「ほっ」と。キャンペーン

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:中国 ( 14 ) タグの人気記事

ネオ紅衛兵?経済危機と中国次世代ナショナリズム

f0127501_128435.gif

    ||| 中国新世代の経済愛国主義 |||

d0123476_17305833.jpg
  中国を襲うグローバル不況の波と、第2世代の五星紅旗ナショナリズム
  米国バッシング、国際新通貨の提案、中国の海軍力重視への危険な傾斜


d0123476_18552829.gifニューズウィークは普段から愛読している週刊誌で、サイトの記事も充実しているが、その中でも特に「investigative journalists」の活躍がめざましい、真相追求のジャーナリズム雑誌である。ブッシュ政権8年の暗黒政治の暴露、オバマの大統領選の報道にはめざましい活躍を示し、政見雑誌としての役割も見逃せない。

特にワシントン政界の裏幕を暴露するジャーナリストとしてウォーターゲート事件以来の伝統ある「政界探偵物」のようなレポートを書き続ける、マイケル・イシコフ、マーク・ホーゼンボール、エヴァン・トーマス...米国民主主義の主流とも言える建設的な論陣を張る、マイケル・ハーシュ、ジョナサン・アルター、ハワード・ファインマン、エレノア・クロフト......
d0123476_17302928.jpg
ひるがえって海外の特派員もそれぞれ個性ある豪傑ぞろいで、特にイラクやアフガニスタンの戦局の最前線から実録記事を送って来る「戦場のジャーナリスト」たちの活躍には、時として戦争映画を見ているような臨場感を覚える。名前を聞くだけで、今度は何処の前線から?と期待してしまうロッド・ノードランドをはじめ、ラリー・カプロウ、スコット・ジョンソン......

また各国の首都駐在の特派員にも、ジャーナリストとしての洞察力と作家とまがうほどの文学的味わいのある文章で、堪能させられる才人が多い。その筆頭は『米流時評』でも開始当初から何度も紹介してきたクリストファー・ディッキー、ファリード・ザカリア、オーウェン・マシューズ....
d0123476_17323142.jpg
彼らは皆、時代の表層を突き抜けて歴史の真実をつかみ出す達人ばかりだ。私がある程度、世界の出来事の裏おもてを把握できるようになったのも、彼らの送ってくる情報の確かな視点に教えられ育てられてきた余録かもしれない。(それまでは単なるプランナーと言うか、一クリエーティブ)たしかにこちらへ来てからの私の「世界科」の教師は、もっぱら雑誌とネットだった。

今日のエントリで翻訳して紹介するのは、その中でも北京からのダイレクトな中国情報でおなじみのメリンダ・リウ女史。彼女は中国の人民パワーを評価しながらも、中共政府の全体主義的な弾圧の体制には常に批判の眼を向け糾弾の声を上げてきた、勇気あるジャーナリストのひとりである。
昨年3月のチベット騒乱弾圧の際には、ラサ蜂起よりも1週間早く「中国公安警察がチベット僧院の周囲に集結、ひと波乱起きる」と予言し、ニューズウィークの記事で報告していた。彼女の予感が不幸にも的中した3月14日以降の現地レポートは、言うまでもなく臨場感あふれる緊迫した記事の連続だった。
d0123476_1733321.jpg
今回の記事は、米国に端を発したグローバルな経済危機、その余波をまともに受けた中国経済、国内に横溢する新しい世代のナショナリズム、そして見逃してはならない軍事力、特に海軍パワー増強への傾斜。こういった中国の世相の表面に現れた「点」を、ジャーナリスト特有のたしかな視点で「線」としてつないで、国家としての今後への流れまでを垣間見せた、秀逸な時事評論である。日本のネオナショナリズムの台頭と照らし合わせてみても、興味深い一文だろうと思う。

【米国時間2009年3月28日『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
MARCH 28, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年3月28日号
f0127501_16135325.gif

  N E W S W E E K | A N A L Y S I S
ネオ紅衛兵の台頭? グローバル不況と中国次世代ナショナリズム
米国時間 2009年3月28日 | メリンダ・リウ/ニューズウィーク・北京発 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17341629.jpg
中共軍がチベットに侵攻しラサの王宮を占拠してから50年。この侵略の日を中共政府はいみじくも「農奴解放の日」と呼び、厳重な警戒の元に祝賀式典を強行。過去の真実の隠蔽・捏造・欺瞞の集大成、虚偽きわまった祭典である。

China: There’s Plenty Of Blame For All
Nationalist angst directed at the U.S. has also rattled China's government
MARCH 24, 2009 | By Daniel Gross — Economic Analysis | Translation by ysbee

1. China's outburst of America-bashing
NEWSWEEK APRIL 8, 2009 issue — The latest recession-fueled outburst of America-bashing in China might worry Washington, but it's even scarier to the rulers in Beijing. Millions of ordinary Chinese are in trouble, and they're asking why their government is continuing to prop up one country — United States.
中国を筆頭に始まった米国バッシング
中国では現在このところの経済不況にあおられたアメリカバッシングの暴発が、米国政府の頭痛の種になってきているが、こうした不測の事態はむしろ北京の政府支配者側にとってこそ、脅威を感じる元凶となっている。グローバルな経済危機の影響をまともに受け、中国ではすでに数百万人の一般市民が経済的窮地におちいっている。こうした貧窮層は、自分たちの政府がなぜよその国の縁の下の力持ちの立場を取り続けるのか、疑問を持ち始めた。その外国とは、もちろん米国である。
d0123476_1735049.jpg
中国全土の各都市で「増殖」する新しい建築群 政府の規制が開発のスピードにに追いつかず違反建築は野放し状態

2. U.S. as blaming target of economic crisis

U.S. is the country that practically everyone blames for creating the global economic crisis. Never mind what would happen to the roughly $2 trillion in Chinese foreign reserves that are invested in U.S. securities if Beijing suddenly tried to cut America loose. Seeking to placate the domestic critics, China's leaders are hardening their stance toward the Americans.
経済危機の元凶アメリカへの糾弾
「今回のグローバルな経済危機を作り出した張本人は米国だ」と糾弾する意見に関しては、どの国も異論がない。だからといって、万一中国政府が米国との友好の絆を突然断ち切ってしまったら、それまで米国債を買い続けてきた中国の200兆円にものぼる海外投資が、どういう結果を迎えるのかについては論外だ。言うまでもなく当然、両国の関係に破綻を招くだろう。しかしながら共産党首脳部は、中国国内の批判勢力をなだめるのに躍起なあまり、米国政権に対するこれまでの態度を一変して、強硬な姿勢を示し始めている。
d0123476_17343765.jpg
時代を百年もへだてた新旧が混在するのが現代中国の実相。どの都会にも最先端のビルの陰にスラム街が残存する

3. Asking IMF for replacement to new currency

Last week China's Central Bank Gov. Zhou Xiaochuan called for the greenback to be replaced with a new reserve currency controlled by the International Monetary Fund. That proposal came on the heels of Premier Wen Jiabao's pointed expression of "concern" for the safety of China's U.S. holdings amid the current turmoil.
国際基金にドルに代わる新通貨を提案
先週、中国政府中央銀行のズー・シャオチャン頭取は、貿易収支決済をドル建てからIMF発行の新しい国際通貨に切り替えてはどうか、と呼びかけた。この提案は、最近問題化してきている米中間の負債の保全に関して、温家宝首相がその安全性について難色を示した時点から間を置かずに出てきたものである。
d0123476_17364584.jpg
天安門広場で売っている中共みやげの毛沢東主席バッジ 政治的と言うよりキッチュというデザイン的評価で買われる

4. China's economic nationalists

The tough talk is expected to continue as China demands a greater say in international financial matters at this week's G20 summit in London. But the anti-U.S. hard-liners—"economic nationalists," as they're known in China—are far from satisfied. Wang Xiaodong, a prominent member of the movement, scoffs at the idea of replacing the dollar with a new IMF-backed reserve currency.
中国のエコノミック・ナショナリスト
今週ロンドンで開催されるG20主要20カ国首脳会議では、今や最大の国際問題となっている財政危機について、大いに一言ありと大上段に構える中国のおかげで、米中間のIMF通貨問題に端を発した論争がますます過熱し、厳しい対立を招きそうな気配である。
しかし、中国の中でも強硬な反米派の連中は、国内では「エコノミック・ナショナリスト=経済的愛国主義者」として周知の存在だが、話し合いなどで妥協できる段階からはほど遠い立場をとっている。反米運動の旗手として知られるワン・シャオドン氏は、米ドルに代わる新しいIMF基軸通貨のアイディアををいきなり打ち出し、関係諸国を面食らわせた。

d0123476_1736245.jpg
昔日のスローガンが天井に残る廃墟となった鉄道のプラットホーム 何かの展示会場として再利用するための工事中

5. 'Quit buying U.S. T-bills, but invest in domestic'

"Isn't the IMF also under the control of the United States?" he asks, with a conspiratorial grin. He says Beijing should simply quit buying U.S. T-bills and invest the money at home instead, building up China's own infrastructure, defense forces and social services.
米国債買いを止めて国内に投資
「国際通貨基金IMFもまた、米国のコントロール下にあるのではなっかたかね?」とワン氏は意味ありげな笑みを浮かべて問い返した。
彼の言うところでは、中国政府はただ単に米国の国債購入を止めて、代わりにその金を国内のインフラ整備や、防衛力強化、社会福祉などの、国内への投資に回したいだけだと説明した。
d0123476_1738555.jpg
中国13億の民 国家としてのGDPは2桁の伸張を続けるが、典型的官僚優遇体制で貧富の階級格差は開くばかり

6. Brand-new bestseller, 'Unhappy China'

Wang is one of five authors of a new book, "Unhappy China," which sold 100,000 copies in just 11 days after its release in mid-March. The book takes Beijing to task not only for coddling the Americans but also for neglecting national defense. Wang and his cohorts say China needs to beef up its Navy.
ベストセラー『アンハッピー・チャイナ』
中国では現在、3月中旬に発売されて以来わずか11日間で10万部売れた、新刊本のベストセラーがある。ワン氏はその『アンハッピーチャイナ/不幸な中国』の5人の共著者のひとりでもある。この本の中で、ワン氏と彼の仲間は「北京政府は(度重なる国債買いによって)米国を甘やかし過ぎたばかりでなく、自国の国防と言う重要な役割を無視した」と指摘し、さらに「中国は海軍力を強化する必要がある」と主張している。
d0123476_17371337.jpg
昨年4月の四川省大地震で崩壊した道路や橋が現在も残骸のまま放置 川向うの学校へロープウェイで命がけの登校

7. Younger Chinese asking for a strong Navy

They insist in beefing up China's military muscle if it continues buying up natural resources everywhere from Australia to Africa. "All those commercial contracts mean nothing unless we have aircraft carriers to back them up," says Wang, "That's why so many younger Chinese are asking for a strong Navy."
海軍力強化を希望する中国の若い世代
彼ら著者は、オーストラリアからアフリカまでいたるところで中国が天然地下資源を買い続けようとするならば、中国政府は軍事力を増強する必要があると、次のように主張している。
「これら一連の商業取引は、その海上輸送の安全を保障するためにわが国が航空母艦を持たない限り無意味である。それが、中国の若い世代が強力な海軍を望んでいる理由である。」
d0123476_17375137.jpg
天安門広場に翻る五星紅旗 昨夏の北京五輪では中国ナショナリズムのシンボルだったが度が過ぎると憎悪の対象に

8. Aggressive military budgets and actions

A new Pentagon report says China is already headed in that direction. Beijing's military budgets have doubled between 2000 and 2008; the Chinese Navy is venturing; farther out to sea to secure energy transport routes; conduct anti-piracy patrols off the coast of Somalia.
軍事予算も行動範囲も飛躍拡大した中国の軍隊
先週発表された新しいペンタゴンレポートによると、中国はすでにそのように海軍力を強化する方向へ進んでいると報告している。その他の主な報告内容は以下の通り:
 ・中国政府の年次の軍事予算は、2000年から2008年までの間に倍増
 ・中国海軍は石油などエネルギー資源の輸送ルート安全確保のため、従来以上の海路へ進出
 ・海賊対策のためにソマリア沖にまで海軍が進出
d0123476_17383110.jpg
昨年8月五輪聖火リレー時のチベットの首都ラサ 五星紅旗が並ぶポタラ宮前広場をパトロールする中国の武装警察

9. Biggest parade of Chinese sea power

Senior officers have reportedly decided to train 50 pilots to operate from a refurbished Soviet-era aircraft carrier purchased from Ukraine. This month Chinese forces are scheduled to lay on a spectacular "naval parade" off Qingdao, the biggest show of Chinese sea power since the birth of the People's Republic in 1949. Perhaps the sight will make Wang and his coauthors at least a little less unhappy.
4月に中国海軍最大の軍事演習
中国海軍では、ウクライナから買い取ったソビエト時代の航空母艦を改修し、ベテランの司令官が同艦上で50名の戦闘機パイロットを育成している最中である。
また中国海軍は今月、青島沖で壮大な「海上パレード」を挙行する予定だが、これは1949年に中華人民共和国が誕生してから50周年にあたるため、中国の海上軍事力を世に示す建国以来最大の軍事ショーが展開される予定である。この演習光景は、多分ワン氏とその仲間の不幸な感慨を、少なくとも軽減するものになるだろう。 <了>

【 米国時間 2009年3月28日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_1739575.jpg
左:北京市内で商店撤去後の警備員 /中:ユービキタスな毛沢東の銅像 /右:中国海軍の演習を視察する軍司令官d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9526199
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9526199

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。
スパム妨害に遭い、ランキングが「暴落」しました。ワンクリックで応援をよろしく!

d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村のランキングでは国際政治部門です。変わらぬ応援に感謝!



