米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:大統領選 ( 34 ) タグの人気記事

中東の戦争と平和:レバノンとイランの民主化選挙

f0127501_128435.gif

  ||| 中東に押し寄せる民主化革命の波 |||

d0123476_2253693.jpg
  ベイルートからテヘランへ押し寄せる、中東を洗う第二の民主化革命の波
  レバノン総選挙・イラン大統領選の勝敗で、中東を変えるオバマ演説効果


d0123476_3532373.jpg10日間のご無沙汰です。(2週間近い!)ことの理由は、話せば長〜くなりますので、一段落した折に順繰りにカレンダーをめくって追い上げますが、重大ニュースの雪崩のようなスケジュールに、夏休みがいきなり飛び込んで来た結果、と言っておきましょう。
d0123476_2261673.jpg
写真中央:現役アフマディネジャドに迫る穏健派のホセイン・ムサビ候補 /左:ムサビ候補の妻で大学学長 女性の人権擁護に熱心なザーナ・ラーナヴァード /右:「グリーン革命」を標榜するムサビ候補の民主化キャンペーン

とにもかくにも、中東がめまぐるしい動きを見せておりますので、まずは世界の目が一挙に集中しているテヘランから、アラブ対イスラエルの天下分け目の関ヶ原となっている、イランの大統領選の経緯からお伝えしましょう。

【米国時間2009年6月10日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
   JUNE 10, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年6月10日号
  f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | E X C L U S I V E
  ベイルートからテヘランへ押し寄せる、中東を洗う第二の民主化革命の波
  米国時間2009年6月9日 | クリストファー・ディッキー/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_227950.jpg
アフマディネジャドが激昂マッチョ政策のブッシュタイプなら、ムサビ候補はオープンで知的な説得力のオバマタイプ


War, Peace and A Political Touch
Elections in Lebanon present U.S. and allies with a real opportunity
JUNE 9, 2009 | By Christopher Dickey — Newsweek | Translation by ysbee

1. Violent Mideast in 2005
WEB EXCLUSIVE — Let's not get too enthusiastic about democracy in the Middle East. The elections in Lebanon are a welcome development, with the coalition led by Hizbullah and tied to Iran being defeated by a more liberal, Western-leaning slate. But we've seen this before.
05年は中東災厄の年
翻訳中
d0123476_2284123.jpg
80年代のイスラム革命以来、イランの政界を底上げしてきたイラン革命軍 軍の幹部は閣僚の中でも発言力がある

2. Something is changing for the better

In 2005, a lot of us were carried away by the prospect of brave voters flooding to the polls in Iraq and Lebanon, Palestine and Egypt. A year later Iraq was bloodier than ever, Lebanon was at war with Israel, Hamas had taken over the Palestinian parliament and the only Egyptian politician brave enough to challenge Hosni Mubarak for the presidency had been thrown in jail.
CHANGEを求める空気
翻訳中
d0123476_2211033.jpg
現地時間で12日金曜が投票日のイラン大統領選挙 締め切り間際の1週間で民主化運動のムサビ候補が俄然優勢に

3. Breaking down to ideological battles

That caution aside, it would be a mistake to miss the signs that something is changing for the better just now. For most of modern history, to turn the dictum of Carl von Clausewitz on its head, politics in the Middle East has been the continuation of war by other means. At the international, regional, national and even local level, everything seemed to break down to ideological battles.
あらゆる局面で直面する思想的対立
翻訳中
d0123476_22121496.jpg
左:地方農村・都市貧困層で根強い支持のイスラム強硬派アフマディネジャド現行大統領だが、強硬姿勢で国際社会で孤立化。核兵器開発に対する国連の経済制裁で25%という深刻なインフレを招いた責任が問われている。

4. Mideast politics: complex game of nuance

The Cold War gave way to the clash of civilizations: The world was divided into those who were with us, and those who were with the terrorists. What was missing, particularly in Washington, was an understanding that politics in the Middle East could be a game of nuance, where complex constituencies with complicated and often conflicting agendas have to be taken into account.
中東政治は錯綜する微妙なバランシングゲーム
翻訳中
d0123476_22141379.jpg
オバマの中東歴訪の山場「カイロ演説」は、イスラム教徒への深い理解と歩み寄りでアラブ世界の米国観を変えた

5. A new application for change in the region

And while that is most obvious during free election campaigns, it's true even in monarchies and under authoritarian regimes. What I think and hope we are seeing now is a much more subtle appreciation of the role that politics short of war — indeed, instead of war — can play in reshaping the region. President Barack Obama's speech in Cairo last week was an evocation of that fresh approach.
中東地域ぐるみ平和へ変革の可能性
翻訳中
d0123476_22144978.jpg
アフマディネジャドの経済政策の失敗を追求、過激で好戦的な政治体質を「中東のブッシュ」と批判するムサビ候補

6. A new role in Mideast for old Saudi

Lebanon's elections over the weekend were a window into it. And what may be most surprising is the role that Saudi Arabia, utterly undemocratic but highly political, is playing at many different levels. Its long-term goal is to preserve its regime by stabilizing the region through any political and diplomatic means available.
新しい中東へ脱皮するサウジの役割
翻訳中
d0123476_22153657.jpg
イラン総人口の3分の2を占める65%が30才以下の若年層という、イライラ戦後のベビーブーム世代が大勢を占める

7. Massive financial support for democratic coalition

And its current challenge—much like that of the United States—is to stop the Iranian political momentum that has been building for the last several years. In Lebanon, the Saudis gave massive financial support to the victorious coalition of Saad Hariri.
中東全域の民主連合を支援するパワー
翻訳中
d0123476_22161823.jpg
80年代のイラン・イラク戦争時代に、苦しいイランの国政をあずかった経験を持つ、穏健派のホセイン・ムサビ候補

8. Budgeted more than Obama campaign

As long ago as March, one well-connected operative from Riyadh was telling me privately but with evident pride that his country had spent more in Lebanon, a nation of 4 million, than the record-breaking $715 million Barack Obama's campaign spent in the United States.
オバマの選挙運動を上回る予算付け
翻訳中
d0123476_2216562.jpg
ムサビ候補キャンペーンの強力な原動力として「イランのミシェル・オバマ」と評されるザーナ・ラーナバード女史

9. Beirut became a political investors market

Even if my source was indulging in wild hyperbole, the extent to which Beirut had become a kind of electoral e-Bay for vote buyers from Riyadh and Tehran made international headlines. But the defeat that the Lebanese handed Hizbullah at the polls on Sunday will only be a minor political setback for the mullahs in Tehran.
選挙資金の投資場所と化したベイルート
翻訳中
d0123476_22173726.jpg
街中の至る建物の壁が候補者の看板掲示スペースと化したレバノンの首都ベイルート 総選挙の結果ヒズボラが大敗

10. U.S. just paved the new chart

Hizbollah's setback will not hurt them, if the United States and its key Arab allies—Egypt, Saudi Arabia and Jordan—do not develop a coherent political strategy throughout the region. And my sense from talking to leaders in all these countries is that they think we're not there yet, even if Obama is trying to move American policy in the right direction.
新しい中東外交の道を拓いたオバマ
翻訳中  >次号へ続く

【 米国時間 2009年6月10日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_22182823.jpg
カイロは中東アラブ世界の中心として数千年来イスラム教徒の文化と歴史のアイコン。カイロ大学を演説の場所に選んだオバマは、ブッシュ時代に築かれた米国とイスラム世界の壁を切り崩し、対話外交で和平へと変移する道を拓いた。

d0123476_17133139.jpg◀ 予告 6/10「テヘランの民主化革命なるか? イラン大統領選の行方」
▶ 前号 6/01「北の引き裂かれたカーテン 半島一触即発にF15待機」
d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9852523/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9852523

d0123476_1539544.jpg
   いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーになります!
 d0123476_12465883.gif


ブログランキング/政治経済ではランキングも夏休み状態。がんばりませう!
  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ村の国際政治部門へも 応援のクリックをよろしくお願いします!


*クリックして、最近の「米流時評」記事リンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2009-06-10 22:36 | イランのグリーン革命

全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」17選

f0127501_128435.gif

  ||| The Quotes of the Year 2008 |||

d0123476_855816.jpg
AP通信/ニューズウィーク恒例・全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」
大統領選に明けて暮れた今年のアメリカは、ポリティカル・ローラーコースター


d0123476_18552829.gifみなさま、日本とは1日遅れのハワイから、メリー・クリスマス!
今年も1年『米流時評』の拙訳と駄文におつきあい頂きまして、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。さて、先日も書きました風邪の余韻で、エントリーしたい記事が山のように積もっておりますが、焦らず騒がず、まずは今年の名言集を世界各国のサンタさんの写真といっしょにお届けします。

この「The Year in Quotes」は、毎年恒例でAP通信が全米のメディア編集長を対象にアンケートをとった結果の発表で、一般市民のセレクトよりも少し渋めというか、ポリティカルにディープな趣きの言葉が取り上げられることが多いです。特に今年は、オバマに明けオバマに暮れた感のある、量も質も「史上最大の大統領選」に終始したため、政治家の発言が大勢を占めてピックアップされました。
d0123476_8555152.jpg
『米流時評』でも取り上げることの多いAP通信。その理由は、この通信社がもっとも古い歴史ともっとも数多くの記者を抱えているから、ではありません。なぜなら、AP通信のニュースがいつも一番早く、左右どちらのアジェンダをも交えずに、単刀直入に事実を伝えてくれるからです。さらには、ニュースデリバリーネットワークでタイアップしている全米の地方紙へ各ニュースがダイレクトに流れるために、アメリカの一般市民がどういうニュースを受信しているか、という代表的な形態をそのまま共有できるから、という理由のためでもあります。

来年もまた「どこよりも早く・詳しく・わかりやすく」をモットーに、世界の情報をお伝えしていきたいと思いますので、引き続きご愛読くださいますよう、よろしくお願い申し上げます!
(・・・ってまだ、大晦日にはちと早いぜよ。)
【米国時間 2008年12月25日『米流時評』ysbee】

このページの写真のほとんどが今やグローバルイベントになった「クリスマス・サンタ・ラン」のスナップ/トップ:ローマのコロシアム/中:ロンドンの電話ボックス/下:東京よみうりランド

__________________________________________________________________
DECEMBER 25, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月25日号
f0127501_16135325.gif

 Associated Press | N E W S W E E K
AP通信恒例・全米メディアの編集長が選んだ 2008年「今年の名言集」
米国時間 2008年12月20日 | AP通信/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_8565580.jpg
Newsweek — The Quotes of the Year 2008
Bush, the election, the economy among the top of this year's quotes
1. Barack Obama — "Rolling Stone"
"I don't do cowering."
— President-elect Barack Obama, during a June interview with Rolling Stone after securing the Democratic nomination, on the tendency of past party nominees to put up meek defenses in the face of Republican attacks—an allusion to John Kerry's failure to discredit the Swift Boat Veterans for Truth and Michael Dukakis's tepid response to the Willie Horton ads, which painted him as weak on crime
バラク・オバマ/『ローリングストーン』誌インタビュー
翻訳中
d0123476_913146.jpg
オーストラリア・シドニーの海賊船、じゃなかったスピードボートのクレージーサンタ

2. Sarah Palin — GOP Convention

"I guess a small-town mayor is sort of like a community organizer, except that you have actual responsibilities."
— Alaska Gov. Sarah Palin, taking a jab at Barack Obama's résumé at the Republican National Convention.
サラ・ペイリン/共和党全米大会立候補演説
翻訳中
d0123476_932487.jpg
ガソリン節約のため自転車でお買物 パパサンタは年中忙しい

3. Hillary Clinton — Campaign TV-ad

"It's 3 a.m. and your children are asleep. Who do you want answering the phone?"
— A campaign ad for Sen. Hillary Clinton, unveiled in February, aiming to raise doubts about Barack Obama's experience
ヒラリー・クリントン/キャンペーンTVスポット
翻訳中
d0123476_954445.jpg
別にヒラリーが意地悪婆さんと言いたい訳ではありませんが、年を取ると一言居士になるのは洋の東西を問わず

4. George W. Bush — ABC interview

"I think I was unprepared for war."
— President George W. Bush, during a November exit interview with ABC's Charlie Gibson, adding that he "didn't campaign and say, 'Please vote for me. I'll be able to handle an attack.'"
ジョージ・W・ブッシュ/ABCテレビインタビュー
翻訳中
d0123476_972714.jpg
ホワイトハウスのクリスマスに招かれたGIの子 テロ戦争もすでに8年目を迎える

5. Casey Knowles — Video battle

"I approved this ad, not the other one."
— Casey Knowles, the young girl in the stock footage from Clinton's 3 a.m. ad, in a video response endorsing Barack Obama. Knowles, who turned 18 in time to vote in November, said she disliked the ad's "fearmongering."
ケイシー・ノウルズ/ビデオスポット戦争
翻訳中
d0123476_985939.jpg
ドイツのハンブルグでは、サンタ・ランならぬサンタ・ボールを開催 エンジェルチームがかわゆい

6. Barack Obama — 44th President-elect

"If there is anyone out there who still doubts that America is a place where all things are possible, who still wonders if the dream of our Founders is alive in our time ... tonight is your answer."
—President-elect Barack Obama, on the night voters chose him to be the country's 44th—and first African-American—chief executive, before a crowd of more than 200,000 in Chicago's Grant Park.
バラク・オバマ/第44代米国大統領選出
翻訳中
d0123476_9105845.jpg
こちらもハンブルグのサンタ・ランで、紅一点ならぬ緑一点 当然目立ちたがりアイリッシュでしょう

7. Hillary Clinton — Concession speech

"Although we weren't able to shatter that highest, hardest glass ceiling this time, thanks to you it's got about 18 million cracks in it."
— Sen. Hillary Clinton, conceding defeat on June 7 in the race to become the Democratic nominee for president, emphasizing the total number of votes she had received along the way.
ヒラリー・クリントン/敗北声明
翻訳中
d0123476_9124749.jpg
韓国の「エヴァーランド」とかいう遊園地のギャルサンタ集団 商魂のたくましさにかけてはユダヤ人といい勝負

8. John McCain — Last debate

"Senator Obama, I am not President Bush. If you wanted to run against President Bush, you should have run four years ago."
— Sen. John McCain, striving to distance himself during the last debate from the current president and fellow Republican.
ジョン・マケイン/最後のテレビ討論会
翻訳中
d0123476_915810.jpg
こちらも韓国の動物園のペンギン クリスマスぐらい休ませてあげたらいいものを・・・Show must go on.

