とっとと捨てる)
そこでイブイブの日に買ったのはいいのですが、今どきのカジュアルな家具は、こちらではすべてノックダウンのDo It Yourself。イブとクリスマスは全然落ち着かなかったので、本日タクを送り出したあとに、さてと取りかかりました。

ところが、ひとりで組み立てるというのは非常に手間ひまがかかるもんですね。何しろ「そこをおさえてて」と頼めないので、椅子の座に片方を乗せてバランスをとったり、四苦八苦して仕上げました。
どでぼぢがれだ〜d0123476_200366.jpg
でも、書棚からはみだしていた本も納まってすっきり。ついでに不要な雑誌もどどーんと捨ててすっきり。やっと一段落したので、さぁ今日から本格的にプーチン路線に復帰です。

幸い連載を中断するような大事件もまだ起ってないので、(中事件はクリスマス前後に多々)今のうちに翻訳をすすめておかないといけません。なにしろ年明け早々は、08年大統領選挙の予備選が3日にアイオワから皮切りになるので、年内にロシア情勢にひと区切りつけて、年明けに心も新たに2008年の展望をという予定です。
では本編で連載中の『プーチン独占インタビュー』の続きを、この次の記事からどうぞ。

【米国時間 12月26日『米流時評』ysbee 記】
*追記:この記事を書いた直後に、パキスタンでブット女史が暗殺されたので、次の記事から急遽パキスタン特集です。プーチンの連載はその合間をみて掲出いたしますので、ご了承ください。

*トップの写真はイタリーDiadre社のショールームのブックケース。下の2点はインテリアのイメージ写真から。
現実はとてもこの半分までもいきません。本が多過ぎて飾るスペースがないのが悲しい。


»» 次号 ブットの暗殺 序章「テロ戦争と核と米国政治」へ


d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6826554
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6826554

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベスト10内。挽回せねば!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-26 20:14 | ニュースで一服

きわめて個人的なクリスマスのメッセージ

f0127501_128435.gif
d0123476_8534630.jpg

d0123476_854268.jpg


     日本のみなさま、Merry Christmas!

d0123476_18552829.gif米国のクリスマスは日本の正月休みのような塩梅で、街はどこも全店クローズ。
アメリカ人は家族とのホリデイを、クリスマスの特別番組を見ながら過ごします。
今年のクリスマスはきわめて俗っぽく、22日は連休気分で『National Treasure』をシネプレックスで観て、昨日は食料品の買い込み。夜はBrian SetzerのフルバンドのレトロなRock'nRollの特番を観て過ごしました。CNNの特番もおすすめです。

Brian Setzerは、今どき初期のロックンロールをご丁寧にブラスのフルバンドつきで演っている、知る人ぞ知るレトロファン垂涎のロックバンドです。’50s〜’60sの初期の「クラシックロック」がお好きな方なら、きっと気に入ると思いますよ。ロカビリーが「不良の音楽」と言われた昭和中期の雰囲気がよく出てます。You-Tubeに何本も上がってますが、東京でのコンサートのライブビデオがかなり入ってまして、それを見る限りでは日本人の熱狂度もかなりです。米人より熱いかも。
ではまたこれからまた市内2・3カ所を回ってきます。
今晩もプーチンの連載をアップする予定ですので、どうぞよろしく!(沈没しなければですが....)

*おまけ* "Brian Setzer Orchestra" on You-Tube

【使用上の注意:団塊度高し】

d0123476_18291743.jpg
名物のクリスマスロックコンサート Brian Setzer "Jump Jive 'n Weil"- Live!
エレキギターファンへ Brian Setzer "Rock This Town"- Live!
レトロムードファンへ Brian Setzer "In The Mood" - Live!

【米国時間 2007年12月24日『米流時評』ysbee 記】
»» 次号「ザ・プーチン第3章 ポストモダンのロシアン・ルネッサンス」へ

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6808661
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6808661

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。
クリスマスでもランキングを貼るところがわれながらいやらしいな、と思うのですが
ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベスト10内。あと2票で7位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


»» イラン問題緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」d0123476_1023580.jpg
時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「嘘から出た真実 さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-24 09:20 | ニュースで一服

第2章 民衆に選ばれた皇帝プーチン

f0127501_128435.gif
  ||| 民衆に選ばれし皇帝プーチン |||
d0123476_15442934.jpg
タイム誌「今年の人」プーチン独占インタビュー完訳連載・第2回