*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-03-28 16:15 | ダイハード中国

ダイハード中国・70名死亡400名負傷の山東省列車衝突事故

f0127501_128435.gif

   ||| 中国弾丸列車衝突事故の大惨事  |||

d0123476_528191.jpg
中国山東省で列車衝突転覆事故、死者70名 負傷者416名の大惨事
事故発生から24時間後に「原因はスピードの出し過ぎ」と政府発表


米国時間 2008年4月29日 | AP通信/淄博発・北京支局経由 | 訳『米流時評』ysbee
前号からの続き »» 中国新華社通信の報道によると、29日に山東省淄博(ズーボー)で起きた列車衝突事故で負傷した416名のうち、70名が意識不明の重体である。死者の中に外国人はいなかったが、負傷した生存者の中には4人のフランス人と、オリンピック出場予定の中国ヨットチームキャプテンと彼の3歳の息子がいた。頭に幾重にも包帯を巻いた女性は、衝突自体が1分間も続いたと語っている。「私は(転覆した列車の)窓から這い出しました。車体のあちこちに衝突で破損した穴が開いていて、そこから乗客は競って外へ出ようとしてました。」彼女は衝突後の模様をこう語った。
d0123476_5385049.jpg
China: Speeding Caused Deadly Train Collision
70 crashed to death, another 70 of 416 injured survivors in critical condition

APRIL 29, 2008 | Associated Press — Zibo via Beijing | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — Seventy of the 416 people injured in the crash were in critical condition in hospital, according to Xinhua. No foreigners were among the dead. Injured survivors included four French nationals, a Chinese national sailing team coach and a 3-year-old boy. The woman, who had layers of gauze wrapped around her permed hair, said the crash lasted about one minute. "I crawled out of a window. Anywhere there was space to get out, people were trying to get out," she said.


__________________________________________________________________
MAY 4, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  Associated Press | B R E A K I N G

山東省列車衝突事故で 死者70名 負傷者416名、スピード超過が原因
米国時間 2008年4月29日 | AP通信/淄博発・北京支局経由 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_529552.jpg
6. Survivors pulled from toppled carriage
One middle-aged woman said she was lucky she was awake when the accident happened. "I was awake, I just got back from using the bathroom," said the woman, who would not give her name because her relatives did not know she was hurt. "People who were sleeping, they got crushed to death and wouldn't even know it," she said at the Zibo Central Hospital.
転覆した車輛から自力ではい出した生存者
現場に近い淄博中央病院に収容された中年の女性は、事故が起きたときに起きていたので助かったと次のように語っている。「私はちょうどトイレから戻ってきたところで目が覚めていました。他の乗客はぐっすり眠っていたので、衝突の瞬間さえも目が覚めずにそのまま押しつぶされて死んでしまいました」怪我をしたことを親戚に知らせたくないので匿名希望の女性はこう語った。
d0123476_5293610.jpg
衝突脱線した車輛から救出される女性。中国政府は、過酷な運転体制を棚上げして、迅速な救助活動を自画自賛。

7. Sped-train run-over another derailed carriages

When the train to Qingdao — site of the sailing competition during the Summer Olympics — derailed nine of its carriages were knocked into a ditch, Railway Ministry spokesman Wang Yongping said in a statement. The second train, on its way from Yantai in Shandong to Xuzhou in eastern Jiangsu province, was knocked off its tracks although it stayed upright.
脱線した青島行き列車に反対方向の列車激突
中国鉄道省の王楊平広報官は、事故当時の状況を声明の中で次のように説明した。「今夏オリンピックのヨットほか水上競技の会場となる、青島へ向かう列車が脱線して、9輛の車体が線路下に転落した。そこへ、山東省煙台市を出発して江蘇省東部の徐州市へ向かっていた反対路線の列車が激突し、転覆こそしなかったものの、大きく脱線した。」
d0123476_5324419.jpg
双方の路線の列車ともフルスピードで走行中に衝突脱線したため、軌道からもんどりうって線路下に落下した様子

8. January's accident killed 18 railroad workers

Xinhua said both the director of the Railway Bureau in Jinan, the provincial capital and nearest big city, and the bureau's Communist Party Secretary, were sacked after the crash, and they face an investigation by the Ministry of Railways. It was the second major railway accident in Shandong this year. In January, 18 people died when a train hurtling through the night at more than 75 mph slammed into a group of about 100 workers carrying out track maintenance near the city of Anqiu.
1月にも18人の線路工夫を轢殺
国営新華社通信の報道によると、淄博に最も近い大都市、山東省の省都済南にある鉄道局の部長と同局の共産党書記は、事故の起きた直後に直ちに捜査当局に喚問され、鉄道省の捜査対象となる予定である。今回の列車事故は、今年に入ってから山東省で起きた2度目の大事故である。去る1月には、安丘市の近くで線路の保安作業を行っていた100名ほどの線路工夫の中に、時速75マイル(120キロ/時)のフルスピードで疾走中の夜行列車が突っ込み、18人が死亡した。
d0123476_5353451.jpg
転覆して完全に仰向けになった車輛 各部がばらばらに分解するほどの破損状況で、スピードの恐怖を物語る

9. Accident happened just before holiday

The accident was the worst train crash in China since 1997, when another collision killed 126 people. Trains are the most popular way to travel in China, and the country's overloaded rail network carried 1.4 billion passengers last year. While accidents are rare, the government is trying to extend and upgrade the state-run rail network and introduce more high-speed trains. The crash happened just before the May Day weekend holiday.
メーデーの連休旅行ブーム直前の事故
今回の衝突事故は、中国では97年以来最悪の列車事故である。97年の事故では126人が死亡している。鉄道は、中国国内を旅行する際にはもっとも利用されている交通手段であるが、すでに過密状態の中国の鉄道網は、昨年の統計によれば14億人の利用客という数字が出ている。列車事故は稀であり、中国政府は国営鉄道網の拡大と品質向上を図り、超高速列車の導入も発表した。今回の衝突事故は、中国の大型連休であるメーデー・ウィークエンドの直前に起きたものである。 [了]

【米国時間 2008年4月29日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_5301013.jpg
農村部からの出稼ぎ者移動やブーム経済による国内旅行ブームを背景に、中国のツーリズムも空前の景気

MSNBC 事故現場ビデオ ▶ High-speed rail accident
このビデオはMSNBC.comのダラ・ブラウンが説明する、28日事故直後の救出作業の模様

»» 次号「死者1万名!モンスターサイクロン、ミャンマーを直撃!」
    「ダイハード中国・子供を襲う致死性のEV71ウィルス流行」
    「特集・胡錦濤来日!主権国家日本の恥辱の日」へ続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7852137
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7852137

__________________________________________________________________

いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングは、もう少しでベスト3です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_9551625.jpg
»»『撃論ムック』のチベット問題特集号『チベット大虐殺の真実』緊急刊行!««
d0123476_7253198.jpg
d0123476_19373341.jpg真実を伝える日本の新しいジャーナリズムの旗手『撃論ムック』のチベット問題特集号が刊行されました。他国の内政問題として見過ごすことはできない「チベットと中国の真実」に直面するわれわれにとって、これまでの経過を振り返り、今後の日本の行く末を考える上で格好の読み物です。この上は、編集長西村幸祐氏のまえがき「世界を巡った恥辱のリレー」の見開きページ。クリックで拡大して読めます。日本の危機、アジアの時事の真相を伝える『撃論ムック』にぜひ応援を。ブログ西村幸祐の『酔夢ing Voice』へ


▼この下の『米流時評』チベット特集記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-05-04 20:05 | ダイハード中国

ダイハード中国・ブレーキのない国家、中国

f0127501_128435.gif

   ||| 中国弾丸列車衝突事故の大惨事  |||

d0123476_926145.jpg
中国山東省で列車衝突事故、死者70名、負傷者400名以上の大惨事
走行時間を半減すればスピードは倍になる?という算数のできない国


d0123476_18552829.gif欧米のメディアがここ数年中国に与えてきた評価は「Unprecedented economic booming with a break-neck speed development=首が折れるほどの猛スピードで開発が進む空前の経済ブーム」この一言であった。全ては金に換算され、水も土地も人の命まで「経済開発」という錦の御旗の元にないがしろにされてきた。我が日本の昭和30〜40年代の神武景気・列島景気を彷彿とさせる社会現象である。

しかし、自然環境を破壊する開発が進めば、遅かれ早かれ地球のノーマルな生態系は破綻する。経済の進行するスピード以上に加速する環境破壊で、今や死に態となった山河があちこちに出現している。日本でも、開発の裏では水俣病や光化学スモッグという、環境破壊の先行した病例があったではないか。自らを省みるという倫理的観念が欠如しているらしい中華人種にとって、隣国日本の繁栄の陰に存在した過去の症例を振り返る余裕すらないのは言うまでもない。
d0123476_9594179.jpg
私が毎日訪問するブログのひとつに、中国に頻繁に出張されているとんじいさんの『爺砲弾』という面白いブログがある。自称「爺」と名乗ってらっしゃるが、まだお若い仕事盛りのジャパニーズビジネスマンと思われる方だ。彼の飄々とした文章にはいつも笑わせられるが、それにもまして毎回豊富に載せられる写真には目をむく。フツーの中国人のフツーの生活のスナップなのだが、それが唯事ではない。なにか写真に写るひと全員、もの凄い勢いで動いているのである。
d0123476_4141996.jpg
ここにお許しを得て数点掲載したのがそのほんの一例だが、常に積載制限の十倍ほどの荷物を積んで、ところかまわずフルスピードで疾走している。信号も、車線も、スピード制限も、警官も……一切無視。ここまでくると、驚きを通り越して感嘆してしまう。まさにこうして規則も安全もすっ飛ばして驀進する姿勢こそ、この国の現在の体質を如実に現しているようだ。しかも、今回の列車暴走の根本理由は、上からの命令で運転時間を半分に短縮せよという指令に従った結果だという。一定の距離を半分の時間で走行するには、必然的に2倍のスピードを出さねばならないだろうに。そうした5歳の子供でも合点がいく「算数」を、この進歩的国家は計算できなかったと見える。
d0123476_4164757.jpg
さて、話が脱線した訳ではないが、今日お届けするニュースは先月28日に広東省で起きた列車衝突事故。すでに旧聞ではあるものの、AP通信の記事の行間では「異例のスピードで原因が解明された」事実と、政府側の対処を自画自賛する記者会見を、逆に疑問視しているようなヒントが読み取れる。たしかに何かしらキナ臭い……世界の目を聖火リレーやチベット問題からそらす目的で、誰かが仕掛けたのだという陰謀論が成立する可能性は、ないとは言えない。なに、国民の百人や千人、国家拡張という軌道の進行上の邪魔であれば、人柱にすることなど朝飯前の国。否定は出来ない。
d0123476_1015982.jpg
日本のメディアは大々的には報道しなかったようだが、それは胡錦濤来日直前の時期なので、中国にとって都合の悪いニュースを控えたからだろうか。それともオリンピックによる中国旅行ブームに水を差すからという、経済界への思いやりだろうか。如何せん、思いやる相手がまったく違う。しかし、華流の黄砂で盲いた羊のマスジャーナリズムには、今更何を言っても無駄だろう。せめて外電の、一応正直に疑問符のついた報道に、耳を傾けてください。

【米国時間 2008年5月4日『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
MAY 4, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  Associated Press | B R E A K I N G

中国広東省の列車衝突転覆事故で、死者70名負傷者400名の大惨事
米国時間 2008年4月29日 | AP通信/広東省淄博発・北京支局経由 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_927929.jpg
China: Speeding Caused Deadly Train Collision
70 died, more than 400 injured in country's worst rail accident in a decade

APRIL 29, 2008 | Associated Press— Zibo via Beijing | Translation by ysbee
ZIBO, China — Speeding was blamed Tuesday for causing China's worst train accident in a decade that killed at least 70 people and injured more than 400. The finding was delivered by an investigation panel set up by China's Cabinet, the State Council, according to the official Xinhua News Agency. It came just a little more than 24 hours after two trains collided in Shandong province in eastern China.

24時間で事故原因速攻解明?
現地時間で29日火曜、中国で起きたここ十年間で最大の列車事故は、少なくとも死者70名、負傷者400名以上という犠牲を出したが、その原因はスピードの出し過ぎと見られている。新華社通信の報道によると、事故原因は、中国政府首脳部(内閣)と国家評議会(国会)によって緊急に設置された事故調査委員会の捜査によって解明されたと伝えている。事故原因の究明結果は、中国東部の山東省で二つの路線の列車が衝突した事故発生から、わずか24時間後に発表されたものである。
d0123476_9275368.jpg
2. Conclusion of cause: far-exceeding speed
The investigation showed a Beijing to Qingdao passenger train was traveling at 81 miles per hour before the accident — far over the section's speed limit of 50 mph, Xinhua said. The train jumped its tracks and collided with an oncoming passenger train on another track. The government has already sacked two railway officials over the accident. Xinhua did not say if the engineers of the trains had survived the crash, or if they were being held as part of the investigation.
事故原因は極端なスピードの出し過ぎ
事故原因調査委員会の結論では、北京発青島行きの旅客列車のスピードは、事故直前には時速81マイル(約130キロ)に達していたと見られており、これはこの期間を通常走る速度制限の時速50マイル(約80キロ)をはるかに越えていたと新華社通信は伝えている。(内陸から黄海へと南下する青島行きの)列車は(規制のスピードを遥かに越えたため)軌道を脱線し、反対方向の線路を走っていた旅客列車と正面衝突した。中国政府は、この事故に関連した2名の鉄道責任者をすでに即刻拘留(sacked)している。新華社通信の報道では、両方の列車の運転手・技術者が、この事故で死亡したのか、あるいは生き残って捜査に加担しているのかについては触れていない。
d0123476_9285798.jpg
3. Glowing review of rescue response
Local officials in Zibo city, where the accident happened, held a news conference Tuesday to give a glowing review of the emergency response, praising rescuers who rushed to the accident site and a doctor who worked more than 30 hours without rest. The central and provincial governments "do not need to worry and the victims, their families and people from all walks of life are satisfied," said Liu Xinsheng, deputy secretary-general of the Zibo city government.

