「ほっ」と。キャンペーン

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

貴州省で暴動発生!当局の殺人隠蔽に1万人が抗議

f0127501_128435.gif

   ||| 貴州省瓮安で1万人の暴動発生 |||

d0123476_19143587.jpg
貴州省瓮安で暴動発生!地元住民1万人が 地方共産党本部を焼討ち
15才少女死亡事件を当局が自殺偽装、政府警察側の殺人隠蔽に抗議


米国時間2008年6月29日04時19分 | ロイター通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee
29日日曜の新華社通信の報道によると、現地時間で28日土曜、中国南西部の貴州省瓮安(ウェンアン)県で、15才の少女の死亡事件を政府警察当局が隠蔽した疑惑に端を発して、地元住民が抗議のため共産党政府の地方本部に押し掛け、警察と役所の建物を焼き討ちした。四川省に近い貴州省瓮安県で起きたこの暴動事件は、土曜の午後およそ1万人以上の地元の群衆が官公庁の建物を包囲し、地元住民の少女が死体となって川に浮上した事件をめぐって、警察・検察当局に隠蔽の事実を正すよう抗議運動が起きエスカレートしたものと、住民のひとりは語っている。
▲トップ:同じ貴州省の魏安で先月22日に行われた対テロ作戦の予行演習 結果的には実際には役立たなかった

Girl's Death Sparks Rioting in Chinese County
d0123476_10431796.jpgUnrest triggered by allegations
of a cover-up over girl's death

JUNE 29, 2008 | REUTERS — BEIJING
Translation by ysbee

BEIJING, China — Thousands of rioters torched police and government office buildings in southwest China on Saturday, in unrest triggered by allegations of a cover-up over a girl's death, residents and state media reported on Sunday. About 10,000 people mobbed government offices in Weng'an county, Guizhou province, on Saturday afternoon demanding justice over the teenager's death after her body was found in a local river, a resident said.

__________________________________________________________________
JUNE 29, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 R E U T E R S | B R E A K I N G

貴州省瓮安で暴動発生!地方当局側の殺人隠蔽へ 住民が猛烈抗議
米国時間2008年6月29日04時19分 | ロイター通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee


d0123476_10404032.jpg
1. 10,000 locals rush to burn the party building
"Local residents were very angry about the injustice exercised by local authorities," the resident, who is an official at a local government office, told Reuters by telephone. "About 10,000 people rushed to the site and totally burned down the county party office building, and burned other offices in the county government." "They also burned about 20 vehicles, including police cars," the official, surnamed Huang, said.
激怒した住民1万人、地方共産党自治体ビルを焼き討ち
「今回の暴動は、この殺人事件に対して地元警察当局がとった不正行為に地元の住民が激怒したため起きた」地元住民でもあるウェンアン県の役人ファン=華さんは、ロイター通信の取材に応え電話でこう説明した。「およそ1万人あまりの群衆が、共産党の地方本部(=地方政府自治体)に押し掛けて火をつけたので、建物は完全に焼け落ちた。またほかの地方政府の建物も焼き討ちされた。彼らは、警察の車輛も含めて20台あまりの車もまた火をつけて全焼させた。」
d0123476_10445986.jpg
カフタンのような特徴ある民族衣装をまとって笙を演奏する貴州省の少数民族、苗族(ミャオ/ミョー・トライブ)

2. Cover up a murder as a suicide

Huang said residents were angered when authorities declared the girl had killed herself by jumping in the river. Residents believed the girl had been murdered by the nephew of a senior government official. "They torched the buildings to vent their anger," Huang said, adding that rioters had cut off a fire-truck's fire hose so that it could not extinguish the blazes.
政府要人の甥の殺人容疑を自殺と隠蔽
ファン氏の話によると、事の起こりは川に浮かんだ少女の死体の死因を、地元警察の捜査当局が「少女は川に身を投げて自殺した」と発表した時点で住民たちが激怒したからだと説明する。「住民たちは、この少女は地元政府有力者の甥によって殺されたと信じているからで、彼らはその怒りのはけ口として、役所の建物に火をつけた。暴動を起こした者たちは怒り心頭で、火を消そうとして現場に駆けつけた消防車の消火ホースを切ってしまったほどだ」と付け加えた。
d0123476_10454755.jpg
貴州省辺境山岳地帯の苗族の特徴ある建物 重層の屋根の作りがタイやビルマのパゴダと似ている

3. Chinese blogs reported hours before Xinhua

The riot had prompted the province's public security chief to rush to the scene to help restore order, Xinhua news agency said in a report released several hours after accounts of the rioting appeared on Chinese websites and blogs. People began to disperse from the site by 2 a.m. (2 p.m. ET) on Sunday and the county seat was gradually resuming order, the agency said. Government and police offices did not answer phone calls on Sunday morning.
新華社通信より数時間早かったネット情報d0123476_10512141.jpg
新華社通信の報道では、暴動が知らされた貴州省の警察署長は、治安状態を回復するべくただちに現場へ駆けつけたと報道しているが、この記事は暴動の事実が中国のウェブサイトやブログで伝えられてから数時間もあとに公開されたのが現状である。中国人は日曜の午前2時頃にブログなどで広汎にニュースを流し始めたが、その後になってから中国政府が事の次第を把握して、徐々に秩序を回復したと伝えている。ロイター通信は直接取材する意図で、地元の政府と公安当局に電話をかけたが、答えはなかった。

▶ウェンアン県の共産党本部=県政府、警察署ほかが集まる官公庁街に押し掛けた地元の住民 このあと焼き討ちが始まった

4. Blogs report unrest of the region

Blogs linked to the popular Sina.com Chinese website (www.sina.com.cn) showed pictures of thousands of people surrounding a police headquarters, riot police guarding the burning shell of the building, and burnt and overturned police vehicles.
地元の争乱状況を伝える現地ブログ
中国で人気のあるなブログサイトSina.comには、警察署本部の建物を包囲した数千人の群衆や焼き討ちされた建物の火の粉を振り払う機動隊、役所の焼け跡、パトカーの残骸などの写真も掲出されている。
d0123476_1048971.jpg
暴動の起きたウェンアン県で焼き討ちにあう警察署とパトカー(右側の建物内部に火と煙が見える)

5. Family rejected the 3,000 yuan compensation

Huang said the girl's family had rejected the authorities' offer of 3,000 yuan ($440) compensation, later upped to 30,000 yuan. Residents had donated money to the family to sue local authorities, Huang said. The rioting comes as China seeks to quell any unrest ahead of the Beijing Olympic Games in August.
政府の慰謝料4.6万円を蹴った遺族
ファン氏の話によると、殺された少女の両親は、当初3千元(440ドル=約46,300円)、あとから3万元(4,400ドル=約463,000円)で政府当局から提示された慰謝料を突っぱねたと言う。地元住民は、遺族が当局を訴えるのに必要な訴訟費用を捻出するため、寄付金を集めているそうである。今回の貴州省の暴動は、8月に開催される北京オリンピックを控えて(3月のチベット動乱を皮切りにした)西域での不穏な動きを、中国政府が一応鎮圧したかに見えた矢先の出来事である。
d0123476_10522214.jpg
民族衣装で盛装した少数民族苗族の少女(事件とは無関係) 新華社報では被害者の部族名は明らかにされていない

6. Beijing removed the residents' messages

President Hu Jintao has said ensuring stability is a top priority ahead of the Games. Some Internet reports said school students were at the forefront of the unrest in the poor, mountainous region. Chinese websites quickly removed many messages about the incident, but others remained accessible.
ネットの投稿を消した中国政府
胡錦濤主席は、北京五輪大会を目前にした現在の最優先事項は治安状態の確保だと強調してきた。しかしインターネット上の現地からの情報によると、貧しい山岳地帯で起きた今回の事件では、地元の学生や生徒たちが抗議運動の最前線に立ったと伝えられている。中国語の掲示板やブログのサイトには、事件直後から目撃者談や現場の状況を伝える沢山の投稿が見られたが、その後間もなく中国政府によって消去された。事件関連ではない他の中国語サイトはアクセス可能なままである。
[了]
【米国時間 2008年6月29日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_10563625.jpg
貴州省の観光地で明朝時代の衣装を身につけ観光客に対応する「漢人」の老女 地元政府の方針か?

»» 関連外電記事リンク
• Topix | Search for "Wen'gan riot"
• Xinhua | 贵州省瓮安县发生打砸烧事件
• Reuters | Girl's death sparks rioting in China
• AP | Chinese Protesters Torch Buildings
• Washington Post | Thousands in SW-China Riot Over Alleged Coverup
• AFP | Riots in Southwest China over Girl's Death: Report
• Youtube videos: 1, 2, 3, 4, 5


»» 次号「米国諜報のプロが分析するオサマ・ビンラディン全問解答」に続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8192323
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8192323

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま3位。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-29 11:12 | 北京の長い夏

北京五輪対策でトイレットアーミー8千名出兵!?

f0127501_128435.gif

  ||| トイレットアーミー8千名北京出兵 |||

d0123476_21201792.jpg
五輪向け公衆トイレ道徳の実地教育に、人民軍兵士8千名出兵
衛生結果の優劣で監査評価、中国政府の公式サイトで成績発表


d0123476_18552829.gif前号「五輪テロ対策に10万人出兵・対空ミサイルの特別警戒」からの続き
以前にも書いたが、この国はさすがに東夷南蛮西戒北狄に脅かされながらも4千年生き延びてきただけあって、中華大国を他国の批判にさらすのをよしとしないようである。しかし中国人のマナーの悪さは国際的にお墨付きであり、公衆道徳においては他の追随を許さない。日頃愛読する中国現地情報直送のブログ、とんじいさんの『爺砲弾』にも、そうした公衆マナーの悪さ半端じゃない衛生事情などが「恐怖のニイハオトイレ」を含めた豊富な写真入りで、ひんぱんに紹介されている。

おりしも五輪開催を目前に控えて、IOCのチェックの入る前に北京市内の「公衆トイレ」の使用状況を合格点にもっていくために、中国政府はついに「8千名のトイレットアーミー」を結成して、中国人のトイレット・トレーニングを開始した。冗談のようだが彼らは大真面目。トイレ使用まで派兵して取り締まる……さすがは世界に名だたる全体主義国家だけはある。今回は死んでも懲りない「ダイハード中国」のトイレバージョン。

【米国時間2008年6月27日『米流時評』ysbee記】

__________________________________________________________________
JUNE 27, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S

公衆トイレ道徳の実地教育、監査評価、政府の公式サイトで成績発表
米国時間2008年6月20日23時44分 | ロイター通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_21212261.jpg
Beijing Enlists Army of Toilet Trained Staff
Olympics host city struggles with seated vs. squat commode decision

JUNE 20, 2008 | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
BEIJING, China — Beijing has dispatched 8,000 toilet maintenance staff, each responsible for a specific public restroom in the city and trained in hygiene standards and techniques, Olympic knowledge and practical English expressions, Xinhua said on Friday.

公衆衛生の「スタンダードとテクニック」
中国政府は五輪開催を控えて、市内の要所要所の公衆トイレを管理するために、人民軍8千名のトイレメンテナンス要員を派遣したが、彼らには公衆衛生の「スタンダードとテクニック」、オリンピックの知識、実用的英語表現などをトレーニングすると、金曜の新華社通信では伝えている。
d0123476_21224956.jpg
辺境の遊牧民の方々も五輪観光で北京へ 普段は満天の星の下……なので、いったいどうなることやら

1. Selective inspections, results on the Web

There will be selective inspections every week and the results will be posted on the Web site of the Municipal Utilities Administration Commission, said the news agency. The city was also struggling with which style of commode would be best, noting Westerners prefer seated toilets, which are more comfortable and convenient for the elderly or infirm.
毎週トイレ監査、政府サイトで成績発表
各所のトイレには毎週「抜き打ち監査」が入り、その査察結果の「成績」は北京市の施設管理局の公式ウェブサイトで発表されることになっている。北京市ではまた、旧来の様式のトイレと洋式トイレのどちらのスタイルを採用するかでももめている。洋式の説得材料として、西洋人に好まれ、老人や子供が使用する際に使いやすく便利だとも特記している。
d0123476_21271362.jpg
ゴミはそこらじゅうに散乱、行列割り込みは常識……公衆マナーの悪さでは定評のある中国人が五輪で直る訳がない

2. Score of hygiene with commode style

The squat toilets widely used in Chinese public facilities are considered more hygienic as there is no direct contact with body, it said. At more than 30 test events held by the Games organizers, the squat versions drew frequent complaints from foreigners, said Xinhua.
和式・洋式、どちらが衛生的?
中国の公衆便所では、身体の部分が便器に接触しないのでより衛生的という理由で従来はしゃがむスタイルのトイレが公汎に利用されてきた、とも解説している。すでに北京五輪実行委員会によって「30回以上の試用イベント」が開催されてきたが、和式=スクワット・バージョンに対しては、外国人からしばしば文句がついたそうである。
d0123476_21282756.jpg
北京と言ってもひろうござんす……使用者を朝から晩まで現場で管理するトイレウォッチャー、8千人で足りるのか?

