米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:タイムズ ( 2 ) タグの人気記事

メディアはメッセージ・米国の「鳩山ショック」の原因

f0127501_128435.gif

    ||| メディアはメッセージなり |||

d0123476_7395513.jpg
 「メディアはメッセージ」 外交能力の稚拙さを問われる鳩山陣営の媒体選択
 

d0123476_16582178.jpg 今回、鳩山氏の小論文の抜粋が掲載されたのは、
 米国を代表する新聞『ザ・ニューヨーク・タイムズ』である。
 日本ではリベラルなメディアと受け止められているが、
 むしろ媒体特性としては「アメリカンカルチャーの総合紙」といった趣き。

 実際、出版物や映画・演劇・アートの世界では、
 タイムズの評論がなくては、存在そのものが成立しない。
 経済欄や政治欄も、その膨大な米国発信情報の
 総合的な世界の一部ととらえた方が良い。
d0123476_7404493.jpg
 ただし、いつも論議の種をまくOP-ED欄は、
 昨日の記事のキャプションでも書いたように、
 基本的には「個人の意見の投稿欄」であって、社説ではない。
 
 曜日によって同紙特約の著名評論家が
 自説を連載しているため、このOP-EDページは人気が高く、
 当然注目度も高いスペースである。
 (注:本来の名称は「opposite the editorial page」で、
  新聞社の記者や編集者ではない外部の第三者からの投稿ページ。
  しかし、一般的には「opinion-editorial」の略と解釈されている)
d0123476_741419.jpg
 もちろん、同紙との特約の有無にかかわらず、
 時流の話題の焦点となる意見であれば、
 評論・著述のプロ・アマにかかわらず、
 編集者の選択によって採り上げられ、掲載される。
 
 鳩山氏の小論文抜粋に関しては、タイムズもそうだが、
 私はむしろ、米国著名ブログの HuffingtonPost の方が、
 広く米国の一般市民に読まれたのではないか、と観測している。

 鳩山氏自らの名義で、記事エントリーしており、
 コメントの反応も現在まで112通ほど寄せられている。
d0123476_7431184.jpg
 しかし、その中にはどう見ても、杓子定規の英作文のような文章から推して、
 民主党の側近なのか、外務省官僚なのか、
 あるいは、熱心な支持者なのか、まったく不明だが、
 鳩山氏をカバーするような立場で投稿したのではないか?
 と思えるような、四角四面の擁護と賞賛のコメント投稿も見られる。

 ネイティブの「米語」と、外国人の書いた「英語」の文章は、
 日本人がブログのコメント欄を読んで、
 中国人の書いた文章を 一見して識別できるように、
 言い回しがまったく違うし、「て・に・を・は」が滅茶苦茶なので、
 いくら米人を装って書いていても、冒頭の一行から尻尾が出ている。

 まあ、そういうことは枝葉末節であるし、
 コメントは鳩山氏が書いた訳ではないから、無視できる。
d0123476_744284.jpg
 しかし問題なのは、もちろん氏の書いた文章そのものである。
 正直言って、これでは中学生の「青年の主張」である。

 スタンフォードを出たというので期待していたが、
 やはり、日本人の「英作文」の域を出ていない。
 同じ日本人の書いた文章でも、昨日と今日のエントリで紹介している
 ニューズウィークの横田氏の文章は、完全にこなれている。

 ぎくしゃくしていないので、すんなり読めるが、
 鳩山氏の文章は、行きつ戻りつしなければならず、
 アメリカ人ならば、あえて日米関係に深い関心をもつ人間でなければ、
 たぶん途中でそれ以上「解読」するのを、放棄してしまうだろう。
d0123476_7472010.jpg
 日本人が犯しやすい間違いのひとつに、他動詞を使っているのに、
 その目的語が欠落している文を書いてしまうことがよくある。
 例えば「claim/抗議する・注文をつける」という動詞を使った場合
 そのかかり先が呈示されないと、「何に対して?」と問い返されるだろう。