30時間ぶっ通しの救出作業を自画自賛
事故の起きた広東省淄博(ズーボー)市では、29日火曜、当局による記者会見が行われたが、その内容は、事故現場に即座に駆けつけた救急隊や30時間以上休みなしで怪我人の手当にあたった医師たちなど、政府側の対応の迅速な活動をやたらに喧伝する性質の記者発表だった。また、同じ会見の席で、淄博市役所の劉ジンシェン助役は「心配は要らない。犠牲者もその家族も、その他もろもろの関係者も、みな(事故後の処理に)満足している」と語った。
d0123476_109594.jpg
4. Glowing review of response
Liu said the local government was covering all medical expenses of the injured for the time being. "We won't let financial issues affect their medical treatment," he said. No other information was released. Liu and other officials at the news conference refused to take questions. The railway line was reopened to traffic Tuesday after work crews used heavy cranes to clear the tracks of damaged rail cars.
国家の過失カバーに必死の広報
劉助役は、「我々政府機関は、怪我人の治療にあたって経済的負担がかからないよう対処する」と強調し、負傷者の治療費はすべて地元の行政機関が負担することも強調した。しかし、それ以外の話題には一切ふれなかった。記者会見に臨んだ劉氏以下の地元職員は、記者団からの質問を受けることを拒んだ。事故の起きた路線は、現場に散在する線路の断片や潰れた車両などを重量クレーンを使って撤去した後、元通りに再開した。   »» 「中国列車事故大惨事レポート」続編に続く

【米国時間 2008年5月4日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_9322945.jpg
MSNBC 中国列車事故現場ビデオ ▶ High-speed rail accident in China
このビデオはMSNBC.comのダーラ・ブラウンが説明する、28日事故直後の救出作業の模様

»» 予告「死者1万名!モンスターサイクロン、ミャンマーを直撃!」
    「ダイハード中国・子供を襲う致死性の EV71ウィルス流行」
    「特集・胡錦濤来日!主権国家日本の恥辱の日」
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7845640
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7845640

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングは、もう少しでベスト3です。クリックに感謝!
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_9551625.jpg
»»『撃論ムック』のチベット問題特集号『チベット大虐殺の真実』緊急刊行!««

d0123476_19373341.jpg真実を伝える日本の新しいジャーナリズムの旗手『撃論ムック』のチベット問題特集号が刊行されました。他国の内政問題として見過ごすことはできない「チベットと中国の真実」に直面するわれわれにとって、連休中にこれまでの経過を振り返り、今後の日本の行く末を考える上で格好の読み物です。日本の危機、アジアの時事の真相を伝える『撃論ムック』にぜひ応援を。編集長、西村幸祐氏のブログ『酔夢ing Voice』でも紹介中。
■ 巻頭カラー特集「チベット蜂起、60日を追う」
■ はじめに「世界を巡った、恥辱のリレー」 西村幸祐
■ 総特集1「今、チベットで何が起きているか?」
緊急座談会 チベット蜂起と日本の未来
ペマ・ギャルポ×青山繁晴×大高未貴×大樹玄承×西村幸祐
緊急記者会見全文掲載「ダライラマ法皇、語る。」
■ 総特集2 チベットが、日本の未来を透視する
チベットの悲劇と日本人・・・・・・西村 幸祐
チベット問題FAQ/チベット問題参考ブログ&書籍


▼『米流時評』のチベット関連記事リストへ続く
[PR]
by ysbee-2 | 2008-05-04 10:20 | ダイハード中国

「チャイナ・エスピオナージ」中国との新冷戦時代開幕・前編

f0127501_128435.gif
   ||| チャイナ・エスピオナージ 前編 |||

d0123476_1081453.jpg
防衛極秘情報漏洩!ついにペンタゴンに潜入した中国スパイネット
米国政府の公式発表が暗示する、中国政府との「新冷戦時代」開幕


マイケル・ハーシュ時事評論 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 米流時評 ysbee 訳
まったくもって、我々はなんとスパイ小説が好きなことか……ジェームズ・ボンド。ジェイソン・ボーン。そしてジョン・ル・カレの偉大なるスパイ小説のすべて。そういった大衆に受けるスパイ小説の創作の世界では、男のロマンが永続し、ひたすらクールな国際的スパイの暗躍が渦巻いている。しかし、スパイにまつわるそういった神話から、このへんで卒業すべき時がきたようだ。
d0123476_1084426.jpg
Why Espionage Is Boring
How Bush's tight relationship with Pakistan's Musharraf has compromised

By Michael Hirch | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
FEBRUARY 14, 2008 — Boy, do we love spy stories. James Bond. Jason Bourne. All those great John le Carré novels. In the popular imagination, there is something endlessly romantic and just plain cool about the world of espionage. Well, it's about time we put this myth behind us.

__________________________________________________________________
FEBRUARY 15, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  N E W S W E E K | W e b E x c l u s i v e

「チャイナ・エスピオナージ」中国との新冷戦時代開幕・前編
米国時間 2008年2月14日 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_1092729.jpg
1. Today's 'virtual espionage'
Spying might have been the stuff of drama during the cold war (though even then its impact was exaggerated; the CIA and KGB essentially cloak-and-daggered each other into a standoff). But today's espionage mostly involves dull drones who seek to cull information from all sorts of places--much of it from the public domain. And what they get for their efforts is barely worth the risk. James Bond has become Inspector Clouseau.
今日の主流はバーチャルなスパイ活動
エスピオナージ即ちスパイ活動は、冷戦時代にはたしかにドラマの素材であったかもしれない。なぜなら当時にあってさえ、あたかもCIAとKGBの暗闘が米ソの睨み合いに結びついているかのように、スパイ活動の影響は大袈裟に拡大されて伝えられていたからだ。
ひるがえって今日の諜報活動ときたら、そのほとんどがスパイ偵察機ドローンのだるい飛行音に象徴されるように、地上のありとあらゆる場所からまんべんなくオートマティックに情報を刈り集めるような、機械的で退屈な行為に化してしまっている。もっともその大部分は、ネット上のパブリックドメインから蒐集されるバーチャル情報ではあるが。そういう時代であるがゆえに、今日びの諜報部員のやっていることときたら、命がけのスパイ活動とはお世辞にも言えた代物ではない。ジェームズ・ボンドはクルーゾー警部に成り下がってしまった。
d0123476_1024817.jpg
2. Classic espionage of cold war era
That's why so many of the spy cases announced in recent years collapse upon close examination, or simply fade into irrelevance. The most gripping cases, like the one involving FBI spy Robert Hanssen in 2001--basis for the recent movie "Breach"--tend to be holdovers from the cold war. Take the arrest of Gregg Bergersen, a Defense Department analyst, who was nabbed in a dramatic 5:30 a.m. raid on his Alexandria, Va., home on Monday.
ペンタゴンスパイ事件の古典的手口
そういった諜報のシステムがシステマティックなコンピュータ作業へと変遷したことで、人的なスパイ活動=ヒューマントによる犯罪事件の多くが成立しにくくなり、消滅の一途をたどっている。しかし数少ない最近のケースの中でももっとも騒がれた事件は、一昨年の映画『BREACH=漏洩』のモデルとなった、FBI捜査員からスパイに転向したロバート・ハンセンが2001年に逮捕された漏洩事件だろう。あれはまさに、冷戦時代の諜報活動をそのまま再現したような事件だった。
もうひとつ、今回のグレッグ・バーガーセンの逮捕劇がある。彼はペンタゴン国防総省の戦略分析家であったが、11日月曜の朝もまだ明けやらぬ5時半に、ヴァージニア州アレキサンドリアの自宅で、FBIのドラマチックな急襲を受けて逮捕されたスパイである。
d0123476_10112277.jpg
3. China's espionage in Cold War level
information to persons not entitled to receive it — namely his two codefendants, Tai Shen Kuo and Yu Xin Kang, who worked in the U.S. but had links back to Beijing (Bergersen's lawyer has declined to comment publicly. Assistant U.S. Attorney Ken Wainstein, in his announcement, declared that China's efforts to get hold of U.S. technology are now "approaching Cold War levels," quoting testimony from the director of the Office of National Intelligence last fall.
中国のスパイ活動活発化「新冷戦時代」へ
バーガーセンは、ヴァージニア州東部の連邦裁判所で、タイ・シェン・クオとユー・ジン・カンというふたりの中国人とともに、国防の極秘情報を法で禁じられている相手に漏洩した陰謀罪の罪状で、法務省検察局から告訴された。このふたりの中国人は、米国内に居住し米国籍を持って職業についており、バーガーセンの弁護士はその点についての公式のコメントを却下したが、中国政府と秘密裏に連携をとっていた。検察局の元締めである米国法務省のケネス・ワインスタイン副長官は、11日の記者会見で発表した告訴内容の中で、昨年秋国家諜報局の長官が慨嘆した言葉を借りて次のように述べている。「米国の軍事テクノロジーを入手しようと近年中国は躍起になっているが、その熾烈さは今や、かつての冷戦時代のレベルにまで近づいている。」
d0123476_1012618.jpg
4. Hush on the Chinese government connection
But at a news conference, Wainstein and other U.S. officials revealed just how little this case resembles the cold war. First, Kuo owned a furniture store, Kang worked in it and Bergersen appeared to think that if they were working for any government, it was Taiwan's. Asked whether Bergersen knew that he was dealing with agents of the Chinese government, U.S. Attorney Chuck Rosenberg said: "I don't want to comment about what he may or may not have known."
中国政府とのコネクションは極秘
しかしながら記者会見の席上では、ワインスタインは同席した他の担当官と同様に、今回の漏洩事件が冷戦時代の華麗なスパイの暗躍とは似ても似つかない犯罪であることを暴露した。まず最初に、第一の中国人クオは家具商を営んでおり、二人目のカンはそこで働いていた。そこへ第三の人物バーガーセンが現れるわけだが、彼はこのふたりの中国人が外国の政府に情報を手渡していたとしても、どうもその相手は台湾だと思っていたようなふしがある。
「バーガーセンは、このふたりの中国人が中国政府のスパイであると承知した上で取引していたのかどうか?」という私(マイケル・ハーシュ/ニューズウィーク・コラムニスト)の質問に対して、司法省のチャック・ローゼンバーグ連邦検察官はこう答えた。「被告が中国とのつながりを知っていたかどうかに関しては、私の口からはコメントしたくはございません。」
d0123476_1013966.jpg
米国法曹界の最高責任者、法務省のマイケル・ムケイシー司法長官 「無能」で更迭されたゴンザレス長官の後継者

5. Similar case to the 2004 AIPAC spying

And, upon questioning, he didn't deny suggestions that the case was less like espionage and more like the 2004 indictment of two officials at the American-Israel Public Affairs Committee (AIPAC). CBS News initially reported that saga as a "full-fledged espionage case … at the highest levels of the Pentagon." But it turned out to be about a bumbling junior Defense Department official who passed on information of dubious use, this time to Israel.
04年AIPACイスラエルスパイ事件と酷似
さらに質問を続けたところ、ローゼンバーグ連邦検察官は、次のような誘導尋問に対してはあえて否定しなかった。その質問とは、「今回の事件は、スパイ謀略事件というよりは、どちらかと言えば2004年に告発されたAIPAC漏洩事件(ペンタゴン職員がイスラエルのロビイスト団体AIPACのふたりのスタッフに防衛機密情報を漏洩した事件)の方に似ている。CBSニュースは、当初この事件の全貌を「ペンタゴンの最高責任者レベルにおけるスパイ漏洩事件の最たるもの……」と大上段にかまえて報道した。しかし、ことの真相が明らかになってみると、国防総省の若手の職員が内部情報を用途不明のまま手渡しただけに過ぎないことが明らかになった。その際の相手国はイスラエルだった。
d0123476_10143190.jpg
【注】AIPAC: 米イスラエル公共問題委員会、前身はアメリカシオニスト委員会で会員数10万人
AIPACのペンタゴン機密漏洩事件: 2004年8月に、米国防総省の職員ローレンス・フランクリンが米国の対イラン政策に関する重要機密をAIPACの2人のスタッフ、スティーヴン・ローゼンとキース・ワイスマンに漏洩した容疑で、FBIが取調べ中とCBSニュースが報道。フランクリン、ローゼン、ワイスマンの3人は逮捕、起訴され、うちフランクリンは司法取引に応じて151か月の禁固刑および1万ドルの罰金刑が課された。この判決文では機密の漏洩先として複数の「外国の外交官」と公表されたが、国名は伏された。しかし実際にはイスラエル大使館の外交官であったというのが定説である。


6. 1999 Los Alamos breach of nuclear weapons
As a general rule, when U.S. officials start talking about full-fledged espionage, or comparing these spy cases to the cold war, run for the exits. That's what we should have done a decade ago when The New York Times brought us perhaps the most infamous case of the post-cold-war period. In 1999, the Times reported that one of America's most important nuclear weapons secrets, the design for the Trident II missile warhead, had been stolen from the Los Alamos National Laboratory.
99年ロスアラモス核情報漏洩事件
翻訳中
d0123476_1015288.jpg
7. 'As bad as the Rosenbergs case'
Authorities were focusing on a suspect, the Times reported: a Chinese-American scientist who was later identified as Wen Ho Lee. The story quoted former CIA official Paul Redmond as saying, "This is going to be as bad as the Rosenbergs," referring to the spies who in the 1940s helped the Soviets steal bomb secrets from the Manhattan Project. The Lee case set off a firestorm in Washington. But no espionage case was ever brought. It was utterly unclear what the Chinese had learned.
「ローゼンバーグ夫妻スパイ事件より深刻」
翻訳中

d0123476_10165083.jpg8. Top secrets throughout US arms complex
Authorities were focusing on a suspect, the Times reported: a Chinese-American scientist who was later identified as Wen Ho Lee. The story quoted former CIA official Paul Redmond as saying, "This is going to be as bad as the Rosenbergs," referring to the spies who in the 1940s helped the Soviets steal bomb secrets from the Manhattan Project. The Lee case set off a firestorm in Washington. But no espionage case was ever brought. It was utterly unclear what the Chinese had learned.
米軍武器保管施設で得られる極秘情報
翻訳中



【米国時間2008年2月15日『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_10174572.jpg
»» 次号 「チャイナ・エスピオナージ」米中新冷戦時代開幕・後編
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7278377
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7278377

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースでベストテン内
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門でトップに戻りました。みなさまのおかげです!

d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!