3. Only for the foreign journalists, athletes, VIP

"Not all of the toilets will be changed, but those for journalists, athletes, and VIPs will be," Xinhua quoted Yao Hui, the deputy director of venue management, as saying.
外国の記者団、選手団、VIPには洋式設置
「すべての公衆便所を改善するまでにはいたりませんが、外国人記者団や選手団、それに外国からのVIPが試用する場所は、すべて洋式を設置します」公共施設管理のヤオ・フイ副部長はこう語ったと、新華社報は伝えている。 [了]

【米国時間 2008年6月27日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_21294132.jpg
»» 次号「米国諜報のプロが分析するオサマ・ビンラディン全問解答」に続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8189153
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8189153

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選


『FTB・フリーチベットブロガーズ』でチベット支援に参加しよう! ▼
d0123476_9183694.jpg
  ||| 特 集・中 国 崩 壊 |||


6/15 【中国崩壊】落盤・地滑り・大洪水…止まらない災害大国
中国南部広域豪雨で大洪水、死者57名、流域住民120万人が避難
山西省 煉瓦工場地滑り事故19名死亡/炭坑爆発事故で27名死亡

6/11 中国政府が米下院議員のPCにサイバー攻撃発覚!
中国の人権問題摘発を背景に狙われた両議員、上下両院に警告走る

6/05 「現実化するチャイナシンドローム」拡散する四川震源地の核災害
汚染大国中国のガン四川省から広がる震災難民・薬物汚染・核汚染

6/05 「中国崩壊警報」ついに始まった中国の核汚染と東アジアへの影響
ナポレオン・ソロ氏による中国の核施設と汚染情報

6/04 「四川省の地下核施設爆発と放射能汚染」
映秀と旋口付近で爆発の目撃者証言 核漏れを隠蔽する中国当局

6/03 「ダイハード中国の核と地震とネット妨害」
「四川省の核施設は本当に無事だったのか?」真実告発とネット妨害

6/02 CIAが発禁にした中国核開発の報告書『スティルマンレポート』
ダシバ山中のCAEP南西研究所ではプラズマ・ニュートロン兵器も開発か

6/01 ついに解けた核の謎!四川省の核兵器開発
震源地に近い綿陽市周辺は、中国の核兵器開発と実験施設の本拠地

5/24「核とディアスポラ」中国でいま進行している真実
核施設崩壊の事実を隠蔽する中国 爆心地映秀の人口75%が死亡
北川地区を地図から抹殺、自治区の少数民族を 強制収容所に収監

5/22 少数民族大移動 難民500万で始まる中国の「大崩落」
四川大地震から10日目、死者5万1千・行方不明3万・難民500万

5/21「赤い国の亀裂」3分間で終わった ひとつの中国
中国棄民の伝統 忘れられた渓谷の震源地へ1週間ぶりに救援隊入村

5/20「見捨てられた死の谷」中国棄民の伝統
四川省北西部の激震地を逃れ、東部の平原へ安全を求める民族大移動

5/19 速報!救援隊200名生き埋め!ついに起きた二次災害
震源地付近の核施設被害不明、地震で出現した堰堤湖決壊し住民避難

5/18 号外!中国 聖火リレーを中断 3日間の地震犠牲者慰霊へ
北京オリンピックの聖火リレーを地震の犠牲者慰霊のため3日間休止

5/16 四川大地震で難民500万!チベット人自治区汶川・北川壊滅
アバ県チベット人自治区の汶川・北川地区壊滅 住民郷里を捨て脱出

5/15 地震4日目・死者5万 負傷者10万 生き埋め1万2千名
四川省だけで死者5万・負傷者10万、1万2千名が生き埋めのまま

5/14 死者1万名! 中国四川省大地震 第1報
中国四川省でM7.9の激震、死者1万名以上の大惨事に
成都市学校倒壊生徒生き埋め 化学工場から有毒物質流出

5/05 子供ウィルスEV71の恐怖!中国で致死性の手足口病流行
中国広東省で致死性のウィルス伝染病「EV-71」流行、1万名感染

5/04 ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名・負傷者416名の大惨事


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-27 21:15 | 北京の長い夏

五輪テロ対策に10万人出兵・対空ミサイルの特別警戒

f0127501_128435.gif

    ||| 北京五輪テロ特別警戒体制 |||

d0123476_1103053.jpg
自爆テロ、ハイジャック...... 五輪テロ対策に特別警備軍10万人出兵
少数民族自治区五輪施設に対空ミサイル設置、過剰警備で遠のく客足


米国時間2008年6月25日午後03時45分 | AP通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee
前号「チベット問題と四川大震災で大不況の北京五輪ツーリズム」からの続き
全体主義国家中国の共産党独裁政権の最大の関心事は、とにかく外国人を近寄せない体制の徹底であるようだ。問題を起こしそうな可能性のある人物をしらみつぶしにする目的だとは思うが、ツーリストビザの規制事項は満足な説明もなく改悪され、外国人が居住するマンションでは必要書類のチェックがひっきりなしにある。
そうした傾向が強まる中、先週になって中国政府が発表したのは、オリンピックの脅威となるテロ行為を未然に防ぐ目的で、テロ対策特殊部隊を10万人特別編成し五輪核施設の警護に当たらせるという計画である。特に、中共人民軍の中でも精鋭部隊の「スノーウルフコマンド=雪狼軍団」が、その指揮にあたることになっている。
d0123476_1115934.jpg
Extreme Security System — Beijing Style
Over-rules, pollution, riots.... Beijing faces with its problematic summer

JUNE 25, 2008 | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — China's authoritarian government seems most intent on keeping foreigners away. Visa rules were changed with little explanation, and repeated document sweeps of compounds where foreigners live seem designed to roust any potential troublemakers. Last week Beijing said it had mobilized a 100,000-strong anti-terrorism force to guard against threats to the Olympics, headed by the elite Snow Wolf Commando Unit.

__________________________________________________________________
JUNE 26, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S

五輪警備出兵10万 自治区に対空ミサイルも! 過剰警備で遠のく客足
米国時間2008年6月25日15時45分 | AP通信北京支局 特別レポート | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_113599.jpg
10. Ground-to-air missiles positioned
Ground-to-air missiles have been positioned under camouflage netting just 300 meters from one Olympic venue, a highly visible response to alleged plots by separatists from the Muslim-dominated region of Xinjiang. The government says plotters attempted to crash an airliner and planned to kidnap athletes and journalists.
ハイジャック対策で施設周辺に対空ミサイル
中国の中でもイスラム教徒住民が大半を占める、新疆ウイグル自治区出身の東トルキスタン独立運動推進派は、反政府運動分子として中国当局に目をつけられているため、この地域で予定されている五輪競技施設から300メートル離れた場所には、カモフラージュの網で隠した地対空ミサイル発射装置が、空からのテロを警備する位置に配備されている。戦時体制のような警備に関して、中国政府は「旅客機をハイジャックして墜落させるとか、競技参加選手や記者団を誘拐する、などというテロ計画が想定されるため」と説明した。
(訳者注:ハイジャックされた機体が会場施設に突っ込む前にミサイルで撃墜する、という意味か?)
d0123476_1134767.jpg
北京五輪のメイン会場「Birds' Nest=鳥の巣」 あらゆる妨害を想定して厳戒態勢の警備を敷く

11. Hardline 'Killjoy Games' in night-life

There are also reports of bar areas in Beijing being forced to close early during the games, with a few around town dubbing these the “Killjoy Games” or “All-China Games.” “Beijingers will enthusiastically welcome foreign tourists,” said Zhang Huiguang, director of the Beijing Tourism Bureau. “But for terrorists and troublemakers, we'll unite and fight against them.”
中国方式の無粋な営業時間規制
さらには北京市内の飲食街では、五輪開催中は強制的に閉店時刻を繰り上げて早じまいさせられる模様である。こうした無粋な処置は「キルジョイ・ゲーム」「オールチャイナ・ゲーム」と呼ばれ、界隈の連中のひんしゅくを買っている。北京市観光局のザン・フイガン局長は、こうした規制を次のように説明する。「地元北京市民は、外国人旅行客に対しては熱烈歓迎ですよ。しかしテロリストや危険分子に対しては、われわれは一致協力して闘わなくてはいけませんから。」
d0123476_1191919.jpg
北京市外の地下を走る地下鉄の真新しいコンコース 天安門出口への通路は一時的にか通行止め

12. As high as $2,000/nt during Olympics

Zhang said the average price of a five-star hotel in Beijing ranged from 3,840 to 7,910 yuan ($560 to $1,150 ). Some rates are reported as high as $2,000 per night during the Olympics. The four-star average was 2,226 yuan ($325).
高級ホテル宿泊料、通常価格から値上げ
また北京市内のホテル業界の相場に関して、ザン局長はこう説明する。
北京市内の5つ星ホテルの宿泊料平均は、1室1泊あたり3,840〜7,910元 (560〜1,150ドル=約5.9万〜12.2万円)。客室の中には、オリンピック期間中だけ通常よりも2千ドル (約21万円)も値上げしているホテルもある。 4つ星ホテルの平均宿泊料は、1室1泊あたり2,226元 (325ドル=約34,400円) となっている。
d0123476_111134100.jpg
北京市内の外国人旅行客向けの代表的ホテル、ベイジン・マリオットのラウンジとカフェ

13. Hiking charge discourage tourists

Several hotel managers said potential visitors may have been frightened by the soaring prices, pushed up artificially when Beijing Olympic organizers in 2005 and 2006 reserved 70 percent of the rooms at the city's four- and five-star hotels.
便乗値上げに引いた海外観光客
ホテルマネージャーの数人は、こうした便乗値上げの高額料金に対して、北京を訪れる予定だった観光客が恐れをなして敬遠するのではないかと懸念している。この値上げは、北京五輪実行委員会が05年から06年にかけて、北京の4・5スタークラスのホテル全客室の70%を先行予約した時点で、委員会の設定で一方的につり上げられた価格だと言う。
d0123476_1114132.jpg
聖火リレーの取材で新疆ウイグル自治区を訪れた外国人ジャーナリストだが、取材許可が出ず足止めに

14. Olympics hurt Beijing's summer tourism

Beijing organizers a few months ago released thousands of rooms, dropping their room holdings to 40 percent. The practice is common in many large events, like the World Cup or Olympics, but it usually drives up prices. Si Cunxia, sales manager of Travel China travel agency, said the Olympics have hurt Beijing's summer tourism.
夏の観光ブームに逆効果の五輪ツーリズム
こうした状況にあって、北京五輪実行委員会は今年になってから数ヶ月前に、すでに予約しておさえてあった数千ユニットの期間中の客室を解約して、確保していた客室占有率を昨年までの70%から40%へと落とした。こうしたやり方は、これまでにもワールドカップやオリンピックなどの国際的なスポーツイベントの期間には、他の国でもよくとられる手段ではあるが、通常はリリースした直後にはルーム価格は急騰するのが通例である。しかし、代表的旅行代理店トラベル・チャイナのシー・クンシャ セールスマネージャーは、こうしたオリンピック開催によるホテル宿泊料金の急騰は、北京の夏場の観光業界を痛めつけるだけだと感想を漏らす。
d0123476_11155411.jpg
オリンピックサッカー競技用スタジアムの夜景 すでに中国人の観光名所にもなっている

15. Reality bites over-expectation

“A lot of the hotels overestimated their occupancy rate for July and August,” she said. “The hotels were all too optimistic to think that they would be packed with tourists. In reality, tourists who would normally come to Beijing are not coming during the Olympics because transportation and accommodations are quite high.”
中国の過剰な期待を裏切る現実
「大概のホテルが、7月8月の客室占拠率を実際よりもずっと多めに誤算していました。どのホテルも、観光客であふれるものと多寡をくくっていたし…… しかし実際には、いつもの年なら北京を訪れていたツーリストまでが、オリンピック期間は避けて来ないような状況です。その理由は、旅費と宿泊費が極めて高価なものになってしまったからでしょう」シーさんは、北京の旅行業界の退潮をこう説明した。 [了]

【米国時間 2008年6月26日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_11181438.jpg
水泳競技用スタジアムの夜景 本番になったら投石の対象になると思うのは私だけか……

»» 次号「五輪前の特訓・中国人民のトイレットトレーニング」に続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8180566
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8180566

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選


▼この下の『四川大地震特集・中国崩壊』記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-26 11:30 | 北京の長い夏

チベットと地震で大不況の北京五輪ツーリズム

f0127501_128435.gif

   ||| 大不況の北京五輪ツーリズム |||

d0123476_16121941.jpg
チベット問題、聖火リレー、四川大地震…北京五輪ブームに致命傷
空室率目立つホテル、日本人観光客半減、ビザ規制のマイナス効果


米国時間2008年6月25日 | AP通信・北京支局特別レポート | 訳『米流時評』ysbee
北京オリンピックは、首都のホテル業界にとってはどう見ても大打撃のようである。この夏を通じて噂の的となるはずの17日間の五輪大会は、満室のホテルにハイエンドツーリストがあふれる活気に満ちた雰囲気で包まれるはずだった。しかし現実には、北京の旅行業界のサマーシーズンは低調である。それというのも、ツーリストビザ発行に当たっての厳しい規制や大気汚染、おまけに外国人を歓迎するというよりもむしろ撃退するような警備関係者の態度のおかげで、訪れるはずの観光客の足をとどめていると業界の消息筋は伝えている。
5月12日起きた四川大地震の犠牲者慰霊で黙祷を捧げる北京オリンピックメインスタジアムの工事関係者
d0123476_16131049.jpg
Beijing Hotels Hurting ahead of Summer Games
Tourist officials say travelers put off by visa rules, pollution, other factors

JUNE 25, 2008 | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
The Beijing Olympics are looking like a bust for the city's hotels. The 17-day games were supposed to generate a buzz throughout the summer, leading to a tourism windfall with fully booked hotels, flush customers and a jubilant atmosphere. Instead Beijing's summer tourism season is slow, with hotels and travel agencies saying many potential travelers are being put off by tightening visa rules, polluted Beijing air and officials who seem more concerned with keeping out foreigners than welcoming them.

