米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:パレスチナ ( 7 ) タグの人気記事

サルコジの聖地巡礼「エルサレム分割で中東平和を」

f0127501_128435.gif

   ||| サルコジの中東ナポレオン外交 |||

d0123476_1525687.jpg
イスラエル建国60周年を祝い、サルコジ3日間のエルサレム巡礼
中東平和に パレスチナ提案の「エルサレム二都分割統治」を支持


米国時間 2008年6月23日 | AP通信・パリ支局編集 | 『米流時評』ysbee 訳
イスラエル・エルサレム発 |フランスのニコラス・サルコジ大統領は、モデルで歌手の妻カーラ・ブルーニ・サルコジさん同伴の3日間のイスラエル訪問旅行の端緒を切り、22日日曜首都エルサレムに到着した。今回のスケジュールには、イスラエルとパレスチナ双方の首脳との個別会談、パレスチナ西岸にある聖地ベツレヘム巡礼、ガザ紛争でパレスチナ側の捕虜となったままのイスラエル兵士の両親を慰問……などが予定されている。(捕虜となった若者ギラッド・シャリットは、フランスの市民権を保有したイスラエルへの移民1世でもあるため)
▲トップ:5月27日カナダからフランスを訪問したスティーブン・ハーパー首相とエリゼー宮で会談するサルコジ
▼6月14日欧州中東卒業旅行中のブッシュ大統領を迎えるサルコジ。一連のトップ会談はNATO体制強化のため?

d0123476_1535329.jpg
Sarkozy Says Israel Must Share Jerusalem
The French president says there can be no Mideast peace until then

JUNE 23, 2008 EST | Associated Press — ISRAEL | Translation by ysbee
JERUSALEM — French President Nicolas Sarkozy arrived in Jerusalem Sunday for a three-day visit, accompanied by his wife, model-turned-singer Carla Bruni-Sarkozy. His schedule includes talks with Israeli and Palestinian leaders, a visit to the biblical West bank town of Bethlehem and a meeting with the parents of an Israeli soldier held by Palestinian militants in Gaza. The young man, Gilad Schalit, holds French citizenship.

__________________________________________________________________
JUNE 24, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

 A S S O C I A T E D P R E S S

イスラエル建国60周年を祝い、サルコジ3日間のエルサレム巡礼
米国時間 2008年6月23日 | AP通信・エルサレム発パリ支局経由 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_15102722.jpg
中東訪問直前の6月19日、パリのエリゼー宮でフランス訪問の英国ブラウン首相を迎えるサルコジ大統領

1. Reinstallation of French-Israel bond

France was a strong ally in Israel's early years of independence. But relations soured, particularly after the 1967 Mideast war, when France imposed an arms embargo and began adopting more policies critical of Israel. Many Israelis have long viewed France as biased in favor of the Palestinians, and reports of rising anti-Semitism toward the French Jewish community — at 600,000, the third-largest in the world — have only fanned the flames.
フランスとイスラエルの絆復活へ
フランスは第二次大戦後のドゴール政権時代、イスラエルが建国独立した1948年以降の早い時期には、イスラエルの強力な支援国でもあった。しかし、1967年の中東戦争以降は、フランスはイスラエルに対して武器輸出禁止措置をとりイスラエル政策に批判的態度を示したため、両国間の友好関係は急激に悪化した。イスラエル人の多くは、フランスがパレスチナ人に好意的な態度に偏向しており、また60万人を数える世界第三のユダヤ人社会を内包するフランス国内において、アンタイセミティズム=反ユダヤ主義の台頭が報告されているにもかかわらず、火の粉を払うだけで抜本的な対策を講じない姿勢に、業を煮やしている。
d0123476_15111920.jpg
3日間のイスラエル訪問旅行に同行したサルコジの新夫人、モデルで歌手のカーラ・ブルーニ・サルコジ

2. Praising democracy in the promised land

Sarkozy, whose maternal grandfather was a Greek Jew, praised Israel's democracy and quoted the biblical passage in which God promises the Holy Land to the children of Israel. The comments drew applause and broad smiles from most lawmakers but got scowls from the handful of Arab members.
約束の地イスラエルでの民主主義国家実現を賞賛
ユダヤ系ギリシャ人を祖父に持つサルコジは、建国60年を祝うイスラエルの国会クネセットで記念演説を行なったが、その中で「ユダヤ人の子孫に対して神が与え給うた約束の地」という旧約聖書の一節を引用して、その地イスラエルにおいて実現した民主主義を讃えた。満員の議場でこの演説の一節を聴いた議員たちは、満面に笑みを浮かべて拍手喝采したが、ひと握りのアラブ議員たちからは不満のヤジが飛んだ。
d0123476_15125366.jpg
イスラエルの国会クネセットで建国60年の祝賀演説を行いスタンディングオベーションを受けるサルコジ大統領

3. Year-end final peace deal, unlikely

But as he turned his attention to the struggling peace process, reactions were less enthusiastic. Israel and the Palestinians have set a year-end target to reach a final peace deal. But the sides have said that goal is increasingly unlikely. The Palestinians are upset about continuing Israeli construction in the West Bank and east Jerusalem — areas they claim for a future state.
難航する年末までの平和条約締結
しかし、演説のテーマが難渋するパレスチナとの和平交渉へ移ると、議会の聴衆の反応はとたんに冷めたものとなった。イスラエルとパレスチナは、両者間の和平交渉の最終目標を和平条約におき年内の締結をめどとしているが、双方の内部関係者ともに、年内の実現はますます難しいのが現状だと漏らしている。特にパレスチナ側では、和平条約が整った場合にはパレスチナ側の領土となる予定の左岸地区とエルサレム東部地区で、相変わらずイスラエル人集落の建設が継続されていることに関して憤慨している。
d0123476_1514599.jpg
昨年ゴラン高原でヒズボラがイスラエル兵を捕虜にしたのがレバノン戦争のきっかけとなった。戦争は終わったが捕虜は解放されていない。捕虜の一人でフランス市民権を持つイスラエル兵士ギラッド・シャリットの両親と、エルサレムのキングデービッドホテルで会談するサルコジ。これは例えて言うならば、ブッシュが憲法記念日に日本を訪れ北朝鮮に拉致された日本人の両親に個人的に会って慰める、といったような状況ではないだろうか。たとえポーズでもこういう行動をとるのが、その国の痛みを知っているサルコジの外交力であり政治力である。

4. 'Jerusalem as the capital for two states'

President Sarkozy said Monday there could be no Mideast peace unless Israel drops its refusal to cede sovereignty over parts of Jerusalem claimed by the Palestinians, challenging one of Israel's most emotionally held positions. "There cannot be peace without recognition of Jerusalem as the capital of two states and the guarantee of free access to the holy places for all religions."
「エルサレム二都物語」の実現を
月曜の演説で、サルコジ大統領はイスラエルがイスラエルがもっとも感情的に固執しているエルサレム分割案にあえてふれ、パレスチナが要求しているエルサレム分割統治案に対するイスラエルの拒絶を撤回するべきと表明した。「ユダヤ教のイスラエルとイスラム教のパレスチナ両方の首都として、また(キリスト教も含む)あらゆる宗教の聖地として信者がエルサルムへ自由に出入りできる状況を保証しない限り、中東の平和はありえない」と発言した。
d0123476_15191869.jpg
ヨルダン川の左岸の歴史ある都市ジェリコで砂嵐の中をパレスチナ軍施設の堡俏に立つ兵士

5. Old city, the key Israeli issue

Speaking to a packed session of the legislature, Sarkozy also called on Israel to stop building settlements in the West Bank. Israel says the Palestinians must do more to rein in militants. Israeli Prime Minister Ehud Olmert has declared a partial settlement freeze but said construction will continue in areas Israel intends on retaining — including major settlement blocs and Jewish neighborhoods in east Jerusalem. Olmert also opposes giving up control of Jerusalem's Old City, where key Jewish, Christian and Muslim holy sites are located. Israel captured east Jerusalem, including the Old City, in the 1967 Mideast War.
エルサレム旧市街に固執するイスラエル
d0123476_1520488.jpgイスラエル国会の満席の議場に向かってサルコジはまた、パレスチナ左岸地区に散在するイスラエル人入植者部落の建設工事を、和平交渉の条件として中止するよう呼びかけた。左岸地区に関するイスラエル側の言い分は、パレスチナ政府が反乱分子をもっと厳しく鎮圧するべきという点にある。この問題に関してイスラエルのエフド・オルメルト首相は、セツルメント(入植者部落)の一部は開発を凍結したが、反乱分子が入り込まないように保守するべき地域ではイスラエル人部落の建設を続けると主張する。それらの地域には、既存の主要セツルメントとエルサレム市内東部のユダヤ人居住区が含まれている。オルメルトはまた、エルサレムの歴史ある旧市街区=オールドシティの統治権を放棄するのにも反対である。オールドシティにはユダヤ教、キリスト教、イスラム教それぞれの聖地が存在しているからだ。ちなみにオールドシティを含むエルサレム全体をイスラエルが奪取したのは、1967年の中東戦争の際である。
エルサレム市内東部のハルホマ・セツルメント ユダヤ人入植者向けの住宅建設続行は和平条約の進行を阻んでいる