▼クリックしてこの下の続きを読む
[PR]
by ysbee-2 | 2008-02-15 10:28 | テロとスパイ陰謀

中国に核を売ったセールスマン・サルコジ

f0127501_128435.gif
  ||| サルコジ、中国と核の巨大取引成立 |||
d0123476_1223632.jpg

中国の爆発的電力需要を満たす核エネルギー革命に参与するフランス
1.3兆円のウラン取引で広東核開発公社とジョイントベンチャー成立


ジャミール・アンデルリーニ | 北京発/ファイナンシャルタイムズ |『米流時評』ysbee 訳
中国は核燃料ウラン確保するために、その供給先をグローバルに探していたが、11/26月曜、フランスの核開発会社AREVAと「少なくとも今後14年間はアフリカ産のウラニウムを供給する」という契約を結び、最終的解決をみた。
d0123476_1232312.jpg
China Seals $12bn Deal for Areva Uranium
By Jamil Anderlini | Financial Times — CHINA | Translation by ysbee
NOVEMBER 27, 2007 EST — BEIJING |China's global quest to secure uranium supplies received a boost on Monday when Areva, the French nuclear company, agreed to supply African uranium for at least the next 14 years.
__________________________________________________________________
DECEMBER 19, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_841403.gif

 F I N A N C I A L T I M E S

核のセールスマン・サルコジ 中国と1.3兆円のウラン取引成立
米国時間 2007年11月27日 | 北京発/ファイナンシャルタイムズ | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_1235138.jpg

1. The biggest nuclear power contract
Areva will also build, operate and supply two nuclear reactors in the southern province of Guangdong. The €8bn ($12bn) deal with state-owned China Guangdong Nuclear Power Corp, the biggest commercial nuclear power contract on record, included at least 23,000 tonnes of uranium on top of an annual supply of about 600 tonnes to the two reactors, both of which had previously been announced.
史上最大の商用核開発の事業契約
これにともなって、AREVAは燃料ウランを供給するだけでなく、中国南部の広東省に2つの核燃料施設を建設・運営する契約も取り結んだ。今回のCGNPC(中国国営広東原子力発電公社)との80億ユーロ(120億ドル/1.32兆円)の核取引は、商用の原子力発電に関する取引としては史上最大である。前もって公開されていた情報によると、2基の核燃料炉に毎年600トンずつ、今後14年にわたって合計2万3千トン以上供給する燃料用ウランの契約が、今回の仏中の核開発契約の主眼となっている。
d0123476_1242864.jpg
2. Joint venture to transfer technology to CGNPC
Areva also agreed to establish an engineering joint venture to transfer technology to CGNPC and work on other reactors in China. The deal was signed in Beijing in front of Nicolas Sarkozy, the French president, and Hu Jintao, his Chinese counterpart. With its ambitious plans to build dozens of reactors and more than double nuclear power capacity in the next 12 years, China is the fastest-growing uranium consumer in the world.
CGNPCとの核開発のジョイントベンチャー
AREVAはまた、CGNPC/中国広東原子力開発公社と核のテクノロジーを共有するジョイントベンチャーを創業し、中国におけるその他の核燃料炉の開発運営にもたずさわる予定になっている。
今回の事業契約は、フランスのニコラス・サルコジ大統領と中国の胡錦濤主席の両者立ち会いの下に、北京において調印された。今後12年間に中国各地に数十基の核燃料炉を建設するという、野心的な核の巨大開発計画の実現にともなって、中国は核燃料用ウランの消費量を、世界でももっとも急速に伸ばす国となった。
d0123476_125874.jpg
3. To secure future supply in energy market
However, its domestic uranium deposits are declining, forcing Beijing to look abroad to secure future supply in an already stretched market. Under the deal CGNPC agreed to buy 35 per cent of the uranium production of UraMin, a Canadian mining company with uranium deposits in South Africa, Namibia and Central African Republic, which Areva bought in September for $2.5bn.
爆発する中国市場の需要に見合う電力供給
しかしながら、中国国内のウラニウムの産出量は年々減少しており、北京政府はすでに供給電力のぎりぎりにまで差し迫った電力消費の今後の展開にも追いつくように、燃料の供給先を海外へ求めねばならない羽目に陥いる窮状にあった。今回の契約によって、中国はウラニウム鉱山を採掘しているカナダの鉱山会社 UraMin から燃料用ウランの35%を購入する条件に同意したが、その採掘鉱山は南アフリカやナミビア、中央アフリカ共和国などに散在しており、UraMin自体は今年9月に25億ドルでAREVAに買収された会社である。
d0123476_1254728.jpg
4. Areva on new mining of Uranium
UraMin has estimated uranium reserves of about 65,000 tonnes but Areva is looking for new mining opportunities and the company's eventual output could be much larger. "The Chinese were very keen to secure uranium supply and were happy to agree to buy 35 per cent of whatever UraMin produces," said a person close to the deal. CGNPC agreed to pay a small discount to the future market price for uranium.
新しいウラン鉱脈発掘を探るAREVA
カナダに本社を置くウラン採掘会社 UraMinは、買収された時点で約6万5千トンのウラニウムを保有していたが、今後の新しい需要に応えるための採掘や、事業計画拡大にともなって、供給ベースはさらに急増するものと見られている。
「中国政府は、燃料用ウランの確保に非常にこだわっており、UraMinの総産出量の35%を購入する契約が成立したことを、非常に喜んでいるようだ。」契約に立ち会った関係者は、中国側の反応をこのように語った。CGNPCはまた、長期契約によってウラニウム相場の将来的価格が多少値下がりすることにも期待している。
d0123476_1262631.jpg
5. Unprecedented deal in the world nuclear market
The agreement lasts until 2022 but the two sides could easily extend it, said Anne Lauvergeon, chairman and CEO of Areva Group. Areva said its deal was "unprecedented in the world nuclear market" and marked the start of global co-operation with CGNPC, which will help build the plant in China's southern manufacturing hub. Ms. Lauvergeon said the company planned to double its production of uranium to meet demand from the "several hundred" reactors it expects will be built around the world in the next decade.
世界の核市場でも前代未聞のメガ取引
今回の契約は一応2022年まで継続することになっているが、契約事項の中でも二つの項目は、多分その後もそのまま延長されるだろうと、AREVAグループのアンヌ・ローヴェルジョン会長は語っている。AREVA側でも「今回の契約は世界の核関連市場でも前代未聞」であると強調し、CGNPCとのグローバルなジョイントベンチャーの開始によって、中国南部の工業地帯に電力を供給する原子力発電所建設計画の推進役になるものと自負している。
またローヴェルジョン会長は、今後の抱負について次のように述べた。「AREVAは、今後10年の間に世界中で建設される予定の『数百基の核燃料炉』からの需要に応えるべく、燃料用ウランの産出量を現在の状況から倍増する計画です。」
d0123476_1272087.jpg
6. Negotiation process with Kazatomprom
CGNPC and state-owned China National Nuclear Corp, the country's other large atomic group, are in the process of negotiating a deal to take a stake in a uranium miner in Kazakhstan in return for an equity stake in unspecified Chinese nuclear facilities, according to the president of Kazatomprom, the Kazakh state-owned nuclear power company. Kazakhstan plans to more than double its uranium output by 2010, overtaking Canada and Australia, which also supplies large quantities of uranium to China, to become the world's biggest producer.
カザクスタンの核エネルギー公社と交渉段階
CGNPCと中国のもうひとつの巨大な核開発グループCNNC中国国営核開発公社は、今回の契約の他にもカザクスタンのウラン採掘会社であるKazatomprom社と、燃料用ウランをめぐる取引交渉の最中である。カザクスタン国営のKazatomprom社の会長の談話では、中国が同社に投下した資本の見返りとして同社産出のウランを現物供与するという条件での、投資還元の取引契約である。
2010年までのカザクスタンでのウラニウム採掘量の予測は、従来中国の輸入先であったカナダとオーストラリア両国の産出量合計をしのぐものであり、開発が進めば世界最大のウラン産出国になる見通しである。[了]
【米国時間 2007年12月19日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1283818.jpg
»» 次号 「ブッシュの卒業旅行・中東ツアーで7カ国訪問へ」

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6774532
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6774532

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベスト10入り。ただ今7位まで来ました!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースでなんとか2位まで来ました。あと少しでトップ!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「ポスト・プーチンのロシア」
d0123476_1746245.jpg序 章 「プーチンの過ぎゆくままに」米国とロシアの『戦争と平和』
第1章 「メドベージェフ登場」プーチン次期後継者を指名
第2章 「明日のプーチン」メドべージェフ、プーチンを首相に逆指名
第3章 「ユーラシア連邦の野望」ポストプーチン時代の予測
第4章 「クレムリンの暗闘」プーチン王朝内部のパワー闘争
第5章 「プーチニズムの踏襲」次世代ロシア時代の到来


»» イラン問題緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」d0123476_1023580.jpg
時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「嘘から出た真実 さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」

__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-19 12:22 | サルコジのフランス

北京五輪、大気汚染で開催延期の可能性も

f0127501_128435.gif
  ||| 北京五輪、大気汚染で一部開催延期か |||
d0123476_15535966.jpg
国連環境調査で大気汚染に問題、IOC では一部競技延期の可能性も

中国・北京発 |25日木曜、IOC国際オリンピック委員会は、五輪開催地に対する大気汚染に関する特別の制限のために、以前よりはましになったとはいうものの、来年オリンピックが開催される北京の大気汚染がひどいため、いくつかの競技は開催を延期するような可能性が増していると発表した。
Foul Beijing Air May Delay Some Olympic Events
'The air quality is a big problem,' says IOC inspection official
OCTOBER 25, 2007 EST | Associated Press — BEIJING | Translation by ysbee
BEIJING, China — Beijing’s pollution is increasing the likelihood some Olympic events may be postponed, though special restrictions may help keep the skies clean, the International Olympic Committee said Thursday.

__________________________________________________________________
OCTOBER 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

  Associated Press | B R E A K I N G

北京五輪、空気汚染が大問題に IOCは一部競技延期の可能性も
米国時間 2007年10月25日午前10時36分 | 北京発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_15543275.jpg
1. Report by UN Environment Program
With less than 10 months to go before the 2008 Olympics, air pollution emerged as one of Beijing’s biggest headaches. A report by the United Nations Environment Program criticized Beijing’s cleanup as slow, noting some pollution exceeded World Health Organization standards. In an overall positive assessment of Beijing’s preparations, an IOC inspection team said air quality was a major concern and it was monitoring the situation.
国連環境計画局のレポート
2008年オリンピックまであと10カ月をきったが、大気汚染は相変わらず北京の抱える最大の頭痛の種である。国連の環境計画局によって行なわれた調査レポートでは、中国政府の清浄化計画のスピードは遅々としてはかどらず、一部の環境汚染はWHO世界保健機構の安全基準をはるかに下回っていると報告された。IOC国際オリンピック委員会が発表した内容では、北京五輪の準備態勢は総体的にはポジティブな評価がなされているが、大気汚染が最大の懸念となっており、IOCでは今後の状況改善を監視する体制にある。
d0123476_1555625.jpg
来年のオリンピック開催まであと10か月をきり、メインスタジアムの建設も急ピッチの五輪開催地北京

2. 'Air quality is a big problem'

Inspection team leader Hein Verbruggen said the impact of pollution on athletes’ performance was a specific concern. “The air quality is a big problem,” he said. IOC president Jacques Rogge had warned in the past that pollution might force some outdoor endurance events to be delayed. Verbruggen and other IOC officials said they were confident that measures such as traffic controls should reduce pollution. But if that fails, some events would be delayed. “You might wait a day or two but it is something that we’re used to,” Verbruggen said. “It is a normal standard procedure that we have.”
IOC「大気汚染が最大の問題」
国連の調査チームのリーダーであるハイン・ヴァーブルッゲン氏は「参加選手のパフォーマンスに及ぼす汚染の影響が特に気になる。空気の質は大きな問題だ。」と語っている。
この報告に対して、IOCのジャック・ロッジ会長は過去にも「万一大気汚染がある場合には、長時間かかる屋外競技のいくつかは、開催を遅らすことになるだろう」と表明していた。ヴァーブルッゲン氏と他のIOC委員は「交通規制などの手段によって、大気汚染は緩和されるべきだと確信している。しかし、もしその方法でもだめな場合は、いくつかの競技の開催は遅れることになろう。もしかしたら1日2日待つ事になるかもしれないが、以前にもそういった先例はあったし、開催延期が通常われわれの取るべき正当な手段である。」
d0123476_16193774.jpg
都市周辺では未増有の自動車ブームによる排気ガスと工業地帯から吐き出される煤煙のため昼なお暗い

3. 'Athletes need clean healthy conditions'

Organizers have dwindling options to combat pollution ahead of the Aug. 8-24 Olympics. Some countries are delaying their teams’ arrivals in Beijing until the last possible moment to protect their athletes. But competition times have limited leeway. Rogge underscored the IOC’s concerns in a speech saying that athletes “need clean and healthy conditions in which to train and compete.” But he did not read out a warning to Beijing contained in the prepared text that said “time may be running out.”
「選手には清潔で健康的な環境必須」
来年8月の8日から24日まで開催されるオリンピックを前にして、主催者側が大気汚染と闘う方策も尽きてきた。参加国の中には選手の健康を気遣って、選手団の北京入りをぎりぎりまで延ばす国も出てきている。しかしそうすることで、逆に現地での練習期間は削られてしまう。ロッジ会長は今回の声明の中で、特に次の部分に重点をおいて強調した。「選手たちがトレーニングや競技をするにあたっては、清潔で健全な環境が必須です」だが彼は前もって用意された原稿の中にあった北京政府に警告を発するための一節「残り時間は僅かだ」という箇所を、あえて読み上げなかった。
d0123476_125833.jpg
4. Beijing’s air quality slow to improve
China has one of the world’s fastest-growing economies, but its cities pay for it with choking pollution. Beijing is often blanketed by a gray haze, some from coal-fired industries, others from the soaring numbers of cars. “Extensive use of coal, the city’s geographical location and a growing number of motor vehicles means the pace of improvement in Beijing’s air quality is slow,” said Eric Falt, who heads the U.N. Environment Program’s sports and environment project.
空気浄化、中国の開発汚染に追いつかず
中国は、目下世界でも経済がもっとも急速に成長している国のひとつであるが、その代償として主要都市では息が詰まるほど大気汚染が甚だしい。石炭を燃料とする工業地帯からの煤塵や、激増するマイカーブームの排気ガスのせいで、北京市街ではしばしば立ちこめる灰色のもやに包まれる。
「石炭の過剰な使用、北京市の地理的条件、そして急速に増える自動車。これらがすべて要因となって、北京の空気を清浄化するスピードを、工業化に追いつかないほど遅々とさせているのが現状だ。」国連環境計画局の「スポーツと環境」プロジェクトチームの長であるエリック・ファルト氏は、北京の大気汚染の実状をこう説明した。
d0123476_15582299.jpg
南京市のウォーターフロント 中国各地の主要都市は工業化が著しく農村部から移動の人口急増で空前の建設ブーム