 その他にも、アジア人の英語につきものの定冠詞のつけ忘れ……
 そういった、文法的な誤謬を挙げれば、随所に無数に見られる。

 構文が曲がりくねっていて、非常に抽象的な表現が多いので、
 論文というほどには、論理の構築が完結していない。
d0123476_7514111.jpg
 したがって、米国では論文ではなく、
 「Hatoyama's essay=鳩山氏の随筆」と呼ばれている。
 経済を語っているのに、データの裏付けがなく
 雰囲気に流れてしまっているからであろう。

 しかし、そうした文章構成のテクニカルな問題は、
 日本人の書いた英文、ということで看過されてもいい。
 意味はともかく通じるのだから。

 だが、一番問題なのは、その媒体である。
 つまり、建設的意見として批判するのは、むしろ米国側でも歓迎するだろうが、
 そもそもが、発表の場を間違った。
d0123476_18412128.jpg
 昨日のエントリの NEWSWEEK の記事でも、それを指摘する段落があった。
彼の論説は当初一見すると、まるで
グローバル化反対運動家が書いた
反米主義の抗議声明 (anti-American rant) のように読める。

この論調では、今週早々 (米国保守系の) ワシントンポスト紙が
「日本の次期政権は米国政府との衝突を意図している (seek a rupture)」
と、国際面の記事で警告を発したのも無理はない。

鳩山氏の論文に対する 米国側のこうした一連の被害妄想 (paranoia) も、
日本では実質的に前例のない
「完全な政権交代 (complete change of administrations)」が
史上初めて実現した、という事実を考慮すれば、充分理解できる。

ただし「まずい形で出てきてしまった (it just happens to be wrong)」
というだけのことだ。
d0123476_7572046.jpg
 欧米だけでなく、中国・ロシアからも
 「日本社会の土台が変わる一大転機」と捉えられている、
 東アジアの勢力地図を変えるかも知れない、今回の政権交代。

 当然、新しい政権を担う人間の第一声、一挙手一動足が、
 今後の方針の兆候を示唆するものとして解釈される
 デビュタントの初舞台である。

 したがって、ニューヨークタイムズのOP-ED欄に出たのは、致命的だった。
 その理由は、昨日のコメント欄で、ブログ『家族がいちばん』
 練馬のんべさんへのレスで書いた通り。

 鳩山氏とその側近は、「メディアはメッセージ」と言う、
 40年前のマクルーハンの鉄則を、今さらながら噛みしめる必要がある。
d0123476_7561046.jpg
 以下、太文字はコメント欄のレスポンスです:
……やはり「史上初の政権交代」ということで、米国でも注目されていましたが
小論文が問題になってからは、ほとんど「脅威」と捉えられてしまったようです。

このエントリ(で紹介した『Newsweek』誌)の日本人編集者も書いてますが、
私も思うに、出した媒体がまずかった。

タイムズのOP-ED欄(政見投稿欄)というのは、
プロでもアマでも、その主張を投稿できる
「言論の自由に対して開かれたスペース」をうたってはいます。

が、どちらかというと「外野的立場の人間が政府にもの申す」的に
「噛みつく場」として捉えられることが多いので、
そこに出ただけで「米国政府に対する攻撃的意見」という色眼鏡で見られるのは
事前に覚悟しておくべきだったでしょうね。
d0123476_758081.jpg
ましてや、次期政権の首相になることを見越していたなら、
オバマ政権に対する希望なり忠告があるのなら、
なんでまた、外交のルートで正式に申し渡さなかったのか?
というのが、通常の米人が受け取る印象だと思います。

ここでもやはり、鳩山政権というか、民主党自体が
(スムーズなコミュニケーションのパイプをもたず)
欧米諸国との外交経験がないことを、暴露してしまったような失策です。

いつも日本を、政府だけでなく国民をも含めて
トータルに、公正にとらえられるべきだと思っている私からすると、
非常に不安に感じていた前兆を、裏付けされたような印象です。
d0123476_7584822.jpg
早急に、外務省の経験豊富な官僚に尻拭いしてもらわないと、
すでに「Rebel(反逆者)」のレッテルが貼られてしまった鳩山氏、
今後の軍事・外交・経済、全局面での米国との交渉に
支障をきたすのではないかと、米国の親日派もみな心配していますよ。
今月下旬の、オバマとの会談でフィックスできるよう願ってます。


