米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:パワーシフト ( 2 ) タグの人気記事

パワーシフト後編・親米から親中へ 急変する日本と東アジア

f0127501_128435.gif

  ||| 後編・急変する日本と東アジア |||

d0123476_14223363.jpg
 親米から親中へ。保守政権の戦後体制終焉で急変する、日本と近隣諸国の勢力地図
 

d0123476_16582178.jpg 総選挙での民主党の圧勝以来、今後の日本の針路に危機感をおぼえ、
 あちこちのブログで編集人のみなさんの卓見を伺っている。
 その中でも、以前から愛読しているブログだが、素晴らしい眼力で
 大局から細部まで一部始終を見透かしている編集人がいらっしゃる。

 毎回のエントリで、緻密な分析でずばりと指摘する『世に倦む日々』。
 政見ブログとしては、そのへんの政治評論家が足下にも及ばない
 研ぎすまされたレーザー光線のような洞察力で、
 時事の表裏の舞台装置から、それぞれの政治家の心理のひだまで
 見事に摘出して解析し、そうだったのかと膝を打つこともしばしば。

d0123476_6522227.jpg

 政局の透析写真のような解説の確かさは、
 あたかも、時事分析の脳外科医のようだ。
 個々の政治家の心理状況から、近未来の政局予測まで、
 いつもずばりと的中する。

 毎回欠かさず愛読している中から、
 9/12号の「小選挙区制と "精神なき専門人"」のさわりの一部を抜粋。
 冒頭に立花隆氏の総括文を掲げているが、
 まさにその通りと、うなづかずにはいられない。
「政策抜きで『政権交代』を連呼するだけの
 どぶ板選挙戦術が成功する国とは、
 政治文化が恐ろしいほど貧しい国ということでもある」
 〜〜『週刊文春』立花隆氏衆院選総括より
d0123476_1424123.jpg
投票日から今日までの間、民主党の若手議員たちが
クローズアップ現代や報道ステーションなどのテレビ番組に出まくり、
キャスターの前で嬉しそうにペラペラ舌を回すのを見たが、
不愉快で苛立つ気分を抑えられない。

彼らの頭の中にはマニフェストは暗記されているが、
国民生活の窮状など何も問題に感じておらず、
格差や貧困への関心の欠片すら見えて来ない。

彼らは単なる政策官僚 あるいは職業政策家であり、
国民代表としての政治家ではないのだ。
ウェーバーの言う「精神なき専門人」こそ彼らの代名詞に他ならない。
d0123476_6595877.jpg
小選挙区制と比例代表制での政治家のセレクトは、
選挙区の有権者ではなくて 党本部がするのだ。


政治家になりたい人間は、地域の有権者に
自分の能力や実績を示して認めてもらうのではなく、
党本部に売り込むか マスコミに売り込んで、キャリアパスを掴むのである。
中央の予備選考で全てが決まる選挙になった。
 …………
口先でぺちゃくちゃ器用に政策知識を並べ立てることと、
国民の支持と信頼を得て政治勢力を率いることとは違う。
d0123476_6533254.jpg
現在の政界において、政治家たちはどれもこれも小粒で
マスコミに飼育されている家畜同然であり、
マスコミとの間で緊張関係に立っている人間が皆無に等しい。

有権者から投票を受けて選出されているはずの議員が国民代表となっておらず、
彼らは自分を政策解説者だと思っていて、
すなわち政党は政策専門家集団になっていて、
政治は相互に対立する二つの政策専門家集団が
(マスコミが操るところの)支持率を争うゲームになっている。
d0123476_14244910.jpg
本来、政治に必要なはずの 世界観や社会の羅針盤や真善美の価値判断は、
日本では マスコミの政治リーダーたちが一切を仕切っていて、
彼らが国民にテレビで「政治常識」を供与し、
テレビに出る「政治家」たちに言い含めて従わせている。

政策専門家である「政治家」たちは、
テレビの権力者たちに 理念や価値観のレベルで反論することはない。

哲学と哲学を戦わせる経験を経なければ、指導者は育たない。

自己の理念や理想を 現実の支配システムに挑戦させ、
現実の壁に激突させて勝利を得た者でなければ、
政治集団を率いることなど絶対にできないのだ。

 *以上、ブログ『世に倦む日日』9/12号「小選挙区制と精神なき専門人」からの抜粋です。

d0123476_6545498.jpg

 最近の記事でことに面白かったのは、<民主党内部抗争>についてのエントリでした。
 私などは日本の週刊誌を読む機会もないので、
 どうしてそこまで見抜けるか? と驚嘆した次第。 以下ほんの一部抜粋です。