5. Eight times higher than WHO level

Falt said small particulate matter — fine particles of pollution that can easily pass into people’s lungs and harm health — were “particularly worrying.” The U.N. report found that the average level of small particulate matter in Beijing’s air in 2006 was eight times higher than the level recommended by the World Health Organization.
汚染物質の空気混入率、WHO基準の8倍
ファルト氏が特に懸念するのは、肺の気管膜を容易に通り抜けるほど微小な汚染化学物質が呼吸されて人体に引き起す障害に関してで、この事象をとりわけ心配していると述懐する。国連の調査報告書では、2006年の北京市内の空気の質を調査対象としているが、WHOの安全基準値の制限の8倍にも達しているという。
d0123476_15585690.jpg
6. Same measures, same consequences
Other forms of air pollution — sulfur dioxide, nitrogen dioxide and carbon monoxide — rose or failed to drop in 2006 following three years of decline, according to the report, which was based on Chinese government statistics. “(China) never committed to reaching those specific WHO standards within the time frame of the games,” Falt said. Beijing’s Olympic organizers have said contingency measures, such as the selective banning of cars or temporary closure of factories, will have to be used to clear the skies — pledges that were reiterated by officials Thursday.
従来通りの対処法に拘泥する北京政府
中国政府の調査データを元にした報告書の記述では、硫酸ダイオキシン、ニトロゲン・ダイオキサイド、一酸化炭素などの、その他の空気汚染の要因もまた、それまでの3年間減少傾向にあったにも拘らず、2006年には逆に上昇あるいは停滞したままである。
「中国は、いまだかつて競技開催の日程までに、WHOの特定基準をクリアしようと熱心に動いたためしがない」ファルト氏は中国政府をこう非難する。一方の北京五輪主催者たちは、木曜に IOCからの発表後も相変わらず、ある一定の車種を運航禁止したり特定の工場を一時閉鎖したりする、従来通りの方式を取ると弁明したに過ぎない。
d0123476_15594055.jpg
7. Promised $12 billion for pollution control
Verbruggen and other IOC officials defended Beijing’s efforts, saying organizers have spent more than the $12 billion they promised for pollution control, but growth has outpaced all predictions when the city won the bid in 2001. “As far as we’re concerned, there is no blame to be addressed,” Verbruggen said at that news conference. “We all know that the development of this country and the development of this city has accelerated or enhanced the air quality problems.”
大気汚染管理に1兆4千億円投下?
国連調査チームのヴァーブルッゲン氏やIOCの役員は、中国側主張の「五輪開催国の条件をクリアする約定で、汚染規制に120億ドル(約1兆4千億円)以上費やした」という努力を持ち出して一応評価しているが、北京市が五輪開催の権利を射止めた2001年の時点での予測が追いつかないほどのスピードで、中国の環境汚染が進行しているのも事実である。
「我々の感知する範囲内では、現時点では非難を表明するほどのことではない」ヴァーブラッゲン氏は記者会見の席で、取材陣に対してこう答えた。「この国の開発状況、そして北京市の発展の状況が、こうした大気汚染の問題を促進し増大したのは、誰の目にも明らかです。」
d0123476_1615279.jpg
8. Positive about other aspects
The U.N. report was generally positive about other environmental aspects of the preparations, praising the Beijing organizing committee’s efforts in waste management, transportation and water treatment. Solar power will be used at venues and the Olympic village, and organizers have made an “extraordinary achievement” in avoiding chemicals that damage the ozone layer, the report said.
他のチェックポイントはクリア
国連の調査報告書では、開催準備にあたっての他の環境要素については「一般的に良好」と報告しており、特に廃棄物処理、輸送機関、水質処理などの点では、中国側のオリンピック準備委員会の努力の賜物と評価した。報告書の内容によると、ソーラーパワー(太陽熱発電)がオリンピックの競技用施設や選手村に装備され、主催者側は大気のオゾン層を破壊する科学物質の発生を避けるために「並々ならぬ実績」を達成したと、レポートは語っている。

【米国時間 2007年10月30日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_1622212.jpg
»» 次号「トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵」

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6479825
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6479825

次号以降予告:トルコ全軍クルド地区総攻撃・国境地帯に15万人派兵/アルメニア人虐殺問題で反目するトルコと米
スーチー女史ついにミャンマー軍事政権と会談/オルメルト首相驚愕の提案:ユダヤとアラブのエルサレム二都物語

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代   | グローバルウォー | イラク戦争  | 中東のパワーラビリンス
ユーラシアの回廊  | テロとスパイ陰謀 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治
サルコジのフランス | ダイハード中国  | トンデモ北朝鮮  | ビルマの赤い川
欧米の見る日本  | グローバルビジネス | 大事故・大災害  | 世界不思議探検

[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-30 21:22 | ダイハード中国

ダライラマ叙勲ブッシュと会見で中国にプレッシャー

f0127501_128435.gif
   ||| ダライラマ叙勲が中国へ与える影響 |||
d0123476_1144207.jpg
米国下院チベット亡命僧ダライラマを顕彰、弾圧側の中国大憤慨
ブッシュ、中国に対してダライラマとの直接和平会談をプッシュ


ワシントン発 |米国時間で17日水曜、チベットの精神的指導者ダライ・ラマを褒賞する「下院金の栄誉賞」授与式で、ブッシュ大統領は中国の指導者に対して、共産主義国家中国にダライ・ラマを受け入れるよう呼びかけた。ブッシュは米国議会下院でのダライ・ラマの表彰にあたって、その人となりを「平和と忍耐の普遍的シンボルであり、信心深い民の守護人としてチベット人民を統率する役割を果たす存在である」と賞賛した。
Bush Urges China to Meet with Dalai Lama
America honors Tibetan spiritual leader with Congressional Gold Medal
OCTOBER 17, 2007 | Associated Press/MSNBC.com | Translation by ysbee
WASHINGTON — President Bush, raising the ire of Beijing, on Wednesday called on Chinese leaders to welcome the Dalai Lama to the communist nation. The president called him a “universal symbol of peace and tolerance, a shepherd of the faithful and a keeper of the flame for his people.”


__________________________________________________________________
OCTOBER 17, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

 A s s o c i a t e d P r e s s | W a s h i n g t o n

下院のダライラマ褒賞・ブッシュとの会見が米中関係に与える影響
米国時間 2007年10月17日午後2時35分 | ワシントン発・AP通信 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1235357.jpg
1. 'Tremendous joy and encouragement for Tibetans'
“He has won the respect and affection of the American people,” Bush said at the U.S. Capitol where the spiritual head of Tibet’s Buddhists received the prestigious Congressional Gold Medal. "America cannot look to the plight of the religiously oppressed and close their eyes or turn away,” said Bush, who personally handed the medal to the Dalai Lama.
"It is a great honor for me to receive the Congressional Gold Medal," said the Dalai Lama. ”This recognition will bring tremendous joy and encouragement to the Tibetan people."

「チベットの人々へこの上ない喜びと励まし」
「彼はアメリカ国民の尊敬と敬愛をかちとった」ブッシュ大統領は、栄誉ある「Congressional Gold Medal=下院金綬褒章」の授与式に出席するため米国の首都を訪問中の、チベットの精神的指導者で同国仏教界の最高位にある高僧ダライラマ氏に対して、惜しみない賞賛の言葉を捧げた。「アメリカは、宗教に対する弾圧の危機を目の当たりにする時、われわれの目をそらすことはできない。」ブッシュ大統領はこう献辞を述べたたあと、自ら栄誉のメダルをダライ・ラマ師に直接手渡しした。これに対してダライ・ラマ師は、次のような謝辞を英語で読み上げた。「下院からの金綬褒章を頂くことは、私にとってたいへん名誉に存じます。今回の顕彰は、チベットの人々にこの上ない喜びと励ましをもたらす事でしょう。」
d0123476_11491271.jpg
2. China vehemently protested the ceremony
China, which reviles the 72-year-old monk as a Tibetan separatist, vehemently protested the elaborate public ceremony. But at a news conference earlier in the day, Bush said that he did not think his attendance at the ceremony would damage U.S. relations with China. “I support religious freedom; he supports religious freedom. ... I want to honor this man,” Bush told reporters at the White House. “I have consistently told the Chinese that religious freedom is in their nation’s interest. I’ve also told them that it’s in their interest to meet with the Dalai Lama and will say so at the ceremony.”
中国、授賞式を大々的に非難抗議
中国はこの72才の僧侶をチベットの分裂主義者として誹謗しているので、今回の公式の叙勲表彰式の実施に対して、激烈に抗議していた。しかし今日の式に先立つ記者会見の席で、ブッシュは自分の式への出席が米中関係を損ねるとは思わないと表明した。
「私は信仰の自由を支持する。ダライラマ師も信仰の自由を主張している。私はこの人物に対する敬意を栄誉ある賞で表したい。私はいつも変わらず、中国政府に対して、信仰の自由を認めた方が貴国のためになると言い続けてきた。また、彼らがダライラマと直接会って話しあう方が彼らにとって得策だとも言い聞かせてきた。だから、今日の叙勲式でも同じ事を言いますよ」ブッシュはホワイトハウスでの事前の記者会見で、このように語った。
d0123476_1148731.jpg
3. White house took pains from China
Senate Minority Leader Mitch McConnell said this was the first time a U.S. president has appeared in public with the Dalai Lama. The Bush administration took pains on Tuesday to keep a private meeting with the president and the Dalai Lama from further infuriating China: no media access, not even a handout photo. There was little subtlety on Wednesday, however, when Bush and America's most powerful lawmakers hosted the elaborate public ceremony in the Capitol Rotunda to present Congress' highest civilian award.
中国への影響を気遣うホワイトハウス
上院共和党代表のミッチ・マッコネル議員は、17日の下院でのメダル授与式は、ダライラマ師が米国大統領と公の場で同席した初めてのケースであると、今回の顕彰の歴史的意義を強調した。ブッシュ政権は16日火曜の段階では、中国側の怒りをこれ以上刺激しないように、大統領とダライラマ師の会見は終始プライベートに行なわれた。報道陣の取材禁止、ホワイトハウス側からのメディアリリース用配布写真なし、という内密裡の会見であった。しかしながら水曜の段階では、隠し立てはほとんどなかった。ブッシュと米国のパワーハウスである有力議員が勢揃いして、米国議会会議場中央にあるキャピトル・ロトゥンダで催された、(軍人ではない)一般民としての最高の栄誉賞である下院金綬褒章の授与式に臨んだ。
d0123476_1150549.jpg
4. Diplomacy to ease China's anger
It is a delicate bit of diplomatic balancing. Bush wants to ease anger in China, a growing economic and military powerhouse that the United States needs to manage nuclear standoffs with Iran and North Korea. He also wants to be seen as a champion of religious freedom and human rights.
The Dalai Lama, for his part, seemed unconcerned about China's furious reaction to his half-hour meeting Tuesday with Bush in the White House and the presentation Wednesday. "That always happens," he said with a laugh, speaking to reporters gathered outside his hotel. The White House played down the meeting with Bush in the presidential residence section of the White House and dismissed China's warning that this week's events would damage relations between Washington and Beijing.