エイディ・イグナチウス | TIME誌/モスクワ支局 |『米流時評』ysbee 訳
前号「ザ・プーチン第1章 ツァーリ・プーチンの居城へ」からの続き

プーチンは、世界におけるロシアの役割というものをはっきりと認識している。ソビエト連邦の崩壊は大いなる悲劇であり、特に連邦制度が崩壊するやいなや、2500万人のロシア人同胞が一晩で「外国」に化した旧連邦諸国に封じ込められた事態を、無惨な歴史的事実として受け止めている。しかしだからといって、U.S.S.R.の旧ソビエト連邦を再建しようとか、軍事的政治的冷戦ブロックを再構築しようなどという大それた魂胆はないと言う。
d0123476_15453981.jpg
Vol. 2 – The Elected Czar Putin
Exclusive Interview by Adi Ignatius/TIME Magazine | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — He is clear about Russia's role in the world. He is passionate in his belief that the dissolution of the Soviet Union was a tragedy, particularly since overnight it stranded 25 million ethnic Russians in "foreign" lands. But he says he has no intention of trying to rebuild the U.S.S.R. or re-establish military or political blocs.

__________________________________________________________________
DECEMBER 23, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  w w w . T I M E . c o m

ザ・プーチン第2章 「民衆に選ばれし皇帝プーチン」
TIME誌独占インタビュー連載第2回 | エイディ・イグナチウス/モスクワ支局 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_15462699.jpg