私は、小沢一郎はキングメーカーに止まるだけで満足せず、
首相を狙う挙に出るのではないかと予想している。
代表選に出馬すれば、間違いなく代表に帰り咲けるのだから。

仮にそうなったとき、マスコミは国民に信を問えと言い、
新代表(新首相)は解散して総選挙しろと言うに違いない。
小沢一郎が幹事長の民主党は、選挙に強いが、
小沢一郎が党首(首相)で戦う選挙は、そうとは限らない。

もし鳩山由紀夫が、岡田派(前原・野田)を連れて党を出て、自民党を糾合し、
そこに橋下徹が入り、経団連とマスコミの支持を受けたとき、
そのときはどうなるか。

選挙は小沢民主党の圧勝とは予測できない。
マスコミとアカデミーは「二大政党制」を作るべく必死で、
民主党の圧倒的勝利は排除しようと動く。
d0123476_6562257.jpg
現在、上に述べた民主党内部の陰湿な権力闘争とは別に、
国内政治の大きな対抗軸ができていて、
それは小沢一郎vsマスコミという対抗図である。

自民党が政治勢力として無力化した現在、マスコミが
経団連の政策意思を実現する勢力として前面に出る図式になっている。

新自由主義を蘇生させると同時に「二大政党制」を復活させる道、
それは民主党を左右に二つに割り、反小沢勢力と自民党を合同させることだ。
鳩山由紀夫の頭の中には、すでにそのシナリオが描かれているのではないか。

 *以上『世に倦む日日』9/15のエントリ
 「民主党内部の熾烈な権力闘争〜鳩山新政権の本質は財務省主導」から一部抜粋で紹介。

 【米国時間 2009年9月17日『米流時評』編】

d0123476_1539544.jpg
  SEPTEMBER 17, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年9月17日号
 d0123476_17164267.gif
 日本のパワーシフト・後編 親米から親中へ、急変する日本と東アジア
 米国時間 2009年9月16日午前2時37分 | AP通信・東京支局発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1427090.jpg
Untested Party Takes Helm in Japan Power Shift
New prime minister faces economic challenges, seeks change in U.S. ties
SEPTEMBER 16, 2009 | Associated Press — TOKYO | Translation by ysbee

11. Soggy economy by global recession
Continued from the previous issue — Although it has recently shown some signs of improvement, Japan's economy remains deeply shaken by the global financial crisis and unemployment is at a record high of 5.7%. Japan's rapidly aging population also threatens to be a drag on public coffers as the number of taxpayers decreases and pension responsibilities swell.

グローバル不況による経済低迷
前号「日本のパワーシフト前編・保守から革新へ、日本の歴史的大転換」からの続き
ここ数年、景気回復の兆しを幾分かは見せているとはいうものの、日本の経済はグローバルな財政危機のあおりを受けて痛手を負ったままであり、その失業率は過去最悪の5.7%を記録している。さらに悪化の傾向に拍車をかけているのが、急激に老齢化する日本社会の人口構成であり、その結果、納税者人口の減少と反比例して老齢年金の支払総額が急増するにつれ、国庫の財源逼迫が危機を迎えてきていた。
d0123476_14275264.jpg

12. Voters hope for change to upturn economy
"I want to the people to feel that their pocketbook situation is improving, even a little, as soon as possible," Hatoyama said at a press conference. Voters expressed hope for change and an upturn for the economy. "I think it is good that now we are trying something new to change the stagnation," said Osamu Yamamoto, a 49-year-old company employee.

時流の転換で景気回復を望んだ有権者
「私はできるだけ早く、国民の皆さまのフトコロ状態にゆとりが出てきたと感じられるような状況にしたいと存じます。」鳩山首相は、就任直後の記者会見で、景気回復への抱負をこう明らかにした。また、政権交代にあたっては、有権者も「変革への希望」を持ち経済が上向きになることを期待しているようだ。
「私たちも経済の閉塞した状況を変えるように、何か新しい試みをやってみたほうが良いかなと思ってますよ」49才の会社員、山本つとむさんは、政権交代に対する感想をこう語った。
d0123476_14285537.jpg

13. Priorities on urgent issues
Experts said they had doubts about how effective the new government will be. "People and employment problems — these are urgent needs," said Yoshinobu Yamamoto, a professor of international relations at Tokyo's private Aoyama Gakuin University. "The new government needs to decide on its priorities."