6. 'Unacceptable for Iran's nuclear program'

Sarkozy assured Israel it was not alone in its concerns about Iran's "nuclear military program" and said confronting Tehran requires a united international front. France takes on the presidency of the European Union on July 1. "France is determined to pursue, with its partners, a policy of progressively tougher sanctions," he said in French. "An Iran equipped with nuclear weapons is unacceptable for my country."
「フランスはイランの核兵器開発を認めない」
一方サルコジはイスラエルに対し「イランの核問題」に関して極めて留意していると述べ、テヘランのイラン政府とイスラエルの衝突が起きれば、国際的な統一戦線が必要となると述べた。フランスは今年7月1日を期してEUの首長国となるが、その件に関してサルコジはこう表明した。「フランスは、他のEU諸国とともに、イランに対するより強硬な経済封鎖政策を下す覚悟である。核兵器を保有するイランという存在は、我が国は認めるわけにはいかない」
d0123476_1521963.jpg
今月17日に66年以来42年ぶりにNATOの司令軍に復帰したフランス 同日パリ北部のクレール空軍基地を視察

7. EU approved new sanctions against Iran

At a meeting in Luxembourg on Monday, EU nations approved new sanctions against Iran, including a freeze on assets of the country's biggest bank and a travel ban on high-level experts dealing with Iran's nuclear program. Israel, which believes Iran is developing nuclear weapons, has welcomed the international sanctions, but warned that "all options are on the table" if diplomacy fails.
EU、イランに新規の経済封鎖で加圧
23日月曜ルクセンブルグで行われた会議で、EU加盟諸国はイランに対する新しい経済封鎖政策を採択した。この中にはイラン最大の銀行の資産凍結や、イランの核開発に関与する要人技術者の渡航禁止などが含まれている。イスラエルは、イランが核兵器開発を行っていると信じているので、今回の経済封鎖に関しては諸手を上げて賛成である。しかし、あらゆる外交手段が失敗に帰した暁には、「すべての手段は手のうちにある(先制ミサイル攻撃・核攻撃も)」とイランに対して警告を発している。 [了]

【米国時間 2008年6月24日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_15224683.jpg
»» 次号「チベット問題と四川大地震で一気に盛り下がる北京五輪ツーリズム」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8169964
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8169964

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


人気ブログランキングでただいま2位です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

d0123476_185508.jpg
昨年のシリア核の危機「中東核戦争」と「NIE諜報レポート」の特集連載もぜひご参照ください。


▼クリックしてこの下の『米流時評』中東核戦争・NIE諜報特集記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-06-24 15:16 | サルコジのフランス

地獄のガザ・混迷の左岸、パレスチナは生き残れるか?

f0127501_128435.gif
   ||| 地獄のガザ・混迷の左岸に見るパレスチナの明日 |||
d0123476_19544083.jpg
蜂起したハマスと放棄したファタハ ガザ紛争の内実はデキレースだった!
欧米・イスラエルのパレスチナ分裂容認は、援助と攻撃に二分化するため?


By ケヴィン・ペレイノ N.Y./ジョアンナ・チェン イエルサレム/ヌハ・ムスレー ウェストバンク/
ダン・エフロン ワシントン | ニューズウィーク米国版 6月25日号 ガザ特集 | 訳:ysbee

人道的窮地の限界点だったガザ地区
今回の紛争が険悪化する前からガザはすでに人道的な危機の限界点に達していた。好調な時でさえ失業率は50%にも達し、ハマスが政権の過半数を占めてからはその数字もうなぎ上り。CIAの「ワールドファクトブック」によると、ガザ地区の主要産業のトップに「オリーブの木彫品」と「雲母貝の土産物」が含まれることからも察しがつくように、めぼしい主幹産業に貧する。

'Back to the Stone Age'
By Kevin Peraino from New York/Joanna Chen from Jerusalem / Nuha Musleh from West Bank / Dan Ephron from Washington
GAZA Special - 3 | Newsweek — June 25, 2007 issue | Translation by ysbee
14. Verge of a humanitarian crisis
Gaza was already on the verge of a humanitarian crisis even before the latest round of fighting. Unemployment runs at about 50 percent in good times, and has shot up since Hamas took power. Top "industries," according to the CIA World Factbook, include "olive-wood carvings" and "mother-of-pearl souvenirs."

__________________________________________________________________
JUNE 22, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | M S N B C .com
    ||| ガザ・左岸分立で解読するパレスチナの明日 |||
d0123476_19554539.jpg
欧米・イスラエルのパレスチナ分裂容認は、援助と攻撃に二分化するため?

15. Releasing the frozen tax funds to Abbas
Once Israel began withholding roughly $55 million each month in Palestinian customs receipts, leaders were forced to stop paying government salaries altogether. According to a March IMF-World Bank report, real GDP fell between 5 and 10 percent in 2006—almost 40 percent below its 1999 level. The result: "a hollowing out of the Palestinian economy," according to the study. (Addl: Israel agreed Sunday to begin releasing the frozen tax funds to Palestinian President Mahmoud Abbas, a gesture to bolster the moderate Palestinian leader in his standoff against the Islamic militant group Hamas.)

66億円の凍結資金はアッバース臨時政権へ
かつてイスラエルが、毎月5500万ドル(約66.6億円)にものぼるパレスチナ税関の収入を差し押さえて以来、パレスチナは政府の役人全員に払う給料すら瀕していたほどだ。今年3月のIMF/世界銀行の共同白書によると、実際のパレスチナの国民総生産は、2006年度と比較して5〜10%もの落ち込みを示し、同国の1999年度の水準からおよそ40%近くも急落と発表されていた。白書の分析では、それは「パレスチナ経済の空洞化現象」の結果であると結論づけられていた。(追記:イスラエルは24日日曜この凍結資金を、パレスチナ左岸地区ラマラーにアッバースが急遽設立した臨時政権に受け渡すことに同意。この行動は、イスラム過激派グループ・ハマスに対して抗戦した穏健派のファタハ指導者を激励する意味合いで執られたものと解釈される。)

▼ パレスチナは食料供給を国連のパレスチナ難民救済事業機関UNRWAの配給に頼っているが、内戦で一時閉鎖中
d0123476_21142997.jpg
16. 2.2 million crossed over into the neighbors
Nearby countries like Jordan and Lebanon, which already host 1.8 million and 400,000 Palestinian refugees respectively, are not eager to take in more. Both have had to deal with their own recent problems with Islamist extremists. "Jordan certainly doesn't want to see Palestinian politics spilling over into its terrain," says Nicholas Pelham, an analyst with the International Crisis Group. "Both [Egypt and Jordan] will put their own survival ahead of the humanitarian crisis."

220万人以上がヨルダンとレバノンへ
近隣諸国は、ヨルダンが180万人、レバノンが40万人のパレスチナ難民を、寛容にもすでに受け入れており、これ以上の難民を引き受けるのは手一杯なようである。両国とも自国内のイスラム過激派への対策で、頭がいっぱいである。
インターナショナルクライシスグループのアナリスト、ニコラス・ペルハム氏は、この間の事情を次のように解説する。「ヨルダンは確かに、パレスチナの政治の余波が自国内に波及するのを是認したくはないようだ。(エジプトとヨルダンの)両国とも、人道的危機救済と言う問題では自国のサバイバルを優先するに決まっている。」

▼イスラエルのブルドーザで住居が撤去されたため臨時テントから学校に通うラファの子供/外で寝起きする老人
d0123476_19562370.jpg
17. Phony "Schengen" visa for $2,000
The Gazans most likely to escape, then, will be those with means and connections—the ones Gaza can least afford to lose. One black-market dealer of fake visa papers in Gaza City, who didn't want to be identified in order to stay out of jail, told NEWSWEEK that he could procure a phony borderless Europe "Schengen" visa for $2,000—roughly twice Gaza's per capita income. He says most of his clients are students who manage to raise the money from their extended families. "They know it's an investment," he explains. He says his business has almost doubled in the past three months.

偽造ビザを2千ドルで入手渡航する学生
国外に最も脱出しやすいガザ市民とは、とりもなおさず国外で生きる技術とコネを持つ者、つまり今日のガザが最も手放したくない連中である。ガザ市内のブラックマーケットでニセモノのビザを取り扱っている業者は、事実がばれると監獄行きなので匿名ではあるが、ニューズウィークのインタビューに対して次のように答えている。
彼はヨーロッパ15カ国に通用する「シェンゲンビザ」を偽造したツーリストビザを、2千ドル(約24万円)で入手できると告白した。この金額は、ガザの一世帯当たりの年収のおよそ2倍にも相当する。彼の顧客の大半は、親戚中から現金をかき集めた学生であるという。彼はその理由をこう説明する。「優秀な学生を国外に出すことは、家族にとって一種の投資だということが判ってるんですよ。」彼のビジネスは、過去3ヶ月の間に倍増したと言う。

▼ガザ北部からイスラエルへ抜ける国境エレツの検問所で越境許可を待つ、着の身着のままのパレスチナ難民
d0123476_1957279.jpg
18. 'If you have money, move out'
Middle-class businessmen have other ways out. Mahmoud Ismail, a 46-year-old entrepreneur originally from the village of Deir al-Balah, left Gaza three months ago and moved to Cairo. He closed his Gaza potato-chip factory, which he says lost $12,000 in 2006, after it was repeatedly robbed and burned. Then he managed to get an Egyptian work visa by promising to invest $240,000 in a new factory in the Egyptian capital.
For now his wife and four children are still stuck in Gaza; the Rafah crossing is closed, as it was for 271 days in the past year. He plans to get them out as soon as the border opens. "If you have money, you move out," he says. "If not, you're stuck. That country doesn't deserve me."