__________________________________________________________________
JUNE 25, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S

チベット問題、聖火リレー、四川大地震....北京五輪ブームに致命傷
米国時間2008年6月25日15時45分 | AP通信・北京支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_16145496.jpg
1. After $40 billion new facilities....
China has spent a reported $40 billion on new infrastructure and stunning venues, hoping to impress visitors with a modern city, attractive to foreign tourists. But this may not play out, which could shake an industry that has more than doubled its five- and four-star hotels offerings to 160 since Beijing was awarded the Olympics seven years ago. “We are not full at the moment, and we have rooms to fill,” said Anthony Ha, general manager of the newly opened Marriott Courtyard Beijing Northeast. “There's not much time left, and we have a way to go.”
4兆3千億円を投資した都市インフラと施設
中国は、訪問するツーリストに対して「近代都市」の印象を与える目的で、新規の都市インフラと最先端の施設建設に4兆3千億円を投資したと伝えられている。しかし、7年前に北京が2008年の五輪開催都市に選ばれて以来、ファイブスター、フォースター級の高級ホテル数が160に倍増したにもかかわらず、こうした投資が役に立たないという事実は、この国のツーリスト業界を根底からゆさぶるものである。
「私どものホテルでは、現在の時点ではまだ予約満室にはなってませんので、なんとか努力して埋めなくてはなりません」こう現状を語るのは、新規オープンしたばかりの北京ノースイースト・マリオット・コートヤードの総支配人、アンソニー・ハー氏である。「残された時間は少ししかないですが、なんとか目標を達成しなければ……」
d0123476_16153972.jpg
2. Worrisome hotel room-occupancy
Ha declined to reveal the hotel's occupancy rate. But he expressed concern over a report last month from the Beijing Tourism Bureau that showed five-star hotels were 77 percent booked for the Aug. 8-24 Olympics, and four stars were at 44 percent. “That's worrisome,” Ha said. “All of the hoteliers, anyway in Beijing, we're hoping to hit 90 percent daily. It's a huge thing.” He said 90 percent would be normal for events like the Olympic Games. “This is once-in-a-lifetime thing,” Ha said.
4つ星以下の客室予約の低さを懸念
ハー氏はホテルの客室予約率こそ明らかにしなかったが、先月中国政府観光局から発表された観光白書の内容について懸念していた。その中では、8月の8日から24日まで行われる五輪期間中のファイブスターホテルの予約率は77%で、4スターは44%と公表されていた。「これは気になりますよ」ハー氏は白書に対する懸念を語る。「とにもかくにも北京市内のホテル関係者は全員、期間中は当然90%を超すものと期待してましたから、これは一大事ですよ」オリンピックのような一生に一度のイベントであれば通常は90%以上埋まるはずなので、この低調ぶりに衝撃を受けている。
d0123476_161726.jpg
大気汚染はカーブームに湧く中国各都市の共通の悩み。写真は1日中スモッグに包まれる北京市街

3. Visitors dropped 12.5% in May

According to the Beijing Tourism Bureau, the number of foreign visitors to Beijing in May dropped by 12.5 percent from a year ago. Among the biggest drops were Japanese visitors, down 45 percent. American arrivals shrunk by 17.15 percent. The earthquake on May 12 that killed almost 70,000 in Sichuan province may account for some of the decrease. So may a slumping world economy.
5月の旅客前年比12.5%減、日本人半減
中国政府観光局の発表によると、5月の北京訪問者数は前年と比べて12.5%減少した。中でも減少率の一番大きいのは日本人ツーリストで、前年比45%減。アメリカ人観光客は17.15%減となっている。5月12日に四川省を襲った地震で7万人近くの死者を数えたが、この震災が旅行者数減少を招く一因となったのかもしれない。また、グローバル経済のスランプに起因していることも考えられる。
d0123476_16181391.jpg
四川省西部を襲ったマグニチュード8の大地震で震源地に近い一帯は壊滅状態 死者7万名、行方不明2万名を数える

4. Horrific images of the dark side of China

And probably it's effected by the off-putting images of deadly rioting on March 14 in Tibet, followed by chaotic pro-Tibet protests on international legs of the torch relay. But the tourist no-shows also coincide with new stringent visa regulations, making it tough for tourists and business executives to come in. Students have also been targeted, the government fearing they might side with political activists if protests erupt during the games.
チベットでクローズアップされた中国の暗黒面
さらには、3月14日にチベットで起きた流血の動乱のおぞましいイメージや、そのあとに続いた世界各地での聖火リレーで、一連のチベット独立を支持する抗議運動のためにリレーが混乱をきたしたことが、五輪観戦ツーリストの意欲に影響したことも考えられる。
しかしながら観光客の激減は、ツーリストビザ発行に新しく付加された厳しい規制によって、観光客やVIPビジネスツーリスト入国の敷居が高くなった結果とも言えるだろう。万一五輪開催中に抗議運動が起きるとすれば、その抗議者となる可能性が高いとみて中国政府が恐れる学生層もまた、そうした規制の対象になっている。
d0123476_16194854.jpg
インドの亡命先ダラムサラで、中共軍によるチベット人弾圧を実演する亡命チベット人 中共政府のチベット占領以来120万人が虐殺と拷問の犠牲になっている

5. Hurting vacation lease as well

Along with hotels, homeowners who hoped to land a windfall by leasing their homes or apartments are being disappointed. Song Zhi, manager of a Web site aimed at overseas Olympic tourists, said he had 200 units but only 20 were reserved. The average price is about 1,000 yuan ($145). “We don't have what we've expected,” Song said. “There're not even many people making inquires about pricing. We had expected a peak in June, but that peak has yet to come.”
バケーション賃貸業界にも悪影響
ホテル業界が不況をかこっているのと同様に、五輪開催期間中に自宅やマンションを賃貸しようと目論んだ地元の中国人もまた、捕らぬ狸の皮算用に終わりそうである。海外のオリンピック観光客向けに賃貸物件のウェブサイトを運営する孫・ジーさんは、サイトに掲出している200ユニットのうち、わずか20ユニットしか予約がとれていないとこぼす。ちなみに、このバケーションレンタルのサイトで取り扱っている貸室の平均価格は、1泊1000元=15,500円前後である。
「期待したような状況じゃないです」と孫さんは嘆く。「何しろ価格の問い合わせをする人数さえ大したことないんですから。うちのサイトでは、6月に予約のピークを迎えると予想していたんですが、このぶんじゃピークはまだまだ先のことみたいです」
d0123476_1623363.jpg
6. Most game tickets domestically bought
Guo Lingmei, general manager of marketing for BTG Travel in Beijing, said high hotel prices and difficulties obtaining tickets were discouraging tourists. Beijing organizers have said 6.8 million tickets were available for the games, but most were swooped up domestically. Guo expects June, July and August to be slow. "There won't be many tourists in these months,'' she said.
競技入場チケット購入はほとんど国内
北京の旅行代理店BTGトラベルでマーケティング部門の局長を務めるグォ・リンメイさんは、こうした状況を、「ホテル宿泊料が高いのと競技観戦チケットの入手が困難なことがツーリストの気をそいでいる」と説明する。北京五輪実行委員会側では、会期中の競技全体で680万枚のチケットが入手できると豪語しているが、そのほとんどは国内向けに回されてしまった。グォさんは6月7月はもちろん、開催期間の8月ですら旅行業界は低調なままだろうと予測する。「この調子だと今後3ヶ月は、あまり多くの旅行客は望めません」と彼女は嘆く。
d0123476_16242563.jpg
辺境自治区の都市カシュガルで実施された聖火リレーでは当局に選ばれた者だけがリレーに声援

7. High-end hotels in good shape

Some established five-star hotels are in good shape — at least during the Olympics — having secured reservations from Olympic sponsors or national Olympic committee delegations. “We don't have any problems at all,” said Marco Sander, director of marketing and sales at the 526-room Kempinski Hotel. He said his high-powered guests were a sure bet. “They need to come and they have no choice to turn back now,” Sander said. “They have put so much money down they cannot draw back.”
ラグジュアリーホテルはほぼ予約済み
それでも、既存の5スターホテルのいくつかは、良い線を保っている。もっとも、オリンピックの期間中だけだが。こうした宿泊施設は、オリンピックスポンサーや各国の五輪役員代表団などから予約を確保したようだ。「私どもでは何の問題もございません」と豪語するのは、全526室を控えたケンピンスキホテルのセールスマーケティング部長であるマルコ・サンダー氏である。彼は、今期の販売ではハイエンドカスタマーが本命だと語る。
「彼らはなにはさておき当地に集まる連中で、一旦予約したらあとに引く訳にはいかない層ですから。キャンセルするにはあまりにも高額な予約料を、すでに支払ってしまってますからね」
d0123476_16261999.jpg
オリンピックの水泳競技が行われるブルー・スタジアムの内部 各競技のチケットはべらぼうに高価

8. Concerns about 'after Olympic'

Sander said he was doubtful that Beijing would charm foreigners. Barcelona made its mark in 1992 with a stunning port and spirited nightlife, and Sydney did much the same in 2000. Sander's hotel, like many, has undergone renovation in the run-up to the games. “We will see a big vacuum after the Olympic Games,” he said. “If Beijing is not able to transmit a very positive picture about the city and facilities — if we can't convince people to come to Beijing we have a big problem.”
五輪後の空白現象を心配
サンダー氏は、中国政府が外国人観光客に対して本気でアピールしようとしているのかどうか疑わしい、と本音を漏らす。1992年のバルセロナ大会では、壮麗な湾岸の施設やナイトライフが売り物だったし、2000年のシドニー大会でも、観光のポイントは街の景観にあった。一方北京では、他の多くのホテルと同様にサンダー氏のホテルもまた、五輪開催に間に合うように莫大な予算をかけたリノベーションの真っ最中である。サンダー氏はこうしたホテル業界の今後の予測を、次のように説明する。
「北京では、オリンピックが終わった後、一挙に予約の空白地帯が現れるでしょう。もしも中共政府が外国人観光客に対して、北京の町並みや各種施設のかなり良いイメージを抱かせることができなければ……つまり、外国人旅行者に対して北京に来たいと思わせられなければ、われわれは大変な問題を抱えた事になります。」 »» 続く

【米国時間 2008年6月25日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_16283699.jpg
»» 次号「五輪テロ対策に10万人出兵・対空ミサイルの特別警戒」に続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8176111
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8176111

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選


▼この下の『特集・中国崩壊』記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-25 16:38 | 北京の長い夏

サルコジの聖地巡礼「エルサレム分割で中東平和を」

f0127501_128435.gif

   ||| サルコジの中東ナポレオン外交 |||

d0123476_1525687.jpg
イスラエル建国60周年を祝い、サルコジ3日間のエルサレム巡礼
中東平和に パレスチナ提案の「エルサレム二都分割統治」を支持


米国時間 2008年6月23日 | AP通信・パリ支局編集 | 『米流時評』ysbee 訳
イスラエル・エルサレム発 |フランスのニコラス・サルコジ大統領は、モデルで歌手の妻カーラ・ブルーニ・サルコジさん同伴の3日間のイスラエル訪問旅行の端緒を切り、22日日曜首都エルサレムに到着した。今回のスケジュールには、イスラエルとパレスチナ双方の首脳との個別会談、パレスチナ西岸にある聖地ベツレヘム巡礼、ガザ紛争でパレスチナ側の捕虜となったままのイスラエル兵士の両親を慰問……などが予定されている。(捕虜となった若者ギラッド・シャリットは、フランスの市民権を保有したイスラエルへの移民1世でもあるため)
▲トップ:5月27日カナダからフランスを訪問したスティーブン・ハーパー首相とエリゼー宮で会談するサルコジ
▼6月14日欧州中東卒業旅行中のブッシュ大統領を迎えるサルコジ。一連のトップ会談はNATO体制強化のため?

d0123476_1535329.jpg
Sarkozy Says Israel Must Share Jerusalem
The French president says there can be no Mideast peace until then

JUNE 23, 2008 EST | Associated Press — ISRAEL | Translation by ysbee
JERUSALEM — French President Nicolas Sarkozy arrived in Jerusalem Sunday for a three-day visit, accompanied by his wife, model-turned-singer Carla Bruni-Sarkozy. His schedule includes talks with Israeli and Palestinian leaders, a visit to the biblical West bank town of Bethlehem and a meeting with the parents of an Israeli soldier held by Palestinian militants in Gaza. The young man, Gilad Schalit, holds French citizenship.

__________________________________________________________________
JUNE 24, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S

イスラエル建国60周年を祝い、サルコジ3日間のエルサレム巡礼
米国時間 2008年6月23日 | AP通信・エルサレム発パリ支局経由 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_15102722.jpg
中東訪問直前の6月19日、パリのエリゼー宮でフランス訪問の英国ブラウン首相を迎えるサルコジ大統領

1. Reinstallation of French-Israel bond

France was a strong ally in Israel's early years of independence. But relations soured, particularly after the 1967 Mideast war, when France imposed an arms embargo and began adopting more policies critical of Israel. Many Israelis have long viewed France as biased in favor of the Palestinians, and reports of rising anti-Semitism toward the French Jewish community — at 600,000, the third-largest in the world — have only fanned the flames.
フランスとイスラエルの絆復活へ
フランスは第二次大戦後のドゴール政権時代、イスラエルが建国独立した1948年以降の早い時期には、イスラエルの強力な支援国でもあった。しかし、1967年の中東戦争以降は、フランスはイスラエルに対して武器輸出禁止措置をとりイスラエル政策に批判的態度を示したため、両国間の友好関係は急激に悪化した。イスラエル人の多くは、フランスがパレスチナ人に好意的な態度に偏向しており、また60万人を数える世界第三のユダヤ人社会を内包するフランス国内において、アンタイセミティズム=反ユダヤ主義の台頭が報告されているにもかかわらず、火の粉を払うだけで抜本的な対策を講じない姿勢に、業を煮やしている。
d0123476_15111920.jpg
3日間のイスラエル訪問旅行に同行したサルコジの新夫人、モデルで歌手のカーラ・ブルーニ・サルコジ

2. Praising democracy in the promised land

Sarkozy, whose maternal grandfather was a Greek Jew, praised Israel's democracy and quoted the biblical passage in which God promises the Holy Land to the children of Israel. The comments drew applause and broad smiles from most lawmakers but got scowls from the handful of Arab members.
約束の地イスラエルでの民主主義国家実現を賞賛
ユダヤ系ギリシャ人を祖父に持つサルコジは、建国60年を祝うイスラエルの国会クネセットで記念演説を行なったが、その中で「ユダヤ人の子孫に対して神が与え給うた約束の地」という旧約聖書の一節を引用して、その地イスラエルにおいて実現した民主主義を讃えた。満員の議場でこの演説の一節を聴いた議員たちは、満面に笑みを浮かべて拍手喝采したが、ひと握りのアラブ議員たちからは不満のヤジが飛んだ。
d0123476_15125366.jpg
イスラエルの国会クネセットで建国60年の祝賀演説を行いスタンディングオベーションを受けるサルコジ大統領