* 米国の代表的なニュース・時事評論ブログ HuffingtonPost に、
鳩山氏自身が起稿した一文
Japan Must Shake Off U.S.-Style Globalization
Yukio Hatoyama | Heads the Democratic Party of Japan
Posted: August 25, 2009 03:46 PM

 今回のエントリは、前書きが長くなってしまったので独立させました。
 昨日の記事、ニューズウィーク横田氏の鳩山外交に関する時事評論の後編は、
 後続の記事で翻訳文をつけてアップしますので、よろしくご了承ください。

 【米国時間 2009年9月2日『米流時評』ysbee】

d0123476_7593131.jpg
 
d0123476_11564496.jpg◀ 次号「エイリアン鳩山+プーチン小沢=デンジャラス・ジャパン」
▶ 前号「ハトヤマ・ショック!米国の見る日本の政権交代」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_12274896.jpg
記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10198080
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10198080

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

ブログランキングでは、ベスト10にカムバックまでもうひとがんばり!
  
d0123476_164733.gif

 ブログ村の国際政治部門でかなり下がりました。応援をよろしく!


*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-09-02 13:40 | 日本のパワーシフト

バフェットの神託「株の愛国買い」

f0127501_128435.gif

 ||| ウォーレン・バフェットの神託 |||

d0123476_97714.jpg
 賢人ウォーレン・バフェットの御託宣「Buy American. I am.」
 ビル・ゲイツを超した世界一のビリオネアが提唱する、株の愛国買い


d0123476_18552829.gifオマハ州出身のビリオネア、ウォーレン・バフェット (76) は、ここぞと言うときに財界の賢人としてバシッと時宜を得たご託宣をのたまうので、「オマハズ・オラクル (オマハの神託)」と呼ばれて久しい。

彼がついに長年王座を誇ったビル・ゲイツを抜いて、経済誌『フォーブズ』恒例の世界長者番付でトップに立ったニュースはほんの先週のことで、まだ記憶に新しい。そのバフェットが、恐慌をきたすウォール街の売り一色の市場に対して箴言を吐いた。しかもインタビューでなどという受け身ではなく、ニューヨークタイムズ紙の全面広告で。そこで財界のメッセンジャーは何と言ったか。
d0123476_18481954.jpg
NYTはリベラルのラベルを貼られているが、米国の世論を代表する新聞を挙げればタイムズがトップにくるのも現実

「Buy American. I Am.」米流に訳せば「アメリカの株を買いなされ。わしゃもうやっとるがのう」というところ。(私の訳には、加齢臭とジェンダーギャップが加味されます。あとローカル色も)このご託宣の意図するところは、かなり深い。単に「今が買い」というだけのエコノミックな勧誘であれば「Buy as I do」「Buy now as I'm doing」となるところだが、あえて「American」を強調したところに彼の信念がにじみ出ている。
d0123476_1849338.jpg
「現金は王様じゃない」がバフェットの持論 金は運用して生かさなければ紙っぺらにすぎないと言い切る

つまり「アメリカ人なら(周りがどうあれ)国のために自国の株を買いなさい。私はもうそうしているよ。なぜなら、私はこの国を愛するからだ」と言っているようだ。心情まですっかり言葉にすると、そういうことを言いたかったのだろう。私はそう解釈した。米国資本主義の終焉とか、終りの始まりとか、騒然として浮き足立っている米国全体の潮流に、果敢にストップをかけるご託宣である。
d0123476_18505774.jpg
ジェットコースターのような激甚の乱高下は、市場全体への信頼を失うばかりで、こうした時に売りに走るのは自滅行為だという、財界人として半世紀近く時代の変遷を見てきた賢人の、時流を見極めた戒めの言葉だろう。そのせいかどうか、今日のダウ相場の値動きは順調に上がり調子(しかし終り値直前でまた下がりましたが)。
d0123476_9154611.jpg
本当は昨日から『America 2.0=アメリカ再生』シリーズを長期連載でスタートする予定だったが、取り扱う記事が膨大なので助走にだいぶ時間がかかっている。なので、まずは軽い記事を「つきだし」でどうぞ。