「金があるなら即出国すべき」
中産階級のサラリーマンには、別の出国手段がある。マフムード・イスマイルは46才の自営業経営者だが、元々はデイル・アルバラ村の出身である。彼は3カ月前にガザを離れ、南隣エジプトの首都カイロへと引っ越した。ガザでは彼はポテトチップスの工場を経営していたが、2006年度の決算で1万2千ドル(約144万円)の赤字を出した。それというのも、工場が頻繁に盗難や放火に遭ったからである。そこで、24万ドル(約2800万円)を投資してエジプトの首都に新しい工場を作ると言う約束で、エジプト政府からワーキングビザを取得した。
しかし現在のところ、イスマイル夫妻と4人の子供はいまだにガザにへばりついている。エジプトへ通じるラファの国境が閉鎖されているからだ。昨年の閉鎖以来すでに271日も経過している。彼は国境が再開されたら即刻脱出する予定であるといい、こう断言する。「金があるなら出国です。なければそこにじっと停滞しているだけ。そんな国はもう沢山です。」

左:イスラエルから攻撃を受け続けるガザ南端エジプトとの国境の町ラファで撤去のブルドーザーに抵抗する子供たち
右:ラファにはイスラエル空軍のミサイル爆撃やヘリの空襲が頻繁に/機銃掃射を避けて車の下に隠れようとする子供
d0123476_2013522.jpg
19. 'I cheated my country'
Most of the new refugees are fully aware that by leaving Gaza they are almost certainly doing harm to the territory's prospects, as well as the cause of Palestinian nationalism. "We're fighting for the right-of-return," says 34-year-old Khalil Safadi, another asylum seeker now in Norway. "Imagine this—and now look what we're doing! I feel so ashamed. I cheated my country." Still, he has no plans to go back to Gaza. "I will learn Norwegian very easily," he says.

亡命は祖国に対する裏切り?
新しく発生した難民のほとんどは、ガザを離れることによって故郷の未来をいたく傷つけるという事実を、しっかりと認識している。同様に、パレスチナのナショナリズムの基盤をおびやかす点についても承知している。「我々はイスラエルに対して『国土返還』を主張して闘っています」こう言うのは34才のカリル・サファディ氏で、彼は目下ノルウェーへの亡命を計画している。
「考えても見てください。祖国のために運動しているのに、今や亡命を企てているんですよ。まったくお恥ずかしい限りです。祖国を裏切ったも同然です。」しかし彼の亡命計画の中に、ガザへ戻る予定は含まれていない。「ノルウエー語は簡単に覚えますよ。」

▼ 空軍の爆撃で破壊された家から残留物を運び出す子供/イスラエル軍に目の前で我が家を破壊されたラファの子供
d0123476_202308.jpg
20. 'Get the hell out of here'
Sana Dahman hopes she'll get that chance, too. As she waits in the dark of her house in Gaza she can hear the crackle of gunfire outside. She says she often bursts into tears. She has stopped combing her hair. "Gaza is in a hellish mood," she says quietly. "It's an extreme form of sickness. We have lost our brains." In a Gaza gone mad, the only sane thing now, she believes, is to get the hell out.

残された道「唯一逃げ出すしかない」
冒頭でインタビューしたサーナ・ダーマンさんも、亡命のチャンスを伺っている。停電のために真っ暗なガザの自宅で、彼女の耳に聞こえるのは表の銃撃戦の銃声だけだ。彼女はときおり涙があふれて止まらないと漏らす。もう髪をとかすのも止めるほど絶望的になったと告白し、静かにつぶやく。「ガザは地獄のような状況で、狂気の沙汰、絶望の極みです。もう何も考えられない。」
しかしガザが狂気に陥った現在、彼女に唯一残された正常な手段とは、ここから逃げ出すことしかないようだ。

▼ 国境の町ラファでは2年前からイスラエル軍の空襲が続く/ヘリの機銃掃射を受け逃げ惑う市民/爆撃後の廃墟
d0123476_204294.jpg
【米国時間 2007年6月22日  『米流時評』 ysbee訳】
__________________________________________________________________
ガザ・パレスチナの関連情報リンク

d0123476_21245181.jpg
パレスチナ情報センター
http://palestine-heiwa.org/
絶え間ない攻撃にさらされる街ラファ
http://palestine-heiwa.org/rafah/
ラファに関する動画ニュース
http://palestine-heiwa.org/rafah/misc/200405_video/
ラファ・トゥデイ
http://rafahtoday.org/

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gifここをぽちっとよろしく!上位カテゴリで20位に入りたい
f0127501_1040831.gif全国区はきびしーっ 牛歩の歩みで25〜30位をうろうろですが、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!ヘンなサイトが多くて困った?
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位をキープさせていただいてます。ありがとうございます!
f0127501_170889.gifサイト内で欄の左にある「投票」アイコンをクリックしてください。
4月までの第1部と5月からの第2部で1・2位を確保してます。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100

『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-22 19:50 | 中東のパワーラビリンス

永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記

f0127501_128435.gif
 ||| 永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記 |||
d0123476_19191757.jpg
内戦状態のガザを逃れて国外へ脱出する、パレスチナ人数十万人の暗黒の未来
パレスチナ難民のさらなる難民化、ハマスの勝利で欧米が資金援助を打ち切り


ニューズウィーク米国版 6月25日号『ガザ特集』
By ケヴィン・ペレイノ N.Y./ジョアンナ・チェン イエルサレム/ヌハ・ムスレー ウェストバンク/ダン・エフロン ワシントン | 訳『米流時評』ysbee
前号からの続き |しかしながらこれまでのところ、パレスチナでハマスとファタハのどちら側に付くかという立場を選ぶのは容易なことではなかった。昨年の総選挙でハマスが勝ってからというもの、米国やヨーロッパはパレスチナ政府への援助金を打ち切り、その代わりに敵対政党ファタハのアッバース大統領の事務所へ直接資金を流し込んだ。

GAZA Special 2 — Back to the Stone Age
Newsweek — June 25, 2007 issue | By Kevin Peraino from New York/Joanna Chen from Jerusalem / Nuha Musleh from West Bank / Dan Ephron from D.C. | Translation by ysbee
7. Western cut aid money
However picking sides in Palestine hasn't worked so well thus far. After Hamas's electoral wins, the United States and other Western countries cut aid money to the Palestinian government, instead funneling resources directly to Abbas's office. What seems certain is that Hamas-run Gaza is doomed to greater isolation and misery.

__________________________________________________________________
JUNE 21, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | M S N B C .com

    ||| 永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記 |||
d0123476_8242317.jpg
内戦状態のガザを逃れて国外へ脱出する、パレスチナ人数十万人の暗黒の未来


8. 'U.S. pushed confrontation'
Some observers accuse Washington of baldly encouraging rivalry between the two camps. In a confidential report leaked last week, United Nations envoy Alvaro de Soto wrote that "the U.S. clearly pushed for a confrontation between Fatah and Hamas." De Soto recounts listening to a U.S. official declare "I like this violence" twice at an envoys' meeting in Washington recently. "The U.S. fanned the flames of this internal Palestinian conflict," says Haim Malka of Washington's Center for Strategic and International Studies. State Department spokesman Sean McCormack dismissed de Soto's remarks as "the views of an individual."
「米国はハマスとの抗争を望んだ」
今回のファタハとハマスのガザ攻防戦の一部始終を見ていた者の中には、米国政府が二者の間の敵意を増長するように、意図的に焚き付けた節があると非難する者もいる。先週メディアに漏洩した極秘情報の中で、国連代表のアルヴァロ・デソト氏はこう述べたと伝えられている。「米国は明らかにファタハとハマス間に衝突が起きるよう後押しした。」デソト氏は、ワシントンで最近行われた会合で、米国政府高官が二度も「こういう武力衝突は大好きだ」と漏らしたのを耳にしたと語っている。
「米国は、今回のようなパレスチナ内紛の火に油を注いだ。」こう見るのはワシントンにある国際戦略研究センターのハイム・マルカ氏である。一方、国務省のショーン・マコーミック広報官は、デソト氏の意見に対して「一個人の勝手な見解に過ぎない」と無視した。
d0123476_8251130.jpg
昨年選挙で勝利したハマスの指導者イスマイル・ハニイェ(右)/パレスチナ大学の卒業式が6月上旬にあったばかり