9. Michelle Obama — Media interview

"I mean, 'whitey'? That's something that George Jefferson would say."
— Michelle Obama, invoking the 1970s sitcom character to refute unsubstantiated Internet rumors that she had given a speech at her church on the "sins of whitey"
ミシェル・オバマ/取材インタビュー
翻訳中
d0123476_9165858.jpg
こちらは日本の八景島水族館 文字通り「白鯨」ですね・・・イルカですが

10. Henry Paulson — Economic forecast

"We are closer to the end of this problem than the beginning."
— Treasury Secretary Henry Paulson, delivering an optimistic economic forecast in late April, when he predicted that the credit crisis—then in its ninth month—was more than half over.
ヘンリー・ポールソン/経済予測
翻訳中
d0123476_9191364.jpg
クローニングならチャイナにおまかせ! 武漢のニセサンタ整列

11. Alan Greenspan — House Committee

"We are in the midst of an economic tsunami."
— Former Federal Reserve chairman Alan Greenspan, telling the House Oversight and Government Reform Committee in October that he was "shocked" by the depth of the financial crisis.
アラン・グリーンスパン/下院予算修正委員会
翻訳中
d0123476_921304.jpg
マニラのお巡りさんも全員サンタ化 これなら犯人もすりよってきそう

12. Tracy Morgan — Saturday Night Live

"Bitch may be the new black, but black is the new president, bitch."
— "Saturday Night Live" comedian Tracy Morgan, playing off an earlier line from his costar Tina Fey, who embraced the insult often thrown at Hillary Clinton by declaring that "bitch is the new black."
トレーシー・モーガン/サタデー・ナイト・ライブ
翻訳中
d0123476_9231415.jpg
ニューヨーク・5thアベニューの交差点をわたるブラック・サンタの一群

13. Ehud Olmert — Resignation announcement

"I am proud to be the prime minister of a country that investigates its prime ministers."
—Israel's Prime Minister Ehud Olmert, announcing his plan to resign due to an ongoing corruption investigation against him.
エフド・オルメルト/引退宣言
翻訳中
d0123476_9252220.jpg
スイス・チューリッヒのサンタはハーレー・ダヴィッドソンに乗って

14. George W. Bush — Baghdad Press

"All I can report is it was a size 10."
—President George W. Bush, lightheartedly referring to the shoe that was thrown at him by an Iraqi journalist at a joint press conference in Baghdad with the country's prime minister, Nuri al-Maliki. In the Arab world, shoe throwing is a vicious form of insult.
ジョージ・W・ブッシュ/バグダッド記者会見
翻訳中
d0123476_9385828.jpg
バグダッドのサンタ イスラムから見ると、サンタもただの不気味な白い怪人でしかないのか?

15. Barney Frank — on McCain's stunt

"It's the longest Hail Mary pass in the history of either football or Marys."
— Massachusetts Rep. Barney Frank, on Sen. John McCain's decision to suspend his campaign and return to Washington in September to help Congress approve the $700 billion bailout plan, which Frank dismissed as a political stunt.
バーニー・フランク/マケインの芝居
翻訳中
d0123476_9285396.jpg
西欧の伝統ある「ナイティヴィティ=キリスト生誕劇」にサンタが登場という、歴史の時系列を無視した構成

16. Gavin Newsom — on Gay marriage

"As California goes, so goes the nation..... whether you like it or not."
— San Francisco Mayor Gavin Newsom, celebrating the California Supreme Court's decision in May to overturn the state's ban on gay marriage—six months before voters approved a ballot initiative to amend the state's constitution and define marriage as a union between a man and a woman
ゲイヴィン・ニューソム/同性結婚について
翻訳中
d0123476_9312068.jpg
よみうりランドのサンタさんもお茶で一服 ちなみにお弁当は英語でも「BENTO lunch」

17. Mark Malloch Brown — U.N. to Zimbabwe

"This is like inviting Pol Pot to a human-rights conference."
— Former U.N. deputy secretary-general Mark Malloch Brown, on the appearance of Zimbabwean tyrant Robert Mugabe at the U.N. World Food Summit. Mugabe has been blamed for throwing his country—once the breadbasket of Africa—into a deep food crisis.
マーク・ブラウン/ジンバブエ人権問題
翻訳中 <了>
d0123476_9333848.jpg
クリスマスツリーのセールが終り、トナカイと一緒にゆったり温泉につかるユタ州のサンタ

【 米国時間 2008年12月25日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

◀ 緊急特集・ガザ戦争「ついに踏み切った暴挙!イスラエルのガザ空爆」へ続く

◀ 次号「ヘッジファンドミステリー・史上最大の詐欺事件レポート」へ
▶ 前号「オバマノミクス-1・グローバル経済の神々の黄昏」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9113420
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9113420

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_9574279.jpg


『米流時評』CURRENT ISSUE アーカイブへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-12-25 10:00 | ニュースで一服

オバマワールド第3章 明日へのカウントダウン

f0127501_128435.gif

   ||| 第3章 明日へのカウントダウン |||

d0123476_0272215.jpg
 米国大統領選 アメリカの再生を賭けた1億8千万人の民主主義革命
 テロと戦争の世界の闇を切り裂く、新しい世紀の朝へカウントダウン!


d0123476_18552829.gifただ今投票日の早朝。すでに投票結果が開票になったところさえある。特集の記事を1日2本ずつアップする予定だったのが、やはり1本でやっとだ。書きたい事が山のようにあるのに、吸収する情報はその百倍もの量でなだれ落ちてくる。こういうときはオバマを見習って、言いたいコアを先に言ってしまおう。

とにかく投票への情熱がもの凄いのだ。文字通り「時代が明けていく」のを目の当たりにする思いである。全米各州のありとあらゆる投票所で、前代未聞の行列が続いている。2〜3時間の行列は当り前で、ひどいところでは7〜8時間も(仕事はどうするのだろう?)待った挙げ句に、たった1票の投票用紙に有権者の思いと未来を賭けて、投票し帰ってゆく。しかも不平ひとつ吐かずに、満ち足りて、誇らしげに……
d0123476_0293017.jpg
いつからアメリカ人はこんなに我慢強くなったのだろう? 行列なんて3分と待てないはずだったのに。彼らはその1票が、行き詰まったアメリカがぶち当たった壁を貫く一撃だ、ということを、しっかりと承知しているようだ。この広いアメリカの都会でも田舎でも、誰もがその決意を胸に、投票所へ向かった。 メイン州の漁村で、ペンシルバニアの炭坑で、インディアナのコーン畑で、アイダホの農道で、モンタナの牧場で、オレゴンの林道で………そしてもちろん、マンハッタンの勤め人も、アトランタのIT業者も、シスコのバリスタも、サンディエゴの水兵も、たった一票を投じるために、ただそのためだけに、粛々と列につく。

この8年という歳月の間に、ブッシュ政権の怠慢によって、空に届くかと思われるほどうずたかく積み上げられた「閉塞」という巨大な壁を、今この瞬間にアメリカ人のひとりひとりが、その巨大な壁の煉瓦のひとつづつを、渾身の力を込めて打ち壊していっている。1億8千万人の「打ち壊し運動」だ。 これは革命だ!
d0123476_0301734.jpg
テレビの画面には、今ちょうどオバマと家族が、地元シカゴの投票所で安っぽい投票ボックスに向かって投票用紙に書き込んで(打ち込んで?)いるところを、ライブで映し出している。ニュースショーの評論家連中が、口をそろえてこう言っている。2年前に、イリノイ州スプリングフィールドの州庁舎の広場で、大統領選に立候補するとオバマが宣言した時には、この日のくることを誰が想像しただろう……と。

多分世界中のメディアが、今夕は「米国史上初の黒人大統領誕生!」という特大見出しで、オバマ当選のニュースを流すだろう。しかしその捉え方ではあまりにも表層をなぞっているに過ぎない。彼はそもそも、半分は白人なのだから。正確を期して言うならば「人種を越えた大統領」だろう。そしてオバマを選んだアメリカ人もまた、もう黒とか白とか黄色とか、そう言った肌の色を超越したのだ。彼らがそこに見たのは、高い理想とパワフルな演説、その言葉を言葉に終わらせずに勇気と責任をもって実行する、映画でしかお目にかかったことのない、理想の大統領だ。
d0123476_031417.jpg
敵意ではなく共感で、独断ではなく理解で、危機を乗り越え、米国を牽引し、世界のあちこちで頻発している闘争から、虐げられた民衆を解放していってくれる人物。それには、従来のワシントンの「政治屋」ではダメなのだ。素晴らしく頭のいい、素晴らしく人類全体への愛にあふれ、素晴らしくこの世界を理解しているスーパーマンでなくては、21世紀の抱える問題は解決できない。

少なくともオバマには、その気の遠くなるような難題の山を、薮や壁で隠そうとせずに「みんな、一緒に片付けようじゃないか。ダメなアメリカを変えよう!CHANGE. Yes, We Can.」と国民に呼びかけるだけの、計算抜きの無謀な勇気があった。彼は、アメリカ人の良識と底力を信じたのだ。そうやって国民ひとりひとりを奮い立たせ、キャンペーンに参加させアメリカの誇りを取り戻させるのに、この2年間で成功してきた。国家の危機と闘う闇の中では、白とか黒とかそういった表層的なことはどうでもいいのだ。要はかけ声をかける人間が、正しい判断を下せるかどうかなのだ。
d0123476_0395633.jpg
そうして億と言う数のアメリカ人を引き連れた、痩せっぽちで奇妙な名前の、しかし実に落ち着いた、確かな声を響かせる男が、輝く理想をひっさげて、山を乗り越え壁を打ち破り、最後の難関を突破して、今夕ホワイトハウスへの道を拓く。すでにカウントダウンの秒読みに入った。
夢と理想は自らの手で現実にできるのだという、生きた証しが出現する歴史的瞬間を、見逃さずにおこう。テロと戦争と恐慌に明け暮れた世界の闇を切り裂いて、新しい世紀の朝が今ようやく明けたことを、この目でしっかりと見届けたい。
d0123476_1023580.jpg
【米国時間 2008年11月4日『米流時評』ysbee】

d0123476_12223719.jpg
11/04「希望と変革のサイン」オバマキャンペーン投票日用ビデオ
"Signs of Hope & Change" for Election Night / November 4, 2008
Thank you for all that you have done. / www.barackobama.com
▼コピー推奨ビデオ
 http://www.youtube.com/watch?v=VDa6CwzSA74



»» 次号「オバマワールド第4章 予期せぬグローバルプレジデントの誕生」へ
«« 前号「オバマワールド第2章 21世紀のニューリーダー」へ


d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8873562f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8873562

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

[PR]
by ysbee-2 | 2008-11-03 02:30 | オバマの時代

オバマワールド第2章 21世紀のニューリーダー

f0127501_128435.gif

  ||| 第2章 21世紀のニューリーダー |||

d0123476_1357172.jpg
  世界危機に挑戦し21世紀のパラダイムを拓く、新しい世界的指導者の出現
  武力でも経済力でもなく、「知性と愛」で世界を再生する バラク・オバマ


前号「オバマワールド第1章 世界が待ち望む新時代の夜明け」からの続き
ホワイトハウスへの長い道のりのどこかで、オバマはある時、米国だけではなく世界の大統領候補と見なされるようになったようだ。それはとりもなおさず、アメリカの没落の話題や、ブッシュに対する生理的嫌悪を、米国以外の国のひとびとが失意を込めて語ることからも伺える。米国の現状に対する失望は、世界がいまだにアメリカ合衆国を、希望と可能性の国として仰ぎ見ていることの裏返しに他ならない。
先週インディアナポリスで行われたオバマ支援集会には、公園を埋め尽くす2万の聴衆が集まった。どこへ行っても常にその町始まって以来の人出を記録。支持者も老若男女を問わず人種も雑多で、まさにアメリカの縮図のような光景。
d0123476_0453621.jpg
Searching for 21st-Century World's Leader
Outside of the United States, the election played large and transformational
NOVEMBER 1, 2008 | Stryker McGuire — NEWSWEEK | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — Somewhere along the road to the White House, Obama became the world's candidate—a reminder that for all the talk of America's decline, for all the visceral hatred of Bush, the rest of the world still looks upon the United States as a land of hope and opportunity.