【米国時間 10月17日 『米流時評』ysbee 】

__________________________________________________________________
OCTOBER 17, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌デイリー版 10/17号
d0123476_841403.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S
ビル・ゲイツを超した世界一のビリオネアが提唱する、株の愛国買い
米国時間 2008年10月17日 午前8時42分 | AP通信/ビジネス速報 | 翻訳『米 流 時 評』ysbee

d0123476_9164384.jpg
投資証券会社の雄、ゴールドマン・サックスのニューヨーク本社 NY資本の好敵手がバフェットのシカゴビジネス

Buffett Oracle: 'Buy American. I Am'
'Time is right, be greedy when others are fearful,' legendary investor advises
OCTOBER 17, 2008 | Associated Press — BUSINESS | Translation by ysbee
NEW YORK — Warren Buffett has been moving his personal investments from safe Treasury securities into U.S. stocks, according to an opinion piece he wrote in Friday’s New York Times. The piece, titled “Buy American. I am,” reiterated one of the legendary investor’s favorite maxims: "Be fearful when others are greedy, and be greedy when others are fearful."

バフェットが勧める「愛国買い」
ニューヨーク発 | 17日金曜のニューヨークタイムズに自ら書いた論説を載せたウォーレン・バフェットは、彼の個人資産である投下資本を財務省発行の安全な国債から引き出して瀕死の危機にある米国の株式市場に投入してきたようである。「Buy American. I am.」(アメリカ人よ、今が買いだ。私はもう、そうしている) と題されたその記事は、投資の神様として伝説的な人物の一人であるバフェットの、座右の銘を強調するかのようだ。「周りが買いに走るときには警戒せよ。逆に買いを恐れるようなときこそ、強気で買いまくれ。」
d0123476_922151.jpg
半世紀以上米国経済の浮沈をみつめてきたウォーレン・バフェット 時宜を得た箴言は常に時代を拓いてきた

2. 'Be greedy when others are fearful'

In the New York Times article, Buffett stressed he was discussing his personal investments outside of his Berkshire Hathaway holdings, which are pledged to charity. If prices continue to look attractive, the legendary investor says he expects his personal account to be 100 percent invested in U.S. equities, the legendary investor wrote in the article.
周りが臆病なときこそ強気の買い
タイムズの記事の中で、バフェットは自らが経営する投資会社バークシャ・ハサウェイ信託の関与外の、彼個人の投資の姿勢を語っているが、記事全体は社会事業に貢献しようという内容だった。一例を挙げて、もし注目する銘柄の株価が下がっていて買い気をそそったら、それが米国法人の株だったら自分の投資予算をそっくり100%投下するだろうと、この伝説的投資家は説得する。
d0123476_9255788.jpg
連日の乱高下にふだんは剛胆なウォール街の仲買人もショックを隠せない 100ドル台の値動きが日常化してしまった

3. Fears even among seasoned investors

Since stocks began to tumble in September, Buffett and his investment company, Berkshire Hathaway Inc., have made large bets on U.S. companies, exacting rich dividend payments in the process. “Most certainly, fear is now widespread, gripping even seasoned investors,” said the so-called Oracle of Omaha.
錬達の投資家さえ引く恐慌
9月に入ってから、特に15日以降の米国市場の株が暴落し始めて以来、バフェット個人と彼が社主である投資会社バークシャー・ハサウェイの公私ともども、米国企業の株の購入に相当額賭けてきたと、そのプロセスで利益を上げた実額を明らかにしながら、このいわゆる「オマハの預言者」は記事中で書いている。「もちろん誰の目にも明らかなように、恐慌に対する恐怖が業界中に広まっている。錬達の投資家でさえ、恐れをなしているようだ。」
d0123476_9263098.jpg
先週6日に記録的大暴落となったブラックマンデーのニュースを流すNBCテレビのティッカー=電光ニュース