9. Doomed to greater isolation, misery

With the Islamists in control, Israel may intensify its campaign of airstrikes on Hamas rocket teams and other militants. Some Israeli analysts point out that a strong Hamas leadership in Gaza could have its advantages; at least someone would be in control there. But that is a minority view. "There's no common ground [with Hamas]," says Ephraim Sneh, Israel's deputy Defense minister. Dialogue, he says, is almost certainly a nonstarter. "Listen to them, for God's sake!" he says. "Gaza will be worse than Mogadishu. Our Apache [helicopter gunships] will talk to them."
孤立と窮状を深めたガザ
イスラム強硬派の覇権で、イスラエルはハマスのロケット攻撃や他の過激派グループの叛徒に対する空爆作戦を強化するかも知れないと見られている。ガザにおけるハマスの強力な指導態勢は、少なくとも誰かがガザで采配を振るえば、逆に敵が一団となったので攻撃しやすくなったという意味で、イスラエル評論家の中には「イスラエルにとって攻撃の好機到来」と捉える者もいる。
しかしそれは今のところ、まだ少数意見に過ぎない。イスラエルの防衛相エフレイム・スネヘ氏は次のように語っている。「イスラエルとハマスとの間では、共通の足場は皆無だ。彼らが言ってるとんでもないことを聞けば判るじゃないか。ガザはモガディシュよりもひどい事態になるだろう。そうなれば我が軍の攻撃用アパッチヘリコプターがモノを言うだろう。」
d0123476_8264410.jpg
ガザからイスラエルへ抜ける国境では、ガザ地区を制圧したハマスの武装兵が旅客をチェックする戦時体制

10. Palestinians' Exodus

It is no wonder, then, that so many Palestinians like the Dahmans are trying to get out. Over the past year, thousands of Gazans have fled to Europe, Canada and Arab capitals like Cairo and Amman. In the past 12 months, 88,320 people have left Gaza for Egypt through the Rafah crossing, and only 76,176 have come in — a net loss of some 12,000 people. Many more would leave if they could. Ahmad Hanun, the director of the Shaml research center in Ramallah, says roughly 45,000 Palestinians applied to emigrate from Gaza and the West Bank in 2006. A travel agent in Gaza City, who didn't want to be identified for safety reasons, says he takes 50 calls each day from Gazans trying to wangle fake visa papers.
パレスチナ人のエクソダス
道理で、冒頭に述べたダハマン一家のように、あまりにも多くのパレスチナ人が国外へ脱出しようと必死になる訳である。昨年1年だけでも何万人ものガザ市民が、ヨーロッパ、カナダやエジプトのカイロ、ヨルダンのアマンなどの近隣諸国の首都へ亡命した。過去1年の間に88,320名がラファハの国境を通過してエジプトへ出国したが、それに反して入国者は76,176名である。つまり1万2千名が行ったきりになっている。状況が許せば出国者は多分それ以上の数になるだろう。
西岸地区の首都ラマラーにあるシャムル・リサーチセンターのアハマン・ハヌン部長が行った2006年度の調査結果では、ざっと見ても4万5千人のパレスチナ人がガザからウェストバンク(西岸地区)へ移住申請を申し込んだと出ている。ガザ市内の旅行代理店職員が匿名で語る所によると、偽のビザを入手してくれと懇願する電話が1日当たり50件を下らないという。
d0123476_8271938.jpg
今回の紛争のきっかけはイスラエルのガザに対するミサイル攻撃/戦闘前のファタハ警備兵と爆撃を受けた車

11. 'Going back to the Stone Age'

Anecdotal evidence suggests that the vast majority of those who manage to escape are the young, wealthy and well educated. Many of those who are leaving are technocrat types who work for organizations like the United Nations and foreign NGOs with global reach. Khaled Abdel Shafi, the director of the United Nations Development Program's Gaza office, says he recently lost 10 percent of his employees, including many of the best. He says another 10 percent are trying to go, but can't get visas. "The big brains are leaving Gaza," says Sana Dahman. "We're going back to the Stone Age."
「石器時代に逆戻りの状況」
以上のような断片的な個人の見解をつなぎあわせてみると、国外へ脱出できた者の大半は、若くて裕福な高学歴者という実像が浮かび上がる。亡命者の多くは、国連やグローバルに活動するNGO法人のような組織に勤務していた官僚タイプである。国連開発機構ガザ事務所の所長カレド・アブデル・シャーフィ氏は、最近だけでも職員の1割が辞め、優秀な者ほど率先して亡命しているようである。その上さらに1割がビザを申請中という実状らしい。「頭脳流出の最たるものです。ガザは石器時代に戻るでしょう。」先述のサーナ・ダハマンさんはこう嘆く。
d0123476_8274785.jpg
学校も紛争で焼き討ちに合い焼失、教師も国外へ脱出/爆撃で荒廃したガザ 破壊された車で遊ぶ難民の子供たち

12. Refugees from the refugee camps

The irony is that the bulk of Gaza's 1.4 million residents are already from refugee families, mostly from Israel's 1948 War of Independence. Israeli historian Benny Morris, author of the seminal "Birth of the Palestinian Refugee Problem," says that a similar brain drain preceded that conflict. "The well educated fled first," says Morris. "It left the vast majority of the population leaderless." When fighting broke out, Palestinians "didn't have anyone to say 'Stay'," he says. "They were like chickens without heads." Some 700,000 Palestinians ended up fleeing or being driven from their homes, a quarter million of them to neighboring countries.
難民キャンプからの難民化現象
皮肉な現実だが、140万人を数えるガザ全人口の大方は、すでにパレスチナ難民としてこの地に流れ着いた者たちである。そのほとんどは、1948年のイスラエル独立戦争時にユダヤ人に生地を追われてやってきた。イスラエルの歴史研究家で隔年刊『パレスチナ難民問題の誕生』の著者ベニー・モーリス氏は、この「難民の難民化現象」によって、前述と同様の頭脳流出現象が紛争の起きる前からすでに発生していたと説明する。
「高学歴者ほど先に国外へ脱出します。その結果大多数の一般市民が、指導者のない状況に置き去りにされます。紛争が勃発した時点では、すでにパレスチナ市民に向かって『とどまれ』と指示する者が存在しなかった訳ですよ。親鳥を失ったひよこの群れのようなものです。」
かくしてガザ地区住民のうち70万人以上のパレスチナ人が国外へ脱出、あるいは自宅から非難することを余儀なくされた。そのうち25万人は、近隣諸国へ流出する難民と化すという結果を招いた。
d0123476_8283728.jpg
ガザ市内は完全にハマス勢力の制圧下に/紛争に巻き込まれ負傷した市民が担ぎ込まれる病院も流出で医師不足

13. Last resort UNRWA

Now, with Gaza exploding into violence, even the United Nations-operated refugee camps have become unsafe. Militants have stormed several of the food-distribution centers run by the United Nations Relief and Works Agency (UNRWA), searching for high ground as the fighting raged. Two UNRWA workers were shot to death during gun battles, and two more were wounded. As a result, the agency announced it would temporarily suspend service at most of its Gaza health clinics and food-distribution centers. Refugees contacted by NEWSWEEK said they expected to run out of food within days. "If they don't get our food, they don't have food," says John Ging, UNRWA's director of Gaza operations. "We are their last resort."
最後の頼みの綱 UNRWA
いまや戦乱の巷と化してしまったガザでは、国連運営の難民キャンプですら危険な状況に陥ってしまった。ハマスの武装叛徒は、市街戦で有利な高位置を確保するために、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA: United Nations Relief and Works Agency)によって運営されていた食料配給施設の数カ所を急襲し占拠した。この銃撃戦で、現地職員のうち二人が死亡、二人が負傷。
その結果、UNRWAではガザ地区の診療所と食料配給センターのほとんどで、臨時的に操業を保留している。ニューズウィーク誌がコンタクトした難民たちは、数日中に食料が底を尽きるだろうと予測している。ガザ地区のUNRWAセンター所長のジョン・ギン氏は、悲観的観測をこう述べる。「配給センターに食料がないとなれば、ガザのどこにも食料がないのと同じことです。われわれは彼ら難民にとっての最後の頼みの綱でしたから。」

【米国時間 2007年6月21日 『米流時評』ysbee訳】
d0123476_829842.jpg
国連パレスチナ難民救済事業機関のガザ地区食料配給センターは難民への唯一の食料配給機関 現在は操業停止


__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gifここをぽちっとよろしく!上位カテゴリで20位に入りたい
f0127501_1040831.gif全国区はきびしーっ 牛歩の歩みで25〜30位をうろうろですが、ぽちっ!
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位をキープさせていただいてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-21 08:21 | 中東のパワーラビリンス

ガザの悲劇・4千年の民族抗争

f0127501_128435.gif
     ||| ガザの悲劇・4千年の民族抗争 |||
d0123476_19354793.jpg
モーゼの出エジプトから今日のイラク、レバノン、イスラエル・パレスチナ紛争まで
Tragedy of Gaza — The Sectarian Wars over Millenniums in the Mideast