9. Admiration for Yeltsin and Gorbachev
And he praises his predecessors Yeltsin and Mikhail Gorbachev for destroying a system that had lost the people's support. "I'm not sure I could have had the guts to do that myself," he tells us. Putin is, above all, a pragmatist, and has cobbled together a system—not unlike China's—that embraces the free market (albeit with a heavy dose of corruption) but relies on a strong state hand to keep order.
エリツィンとゴルバチョフを賞賛
プーチンは彼に先鞭をつけた先代エリツィンとその前のミハイル・ゴルバチョフの両大統領に対して、社会制度を破壊して人民の支持を失ったにもかかわらず大いに賞賛する。「もし私が彼らの立場だったら、あんなことをできるだけのガッツを持てるかどうか確信がない」と本音をもらす。この言からも伺えるとおり、プーチンはあらゆる点で「実践主義者」なのである。だからこそ中国のように混沌に陥らず、(官僚機構の政治腐敗は重症ではあるが)自由市場経済を享受しながらも国家の強力な規制に保たれて、崩壊寸前だった社会体制をつなぎ合わせてこれたのだ。
d0123476_1547014.jpg
10. Threats of terrorism by any 'Radicals'
Asked if he'd like to correct any American misconceptions about Russia, Putin leans forward and says, "I don't believe these are misconceptions. I think this is a purposeful attempt by some to create an image of Russia based on which one could influence our internal and foreign policies. This is the reason why everybody is made to believe...[Russians] are a little bit savage still or they just climbed down from the trees, you know, and probably need to have...the dirt washed out of their beards and hair." The veins on his forehead seem ready to pop.
いかなる思想の過激派もテロの脅威に
米国のジョージ・W・ブッシュ大統領と同様、プーチンもまたテロリズムをわれわれの新しい世紀の最大の脅威のひとつと見ているが、彼はイスラム教徒に「テロリスト」のレッテルを貼ることを危惧する。「テロリストは過激派だ」とプーチンは断言する。
「過激派という連中は、どんな(思想)環境でも見受けられる」プーチンはそう言って、最近になってロシアの諜報機関が、ロシアと米国の両方に対して脅威をもたらす「特別の」テロリストを発見したという話題を披露したが、その件に関してはブッシュ大統領にも電話を通じて知らせたそうである。
d0123476_15473398.jpg
11. Sees U.S. as 'command-freak'
What gets Putin agitated—and he was frequently agitated during our talk—is his perception that Americans are out to interfere in Russia's affairs. He says he wants Russia and America to be partners but feels the U.S. treats Russia like the uninvited guest at a party. "We want to be a friend of America," he says. "Sometimes we get the impression that America does not need friends" but only "auxiliary subjects to command."
「世界を指令下におきたい米国」
プーチンが声を大にして言いたかったことは(実を言えば会話の間中しきりにそうしていたのだが)「アメリカ人はロシアの問題に外部から干渉しようとしている」という彼独特の認識だった。プーチンいわく、ロシアと米国は世界の諸問題に対してパートナーでありたいとは思うが、彼が感じるところでは、米国はロシアをパーティーへの招かれざる客のように扱ったというのである。彼はずばりこう説明する。
「われわれはアメリカの友人でありたい。しかし時として、アメリカは友人などまるで必要とせず、むしろ命令の対象としてのお供がいれば、それでいいような印象を受ける。」
d0123476_1551305.jpg
12. Not misconceptions but purposeful disguise
Asked if he'd like to correct any American misconceptions about Russia, Putin leans forward and says, "I don't believe these are misconceptions. I think this is a purposeful attempt by some to create an image of Russia based on which one could influence our internal and foreign policies. This is the reason why everybody is made to believe...[Russians] are a little bit savage still or they just climbed down from the trees, you know, and probably need to have...the dirt washed out of their beards and hair." The veins on his forehead seem ready to pop.
捏造されたロシアのイメージ
そこで逆に取材の側から、ロシアに関するアメリカの誤解について何か正すべき点はあるかと訊ねると、プーチンは身を乗り出してこう言った。「私はそういった考えを誤解だとは思っていない。これはわが国の内政外交の政策方針に影響を与えうる基盤となるように、ロシアのイメージを勝手に創り上げようとした誰かによって、意図的に捏造された企みだと思う。だからそれが、外国の誰もが、ロシア人は未だに少々野蛮だとか、木から降りてきたばかり(の猿人)だとかいう誤ったイメージを信じ込まされている原因だ。よく聞くでしょう、ロシア人の髭や髪から土埃を洗い落とす必要があるとか....」前のめりの姿勢でこうまくしたてたときには、プーチンのこめかみの静脈は今にも破裂しそうにいきり立って見えた。
d0123476_1552267.jpg
13. 'Elected Emperor' by the people
Putin has said that next spring, at the end of his second term as President, he will assume the nominally lesser role of Prime Minister. In fact, having nominated his loyal former chief of staff (and current Deputy Prime Minister) Dmitri Medvedev to succeed him as President, Putin will surely remain the supreme leader, master of Russia's destiny, which will allow him to complete the job he started.
民衆から「選出された皇帝」
来春3月大統領として二期目の任期を終える時点で、プーチンは大統領よりは名義的に軽い役職の首相に納まることになっている。実際、彼の忠実な元側近のトップであり現在の第一副首相であるドミトリー・メドベージェフを、彼のあとを継ぐ次期大統領として指名した。さらにプーチンがロシアの将来の運命を握る首謀者となる最高権威の指導者として、今後も政界にとどまることは確実である。彼はクレムリンでスタートを切った職位に再び戻ることで、首相としての任務を完成することが可能になるだろう。
d0123476_15523537.jpg
14. Guided his nation's remarkable transformation
In his eight years as President, he has guided his nation through a remarkable transformation. He has restored stability and a sense of pride among citizens who, after years of Soviet stagnation, rode the heartbreaking roller coaster of raised and dashed expectations when Gorbachev and then Yeltsin were in charge.
ロシアの目覚ましい変貌を導いた旗手
大統領としての8年間の間に、プーチンは祖国に見違えるような変貌をもたらした。彼は、ロシアの社会体制にふたたび安定をもたらし、一般大衆にロシア人としての誇りと愛国心を呼び戻した。それ以前のゴルバチョフとエリツィンがとり仕切っていた時代は、自由化への期待と失望がローラーコースターのようにめまぐるしく駆け抜け、結果的に国全体が失意の底に落ち込んだソ連崩壊の時代だった。
d0123476_15531654.jpg
15. Workers' salaries doubled since 2003
A basket case in the 1990s, Russia's economy has grown an average of 7% a year for the past five years. The country has paid off a foreign debt that once neared $200 billion. Russia's rich have gotten richer, often obscenely so. But the poor are doing better too: workers' salaries have more than doubled since 2003.
4年間で倍増した労働者階級の所得
財政状態を振り返ると、90年代の低迷を逆転するかのように、この5年間ロシア経済は毎年平均7%の成長を続けた。かつては2千億ドル(約23兆円)近くあった外国からの負債額を、国庫から完済した。ロシア国内の金持ちは、しばしば不正行為を通してだが、以前にも増してさらに巨万の富を築き上げた。しかし、貧しい層もまたロシア経済復興の恩恵に与ったのは事実である。なにしろ労働者の平均収入は、2003年からたった4年の間に倍以上に上昇したのだから。
d0123476_15542674.jpg
ロシアへの移民労働者層も選挙ではプーチンの統一ロシア党を支持 この笑顔は買収して買えるものではない

15. Non-Arab Oil Republic

True, this is partly a result of oil at $90 a barrel, and oil is a commodity Russia has in large supply. But Putin has deftly managed the windfall and spread the wealth enough so that people feel hopeful.
オイルリッチ共和国ロシア
実際こうした現象の原因の一部は、1バレル当り90ドルにまで値上がりした原油価格からの差益がもたらした結果である。石油はロシアが大々的に供給できる天然資源である。この資源を貿易収支のレバレッジに用いて、プーチンはロシアを国家崩壊寸前の瀕死の状態から巧みに救い上げ、国民の全階層が希望を持てるように、国庫の利益から富をあまねくロシアの民衆に配分した功績は大きい。 »» 続く

【米国時間 2007年12月23日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 連載の続き(未掲載)
 「ザ・プーチン第3章 ポストモダンのロシアン・ルネッサンス」へ
«« 前号 TIME誌独占会見完訳「ツァーリ・プーチンの居城へ」
»» 次号「きわめて個人的なクリスマスのメッセージ」