緊急課題の解決に優先順位を
しかしながら経済問題の専門家は、新しい政権が景気回復に対して果たしてどれだけの効果を生み出すものか、むしろ懐疑的なのが実情である。青山学院大学 国際政治経済学部の山本吉宣教授は、この件に関して次のような意見を述べる。
「老齢化社会と失業問題は、すぐに解決に取り組まなければいけない緊急課題です。新政権は、まずどの問題から先に手を付けなければいけないのか、優先順位の決定を下すことが肝要です。」

*参照:山本吉宣青山学院大教授の「インフォーマル帝国論」〜百花斉放 日本国際フォーラム
d0123476_14293130.jpg

14. More equal footing with Washington
Hatoyama will also be tested quickly on the diplomatic front. He has said he wants to attend the General Assembly in the United Nations in New York next week and possibly meet with Obama. Hatoyama has said he wants to build a foreign policy that will put Tokyo on a more equal footing with Washington, while keeping the United States as the "cornerstone" of Japan's diplomacy.

米国政府と対等の立場に立つ独立外交
鳩山首相はまた経済問題と並行して、外交の最前線においてもただちに真価を試される局面を迎える。来週ニューヨークの国連本部で開催される国連総会に出席する意向を明らかにしており、それと前後して多分オバマ大統領とも会談するだろう。
鳩山氏は就任前には、米国を日本の外交における大黒柱の対象とする姿勢は変わらないながらも、「日本政府を米国政府とより対等な立場におく」という新たな外交政策を構築したいとも語っていた。
d0123476_14301076.jpg

15. Seeking closer ties particularly with China

He is also seeking closer ties with Japan's Asian neighbors, particularly China. Some members of Hatoyama's party have said they want to overhaul the U.S.-Japan security alliance under which 50,000 troops are deployed throughout Japan.

特に中国との緊密な関係を望む鳩山政権
彼はまた、東アジア地区における日本の隣国との友好、その中でも特に中国との国交を緊密にする施策を練っている (seeking closer ties with…)。
さらに鳩山氏が党首の民主党の中でも数人の議員は、日本各地の米軍基地に5万名の駐留米軍が駐屯する状況を認める、日米二国間協定を反古 (ほご) にしたいと主張していた。
d0123476_14304972.jpg

16. Marines relocation from Okinawa to Guam

That idea has met with strong opposition from Washington, although plans are already under way for 8,000 Marines to be relocated from the southern island of Okinawa to the U.S. territory of Guam. Hatoyama said he has no intention to back down on plans to push for a review of the U.S. military presence in Japan.
米軍海兵隊沖縄基地のグァム移転問題
しかしながら、8千名の米軍海兵隊の基地を日本の南の島沖縄から米国領土内のグァムへ移転する計画が進行中であるとはいえ、民主党一部議員のもつ日米安保条約を廃棄する考えは、米国政府側からの強い反対に逢っていた。さらに鳩山氏自身は、日本国内にある米軍基地の存在を再検討するよう推進する法案に関しては、撤回する意向はないとも伝えられていた。
d0123476_1432764.jpg

17. Building a relationship of trust with Obama

"I would like to build a relationship of trust with President Obama. In order to deepen our trust, it would be most important for us to exchange views frankly," Hatoyama said at the press conference. "That's the first step."
「オバマ大統領との信頼関係を築きたい」
米国との外交関係に関しては、鳩山首相は記者会見でこう述べている。
「私は、オバマ大統領との信頼関係を築きたいと思います。相互の信頼を深めるためには、お互いの意見を率直に交換することが、もっとも重要だと考えます。それがまず、友好の第一歩です。」 <了>

【 米国時間 2009年9月17日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_14324457.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「欧州から見た日本の針路・中道右派のススメ」
▶ 前号「日本のパワーシフト・保守から革新へ、歴史的大転換」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10241533
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10241533

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

あと3票で政治経済部門ベスト10にカムバック。応援のクリックをよろしく!
  
d0123476_164733.gif

 おかげさまで国際政治部門のトップに戻れました。大いに感謝!