流浪の民の出国記
歴史は無惨に繰り返す。旧約聖書に書かれていることが史実だとすれば、古代エジプトの預言者が「ユダヤの赤子がエジプトを滅ぼす」と予言したばかりに、時のエジプト王はユダヤ人殲滅の命を下し、ユダヤの民はエジプトの圧政を逃れ、モーゼに率いられて紅海をわたる。古代ユダヤ人は死海のほとりパレスチナに「約束の地/Promised Land」を見いだし、其処に住み着く。この「乳と蜜の流れる地」で営々と開墾を続けた後に、イスラエル12支族を結集した史上初のユダヤ人の国家「古代イスラエル王国」を建国。先のモーゼとユダヤ人がエジプトを脱出した時のクロニクルが、旧約聖書の中で『創世記/Genesis』の次に出てくる『出エジプト記/EXODUS』の章である。

イスラエルとユダヤの双頭の王国d0123476_7444634.jpg
爾来、中東のアラブ民族とユダヤ人との確執は、4千年を経た現在でもいまだに憎悪と復讐の血塗られた歴史を繰り返している。
BC10世紀に王国はイスラエルとユダの南北に分裂。BC721年に北のイスラエル王国アッシリアに、BC612年には南のユダ王国バビロニアに滅ぼされる。今の言葉に置き換えれば、この時にユダヤ人が戦争捕虜としてバビロニアの首都バビロンへ強制連行された事件が、後世に至るまで歴史に永遠の影を落とす、いわゆる「バビロン捕囚」である。

ローマ帝国属領とディアスポラ
しかしその後BC538年にペルシア王国がバビロニアを攻略し、イスラエル人の捕囚を解放。しかしパレスチナの地に再びユダヤを建国できたのは、当時セレウコス朝マケドニア(シリア王国)の領土から領地を奪還したマカバイ戦争(BC143)まで待たねばならず、またその後すぐにローマ帝国の属州となった。この時代は北アフリカ・地中海沿岸から現在のヨーロッパ全域、西は英国・アイルランドまでの広大な範囲がローマ帝国の領土であった。ローマの統治下ではユダヤ戦争とバル・コクバの乱と2度の反乱が起きたため、ローマ帝国はユダヤ人を徹底的に弾圧した結果、ユダヤ民族は世界中に離散。流浪の民としてのユダヤ人の宿命である「ディアスポラ=民族離散」が、かくしてその後20世紀半ばまで2000年近く続く訳である。

シオニズムとホロコースト
20世紀に入ってから、世界各地に離散していたユダヤ人の祖国復帰運動「シオニズム」が勢力を増し、第一次大戦で英国がオスマントルコを敗ってエルサレム入城。当時の英国首相が唱えた「バルフォア宣言」で、シオニズムが公的に承認される。
しかし、ユダヤ人4千年の歴史でもっとも厳しい試練となったのが、ドイツ第三帝国総統ヒットラーのユダヤ人狩りであり、ヨーロッパ全域からユダヤ人ゲットーへ集められ、その後強制収容所へ送られてガス室などで大量処刑され、実に600万人という壮絶な数の犠牲者を出した。

イスラエル建国とパレスチナ分割
d0123476_7455584.jpg第二次世界大戦におけるナチスホロコーストに対する代償として、1948年に米国のトルーマン大統領以下の牽引でイスラエルとして建国、翌年国連に加盟し正式に主権国家として承認される。
戦前からユダヤ人の入植地「キブツ」は点在しており、46年当時この大パレスチナ地域にはユダヤ人が70万人、パレスチナ人が130万人居住していたが、国連の決議でユダヤ人の新生イスラエルに2/3の土地を譲与した。パレスチナの地に先祖代々住み着いていたパレスチナ人は、イスラエルを中に挟んで地中海沿岸のガザ地区とヨルダン川西岸のウェストバンクに二分され、両地区とも生地を追放されたパレスチナ人の巨大な難民キャンプと化した。

テロリストの温床
それ以来のイスラエル対パレスチナの攻防は、常に世界を震撼とさせる恐怖のテロ事件で、国際ニュースのトップを頻繁に埋めてきた。最近では一時期クリントン大統領の時代に、イスラエルのバラク首相とパレスチナ解放戦線のアラファト議長キャンプデービッドで和解の握手をするまでに漕ぎ着けたが、最終的和平協定にまではいたらなかった。その後アラファトは死去、04年にアリエル・シャロン首相がガザ地区からのイスラエル軍の全面撤退と入植者撤去という思い切った政策を実行し、タカ派リクード党ベンヤミン・ネタニヤフがこれに抗議して蔵相を辞任。06年にはシャロン首相も脳卒中に倒れ、5月にオルメルト首相が後任に選出され7月にはレバノンに侵攻。以来タカ派の軍事攻撃をアラブ諸国に対して繰り返したが、国際的世論も国内の評価も地に落ち、現在の支持率わずか14%の死に態である。

ネオコンの中東ニューワールド構想
2000年に入って米国では共和党のブッシュ政権が誕生し、ホワイトハウスの軍事外交ブレーンたるネオコン「中東ニューワールド構想」を掲げて、アラブ世界の民主化を推進する戦略を強行。その槍玉に挙がったのがイラクのサダム政権。2003年3月の侵攻から3週間でバグダッド陥落。翌年イラク初の民主化総選挙でアルマリキ政権が成立したが、その後は周知の通り「第2のベトナム戦争」と呼ばれるほど泥沼化。戦死者・市民の犠牲者共に只ならない数字の惨状を示している。

イスラム強硬派の軍団形成d0123476_7452266.jpg
一方イラク周辺諸国でも暗殺・蜂起・復讐の内紛が続発し、ここ数年でテロ事件の起らなかった国はない。昨年のイスラエルのレバノン侵攻では、数千年継続した「アラブ対ユダヤ(イスラエル)の闘い」を再現してしまったが、欧米諸国が後ろ盾となる軍事大国のイスラエルをもってしても、レバノンのイスラム強硬派軍団ヒズボラのゲリラ戦術には勝てなかった。
これとシンクロするようにパレスチナのガザ地区でも、米国が容認する穏健派のアッバースが主導するファタハを、イスラム軍団を基盤とするハマスのハニエ代表が選挙で打ち破り、反米反イスラエルのイスラム過激派グループハマスが政権の優位を占める事態となった。

「イスラム三大軍団」の台頭
このように、幾千と群雄割拠する戦国時代のようにムスリム強硬派軍団が各地で台頭する中で、イラクの「マフディ」(ムクタダ・アルサドル) 、レバノンの「ヒズボラ」(ハッサン・ナスララー) 、ガザの「ハマス」(イスマイル・ハニエ) が軍事力、民衆の支持ともに強大なパワーとなってきている。さらに3団体とも、米国国務省は「テロリストグループ」の烙印を押している。大手メディアではまだ誰もそんなタイトルは命名していないが、この三つの叛徒組織が誰の目から見ても現在の中東紛争の鍵を握る「イスラム三大軍団」であることは間違いない。そしてまだ誰も公然と指摘してはいないが、これらの軍団が「米国とイスラエル」という共通の敵を掲げて、国境を越えて連帯し共闘戦線を組む……この恐怖の構図が脳裏から離れない。現在はネット上で、クリックひとつで簡単にテロリストが集結できてしまう時代だからだ。

ミッドイースト外交の砂嵐
d0123476_7463875.jpgもちろん欧米側も当然この事態に対応するかのように、緊急会議を予定している。昨日発表された中には「サミットのサミット」とでも呼べる前代未聞の顔ぶれの会議もある。まずはあさって6/24日曜にエジプトのシャルム・エルシークで開かれるイスラエル・パレスチナ・エジプト・ヨルダンの4カ国会議。これはウェストバンクの首都ラマラーに急遽樹立したアッバース政権を、パレスチナの正統国家として承認擁立する意図であろう。もうひとつが、国連・EU・米国・ロシアの外交団が同じくシャルム・エルシークで会談する「Mideast Quartet/中東4者会談」である。この顔ぶれは国連以外の場では、いまだかつて聞いたことがない。いずれにしても今年の夏は中東が、燃え盛る国際情勢という太陽の黒点であることは間違いない。

【米国時間 2007年6月19日『米流時評』ysbee】

▶前の記事: ガザ・エクソダス第1章 パレスチナの悪夢・ガザ市街戦

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gifここをぽちっとよろしく!上位カテゴリで20位に入りたい
f0127501_1040831.gif全国区はきびしーっ 牛歩の歩みで25〜30位をうろうろですが、ぽちっ!
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位をキープさせていただいてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-19 06:45 | 中東のパワーラビリンス

中東の黙示録後編・反イスラエル連合の予兆

f0127501_128435.gif
||| 中東の黙示録後編・反イスラエル連合の予兆 |||
d0123476_6304469.jpg
ハマス反米・反イスラエル戦線のガザ制圧が示す中東の混沌と不気味な行く末
イスラム軍団の台頭:イラクのマフディ、レバノンのヘズボラ、ガザのハマス