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6803116
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6803116

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでただ今6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで。あと7票でトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさんのクリックに感謝!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」d0123476_1746245.jpg
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-23 16:05 | プーチンのロシア

独占会見完訳「ツァーリ・プーチンの居城へ」

f0127501_128435.gif
  ||| ツァーリ・プーチンの居城へ |||
d0123476_2003521.jpg
タイム誌「今年の人」特集・プーチン独占インタビューを完訳紹介
冷徹なるツァープーチンの私邸で知られざる側面にふれる独占会見


エイディ・イグナチウス | TIME誌/モスクワ支局 |『米流時評』ysbee 訳
何びともウラジミール・プーチンのような眼光をもって生まれる者はいない。ロシアの大統領の澄明で真っ青な瞳は、余りにも冷たく、あまりにも感情を現さないので、「権力なんてものは日常の必要性に突き動かされてやむをえずできあがったものだ」という真理をよくわかった人間が、感情表現の必要性に迫られてやるような、つまり「まばたき」のような何気ない人間臭い所作で、会話の糸口をつくらねばならないほど、冷徹なまなざしであった。
d0123476_2011526.jpg
The Tzar Is Born — Vol. 1
DECEMBER 19, 2007 | By Adi Ignatius — TIME Magazine | Translation by ysbee
No one is born with a stare like Vladimir Putin's. The Russian President's pale blue eyes are so cool, so devoid of emotion that the stare must have begun as an affect, the gesture of someone who understood that power might be achieved by the suppression of ordinary needs, like blinking.


__________________________________________________________________
DECEMBER 22, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  w w w . T I M E . c o m

ザ・プーチン第1巻 「ツァーリ・プーチンの居城へ」
TIME誌独占インタビュー連載第1回 | エイディ・イグナチウス/モスクワ支局 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_2015342.jpg