*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-09-17 14:40 | 日本のパワーシフト

日本のパワーシフト・保守から革新へ、歴史的大転換

f0127501_128435.gif

  ||| 日本のパワーシフト・鳩山内閣発足 |||

d0123476_164635.jpg
 保守から革新へ。日本の歴史的な方向転換を図る、鳩山首相の民主党内閣誕生
 

d0123476_16582178.jpgついに発足したハトヤマ=キマイラ内閣。
キマイラというのは、ギリシャ神話に出てくる、ライオンの頭と山羊の身体を持ち、蛇の尻尾がついた、合成異形の怪物。 いつも卓見のブログを連載する三四郎さんの命名です。 *推奨ブログ『三四郎の日々』9/08号「キマイラの始動」

 さて、このところシリーズで連載している鳩山民主党政権のエントリですが、
 今日はこちらのメディアにも、国際面のトップに バーン!と出てきたので、
 即時性を重視して「鳩山新内閣発足」の米国での報道を翻訳してお届けします。

 下の写真は、米国でもっともよく読まれているニュースサイトの、MSNBC.com の国際欄。
 AP通信、ロイター、NBCニュースネットワーク、NYタイムズ、
 ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナル、他の
 米国のめぼしいメディアの主要ニュースを網羅しています。
d0123476_16464465.jpg
 言わば、ニュースのワンストップデパートなので、非常に便利。
 毎日膨大な量ですが、記事内容もきわめて中立公正と言えるでしょう。

 今朝7時前のページはご覧の通り、鳩山氏が日の丸をバックに、
 新内閣発足の声明を発表しているところでしょうか。
 左側のマレン三軍総司令官が「アフガン戦線には兵力増強が必要」と訴える
 米国にとっての非常に重要なニュースよりも、さらに大きな扱い。

 これはあくまで見出し部分なので、ここから本文のページへ飛びます。
 記事評価は、5点法ではかなりGOODなランクの 4点となっています。

 しかし、国旗とクロスして、その左側に掲げられた旗が気になります。
 例の「日の丸の細胞分裂」の民主党旗でしょうか?
 万が一にも五星紅旗だったら、日本終了ですね。(万に一つです。念のため)
d0123476_1648551.jpg
 またこの上の写真は、今月冒頭の上海の新聞『環球時報』の第一面で、
 中国語に堪能な方に、ぜひ翻訳していただきたいと思うのですが、
 大見出しの漢字を読む限りでは「日本国換了」となっていますね。

 CHANGE=変換が終了した、と推読できますが、
「大王旗」が何を指すのか?
 またその上の青い文字の「民主党"革命" 萩成功」も気になります。
「民主党革命大成功」?……ったく冗談じゃない。

 できれば、抽象的な意味合いで使ったケースと解釈したいものです。
 北の新聞は、もうイッてしまっている体制下なので何をか言わんやですが……
d0123476_16493851.jpg
 それでなくとも、中国の傘下に参入するのか?
 と危惧されている状況の真っ直中にある日本。
 国際間の誤解を招く一言一句が、
 時には国家の命取りになることもあると、警戒を怠りなく。

 チャイニーズメディアであっても、
 日本に関する報道の見出しには、極力 心してほしい。
 こうした一言一句が、日本とアメリカの距離をますます引き離し
 環太平洋圏での、日本の孤立化が深まるばかりですから。

 アメリカがだめなら中国があるさ、と夢思うなかれ。
「個人の社会的自由と基本的人権の保護」に関しては、
 米国と中国とでは、天国と地獄ほどの甚だしい落差のあることを、
 あらためて痛感するべきです。
d0123476_81029.jpg
 戦後64年、直接交戦に巻き込まれることもなく、
 平和と繁栄を享受できてきた日本。
 その目に見えない恩恵を、まかり間違っても
「友愛の隣国」に蹂躙されないように。

 他国の傀儡ではない独自外交は結構ですが、くれぐれも
 日本の平和を保証する基底となっている同盟を
 浅薄な独立心で、反古 (ほご) にすることのないように。

 【米国時間 2009年9月16日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
  SEPTEMBER 16, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年9月16日号
 d0123476_17164267.gif
 日本のパワーシフト 閣僚経験皆無の民主党政権スタート
 米国時間 2009年9月16日午前2時37分 | AP通信・ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_16505125.jpg
Untested Party Takes Helm in Japan Power Shift
New prime minister faces economic challenges, seeks change in U.S. ties
SEPTEMBER 16, 2009 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

1. After 50+ years of conservative rules
TOKYO — Longtime opposition leader Yukio Hatoyamawas elected prime minister and installed his new Cabinet Wednesday, promising to reinvigorate Japan's economy and shake up government with his left-of-center party after more than 50 years of nearly unbroken rule by conservatives.