By マイケル・ハーシュ | ニューズウィーク米国版 6月25日号掲載 | 翻訳:ysbee
台頭する中東のイスラム軍団
米国政府がかつて拡大民主主義国家と呼んだ国々(あえてこの地域で言えばイランやシリア)の市民は、現在では彼らの母国周辺で、民主主義の息吹すら感じられない3つの事例に遭遇している。
レバノンでは、イランが後ろ盾となるヘズボラ(ヒズブラ)が人口の大部を占めるイスラム系民衆の圧倒的支持を受け、勢力的にはレバノン政府の上に君臨している。

イラクでは、イスラム教の「スンニ対シーア」の対立宗派を基盤とする政党が、2005年の総選挙でシーア派主流のバランスの悪い連立政権を樹立して以来、血なまぐさい悪夢のような惨劇を繰り返している。この国では、真に国民の合意を築こうとする試みはすべて徒労に終わった。

また地中海側のパレスチナの領地ガザ地区では、アッバースのファタハ政権を軍事的・政治的に増強して、反米・反イスラエルのイスラム強硬派軍団ハマスを放逐しようとする米国政府の施策は、一昨年の選挙結果でいともたやすく拒絶されてしまった。そして今日、ガザはハマスが君臨する反米勢力の砦と化してしまった。
d0123476_632765.jpg
Apocalypse Middle East-2: Fullhouse of Anti-israel Militias
Hamas and Fatah battle over control of the Palestinian territories
By Michael Hirsh | Newsweek — June 25, 2007 issue | Translation by ysbee
9. Islamist risen
Citizens of countries where Washington has called for greater democracy—Iran, say, or Syria—now have three less-than-inspiring examples close to home. In Lebanon, Iranian-backed Hizbullah reigns as a power unto itself. In Iraq, the sect-based parties that came to power in the 2005 elections have created a bloody nightmare, and stymied any attempts to forge a truly national consensus. And in the Palestinian territories, Washington simply rejected the election results.

__________________________________________________________________
JUNE 17, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | M S N B C .com
     ||| 中東の黙示録・反イスラエル連合の予兆 |||
d0123476_6312424.jpg
反米・反イスラエル戦線ハマスのガザ制圧が示す中東情勢の不気味な行く末
10. Two-state nation splits again
Optimists in Israel and America argue that Abbas, having dismissed the Hamas-led Palestinian government, is now free to receive millions in aid money and customs revenues that had been held back. The idea seems to be to bolster the wealthier, less radicalized West Bank and starve Gaza (of attention and respectability, if not food).
ガザとウェストバンクに再分裂したパレスチナ
イスラエルやアメリカ政界の楽観主義者は、05年の総選挙当時の現地の政情ではハマスがパレスチナ人の間で支持者が急増していたものの、この軍事政党がパレスチナ政府の主権を握るという考えを、はなから拒絶していた。米国は欧米側の意向を受け入れる穏健派のアッバースを擁立していたが、今回のガザ抗争の結果ハマスがガザ地区を制覇。今やアッバース以下のファタハはガザから放逐され、ウェストバンクのラマラーに臨時政府の開設を余儀なくされた。
しかし逆に「以前はハマス連立政権であったがために棚上げとなっていた米国からの数十億の援助金や税関収入が、半亡命政権とはいいながらも米国受容の穏健派で一本化したために、逆に援助金や物資をスムーズに受けとれるようになったではないか」と現実肯定論を説く者もいる。
こういった経済面のみを重視した考え方は、ガザ地区よりは比較的裕福でより穏健なウェストバンクを支援テコ入れし、ガザを(食料援助など人道的にではなく観念的にと受けとりたいが)見限ろうとしているように見える。
▼親米穏健派のファタハ、アッバース大統領はガザから逃亡しウェストバンクへ/イランに亡命中のハマス首領
d0123476_6331456.jpg
11. '2-state solution' failed
But simply walling off Gaza, and more than a million Palestinians, will bring the region no closer to peace. In a recent interview with NEWSWEEK, Rice said that establishing the idea of a "two-state solution" was one of her proudest achievements. "You now have a broad international consensus," she said. "That's a conceptual breakthrough." What she's left with now, at best, is a one-and-a-half-state solution.
ライスの「二都物語」のシナリオ潰滅
しかし端的に言って、今やハマスの手に陥落したガザとその地に住む百万人以上のパレスチナ人が中東にもたらすものは、平和とはほど遠い状況である。
ニューズウィークのつい最近のインタビューでライス国務長官 (日本の役職では外相) は、パレスチナの「2-state solution/連立政権方式」の概念を具現化したことは、国務長官として彼女自身誇りうる業績のひとつであると述懐していた。「国際的にも広汎な同意を得たのをご存知でしょう、コンセプトの勝利ですよ」と彼女は自慢していたものだった。しかしその結果として彼女が残したものは、どうひいき目に見ても今や「1.5国家方式」でしかない。

▼左の2葉はアッバース率いるファタハ正規軍 後半ハマスの圧倒的攻勢で連立政府は崩壊 路上で連絡を取る閣僚
d0123476_6335173.jpg

12. Knell of 21st C. imperialism
d0123476_6342531.jpgGaza also poses a lesson in the limits of imperial power in the 21st century. Let's face it: Americans have always made crummy imperialists. A century ago Teddy Roosevelt complained that "America lacked the stomach for empire." A senior White House official echoed that lament early in the Iraq occupation, noting that America has the power of a true empire, like Rome or like Britain in the 19th century, but not the taste for acting like one.
21世紀の帝国主義も中東で挫折
ガザはまた「21世紀における帝国主義勢力の限界」という良い教訓を示している。
忌憚なく言おう。アメリカ人はいつの時代にも性懲りもなく、お粗末な帝国主義者を世界のあちこちにつくってきた。1世紀前にはテオドア・ルーズベルトが「アメリカは、帝国となる肝がすわっておらん」と愚痴をこぼしたくらいだ。ルーズベルトの嘆きは、現政権のホワイトハウストップ高官がイラク占領の初期にもらした、次のような慨嘆と呼応する。「アメリカは、ローマ帝国や19世紀の大英帝国のような真の帝国となる実力を備えているのに、そう振る舞う体質を持ち合わせていない。」
▶聖書時代からの仇敵イスラエルをはさんで2つの飛び地で形成するパレスチナ:地中海沿岸の片隅にかろうじてへばりつくガザ地区と東部の死海西岸を占拠するウェストバンク 

13. Alienated democracy
"Look at us in Iraq—how much difficulty we have in saying we will anoint people to run the country. Does anyone think the Romans or the Brits would have been deterred?" he grumbled. Nor did many hard-liners in Washington ever fully understand that using raw power to "impose" democracy on peoples who were not ready to seize it for themselves was a chimera. By insisting on cure-all elections in countries and territories that had no institutions of justice and security, or a politically aware economic middle class, to sustain democracy, the Bush team clearly seems to have overreached.
移植した民主主義の失敗
「イラクでの米軍をごらんなさい。万一われわれがこの国を運営する人々を洗礼しようと言ったところで、(ローマ帝国や大英帝国時代と比べて)どれほどの困難があると言うのですか。ローマ人や英国人が同じ状況で中東におかれたら、怖じ気づいて帝国を拡張しなかったと誰が考えますか?」
これが帝国主義を推進するこの高官の、悲憤慷慨の意見である。ブッシュ政権内タカ派の多くもまた「戒律の厳しいイスラム教徒のイラク人に対して、欧米型の自由と民主主義を押し付けようとする帝国のパワーを行使することは、頭と胴体が別物の怪物チメラを形成することに他ならない」という事実が判っていないようである。
もともとサダム独裁下では正義や治安すらなかった地域、政治的に目覚めた個人主義の中産階級が存在しなかった国家で、お仕着せの民主主義を維持するために統治の万能薬でもあるかのように総選挙の成功にしがみついてみても、真の民主主義が定着する基盤は所詮存在していなかったのだ。ブッシュ政権は明らかに実力以上に手を伸ばして、イラクで文字通り墓穴を掘ったようである。

▼左から米軍から訓練を受けたファタハの軍隊/女性もファタハ支持デモへ/しかし結果はハマスがガザ全域を制圧
d0123476_6351698.jpg
14. Worth than Pre-9/11 era
The next American president will have to grapple with a Middle East that is messier and quite possibly angrier than before 9/11. But also, in a larger sense, he or she will have to confront anew a harsh lesson in the limits of power. America can only be, at best, a guiding hand behind an international system that is disposed to democracy and open markets.
9/11以前より険悪化した中東情勢
来年選出される米国の次期大統領は、中東と素手で闘わねばならない。この地域は今や、9/11以前よりも険悪で、当時よりも米国に対する憎悪感を増しているという事実はきわめて確定的である。そればかりではない。新しく選出される大統領は大局的に見ても、世界のいたるところで地に落ちた「米国の権力の限界」という、新たなる厳しい教訓に対面しなければならない。
アメリカは、国際社会から最善に対処されたとしても、民主主義と自由貿易市場に投じられる国際機構活動の、縁の下の力持ち的役割を果たすくらいしか期待されないだろう。