3. Year-end final peace deal, unlikely

But as he turned his attention to the struggling peace process, reactions were less enthusiastic. Israel and the Palestinians have set a year-end target to reach a final peace deal. But the sides have said that goal is increasingly unlikely. The Palestinians are upset about continuing Israeli construction in the West Bank and east Jerusalem — areas they claim for a future state.
難航する年末までの平和条約締結
しかし、演説のテーマが難渋するパレスチナとの和平交渉へ移ると、議会の聴衆の反応はとたんに冷めたものとなった。イスラエルとパレスチナは、両者間の和平交渉の最終目標を和平条約におき年内の締結をめどとしているが、双方の内部関係者ともに、年内の実現はますます難しいのが現状だと漏らしている。特にパレスチナ側では、和平条約が整った場合にはパレスチナ側の領土となる予定の左岸地区とエルサレム東部地区で、相変わらずイスラエル人集落の建設が継続されていることに関して憤慨している。
d0123476_1514599.jpg
昨年ゴラン高原でヒズボラがイスラエル兵を捕虜にしたのがレバノン戦争のきっかけとなった。戦争は終わったが捕虜は解放されていない。捕虜の一人でフランス市民権を持つイスラエル兵士ギラッド・シャリットの両親と、エルサレムのキングデービッドホテルで会談するサルコジ。これは例えて言うならば、ブッシュが憲法記念日に日本を訪れ北朝鮮に拉致された日本人の両親に個人的に会って慰める、といったような状況ではないだろうか。たとえポーズでもこういう行動をとるのが、その国の痛みを知っているサルコジの外交力であり政治力である。

4. 'Jerusalem as the capital for two states'

President Sarkozy said Monday there could be no Mideast peace unless Israel drops its refusal to cede sovereignty over parts of Jerusalem claimed by the Palestinians, challenging one of Israel's most emotionally held positions. "There cannot be peace without recognition of Jerusalem as the capital of two states and the guarantee of free access to the holy places for all religions."
「エルサレム二都物語」の実現を
月曜の演説で、サルコジ大統領はイスラエルがイスラエルがもっとも感情的に固執しているエルサレム分割案にあえてふれ、パレスチナが要求しているエルサレム分割統治案に対するイスラエルの拒絶を撤回するべきと表明した。「ユダヤ教のイスラエルとイスラム教のパレスチナ両方の首都として、また(キリスト教も含む)あらゆる宗教の聖地として信者がエルサルムへ自由に出入りできる状況を保証しない限り、中東の平和はありえない」と発言した。
d0123476_15191869.jpg
ヨルダン川の左岸の歴史ある都市ジェリコで砂嵐の中をパレスチナ軍施設の堡俏に立つ兵士

5. Old city, the key Israeli issue

Speaking to a packed session of the legislature, Sarkozy also called on Israel to stop building settlements in the West Bank. Israel says the Palestinians must do more to rein in militants. Israeli Prime Minister Ehud Olmert has declared a partial settlement freeze but said construction will continue in areas Israel intends on retaining — including major settlement blocs and Jewish neighborhoods in east Jerusalem. Olmert also opposes giving up control of Jerusalem's Old City, where key Jewish, Christian and Muslim holy sites are located. Israel captured east Jerusalem, including the Old City, in the 1967 Mideast War.
エルサレム旧市街に固執するイスラエル
d0123476_1520488.jpgイスラエル国会の満席の議場に向かってサルコジはまた、パレスチナ左岸地区に散在するイスラエル人入植者部落の建設工事を、和平交渉の条件として中止するよう呼びかけた。左岸地区に関するイスラエル側の言い分は、パレスチナ政府が反乱分子をもっと厳しく鎮圧するべきという点にある。この問題に関してイスラエルのエフド・オルメルト首相は、セツルメント(入植者部落)の一部は開発を凍結したが、反乱分子が入り込まないように保守するべき地域ではイスラエル人部落の建設を続けると主張する。それらの地域には、既存の主要セツルメントとエルサレム市内東部のユダヤ人居住区が含まれている。オルメルトはまた、エルサレムの歴史ある旧市街区=オールドシティの統治権を放棄するのにも反対である。オールドシティにはユダヤ教、キリスト教、イスラム教それぞれの聖地が存在しているからだ。ちなみにオールドシティを含むエルサレム全体をイスラエルが奪取したのは、1967年の中東戦争の際である。
エルサレム市内東部のハルホマ・セツルメント ユダヤ人入植者向けの住宅建設続行は和平条約の進行を阻んでいる

6. 'Unacceptable for Iran's nuclear program'

Sarkozy assured Israel it was not alone in its concerns about Iran's "nuclear military program" and said confronting Tehran requires a united international front. France takes on the presidency of the European Union on July 1. "France is determined to pursue, with its partners, a policy of progressively tougher sanctions," he said in French. "An Iran equipped with nuclear weapons is unacceptable for my country."
「フランスはイランの核兵器開発を認めない」
一方サルコジはイスラエルに対し「イランの核問題」に関して極めて留意していると述べ、テヘランのイラン政府とイスラエルの衝突が起きれば、国際的な統一戦線が必要となると述べた。フランスは今年7月1日を期してEUの首長国となるが、その件に関してサルコジはこう表明した。「フランスは、他のEU諸国とともに、イランに対するより強硬な経済封鎖政策を下す覚悟である。核兵器を保有するイランという存在は、我が国は認めるわけにはいかない」
d0123476_1521963.jpg
今月17日に66年以来42年ぶりにNATOの司令軍に復帰したフランス 同日パリ北部のクレール空軍基地を視察

7. EU approved new sanctions against Iran

At a meeting in Luxembourg on Monday, EU nations approved new sanctions against Iran, including a freeze on assets of the country's biggest bank and a travel ban on high-level experts dealing with Iran's nuclear program. Israel, which believes Iran is developing nuclear weapons, has welcomed the international sanctions, but warned that "all options are on the table" if diplomacy fails.
EU、イランに新規の経済封鎖で加圧
23日月曜ルクセンブルグで行われた会議で、EU加盟諸国はイランに対する新しい経済封鎖政策を採択した。この中にはイラン最大の銀行の資産凍結や、イランの核開発に関与する要人技術者の渡航禁止などが含まれている。イスラエルは、イランが核兵器開発を行っていると信じているので、今回の経済封鎖に関しては諸手を上げて賛成である。しかし、あらゆる外交手段が失敗に帰した暁には、「すべての手段は手のうちにある(先制ミサイル攻撃・核攻撃も)」とイランに対して警告を発している。 [了]

【米国時間 2008年6月24日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_15224683.jpg
»» 次号「チベット問題と四川大地震で一気に盛り下がる北京五輪ツーリズム」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8169964
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8169964

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

d0123476_185508.jpg
昨年のシリア核の危機「中東核戦争」と「NIE諜報レポート」の特集連載もぜひご参照ください。


▼クリックしてこの下の『米流時評』中東核戦争・NIE諜報特集記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-24 15:16 | サルコジのフランス

イランの核に協力する中国・ロシアと中東核戦争の想定

f0127501_128435.gif

 ||| イスラエル・イラン中東核戦争の想定 |||

d0123476_23233874.jpg
核保有体勢を固めるイランと米、EU、国連、IAEAの対応策の失敗
ロシア・中国の協力体制と イラン攻撃の結果起きる中東戦争の想定


2008年6月23日 | ウォールストリートジャーナル・緊急時評 | 訳『米流時評』ysbee
イスラエルは、爾来そのもっとも微妙な軍事戦略に関しては、あえて公開して世間の批判にさらしたりしないことでは定評がある。しかしながら、今回の(イラン攻撃を模した)空爆演習のニュースが西側諸国各紙の一面トップで大々的に報道された件については、イスラエル政府関係者が暴露記事として度肝を抜かれたか、という点では疑わしいものがある。
【訳者注:23日までのメディア各紙の報道では、イランに対する脅しとEUの経済封鎖強化という外圧を強めるために、イスラエルと軍事情報をシェアする米国政府があえて、6月第一週に実施されたイラン攻撃演習の事実を漏洩した、という解釈が通説になってきている】
Israel on the Iran Brink
Recent air force exercises splashed over the front pages of the Western press

JUNE 23, 2008 | Wall Street Journal — World Review | Translation by ysbee
WASHINGTON — Israel isn't famous for welcoming public scrutiny of its most sensitive military plans. But we doubt Jerusalem officials were dismayed to see news of their recent air force exercises splashed over the front pages of the Western press.


__________________________________________________________________
JUNE 23, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

W a l l S t r e e t J o u r n a l

核保有体勢を固めるイランと米、EU、国連、IAEAの対応策の失敗
2008年6月23日 | ウォールストリートジャーナル・緊急時評 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_23245818.jpg
1. 900 miles within the radius
Those exercises — reportedly involving about 100 fighters, tactical bombers, refueling planes and rescue helicopters — were conducted about 900 miles west of Israel's shores in the Mediterranean. Iran's nuclear facilities at Bushehr, Isfahan and Natanz all fall roughly within the same radius, albeit in the opposite direction. The point was not lost on Tehran, which promptly warned of "strong blows" in the event of a pre-emptive Israeli attack.
問題の半径900マイル地点
報道された記事によると、今回の実戦演習は総勢100機のジェット戦闘機・戦略用爆撃機・ジェット燃料補給機・救助用ヘリを動員してイスラエルの地中海沿岸地域から西へ900マイルの地点で爆撃演習が実施されたと伝えられた。ちなみに、イランの核施設の所在地、ブッシェール、イスファハン、ナタンツは、イスラエルの空軍基地から、それぞれ同じ距離半径地点に位置する。もっとも逆方向の東へ向かってだが。このポイントを、イラン政府は見逃さなかった。テヘランからはただちに「イスラエルによる先制攻撃」が行われた場合には、激甚な反撃を予測せよという警告が発せられた。
d0123476_23271715.jpgd0123476_2328827.jpg
左:F-16演習時の爆撃ターゲットの映像/右:イランの代表的な核施設ナタンツのサテライト写真

2. Why registered in Western capitals?

The more important question is whether the meaning of Israel's exercise registered in Western capitals. It's been six years since Iran's secret nuclear programs were publicly exposed, and Israel has more or less bided its time as the Bush Administration and Europe have pursued diplomacy to induce Tehran to cease enriching uranium. It hasn't worked. Iran has rejected repeated offers of technical and economic assistance, most recently this month.
なぜ西側各紙に公表されたのか?
しかしそれよりももっと重要な疑問は、イスラエルの攻撃演習の情報がなぜ西側の各紙に公表されたのかという点だろう。そもそもイランが秘密裏に開発していた核施設が暴露されてから、すでに6年も経っている。しかも、テヘランに対し(核兵器の原料となる)ウラン濃縮工程を廃絶するよう説き伏せるために、ブッシュ政権とヨーロッパ諸国が訪問外交を取り交わしている最中であり、イスラエルはその結果をおとなしく待っているしかなかった時期でもあった。しかし、そうした外圧は効果がなかった。イランは、核廃絶と引き換えの技術提携や経済援助という、西側からの度重なる申し出を断り続けた。そのもっとも最近の拒絶は、今月あったばかりだった。
d0123476_23291139.jpg
昨年9月に中国の技術援助で建設中だったシリアの核施設 イスラエルの空爆で撤去した

3. U.S., U.N., Russia, China, IAEA against Iran

Despite four years of pleading, the Administration has failed to win anything but weak U.N. sanctions. Russia plans to sell advanced antiaircraft missiles to Iran and finish work on a nuclear reactor at Bushehr, though spent fuel from that reactor could eventually be diverted and reprocessed into weapons-usable plutonium. Chinese companies still invest in Iran, while the U.N.'s chief nuclear inspector, Mohamed ElBaradei, has repeatedly downplayed Iran's nuclear threat.
米国、国連、ロシア、中国、IAEAのイラン対応
4年間核廃絶を説得し続けたにもかかわらず、大して効果のない国連の経済制裁決議を得る以上の成果を上げる事に、ブッシュ政権は失敗した。ひるがえってロシアの方では、空爆戦闘機撃墜用の対空ミサイルをイランに売りつける事を目論んでおり、なおかつブッシェールの核燃料炉建設工事を終える段までいっている。しかも、この原子炉で使用済みの核燃料は、リサイクル施設を利用すれば核兵器の原料となるプルトニウムへと変換することさえ可能なのである。中国政府は相変わらずイラン政府に対して資本を投下しているというのに、国連の核管理の権威であるIAEAのモハメド・エルバラデイ事務局長は、イランの核の脅威は恐れるに足らないと繰り返している。
d0123476_2354779.jpg
イスラム革命以来の仇敵関係を打破するため昨年27年ぶりにバグダッドで行われた米国とイランの画期的外交会議
左端の人物がこの会議を実現した立役者のライアン・クロッカー駐イラク米国大使 別名「バグダッドのロレンス」