中国の神経を逆撫でしない対処法
ブッシュの中国への対処は、実に微妙な外交のバランスを考慮した行動である。端的に中国の怒りは鎮めたい。なぜなら日の出の勢いの経済と軍事力を有するこの国は、アメリカにとってイランと北朝鮮の核保有をめぐる対立をコントロールする上で、どうしても必要だからである。しかし一方米国大統領として、信仰の自由と人権擁護のチャンピオンとして見られたいのも事実である。
一方ダライラマ師は彼自身の見地からは、火曜日の30分ほどのブッシュとの会談と水曜の叙勲式に対する中国の憤激には、あまりこだわっていないように受けとれる。「それはいつも起きる事ですよ」と笑いながら、宿泊先のホテルの回りに集まった取材陣の質問に対して答えた。ホワイトハウス側では、執務用のウェストウィングではなく、大統領の私邸用のイーストウィングで、なるべくプライベートにブッシュとの会見を行なうことで騒ぎを避け、今週のイベントが米中関係を損なうという中国の警告を却下した。
d0123476_11501134.jpg
5. Beijing demonizes moral authotity
The Dalai Lama is lauded in much of the world as a figure of moral authority, but Beijing demonizes the 1989 Nobel Peace Prize laureate and claims he seeks to destroy China's sovereignty by pushing for independence for Tibet. The Dalai Lama says he wants "real autonomy" for Tibet, not independence. He is immensely popular in the Himalayan region, which China has ruled with a heavy hand since its communist-led forces invaded in 1951. He has lived with followers in exile in India since fleeing Chinese soldiers in Tibet in 1959.
世界のモラルの指導者を冒涜する中国
ダライラマは、世界のほとんどの国でモラルの権威としての人物評価を得ているが、中国政府はこの1989年度のノーベル平和賞受賞者に対して、チベットの独立を推進することで中国の国家統一を破壊しようとする分裂主義者と非難している。ダライラマ自身は「チベットに欲しているのは、独立ではなく『真の自治権』だ」と表明している。
1951年に共産党の率いる中国軍のチベット侵略があって以来、中国の圧政にあえぐヒマラヤのこの地域では、彼は絶大な敬意の的である。1959年にチベットを弾圧する中国共産党軍の手を逃れて国外脱出して以来、彼は弟子たちとともにインドで亡命者としての人生を送っている。
d0123476_1152733.jpg
6. China demanded U.S. cancellation
China has demanded that the United States cancel this week's celebrations. Chinese Foreign Minister Yang Jiechi in Beijing said the events "seriously wounded the feelings of the Chinese people and interfered with China's internal affairs." "China is strongly resentful of and resolutely opposes this and has made solemn representation to the U.S. side," Foreign Ministry spokesman Liu Jianchao said in a comment carried Wednesday by the official Xinhua News Agency. "We seriously urged the U.S. side to correct such wrong doing and stop interfering in China's internal affairs in any forms," Liu said.
米国政府に顕彰式キャンセルを要求した中国
中国は実際に米国に対して、今週の顕彰式をキャンセルするよう要求した。中国政府の楊潔チ外相は「今回の授与式は中国人民の感情を著しく傷つける中国への内政干渉である」と北京の外務省で見解を発表した。水曜発行の新華社通信の紙面で、外務省のリウ・ジャンチャオ広報官は、中国側の見解として次のような声明を発表した。
「中国は、この件に関して誠に遺憾に思うとともに、強く反対の意を表明し、米国側への国家としての統一見解を示した。我々は米国側に対し、こうした間違った行動を正して、中国に対する内政干渉をいかなる形態においても放棄するよう、厳しく促すものである。」
d0123476_11534758.jpg
7. U.S. nulled China's threat
Chinese state media declared earlier Wednesday the U.S. "must be held responsible for the consequences." "We are not willing to see damage done to relations between the two countries, but this event will certainly cast a shadow over the relations," the official China Daily newspaper said in an unsigned editorial.
At the White House, presidential spokesman Tony Fratto said the United States understands China's concerns. But he also said Bush always has attended congressional award presentation ceremonies, has met with the Dalai Lama several times before and had no reason not to meet with him again.

中国の脅迫をいなした米国
「このことから引き出される結果に対して、米国は責任をとらねばならない。我々は両国間の友好関係が損なわれるのを、黙って見過ごす訳にはいかない。」中国国営の日刊紙『人民日報』は、水曜の朝刊の匿名の社説の中でこう述べている。
一方ホワイトハウスではトニー・フラット大統領広報官が「米国は中国がこの問題にこだわるのも理解できなくもない」と伝えた。しかし反面、ブッシュ大統領は常に議会の表彰式には出席しており、またダライラマとはこれまでにも数回会見しているので、今さら逢わないという理由は何もないと説明した。
d0123476_11525061.jpg
8. Testament to the sensitivity of the matter
No media access was allowed to Bush's meeting Tuesday. In a departure from normal procedure, the administration released no photos of the meeting either — a testament to the sensitivity of the matter. "We in no way want to stir the pot and make China feel that we are poking a stick in their eye for a country that we have a lot of relationships with on a variety of issues," White House press secretary Dana Perino said. "And this might be one thing that we can do. But I don't believe that that's going to soothe the concerns in China."
微妙な問題に神経を使う米国
顕彰式に先立つ16日火曜のブッシュとの会見には、一切の報道陣は取材禁止となった。通常の大統領が出席するイベントの場合、ホワイトハウス執務室の広報部門からパブリシティ素材として事前に記者団に配布される関連写真も、今回に限っては一切なかった。この一片の事実でさえ、今回のダライラマ・ブッシュ会談をめぐって、アメリカ側が外交面における米中の微妙な確執を気遣う状況を物語っている。
「米国が多岐にわたって関係を結んでいる国(中国)の弱点をあえてつついて、火に油を注ぐような状況は作りたくありませんから、こうする事(非公開会談)が現在われわれのとれる最善策でしょう。だからといって、この対処法で中国の神経が鎮まるとも思いませんが」ホワイトハウスの広報官ダナ・ペリーノは、中国の警告に対するブッシュ政権の対処法をこう説明した。
d0123476_11543621.jpg
9. Infamous Beijing for human rights abuses
U.S. lawmakers regularly criticize Beijing for human rights abuses and a massive military buildup and claim that China ignores abuse by unsavory foreign governments in Sudan and Myanmar in its pursuit of energy and business deals. The Bush administration also finds fault with China but is usually more measured as it seeks to manage a booming trade relationship and a desire to enlist Chinese cooperation in world affairs.
人権蹂躙で世界に悪名高い中国
米国の国会議員は従来から「中国政府は人権を蹂躙する一方で、強大な軍事力を構築している。また石油ガスなどのエネルギー資源を買い漁る契約を結んでいるために、スーダンやミャンマーの独裁政権の搾取と弾圧を無視してきた」と、中国に対する糾弾を繰り返してきた。
ブッシュ政権もまた、中国政府の過った方針を認識してはいたものの、輸出入取引のブームを継続しつつ国際外交面での中国との協調を維持するために、以前はもっと中国の意見を尊重して対処していたのが、これまで通常とってきた方策ではあった。
d0123476_11551277.jpg
【米国時間 2007年10月17日 訳『米流時評』ysbee】d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6395635
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6395635

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門でただ今2位。
d0123476_10141436.gifおかげさまでニュース部門でトップです!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュース部門でベストテン内。応援よろしく!
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-17 12:08 | ダイハード中国

献金汚染で逃亡中の中国人シュー、コロラドで逮捕

f0127501_128435.gif
 ||| 逃亡中の中国人シュー氏、コロラドで逮捕 |||
d0123476_250720.jpg
クリントン上院議員、マイク・ホンダ下院議員への献金汚染の張本人、ついに御用
FBI逃亡犯のまま15年間潜伏、堂々政治献金活動の末、法廷出廷放棄罪で指名手配


カリフォルニア州サンフランシスコ発 |民主党議員への疑惑の献金者ノーマン・シューは、横領の疑いで有罪となっていた過去の犯罪の服役を逃れ逃亡していた件で、カリフォルニア州検察庁から5日水曜開かれる法廷へ出廷を命じられていたが、出廷を放棄して再度逃走した結果、6日木曜深夜コロラド州で逮捕された。シューは、コロラド州グランドジャンクションの聖マリア病院で、FBIエージェントの手により逮捕された後、ただちに連邦警察に収監されたと、FBIのジョゼフ・シェードラー広報官から記者会見で発表された。
前回8月31日にカリフォルニア州レッドウッドの監獄から200万ドルの保釈金を積んで解放されるノーマン・シュー

Disgraced Democratic Donor Arrested in Colo.
FBI takes Hsu into custody after he failed to appear at Calif. court hearing
SEPTEMBER 7, 2007 | Associated Press | Translation by ysbee
SAN FRANCISCO, California — Disgraced Democratic fundraiser Norman Hsu was arrested in Colorado late Thursday after he failed to show up for a court appearance related to a felony theft conviction. FBI agents took Hsu into custody at St. Mary’s Hospital in Grand Junction, Colo., said FBI spokesman Joseph Schadler.

__________________________________________________________________
SEPTEMBER 7, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

 Associate Press | BREAKING NEWS

献金汚染で逃亡中の中国人シュー氏、コロラドで逮捕
米国時間 2007年9月7日 | サンフランシスコ発/AP通信ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee


1. New arrest warrant for no showd0123476_2503922.jpg
Hsu had been scheduled to appear in court Wednesday to turn over his passport and ask a judge to cut in half the $2 million bail he posted last week when he turned himself in after spending 15 years on the lam from a felony theft conviction. Instead, Hsu failed to show up at the bail reduction hearing and a judge issued a new arrest warrant for him.

疑惑の汚染中国人ノーマン・シューと、チャイナロビーと関係の深い次期大統領選民主党候補のニューヨーク州選出ヒラリー・クリントン上院議員

カ州法廷放棄罪でFBIが捜索逮捕
ノーマン・シューは、裁判所の予定では5日水曜に法廷へ出頭し、国外逃走できないように自身のパスポートを提出した上で、先週すでに彼が支払った200万ドル(約2.3億円)の保釈金を半減してくれるよう判事に願い出る段取りになっていた。シューは元々15年前に、公金横領の嫌疑で有罪判決を受けたあと服役せずに逃亡し、その後15年間も身を隠していた末に、先週最終的に警察へ自首した経緯があった。彼は自首した際に、裁判での判決が下るまで身柄を拘束されないようにという目的で、この保釈金は彼自身が、裁判所に対して支払ったものである。しかし、保釈金軽減の事情聴取が目的で開かれる水曜の法廷に被告本人が出頭しなかったために、裁判所の担当判事はシューに対して、州法廷命令違反で新たな逮捕令状を発行する結果となった。

2. FBI arrested at hospital in Colorado
California Attorney General spokesman Gareth Lacy said Hsu’s lawyers told prosecutors Hsu arrived by charter jet at the Oakland airport about 5:30 a.m. Wednesday local time and then wasn’t heard from again. When it became apparent that Hsu had fled the state, California authorities sought the assistance of the FBI, whose agents arrested him Thursday night on charges of unlawful flight to avoid prosecution, Schadler said. Once he is returned to state custody, the federal charges will be dismissed, Schadler said.
木曜夜、コロラド州の病院で逮捕
カリフォルニア州法務局長室のギャリス・レイシー広報官の発表によると、シューの弁護団が検察側へ釈明した内容では、シューは現地時間で5日水曜の午前5時半頃、チャーターしたジェット機でカリフォルニア州オークランドの空港に到着したが、それ以降連絡が途絶えたという。
そこで、シューがカリフォルニア州から逃走した事実が明らかになった時点で、カリフォルニア州警察は全米ネットの連邦管轄捜査局FBIに、捜査協力を依頼した。その結果、6日木曜深夜にFBIのエージェントが、起訴回避の不法逃亡の嫌疑でコロラド州で本人を逮捕した、とシェードラー報道官は逮捕までの経過を公表した。さらに、シューがいったんカリフォルニア州の監察下に治まった段階で、連邦警察の管理の手を離れることになると補足説明した。
d0123476_584460.jpg
カリフォルニアの州都サクラメントにある第3区の最高裁判所地方法廷、サンフランシスコは第1区、ロスは第2区

3. Pen gov. Rendell, the last returner
Meanwhile, Pennsylvania Gov. Ed Rendell became the latest of many Democratic politicians to return or donate to charity Hsu’s election contributions. Rendell had said last week he planned to keep nearly $40,000 of Hsu’s money even though Hsu was wanted for failing to appear for sentencing after pleading no contest to a felony charge of bilking investors out of $1 million.
ペンシルバニア州知事も4万ドル返金
一方、シューが一連の選挙資金向けに寄付した献金を受けとった数多くの民主党議員・政治家たちは、一様にその金を各種慈善事業に振り向けて難を逃れようとしているが、その中でも最後の一人となったのが、ペンシルバニア州のエド・レンデル州知事である。しかしレンデル知事いわく、先週まではシューから受けとった4万ドル(約460万円)の選挙資金を確保するつもりだったと漏らした。しかしこれは、シューが出資者から募った100万ドル(約1億1500万円)の公金を横領した疑いで有罪を認め、その判決が下りる当日の法廷に出頭しなかった罪で指名手配になっていた、という経緯を州知事も知るにいたったあとの判断である。
d0123476_252465.jpg
シューから4万ドルの選挙資金を受け、あわよくば頬かむりしようとしたペンシルバニア州知事エド・レンデル

4. Donation money for Hillary goes to charity
“Though Norman is my friend, and remains so, his failure to appear casts a new light on his assertions regarding the original case,” Rendell said in a statement before Hsu’s arrest Thursday. “As a result, I will follow other elected officials and donate the money he contributed to me to charity.”
New York Sen. Hillary Rodham Clinton has said she plans to give to charity the $23,000 in donations she received from Hsu for her presidential and senatorial campaigns and to her political action committee, HillPac.