d0123476_12223719.jpg
11/04「希望と変革のサイン」オバマキャンペーン投票日用ビデオ
"Signs of Hope & Change" for Election Night / November 4, 2008
Thank you for all that you have done. / www.barackobama.com
▼コピー推奨ビデオ
 http://www.youtube.com/watch?v=VDa6CwzSA74



d0123476_15494742.gif    d0123476_15471938.gif    d0123476_10141436.gif
__________________________________________________________________
NOVEMBER 2, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11/02号
d0123476_17164267.gif

   N E W S W E E K | S P E C I A L I S S U E
世界が待っていた21世紀型の新しい指導者、オバマ大統領の出現
ストライカー・マクガイア編集 | ニューズウィーク2008年11月10日号 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1162413.jpg
1. 'Magical Obama adventure tour'
"The Obama adventure is what makes America magical," French State Secretary for Foreign Affairs and Human Rights Rama Yade, a Senegalese immigrant who is the only black member of Nicolas Sarkozy's government, recently told Le Parisien.
マジカルオバマ・アドベンチャーツアー
「オバマの大いなる冒険は、アメリカのマジックがまだ利くという証しです」こう評価するのは、フランス政府のラーマ・イェード外交人権相である。彼女はセネガルからの移民1世で、ニコラス・サルコジ政権の閣僚の中では唯一の黒人であるが、つい最近『ル・パリジャン』誌上で公表した発言である。
d0123476_0435239.jpg
2. Avoiding the same rails
By the final days, it was as if the world and America were talking about two different elections. In the United States, the pundits framed campaign '08 much as they framed the last election, and the one before.
旧弊の轍(わだち)を踏まず
大統領選の最終投票日が近づくに連れて、世界とアメリカはまるでまったく別々の、二つの選挙について話しているような趣きを呈してきた。米国では、政治評論家たちが2008年の大統領選を、先回04年の「ブッシュ VS ケリー戦」や、その前の2000年の「ブッシュ VS ゴア戦」と、ほとんど同じ目線で捉えようとしている。
d0123476_041943.jpg
キャンペーンスローガンもCHANGEからCHANGE We Can Believe in、現在のCHANGE We Need へと変化

3. Provincial staple, negative campaigning

It was a small, almost local obsession with the horse race, with battleground states—not just Ohio but southern Ohio—voter-registration drives, fundraising, ad buys and, of course, that hardy American provincial staple, negative campaigning.
地方選挙の常套手段、誹謗中傷
その見方は実に視野が狭く、特に激戦区となっている州の分析に関しては、まるで競馬の予想でもするような、下世話なローカルの瑣末事を微に入り細に入り御託を並べている。例えばその良い例が、単にオハイオ州全体を分析するのではなくオハイオ南部を詳説する場合だが、有権者を登録へと駆り立てる運動とか、選挙寄金だとか、同地での広告枠の買い方とか、それからもちろん、アメリカの地方選挙には付きものの卑劣な中傷合戦とかである。
d0123476_18422991.jpg
いつもの大統領選では、終盤戦の10月に共和党の罠が仕掛けられ「オクトーバーショック」という言葉があるほど。04年のジョン・ケリー候補に対しては、ブッシュ陣営の参謀カール・ローブによって「スウィフトボート作戦」が企図され、ケリーの軍功にケチがつけられた。また投票日の2日前にはオサマ・ビンラディンのビデオが現れ、テロ活動の脅しがあった結果、戦時大統領的イメージのブッシュへ票が流れ、それまで優位に立っていたケリーが俄然苦境に立たされた、という経緯がある。しかし今回の選挙では、マケインの副大統領候補サラ・ペイリンのスキャンダルが雪崩現象で、マケイン側は火の粉を払うだけで精一杯だったようだ。

4. Challenge for American color chart

Even the discussion of the "race card" echoed, despite the fact that Obama's race changes everything. Republican attempts to play the card against Obama drew comparisons with the Republicans' 1988 attempt to link Michael Dukakis to a black convict. To a large degree, Obama had become just another Democratic candidate, in the chain linking Dukakis to Clinton to Gore to Kerry.
アメリカのカラーコードに挑戦
アメリカの選挙につきもののもうひとつの悪弊である攻撃材料「Race card」。バイレーシャル=黒人と白人の両方の特性を備えもつために、オバマはこれまでの人種偏見を超越してアメリカの人種問題に対する姿勢を根本から変えつつある、という事実にもかかわらず、米国国内ではこのRace card=人種問題に関する論争が、あちこちでこだましている。
これはちょうど88年の大統領選で、民主党のマイケル・デュカキス候補を黒人の前科者と関係づけようとしたように、共和党がオバマに対する攻撃手段として、この人種カードを切り札に使おうと試みた戦術である。共和党陣営お得意の誹謗中傷手段に屈すれば、デュカキスからクリントン、ゴア、ケリーと、代々この攻撃で傷ついてきた犠牲者の列にオバマもあやうく連なるところだった。
d0123476_046205.jpg
5月25日 脳腫瘍で出席不可能になったエドワード・ケネディ上院議員のピンチヒッターとしてコネチカット州ウェスリアン大学の卒業式で送辞のスピーチを行なったオバマ上院議員。この時も記録に残る名演説となった。これより数ヶ月先に、テッド・ケネディはオバマに対して大統領候補としての引導を渡している。この時のケネディの情熱的なスピーチ「The CHANGE is in air!.... I found the ONE. He's the ONE!」は今でも語りぐさで、冗談半分にキリストを認知した預言者ヨハネに例えられる。JFKの愛娘キャロライン・ケネディを含めてケネディ家の強力な推薦が、民主党のコアであるミドルクラスの白人票を定着させるきっかけになった。(演説の全文はオバマのサイトで↓)
http://my.barackobama.com/page/community/post/samgrahamfelsen/gGBPzl


5. World see Obama's real virtue

Outside of the United States, the election played large and transformational: a 21st-century man with whom the whole world can identify versus an old cold-warrior out of synch with the complex political and economic crises of our age.
オバマの真価を理解する世界
米国の外の世界では今回の大統領選を、米国が変革するための非常に大きな転換の要だと受け止めている。われわれが今生きているこの時代は、複雑な政治と経済の絡み合った大いなる危機の真っ只中にある。しかし、その危機感からは的外れな旧態依然の冷戦構造から脱却できないでいる旧い体質の政治家(暗にブッシュとマケインの共和党タカ派体質を指摘)に、真っ向から対峙する21世紀型の人間として、世界中がこぞってオバマの資質と能力に期待している。
d0123476_1252189.jpg
オバマのキャンペーンスローガンは、当初から CHANGE と Yes, We Can で、実にシンプルで明快なコンセプト

6. Morphed into a 'meta-election'

The election, it seemed, had morphed into a meta-election. If at home, especially as the election neared its end, Obama seemed to be playing down his blackness, his intellect, his eliteness and his progressive ideas, these were the qualities that more and more drew the rest of the world to him.
「メタ選挙」に進化したキャンペーン
今回の選挙戦は常に進化変身を続けたため、いわば「meta-election=メタ選挙」とでもいうべきモンスターに変身していった。特に選挙戦が終盤に近くなるにつれ、オバマが米国内に向ける顔は (白人の一般大衆に受けるよう)、黒人臭さや知性、エリート的資質、進取の理想家肌といった彼の特質を、次第におさえていっているように見えた。こうした資質は逆に、米国以外の世界のどの国にあっても、人々がオバマにぐんぐん惹き付けられる要素そのものなのだが。
d0123476_10593.jpg
20か月近く延々と続いた長い予備選の果てに、8月下旬にコロラド州デンバーで4日間開催された民主党大会。最終日にオバマが民主党候補として正式指名された。当初から大本命視されていたヒラリー・クリントンを下して、ついに黒人として史上初の党指名大統領候補が選出されたので、この時点ですでに「オバマ・ミラクル」と言われていた。

7. American with the middle name of Husein

The world loved the idea that a man named Barack Hussein Obama could become America's 44th president after a 200-year string of white guys named Washington and Jefferson, Clinton and Bush. Asia was trying to claim Obama for his Indonesian childhood, Africa for his Kenyan father, and the Middle East for his middle name, says Ahmed Benchemsi, who edits both of Morocco's leading newsweeklies, one in French, one in Arabic.
フセインという名のアメリカ人
翻訳中
d0123476_0472216.jpg
オバマのフルネームは、バラク・フセイン・オバマで、ケニア人の父親ゆずりのアラビックネームがミドルネーム。しかし彼自身は母親の女手ひとつで育てられたため、信仰としては母方のキリスト教を継承している。

8. Once upon a time on McCain

Once upon a time, McCain, too, was seen as part of the post-Bush American reformation. He was the worldly wise maverick ex-POW with a reputation abroad for hurling bricks at the Republican Party establishment. He was a fixture at European foreign-policy talking shops, and all the more appealing for asserting in 2000, when he ran for president for the first time.
かつてはマーベリックマケインも
翻訳中
d0123476_0485272.jpg
マケインの大きな失態のひとつが、金融恐慌の際の無様な対応。米国の景気が何年も以前から下降線をたどってきたのに、リーマンショックのあった後でさえ「米国経済の基盤は安定」と発言して失笑を買った。かと思うと、オバマとの初の公開討論会の直前に突然キャンセル。その理由は、ワシントンで緊急の経済危機対策の会議に出なければいけないから、という理由だった。しかし、実際にはペイリンも引き連れてニューヨークで1泊し、その間ウォルドルフ・アストリアホテルでハリウッドの俳優と豪食したり、ペイリンは何万ドルもニーマンマーカスなどの高級デパートで買い物三昧だったりした事実が、ブログで即座にバレて、何が経済対策だ!と共和党支持者からもひんしゅくを買った。

9. Fatal choice of Vice President

At that time, he wouldn't "pander" to the "agents of intolerance" of the religious right, whose grip on U.S. politics has long perplexed and worried outsiders. When in late August McCain chose Palin to be his running mate in a bid for support from conservative evangelicals, his global luster quickly faded. Now, to the rest of the world America's election is about change but not just at home.
致命傷になったペイリンの選択
翻訳中
d0123476_049277.jpg
アラスカの州知事執務室のソファを飾るのは、グリズリーベアの死骸(正確には剥製と言うべきか?) ペイリン自身全米ライフル協会お墨付きの正会員で、自らお膝元のアラスカでトナカイなどをハンティングするワイルドなお人柄

»» 次号「オバマワールド第3章 明日へのカウントダウン」へ続く
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月2日 『米流時評』ysbee 訳 】
»» 次号「オバマワールド第3章 明日へのカウントダウン」へ
«« 前号「オバマワールド第1章 世界が待ち望む新時代の夜明け」からの続き


d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8880264f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8880264

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

[PR]
by ysbee-2 | 2008-11-02 14:16 | オバマの時代

オバマワールド第1章・世界が待ち望む新時代の夜明け

f0127501_128435.gif

  ||| 世界が待ち望むオバマ時代の夜明け |||

d0123476_1403718.jpg
世界が待ち望む新しい時代の夜明け・オバマ大統領実現まであと2日
各州エレクトレート予測はオバマ286 対 マケイン163で勝負あり!


d0123476_18552829.gif大いに焦っております。あと2日です。言わずもがなの、大統領選の最終投票日であります。アメリカのテレビは、もう24時間態勢で選挙特集をやっております。2年近い長い長い選挙戦の末に、あと48時間足らずで最後のゴールに到着です。テープを切るのは誰か? 世界が固唾を飲んでその行方を見守っております。

今まであえてではないのですが、実際の戦争やら紛争やら災害のニュースをお届けしてきたのは、万一大統領選について書き始めると、多分11月4日まで絶対によそ見ができなくなるのが判っていたからであります。テレビのニュースでは、毎日どころか毎時のサイクルで、新しいニュースやらスキャンダルやら失言が飛び込んできて、それを逐一お伝えしていると、ほとんど実況中継に近くなる有様。これだけ話題に事欠かなかった選挙戦もめずらしい。まったく退屈しませんでした。
d0123476_1432939.jpg
現実の私生活でも、選挙戦のメールキャンペーンやら集会でだいぶ時間をとられていたので、逆にブログでは別のニュースを綴って、バランスを取っていたのかも知れません。確かに世界の軸がずれるような時事が続いておりましたから。
8月には北京五輪とテロ騒ぎ、同時に勃発したグルジア戦争。9月の金融恐慌から10月のグローバル経済恐慌へと続いた大波乱。その間にも中国のメラミン汚染騒ぎやら、北朝鮮の金の去就やら、米軍のシリア空爆やらパキスタンへのミサイル攻撃やら……記事にこそアップしませんでしたが、ソマリアの海賊のハイジャック事件はまだ継続中……
d0123476_1415126.jpg
しかし、もう残された時間もあとわずか。この2日間に、アメリカの、いや世界の明暗を分けるだろう2008年の大統領選の経過を書き尽くす事は到底無理なので、以前から敬愛するレポーターが一致協力して書き上げた『ニューズウィーク』の記事を、翻訳してお届けします。

ひとつには、世界の指導者としてのオバマの真価を秀逸に捉えていること。もうひとつは、この選挙結果にはアメリカの明日だけでなく、地球の未来がかかっているという重大性を強調していること。これが百万とある評論記事の中から、この記事を選んだ理由です。
特にアメリカ国内だけでなく、世界がこの選挙をどう見ているかという視点を束ねてみると、明日の世界を考える上で「まったく新しいユニバーサルな地平線ができるのかも知れない」という希望を与えてくれます。
全米プロ野球のシーズンで優勝したフロリダ州本拠地のタンパベイ・レイズ=Rays の選手もそろってオバマを応援
d0123476_1442238.jpg
「希望」……この、おそろしく古臭い、しかし捨てるわけにはいかない、人類を今日まで牽引してきた目に見えない「精神のDNA」。これはオバマが最初から標榜していたスローガンで、彼の名著『The Audacity of Hope』のタイトルにも繰り返されています。
うだうだときりのない能書きを並べるより、早く本文を訳してお届けしたいので、早速入ります。かなり長い記事なので、全部で4章に分けてお届けしますが、それでは!