4. Fault NIE report and Obama's Iran diplomacy

As for the U.S., December's publication of a misleading National Intelligence Estimate that claimed Iran had halted nuclear weaponization signaled America's own lack of seriousness toward Iranian ambitions. Barack Obama is leading in the Presidential polls and portrays as a virtue his promise to negotiate with Iran "without precondition" — i.e., without insisting that Tehran stop enriching uranium.
NIEレポートの誤謬とオバマのイラン対策
米国に限って触れるならば、昨年12月に公開されたNIE国家情報評価で「イランは核兵器開発を停止した」と誤報されたために、アメリカは自らイランの核への野心に対して真剣味に欠けるという醜態をさらす結果となった。一方今期の大統領選では、民主党のバラク・オバマ候補は (共和党のマケイン候補を) 有権者の支持率でリードしているが、イランに対しては「従来の条件抜きで」直接交渉するという外交政策を打ち出して、彼の選挙公約の真価と受け取られている。これはすなわち「イラン政府がウラン濃縮を廃棄した」というNIEの既報を鵜呑みにしないで交渉にあたる、という(現実重視の)外交姿勢にほかならない。
d0123476_23364093.jpg
石油利権のために無謀なイラク侵攻で米国を泥沼に陥れたブッシュに代わって、内政・外交全面での「CHANGE」を求めるアメリカ国民の期待を集める民主党の大統領選候補バラク・オバマ上院議員 現在マケインを12%以上リード

5. Iran installed thousands of centrifuge

All the while Iran continues to enrich, installing thousands of additional centrifuges of increasingly more sophisticated design while it buries key facilities underground. No wonder Israel is concluding that it will have to act on its own to prevent a nuclear Iran. Earlier this month, Deputy Prime Minister Shaul Mofaz, a former army chief of staff, warned that "if Iran continues with its program for developing nuclear weapons, we will attack."
すでに数千本の燃料棒を蓄積したイラン
この間ずっとイランは核燃料濃縮を継続し、ますます核兵器使用に耐える高濃度のウラン燃料棒を、すでに数千本も蓄積し続けてきた。しかも、主要核施設は地下に埋設建造する事すら実施した。こうした経緯を振り返れば、イランの核兵器所有を阻止するために、イスラエルが「もはやこれまで」と単独行動を起こさねばならないと覚悟を決めたのも無理のない道理である。今月早々、イスラエルの元防衛長官でもあったサウル・モファズ副首相は、「万一イランが今後継続して核兵器開発計画を進めるならば、我が国はイランを攻撃する」と警告を発していた。
d0123476_2338108.jpg
2007年テヘランで米国と外交交渉段階だった当時のイラン政府ホセイニ広報官

6. Against other nation's nuclerization

nuclear reactor ought to be proof of Israel's determination. An Israeli strike on Iran's nuclear sites would of course look nothing like the Syrian operation. The distances are greater; the targets are hardened, defended and dispersed; hundreds of sorties and several days would be required.

公開されている限りのイランの核施設所在地図 これだけの数を一度に同時攻撃というのは不可能と予測される▼
周辺国家の核所有に対するイスラエルの覚悟
d0123476_23393399.jpg他の閣僚はこうした攻撃論から距離をおいてはいたが、昨年9月のシリアの核施設建設現場に対して断行された空爆をみれば、周辺国家の核所有に対するイスラエルの覚悟が伺えるというものである。もっとも、いざイランの数多くの核施設を実際に爆撃するとなれば、その時はシリアの建設中の単独施設爆撃とは、似ても似つかない事は目に見えている。イラン施設までの距離は壮大である。爆撃対象は地下施設で破壊しにくい。対空ミサイルで防御され、しかもイラン各地に散在している。実際の攻撃には、数百回の出撃で数日間を要する。

7. Retaliation by Iran with Hezbollah, Hamas
Iran would retaliate, with the help of Hezbollah and Hamas, possibly sparking a regional conflict as large as the 1973 Yom Kippur war. Mr. ElBaradei predicted this weekend that such an attack would turn the Middle East into a "ball of fire."
イラン攻撃が行われた場合の想定
万一イスラエルから攻撃が行われた場合には、イランはもちろん反撃に出るし、おまけにレバノンのヒズボラとガザのハマスがイランに加担し、隣国イスラエルを攻撃する。その結果、1973年のヨムキッパー戦争と同じスケールで、中東一帯が戦火に包まれる可能性がある。IAEAのエルバラデイ事務局長は「(実戦演習で行ったような)イスラエルによるイラン攻撃は、中東全体を火だるまにするだけだ」と今週末(6/21)サミット会議中のデュバイで警告を発した。
d0123476_23405256.jpg
ウィーンのIAEA本部でモハメド・エルバラデイ事務局長 エジプト外交官出身でノーベル平和賞受賞者

8. U.S., U.N. responsible for the consequence

Yet his own apologies for Iran and the West's diplomatic failures are responsible for bringing the region to this pass. They have convinced the mullahs that the powers responsible for maintaining world order lack the will to stop Iran. Israelis surely don't welcome a war in which they will suffer.
米国、国連ともに反撃で起こる中東戦争に責任
しかしながら、彼自身のイランに対する謝罪や(イランが核への野心を捨てなかったという)西側諸国の外交の失敗もまた、中東がこうした破滅への道をたどる結末に対して責任がある。国連と西側諸国のとった行動は、イラン政府首脳の高僧たちが「世界秩序の維持に責任のある国際権力でさえ、イランを押しとどめようとする意志が欠如している(誰にもイランを止めることはできない)」と悟る結果を招いた。イスラエル政府とは別に、イラン攻撃の結果として甚大な被害を被る戦争を、イスラエル国民が歓迎するわけがない。
d0123476_23483040.jpg
任期・人気ともに残り僅かを残すばかりとなったイスラエルのエフド・オルメルト首相

9. Tragic paradox of the past six years

Yet they have no choice but to defend themselves against an enemy that vows to obliterate them if Iran acquires the weapon to do so. The tragic paradox of the past six years is that the diplomatic and intelligence evasions offered in the name of avoiding war with Iran have done the most to bring us close to this brink. Appeasement that ends in war is a familiar theme of history.
過去6年間が作り出した悲劇的逆説
全面戦争になれば、イスラエル国民は敵国に対して防衛する以外選択肢はない。しかもその場合の敵とは「核兵器を保有したらイスラエルを地上から消す」と誓っていたイランなのだから。こうした過去6年間に醸成されたのは「イランとの戦争を避けるという名目の元に行われた外交と諜報の画策が、逆に現在の一触即発の中東危機の瀬戸際を招いてしまった」という悲劇的な逆説……和平のための妥協案の結果、戦争にいたるという経過は、歴史の実例にはよくある教訓である。[了]

【米国時間 2008年6月23日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_23474158.jpg
»» 次号 サルコジの聖地巡礼「エルサレム分割で中東平和を」に続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8161460
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8161460

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

d0123476_185508.jpg
昨年のシリア核の危機「中東核戦争」と「NIE諜報レポート」の特集連載もぜひご参照ください。


▼クリックしてこの下の『米流時評』中東核戦争・NIE諜報特集記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-23 00:16 | 中東核戦争

イラン攻撃は現実か?イスラエル、中東戦争への秒読み開始

f0127501_128435.gif

   ||| 中東戦争へのカウントダウン |||

d0123476_1341278.jpg
イスラエル空軍のイラン攻撃演習で秒読みの始まった中東核戦争危機
米国・イスラエル、両国ともイラン空爆先制攻撃の可能性を否定せず


米国時間 2008年6月21日午前10時02分 | AP通信・デュバイ発 | 『米流時評』ysbee 訳
アラブ首長国連邦・デュバイ発 20日金曜にニューヨークタイムズが報道し世界に衝撃を与えた問題の記事内容は次の通りである。
「イスラエル空軍は、F-16、F-15の戦略用戦闘爆撃ジェットを総数100機以上出撃し、900マイル以上の大編隊飛行演習を行った。これはちょうど、イスラエル空軍基地からイランのナタンツ核燃料濃縮施設までの距離に相当する。この実戦演習には、空中での飛行しながらの燃料補給作業や、(地上からの爆撃で)墜落したジェット機から脱出したパイロットをヘリで救出する作業など、攻撃戦闘時の具体的な演習も含まれていた。」
UN: Bomb Iran and Face Mideast 'Ball of Fire'
Nuclear agency chief's warning follows Israeli military exercises

JUNE 21, 2008 EST | Associated Press — DUBAI | Translation by ysbee
DUBAI, United Arab Emirates — The New York Times quoted officials on Friday as saying that more than 100 Israeli F-16s and F-15s staged the maneuver, flying more than 900 miles, roughly the distance from Israel to Iran's Natanz nuclear enrichment facility, and that the exercise included refueling tankers and helicopters capable of rescuing downed pilots.

__________________________________________________________________
JUNE 22, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

イスラエル空軍のイラン攻撃演習で秒読みの始まった中東核戦争
米国時間 2008年6月21日午前10時02分 | AP通信・デュバイ発 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_11554829.jpg
5. Olmert declined to rule out military action
Israeli Prime Minister Ehud Olmert has said he prefers that Iran's nuclear ambitions be halted by diplomatic means, but has pointedly declined to rule out military action. One Israeli lawmaker on Saturday urged caution, saying that the world should first do more to toughen and broaden the sanctions against Iran to persuade its leaders to halt the nuclear program.
オルメルト「外交優先だが軍事攻撃もありえる」
イスラエルのエフド・オルメルト首相は、「もちろん外交的手段によってイランが核兵器開発の野心を捨てる事は望むところだが、だからと言って軍事的手段を度外視するわけではない」と、「イラン攻撃の可能性を捨てない」という点を強調した。イスラエル国会議員のひとりは、21日土曜のオルメルト発言に特に注目するよう注意を促し、「国際社会はまず第一に、イランに対する経済封鎖をもっと大幅に強固に実施するべきだ。さもないと、イラン政府の首脳に対して核兵器開発の放棄を説得できるわけがない」とオルメルト首相の発言を補佐した。
d0123476_13432353.jpg
ユダヤ財閥系軍需・石油産業の傀儡である米国のブッシュ政権、そのまた傀儡であるオルメルト政権……
好戦主義のタカ派で周辺国家との対立抗争を好む政権へと、ユダヤ財閥の赤い糸はどこまでもつながっていく


6. Israel committee chair: 'Enhancing embargo'

Tzahi Hanegbi, chairman of the powerful Foreign Affairs and Defense Committee in Israel's parliament, suggested steps including banning Iranian planes, ships and sports delegations from entering Western countries. "There's a long way to go before diplomatic efforts are exhausted," Hanegbi said. "The sanctions aren't very strong, they are very shallow, there's a lot of room for enhancing them."
イスラエル「イランの完全封鎖政策を」
イスラエ議会の中でももっとも強力な権威を持つ外交軍事委員会のツァヒ・ハネグビ議長は、イランの核開発計画の廃絶をも含む核開発停止案を提案する。その中には、西側諸国とイランの航空路・海路の全面封鎖や、サッカーなど国際スポーツイベントへの参加禁止など、厳しい条件も含まれている。「外交的手段を使い果たすまでは、まだまだいくつかの段階が残されている。現段階での経済封鎖は決して強力なものだとは言えない。きわめて手ぬるいものであり、まだまだ強化策を取る余裕はある」と議長は説明した。
d0123476_13441171.jpg
80年代にイスラエル首相を務めたタカ派リクード党のビンヤミン・ナタニヤフ。次期首相に立候補し有望と見られているが、イランに対し徹底抗戦を主張する彼が首相の座に復活すれば、即刻イラン空爆が始まる事は疑う余地がない。これに反して、90年代にクリントン政権時代にPLOパレスチナ解放戦線のアラファト議長と和平締結の一歩手前まで行ったバラク元首相は、イラン攻撃は中東全体の核戦争にエスカレートするとすでに何度も警告を発している。

7. U.S.: Seeking diplomatic resolution

The United States also says it is seeking a peaceful, diplomatic resolution to the threat the West sees from Iran's nuclear program, although U.S. officials also have refused to take the threat of military action off the table. U.S. Secretary of State Condoleezza Rice refused to comment on the Israeli maneuvers in an interview with National Public Radio aired Saturday but said: "We are committed to a diplomatic course."
米国「平和的外交手段を模索」
一方米国はイランの核開発によって西側諸国にもたらされた脅威を排除するために、あくまで外交交渉で平和的に解決する事を望んでいるが、米国政府高官もまたイスラエルと同様に、軍事行動によるイラン攻撃を選択肢からはずすことは否定した。米国国務省のコンドリーザ・ライス長官は、米国の公共放送ラジオNPRの土曜の番組インタビューで、イスラエルの「イラン攻撃想定の軍事演習」についてコメントするのを避けたが、「米国政府は外交手段をとる方針にこだわっています」とも述べた。
d0123476_13444650.jpg
米空軍トップ将校2名の「辞任」を発表したあと、ペンタゴンのプレスルームでの記者会見を終えて引き上げるロバート・ゲイツ国防総省長官 イラク戦争での失敗が表面化するにつれ、本来のテロ戦争の攻撃目的地であるアフガン戦線の強化を主張する制服組と、ブッシュ政権下のネオコンの中東覇権政策を強行しようとする官僚派の間で、戦略上の意見の衝突が絶え間なく、政府を見限って辞任したトップ司令官は十指に余る。

8. Olmert: 'Sanctipon alone is not enough'

In an interview with the German magazine Der Spiegel published Wednesday, Olmert said the current international sanctions against Iran would probably not succeed alone, saying there were "many things that can be done economically, politically, diplomatically and militarily." Asked if Israel was capable of taking military action against Iran, Olmert said, "Israel always has to be in a position to defend itself against any adversary and against any threat of any kind."
オルメルト首相「経済封鎖だけでは効果なし」
18日水曜発売のドイツの時事週刊誌『デル・シュピーゲル』のインタビュー記事で、イスラエルのオルメルト首相は、最近の国際社会がイランに対して行っている経済封鎖に関して、多分その政策だけでは(イランの核開発計画の廃棄は)成功しないだろうと述べ、「経済・政治・外交・軍事のあらゆる面で対処できる策がもっとある」と語っている。
また、インタビュアーの「イスラエルがイランに対して軍事的行動を起こす(先制攻撃する)可能性があるか?」という質問に答えて、オルメルト首相はこう応えている。「イスラエルは、いついかなる場合でもいかなる類いの脅威に対しても、自国を防衛する体制にあらねばならない。」
d0123476_1346290.jpg
1948年、国連で建国が承認されて以来、イスラエルは中東の要衝地点で周囲をイスラム教国家に取り巻かれ、常に存在の危機に脅かされながら存続し続けてきた。その間6日間戦争を始めとする数々の戦役を体験。国民は男女を問わず18才になると同時にイスラエル自衛軍に入隊して、男性は3年、女性は1年9ヶ月の兵役を務める徴兵義務がある。