ヒラリー候補への献金は慈善事業へ
「ノーマンは私の友人で、今でもそう思っているが、最初の横領事件に対して彼が表明した立場に(疑惑・誤解に過ぎないという)新たな見解の余地を与えることに失敗したようだ。したがって結果的に、私も他の選ばれた政治家と同様の行動を取らざるをえない。よって彼から寄せられた献金は、他の慈善事業へ寄付することにした」ペンシルバニア州知事レンデル氏は、6日木曜まだシューの逮捕が明らかになる前に、以上のような声明文を出した。
またニューヨーク選出民主党のヒラリー・ロッダム・クリントン上院議員も、シューから受けとった2万3千ドル(約265万円)の政治献金をチャリティーに寄付する予定であると公表した。シューの献金は、クリントン議員の大統領選と上院議員選のキャンペーン資金として、彼女の政治活動委員会であるHillPacへ寄せられたものである。
d0123476_2525095.jpg
シューが出資元隠蔽のため基金団体のトンネルとして使っていたLAの住所にある「ポー家の人々」の「豪邸」

5. Hsu’s contributions tainted Dems
The growing flap over Hsu’s contributions prompted Democratic presidential candidate Chris Dodd to release a statement Thursday vowing “to refuse to accept or possess campaign contributions raised, solicited, or delivered by fugitives from justice.” Hsu has said he believed he had resolved his legal issues, but that he would halt his work raising political money.
民主党に広がるシューの献金汚染
次期大統領選の民主党候補のひとり、クリス・ドッド上院議員に対するシューの献金をめぐって、騒ぎが大きくなっているが、それはドッド氏が木曜に発表した声明が撒き起こしたものだ。ドッド氏はその中でこう言っている。「正義の鉄槌から逃げるような犯罪者によってむりやりかき集められ、持ち込まれた選挙運動資金など、受けとることも所有することも一切拒絶することを誓う」
かつてシューは「過去の違法問題は解決したものだとばかり思っていた」と公言したものだった。しかし逮捕されてしまった今となっては、政治献金のために資金集めをするというビジネスを、何がどうあれストップせざるを得ないだろう。 [了]
d0123476_2532324.jpg
シューのダーティーマネーを受けとっていた民主党の著名上院議員:左上からイリノイ州バラク・オバマ/カリフォルニア州ダイアン・ファインスタイン/マサチューセッツ州エドワード(テッド)・ケネディ/アイオワ州トム・ハーキン/マサチューセッツ州ジョン・ケリー  【注*ysbee】私から見ると、全員きわめて良心的議員たちなのですが.... 額も数億ドルの企業献金と比べれば、唖然とするほど微々たるもの。安物買いの銭失いが、政治の世界にも通用するようです。チャイナマネーの汚染禍にやられたとしか思えません、残念。

『米流時評』特集 ドイツ同時多発テロ未遂事件

9/5号【前編】ドイツでアルカイダの空港・米軍基地爆破テロ未遂
アルカイダ支流のドイツ国内テロリスト細胞、同時多発テロ計画発覚で3人逮捕


9/5号【後編】アルカイダのドイツ同時多発テロ計画の顛末
爆破テロのターゲット:フランクフルト空港、ラムシュタイン米空軍ドイツ基地等米人対象

5/12号【予知編】ドイツの米軍基地テロ計画で独人とトルコ人を指名手配
5月5日襲撃計画がeメールから発覚 独在住米人に厳重警戒通告

【米国時間 2007年9月7日 訳『米流時評』ysbee】


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6101779
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6101779

__________________________________________________________________
残 暑 お 見 舞 申 し 上 げ ま すd0123476_15185391.jpg

ご愛読たいへんありがとうございます。まだまだ残暑が続きますが、
皆さまも暑さに負けずブログを更新されていることと存じます。
米国では9月第1週の Labor Day Weekend の連休が明けて、
学校も一般の会社も、そろって新しい年度を迎えました。

▶風光明媚なアドリア海に面したクロアチアの初秋のはしけ



f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門でただいま2位です。感謝!
f0127501_1040831.gif社会・経済ニュースに移りました。11〜15位あたりです。上位入賞めざして、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifみなさんのクリックのおかげで3位まで上がりました。もう一歩!
d0123476_10141436.gifおかげさまで、ニュース部門で1位をキープできてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です


[PR]
by ysbee-2 | 2007-09-07 02:45 | 2008年米国大統領選

中国人民軍がペンタゴンをハッキング!【ダイハード中国3】

f0127501_128435.gif
  ||| 中国がペンタゴンのメールをハッキング |||
d0123476_1157327.jpg
中国人民軍がペンタゴンのネットワークに侵入、ゲイツ長官のメールをハッキング
ファイナンシャルタイムズ紙が報道、中国側全面否定・ペンタゴンはノーコメント


d0123476_18552829.gif先週来予告していたロッド・ノードランドのトラボラ再訪記「地の果てへの旅」を掲載する予定でしたが、かなり気になるニュースが入っておりますので、先にそちらからお知らせします。例によってお騒がせな「ダイハード中国」ではあります。
まず第一に、よりによって米国国防総省ペンタゴンのネットワークに、中国人民軍のハッカーが侵入しデータを盗んでいたという事実。このニュースがロイター通信のワシントン支局と北京支局の双方から、米国東部時間でお昼近くほぼ同時に入ってきました。

もう一件。これは、お馴染みの中国汚染製品の災禍にとどめをさす、大規模製品回収騒ぎ。今回もまたもやマーテル社のおもちゃですが、「同社本命のブランド、バービー人形の塗料から鉛が検出され、全製品900万個以上をリコール」というニュースです。もはや中国製品イコール汚染商品という図式が確定してしまった感がなきにしもあらず。しかし、鉛が体内に吸収されると、子供の場合は脳障害を起こし、身体不随になったりすると言うのですから、事態は深刻です。

また中国関係のニュースでは、現地からヨーロッパの情報を伝えてくれる寛斗さんのブログ『欧州より』でドイツのシュピーゲル誌が「中国製の武器タリバンへ」とすっぱぬいたスクープを翻訳して紹介してらしたので、ぜひご一読を。五輪開催にますます疑問符がつくようなニュースです。

【米国時間 2007年9月4日 『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
SEPTEMBER 4, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

 R E U T E R S | M S N B C . c o m

中国がペンタゴンのPCネットワークをハッキング!
米国時間 2007年9月4日 | By デーヴィッド・モーガン/ロイター通信 | 訳『米流時評』ysbee


Pentagon E-mail System Breached
d0123476_11581096.jpgE-mail system was located in office of secretary of defense
SEPTEMBER 4, 2007|By David Morgan / REUTERS
WASHINGTON — The Pentagon on Tuesday said computer hackers gained access to an unclassified e-mail system in the office of Defense Secretary Robert Gates, but declined comment on a report that the Chinese army was responsible.


ワシントン発 |米国時間で4日火曜、ペンタゴンは、国防総省のコンピュータシステムへのハッカーが、ロバート・ゲイツ国防長官の執務室のメールシステムへアクセスしていたと発表したが、「中国の人民解放軍が犯人である」という他所(ロイター通信北京支局)からの報道に関してはコメントを差し控えた。

1. Breach e-mail system of Secretary of States
The security breach occurred late last spring when Defense Department monitors detected the penetration of “elements of an unclassified e-mail system” that was immediately taken off line, Pentagon spokesman Bryan Whitman told reporters. The e-mail system, located in the office of the secretary of defense, did not return to full operation for up to three weeks.
ゲイツ国防長官のメールシステムに侵入
ペンタゴンのコンピュータセキュリティの漏洩に関しては、今年の6月に国防総省のセキュリティモニターが「eメールシステムの極秘事項ではない箇所」にハッカーの侵入があったことを察知した際に気づき、ただちにこの部分にアクセスしている関連のコンピュータネットワークをシャットダウンしたと、ペンタゴンのブライアン・ホィットマン報道官から、今朝記者団に発表があった。氏の説明によると、このメールシステムはロバート・ゲイツ国防長官の執務室のコンピュータ内に存在した物で、修復チェックしてシステムを全面再開するまでには3週間を要したという。
d0123476_1159036.jpg
2. 'No threats to the classified systems'
“There was never any threat to the classified systems,” Whitman said. “There was no disruption to (defense) operations or adverse impact to ongoing operations that the department was conducting ... all precautionary measures were taken and the system was restored to service,” he said. Whitman spoke after the Financial Times newspaper quoted current and former U.S. officials as saying that Chinese People’s Liberation Army hackers broke into a Defense Department network in June and removed data.
ペンタゴン「極秘情報には影響なし」
「ただし極秘情報のシステムは無事で、なんの支障もなかった。したがって国防総省の指揮系列下の防衛体勢や現在進行中の作戦を乱すような影響は一切なかった。事前に考えうるあらゆる事態を想定して、システムが回復して使えるように対処してある」ホィットマン報道官はこう説明した。この記者会見は、今朝ファイナンシャルタイムズ紙で報道された記事に対処したものである。その報道は「今年6月、中国人民軍のハッカーが、国防総省のコンピュータネットワークに侵入し、そのデータを盗んだ」と現役及び退役の複数の米国政府高官が談話したという内容であった。
d0123476_11594836.jpg
3. FT cited a source familiar with the incident
China rejected the report’s claims. “The Chinese government has consistently opposed and vigorously attacked according to the law all Internet-wrecking crimes, including hacking,” Foreign Ministry spokeswoman Jiang Yu said in Beijing. “Some people are making wild accusations against China ... They are totally groundless and also reflect a Cold War mentality,” she said. The Financial Times cited one source familiar with the Pentagon incident as saying there was a “very high level of confidence ... trending towards total certainty” that the Chinese army was behind it.
ファイナンシャルタイムズ:内部消息筋からの確信情報
一方中国側では、この報道内容を次のように否定している。「中国政府は取締法に準じて、すべてのインターネット妨害の犯罪に対して、随時反対し強硬に摘発してきた。一部の人々は中国に対してとんでもない非難を浴びせようとしている。..... そうした糾弾はまったく根拠がなく、いまだに冷戦時代の感覚で対処している表れにほかならない。」と中国政府外務省のジャン・ユー報道官は反駁した。ファイナンシャルタイムズの記事によると、消息筋のひとりはペンタゴンのハッキング事件に精通しており「中国人民軍がその陰にいたという事実に対しては、全面的にうなずけるほどきわめて高い確信が持てる」と語っている。
d0123476_120238.jpg
4. 'Difficult to pinpoint the true origin'
Beijing has devoted a large part of its rising defense budget to developing more advanced technology, including computer capabilities. But Whitman declined to comment on the hackers’ suspected origins and other details of the incident. “It is often very difficult to pinpoint the true origin of a particular intrusion,” Whitman said. “Even if you have some degree of confidence in origin, attaching origin to — for example — a nation state or an authorized activity of a government, that’s a wholly different kind of thing,” he said.
「ハッカーの出自を確定するのは困難」
北京政府は、近年急激に増大している防衛予算のかなりの部分を、より最新のテクノロジー開発にかけており、コンピュータ技術開発もその一端にある。しかしペンタゴンのホィットマン報道官はハッカーの身元を詮索することや、この事件のその他の詳細に関してコメントすることを避けた。
「こういった特殊な侵入に関して、その真犯人を特定する事はきわめてむずかしいものです。その出自に関してある程度の確信を持っていても、例えばその国家か政府が許可した権限による行為であるかどうかなどの、ハッキングに付随する決定事項までを断定できるということとは、完全に異なる種類の判断になりますから」ホィットマン報道官はこう説明した。

5. Following the German claimsd0123476_1212825.jpg
Hackers attempt to probe the Pentagon’s Global Information Grid hundreds of times a day, he said, adding that major incidents are turned over to U.S. law enforcement and counterintelligence for investigation.
The Financial Times report came a week after German Chancellor Angela Merkel raised similar claims that Chinese hackers had infected German government ministries with spying programs. Germany’s Der Spiegel magazine reported last month that hackers believed to be linked to the Chinese army had gained access to Merkel’s office and the German Foreign Ministry. China’s Foreign Ministry denied that report as well.

ドイツ・メルケル首相に続く中国告発
報道官はさらに「この事件の複数のハッカーは、ペンタゴンのグローバル・インフォメーション・グリッド(国際情報網)を徘徊しようと、1日に何度も国防総省のネットワークに攻撃をかけている」と実状を語り、主立ったハッキングのケースは、米国の検察局と諜報機関 (CIA) の手に捜査を委ねてあると付け加えた。
ファイナンシャルタイムズの報道は、ドイツのアンジェラ・メルケル首相が「中国のハッカーが、ドイツ政府閣僚のコンピュータシステムにスパイソフトウェアをインストールして撹乱した」という同様の抗議を中国政府に対して申し渡してから、わずか1週間後の記事である。ドイツの時事週刊誌『デル・シュピーゲル』は、このドイツ閣僚PCハッキング事件に関して、「中国人民軍と関連があるとおぼしき複数のハッカーが、メルケル首相と外相の執務室のコンピュータネットワークに侵入するアクセス権をハックした」という記事を先月末に掲載したばかりである。しかし中国の外相は、現時点ではこの報道に関しても、ペンタゴン・ハッキング事件と同様に否定している。


【米国時間 2007年9月4日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6086786
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6086786

__________________________________________________________________
残 暑 お 見 舞 申 し 上 げ ま すd0123476_15185391.jpg

ご愛読たいへんありがとうございます。まだまだ残暑が続きますが
皆さまも暑さに負けずブログを更新しておられることと存じます。
米国では9月第1週の Labor Day Weekend の連休が明けて、
学校も一般の会社でも、いっせいに新しい年度を迎えました。

▶風光明媚なアドリア海に面したクロアチアの初秋



f0127501_12134737.gifブログ村では国際時事部門でただいま2位です。感謝!
f0127501_1040831.gif社会・経済ニュースに移りました。11〜15位あたりです。上位入賞めざして、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらはみなさんのクリックで、おかげさまで3位まで上がりました。もう一歩!
d0123476_10141436.gifおかげさまで、ニュース部門で1位をキープできてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です


[PR]
by ysbee-2 | 2007-09-04 11:54 | ダイハード中国

ロシアと中国が合同軍事演習!プーチンの次世代冷戦ゲーム

f0127501_128435.gif
    ||| プーチンの次世代冷戦ゲーム開幕 |||
d0123476_1465535.jpg
ロシア、ウラル山地で 史上初めて中国と実戦用合同軍事演習実施
プーチン、ソ連体制崩壊以来停止していた爆撃機による遠隔地偵察飛行を復活


d0123476_3532373.jpg今朝早く、むしろ夜中と言っていい時間に目が覚めた。午前3時半。こんなことは滅多にない。9/11以来の胸騒ぎである。いやな予感がしてネットのニュースを開ける・・・やっぱり。不吉な予感が的中してしまった。プーチンが戦略用爆撃機での偵察飛行再開、と出ている。掲出時間は、とみるとわずか6分前。

記事を読み進むうちに「いやな予感」から確実な「戦争への不安」へと変わっていくのが自分でもわかる。さらに、関連の写真をチェックしているうちに、一度に目が覚めた。
何なんだ、これは? ロシアと中国の合同軍事演習? 実戦用? いつからこんなことに!
こんなに不気味な写真も珍しい。とにかく記事紹介を急ぎます。

▲写真上:Joint Military Exercise/ロシア領土内では史上初の中国との合同軍事演習
8月13日月曜、ロシア領土内ウラル山地のチェリヤビンスクで実施された、中国政府軍との大規模な実戦用合同軍事演習では、200名以上の空挺部隊がパラシュート降下するなど、総勢6千名が実戦さながらの演習を展開。新冷戦時代開幕の噂を現実の映像で展開した。実戦フィールドで戦車の上を飛んでいるのは、ロシア製攻撃用軍事ヘリMi-8。

__________________________________________________________________
AUGUST 17, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

 Associated Press / MSNBC.com

プーチンの次世代冷戦ゲーム・中国と組んだロシア
米国時間 2007年8月17日午前5時 | AP通信/MSNBC.com | 訳:『米流時評』ysbee


d0123476_1491458.jpgRussia to Revive Long-Range Bomber Patrols
Putin says Moscow to resume practice ended with Soviet Union's collapse
By Associated Press | Translation by ysbee

AUGUST 17, 2007 EST | Associated Press | Translation by ysbee
MOSCOW — President Vladimir Putin said Friday that he had ordered the military to resume regular long-range flights of strategic bombers, a show of Russia’s resurgent military power which comes amid a chill in relations with the United States.