4. Project new profit records for decades span

“To be sure, investors are right to be wary of highly leveraged entities or businesses in weak competitive positions,” Buffett said. “But fears regarding the long-term prosperity of the nation’s many sound companies make no sense. These businesses will indeed suffer earnings hiccups, as they always have. But most major companies will be setting new profit records 5, 10 and 20 years from now.”
20〜30年の長期スパンの利益を展望
「当然のことながら、レバレッジに頼る実体のうすい金融会社や、競争力で勝てない弱みをもつ虚業に近い投資会社に対して不安をもつのは、投資家として正しい認識だ」とバフェットは認めるが、次のように続ける。
「しかしながら、だからといって米国経済の大部分を占める健全な実業の企業に対しても、長期的展望で不安を抱くのはナンセンスだ。これら健全なビジネスを営む企業ももちろん、これまでにも何度も経験してきたように、市場の流れにひきずられて利益をあげるのに四苦八苦するだろう。しかし今から5年 10年先を考えた方がいい。こうした基幹企業のほとんどが、きっと利巾の新記録を作るにちがいないから。」
d0123476_12271790.jpg
底値から記録的な上げ巾を出した月曜以来 急騰急落を繰り返しジェットコースター状態だった今週のダウ市場

5. 'If you wait, spring will be over'

"Let me be clear on one point: I can't predict the short-term movements of the stock market," he wrote. "I haven't the faintest idea as to whether stocks will be higher or lower a month—or a year—from now. What is likely, however, is that the market will move higher, perhaps substantially so, well before either sentiment or the economy turns up. So if you wait for the robins, spring will be over."
「幸運の女神に後ろ髪はない」
「特に次の一点をはっきりしておこう。私には、株式市場の短期の値動きは予測できない。下手をすれば今から1か月後、いや1年後にその株が上がってるのか下がっているのかという実数の値動きに関してさえ、漠然とした考えも思い浮かばない。しかしながら何が掴めるかと言えば、投資家の思惑や経済全体が上向きになるよりも以前に、株価は必ずや回復するだろう、しかも市場の土台から底上げになるという予感である。だから、あなたがもしコマドリ(初夏を告げる鳥)が来るまで待つというのなら、その時にはもう春は終わっているだろう。」(先手必勝のたとえ。あえて訳せば「鶏頭となるも牛後となるなかれ」?)
d0123476_9271944.jpg
6. Be brave as Gretzky
Buffett said buying stocks now is better than trying to time markets and guess when a turnaround will happen. Referring to arguably the greatest hockey player ever, he wrote: "In waiting for the comfort of good news, they are ignoring Wayne Gretzky's advice: 'I skate to where the puck is going to be, not to where it has been.'"
株の世界は先手必勝
バフェットは、底値まで下がったかに見える市況をみて「買うなら今だ」と勧める。市場の値動きが収まるまで待ちの姿勢をとったり、株価が上げに転換する潮目を見届けたりしていては「賭け時」を見失うというのである。米国のプロホッケー界の偉大なるプレーヤーを例に出して、こう解説する。
「朗報でほっとするまで安全地帯で息をつごう、と言うのなら甘い。ホッケーの名将ウェイン・グレツキーもこう言ってたじゃないか。『私はパックが今ある場所へ動いたりしない。パックの動くその先を瞬時で見極めて、先にそこへ向かう』と。」
d0123476_9285154.jpg
9月半ばのリーマン倒産に相次いで、ウォール街の証券・金融会社・銀行の危機が世界的恐慌の引き金となった

7. BH invests $3 billion in GE

Berkshire Hathaway agreed on Oct. 1 to invest $3 billion in General Electric Co.’s preferred shares, which carry a hefty 10 percent dividend. In late September, Berkshire Hathaway also bought $5 billion in preferred shares of Goldman Sachs Group Inc., which also pay a 10 percent dividend. He bought warrants to purchase another $5 billion in common shares at about $115 each.
GEの10%を買ったバークシャー・ハサウェイ
バフェットの運営する投資会社バークシャー・ハサウェイの法人自体も、10月1日に30億ドル(約3千億円)を投資して、GE/ゼネラル・エレクトリック社の公開株を買っている。その結果ほんの数日で10%という莫大な収益を上げた。また9月の後半には、手堅いニューヨークの金融界を代表する証券会社、ゴールドマンサックスの株の購入に50億ドル(約5千億円)を投資した。こちらもまた10%という上げ巾で、膨大な利回りとなった。
d0123476_929428.jpg
息子のピーター、娘のスージーと共に、バフェットの投資会社バークシャー・ハサウェイの年次株主総会に出席/バフェットの自宅は、昔ながらのマンサード屋根のビリオネアにしては質素な家。人生は金じゃないという彼の哲学通り