9. Warning rippled across the Gulf region

Meanwhile, reaction to the Israeli exercises rippled across other parts of the Gulf. In Dubai, the government-owned Khaleej Times newspaper warned in an editorial Saturday that an attack on Iran by Israel or the United States would have "disastrous consequences for the region." "A nuclear Iran is in nobody's interest, but military action and armed rehearsals will also not be tolerated," the paper said.
湾岸地域にイスラエル示威行為の衝撃
一方、イスラエルの実戦演習の波紋は、湾岸地域にさざ波のように広がった。アラブ首長国連邦の首都デュバイでは、国営のカリージ・タイムズ紙が土曜版の紙面に掲載した記事は次のようなものであった。「イスラエル、あるいは米国によるイラン攻撃は、中東地域全体に破滅的結果をもたらすだろう。……イランの核武装は誰の得にもならないが、軍事行動と実戦演習もまた同様にあってはならないことである。」
d0123476_13541998.jpg
一昨年選挙の結果ガザの主導権を握った過激派イスラム軍団ハマスのハニエ代表を表敬訪問した、イランのアフマディネジャド大統領 イスラム圏では男同士でもこうして手をつなぎ友好と信頼関係の表象を示すが、あまり気持ちのいいものではない、特にアフマディであるだけに。

10. Question focused on Iran's nuke program

The U.S. and many Western nations accuse Iran of seeking a nuclear bomb. Iran has rejected the charges saying its nuclear program is aimed at generating electricity not a weapon. A U.S. intelligence report released late last year concluded that Iran has suspended its nuclear weapons program, but Israeli intelligence believes that is incorrect and that work is continuing.
イランの核開発停止問題が焦点
米国と西側諸国は、イランが核兵器を保有しようとしていると非難する。一方イラン側は、核開発計画はあくまで発電用の原子力開発であって、核武装のためではないと西側の非難を却下する。また、昨年後半に公開された米国の諜報機関の調査報告書では、イランは核兵器開発を一時停止したと報告されたが、イスラエルの諜報機関は、その報告は間違っており、イランの核武装計画は継続中だと信じている。
d0123476_13465934.jpg
11. Israel's reputation of unilateral action
Russia's foreign minister warned Friday against the use of force on Iran, saying there is no proof it is trying to build nuclear weapons with the a program, which Tehran says is for generating power. There is precedent for unilateral Israeli action. In 1981, Israeli jets bombed Iraq's Osirak nuclear facility to end dictator Saddam Hussein's nuclear program. And last September, Israel bombed a facility in Syria that U.S. officials have said was a nuclear reactor being constructed with North Korean assistance.
イスラエル単独先制攻撃の前例
20日金曜の段階でロシアの外相は、想定されるイスラエル空軍によるイランへの軍事力行使に対して「イランが原子力発電のためだと弁明している現段階の核開発計画においては(あくまで原子力発電が目的で)核兵器を製造しようとしている証拠は皆無だ」とイラン側を弁護した。
しかし、イスラエルが周辺諸国の核開発を阻止するために実際に単独で軍事行動を起こした例は、過去においても多々存在する。1981年、イスラエル空軍の爆撃ジェット機がイラクのオシラク核施設を空爆し、当時のイラク独裁者サダム・フセインの核開発計画は終わりを告げた。また昨年9月には、「シリアが北朝鮮の援助を受けて核燃料炉を建設中だった」と米国の諜報が解明したシリアの疑惑の核施設に対しても、イスラエル空軍が爆撃して破壊している。 [了]

【米国時間 2008年6月22日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_13475947.jpg
▲上の写真とこの記事トップの写真:2006年夏に中東を震撼とさせたイスラエルによるレバノン侵攻。40日間の戦闘中にレバノン南部の都市は連日イスラエル軍の壊滅的な爆撃を受け廃墟と化したが、レバノン政府軍よりもゲリラ軍団であるヒズボラの抗戦がしぶとく、イスラエルは最終的に勝利を得られないまま終戦。この失態で軍部とオルメルト首相の責任が問われ、イスラエルの国際的評価は激減。反対にナスララー代表の率いるヒズボラは、レジスタンス戦を闘い抜いた軍団として、イスラム圏では英雄視される結果を招いた。それ以前から弱体のレバノン政府とヒズボラの拮抗も継続したままで、レバノンはいまだに暗殺やテロ行為の絶えない社会不安が残ったままである。

»» 次号「解明・イスラエルにイラン攻撃の圧力をかけたのは米国だった!」に続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8151637
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8151637

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

d0123476_185508.jpg
昨年のシリア核の危機「中東核戦争」と「NIE諜報レポート」の特集連載もぜひご参照ください。


▼クリックしてこの下の中東核戦争・NIE諜報『米流時評』特集記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-22 13:48 | 中東核戦争

警告!イスラエル対イラン 中東核戦争への助走

f0127501_128435.gif

  ||| イスラエル・イラン戦争への助走 |||

d0123476_1802484.jpg
中東核戦争の危機 イスラエル対イランの戦闘意識、急速に高まる
イスラエル空軍、戦闘爆撃機百機編隊飛行でイランを本格的に威嚇


d0123476_18552829.gif「If smells like it and tastes like it, then that is it. ……もしそういう匂いがしてそんな味がしたら、それはまさにそれにちがいない」これはアメリカ人がよく使う言い回しで、知識よりも本能や感覚による認識の方が当たっている場合が多いという意味。事件などの場合には、この tastes が sounds に変わったりするが、言っていることは同じで「直感を信じよ」という一般のアメリカ人にとっては極めて常識的な考え方である。この場合の常識とは、図書館や教室で「活字から」学んだ外付けの知識ではなく、年寄りの言い伝えや子供の直感で一瞬に見抜く「洞察力」による総体的認識である。
d0123476_1883281.jpg
▲トップの写真は模型のように見えるが、それもそのはず、イスラエルの砂漠に建設された攻撃演習専用の「偽装タウン」。モスクなども擬してどこかの「アラブの町並み」を再現している。この上の写真はそのツェーリムの再現都市で、ゲリラ戦に多い市街戦の実戦演習を行うイスラエル自衛軍の陸軍兵士。

米国メディアのジャーナリストの記事を読んでいて、しばしばその単刀直入なレポートに引き込まれる場合が多いのは、彼らが人一倍「正直」だからかも知れない。評論家にありがちな高踏的態度で象牙の塔の分厚い資料を振り回したりせずに、時代の風向きが変わる前兆を、自らの額をその風にさらして、寒暖の差を感じ、緩急の変化をつかみ、善悪の匂いを嗅ぎ分ける「ジャーナリストの本能」に長けているからにほかならない。彼らが最大の価値をおくのは、唯一「Tell the Truth=真実の報道」である。

また、自国の外交であれ外国の軍事行動であれ、いち早く傍受した情報をできるだけ早く一般大衆に伝える、という本来のブンヤ精神を保守しているようにも見える。サラリーは会社からもらっていても、魂は大衆社会に奉仕するという気概が、記者にしろカメラマンにしろ、その文章や写真からしばしばほとばしっている場合がある。この伝でいくと、6月に入ってから見聞する記事では、どうも急激に中東戦争の気配が濃厚になっているような前兆が、そこかしこに現れているようだ。世界中の各紙ともイスラエル空軍のイラン攻撃演習の中に、戦争の助走としての匂いと音を感じ取っている。
d0123476_189875.jpg
▲ハッツォー空軍基地にある「イラン攻撃演習」参加と同機種のF-16 戦略用戦闘爆撃機の飛行シミュレーション装置

今回この下の記事で紹介するのは、6月に入って以来イスラエルとイランの間で、核のキノコ雲のように急速に膨らんできた「イラン攻撃」の可能性に関するレポートである。イラン攻撃に関しては、昨年も何度もその不安が拡大した時期があったが、幸いにして米国外務省やペンタゴン内部の良識派の鎮圧が功を奏して、副大統領チェニーの暴走に終わっていた。

しかし、ブッシュ政権の命脈あるうちに、ネオコンの標榜する「中東ニューワールド」実現の最終目標である「イラン攻略」をなんとしてもしかけたいのが、共和党タカ派の軍事ロビーの思惑である。しかも、国防総省内でタカ派の内圧を抑えていた良識ある司令官が、ひとりずつ排斥されてきている現状もある。これには今期の大統領選も絡んでおり、米国が再度戦時攻撃体制に入れば、国民はいやが応でも軍事体制に強いジョン・マケイン候補を支持せざるをえなくなる、という選挙戦略としても効果的だからである。
d0123476_1894518.jpg
▲予備選の集会で、ビーチボーイズの「Barbara Ann」の替え歌で「Bomb, bomb Iran...(イランをバンバン爆撃せよ…)」と歌い、一躍「好戦派」の悪名を高めた戦時後遺症の残る共和党のジョン・マケイン候補。他にもイラクがシーア派政権でイランがスンニ派政権であるという中東外交の基本中の基本を取り違えて覚えていたり「アブナさ」ではかなりブッシュに近いものがあり、最近では「McBush=マクブッシュ/ブッシュの息子」「The Third Bush/3代目ブッシュ」と呼ばれ、人気が低迷している。
予備選ではオバマが毎回スタジアムを埋める2万人前後の集会で各都市の政治集会の記録を塗り替えているのに比べ、マケインは200〜300人の小集会なので、共和党支持者の中には今から勝利を諦める層もある。レーガン時代に民主党員でありながらレーガンに投票した有権者を「レーガン・デモクラッツ」と呼ぶが、その逆方向のクロスオーバーで、共和党に所属しながらオバマを支持する「オバマカン」と総称される識者・有権者も今期は数多く出現している。
写真は6月初旬にあった米国最強のイスラエルロビイスト団体 AIPACの年次総会で演説する共和党マケイン上院議員


そうしたブッシュ政権の最後の悪あがきの代理行為か?と思えるようなイスラエルの軍事威嚇行動が、今月第1週に強行された。それもF-16、F-15の戦略爆撃機百機以上の編隊飛行という大々的威嚇行為である。イスラエルの言い分は、核兵器開発を放棄しないイランに対して「本気の攻撃の演習」という示威行為と言うのだが、過去にもサダム政権時のイラクや昨年のシリアの「核の疑惑施設」を爆撃してきた実績があるだけに、ただの「脅し」だけでは済まないかも知れない。米国と連合での侵攻は、米議会の主導権を民主党が握っているし、第一米国民が絶対認めないだろうから、不可能に近い。しかし、イスラエル単独の先制攻撃なら、即決でありえる。国民の支持があるからだ。(もちろん反対意見も多いが、多数決では対イラン攻撃に賛成派が勝つ)

一方、核開発で糾弾されているイランでは、国民はアフマディの強硬な好戦的姿勢に嫌気がさし、来年の大統領選挙では反対派を選ぶだろうと予測されている。イスラエルでは、汚職を追及されているオルメルト首相も残り僅かの命。ブッシュ大統領に関しては、支持率16%という数字まで出るほどの不人気で「米国史上最悪の大統領」という烙印は消える事はないだろう。アフマディ、オルメルト、ブッシュ。好戦的で悪名高い三者そろって任期残り僅かとなった現在、核をめぐって真っ向から角突き合わせる事態が発生している。
d0123476_1813498.jpg
▲任期残り僅かのイスラエルのオルメルト首相。人気もほとんどないに等しい。元々中道穏健派というのはイスラエルでは受けが悪く就任当時から支持者が少なかった。ことにヒズボラに勝てず屈辱を喫した06年のレバノン侵攻以降、セクハラや業者癒着、収賄・横領など、閣僚の汚職問題が山積したのは致命的だった。しかしその間も数回となく退陣要求の嵐をかいくぐってこられたのは、ユダヤ人政治家の最たる特徴の二枚腰のおかげか。ブッシュがユダヤ系パワーハウスの米国旗艦店長とすれば、オルメルトは中東でのイスラエル現場監督と言えなくもない。

こうした [米国+イスラエル] X イランという、核開発をめぐる対立の図式が、イラン攻撃という実態となって具体化しないことを祈る。何といってもイランのすぐ後ろにはロシアがぴったりくっついているのだから、万一イラン侵攻が始まる時は「中東核戦争=第三次世界大戦」の開幕する時である。こけおどしで言っているのではない。この危機に際して、世界の核管理の総元締めである国際原子力機関 IAEAのエルバラデイ事務局長も、金切り声を上げて警告を発している。
"Bomb Iran and Face Mideast 'Ball of Fire'!"「イランを爆撃すれば中東全域が火の海になる」(正確には「火の玉=核爆発」か)と叫んでいるのだから。

【米国時間 2008年6月21日『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
JUNE 21, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

中東核戦争の危機 イスラエル対イランの戦闘意識、急速に高まる
米国時間 2008年6月21日午前10時02分 | AP通信・デュバイ発 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_18171039.jpg
UN: Bomb Iran and Face Mideast 'Ball of Fire'
Nuclear agency chief's warning follows Israeli military exercises

JUNE 21, 2008 EST | Associated Press — DUBAI | Translation by ysbee
DUBAI, United Arab Emirates — The U.N. nuclear watchdog chief warned in comments aired Saturday that any military strike on Iran could turn the Mideast to a "ball of fire" and lead Iran to a more-aggressive stance on its controversial nuclear program. The comments by Mohamed ElBaradei, head of the International Atomic Energy Agency, came in an interview with an Arab television station aired Saturday.