【米国時間 2008年11月1日『米流時評』ysbee】

__________________________________________________________________
NOVEMBER 1, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11/01号
d0123476_17164267.gif

  N E W S W E E K | S P E C I A L I S S U E
世界が待ち望む新時代の夜明け・オバマ大統領実現まであと2日
米国時間 2008年11月1日 | ニューズウィーク・大統領選特集 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1452396.jpg
The World Hopes for Its First President
Republican officials say candidate is shifting resources away from the state
NOVEMBER 1, 2008 | NEWSWEEK | Translation by ysbee
[By Stryker McGuire — Washington / Tracy Mcnicoll — Paris / Mac Margolis — Rio De Janeiro / Akiko Kashiwagi — Tokyo / William Underhill — London / Barrett Sheridan — New York / Melinda Liu — Beijing]

ニューズウィーク・インターナショナル | 2008年11月10日号 | 訳『米流時評』ysbee
[時事週刊誌『ニューズウィーク』& Newsweek.com グローバルネットワーク共同編集:
ストライカー・マクガイア/ワシントン支局 トレーシー・マクニコル/パリ支局 マック・マーゴリス/リオデジャネイロ支局 柏木あきこ/東京支局 ウィリアム・アンダーヒル/ロンドン支局 バレット・シェリダン/ニューヨーク支局 メリンダ・リウ/北京支局]
d0123476_1463531.jpg
8月下旬の民主党全米大会に参加したアイオワ州の代表団 アイオワは予備選の初戦でオバマが最初に勝利の火ぶたを切ったきっかけを作った州。州人口の95%以上が白人で保守的な州として知られていたのに、オバマがトップ、エドワーズが2位、大本命だったはずのクリントンが3位という大番狂わせで開幕した。

1. Long, winding road to White House

NEWSWEEK INTERNATIIONAL / NOVEMBER 10 issue — The world has never watched any vote, in any nation, so closely. In country after country, polls show record-high fascination with the outcome of the U.S. elections this Tuesday. In Japan, according to one poll, there's more interest in the election than there is in the United States.
長く険しいホワイトハウスへの道
いかなる国のいかなる投票も、世界がこれほどまでに注意を注いだ選挙は、いまだかつてない。今週火曜にいよいよ実施される米国の大統領選。今回アンケートをとったどの国でも、この選挙戦最終段階の投票結果に対して、記録破りの期待の強さを示している。日本でのアンケートでは、自国の選挙よりも米国の結果に関心があるという回答もあった。
d0123476_147593.jpg
2. Unprecedented worldwide interest
The Voice of America, which broadcasts in 45 languages to a worldwide audience of 134 million, is seeing "unprecedented interest." In Pakistan there was so much interest in the first presidential debate, the VOA changed its initial plans and broadcast the next two as well.
世界中から前代未聞の関心
世界中の1億3400万人の聴取者へ45カ国語で放送されているVOA=ボイス・オブ・アメリカによると、どの国でも「前代未聞の関心」を示していると言う。争乱のパキスタンでは、マケイン対オバマの大統領候補どうしの最初の討論会に著しい関心が寄せられたため、当初の計画では初回だけの予定だったが、VOAでは後続の2回の討論会も継続して放送するよう、急遽予定を変更した。
d0123476_148503.jpg
党大会で両党の大統領候補として公認されてから3回のディベート=公開討論会を展開したマケインとオバマ

3. Indonesia, Kenya has tie with Obama

Indonesians and Kenyans, are of course fascinated and somewhat astonished by the fact that Barack Obama, a man with ties to both places, should be the front runner.
オバマとインドネシア、ケニアの絆
オバマが子供時代を過ごした国のインドネシアと、彼の父親の母国であるケニアの、両国の国民は、オバマの生い立ちと特別な絆をもっているために、当然なみなみならぬ関心を寄せていたが、予備選でオバマがクリントンを下して首位になった時点では、少なからず驚いたようだ。
d0123476_1523890.jpg
バラク・オバマの父親は、ハワイ大学へケネディ財団の奨学金で留学するためケニアから単身渡米。ホノルルでカンサス出身の白人女性と学生結婚し、バラクが生まれた。が、その後父親はハーヴァードの大学院へ進むため、妻子を捨ててメインランドへ。残されたバラクの母親は女手一人で彼を育てる。バラクが父親と再会したのは彼が10才のときで少年にとってはわずか1か月だけ一緒に過ごした、はかない思い出の中の人物らしい。その後父親はケニアへ帰国するが、大成せずに亡くなった。

4. Vietnam remembers McCain

And in Vietnam, there is much discussion over John McCain, a man who returned home from Hanoi in 1973 a wounded man and spent the rest of his life in dedicated service to the United States
マケインとベトナムの因縁
同様にベトナムでは、1973年までベトナム戦争の捕虜として、別称ハノイヒルトンの捕虜収容所に5年間収容されたあと解放されて、傷痍兵として帰還し、残りの人生を上院議員として国家へ奉仕することに捧げたジョン・マケインに関して、大いに話題が盛り上がっている。
d0123476_1533478.jpg
共和党大会のステージでこれでもかと繰り返されたベトナム戦争時のシーンと、POW=戦争捕虜になったマケインのドキュメンタリー映像のモンタージュ。ある識者は「戦争ポルノ」と酷評した。確かにアメリカ人の弱み「愛国心」に擦り寄る姑息なアピールである。

5. The end of George W. Bush

Europe is thrilled by the prospect that whatever happens this week it will mean the end of George W. Bush, and enraptured by the sheer spectacle of it all.
ブッシュ時代の終焉
たとえ今週の火曜日に大統領選の結末がどう転ぼうと、その結論は「ジョージ・W・ブッシュの終焉」を意味するという希望的観測があるために、ヨーロッパはその瞬間を今や遅しと待ち構えている。むしろその期待が実現する際には、多分各国の町中で歓びの渦が爆発しそうなほどの勢いである。
d0123476_1583757.jpg
ブッシュの政策の90%を承認してきたマケイン。選挙戦では落ち目のブッシュの後継者と言われたくないために、せっせと距離を置いているが、打ち出す公約もブッシュ政策そのままで、大企業への税制優遇、戦争続行、さらにはイランを攻撃、ロシアとの新冷戦拡大と、現在の「傷だらけのアメリカ」体制を延長するだけで、ほとんど絶望的。

6. Extensional campaign coverage

James Dickmeyer, the director of the Foreign Press Centers, which helps international press cover U.S. political campaigns, says foreign journalists swarmed not only the Iowa caucuses but even the Iowa State Fair's Straw Poll, which they had never covered before.
微に要り細に入る大統領選報道
米国の政治的キャンペーンを取材する外人記者クラブである、FPC=フォーリン・プレスセンターのジェームズ・ディックマイヤー局長は、外国人記者たちが今回の大統領選の取材に際して、以前は足を向けた事さえないアイオワコーカスばかりか、アイオワ・ステートフェアでのストローポールにまで取材に出かけたと驚いていた。
d0123476_1731519.jpg
予備選の当初からオバマのキャンペーンに同行した「オバマ番」の各メディア記者 欧州訪問の際テルアビブ空港で

7. Poll collected from 40+ countries

Bob Worcester, the American-born founder of the London-based polling and research firm Mori, has worked in more than 40 countries, and says he has "never ever seen any election in which so many people in so many places have been so interested."
世界40カ国以上のアンケート調査
アメリカ生まれのボブ・ワーセスター氏が創設者で、ロンドンに本拠地をおく有権者動向のアンケート調査会社 MORI では、世界の40カ国以上の国民に対して調査を行ったが、ワーセスター氏はその経過について次のように語った。「never ever seen any election in which so many people in so many places have been so interested./こんなに多くの国でこんなに沢山の人々が、これだけの関心を寄せる選挙なんて、いまだかつて見た事がありませんよ」
d0123476_252067.jpg
今夏中東からヨーロッパ諸国を訪問し各国で大歓迎されたオバマ。写真は20万人の大群衆が集まったベルリン

8. All interests going to Obama

It's very clear who they are interested in: Barack Obama. John McCain and Sarah Palin are by all accounts still in the race. But McCain has become a political cipher in a world that has of late tuned into Obama 24/7. Obama's running mate, Joe Biden, is an afterthought to the international audience.
オバマに対する異例の関心
世界の人々が、いったい誰に関心を持っているかは一目瞭然、バラク・オバマそのひとである。実際にはジョン・マケインとセーラ・ペイリンも、まだ選挙戦の最終レースのまっ最中なのだが……オバマに対しては四六時中報道している一方、世界から見るとマケインは時代遅れで、政治的には取るに足らない人物 (political cipher) と化してしまったようだ。オバマの相棒である副大統領候補のジョー・バイデンに対しては、国際社会の聴衆からすると「結果待ち」というところらしい。
d0123476_284162.jpg
時事週刊誌の『タイム』や『ニューズウィーク』『ローリングストーン』の表紙へは頻繁に顔を出していたが、黒人向けの雑誌『エボニー』やメンズマガジン『GQ』、ファッション誌『メンズ・ヴォーグ』にまで引っ張りだこのオバマ

9. Obama has landslide win in the world

Obama went into Election Day with a steady lead in U.S. polls, averaging about 50%t to 44% for McCain, but he was headed for a landslide around the world, topping polls in virtually every nation often by strong margins: 70% in Germany, 75% in China and so on.
世界の投票は圧倒的にオバマへ
お膝元の米国国内での有権者動向アンケート調査では、最終投票日の4日を目前に控えた段階で、オバマへ投票と答えた者が50%、マケインという回答が44%だった。しかし世界各国の国民を対象にしたリサーチでは、実質的にあらゆる国でオバマは地滑り的な圧勝を記録し、特に得票率の高かった国では、ドイツが70%、中国が75%という支持率を挙げている。
d0123476_2144757.jpg
»» 次号「オバマワールド第2章 21世紀モデルのニューリーダー」へ続く
d0123476_1023580.jpg
【 米国時間 2008年11月1日 『米流時評』ysbee 訳 】
d0123476_228496.jpgNBCのエキスパートアナリスト、チャック・トッドが分析する 共和党マケイン 対 民主党オバマの最激戦選挙区得票予測
November 2 |McCain, Obama tussle for battlegrounds
NBC political director Chuck Todd joins NBC’s Tom Brokaw on “Meet the Press” to discuss the battleground landscape and results of the latest polls.

http://www.msnbc.msn.com/id/21134540/vp/27433895#27501828


»» 次号「オバマワールド第2章 21世紀モデルのニューリーダー」へ
«« 前号「バルチスタンの悲劇・地震続報 被災者レポート」へ


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8868601f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8868601

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


▶クリックして『米流時評』の特集記事インデックスへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-11-01 02:38 | オバマの時代

オバマカルトの出現? You-Tube時代の選挙戦略の功罪

f0127501_128435.gif
  ||| You-Tube時代の選挙戦略の功罪 |||

d0123476_19371395.jpg
オバマキャンペーンが確立した ブログとYou-Tube時代の選挙戦略
サマンサ・パワーのモンスター発言で露呈したネット社会の真の問題


d0123476_18552829.gifオバマのオフィシャルサイト barackobama.comは、クリーンでクリアな選挙戦を象徴するシンプルなデザイン。全体に押し付けがましくなく、清潔感が第一印象、それがすべてのページの隅々にまで徹底している。こういったサイトのキャラクターは、そのままオバマのキャンペーン戦略そのものにも共通して言える特色である。
d0123476_19394038.jpg
しかし、イメージテクニックの粋がいたるところに隠れている。そのひとつが、各ページを開けてフローティングのコンテンツがダウンロードされるまでのほんのナノセカンド、バックに描かれた米国大統領の象徴「証書をつかんだ鷲」のマークが現れる。ブルー1色の濃淡なので非常に清潔で、従来の政治家のブログに特有な「愛国心の押しつけ」的ないやらしさは感じない。むしろフルカラーよりも心の中のイメージ「残像」そのものとして脳裏に残る、巧みなテクニックである。
d0123476_19405432.jpg
カラーリングは、赤白青の星条旗の3色「プライマリーカラー」にこだわって、イエローやグリーン、パープルなど、余計な色味を一切使わずすっきりしている。ブルーのグラデーションを基本にしているので、落ち着き、やすらぎ、清潔感、透明感を感じ、要所要所にどぎつい金赤ではない落ち着いたディープレッドを配して、アクセントカラーにしている。その赤は「DONATE」寄金などのクリックボタンに使われていて、動機付けの心理的効果が高い。

こういう後付けの講釈はきりがないので、私の下手なデザイン講釈よりも先日の『オバマ参謀「ヒラリーはモンスター」発言の波紋』の後編をどうぞ。筆者アンドリュー・ロマーノは新進のジャーナリストだが、ブログとYou-Tube時代の選挙戦略を社会心理学的にふれていて面白かったので。

【米国時間 2008年3月10日 『米流時評』ysbee 記】

__________________________________________________________________
MARCH 8, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

   N E W S W E E K | P O L I T I C A L B L O G

オバマキャンペーンに見るネット時代の選挙戦略の功罪
米国時間 2008年3月7日 | アンドリュー・ロマーノ/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_19425487.jpg
Campaign in the Blogsphere/You-Tube Era
"Infrahumanization" occurs by millions of passionate but anonymous voices

By Andrew Romano | NEWSWEEK — Political Blog "STUMPER" | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — As the campaign drags on and Dems on either side dig in, the infrahumanization is clearly increasing in intensity.