▼叛徒が空になったアッバースのデスクにつくハマスのガザ制圧を象徴する写真 壁面の写真はイスラエルの寺院
d0123476_6354524.jpg
15. Success in far, far away
Bush is himself coming to acknowledge this, especially by maintaining a multilateral front with the Europeans to deal with the nuclear threat from Iran. Rice, in her NEWSWEEK interview, acknowledged that the administration had scaled down its hopes for "transformational" policy. "We're laying the foundations for someone else to succeed in the future, and I think that's fine." But right now, success looks very far away indeed.
日暮れて道遠し
ブッシュ自身がこの状況を身にしみて知っている。特にイランからの核の脅威を対処するにあたって、欧州諸国と連合戦線を組むことを通して身につまされた現実である。
ライス国務長官はニューズウィークの最近のインタビューに対して「ブッシュ政権は、次期大統領へ委譲する『過渡的政策』として、中東民主化計画をスケールダウンしました」と認めている。
「我々は近い将来政権を引き継ぐ方に対して礎石を敷いているわけで、現状としてはそれで充分だと思います。」しかし目下のところその成功さえ、実にはるか彼方にあるように見えるのだが。

▼イスラエルの空爆で始まったガザ市街戦 後半ハマスが親米のファタハを討伐 爆撃やタンクの砲撃で家屋が崩壊
d0123476_6361466.jpg
【米国時間 2007年6月17日  『米流時評』 ysbee訳】

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gifここをぽちっとよろしく!20位に入りたい
f0127501_1040831.gif全国区はきびしーっ 牛歩の歩みで25〜30位をうろうろですが、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!ヘンなサイトが多くて困った?
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位をキープさせていただいてます。ありがとうございます!
f0127501_170889.gifサイト内で欄の左にある「投票」アイコンをクリックしてください。
4月までの第1部と5月からの第2部で1・2位を確保してます。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-17 14:27 | 中東のパワーラビリンス

中東の黙示録前編・ガザ陥落

f0127501_128435.gif
     ||| 「中東の黙示録」前編・ガザ陥落 |||
d0123476_14272317.jpg
アッバース政権崩壊で潰滅したブッシュの中東逆ドミノ理論
ハマスのガザ制圧が示す反米・反イスラエル戦線の中東覇権


By マイケル・ハーシュ | ニューズウィーク米国版 6月25日号掲載 | 翻訳:ysbee
▲当初ファタハの攻撃で始まったガザの市街戦が2週間続き、先週ついにハマスが政府の建物を占拠してガザを制圧
危機を警告していたアッバース
2006年1月に挙行されたパレスチナの総選挙を、イスラエルは実行してほしくはなかった。パレスチナの大統領マムード・アッバース自身でさえ、選挙の行方を懸念し実行を遅らせたかったというのが本音である。思い返してみると、最初にそういう思惑を示したのは2005年の春の時点であり、アッバースは米国国務省高官に対して、ハマスを武装解除できるほどの国民の支持は受けていないと伝えていた。ハマスは、自爆テロをイスラエル攻撃の常套手段にする過激派イスラム軍団であり、アッバースもイスラエル政府も、当時ハマスが勢力を増してくるのを目の当たりにして危機感を抱いたからである。
The Gaza Effect
U.S. calls it harassment, noting ‘disturbing pattern’ against dual citizens
By Michael Hirsh | Newsweek — June 25, 2007 issue | Translation by ysbee
1. Abbas warned
JUNE 16, 2007 — The Israelis didn't want Palestinian elections back in January 2006. Even Mahmoud Abbas, the Palestinian president, had been worried about them and kept asking for delays. As early as the spring of 2005, Abbas had warned American officials that he did not have the popular support to disarm Hamas, the Islamist party that turned suicide terror bombings into a standard tactic in Israel and which both Abbas and the Israelis saw was growing in power.

__________________________________________________________________
JUNE 16, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | M S N B C .com
      ||| 中東の黙示録前編・ガザ陥落 |||
d0123476_142878.jpg
ハマスのガザ制圧が暗示する反米・反イスラエル戦線の中東覇権
2. Bush ignored
But Bush administration officials insisted, confident of the curative powers of democracy. Later, after Hamas stunned the world by winning control of the Palestinian Parliament, Secretary of State Condoleezza Rice claimed: "Nobody saw it coming."
The line could describe much of what has resulted from George W. Bush's efforts to transform the world—or at least one part of it, the Middle East. As long as the Islamists of Hamas refused to recognize Israel, the United States refused to deal with the Hamas-dominated Palestinian government.

警告を無視したブッシュ政権
アッバースの箴言にもかかわらず、ブッシュ政権高官はパレスチナ紛争がデモクラシーで解決できると過信し、本来の方針を曲げなかった。しかし後日選挙の結果ハマスがパレスチナ議会の主導権を掌握して世界を唖然とさせたとき、国務省のコンドリーザ・ライス長官はこう述懐した。「誰もこんなことになるとは思いもよらなかったわ」
この台詞は、ジョージ・W・ブッシュが世界を変えようと試みた結果生じた、多くの事象をそのまま言い得ているとも言える。少なくとも彼が中東においてしでかしたことには当てはまるはずだ。

▼イスラム強硬派のハマス、穏健派のファタハ混成のパレスチナ連合政権は崩壊した 左から二人目がアッバース
d0123476_14284096.jpg
3. Strategy backfired
The hope was not that ordinary Palestinians would suffer, but that they would realize such a government was not in their best interests.
At the same time Washington tried to bolster Abbas and his Fatah movement—the secular Palestinian party founded by Yasir Arafat. The strategy backfired. America was seen to be taking sides. Hamas, under pressure, built up its own paramilitary forces to counter those controlled by Abbas (and trained by the United States).

裏目に出た米国の戦略
イスラム強硬派のハマスがイスラエルの存在を認めることを拒否する限り、米国はハマス主導のパレスチナ政府との交渉は拒否した。一般のパレスチナ市民の意向とは関係なく、パレスチナにおいて米国の利益にそぐわないそのようなハマス主導政権が実現することを、米国は希望しなかった。
それと同時に、米国政府はアッバース大統領と彼の支持政党であるファタハの活動勢力を増強しようとした。ファタハは、PLOパレスチナ解放戦線の故ヤッサー・アラファト議長によって創設された、パレスチナの派閥政党である。この戦略も結果的には裏目に出ることになる。アメリカは当然ファタハの側につくと見えた。そこでアッバースに率いられ米軍に訓練を受けたファタハ主導の軍部に対抗して、ハマスはその軍事的圧力をはね返すために独自の軍隊を組織する結果となった。

▼米国は穏健派ファタハの代表アッバースを支持したが、パレスチナ市民は反イスラエル強硬派のハマスに傾いた
d0123476_1429161.jpg
4. Gaza exploded
Then, last week, as tit-for-tat killings in Gaza spiraled out of control, those Hamas fighters in Gaza turned out to be far more fierce than their better-funded opponents. The result: the radicals are now in charge of Gaza, a 140-square-mile strip of land on the Mediterranean Sea along Israel's western border that is packed with 1.4 million Palestinians, most of them desperately poor.
Until late 2005 Gaza was occupied by Israeli troops, and until last week Bush still saw it as part of the new Palestinian state he wanted to create along with the larger West Bank. Now Gaza may become Hamas's private enclave and perhaps even an ungovernable font of terror.

ハマスの手に陥落したガザ
その後先週(6/10〜6/16)になってから、ガザ市内での両派のこぜり合いが過激化して手が付けられなくなった。特にガザ市内のハマスゲリラは、彼らよりも十全の装備を持つファタハ正規軍に比べ、格段に激しい闘いぶりでその戦意を証明した。
戦闘結果:今や過激派のハマスがガザ地区を制圧している。この街はイスラエルの西南端に位置し、地中海沿岸に沿って南北に細長く伸びる140平方マイルの地域で、140万人のパレスチナ人が住んでいるが、大半が極貧状態である。2005年後半までは、ガザ地区はイスラエル軍によって占領されていたが、先週ハマスが制圧するまでは、ブッシュはいまだにガザよりも大きいウェストバンクとともに、彼が望むところの新生の統一パレスチナ国家の一部と見なしてきたの地域である。しかし今やガザはハマスの孤立した領土となり、近い将来には多分手のつけられないテロリスト集団の最前線となるかもしれない危険性をはらんでいる。