8. Pledged fortune to the Gates Foundation

In 2006 Buffett pledged most of his fortune to the Bill and Melinda Gates Foundation and four Buffett family foundations. Despite annual donations to the foundations in fulfillment of the pledge, Buffett is ranked as the nation's richest individual with a net worth of $58 billion, according to a recent calculation by Forbes magazine. Because of recent market turmoil he has surpassed his friend and Microsoft co-founder Bill Gates, according to the Forbes calculation.
ゲイツ夫妻の福祉事業に巨額を献金
バフェットが06年に、ビル・ゲイツとメリンダ夫人の主催する福祉事業団体ゲイツファンデーションとバフェット家の4つの慈善事業団体に、自分の個人資産のほとんどを寄付した事実は有名である。経済誌『フォーブズ』先月号掲載の恒例の長者番付では、バフェットがこれらの団体に約束した金額を毎年寄金していたにもかかわらず、なおかつ580億ドル(約5800億円)の個人資産を記録して、米国で一番のビリオネアになったと報告していた。フォーブズ誌の資産推測によると、バフェットが長年トップにいたビル・ゲイツを抜いて第1位になったのは、ここ最近の激動する株式市況のおかげであると結論づけていた。 [了]
d0123476_9303896.jpg
ウォーレン・バフェットは数年前からビルゲイツ夫妻が主催する慈善事業に巨額を献金し協賛している
CNBC Video—Buffett: Time to buy U.S. stocks
CNBCニュースビデオ |バフェット「米国の株は今が買い時」

Oct. 17: Warren Buffett said Friday that now's the right time to buy U.S. stocks.
Is he right? A panel of experts on CNBC tackles the question.

d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年10月17日 『米流時評』ysbee 訳 】
»» 次号「北朝鮮が重大発表か?外交官に待機命令 」へ
«« 前号「底が見えた!グローバル恐慌からの Uターン」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8783704f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8783704

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。クリックでの応援に感謝申し上げます!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です。!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』グローバル恐慌レポート |||
第1章 ウォール街金融危機

9/14 号外!メリルリンチを500億ドルでBOAが買収
9/15 ウォールストリート大暴落、9/11以来のメルトダウン
9/16 号外!AIGに8.9兆円連邦救済ローン、恐慌脱出か?
9/17 経済危機と大統領選・ペイリンは共和党の自爆装置?

第2章 米国金融危機
10/01 号外!80兆円金融経済救済案、上院を通過!
10/02 下院でも通過!73.8兆円の経済救済案ついに成立!
10/06 ウォール街暴落1万ドルの大台を割る 大恐慌2.0?
10/07 2日目も暴落のウォール街・前日比 ▼508ドル

第3章 グローバル金融危機
10/08 アイスランド国家破産の危機・前編
10/09 アイスランド国家破産の危機・後編(翻訳中)
10/10 号外!GMがクライスラーを吸収合併交渉!
10/12 ダウ記録的サージで危機脱出? IMF・EUの緊急サミット効果
10/13 底が見えた!グローバル・メルトダウンからの Uターン
10/14 ウォール街実録・暗黒の7日間(翻訳中)

第4章 ポスト恐慌のニューパラダイム(予定)
10/15 堕ちた偶像アメリカの救済・オバマ対マケインの政治学(予定)
10/16 堕ちた偶像アメリカの救済・オバマノミクスと米国経済再建案(予定)
10/17 バフェットの神託・株の愛国買い「Buy American. I am.」


▼クリックして『米流時評』の特集記事リストへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-10-17 09:48 | グローバルビジネス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30