ロシア領土内で中国と初の合同軍事演習/長距離弾道弾防衛パトロールを復活
モスクワ発 |17日金曜、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、92年以来停止していた定期的な戦略用爆撃機の長距離偵察飛行を再開するよう、ロシア空軍に命令を下したと、ロシア政府の報道機関は発表した。この偵察飛行再開は(ソビエト連邦の崩壊により停止していた戦略的軍事訓練の復活と発表されたがが)、実質的には米国との関係が冷却している最中にあって、ロシア軍事力の復活を誇示するものと受け止められている。

d0123476_726195.jpg1. Russian and Chinese forces held major war games exercises
Speaking after Russian and Chinese forces completed major war games exercises for the first time on Russian turf, Putin said a halt in long-range bombers’ flights after the Soviet collapse had affected Russia’s security as other nations had continued such missions — an oblique reference to the United States.
“I have made a decision to resume regular flights of Russian strategic aviation,” Putin said in televised remarks. “We proceed from the assumption that our partners will view the resumption of flights of Russia’s strategic aviation with understanding.”
右の写真:ロシアの可変速戦略爆撃機TU-160

ロシアと中国が初の合同軍事演習
プーチン大統領は「ロシア領土内では史上初めての、大規模な実戦想定を想定したロシアと中国の軍事演習」について公表する際に、長距離飛行可能な遠隔地用戦闘爆撃機について次のように説明した。
「ソビエト連邦が崩壊して以来、戦略用戦闘爆撃機の飛行を停止していたことによって、ロシアの保安は著しく後退せざるをえなかった。それというのも、同じ時期に他の国々は、同様の戦闘爆撃機による偵察飛行を継続していたために、相対的に不利になった。(米国に対する斜に構えた指摘)ロシアも戦略的航空機 (strategic aviation) を定期的に飛ばす保安体制を再開する (resume regular flights) ことを決定した。」プーチンは戦闘爆撃機での巡回偵察飛行再開を以上のように宣言したと、ロシア政府広報局によって報道された。
d0123476_1495667.jpg
ロシアのウラル山地で実施された6千名の実戦用軍事合同演習でウォーキートーキーを使う中国人民軍の地上部隊

2. Macormick 'It’s a different era'
In Washington, a State Department spokesman said the U.S. was not troubled by the Russian decision. “We certainly are not in the kind of posture we were with what used to be the Soviet Union,” said the spokesman, Sean McCormack. “It’s a different era. If Russia feels as though they want to take some of these old aircraft out of mothballs and get them flying again, that’s their decision.”

国務省「冷戦時代とは違う」
一方ワシントンでは、国務省のショーン・マコーミック公報官が次のように対応した。「米国は、今回のロシアの決定によって、なんらわずらわされるものではない。現在の我が国は、ソ連時代 (=冷戦時代) にそうであったようなたぐいの体制では、もちろんありません。当時とは時代が違いますよ。万一ロシアが、ああいった古い冷戦体制の飛行機を地球の上に飛ばしたいというのなら、また飛ばせばいいじゃないですか。それは彼らが決めることです。」
d0123476_6323975.jpg
6月にドイツ・バルト海で開催された欧州G8サミットで「撮影用/photo-option」に仲のいいところを見せる両雄

3. Strategic flights to remote areas
The Russian-Chinese war games, which took place near the Ural Mountain city of Chelyabinsk, coincided with Russian air force maneuvers involving strategic bombers which ranged far over the Atlantic, Pacific and Arctic oceans. Putin said that 20 Russian bombers were involved in the exercise.
“Starting today, such tours of duty would be conducted regularly and on the strategic scale,” Putin said. “Our pilots have been grounded for too long, they are happy to start a new life.”


大西洋、太平洋、北極海上空をパトロール
ロシア中国合同の実戦用軍事演習は、ウラル山地の山間の都市チェリヤビンスクに近いフィールドで実施されたが、ロシア空軍の戦略爆撃機の飛行演習も同時に行われた。この戦闘機の飛行範囲は、大西洋、太平洋、北極海の上空と想定されている。プーチンの発表によると、この演習には20機が参加した模様である。
「このような特別任務を帯びた飛行は、定期的に戦略的想定範囲で執り行われるものである。我が軍のパイロットは、(巡回偵察飛行が停止になり) 地上に降り立ってから随分長い期間経っている。彼らは新しい任務がスタートするので喜んでいる。」
d0123476_6352156.jpg
左:プーチンにはサンクトペテルスブルク市長の側近だった時期がある 彼地でピヨトール大帝が過ごした夏の離宮
右:プーチンとプライベートジェットに同乗している右の人物は 誰あろうモナコ王室のアルバート王子 WHY?
誰もが何でと疑問を持つ謎の関係ですが、多分モナコの銀行に隠し資産を持ってるのでは?というのが私の読みです


4. 'Regrettably, other nations haven’t followed'
Soviet bombers routinely flew such missions to areas from which nuclear-tipped cruise missiles could be launched at the United States, but stopped in the post-Soviet economic meltdown. “Starting in 1992, the Russian Federation unilaterally suspended strategic aviation flights to remote areas,” Putin said. “Regrettably, other nations haven’t followed our example. That has created certain problems for Russia’s security.”
プーチン、軍縮を守らぬ米国を間接的に非難
ソ連時代には、こうした戦闘用爆撃機が、(専守防衛のための) 偵察という使命の元に、米国内にある核弾頭搭載のミサイル基地上空まで、定期的に飛来したものだった。しかしその任務も、ソ連解体後の経済崩壊とともに、(予算不足で) とりやめになっていた。
「1992年以来ロシアの連邦国家では、遠隔地に向けてのこうした戦略用爆撃機の飛行を、一丸となって停止した。しかるに、誠に残念ながら、(米国以下) 他の国々では、われわれの示した先例を見習おうとはしなかった。こういう片手落ちの実態が、まぎれもなくロシアの国家保安体制にとって脅威となる問題を築いたのは確かである」(とプーチンは暗に米国を非難した)
d0123476_6342149.jpg
先週モスクワとサンクトペテルスブルクを結ぶ特急の路線で起きた爆破脱線事故 プーチンは反対派のテロ行為と断定

5. Supported by Russia's booming economy
Booming oil prices have allowed Russia to sharply increase its military spending. In recent years, Russia’s bombers have resumed flights to areas off Norway and Iceland, as well as Russia’s northeast corner, across the Bering Strait from Alaska several years ago. However, such missions have been rare, and Putin’s statement signals that they would become more frequent.

空前の石油景気で軍事予算も潤沢
石油価格の高騰で空前の経済ブームにわくロシアでは、国庫の財源が豊かになったおかげで、軍事予算も飛躍的に増大することができた。近年では、ロシアの爆撃機は、ノルウェーやアイスランドの北極圏上空に飛来するようになり、同時にロシア領土の北東地域にあたる北方アジア地域においても、数年前にはアラスカを望むベーリング海峡の上空に姿を現している。しかしながら、過去にはそのような偵察飛行の例はまれであったとはいうものの、今回のプーチンの表明した内容では、今後はもっと頻繁に継起するだろうことを示唆している。
d0123476_1504959.jpg
イワン雷帝ならぬツァー・ウラジミールの威圧的なショット三態 最近国旗にも頻用される双頭の鷲の赤い盾が不気味

6. Presence of 'New Cold-War Era'
The announcement comes amid a growing chill in the U.S.-Russian relations, strained over Washington’s criticism of Russia’s democracy record, Moscow’s strong criticism of U.S. missile defense plans and differences over global crises. “This is a significant change of posture of Russian strategic forces,” Alexander Pikayev, a senior military analyst with the Moscow-based Institute for World Economy and International Relations, told The Associated Press. “It’s a response to the relocation of NATO forces closer to Russia’s western border.”
「次世代冷戦時代」の到来
今回のプーチンの爆撃機による偵察飛行再開宣言は、米国とロシア間の外交関係が一挙に冷却している最中に出された新しい方針である。ロシアの民主主義は名目だけで実態はひどいと酷評する米国政府と、米国のミサイル防衛計画を排斥するロシア、おまけにグローバルな危機に対する両国の相違点が原因である。(こうしたことが原因で、両国間に「新冷戦時代の到来」と呼ばれる険悪な状況を呈している)「今回の宣言は、ロシアの戦略的軍事力の体勢を根本から変えるものである。これは、NATO勢力がロシアの西側国境へとシフトしてきた変化に対応するものである。」モスクワを本拠地とする世界経済国際外交研究所(Institute for World Economy and International Relations)の軍事評論家チーフであるアレクサンドル・ピカイェフ氏は、ロシアの軍事体勢のシフトを以上のように分析した。
d0123476_636933.jpg
映画のシーンではなく現実 ロシアと反目するウクライナの士官学校でガスマスクを着用し授業を受ける士官候補生

7. Testing boundaries to Guam, U.K.
Earlier this month, a pair of Russian Tu-95 strategic bombers approached the Pacific Island of Guam — home to a major U.S. military base — for the first time since the Cold War. Last month, two similar bombers briefly entered British air space but turned back after British fighter jets intercepted them. Norwegian F-16s were also scrambled when the Tu-95s headed south along the Norwegian coast in international air space.

TU-95がグァム、英国上空を侵犯
今月早々には、太平洋における要衝で米軍の主要基地のあるグァム島近辺まで、ロシア製戦略爆撃機TU-95が2機飛来している。これは、冷戦時代以来初めてのことである。また先月は、ほとんど同機種の2機の爆撃機が、ほんのわずかの間ではあったが、英国の空軍基地上空を侵犯。しかし、英国空軍の戦闘ジェット機がこの2機を追撃したところ、Uターンして飛び去ったという。さらに、ノルウェー空軍のF-16戦闘ジェット機は、国際空域のオープン領域ではあったが、ロシアのTU-95戦略用爆撃機がノルウェーの北海沿岸に沿って飛行しているのを発見し、スクランブル発進した経過がある。
d0123476_7271046.jpg
ロシアの戦略用爆撃機の演習シーン/米海軍の攻撃用ミサイル発射の瞬間/ロシアの最新型可変速戦略爆撃機 TU-160

8. Simulation War Game
Russian Air Force spokesman Col. Alexander Drobyshevsky said that Friday’s exercise involved Tu-160, Tu-95 and Tu-22M bombers, tanker aircraft and air radars. NATO jets were scrambled to escort the Russian aircraft over the oceans, he said, according to the ITAR-Tass news agency.
As of the beginning of this year, Russia had 79 strategic bombers, according to data exchanged with the United States under the START I arms control treaty. At the peak of the Cold War, the Soviet long-range bomber fleet numbered several hundred.


実戦想定のウォーゲーム
ロシアのイタル・タス通信の報道によると、ロシア空軍の広報官アレクサンドル・ドロビシェフスキー大佐が報道陣に公表した内容では「金曜の演習にはロシア空軍戦闘爆撃機のTU-160、TU-95、TU-22M、給油用ジェット機、レーダー搭載航空機などが参加した。その際に、公海上ではNATOのジェット機が緊急発進して、ロシアの各ジェット機をエスコートした」と大佐から説明があったと伝えている。
TRAT-1軍縮協定の元にロシアが米国と取り交わした軍備情報データによると、今年の冒頭までの時点では、ロシアは79の戦略用爆撃機を保有している模様である。ちなみに60年代の冷戦時代のピークには、ソ連は遠隔地敵国想定の長距離飛行用爆撃編隊には、数百機が登録されていた。
d0123476_6383668.jpg
「帝政ロシアの首飾り」と呼ばれた旧ソ連領周辺国家はオセロゲームのように親米政権に転向し米国MDの拠点となる

【翻訳後記】 当初4段落しかなかったので、翻訳をすすめ写真を探して入れたりして、とりあえずこちらの時間で朝の7時頃アップしました。そこから元記事のリンクを確かめ再度開けたら、なんと記事のボリュームが3倍ほどになって、記述も全く違っている! APの記事ではよくある「全面改稿」というやつで、多分急ぎで雑に書いた記者の原稿から緻密に書き込んだ他の記者の記事に差し替えたのでしょう。やれやれと気を取り直して、こちらも全面改訂です。
『米流時評』では「プーチンとブッシュの新冷戦」関係の時事評論については、以前から何度も記事にしております。
下の記事リンクか、サイドバー上部のカテゴリ「次世代冷戦」「プーチンのロシア」から一連の記事へリンクします。
【米国時間 2007年8月17日 『米流時評』 文責 ysbee】


   ||| 米流時評・新冷戦特集「多極化する世界構造」記事リスト |||
d0123476_6391347.jpg
軍事的にも経済的にも、今後の世界のパワーコントロールの鍵を握るロシアのプーチン 世界平和は胸中にあるのか?

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/5988860
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/5988860

__________________________________________________________________
暑 中 お 見 舞 申 し 上 げ ま す !d0123476_10395172.jpg

ご愛読たいへんありがとうございます。夏も真っ盛りですが、いかがお過ごしですか。みなさまも暑さに負けず、毎日ブログを更新してらっしゃることと存じます。私の方はおかげさまでランキングがやや回復しました。ご面倒をおかけしますが、クリックで応援をよろしくお願いいたします!
▶ ハワイでは政府の建物もパームツリーの木陰でトロピカルしてます でも暑い!



f0127501_12134737.gifトップの方が引っ越しなさったらしく、繰り上げで1位になりました。ラッキー!
f0127501_1040831.gif社会・経済ニュースに移りました。11〜15位あたりです。上位入賞めざして、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらはみなさんのクリックで、おかげさまで3位まで上がりました。もう一歩!
d0123476_10141436.gifおかげさまで、ニュース部門で1位をキープできてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です


[PR]
by ysbee-2 | 2007-08-18 02:17 | 次世代冷戦時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28