アラブ首長国連邦・デュバイ発 |21日土曜、国連の核保安監視機関IAEAのトップは「イランを軍事攻撃すれば中東全体が『火だるま』になりかねない。また、中東問題の焦点であるイランの核開発は、攻撃に反発してより過激な方向へ向かう可能性がある」と警告を発した。この国際原子力機関のモハメド・エルバラデイ事務局長の発言は、21日土曜アラブ系テレビ局のインタビューで放映されたものである。
▲上の写真は2006年夏勃発し40日間続いたイスラエルによるレバノン侵攻で爆撃されたベイルートの市街地。イスラエルがユダヤ人の敵と見なすレバノンのイスラム過激派軍団ヒズボラが本部を置くベイルート市南部は、連日の空爆で巨大な廃墟と化した。この戦役でも伺えるように、イスラエルは戦争に突入する前にすでに海軍・空軍を攻撃位置に総動員しており、一夜でベイルート空港の滑走路と主要基幹道路・橋梁を爆撃し、シリアからの支援ルートを断った。やる時は本気なので、敵に回すと核を保有するだけに最悪である。

1. Elbaradai: 'Turn the Middle East to a ball of fire'
The interview aired just a day after U.S. officials said they believed recent large Israeli military exercises may have been meant to show Israel's ability to hit Iran's nuclear sites. "In my opinion, a military strike will be the worst... it will turn the Middle East to a ball of fire," ElBaradei said on Al-Arabiya television. It also could prompt Iran to press even harder to seek a nuclear program, and force him to resign, he said.
IAEA エルバラデイ事務局長「イラン攻撃で中東全体が火だるまに」
d0123476_925661.jpgこのインタビュー番組は、つい最近イスラエルで一大軍事演習があったと米国政府高官が発言した翌日に放映されたが、高官はその演習に関して「イスラエルがイランの核施設を直接攻撃できる可能性を誇示する意味で実施されたのだろうと解釈する」と語られた事実が、米国時間で20日金曜にNYタイムズをはじめとする各メディアで報道されていた。
「私の意見では、軍事攻撃は最悪の結果となるだろう。そんなことをすれば、中東全体が火だるまになるのは目に見えている」この発言の模様は中東をカバーするアルアラビアテレビで放映された。また事務局長は「イラン攻撃はイランに対して逆効果であり、イランが核兵器開発に執着する方向へ走る結果を招くだろう」と示唆し、その場合には自分は責任をとって辞めざるをえないとも漏らした。

エジプトの外交官出身で、97年以来国連の核保安機関であるIAEA国際原子力機関事務局長を2期務めるモハメド・エルバラデイ事務局長。米国、イスラエルのパワーにも屈する事なく、歯に衣着せず本音を発言することでも知られる。イラク戦争直前にイラクの閉鎖した核施設を査察して「核兵器は存在しない」と結論づけた IAEAの調査結果は、数年後に正しかった事が証明され「サダムのWMD保有」という開戦事由をねつ造した「ブッシュの大嘘」と対比される。こうした国連の「核の番犬」としての役職を公正に果たす尽力を認められ、05年にはノーベル平和賞を受賞している。 写真はウィーンにあるIAEAの本部で。


2. Iran: 'Israel jeopardizes global peace and security'

Iran on Saturday also criticized the Israeli exercises. The official IRNA news agency quoted a government spokesman as saying that the exercises demonstrate Israel "jeopardizes global peace and security." Israel sent warplanes and other aircraft on a major exercise in the Eastern Mediterranean earlier this month, U.S. military officials said Friday.
イラン「イスラエルの行為は地上の平和を破壊する」
一方21日土曜の段階では、イラン側もまたイスラエルの軍事演習に対して非難声明を出した。イランの国営メディアIRNAニュース社では、イラン政府の広報官が語った内容を次のように伝えている。「今回の演習は、イスラエルが地上の平和と安全を窮地に陥れる状況を示したものである。」
また米国政府の軍事高官は、20日金曜の段階で「イスラエルは今月に入って間もなく、戦略爆撃機とその他のジェット戦闘機で、地中海東部沿岸地区において大演習を実施した」と報告している。
d0123476_1836343.jpg
3. Israel: Exercise of a long-range strike mission
Israel's military refused to confirm or deny that the maneuvers were practice for a strike in Iran, saying only that it regularly trains for various missions to counter threats to the country. But the exercise the first week of June may have been meant as a show of force as well as a practice on skills needed to execute a long-range strike mission, one U.S. official said, speaking on condition of anonymity because he was not authorized to speak on the record on the matter.
イスラエル「長距離ミサイル攻撃の示威演習」
イスラエル軍部では、「演習はイラン攻撃の自治訓練か」という肝心の点に関しては、肯定も否定もせず「演習の目的は、イスラエルに対して脅威となる敵性国家に対する、多面的な攻撃の通常訓練だ」と説明している。しかしながら米国政府高官は「6月の第1週に実施された演習は、攻撃能力の示威行為であると同時に、長距離飛行による爆撃を実施する上で必要とされる技術の実質的教練でもある」と解釈している。軍事関係者の意見としての公表を許されていないために、この高官の名前は匿名という条件の下で取材に応じたものである。  »» 次号へ続く

【米国時間 2008年6月21日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 次号「イラン攻撃は現実か?イスラエル、中東戦争への秒読み開始」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8146317
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8146317

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

d0123476_185508.jpg
昨年のシリア核の危機「中東核戦争」と「NIE諜報レポート」の特集連載もぜひご参照ください。


▼クリックしてこの下の中東核戦争・NIE諜報『米流時評』特集記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-21 18:40 | 中東核戦争

緊急!ランドレポートで急旋回するテロ戦争の最前線

f0127501_128435.gif

 ||| ランドレポート「タリバン白書」後編 |||

d0123476_2005599.jpg
ランドレポートが暴露したパキスタン政府とタリバンの癒着
ポストムシャラフ体制に米軍のパキスタン兵誤爆で急旋回するテロ戦争


d0123476_18552829.gif歴史上長らく軍閥の騎馬民族の戦闘の場であり、現代でも中央政府よりも地方軍閥の勢力が強いアフガニスタンと国境を接するパキスタン北西部のパシュトゥン族自治州は、親米政府のムシャラフ政権の統治を受け付けず、タリバンやアルカイダなどムスリム過激派を支持し親米政権を排斥する「イスラモ・ファシスト」の別天地である。
十字軍遠征時代のキリスト教徒とイスラム教徒の闘い「ジハド=聖戦」の伝統精神をいまだに継承するジハディストの土地、という意味合いで、米国メディアは国境地帯のこうしたムスリム軍閥が跋扈するこの地域を「ジハディスタン」、「タリバニスタン」と呼んで揶揄する。ある意味ではアフガン侵攻から7年経っても米軍もNATO軍も制覇できない不屈の聖戦兵士の土地、という半諦観と自嘲もこめて。(▲トップの写真は、パキスタン西部パンジャブ地方の州都ラホールのモスク。毎朝毎夕、数千人の市民が礼拝する)
d0123476_2015260.jpg
6月11日に米軍がパキスタンの堡俏地点をタリバンのキャンプと間違えて誤爆、パキスタン兵11名が死亡する事件が発生。それ以前の2月からポスト・ムシャラフの新政権は辺境地区でのタリバンとの和平交渉をすすめるなど、従来の米国のテロ戦争の方針と真っ向から対立する軍閥との妥協策を展開したため、米国・パキスタン両国の関係は急激に悪化。それまで年間10億ドルもの軍事援助費をパキスタン政府に投下してきたブッシュ政権は、その予算付けをストップし、アフガニスタンへNATOから10億ドル援助させる手だてに出た。

d0123476_202343.jpg誤爆事件を契機として急変するパキスタン情勢は「一挙にパキスタンとタリバンの連帯を促して、隣国のアフガニスタンを敵性化する」という中央アジア情勢の急転換を意味する。タリバンの故郷中央アジアでの米軍のテロ戦争のパートナーが、ムシャラフ政権のパキスタンからカルザイ政権のアフガニスタンへ、と瞬時に転換したこの時期。双方の作戦ひとつひとつが、今後の命運を分ける命取りになりかねない重要な比重を持つ。今後の米国の軍事外交政策の大きな梃子となるアフガン・パキスタン国境の「タリバニスタン紛争」は、テロ戦争に関わる全ての国にとっても目のそらせない、風雲急を告げる展開が続行中なので、継続して『テロ戦争最前線』の連載でお届けしたい。

【米国時間2008年6月17日『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
JUNE 17, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

ランドレポート「パキスタン諜報がタリバン援助、軍事情報漏洩」
米国時間2008年6月9日午前8時34分 | AP通信特報・カブール発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_2033612.jpg
U.S. Think Tank: Pakistan Officials Help Taliban
Rand report: 'Getting help from individuals within Pakistan's government'

JUNE 9, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

d0123476_2042638.jpgContinued from the previous issue |KABUL, Afghanistan — Pakistan Interior Ministry chief Rehman Malik said Monday that he met with Karzai in the Afghan capital over the weekend, and the two sides agreed to set up biometric screening at key border checkpoints. Malik said tens of thousands of people cross each day without any documentation.

[前号からの続き]アフガニスタン・カブール発
パキスタン政府のレヘマン・マリク内相は、先週週末(7・8日)アフガニスタンの首都カブールでカルザイ大統領と会談し、両国国境地帯の主要検問所にコンピュータを導入することに同意したと、9日月曜公表した。マリク内相は、両国国境を毎日数万人の両国住民が、なんの査証も持たずに越境している実情も報告している。

9. 'No passport, no record, free for all'
"They go without any checking — no passport, no documentation. It's a free for all," he told reporters. He said the new computerized system would begin operating within two weeks. Nevertheless, he defended Pakistan's efforts to police the border, saying the government had deployed 120,000 troops and had set up five times more border posts than there are on the Afghan side.
越境フリーパスの現状と今後の対策
「彼らはパスポートも通過記録書類もいっさいなしに、なんのチェックも受けず越境している。全員フリーパスだ」マリク内相は記者団にこう語ったが、今後の国境警備の強化の手段として、最新のコンピュータチェックシステムを導入し、2週間以内に通過チェックシステムの実施をスタートする予定であるとも発表した。いずれにしろ内相は、「パキスタン政府は12万の政府軍を国境地帯へ駐屯させ、アフガニスタン側と比べて5倍もの数の国境検問所を設けているのが事実だ」と実情を説明し、パキスタン政府側の国境警備の努力を弁護した。
d0123476_2051048.jpg
アフガン側の国境では、ANAアフガン政府軍兵士とNATO軍の混成保安部隊がパキスタンからの越境者をチェック

10. Joint operations with Afghan security forces

Malik expressed willingness to share intelligence on extremists and conduct joint operations with Afghan security forces. He denied that Pakistan would strike peace deals with terrorists in order to calm Islamic militancy on its own soil. Pakistan has insisted it is only pursuing negotiations with militant groups willing to lay down their arms, and it has relied partly on tribal elders to mediate.
アフガン保安部隊との共同の国境防衛を提案
マリク内相は「パキスタン政府はアフガン政府軍の治安部隊と協力して、イスラム過激派に関する情報交換とジョイントオペレーション(軍事的共同作戦)を実行する意図がある」と明らかにした。また内相は「パキスタン政府はパキスタン国内のイスラム軍閥の反政府運動を鎮める目的で、テロリストグループ(タリバン)と平和協定を結ぶつもりはない」と、噂されているタリバンほかテログループとの密約を否定した。さらに、パキスタンが叛徒グループと交渉を持つとしたら、唯一彼らが武器を放棄する場合だけだと強調し、その場合でも直接交渉ではなく、辺境部族の長老などの地元住民の代表が中間の調停役にあたると補足した。
d0123476_2061335.jpg
パキスタン側の国境警備兵 制服までパジャマ党というのがどうにもしまらない印象 これではタリバンの敵ではない

11. Increasing attacks on U.S. operation

A handful of deals have already been struck. U.S. officials say attacks where American troops operate in eastern Afghanistan have gone up significantly since those deals were reached earlier this year.
軍閥との和約で米軍への攻撃激増
しかし、パキスタン政府と辺境軍閥との間では、すでに5本の指に余るほどの和約がなされてきたのは事実である。米国政府関係者の情報によると、今年早々にパキスタン政府とタリバンシンパの辺境軍閥との間で和解が取り交わされて以来、パキスタンと国境を接するアフガニスタン東部で米軍が作戦展開する場所に対するタリバン側の攻撃が目立って増えてきた事実は、両者の和約の結果の情報漏洩に他ならないと見ている。
d0123476_20111691.jpg
パキスタン西部のイスラム強硬派の強い地域でも、特にワジリスタン州はパシュトゥン族の独立意識が強い

12. Al-Qaida also find sanctuary in Pakistan

The study said that besides the Taliban, other major militant groups find sanctuary in Pakistan. These include al-Qaida, Gulbuddin Hekmatyar's radical Hezb-i-Islami group and the Haqqani network, led by Jalaluddin Haqqani and his son, Siraj.
アルカイダ以下のテロ集団の別天地
ランドレポートでは、タリバンの他にも有数の反乱分子グループが、パキスタンを安全な活動場所としており、このグループには「アルカイダ」、グルブディン・ヘクマティヤールの率いるイスラム過激派グループ「ヘズビ・イスラミ」やジャラルディン・ハッカニとその息子シラジの率いる「ハッカニ・ネットワーク」などが含まれる、と報告している。
d0123476_2171279.jpg
アフガニスタンで反米を掲げるイスラム過激派軍閥「ヒズビイスラミ」の首領グルブディン・ヘクマティヤールの息子チャイラット・バヒールの訪問をペシャワール空港で歓迎する、パキスタン側のイスラム過激派グループムの一団

13. Insurgents dominant in NW Tribal areas

"These insurgent groups find refuge in Pakistan's Federally Administered Tribal Areas, North West Frontier Province, and Baluchistan Province," RAND said in a news release. "They regularly ship weapons, ammunition and supplies into Afghanistan from Pakistan, and a number of suicide bombers have come from Afghan refugee camps based in Pakistan."
パキスタン北西部辺境のパシュトゥン族自治州
「こうしたイスラム過激派軍団は、パキスタンが自治県を認めて連邦的統治を行っているために中央政府の管理の及ばない、ワジリスタンやバルチスタンといったパキスタン北西部の辺境自治州に潜伏し、安全に活動できる軍事拠点としている。彼らはテロ活動の前線へ武器弾薬や必要な物資を補給するために、パキスタンから国境を越えてアフガニスタンへと定期的に輸送している。また、かなりの数の自爆テロリストは、パキスタン側にあるアフガン難民キャンプからリクルートされ、アフガニスタンへと送り出されている。」
今回米国政府からの依頼で調査報告をまとめたランドコーポレーションは、『パキスタンでのタリバン他テロリストグループ活動実態調査報告』の発表に際して、各メディアへ送ったニュースリリースの中で以上のように概説している。
d0123476_1253104.jpg
2001年の米軍とアフガニスタンの「ノーザン・アライアンス=北部共闘戦線」の共同作戦でタリバン掃討戦が展開されたが、その際に戦火を逃れて国境を越えパキスタン側へ避難した数十万の難民。これはそのひとつ、パキスタン側のジャロザイ難民キャンプで、カルザイ政権に反旗を翻すタリバン叛徒の温床と化している。

14. Urgency to build Afghan security forces

The report also called on the U.S. and its allies to help build the Afghan security forces, particularly the police, and to improve the quality of local governments, especially in rural regions. It also claimed that Afghanistan's police are incompetent and "almost uniformly corrupt," echoing frequent criticism of the police by international officials here. The U.S. is spending billions of dollars to train and equip the Afghan police, but the efforts are still years away from being completed.