1. Chilling gaze as if saying 'I'm in charge'
The affect is now seamless, which makes talking to the Russian President not just exhausting but often chilling. It's a gaze that says, I'm in charge. This may explain why there is so little visible security at Putin's dacha, Novo-Ogarevo, the grand Russian presidential retreat set inside a birch- and fir-forested compound west of Moscow.
四方を威圧する冷徹な目
いったん親密さを現すとその後はきわめてスムーズに進行したが、ロシアの大統領との会見には、ひたすら消耗させられたばかりでなく、その冷徹なまなざしに射すくめられてぞっとしたことも、たびたびであった。じっと凝視するまなざしはこう語っていた。「俺が仕切っているんだ」
モスクワの西の郊外にある、白樺ともみの林に取り囲まれたロシア王朝風の大統領の別邸、ノーヴォ・オガレヴォ。なぜあのプーチンの私邸を警護する警備要員があんなに少ないのかという理由は、もしかしたらこの威圧する眼力のせいかも知れない。
d0123476_202244.jpg
2. Through the suburbs of new oligarchs
To get there from the capital requires a 25-minute drive through the soul of modern Russia, past decrepit Soviet-era apartment blocks, the mashed-up French Tudor-villa McMansions of the new oligarchs and a shopping mall that boasts not just the routine spoils of affluence like Prada and Gucci but Lamborghinis and Ferraris too.
オリガーキーのベッドタウンを抜けて
モスクワの都心からそこまでは、車で25分ほど要する。近代的ロシアの街並から、やがてソ連時代の凡庸なアパートが延々と続く団地を通り過ぎ、新しい世代のオリガーキー(ロシアのプチブル官僚)御用達の、ベルサイユ様式とチューダー様式をないまぜにしたような瀟洒なマクマンションが林立し、プラダやグッチのような「ありきたりの」贅沢なブティックだけでなく、ランボルギーニやフェラーリまで取りそろえた超高級ショッピングモールが立ち並ぶのを横目にしながら、郊外へと抜ける道程である。
d0123476_2033886.jpg
3. Arriving the sniper-positioned compound
When you arrive at the dacha's faux-neoclassical gate, you have to leave your car and hop into one of the Kremlin's vehicles that slowly wind their way through a silent forest of snow-tipped firs. Aides warn you not to stray, lest you tempt the snipers positioned in the shadows around the compound. This is where Putin, 55, works. (He lives with his wife and two twentysomething daughters in another mansion deeper in the woods.)
狙撃手が警備する郊外の私邸
ダーチャ(ロシア語で別邸)のネオクラシックスタイルを模したゲート(赤坂迎賓館のようなゲート?)に到着したら、乗っていた車はそこへ停めて、クレムリン側で用意した一台に乗り込まなくてはいけない。その送迎用の車は、てっぺんにすでに雪をかむってしんと静まり返った樅の木の、鬱蒼とした木立の中をゆっくりと走り抜けてゆく。同乗した側近は、敷地のいたるところで物陰に隠れてこちらに狙いを定めているスナイパーの注意を引くような、挙動不審の行為をとらないようにと注意する。ここはなにしろ、あの55才のプーチン猊下の職場なのである。(彼が妻とふたりの20代の娘と一緒に私生活で住んでいるのは、この森のもっと奥深くにある邸宅である)
d0123476_912734.jpg
4. In spacious but spartan office
The rooms feel vast, newly redone and mostly empty. As we prepare to enter his spacious but spartan office, out walk some of Russia's most powerful men: Putin's chief of staff, his ideologist, the speaker of parliament—all of them wearing expensive bespoke suits and carrying sleek black briefcases.
飾り気のない広大な大統領執務室
邸内の部屋は、やたらにだだっぴろく感じられた。最近リノベーションを行なったばかりらしく、ほとんどの部屋がガランとしていた。われわれ一行が、広々としてはいるがスパルタ式に飾り気のないプーチンの執務室へまさに足を踏み入れようとしたとき、中から入れ替わりに出てきたのは、ロシアでも最もパワフルな閣僚たちであった。プーチンの側近のトップ(メドベージェフ)、彼の政見アドバイザー、ロシア議会下院議長などである。彼らはみな一見して高価なオーダーメイドと看てとれるりゅうとしたスーツに身を包み、スマートな黒いブリーフケースをたずさえていた。
d0123476_2054890.jpg
5. Three-1/2 hours interview over full-course dinner
Putin, who rarely meets with the foreign press, then gives us 3-1/2 hours of his time, first in a formal interview in his office and then upstairs over an elaborate dinner of lobster-and-shiitake-mushroom salad, "crab fingers with hot sauce" and impressive vintages of Puligny-Montrachet and a Chilean Cabernet.
ディナーを交えて破格の3時間半の会見
プーチンはといえば、本来は外国の記者と直接会見することはめったにないのだが、われわれには執務時間から3時間半もさいて、インタビューに宛ててくれた。この会見は、まず最初に彼の執務室で行なわれ、その次には階上へ上がって、細心にして完璧なフルコースディナーをとりながら行なわれた。ディナーは、ロブスターと椎茸のサラダに始まり、蟹の爪のホットソース添え、ワインは年代物のピュリニー・モンラッシェとチリ産のカベルネが供された。
d0123476_2065459.jpg
6. First impression of contained power
Vladimir Putin gives a first impression of contained power: he is compact and moves stiffly but efficiently. He is fit, thanks to years spent honing his black-belt judo skills and, these days, early-morning swims of an hour or more. And while he is diminutive—5 ft. 6 in. (about 1.7 m) seems a reasonable guess—he projects steely confidence and strength. Putin is unmistakably Russian, with chiseled facial features and those penetrating eyes. Charm is not part of his presentation of self—he makes no effort to be ingratiating.
第一印象「小矩に秘められた権力への意志」
プーチンの与える第一印象は「秘めたるパワー」である。彼は小柄で敏捷だが、無駄のない動きをする。彼の引き締まった体躯は、長年黒帯の有段者として鍛えた柔道の鍛錬と、早朝に欠かさない1時間以上の水泳のおかげである。身長にして5フィート6インチ(約170cm)というロシア人にしては「チビ」の部類に入るが、だからこそ反動で、逆に腹の据わった自信と鋼のような強靭な精神を身につける原動力になったのでは、と憶測させられる。しかしプーチンは、その鋭く削ぎおとされた頬と鋭く射るようなまなざしからして、紛れもなくロシア人の風貌を備えている。愛嬌は彼の魅力の片鱗ですらない。会話の合間には、お愛想のひとつさえ口の端にしようともしなかった。
d0123476_951737.jpg
7. Determined inner discipline
One senses that he pays constant obeisance to a determined inner discipline. The successor to the boozy and ultimately tragic Boris Yeltsin, Putin is temperate, sipping his wine only when the protocol of toasts and greetings requires it; mostly he just twirls the Montrachet in his glass. He eats little, though he twitchily picks the crusts off the bread rolls on his plate.
うちに秘めた強靭な自己統制
彼と会った者の中には、プーチンはまるで自分の内に秘めた戒律に絶え間なく畏敬の念を払っているかのようだ、と感じられる方もいるかもしれない。しかし、大酒飲みで最後には悲劇的に幕を引いたボリス・エリツィンの後継者であるからには、プーチンは否が応でも激昂することなく、乾杯の音頭をとって祝杯を挙げるときだけ、グラスのワインをちびりちびりと口にする程度にならざるをえないのだろう。そんな塩梅でディナーの間中もっぱら、彼はモンラッシェの入ったグラスをゆっくりと回していた。彼は概して小食だったが、ロールパンのパン屑をパン皿からひっきりなしにつまみ出していたのが印象的だった。
d0123476_9112636.jpg
8. Favorites: Brahms, Beatles, and Bible
Putin grudgingly reveals a few personal details between intermittent bites of food: He relaxes, he says, by listening to classical composers like Brahms, Mozart, Tchaikovsky. His favorite Beatles song is Yesterday. He has never sent an e-mail in his life. And while he grew up in an officially atheist country, he is a believer and often reads from a Bible that he keeps on his state plane. He is impatient to the point of rudeness with small talk, and he is in complete control of his own message.
座右にブラームスとビートルズとバイブル
ディナーの料理を口に運ぶ合間合間に、プーチンは自ら口を開いたときだけ、きわめて僅かではあるが彼のプライベートな側面のディテールをぽつりぽつりともらした。クラシックの作曲家では、ブラームス、モーツァルト、チャイコフスキーを聴くとリラックスできること。彼の好きなビートルズの曲は『イエスタデイ』。生涯まだ一度もe-メールを送ったことがないこと。そして(驚いたことに)公的には無神論の共産主義国家に育ったにもかかわらず、彼はキリスト教の信者で聖書も時々読むこと。その聖書は大統領専用のジェット機に常備しているそうである。
彼はつまらない会話には横暴とも言えるほど我慢できないそぶりを見せたが、自分自身の口から発するメッセージに対しては、完璧とも言えるほどしっかりと内容を表現をしていた。 »» 次号へ続く