前号「ヒラリー・モンスター失言でオバマの外交参謀サマンサ・パワー辞任」からの続き
予備選が延々と続き、民主党の両候補がそれぞれの塹壕をさらに深く掘っている段階では、両候補を支持する数百万と言う熱烈な匿名の支持者の間で発生する、前号でもふれたネット社会特有の「バーチャル世界のインフラヒューマナイゼーション=仮構組織の人格化」の兆候も、ますます深く深刻なものになってくる。
d0123476_19433249.jpg
オバマの支援集会は、その市で一番大きなスタジアムが会場に選ばれるが、それでも会場に入りきれない現象が発生。夕方の集会で演説を聴くのに早朝から数ブロックに渡って行列が続き、半日以上待つのはザラだという。会場に入ってからさらに講演まで2・3時間待つので、実際にオバマが現れると疲労感と興奮で卒倒者がバタバタ出ると、CNNで伝えていた。また実際にニュースビデオで失神した観客に向かって、オバマが「水かジュースをあげてください。脱水症状と疲労で血糖値が下がっているはずだから」とERのドクターのように手慣れた応急処置を指示するのが、いかにもでおかしかった。

11. Emotional name-call as 'Obama cult'

Clintonites, for example, like to call Obama supporters "cultish." It's a shorthand way to suggest that they lack reason and emotional stability — making it easier to justify attacks.
オバマのキャンペーンをカルト視
そのいい例として、Clintonites/クリントナイト(クリントン支持者)はオバマの支持者を「cultish=カルト的」であると決めつける。裏を返せば彼らクリントン支持者は、オバママニアのような感動をベースにした動機付けとか確固とした強い信念のようなものが欠けているが、逆にそうした信念をカルトと決めつけることで、オバマ支持者への攻撃を正当化しやすいからだろう。
d0123476_2016177.jpg
ヒューストンのスタジアムでの支援集会 本命の演説の前にバンドが演奏するのでロックコンサートなみの興奮

12. Dehumanization of 'infrahumanization'

"We can reassure ourselves they won't hurt like we'd be hurt because they aren't exactly like us emotionally," writes Smith. "We can and do suspend our empathy."
インフラヒューマナイゼーションの非人間的効用
「我々は、自分らとは感情的に全く同じではないという理由で、我々が傷つくようには彼らは傷つかない(我々は繊細だが、彼らは鈍感・あるいは「悪」だから、傷つけても平気だ)という理屈で自分自身を言いくるめることができる。」先述の『OpenLeft』のブロガー、スミス氏は「インフラヒューマナイゼーション」のプロセスを、このように具体的に説明する。「我々は同情を一時的にストップできるし、また実際そうすることがある」
d0123476_19455862.jpg
ヒラリーの支援者は彼女と同年代のベビーブーマーよりも上の高年齢女性が圧倒的 こういうコワいおばさんが多い

13. Campaign in the Blogsphere, You-Tube era

Of course, infrahumanization occurs every election cycle. But this time around, the Internet — where supporters establish the public tone of debate — is undeniably an aggravating factor. Research has shown that "physical proximity usually mitigates against the infrahumanizing tendency we all seem to share" — and proximity is precisely what the Web prohibits.
ブログとYou-Tube時代の選挙戦略
この段落から下の翻訳は明朝アップしますのでご了承ください。
d0123476_1947072.jpg
14. Sensitive issues of race and gender
Couple online anonymity with an endless, evenly matched campaign centered not on policy differences but on personal qualities — including the sensitive issues of race and gender — and you've got a recipe for a whole new level of divisive Dem-on-Dem hostility.
人種問題・ジェンダー問題に過剰に反応
翻訳中
d0123476_20454649.jpg
ニューヨーク、セントラルパークの「Women for Obama」集会でスピーチするサマンサ・パワー教授。国際的な難民問題・人権擁護運動の旗手で知られたリベラル知識人だが、穏健中道をうたうオバマの陣営にあってはリベラルの活動家色が濃すぎたので、実際には辞任でほっとする向きもある。

15. Millions of anonymous, "infrahumanizing" voices

Passion, of course, is fine. Calling someone a "monster"? Sort of counterproductive. It's good that Power has zipped her lips. But the fact is, one prominent adviser can't do nearly as much damage as millions of anonymous, "infrahumanizing" voices. And they only seem to be getting louder.
数百万の「姿無き声」の群衆
翻訳中
d0123476_19554457.jpg
16. Twisted theory of the NAFTA rhetoric
To clarify: Goolsbee denies using those words, but despite recent reports that the original leak referenced the Clinton camp, not Team Obama. It is an incontrovertible fact that Goolsbee met with Canadian consular officials in Chicago and said something that they interpreted as suggesting Obama's NAFTA rhetoric was more extreme than his plans.
元々はクリントン陣営に対するコメント
翻訳中
d0123476_19563282.jpg
17. Influential issue for the neighboring countries
The unfortunate part is that while a Clinton staffer may have indeed originally told Canadian officials to take HER words with a "grain of salt"—as the initial leaker said—somehow the Canadian press started digging in Obama's sandbox. I don't know how that happened. But in the end, the AP turned up this memo confirming and describing Goolsbee's meeting with the Canadians. So it happened, end of story.
カナダとメキシコの近隣外交を左右するNAFTA問題
翻訳中
d0123476_1957776.jpg
18. Meet the council
Here's the relevant passage: The memo obtained by the AP was widely distributed within the Canadian government. It is more than 1,300 words and covers many topics that DeMora said were discussed in the Feb. 8 "introductory meeting" between himself, Goolsbee and the consul general in Chicago, Georges Rioux.
シカゴのカナダ領事との会談
翻訳中
d0123476_19575840.jpg
19. Weigh in political maneuvering than policy
Goolsbee "was frank in saying that the primary campaign has been necessarily domestically focused, particularly in the Midwest, and that much of the rhetoric that may be perceived to be protectionist is more reflective of political maneuvering than policy," the memo's introduction said.
外交政策というより選挙対策
翻訳中
d0123476_19583549.jpg
20. True and consistent Obama's position
"On NAFTA, Goolsbee suggested that Obama is less about fundamentally changing the agreement and more in favour of strengthening/clarifying language on labour mobility and environment and trying to establish these as more `core' principles of the agreement." Goolsbee said that sentence is true and consistent with Obama's position.

オバマの一貫した真実追求の姿勢
翻訳中

【米国時間 2008年3月10日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1959814.jpg
»» 次号「オバマ15州目の勝利か? 3/11ミシシッピ州予備選の開票速報ライブ」
    「アメリカの子供が夢中になる'08大統領選」へ続くd0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7461317
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7461317

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。2月末に風邪で休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援のほど、よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif


ブログランキング社会経済ニュースでベストテンに戻りつつ…あるのかな?
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻りました。ありがとうございます!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリックに深く感謝!

d0123476_2084773.jpg
米国時間 3月10日現在 予備選得票チャート ▶本日までの民主党・共和党全米大会代議員獲得データへ


クリックして、この下の「米国大統領選特集」各記事の目次とリンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-10 20:30 | 2008年米国大統領選

どこまで続く?オバマ対クリントンのバトルロイヤル

f0127501_128435.gif
 ||| オバマ 対 クリントンのバトルロイヤル |||

d0123476_1895065.jpg
スーパーチューズデー後最大の決戦、テキサス・オハイオの結果注目
クリントン持ちこたえれば8月の民主党大会まで続くオバマとの激戦


前号「審判の日・前編 テキサス・オハイオ民主党の決戦」からの続き
ヒラリー・クリントン候補は、4日の予備選投票がふたを開けた時点ではテキサス州ヒューストンにいたが、その後オハイオ州へ向かい、同州での選挙運動をさらに展開した。その日の後半はワシントンへ帰省する前にオハイオ州の首都コロンバスで開票結果を待つ予定である。
d0123476_18102141.jpg
Day of Reckoning — Part 2
Former first lady seeks victories to salvage presidential campaign

MARCH 4, 2008, 9:45 a.m. | Associated Press — ANALYSIS | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — Clinton was opening Election Day in Houston, but then heading back to Ohio for more campaign events. She will await results in Columbus, the state capital, before returning to Washington.

__________________________________________________________________
MARCH 6, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

  A S S O C I A T E D P R E S S | A N A L Y S I S

オバマ対クリントンのバトルロイヤル、8月の民主党大会まで続く?
米国時間 2008年3月4日 午前9時45分 | AP通信・予備選分析 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_18244095.jpg
9. Problematic NAFTA deals
Obama spent Monday campaigning in Texas, emphasizing his readiness to take over in the White House. But he was dogged by allegations that he had overstated his opposition to the North American Free Trade Agreement with Canada and Mexico to win votes in economically hard-hit Ohio.
禍根を残したNAFTAの自由貿易
オバマは3日月曜はテキサスでの最後の遊説にあてたが、各地の演説の中でも特に、ホワイトハウスに収まる用意はできている点を強調した。しかし彼は、特に厳しい不況の波に襲われたオハイオ州で有権者に訴える意図で、米国とカナダ・メキシコとの間で取り交わされたNAFTA=北米自由貿易協定に対する反対表明を誇張しすぎたのでは、という批判も上がっている。
【訳者注】NAFTAはビル・クリントン時代に成立した自由貿易協定であるが、この貿易規制緩和のおかげで、逆に価格競争に負けて閉鎖せざるを得ない米国国内企業が続出し、結果的に長期的経済構造不況の一因とも解釈されている。クリントンの経済政策の諸刃の刃が裏目に出た好例。
d0123476_18251657.jpg
ヒラリーが吐いた売り言葉「Meet me in Ohio=オハイオでカタをつけようぜ」が支持者のプラカードにも

10. Obama facing a related corruption charge

There were also questions about his ties to Chicago businessman Antoin "Tony" Rezko on the day that jury selection began in the political corruption trial of the real-estate developer and fast-food magnate. "Tony Rezko was a friend and supporter of mine for many years. These charges are completely unrelated to me, and nobody disputes that," Obama said at a news conference in San Antonio. Obama did receive a $10,000 contribution made by a Rezko associate that is mentioned in the indictment. But Obama's campaign has long since sent the money to charity.
シカゴの実業家トニー・レスコーのスキャンダル
もうひとつ問題として上がっているのは、シカゴの実業家アントワン(通称トニー)・レスコーの不正経理問題とオバマとの関係を問われている件である。オバマが上院議員に選出された地元イリノイ州シカゴで、同市スラム街の不動産開発とファストフードチェーン展開で財を成した資産家レスコーが、収賄など地元政治家との不正・癒着事件の中心人物として告訴され、裁判で審議中の政治スキャンダルである。
[アントワンというファーストネームは、米国の北部〜中西部のカナダに近い地方に多い、フランス系移民の子孫らしい。フランス語読みだとアントワン・レスコー(例:マノン・レスコー)で、テレビのニュースでもそういう発音に聞こえるので、その表記に従いました。ロシア系ユダヤ人の筋として読むとレツコ。日本のメディアはレツコを採用しているようですが、根拠不明。]

この疑問に対して、テキサス州サンアントニオ市を遊説中のオバマ候補は、記者会見で次のように語った。「トニー・レスコーは、何年もの間私の友人であり支援者でした。彼に掛けられている嫌疑は私とは完全に関係がなく、それ以上追求しても現在起訴されている事件とはまったく無縁であるというのが事実です。」起訴状の記述の一部では、レスコーの共同事業者のひとりがオバマの選挙運動へ寄せた1万ドル(約106万円)の寄付金を、オバマが受けとったとなっている。しかしオバマ陣営は、昨年レスコーの逮捕などで事件が明るみに出た時点で、該当する金額を全て慈善事業に寄付して、合法的な措置で処理したと釈明している。
d0123476_6304599.jpg
写真左から:2006年の総選挙でにイリノイ州から上院で唯一の黒人議員に選出されたオバマ/収賄容疑で疑惑事件の渦中の人物:シカゴのスラム街再建復興プロジェクトで財を成した実業家トニー・レスコー/レスコーから格安に入手した不動産物件を転売して小金を懐に入れた疑惑で起訴されたイリノイ州下院議員ルイズ・グチエール

【訳者注】選挙戦開始以来、巨大資本ロビイストとワシントン政治家との癒着を糾弾してきたオバマ。土壇場に追いつめられたクリントン陣営から投げつけられた初めてのスキャンダル攻撃を切り抜けられるか? レスコーとの関係に関してオバマは率直に「注意が足りなかった」とシカゴ市内の自宅を廉価で購入できたことに何の疑問も抱かなかった不用意な「迂闊さ」を認めた。また法的にも抵触していないことを証明した。