アフガン警察の治安体制強化の必要性
ランドレポートではまた、米国とその友好国に対して、アフガニスタン独自の治安勢力、特にアフガン警察の保安部隊を編成する援助をするべきだと呼びかけており、辺境地区に主眼をおいた地方自治体の体制強化を主張している。さらにはパキスタンだけを非難対象とせず、アフガン警察もまた弱体で「警察全署がほとんど画一的に腐敗している」と手厳しく批判。当地アフガニスタンに駐留する国際警察機関の度重なる指摘と呼応する摘発内容となっている。米国政府は、これまでにも数十億ドルの治安強化予算を、アフガン警察の結成と施設充実・教練等に充当してきたが、こうした努力が結実して治安体制が完成するのはまだ数年先のようであると結論づけている。 [了]

【米国時間 2008年6月17日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_20161231.jpg
ヒンズークシ山脈を遥かに望むヤルグーン川の谷間の湿地帯
»» 次号「テロ戦争最前線-3 カルザイ・アルティメータム」に続く


||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8134903
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8134903

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-17 20:42 | タリバニスタン最前線

爆弾白書!ランドレポートが暴露したタリバンとパキスタン政府の癒着

f0127501_128435.gif

  ||| ランドレポート「タリバン白書」前編 |||

d0123476_2058810.jpg
ランドレポートが暴露した、パキスタン政府とタリバンの癒着

米国時間2008年6月9日 | AP通信特報・アフガン支局発 | 訳『米流時評』ysbee
アフガニスタン・カブール発: パキスタン政府のスパイ諜報機関とパキスタン軍の特殊部隊が、タリバン戦士を軍事訓練して養成し、アフガニスタンにおける米軍の動向に関する情報をタリバンに漏洩しているという事実報告が、9日月曜米国トップの戦略シンクタンク、ランド・コーポレーションから発表された。
d0123476_20591369.jpg
U.S. Think Tank: Pakistan Officials Help Taliban
Rand report: 'Getting help from individuals within Pakistan's government'

JUNE 9, 2008 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
KABUL, Afghanistan — Pakistani intelligence agents and paramilitary forces have helped train Taliban insurgents and have given them information about American troop movements in Afghanistan, said a report published Monday by a U.S. think tank.

__________________________________________________________________
JUNE 16, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s

ランドレポート「タリバン白書」が暴露したパ高官とタリバンの癒着
米国時間2008年6月9日午前8時34分 | AP通信特報・カブール発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_2112651.jpg
米軍による市民誤爆のあった直後の5月22日、パキスタン北西部の過激派ムスリムの本拠地であるケッタ州で、タリバンからのメッセージを公開するタリバンシンパグループ「ジャリマット・ウレマイ・イスラム」のリーダー

1. Rand report funded by Defense Dept.

The study by the RAND Corp. also warned that the U.S. will face "crippling, long-term consequences" in Afghanistan if Taliban sanctuaries in Pakistan are not eliminated. It echoes recent statements by American generals, who have increased their warnings that militant safe havens in Pakistan are threatening efforts in Afghanistan. The study was funded by the U.S. Defense Department.
米国国防総省指令の調査報告書
ランド・コーポレーションの調査報告はまた、万一パキスタン辺境でのタリバンの本拠地を壊滅しなければ、米国はアフガニスタンにおいて「長期間にわたってつまづく結果」に直面するだろうと警告している。この結論は、つい最近米軍のトップ将校グループから出された声明と呼応するものであり、彼らはその中で「パキスタン領土内におけるテロリストグループの本拠地は、アフガニスタンでの米軍の努力を無にするものである」と警告を発している。今回の調査報告は、米国国防総省の依頼によりまとめられたものである。
d0123476_2122090.jpg
民間企業のCIAと呼ばれるランド・コーポレーション 第二次大戦後間もなく発足した核戦略を始めとする米国の戦略シンクタンク 本部はワシントンかバージニアと思いきや、カリフォルニア州のサンタモニカという意外な土地にある

2. Warning on Taliban safe heavens in Pakistan

"Every successful insurgency in Afghanistan since 1979 enjoyed safe haven in neighboring countries, and the current insurgency is no different," said the report's author, Seth Jones. "Right now, the Taliban and other groups are getting help from individuals within Pakistan's government, and until that ends, the region's long-term security is in jeopardy."
パキスタンのタリバン本拠地温存に警告
「1979年以来アフガニスタンにおいて跋扈してきた反乱分子は、みな近隣諸国から越境して侵略してきた連中であり(タリバン、アルカイダなど)近年の叛徒グループもまた、この例外ではない」今回のレポートの制作者であるセス・ジョーンズ氏は、報告書の中でこう記述している。
「現在この時点ですら、タリバンや似たようなテロリストグループがパキスタン政府内の高官から援助を受けており、この地域 (アフガニスタン・パキスタン国境の民族自治区) の長期的治安体制をこのままの状態で放っておけば、最後には両国とも致命的な国家危機に陥るだろう」
d0123476_13144979.jpg
辺境自治州のパシュトゥン族。米国のタリバン掃討テロ戦争の端緒を切ったアフガン侵攻後は、新生アフガン政府によって国境地帯辺境の「主要産業」だったアヘン栽培が禁止されたために収入源がなくなり、タリバン以下の反政府軍団に参入する者があとを断たない。戦後政策の産業振興策をきちんと計画実施せずに、無意味なイラク戦争へと突入していったブッシュ政権軍事外交政策の大きな失敗の傷跡が、アフガニスタン、パキスタン両国に残されたままである。

3. Study report 'Counterinsurgency in Afghanistan'

Pakistan's top military spokesman rejected the findings. The study, "Counterinsurgency in Afghanistan," found some active and former officials in Pakistan's intelligence service and the Frontier Corps — a Pakistani paramilitary force deployed along the Afghan border — provided direct assistance to Taliban militants and helped secure medical care for wounded fighters.
調査報告書「アフガニスタンのテロ対策」
一方、パキスタン政府軍の広報局長はランドレポートの内容を完全に否定した。今回の調査報告書『Counterinsurgency in Afghanistan=アフガニスタンにおける対テロ戦争』で暴露された事実とは、「パキスタン政府の諜報機関と前線部隊(アフガン国境駐留のパキスタン政府軍特殊部隊)に在籍する数人の将校(ある者はすでに退役)が、タリバンに対して直接補佐したり負傷したタリバン兵の治療手段を確保するなどの「敵国補助行為」を行っていたというものである。
d0123476_21191116.jpg
6月9日パキスタンのペシャワール近郊マタニ地区で起きた車輛爆破テロの現場を捜索するペシャワール警察
トラックの荷台にベンチを置き屋根をかけた「簡易バス」への無差別攻撃で市民数人が死亡


4. Pakistan agents' tipping off to Taliban

It said NATO officials have uncovered several instances of Pakistani intelligence agents providing information to Taliban fighters, even "tipping off Taliban forces about the location and movement of Afghan and coalition forces, which undermined several U.S. and NATO anti-Taliban military operations." No timeframes were given. The report said Pakistan's intelligence service and other government agencies provided Taliban and other insurgents with training at camps in Pakistan, as well as intelligence, financial assistance and help crossing the border.
政府高官による軍事情報漏洩の国家反逆行為
報告書の中ではまた、アフガニスタン駐留のNATO軍将校は「パキスタン政府諜報機関のスパイがタリバンの戦闘部隊に軍事情報を提供した」といういくつかの事例を挙げていると報告し、特に「アフガン政府軍とNATOの連合軍の駐屯地や作戦上の動きに関してタリバン軍団に情報を漏洩し、その結果いくつかの米・NATO連合軍のタリバン討伐作戦を失敗させた事例さえある、と詳説している。ただし、これらの事例に対応する該当日時は付記されていない。結論として、今回の諜報レポートでは「パキスタンにおいては政府諜報機関や他の政府部門の高官が、タリバンや係累のテロリストグループに対して、パキスタン国内でのテロリスト養成キャンプを援助するとともに、情報漏洩、資金的援助、越境行為補助などの国家反逆行為を行っている」と指摘している。
d0123476_21221237.jpg
パキスタンのタリバン司令官として悪名高いバイトゥラ・メスード(中央後ろ姿)の記者会見。近年タリバンは、アフガン・パキスタン国境の辺境自治区で組織の充実と緻密な作戦で成果を挙げ、地元住民の支持を再び獲得しつつある。

5. NATO commander noted on the training center

When asked in an Associated Press interview last month what the state of the insurgency might be in 2013, the outgoing NATO commander in Afghanistan, U.S. Gen. Dan McNeill, said: "If there are going to be sanctuaries where these terrorists, these extremists, these insurgents can train, can recruit, can regenerate, there's still going to be a challenge there." Afghan President Hamid Karzai has pleaded with the world community to address the issue of militant sanctuaries in Pakistan.
テロリストキャンプの存在を警告した前NATO司令官
アフガニスタンの駐留先から転任する直前の先月5月に、NATOアフガン戦線統合軍総司令官を務めた米軍のダン・マクニール司令官に対してAP通信が取材インタビューを行った際、司令官はパキスタン辺境のタリバン本拠地に関してこう語った。「彼のテロリストや、彼の過激派や、彼の反乱分子が、リクルートされ、訓練され、再編成され続ける限り、彼の地にはなおかつ挑戦すべき敵が存在し続けることにほかならない。」
一方、アフガニスタンのハミド・カルザイ大統領は、パキスタン領土内に存在するテロリスト軍団の治外区域に関して、国際社会が声を一つにして糾弾するよう声明を発表した。
d0123476_21243390.jpg
警察に対する爆破テロ活動が続発した直後の5月20日、ペシャワール管轄の全警察署周辺の叛徒の隠れ家を摘発し、テロリストグループの財源となるアヘンや最新の武器を押収したペシャワール警察の捜査官

6. Border tribal areas became recruit central

Afghan intelligence officials say young, uneducated males are recruited in the border tribal areas to become suicide bombers and fighters. After battles or attacks in Afghanistan, militants flow back into Pakistan to rest and rearm, officials say. Pakistan — which supported the Taliban regime in Afghanistan before the Sept. 11 attacks — denied it is supporting the insurgents, but acknowledged the problem of militant infiltration.
辺境自治区はタリバンのテロリスト養成基地d0123476_21253998.jpg
アフガニスタン諜報機関の高官は、パキスタンとの国境地帯の辺境民族自治区では、教育を受けていない未成年男子が、自爆テロリストやジハドの戦士となるべくリクルートされていると報告している。また、パキスタンから国境を越えてアフガニスタンへ侵攻、襲撃を繰り返したあと、タリバン兵士は再びパキスタン領土内へ逃亡退却して、休息を取り次の戦闘に備える体勢をとるというのが、国境地帯のタリバンの行動パターンだとも報告している。
この報告内容に対して、9/11テロ攻撃以前はアフガニスタンのタリバン政権を支持していた経緯のあるパキスタン政府は、タリバン支援の事実を否定したものの、該当地域に対するテロ叛徒の影響力拡大がある現状を認めた。

7. Pakistan rejects claim of aiding Taliban
"Whenever these kinds of places are identified or pointed out, action is taken against these places and there are umpteen examples in the past where the actions have been taken against these insurgents, or, for that matter, foreigners," said Pakistan military spokesman Maj. Gen. Athar Abbas. "Therefore, we reject this claim of sanctuaries being aided by Pakistan's army or intelligence agencies."
パキスタン政府軍はタリバンとの癒着を否定
(アフガニスタンの糾弾に対応して)パキスタン政府軍のアタール・アッバース広報官は、次のように反論した。「こうしたキャンプの存在が確認され正確な場所が指摘されれば、我がパキスタン軍はただちにこれらの敵陣に対して攻撃をかける。過去においてもこうした叛徒、言わばタリバンの外人部隊(パキスタン人ではないことを強調)に対して、断固とした行動をとって防衛した例は五万とある。かくなる理由で、タリバンの本拠地がパキスタン政府軍や諜報機関から支援を受けているという非難を、我が国は根本から否定するものである。」 »» 次号へ続く

【米国時間 2008年6月16日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_21265360.jpg
パキスタンとアフガニスタンの国境地帯はアジアでも有数の急峻な高山地帯で、ゲリラ戦には最適の険しい地勢
»» 次号「ランドレポートで急旋回するテロ戦争の最前線」に続く


||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8129446
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8129446/

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-16 21:52 | タリバニスタン最前線
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28