半世紀以上の保守党政権統治の終焉
AP通信 東京支局発 |16日水曜、自民党政権の続いた戦後体制に終止符を打ち、総選挙によって万年野党から与党に転じた民主党の党首 鳩山由紀夫氏が日本国の首相に選出され、新しい内閣が発足した。
民主党の新政権は、停滞する日本経済を再び活性化し、日本の戦後55年間の長きにわたって不動の座にあった保守党の統治体制を、鳩山氏の率いる中道左派の政策の元に改革することを表明した。
d0123476_1652123.jpg

2. Marking of Japan's major turning point
Hatoyama's victory marks a major turning point for Japan, which is facing its worst economic slowdown since World War II, with unemployment at record highs and deflation intensifying. But concerns ran deep over whether the largely untested government would be able to deliver.

歴史的な日本の一大方向転換
記録的な失業率、悪化するデフレ……第2次大戦以来最悪のこうした経済低迷に直面している日本にとって、鳩山氏が率いる民主党の勝利は、歴史的な一大転機を記すものである。しかしながら、組閣メンバーの大部分が閣僚未経験者である新政権が、果たして難題を解決できるのかどうか危惧する見方が強いのも事実である。
d0123476_16531076.jpg

3. Focusing on consumers, not big business
Hatoyama has vowed to cut government waste, rein in the national bureaucracy and restart the economy by putting a freeze on planned tax hikes, removing tolls on highways and focusing policies on consumers, not big business.

経済:大企業ではなく消費者に焦点
鳩山氏は選挙戦の公約では、「政府の無駄な経費削減、官僚主導体制の阻止、増税計画の凍結による経済活性化、高速道路無料化」など、大企業ではなく一般消費者を優遇する政策を掲げて、衆議院での圧倒的多数議席獲得を果たした。
d0123476_16543684.jpg

4. Independent foreign policy from U.S.
He has also pledged to improve Tokyo's often bumpy ties with its Asian neighbors and forge a foreign policy that is more independent from Washington."I am excited by the prospect of changing history," Hatoyama said. "The battle starts now." The new prime minister said he wanted to build a "relationship of trust" with President Barack Obama by exchanging views "frankly."

外交:米国から独立した対アジア政策
鳩山氏はまた、従来日本政府が東アジアの近隣国家との間でしばしば対立してきた関係を改善し、米国政府からより独立した外交方針を推進する、とも公約してきた。
「歴史を変革する可能性を感じ、意気高揚しています。闘いはこれからです。」
新任首相としての記者会見で、鳩山氏は「バラク・オバマ大統領とは、お互いの意見を "率直に" 交換することで、信頼関係を築いていきたいと思います」と、対米外交面での豊富を語った。
d0123476_16552578.jpg

5. Pro-U.S. LDP ousted after 55-year rule
Parliament convened in a special session to formally select Hatoyama, whose Democrats won a landslide in parliamentary elections last month to take control of the body's lower house, ousting Prime Minister Taro Aso's Liberal Democratic Party, which is conservative and staunchly pro-United States.

55年間の親米保守党政権の撤退
同じく16日水曜には、鳩山氏を首相として正式に選出承認するための特別国会が開かれた。先月末に実施された国会の衆議院議員を選出する全国投票では、鳩山氏が党首の民主党が地滑り的大勝を納め、現役だった麻生太郎首相の率いる自由民主党を、与党の座から追いやった。ちなみに自民党は、親米に徹した保守党である。
d0123476_16555534.jpg

6. DPJ administration backed by strong majority
In Wednesday's parliamentary vote to choose the prime minister, Hatoyama won 327 of the 480 votes in the lower house. He needed a simple majority of 241 votes. Quickly after his election, Hatoyama named Katsuya Okada as his foreign minister and Hirohisa Fujii as his finance minister.