しかしクリントン側は、1月のCNNでのテレビ討論会で正面切って非難したり、事ある毎に執拗にこの一件を持ち出してはオバマの顔に泥を塗ろうと試みた。クリントンがアーカンソー州知事時代に関係して起こした「ホワイトウォータースキャンダル」も、やはり土地転用問題に関わる不動産スキャンダルであるが、オバマの数百万円程度のディスカウント優遇に比べて、こちらは州民税を濫用した数十億円の深刻な州事業不正事件で、原因不明の死者と自殺者を派生している。

オバマは「クリーンキャンペーン」を展開しているので、まだクリントン家の山ほどつつける女性との醜聞や、ユダヤ資本家との選挙資金癒着、中国人資本家への税制緩和優遇などにタッチしていないが、いずれレフティのネットジャーナリストかブロガーが、山積するスキャンダルを掘り起こしてクリントン攻撃を開始するのは、時間の問題と見られている。
d0123476_644366.jpg
従来の選挙戦の常套手段「スミア・キャンペーン=醜聞作戦」を拒否して、有権者の良識に訴えるクリーンキャンペーンを展開してきたオバマだが、このへんでクリントン陣営の姑息な攻撃作戦に対抗する手段が必要かもしれない。

11. Ohio focuses on the economy issue

Meanwhile, Clinton waged yet another marathon day on Monday, beginning in Ohio and ending in Texas. She sounded a populist economic theme as she courted voters who have suffered with the decline of manufacturing in Ohio and other industrial Midwestern states. Then, in military-friendly Texas, Clinton broadened her message to include veterans' issues and to trumpet her backing from a string of top military officers.
オハイオ州最大の問題は不況
一方クリントンは、3日月曜の時点ではオハイオを皮切りにテキサスまで、まる一日マラソンのような遊説の行程を走破した。遊説のスピーチの中で、彼女は特にオハイオ州や周辺の中西部の州で工業生産が頭打ちになり経済低迷で困窮している問題にふれ、有権者の関心とリンクする経済再建をテーマに語った。その後向かった軍隊経験者の多いテキサスでは、クリントンは退役軍人に対する社会保障問題や、ビル・クリントン大統領時代以来の一連の軍部官僚からの支持を並べて、軍事問題に対する彼女の見解の広さをアピールした。
d0123476_18145448.jpg
大統領時代からクリントン家は労働組合からの厚い支持層で支えられてきたが、強敵オバマがこの地盤をも徐々に切り崩しつつある。しかし教職員組合は女性が多いせいか、相変わらず全米でクリントン支持の傾向が強い。ニューハンプシャーでの勝因も州教組委員長から州知事にのし上がったジーン・シャヒーン女史の強力な支援活動の結果だった。

12. Criticizing Obama as a naive new comer

She predicted a strong showing in the primaries and said she was looking ahead to the next major contest — Pennsylvania on April 22. Clinton also worked to underscore her core campaign theme that she is the more experienced than Obama, a first-term senator she blasts as more talk than action and woefully unequipped to deal with national security and foreign policy issues.
オバマを経験不足の未熟者と批判
今回の予備選は彼女のしぶとさを証明する絶好のチャンスと自覚しており、その証拠として、4月22日に予定されている今後最大の、ペンシルバニア州での予備選を見据えていると語った。クリントンはまた、今回の彼女の選挙運動の基本テーマである「オバマよりも経験者」という点をさらに強調して演説した。オバマは、2006年に選出された上院議員歴1期目で、ワシントンでの政治家歴わずか2年の新人だが、クリントンはオバマを「口だけで行動がともなわない。防衛問題や外交政策に関しては恐ろしく不用意だ」という攻撃に徹した。
d0123476_18165033.jpg
オハイオ州のモーターショーでトラクターに試乗するオバマ 中西部の農村地帯は95%以上が白人で攻略難航

13. Clinton sells equipment of experience

She held a one-hour town hall meeting Monday night that was aired around the state on a sports-oriented cable television network, and the event was streamed on the campaign's Web site. Both candidates launched new television spots in Texas and Ohio to make their closing arguments.
クリントンのセールスポイント「キャリア」
クリントンは月曜の夜、テキサスの町でタウンホールミーティング(自治体集会所での有権者との討論会)を実施したが、その一部始終はケーブルテレビのスポーツチャンネル系で全州に放映されたほか、彼女自身のウェブサイトでも同時放映された。クリントン、オバマ両候補とも、テキサス州とオハイオ州で新しいテレビスポットCMを流し、最後の対決への意志を明らかにしている。
d0123476_18181432.jpg
ヒラリーはクリントン大統領時代から教育には特に力を入れてきた ヒューストンの小学校でメキシコ系の生徒と

14. From enormous leads to the last stands

Obama campaign manager David Pollute called Tuesday "the last big window of opportunity" for Clinton, noting that "enormous leads" she enjoyed as recently as two weeks ago had dwindled or evaporated. But he also acknowledged the race was not over. Senior Democrats have begun to speak out in public about the impact a continuation of the bruising campaign might have in a fall confrontation with McCain.
2週間で有権者の20%がクリントンからオバマへ
オバマの選挙対策本部長デーヴィッド・ポルートは、今回のミニスーパーチューズデー4州予備選を「クリントン候補にとって最後に残された最大の可能性」と性格付けている。その証拠に、わずか2週間前まではクリントン候補が甘受していた「巨大なリード」が、現在ではほとんど僅差に縮まり、ある地区ではまったく差がなくなりタイの状況になった事実を挙げている。しかしながら、レースはまだ終わっておらず今後も続くという予測もまた、彼はしっかり認識している。このような状況に際して、民主党の長老は「両候補の間で熾烈をきわめる攻撃合戦がこれ以上続けば、今週11月の共和党マケイン候補との最終的決戦に悪影響を与える」と公然と心配し始めている。
d0123476_18194259.jpg
テキサスは快晴で有権者が早朝から投票所に列をなす この州では予備選とコーカスのテキサス・ツーステップ方式
一方オハイオの天候は、あいにくのみぞれまじりの荒天 しかし熱心なオバマ支持者はずぶ濡れでも運動を止めない


15. Fighting risks Democrats' popularity

Sen. Sheldon Whitehouse, D-R.I., told Providence radio station WPRO on Monday, "We can't go all the way through to the convention fighting with each other while McCain and the Republicans lob in whatever free shots they want." Whitehouse, a superdelegate who supports Clinton, added, "Let's see how Tuesday plays out, and then let's start thinking about how we're going to get behind a candidate."
両候補対立の溝はマケインには有利
民主党ロードアイランド州選出のシェルドン・ホワイトハウス上院議員は、3日月曜に州都プロヴィデンスのラジオ局WPROの放送で、予備選での両候補激戦の状況を次のように語った。「オバマ・クリントン両候補が夏の党大会までお互いに攻撃の手を休めなければ、11月の大統領選の一般投票で、マケイン候補と共和党に対して漁父の利の好機を与えるだけだ」 ホワイトハウス議員は、クリントン支持を表明するスーパー代議員でもあるが、その立場を次のように説明している。「火曜の予備選がどんなふうに展開するか、様子を見てみよう。どうやって支持候補者を決めるかについては、結果が出た後で考え始めてもいいじゃないか」
d0123476_18205389.jpg
メディアに登場当初は、美人の誉れ高く人気もあったマケイン夫人シンディだが、先月後半にオバマ夫人のミシェルを愛国心がないと批判しだしたあたりから、高慢ぶりがやたら鼻につく50代のミセスアメリカに成り下がった感がある

16. Closing deal for McCain?

She held a one-hour town hall meeting Monday night that was aired around the state on a sports-oriented cable television network, and the event was streamed on the campaign's Web site. Both candidates launched new television spots in Texas and Ohio to make their closing arguments.
マケイン、マジックナンバーへ王手
民主党両候補の接戦に有権者の関心が集中しがちだが、共和党側でも元ベトナム戦争捕虜のジョン・マケイン上院議員と共和党首位候補争いを展開してきた元アーカンソー州知事のマイク・ハッカビーが、両者ともテキサス州で遊説中である。ハッカビーは、テキサス州での意外な勝利に勝負を掛け、マケインが共和党の大統領選指名権を獲得するのを阻止する意気込みである。 [了]

【米国時間 2008年3月6日 『米流時評』ysbee 訳】
»» 次号「ヒラリーはモンスター!失言でオバマの外交参謀辞任」へ続く
d0123476_18215817.jpg
結果的に4州でマケインに負け、14カ月の選挙運動最後の日となったマイク・ハッカビー CNNインタビューの後方で地元の運動員と一緒に「I Like Mike!」のパネルを掲げるのは、いつも脇に連れ添った健気な愛妻ジェーンさん
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7430601
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7430601

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。2月末に風邪で休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援のほど、よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif


ブログランキング社会経済ニュースでベストテンに戻りつつ…あるのかな?
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻りました。ありがとうございます!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリックに深く感謝!

d0123476_1916346.jpg
米国時間 3月6日現在 予備選得票チャート ▶本日までの民主党・共和党全米大会代議員獲得データへ


クリックして、この下の「米国大統領選特集」各記事の目次とリンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-06 18:45 | 2008年米国大統領選

審判の日・前編 テキサス・オハイオ民主党の決戦

f0127501_128435.gif
  ||| テキサス・オハイオ州民主党の決戦 |||

d0123476_8241781.jpg
テキサス、オハイオ、ロードアイランド、バーモント、全4州予備選
オバマが勝てば民主党首位決定、共和党はマケインのラストスパート


米国時間 2008年3月4日 午前9時45分 | AP 通信・政局分析 | 訳『米流時評』ysbee
テキサス州ヒューストン発 |3月4日の朝が明け、テキサス州とオハイオ州が民主党の首位候補権の勝敗を争う最後の決戦となるか、と予測されている4州での予備選投票が始まった。東部のロードアイランド、バーモント両州でも投票が開始されたが、何と言っても圧倒的な代議員数を保有するテキサス州とオハイオ州が、両候補にとっては天下分け目の闘いとなる。

事前調査でもテキサスがオバマ46%:クリントン40%、オハイオがオバマ40%:クリントン48%という「Neck and neck=五分五分」の結果が出ている。両州でバラク・オバマ候補が勝てば、ほとんど首位候補確定のサヨナラホームラン。しかしライバルのヒラリー・クリントン候補の陣営が予備選直前にオバマの寄金者のスキャンダルを漏洩。このネガティブな作戦が功を奏してクリントンが両州を制覇すれば、一度は最有力候補だった彼女の立場を回復する一打逆転のチャンスでもあり、全米が固唾を飲んで票のゆくえを見守っている。

トップ:テキサス州のオバマの演説会に集まった聴衆 ほとんどローマ法王の祝福を受けるような雰囲気の救世主人気
d0123476_8244415.jpg
Day of Reckoning Dawns for Clinton, Obama
Former first lady seeks victories to salvage presidential campaign

MARCH 4, 2008, 9:45 a.m. | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee
HOUSTON, Texas — Barack Obama sought a knockout against rival Hillary Rodham Clinton as voting began Tuesday in crucial races in Texas and Ohio, where the former first lady desperately need a win to salvage her once-powerful candidacy for the Democratic presidential nomination.


__________________________________________________________________
MARCH 5, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

  A S S O C I A T E D P R E S S | A N A L Y S I S

テキサス・オハイオ民主党の決戦 ファイナルチューズデー予備選
米国時間 2008年3月4日 午前9時45分 | AP通信・予備選分析 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_825494.jpg
1. Judgement Day in four states
Voters in two other states — Vermont and Rhode Island — also cast ballots on Tuesday in contests that offer a total of 370 delegates. But Texas and Ohio are pivotal, providing Clinton with what could be her last chance to end Obama's string of 11 wins and keep alive her hope to become the U.S.'s first female president.
4州予備選で審判の日
もう2つの州、バーモントとロードアイランドでも4日火曜に予備選が行なわれるが、これら4州全体の代議員数合計は370名にもなる。しかしその中でも特にテキサスとオハイオの2州は、クリントン候補がオバマ候補の11州連戦連勝にストップをかけ、米国初の女性大統領誕生への彼女の夢をつなぐ最後のチャンスとなる天下分け目の戦場として、今回の火曜予備選の焦点となっている。
d0123476_8262316.jpg
テキサス州はカリフォルニアの次にメキシカン人口の多い土地 投票所入口に立つ看板も英語とスペイン語で併記

2. Pivotal battle field for top 3 candidates

Republicans also compete in the same four primaries, and a strong showing by presumptive nominee John McCain could allow him to clinch the nomination that is already well within his grasp. In Houston, both Obama and Clinton expressed confidence in their chances. But both sides acknowledged that split decisions on Tuesday and close votes could prolong their fierce and often acrimonious battle for at least another month — or more.
3候補天下分け目の決戦場
共和党もまた同じく4州で予備選を行なうが、すでに首位確定に近いジョン・マケイン候補が圧倒的強みを見せ、もう一歩で手が届く共和党候補指名権を勝ち取るのに必要な代議員数を達成する山場になるものと見られている。テキサス州ヒューストンではオバマ、クリントンの両候補とも、それぞれこの州で勝つチャンスに対して自信を見せている。しかし両陣営とも火曜の結果が引き分けであれば、今後少なくともひと月あるいは最悪の場合それ以上、両者の間で展開している熾烈な、時として敵意に満ちた闘いが、さらに続くものと予測されている。
d0123476_7582488.jpg
代議員数15名という小さな州バーモントでもオバマ強し 熱心な支持者が仕事そっちのけでキャンペーンをはる