【米国時間 2007年12月22日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_2074193.jpg
KGB退役後公職への登竜門となったサンクトペテルスブルク市 元市長の命日の供養に未亡人を訪れたプーチン

»» 次号「ザ・プーチン第2章 民衆に選ばれし皇帝」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6797012
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6797012

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでただ今7位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで。あと7票でトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさんのクリックに感謝!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」d0123476_1746245.jpg
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-22 20:30 | プーチンのロシア

タイム誌編集長が語る「今年のひと」プーチン

f0127501_128435.gif
  ||| タイム誌 2007年の男・プーチン |||
d0123476_13455177.jpg

2007年の国際時事で もっとも注目された人物に選ばれたプーチン
ゴアを次点に下した今年の人・ロシア覇権の帝王と栄光復活への道


米国時間07年12月19日 | リチャード・ステンゲル/TIME編集長 | 『米流時評』ysbee 訳
ロシアの大統領としての彼の任期最後の年は、これまでの8年間の在位期間中でももっとも成功を収めた年であった。ロシア国内においては、彼自身の政治的未来を確約した。海外においては、彼はロシアの権威を拡張し、必ずしも穏やかな手並みではなかったが、グローバルな国際情勢に少なからぬ影響力を及ぼした。
Choosing Order Before Freedom
Russia’s Communist Party vows to contest results; U.S. urges investigation
DECEMBER 19, 2007 | By Richard Stengel — TIME Magazine | Translation by ysbee
His final year as Russia's President has been his most successful yet. At home, he secured his political future. Abroad, he expanded his outsize—if not always benign—influence on global affairs.


__________________________________________________________________
DECEMBER 21, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  w w w . T I M E . c o m

タイム誌編集長が語る「今年の人・プーチン」決定の理由
米国時間 2007年12月19日 | リチャード・ステンゲル/TIME誌編集長 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_13463941.jpg