▼ファタハが権限を握る保安省(警視庁)を襲撃するハマスの一団 このあと一連の政府機関もハマスが制圧
d0123476_14301836.jpg
5. Peace trashed
The violent takeover of Gaza by Hamas is not just a death knell for Israeli-Palestinian peace, splitting Bush's dream of a Palestinian state into two armed camps. It is also, along with the quagmire in Iraq, a historic rebuff. In his second Inaugural Address, the president embraced the promotion of democracy as his top priority, declaring: "The survival of liberty in our land increasingly depends on the success of liberty in other lands."
うち砕かれた平和協定
ハマスによるガザの暴力的制圧は、パレスチナをウェストバンクとガザという2つの軍用キャンプに転用しようとしたブッシュの軍事的夢想を引き裂いたという意味で、イスラエルとパレスチナ間の和平交渉にとってはまさしく弔鐘であるだけではない。これはまたイラクの泥沼化とともに、歴史の逆襲でもある。ブッシュ2期目の就任演説の中で、大統領は民主主義の推進を最優先目標に掲げ、こう表明した。「我が国における自由の存続は、ますます他の国での自由の成否にかかってきている。」
▼今回のガザ紛争はイスラエルの無差別空爆で始まった 憤慨した市民が反米反イスラエルのハマスを一挙に支持
d0123476_14305896.jpg
6. Chaos rules
But in Iraq and the Palestinian territories, as in Russia, Pakistan and other places, liberty is retreating. And the fact remains that those places where Washington has most actively and directly pushed for elections—Iraq, Lebanon, the West Bank and Gaza—are today the most factionalized, chaotic and violent in the region.
70年代の混沌に帰した中東
しかしイラクとパレスチナの領域においては、ロシアがパキスタンやアフガニスタンで経験したように、自由は敗北した。しかもこれらの地域は、米国が自由選挙をもっとも強力かつ直接的に推進してきた場所に他ならないという事実が、歴然としてある。
イラク、レバノン、パレスチナのウェストバンクとガザ...... これらの地域は、今日では中東の中でも最も分裂し混沌とした、暴力が渦巻く国に帰してしまった。
▼ガザ市内を制圧するハマスゲリラの若者 アッバースのファタハは殺害を怖れ死海西岸のウェストバンクに逃亡
d0123476_14312645.jpg
7. Why Gaza matters?
Why does the disaster in Gaza matter? In part because the defeat of the secular—and more moderate—Fatah forces could, along with the insurgents' success in Iraq, inspire Islamist radicals in the region and around the world. Hamas is not the Taliban, and it knows that an uptick in rocket attacks against Israel will be met with a harsh response.
ガザ陥落の意味するもの
ガザの崩壊がなぜそんなに重要なのか。ひとつには、より穏健な宗教臭を持たないファタハ勢力の敗北は、イラクでのシーア派軍団の台頭と同様に、中東だけでなく世界中のイスラム過激派に対して、成功例としてのヒントを与えるからである。ハマスはタリバンではない。彼らはイスラエルに向かってミサイルで攻撃すれば、手痛い反撃を受けるのは百も承知している。
▼ハマスがガザ市内を制圧した結果、ファタハ関係者が逃げ無人となった政府機関の建物が盗難・放火の対象に
d0123476_14315669.jpg
8. Radicalism swarm
But, as Bush said in his second Inaugural, the whole point of promoting freedom is to blunt the hopelessness and anger that breed radicalism. Gaza faces 50 percent unemployment in the best of times. Qaeda-like splinter groups that have carried out kidnappings of foreigners have already begun to appear. Further isolating the territory is not likely to fill its residents with faith in the future.
蝟集するイスラム過激派
しかしブッシュが再任演説で述べたように、いかなる観点であれ自由を推進するという意義は、そのままそっくり過激派の絶望や怒りを鎮めるためでもあったはずだ。しかしガザはもっとも景気の良い時でさえ、失業率が50%という有様だった。外国人を誘拐したりするアルカイダのような新興ゲリラグループが、すでにちらほら出現してきている。今以上にこの地域を孤立化すれば、将来をこの地域に託しているパレスチナ住民を失望させる結果となることだけは確かである。

▼パレスチナ・ガザ地区でのハマス対ファタハの抗争は、一般市民も巻き込む市街戦となり100人以上が犠牲者に
d0123476_14322945.jpg

▶「中東の黙示録後編・反イスラエル連合の予兆」へ続く 【米国時間 2007年6月16日 米流時評・ysbee訳】

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位になりました!
f0127501_170889.gifサイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。
4月までの第1部と5月からの第2部で1・2位確保してます。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで
[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-16 14:25 | 中東のパワーラビリンス

ガザの黙示録・中東恐怖の未来

f0127501_128435.gif
   ||| 中東の未来を暗示するガザの黙示録 |||
d0123476_2253575.jpg
アッバース政権崩壊で潰滅したブッシュの中東逆ドミノ理論
ハマスのガザ制圧が示す反米・反イスラエル戦線の中東覇権


d0123476_18552829.gif日本のみなさんは、先月来中東に起きている重大な変化に気が付かれただろうか。イラクでは相変わらず毎日死者の数をふやしている。イランは相変わらず国連の指示を受け入れず、核兵器開発に邁進している。どちらも悪しき方向は変わらずで、「出口なし」の懸念はいやますばかり。

しかし先月は中東の重要な要衝2カ所で、今後のこの地域の運命を左右するような抗争がほとんど同時に勃発したのだ。ひとつはレバノン。5月20日に親欧米派のシニオラ政権が、レバノン正規軍を動員して北部トリポリに数十年放置していたパレスチナ難民部落を襲撃。叛徒以外の一般市民数千人も居住する市街区域に空爆を挙行。メディアは一切立入禁止となっているので、詳報は包囲を脱出した避難民からしか伝わって来ないが、現状は「今世紀のワルソーゲットー」のような悲惨さである。このレバノン北部トリポリの難民キャンプ、ナルエルバレド抗争のレポートは、いまだ状況進展中なので、態勢が一段落した時点でまとめて報告したい。
d0123476_2254150.jpg
もうひとつは、イスラエルの南端に身を寄せる地中海沿岸のパレスチナ難民地区、ガザである。
先月のレバノンの難民キャンプ襲撃とまさに時を同じくして、イスラエルのガザ地区への爆撃が始まった。元々パレスチナ人が住んでいたこの地域に、米国主導の国連パワーをバックにユダヤ人がイスラエルを建国したのが、1948年。この時以来、地中海沿岸のガザ地区と死海西岸のウェストバンク地区に二分されて押し込められたパレスチナ人は、その後反イスラエル・祖国奪還を標榜したPLOパレスチナ解放戦線を結成して、今日までの60年間常に中東問題の火元となってきていた。

90年代のクリントン政権時に、米国がイスラエルのバラク大統領とPLOのアラファト議長をキャンプデービッドに呼び寄せ、両者の和解握手まで漕ぎ着けたのは奇跡的瞬間だったが、その後のアラファトの翻意で、和平条約などの恒久的解決までにはいたらなかった。
d0123476_22544010.jpg
新しいミレニアムを迎え米国にブッシュ政権が誕生し、2001年9月に9/11のテロが起きて以来、世界は一変した。アジア・アフリカを問わず、ムスリム過激派の主導する反米反イスラエル抗争が、世界中の政情不安定なあらゆる地域で頻発してきている。21世紀に入ってからだけでも、めぼしいテロ事件は優に数百件を数える。
これは単に、欧米民主主義対イスラム革命主義というイデオギーの対立だけではなく、近代から近未来へと発展し続けた欧米先進諸国がおきざりにしてきた、いまだに中世以来の生活様式と貧困に甘んじる後進諸国の貧民層からの、悲痛な叫びと手痛い反撃にほかならない。
d0123476_22551257.jpg
当ブログ『米流時評』でも、この大きな二極対立の構図を再三とりあげてきたが、ここ数週間の中東の激変は、まさにその縮図を見る思いがする。米国が(特にネオコンが)よかれと思ってこの地域にばらまいてきた「中東の民主化」という絵に描いたモチは、ものの見事にカラシニコフ銃で粉砕されてしまった。
欧米社会がこの地域で相対しているのは、同じ時代に生きる人々ではない。たしかにPCやネットという新しい武器を駆使して、反米・反イスラエルのネットワークを形成してはいるが、彼らのマインド設定はいまだに近代ヒューマニズムの洗礼を受けていない、中世以前の野蛮な戦闘時代のままである。血で血を洗う復讐を是とする、ネブカドネザルの民。ここにはミレニアム分の時代の断層が横たわっている。
d0123476_22554986.jpg
しかし諦観と絶望に終始する前に、どこかに未来へ打開できる突破口はないだろうか。それにはまず彼らの意向を探るべく、歴史に耳を傾けることからだ。今日までの状況にいたる関連国家の時流の必然を、きわめてコンパクトにまとめた秀逸な時評コラムがあるので、ぜひ紹介したい。米流時評5/17号の『ネオコン世界改造計画の終焉』でも掲載したニューズウィークの俊英コラムニスト、マイケル・ハーシュの中東論評『The Gaza Effect』を、次号から全訳して前・後編に分けお届けします。
                   【米国時間 2007年6月15日 『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gifおかげさまで1位になりました!
f0127501_170889.gifサイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。
4月までの第1部と5月からの第2部で1・2位確保してます。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

[PR]
by ysbee-2 | 2007-06-15 20:50 | 中東のパワーラビリンス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30