3. Worry about divisive development

Senior Democratic officials worry that this could undercut the party's chances of taking the White House. "We know this has been an extraordinary election. It continues to be. We're working hard to do as well as we can," said Obama, who planned to await the Texas returns in San Antonio. "I'm just getting warmed up," Clinton told reporters, a clear sign that she expects to press the campaign on beyond Tuesday no matter the outcome. She also dismissed concerns that the prolonged campaign could hurt the party, saying Democrats will rally behind the eventual nominee.
両派の対立を危惧する民主党幹部
民主党の長老は、2候補間のこうした激しい抗争が続けば党支持者を二分してしまい、11月の本選で民主党候補がホワイトハウス入りするチャンスの障害となりうると危惧している。
「我々は今回が特別な大統領選であることをよく承知している。これからもそう言う状態が続くだろう。われわれはできる限り全力を尽くしている」サンアントニオ市でテキサス州の開票結果を待つ予定のオバマ候補は、熾烈な選挙戦への対応をこう語った。一方クリントン候補は、今回のミニスーパーチューズデーの予備選結果がどう出ても、それ以降もキャンペーンを推していくことをほのめかすような、はっきりとした意思を記者団に明らかにした。彼女はまた、オバマ氏との間で長引く首位候補争いは本選での民主党の立場を害するという意見を否定して、民主党はいずれにしろ最後に残った候補者を応援するだろうと語った。
d0123476_8281533.jpg
堅実な州民性で知られるオハイオ州 ニューヨークやロスの流行をあえて排斥するような頑固なローカリズムでも有名
ということは、大局のオバマブームに抵抗したニューハンプシャー州の二番煎じで、クリントンに有利になるかも


4. Bill Clinton's projection

Former President Bill Clinton has asserted that his wife must win both Texas and Ohio to keep her campaign alive. But his wife's advisers have recast the stakes, saying if Obama lost any of the four presidential primaries it would show voters are having second thoughts about him. Polls show tight races in both Texas and Ohio.
ビル「テキサスとオハイオは必須」
ビル・クリントン元大統領は「ヒラリーが選挙戦を続けるためには、どうしてもテキサスとオハイオの両州で勝たねばならない」と発言した。しかし彼の細君の選挙参謀たちは、今回の4州予備選での結果とその後の攻防を、次のように解釈している。「これら4州の大統領選予備選で、もしもオバマがどれかひとつでも負けたとすれば、それは有権者が彼の大統領としての資質を再検討して考え直した証拠になるだろう。」確かにテキサス州でもオハイオ州でも、事前の有権者に対する調査では、支持者のパーセンテージがほとんど拮抗する激しい闘いの兆候を示している。
d0123476_8305342.jpg
予備選のターニングポイントとなったサウスカロライナ州でのオバマの圧勝。その直後のインタビューで「サウスカロライナでは以前にも(黒人候補の)ジェシー・ジャクソンが勝ったよ。(だから今回もその他の州では負けるよ)」と発言したビル・クリントン元大統領。これが、黒人候補の可能性を認めない人種差別的発言と解釈されたのが原因で、同情票というか憤慨票がオバマに集まり、その後の各州の予備選で13連勝を可能に(11州と米領バージンアイランド、海外居住者区分票)。その前にも「Biggest fantasy we've ever seen」(こんなできすぎたおとぎ話は聞いたこともない)と、オバマのキャリアと支援するジャーナリストを揶揄。ビルのこうした一連の差別発言が、黒人だけでなく白人の知識人層の有権者を、従来のヒラリー支持から新人オバマへと転向させる大きな動機となったと批評されている。その後も「Shame on you」と、ヒラリーよりも前にメディアを直接侮蔑する暴言を吐いたりで、クリントン陣営の大きなマイナス点を作ったため、メディア全体から総スカンを喰い、ここ数週間は自重している様子。

5. Texas show down for Obama

The Obama campaign saw Texas as their best opportunity, while the Clinton campaign saw Ohio as theirs. Polls showed Clinton ahead in Rhode Island, but Obama leading in Vermont. Obama, who is trying to become the first black U.S. president, has won 11 straight contests since the Feb. 5 "Super Tuesday" series of races. He has also been gaining ground among superdelegates — senior party officials who are free to vote as they wish. And, as his victories have piled up, Clinton's support has begun to erode.
テキサスはオバマの決定打となるか
オバマの選挙運動本部では、クリントン陣営がオハイオ州を挽回のチャンスと見ているのと同様に、テキサスをオバマの首位指名に王手のかかるベストチャンスの州として捉えている。事前調査では、ロードアイランド州でクリントンが確実にリードしているが、バーモント州では逆にオバマが上位に立つ。
オバマ候補は米国史上初の黒人大統領実現を目指しているが、2月5日実施されたスーパーチューズデー各州予備選以降各州で行なわれてきた一連の予備選で、11州連戦連勝というめざましい実績を達成した。彼はまた各州民の投票数を反映して設定される「通常の代議員/delegates」とは別格の、個人意志で支持する候補を自由に選択できる民主党長老が主体の「スーパー代議員/super delegates」の間でも、確実に支持者の地盤を拡げている。かくしてオバマの勝利が積み重なるほど、クリントン支持のスーパー代議員の数は喰われてきている状況である。
d0123476_8314178.jpg
テキサスは、ブッシュが州知事から大統領へとジャンプした共和党の強い保守的土地柄。オバマがここでどれだけ保守票を取り込んでマケイン(アリゾナ州選出)の後背地を切り崩せるか、またクリントンびいきで黒人に対抗意識を持つメキシカン支持層をどれだけ説得できるか、今回の予備選最大の注目を浴びるキーステーツである。

6. Clinton's last stand, Texas and Ohio

Clinton needs to win by sizable margins in Ohio and Texas to cut into Obama's lead in the delegate count because they are awarded proportionally. And even if Clinton wins the popular vote in Texas, she could wind up with fewer delegates than Obama because of the state's unique same-day primary and caucus system. Clinton was opening Election Day in Houston, but then heading back to Ohio for more campaign events. She will await results in Columbus, the state capital, before returning to Washington.
クリントン最後の砦、テキサスとオハイオ
一方クリントン候補が代議員獲得数でのオバマのリードを切り崩すためには、オハイオとテキサスは比例代表制をとっているので、両州でオバマにかなりの差をつけて勝つことが必要である。しかも、たとえクリントンがテキサスでの「Popular Vote=一般有権者の支持候補への投票」に勝ったとしても、オバマとはさして大差のない代議員数を獲得して終わる。なぜなら、テキサス州の民主党はこの州独特の「テキサス・ツーステップ方式」を採っており、同じ日に「Primary/プライマリー=一般有権者の第一次投票」と「Caucus/コーカス=党員登録者の投票」のダブルシステムで予備選が行なわれるからである。
d0123476_8293228.jpg
面積ではアメリカ最大の州テキサスは、ヒューストン、ダラスなどの大都市とメキシコに近い南西部の過疎地との人口と経済の社会格差が激しい 政治的には保守の砦であるが人口増加層を形成するメキシカンのクリントン支持も根強い

7. Math of delegates by DNC in Denver

A total of 2,025 delegates is needed to secure the Democratic nomination at the party's convention in late August in Denver. Slightly more than 600 delegates will remain to be picked in primaries and caucuses in 10 states after Tuesday's races, beginning with Wyoming caucuses this weekend and a Mississippi primary on March 11. Pennsylvania is the biggest state remaining, with 158 delegates in a primary on April 22.
8月の党大会までの代議員とりまとめ
今夏8月にコロラド州デンバーで開催されるDNC/民主党全米大会で大統領選の指名候補権を得るためには、最低限合計2,025名の代議員の支持を必要とする。今回のミニスーパーチューズデー予備選以降、あとは10州での予備選とコーカスを残すばかりとなり、審判を下す代議員数は600名少しだけである。予備選終盤の第一戦が今週末のワイオミング・コーカスで始まり、引き続いて3月11日のミシシッピ州予備選、そして4月の22日には残された州の中でも最大の、158名という大所帯の代議員を抱えるペンシルバニア州予備選が控えている。  »» 後編へ続く

【米国時間 2008年3月5日 『米流時評』ysbee 訳】
»» 次号「後編 8月民主党大会まで続く?オバマ・クリントンの死闘」へ続く
d0123476_8324229.jpg
今回の予備選の過熱で、テキサス州ではすでに200万人が早期投票を済ませたという驚異的数字 しかもそのほとんどが出口調査で民主党に投票したと回答 結果はオバマがバーモント州をクリントンが残り3州を奪取して死線から回復
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7412759
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7412759

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。2月末に風邪で休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援のほど、よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif


ブログランキング社会経済ニュースでベストテンに戻りつつ…あるのかな?
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻りました。ありがとうございます!


d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに深く感謝!

d0123476_1571433.jpg
米国時間 3月5日現在 予備選得票チャート ▶本日までの民主党・共和党全米大会代議員獲得データへ


クリックして、この下の「米国大統領選特集」各記事の目次とリンクへ
[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-05 10:24 | 2008年米国大統領選

予備選の二日酔い・ヒラリーのテキサスサバイバル

f0127501_128435.gif
  ||| ヒラリーのテキサス・サバイバル |||

d0123476_1742090.jpg
ビル・クリントン大統領選カムバックキッドの伝統で甦ったヒラリー
オハイオ・テキサス最後の砦を死守したクリントン、しぶとさを証明


d0123476_18552829.gif初めにお断りしておきますが、次の記事は3月4日のミニ・スーパーチューズデーの予測記事として、昨日の朝MSNBC.comで読んだ記事です。それまでにも今回の予備選に関する事前予測分析の、数十という関連記事を読んでおりましたが、この記事が一番ポイントをついているように思えましたので紹介する次第です。

d0123476_17424025.jpg
午前中にフォーマットを作り素材の写真を揃えたりしていましたら、翻訳に取りかかる頃にはもう肝心の予備選の投票が始まってしまい、テキサスやオハイオから有権者の過熱ぶりを伝えるテレビのライブ中継が面白く、ついつい今朝明け方までテレビ観戦。投票所まで何キロも続く長蛇の列やごった返す投票風景から、ローラーコースターのように勝敗が逆転した開票速報、結果が出た後の評論家の呆然ぶりやゴタクなどなど、下手なスーパーボール顔負けの勝負の面白さに惹き込まれて今日は予備選の二日酔い状態です。(特にクリントンの勝利演説を聞くと、吐き気が……)
d0123476_17433660.jpg
そんなこんなの恒例の予備選ライブを今回もうだうだ書き連ねましたので、おひまな方はこの前の記事で、開票結果の紆余曲折をなぞってみてくさい。さて一夜明けて、的確な評論記事はないかとあちこち読み比べしましたが、いつも推奨する評論家諸氏は徹夜のテレビ出演で精力を使い果たしたと見えて記事が上がっておらず、皆さんオバマ支持者であったことを図らずも論外に証明した感がありました。(何しろガリガリの保守強硬派まで「あいつには欠点がなくて攻めどころがない」とぼやくほどですから)
d0123476_1744349.jpg
そこで、予備戦の後に予備選予測の評論記事を紹介するというおかしなタイムラグで、ちょっと戸惑う箇所もあるかと思いますが、当り外れもしっかり見通せて面白いので、この次のエントリーで 予備選分析記事『Day of Reckoning=審判の日』をお届けする次第です。こうした事情で日付も逆行したりする不都合を何とぞご了解の上、前後2編でのエントリーをお知らせ申し上げます。
(やはり二日酔い気味。アルコール抜きなのに……クリントンの…毒気が…抜け…ない……)

【米国時間2008年3月5日朝 ysbee 記】 »» 次号「民主党の決戦テキサス・オハイオ編」へ
d0123476_1023580.jpg
d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7422933
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7422933

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。風邪で4・5日休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援のほど、よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベストテンに戻りつつ…あるのかな?
ブログランキング・にほんブログ村へ  おかげさまで、ブログ村の国際政治部門でトップに戻りました。多謝!

d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックにひたすら感謝!
d0123476_4274095.jpg
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選の早読み・深読み
連載予告「ドリームボーイ」バラク・オバマ*
3/05  予備選分析前編 オハイオ・テキサス民主党の決戦d0123476_10413398.jpg
3/05  予備選の二日酔い・ヒラリーのテキサスサバイバル
3/04  セカンドスーパーチューズデー予備選開票速報
3/01  終幕へのベルが鳴るヒラリー最後の舞台
3/01  土壇場のヒラリー最後の秒読み
2/19  ウィキウィキ チューズデー予備選開票速報
2/17  オバマ口説けるか?エドワーズとキングメーカー会談
2/14  ロムニーのバレンタインギフト、マケイン支持表明
2/12  ポトマックチューズデー予備選開票速報実況ブログ
2/09  予備選ウィークエンダーLIVE速報
2/07  共和党ミット・ロムニー大統領選から撤退
2/06  グローバルウォッチ予備選レポート・後編
2/06  グローバルウォッチ予備選レポート・前編
2/05  スーパーチューズデー"LIVE"開票中継ブログ
2/04  'Yes We Can' なぜオバマなのか?のメッセージビデオ
2/03  マリアの選択 サクラメントの秘跡
1/31  究極のキングメーカー ジョン・エドワーズ
1/30  米流時評「キングメーカー 予備選で淘汰される支流候補」
1/30  第三の男 ジョン・エドワーズの決断 大統領選から撤退
1/29 フロリダの回答 マケイン対ロムニーに絞られた共和党
1/27  米流時評「ミラクルメーカー バラク・オバマ」*
1/12  米流時評「米大統領選の先読み・共和党編」
1/11  米流時評「米大統領選の先読み・民主党編」
1/06  米流時評「墓穴を掘ったヒラリー」意地悪婆から泣き婆へ
1/05  米流時評「バラク・オバマはケネディの再来か」*
1/03  オバマ予備選で歴史的勝利!次点エドワーズ、クリントン3位
07/08/09  オバマの問題発言「パキスタン派兵」とイラク戦争批判*
07/04/28  堕ちた偶像アメリカの復権に賭ける民主党大統領選候補*
06/10/28  バラク・オバマ フィーバー/08年大統領選のスーパースター*


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-05 09:45 | 2008年米国大統領選

終幕へのベルが鳴るヒラリー最後の舞台

f0127501_128435.gif
    ||| ヒラリー終幕への十三階段 |||

d0123476_1394658.jpg
3月4日のセカンド・スーパーチューズデーに賭けるクリントン
テキサス・オハイオ州予備選の決戦はヒラリーの終幕となるか?