民主党の総選挙圧勝で鳩山首相誕生
水曜の衆議院で行なわれた国会議員の首班指名投票では、鳩山氏が全480票中327票を獲得し、首相としての信任を受けた。日本の場合は、単純に241票あれば過半数とみなされる。(注:米国上院の場合、法案可決には100名中60名以上の得票が必要)
この投票後、鳩山氏はただちに同じ民主党の岡田克也氏を外務大臣に、藤井裕久氏を財務大臣に指名した。
d0123476_16564126.jpg

7. Finance minister, former bureaucrat
Though Okada has never held a Cabinet post, Fujii was finance minister under a coalition government in 1993-94, the only time in its 55-year history that the Liberal Democrats had previously been ousted from power. He was also a former bureaucrat in the Ministry of Finance — suggesting that the new government won't be too confrontational with Japan's powerful ministries.

旧大蔵省官僚出身の財政相
外相に指名された岡田氏には閣僚経験はないが。藤井氏は93〜94年の短期連合内閣で、当時の蔵相を務めた経験がある。この期間は戦後55年の日本の国政で、唯一保守党である自民党が野党であった期間である。藤井氏はまた、元大蔵省官僚出身でもある。この人選から察しても、民主党新政権は、日本の強大な官僚体制と真っ向から対立するつもりはないようである (won't be too confrontational)。
d0123476_16572697.jpg

8. Fujii experienced macro-economic policy
It's good news that Hatoyama picked Fujii as finance minister," said Tsuneo Watanabe, a senior fellow at the Tokyo Foundation, a think tank. "He's experienced. Fujii knows macro-economic policy." Hatoyama, who has a Ph.D from Stanford University and is the grandson of a conservative prime minister, had a limited pool of seasoned politicians to choose from.

藤井財政相はマクロ経済経験者
「鳩山氏が藤井氏を財相に選んだのは朗報です」こう言うのは、日本のシンクタンク東京財団で主任研究員を務める渡辺常男氏で、その理由をこう説明した。「藤井氏なら経験者だし、マクロ経済に精通していますから。」
首相の鳩山氏自身は、(カリフォルニア州の) スタンフォード大学で修士課程を卒業。初代自民党総裁でソ連との国交回復を果たした54~56年の総理、鳩山一郎の孫にあたり、親族の系譜には池田勇人、宮澤喜一など元首相から、母方の祖父でブリジストン会長、石橋正二郎氏など財界トップまで、錚々たる名士が控えている。
d0123476_16583642.jpg

9. Uncertainty over inexperienced administration
His party, created a decade ago, has never held power, and nearly half of the Democrats' members of the lower house will be serving in their first terms in parliament. The inexperienced new government was bound to make some missteps, analysts said.

未経験閣僚と新人議員に対する不安
鳩山氏の所属する民主党は、10年前に結成された比較的新しい政党で、これまで政権の座に就いた経験がない。また衆議院の過半数を占める民主党議員も、そのうち半数近くが初選出で1期目の、まったくの新人である。議会をあずかる議員、政局の中枢たる閣僚。そのどちらも未経験者で多くを占められた新しい政府は、当然何らかの過ちをおかすことが予測されると識者は予見している。
d0123476_16594916.jpg

10. Mix of defectors face huge tasks
"This is a big change. But with change often comes with uncertainty. Beginners usually have some troubles," said Tsuneo Watanabe, a senior fellow at the Tokyo Foundation, a think tank. Hatoyama and his party, a mix of defectors from the conservative party and social progressives, face huge tasks that they must deal with quickly.

不統一政権で前途多難を危惧する識者
こうした状況に対して、前述の東京財団の渡辺氏は次のような見解を示す。
「今回の政局転換は日本の政治の非常に大きな変革です。しかしながら変化にはしばしば、その不確定性に対する不安がつきものです。特に初心者は、なにがしかの問題につきあたるでしょう。」
自民党から分派した保守派も、社会主義の革新派も混在する民主党政権と、それを率いる鳩山首相には、これまでに山積した巨大な責務と、今後速攻で取り組まざるを得ない状況に直面していると言えよう。 >次号へ続く

【 米国時間 2009年9月16日『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_171714.jpg

d0123476_11564496.jpg◀ 次号「パワーシフト後編・親米から親中へ、急変する日本と東アジア」
▶ 前号「日中コンセンサス? 全体主義国家への危険な傾斜」

d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/10234691
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/10234691

d0123476_1539544.jpg
  いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
 d0123476_12465883.gif

おかげさまで政治経済部門でベスト10にカムバックできました。大いに感謝!
  
d0123476_164733.gif

 あと3票で国際政治部門のトップへ。応援のクリックをよろしく!


*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-09-16 17:25 | 日本のパワーシフト
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31