1. The only nation in the upward winds
In a year when Al Gore won the Nobel Peace Prize and green became the new red, white and blue; when the combat in Iraq showed signs of cooling but Baghdad's politicians showed no signs of statesmanship; when China, the rising superpower, juggled its pride in hosting next summer's Olympic Games with its embarrassment at shipping toxic toys around the world; and when J.K. Rowling set millions of minds and hearts on fire with the final volume of her 17-year saga.
陰鬱な世界で唯一ポジティブな国
今年はといえば、アル・ゴアがノーベル平和賞を受賞して「グリーン」が赤白青の星条旗カラーにとって代わる基本色になった。イラクの戦闘は鎮静しつつあるが、バグダッドの政治家たちには国民を代表する意識は一向に見られない。一方で興隆するスーパーパワーの中国は、来年夏のオリンピック大会の開催地となる誇りと汚染商品のおもちゃを世界中に輸出した恥辱とを、交互に世界に投げつける。そして、英国のJ.K.ローリングは、17年間の彼女の連載の最終巻を完結して、数百万人のファンの心情に火を放った。
d0123476_13475876.jpg
2. Russia lives in history
One nation that had fallen off our mental map, led by one steely and determined man, emerged as a critical linchpin of the 21st century. Russia lives in history—and history lives in Russia. Throughout much of the 20th century, the Soviet Union cast an ominous shadow over the world. It was the U.S.'s dark twin.
歴史を生きるロシア
その中でたったひとつの国だけが、われわれの陰鬱な心情を投影する地図からすっぽりと抜け落ちた。その国は、覚悟を決めた鋭いまなざしのひとりの男に導かれ、21世紀の鍵を握る存在として浮上してきた。
ロシアはその歴史の中に生きている。そして歴史はロシアの中に息づいている。20世紀の大部分を通して、ソビエト連邦は世界に対して何かしら陰鬱な影を投じ続けてきた。それはまるで陽気で健全なアメリカとは対照的な、双子の兄弟の病的な方の片割れ(冷戦の悪役)のような存在だった。
d0123476_13492388.jpg
3. Russia is central to the 'New New' world
But after the fall of the Berlin Wall, Russia receded from the American consciousness as we became mired in our own polarized politics. And it lost its place in the great game of geopolitics, its significance dwarfed not just by the U.S. but also by the rising giants of China and India. That view was always naive. Russia is central to our world—and the new world that is being born.
新しいパラダイムの世界の中心に
しかし、ベルリンの壁が崩壊してからというもの、われわれが米国国内を共和党と民主党の両極に分断する政治的泥沼にはまっている間に、ロシアはまんまとアメリカ人の気付かないうちに米国を追い越そうとしているようである。それでもいまだに「ロシアは地政学的な冷戦ゲームではその地位を失った」とか、「国家としての重要性は、米国ばかりでなく今や起き上がった巨人となりつつある中国やインドとの競争でも縮小してきている」などと言う輩がいる。そういった見方は、いかなる場合でも単純すぎると言えるだろう。ロシアは今やこの世界の中心にある。そうした新しいパラダイムの世界が、今まさに生まれようとしている。
d0123476_1350993.jpg
4. The largest country on earth
It is the largest country on earth; it shares a 2,600-mile (4,200 km) border with China; it has a significant and restive Islamic population; it has the world's largest stockpile of weapons of mass destruction and a lethal nuclear arsenal; it is the world's second largest oil producer after Saudi Arabia; and it is an indispensable player in whatever happens in the Middle East. For all these reasons, if Russia fails, all bets are off for the 21st century. And if Russia succeeds as a nation-state in the family of nations, it will owe much of that success to one man, Vladimir Vladimirovich Putin.
地上最大の国家の最高権力者
ロシアは実質的に地上最大の国家である。中国と接する国境線は延べ2600マイル(4200キロ)。国内には相当数の穏健派ムスリム教徒を抱える。世界最大の大量殺戮兵器と核兵器を保有する。サウジアラビアに次いで世界で2番目の石油産出国である。そして特筆しなければならないのは、万一中東で何が起った場合でも、紛争のメインプレーヤーであるという事実である。
これらすべての理由をひっくるめて、もし万が一ロシアが国家として失敗するならば、これから先の21世紀は何でもありの混沌に陥ることだけは確かである。さらに、今後もしロシアが周辺国家の連合体としてひとつの統一した国家形態を形成するのに成功したら、その理由の多くはたったひとりの男の成功に負うことになるだろう。ウラジミール・ウラジミロヴィッチ・プーチン。
d0123476_13505388.jpg
5. Just one of those who
No one would label Putin a child of destiny. The only surviving son of a Leningrad factory worker, he was born after what the Russians call the Great Patriotic War, in which they lost more than 26 million people. The only evidence that fate played a part in Putin's story comes from his grandfather's job: he cooked for Joseph Stalin, the dictator who inflicted ungodly terrors on his nation.
レニングラードの一介の労働者の息子
誰もプーチンに「運命のおとしご」とブランドづけしようとはしない。彼は、レニングラード(現サンクトペテルスブルク)の一介の工場労働者の家に生まれた、兄弟の中で唯一生き延びた息子である。彼は、ロシア人が「the Great Patriotic War/大愛国戦争」と呼ぶ2600万人もの命が失われた内紛が、ひととおり治まった時代に生まれた。プーチンの生い立ちの逸話の中で「世紀の運命」らしきものがもし宿っているとすれば、その唯一の証しは彼の祖父の職業に由来するだろう。この父方の祖父は、神をも怖れぬ恐怖政治で祖国ロシアを恐慌に陥れた独裁者そのひと、ヨシフ・スターリンお抱えの調理人のひとりであった。
d0123476_13514221.jpg
6. Put his country back on the map