By エリノア・クリフト | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 訳『米流時評』ysbee
米国時間 2008年2月29日 | 前号「土壇場のヒラリー最後の秒読み」からの続き
今週、クリントン陣営が素材の提供元とされる一枚の写真が(クリントンのルウィンスキースキャンダル以来暴露記事で有名な)ドラッジ・リポートのサイトに現れたときは、ちょっとした騒動だった。それは、バラク・オバマがアフリカ訪問の際に同地の民族衣装をつけた写真であった。

トップの写真は、2004年発行のヒラリー・クリントンの伝記でベストセラー『Living History』。出版当時は「ファーストレディとして歴史に残る人生」という意味で付けたタイトルだったのだろうが、現在では図らずも、英語でのもうひとつの意味「過去の人物」がふさわしい状況になってきている。
d0123476_1291687.jpg
Day of Reckoning: The Final Countdown–2
Before the second Super-Tuesday, Clinton HQ sees signs of serious trouble

By Elenor Clift | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — There was pandemonium this week when an image of Barack Obama in African garb appeared on the Drudge Report, sourced to the Clinton campaign.


__________________________________________________________________
FEBRUARY 29, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

   N E W S W E E K | W E B E X C L U S I V E

ヒラリー最後の決戦、セカンド・スーパーチューズデー予備選目前
米国時間 2008年2月29日 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_12102523.jpg
10. So-called 'silly season of election' began
There was pandemonium this week when an image of Barack Obama in African garb appeared on the Drudge Report, sourced to the Clinton campaign. A day of witch hunts apparently yielded nothing, and Obama took Hillary's word that as far as she knew her campaign was not behind it. Donning unusual cultural costumes is a diplomatic gesture, not a career-ender.
大統領選「馬鹿げた季節」の開幕
(クリントン陣営がせっかく仕掛けた)魔女狩りの企みは、翌日の討論の質問に上ったが「私の知る限り、我々はこの誹謗中傷とは関係ない」と開き直ったクリントンの言葉をオバマが真に受けたので、1日とおかずに何事もなく終わってしまった。珍しい民族衣装を身につけるのは外交的社交辞令であって、(彼の政敵が望むような)政治家としての経歴を汚す原因にはならなかった。
d0123476_18231100.jpg
ヒラリー・クリントンも大統領夫人時代にアフリカを始め各国の民族衣装を外交辞令として身につけた経験がある。
バラク・オバマは92年に彼の父の故郷ケニアを訪れた際に現地の伝統的衣装を身に着けたが、この装束がイスラム系ではないかということで保守系ブログ上で物議をかもした。ヒラリー側では写真の出所を否定している。


11. Paint Obama as somehow un-American

It's not like when Michael Dukakis wore a helmet and rode around in a tank to prove his national-security bona fides. The furor died down pretty quickly—for now—but it was one more element in a budding storyline, nurtured by conservatives, that is calculated to paint Obama as somehow "other," not a red-blooded American, not one of us.
オバマの異端視を謀る保守強硬派
オバマの「問題の写真」事件は、マイケル・デュカキスが治安体制への侍精神を見せつけようとして、兵士のヘルメットを冠って戦車を乗り回して失笑を買った一件とは、一線を画する。この騒ぎはきわめて迅速に治まった。あくまで今のところは、だが。それというのも、このエピソードの支流のようなもうひとつの騒動が派生したからである。それはオバマをなにか生粋のアメリカ人、われわれと同じ人間とは異なる「異邦人」として色付けしようと計算された企みだった。
d0123476_18233879.jpg
この事件というか勇み足は、マケイン支持者のニュースアンカーが、すでに過去にも何度も話題にのぼったオバマのミドルネーム「フセイン」を、マケイン支持集会で事を荒立てるように連呼した出来事である。しかし「人種差別」と指摘するメディアの猛烈な批判を怖れて、マケイン自身が記者会見で正式に謝罪し、事なきをえた。さらにはマケインが、保守派のメディアから「弱腰」と叩かれるおまけまでついた。

12. Clinton's 'state of denial'

The much vaunted Clinton campaign operation, billed as the biggest, baddest game in town, had no post-Super Tuesday strategy because its leaders apparently didn't think one was needed. Whether that's due to arrogance or ignorance, it's the campaign equivalent of what President Bush did in invading Iraq without a post-Saddam plan.
クリントンの「否定の帝国」
昨年発足当初は賞賛の的だったクリントンの選挙運動は、ワシントンでも最高のスタッフをそろえ最強の戦略を展開してきたはずだった。しかし選挙参謀は(それまでにはヒラリーが首位確定するだろうから)明らかにその必要がないと判断したためだろうか、2月5日以降のポスト・スーパーチューズデーの戦略を用意していなかった。その判断が傲慢から出たものか、現実を無視した結果なのか、いずれにしろクリントン陣営のその体勢は、ブッシュ大統領が「ポスト・サダム」プランを用意せずにイラク侵攻に踏み切った体制と、軌を一にする。
d0123476_12135491.jpg
ヒラリーの有力支持者のひとり、メキシコ系女性票を握るニタ・ロウイー議員。この応援演説のあと興奮しすぎて実際に失神した。どうもクリントン陣営にはこういう血気盛んな女性が多く、ヒラリーを始めジョークの種に事欠かない。

13. Obama's eleven consecutive victory

The primaries are in a very true sense a practice run for the White House, and if you emerge with high marks, as Obama has, it's a pretty clear statement of the kind of government you would run. Obama has shown a steadiness in demeanor and message.
オバマ、予備選11州連勝の理由
「プライマリー/予備選」とはまさに真の意味で、ホワイトハウスへと登竜する人物の資格として「予め体制を備える」ために、国民との直接のふれあいを通して政治のシステムを身をもって習得していく過程にちがいない。そこでもし高い得点を取得できれば、ちょうどオバマが行く先々で証明したように、それは「どのような体制の政府で政治を実践したいのか」という、かなり明快な宣言でもありうる。オバマは(真の民主主義を実現しようとする)たゆまぬ意志を、その果敢な態度とメッセージの中で一貫して体現してきた。

d0123476_12195545.jpg
オバマの演説会は、どの州のどの都市でも「市の歴史始まって以来」という聴衆が雲霞のごとく集まる。数万人という数なのでスタジアムなどで実施されるが、それでも入りきれない市民が会場の外にあふれる。これはその一場面で、中での演説を終えたあと会場の外の群衆にも同じく演説を施すバラク・オバマ。ちなみにクリントンの演説会は2千人前後、共和党ジョン・マケインの演説会は300〜600人前後というデータが出ている。マケインの場合は常に、高級ホテルのパーティー会場で資金集めのチャリティを兼ねて実施されることが多いせいかも知れない。

14. Confusing sprit personality

Clinton has blown through $120 million dollars, and her persona is more confused than ever. A USA Today cartoon captures the shifting moods with a political weather map and a "Five-day Hillary Forecast: Monday…Friendly; Tuesday…On the attack; Wednesday…Complimentary; Thursday…Hostile; Friday…Conciliatory."
バイポーラーの分裂症的性格露呈
ヒラリー・クリントンは、1.2億ドル(約140億円)も費やした挙句、彼女の人格は以前にも増して不可解な混迷の印象を与えるに終わった。『USA Today』紙に載ったマンガが、彼女の気性の激しい変わりようを政治の天気予報として次のように揶揄していたのは、まさに痛いところをついている。 「ヒラリー地方の5日間の予報:月曜…フレンドリー/火曜…攻撃モード/水曜…ごますり/木曜…敵意むき出し/金曜…仲直り」
d0123476_182410100.jpg
CNNの討論会の最後では「バラク・オバマとこうして肩を並べられて光栄です」などとしおらしく謙遜の態度に出て各方面から賞賛されたのに、その翌々日にはバラク陣営のチラシを手にして悪名高い「Shame on you=恥を知れ!」を絶叫。記者団を介して「Meet me in Ohio=オハイオ(の討論会)で会おうぜ」と捨て台詞。これはよくチンピラの喧嘩で「Meet me outside=外に出てカタつけよーじゃねーか」という時に使う常套句で、ご婦人の口からこの啖呵が出たのには、さすがのアメリカ人にもショックだったようだ。ニュースチャンネルではこのシーンをハイライトとして全番組がこぞって扱ったために、すっかりこのヒステリックな態度が「バイポーラー・ヒラリー」(分裂症的・二重人格傾向のヒラリー)として定着してしまった。それにしてもチラシの内容は「クリントン時代に認可したNAFTAの貿易規制緩和のおかげで、中国やカナダ製品に押されて国内産業が不景気に陥った」というきわめてもっともな批判の内容で、「恥を知れ!」はむしろオバマがクリントンに投げかけてもいい台詞だった。しかし、彼の場合は知性が邪魔をして、決してそんな暴言は吐けない良識の人なので安心。

15. Judged by a double standard

Clinton thinks she is judged by a double standard, or by a standard that can't be met. As the first woman to seriously contend for the presidency, she's required to be two things at the same time: the tough commander in chief and a guardian of home and family values. The two don't easily go together, and there is no obvious precedent.
大統領に求められる内柔外剛の両面
クリントン自身は、彼女はダブルスタンダードで評価されて損だとこぼす。もしくは割に合わない物差しで測られるとも。大統領の座を狙う有力候補としては米国政治史上初めての女性として、彼女にはふたつの条件が同時に問われる。タフな精神の戦時大統領としての全軍指揮官と、家庭・家族の価値を護る守護神の、二つの役割である。両者はなかなか、たやすく同時に実現できるものではない。またこれといった先例の大統領も存在しない。
d0123476_12291730.jpg
この写真を見るたび、この人が大統領にならなくてよかったと胸をなでおろす今日この頃である。まだ3日早いが…

16. Thatcher had a great toughness

When it comes to toughness, former British prime minister Margaret Thatcher comes to mind. She famously warned former President Bush not to go "wobbly" before the first Persian Gulf War. It was said of her, not entirely tongue in cheek, that she was the only man in the cabinet.
女性宰相の鑑サッチャー元首相
「タフな宰相」の代表と言えば、英国のマーガレット・サッチャー元首相がまず頭に浮かぶ。第一次湾岸戦争の直前に、彼女が元ブッシュ大統領(パパブッシュ)に対して「攻めるならまごつかずに斬り込め」と忠告したのは、有名な話である。全く歯に衣着せずに言えば、これは彼女が友軍首脳部の中で唯一の「男」だった事実を物語るエピソードである。
d0123476_12501799.jpg
「プロのポリティカルビジネスマン」として定評ある夫君ビル・クリントンは、先週オハイオ・テキサス両州の予測について記者から質問を受け「大人数の代議員を抱える両州で(ヒラリーが)勝たなければ、It's through=終わった」とけっこう冷静な発言をして注目された。ということは、すでに彼の心中では「ヲワタ」の状況なのかも。

17. Not being American Thacher

But Thatcher wasn't married to a former prime minister. Clinton wouldn't have brought her husband into the campaign so publicly if she didn't need him. It's like calling in the National Guard after the Panzer Division fails, quips a friend of Bill and Hillary. It's unclear how many ground troops would be needed to save Hillary's campaign now.
サッチャーになれなかったヒラリー
しかしサッチャー夫人は、元首相の妻ではなかったが首相に選出された。一方クリントンは、彼女の夫君をこれほど公然と選挙運動に参加させるつもりはなかったらしい。もっとも必要としなければの話だが、実際はそうはいかなかった。それはまるで、第二次大戦のアフリカ戦線でドイツ軍のパンツァー戦車隊が負け戦の後に、米軍のナショナルガードを呼んだようなものだ、とビルとヒラリー両者をよく知る友人が例えていた。しかし今となっては、ヒラリーの選挙戦を救うためにいったいどれほど多くの地上軍が必要なのかさえ、さだかではない。 [了]
d0123476_18143997.jpg
»» 次号「オバマとクリントンの選挙戦略比較論・トレンドはマイクロからマクロへ」に続く
【米国時間 2008年2月29日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7390037
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7390037

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。風邪で4・5日休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援のほど、よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースでベストテンに戻りつつ…あるのかな?
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門でトップに戻りつつあります。ぽちっとよろしく!

d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_4274095.jpg
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


[PR]
by ysbee-2 | 2008-03-01 18:00 | 2008年米国大統領選
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31