When this intense and brooding KGB agent took over as President of Russia in 2000, he found a country on the verge of becoming a failed state. With dauntless persistence, a sharp vision of what Russia should become and a sense that he embodied the spirit of Mother Russia, Putin has put his country back on the map. And he intends to redraw it himself. Though he will step down as Russia's President in March, he will continue to lead his country as its Prime Minister and attempt to transform it into a new kind of nation, beholden to neither East nor West.
プーチンの「祖国は誰のものぞ」
かくしてこの堅物の生真面目なKGBのエージェントが、2000年についにはロシアの大統領の地位に納まったとき、彼が目にしたこの国は、このままでは瀕死の状態に陥る寸前の危機に面していた。母なるロシアンスピリットを自ら体現する地に根を張った不屈の精神と、ロシアはいかにあるべきかという明快なヴィジョンを掲げて、絶え間なく果敢な決断を積み重ねて進むべき道を切り拓きながら、プーチンは祖国をふたたび世界地図の真ん中に位置づけた。
そしてその地図を彼自身の手で、今また書き変えようとしている。来る3月には彼はロシアの大統領の座を降りる予定だが、そのあとは今度は新しい首相として祖国を牽引し続けるつもりである。さらにはそのロシアを、西欧にも東洋にも先例のない、まったく新しい概念の国家に変容しようと企てている最中である。
d0123476_13523412.jpg
7. The most power — for better or worse
TIME's Person of the Year is not and never has been an honor. It is not an endorsement. It is not a popularity contest. At its best, it is a clear-eyed recognition of the world as it is and of the most powerful individuals and forces shaping that world—for better or for worse. It is ultimately about leadership—bold, earth-changing leadership.
善かれ悪しかれ最強の権力者
今年のタイム誌の「パースン・オブ・ジ・イヤー」の選出は、いまだかつてない栄誉にみちたものである。この選定の基準は、公認のお墨付きでもなければ人気投票によるものでもない。端的に言えば、善きにつけ悪しきにつけ「この世界を動かす最も強力なパワーを持った個人、あるいは組織。(過去にはオサマ・ビンラディンやサダム・フセイン、昨年のブッシュ大統領の例もある)言ってみれば究極的には、地球の現状を変えるほど大胆で強力なリーダーシップにほかならない。そうした現時点での世界への影響力を、覚めた目で見た認識の表象である。
d0123476_13531742.jpg
8. For Russia, stability over anything
Putin is not a boy scout. He is not a democrat in any way that the West would define it. He is not a paragon of free speech. He stands, above all, for stability—stability before freedom, stability before choice, stability in a country that has hardly seen it for a hundred years.
ロシアには何よりもまず安定を
プーチンはボーイスカウトではない。彼はどう見ても、西側諸国が定義づけるような民主主義者ではない。彼は言論の自由の礎石でもない。彼がしょって立つ信念は、何よりもまず「stability=安定」である。自由よりも先に安定。選択の自由にもまして安定。自由よりも民主主義よりもなによりもまず先にロシア人に与えなければならないのは、「国家の安定」なのである。なにしろこの国は、これまでの百年以上もの間動乱の連続だったのだから。
d0123476_1601334.jpg
9. The historic figure in present
Whether he becomes more like the man for whom his grandfather prepared blinis—who himself was twice TIME's Person of the Year—or like Peter the Great, the historical figure he most admires; whether he proves to be a reformer or an autocrat who takes Russia back to an era of repression—this we will know only over the next decade. At significant cost to the principles and ideas that free nations prize, he has performed an extraordinary feat of leadership in imposing stability on a nation that has rarely known it and brought Russia back to the table of world power. For that reason, Vladimir Putin is TIME's 2007 Person of the Year.
現時点での歴史的人物
はたしてこの先プーチンは、彼の祖父がブリニスをこしらえて捧げた男、そして当タイム誌の「パースン・オブ・ジ・イヤー」に二度も選ばれた男(スターリン)の存在にますます似てくるだろうか?  あるいは、彼自身がもっとも尊敬する歴史上の人物である、ピヨトール大帝のような帝王になるだろうか? それとも、ロシアを不況のどん底から甦らせた中興の改革者、あるいは切れ者の官僚と呼ばれるにすぎないのだろうか?
その答えは多分、あと数十年たってみなければわからないだろう。
自由主義国家が賞賛する民主主義の基本や理想といったものを犠牲にしてまで、いまだかつて安定した社会というものをまれにしか見たことがなかった国家を安定させるために、とてつもない踏んばりをきかせてこの国を引っぱってきた男。そしてロシアという国を、ふたたび世界のスーパーパワーの国際的舞台に押し上げた男。そういう理由で、TIME誌の2007年の「Person of the Year=今年の人」は、ウラジミール・プーチンなのである。

【米国時間 2007年12月21日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_135489.jpg
毎年暮れにその年を代表する人物「Person of the Year」を選ぶ週刊誌TIMEのリチャード・ステンゲル編集長

»» 次号「タイム誌独占インタビュー・プーチン大帝会見記」へ

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6788713
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6788713

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースで、あと2票で6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まできました。あともう少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさんのクリックに感謝!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」d0123476_1746245.jpg
序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測d0123476_1023580.jpg
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-21 14:14 | プーチンのロシア
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー