米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

タグ:東欧MD ( 1 ) タグの人気記事

覇王プーチン来襲「米の東欧MDで冷戦復活」と警告

f0127501_128435.gif

  ||| プーチン「米の東欧MDで冷戦復活」と警告 |||
d0123476_16221643.jpg
 プーチン EUで「米の東欧MD基地計画は冷戦の危機を復活」と警告
 ブッシュ政権 プーチンの「新キューバ危機」説を ナンセンスと否定


ポルトガル・マフラ発 |26日金曜ロシアのウラジミール・プーチン大統領は「米国が東ヨーロッパに建設を予定している防衛ミサイル施設がもたらす対立は、60年代のキューバミサイル危機と共通する点がある」と警告した。「米国は東欧MD計画で、あの冷戦時代の危機のような脅威をわが国の国境線に持ち込もうとしている。」プーチンは、ポルトガルで開催されていたEU-ロシアサミットの最終日を総括する記者会見で、このように表明した。

Putin: U.S. Shield Plan Creates Cold War Tension
Russian leader compares proposal for Europe to Cuban missile crisis
OCTOBER 26, 2007 EST | Associated Press/MSNBC.com | Translation by ysbee
MAFRA, Portugal — Russian President Vladimir Putin said Friday the proposed U.S. missile defense shield in Eastern Europe has similarities to the Cuban missile crisis of the 1960s. "Such a threat is being set up on our borders," Putin said at a news conference at the conclusion of a European Union-Russian summit meeting in Portugal.

__________________________________________________________________
OCTOBER 26, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

Associated Press | B R E A K I N G

プーチンの来襲「米の東欧MDで冷戦時代の危機復活」と警告
米国時間 2007年10月26日午後8時40分 | AP通信・EUサミット速報 | 『米流時評』ysbee訳


d0123476_162319.jpg
素晴らしく表情の変る希代の皇帝役者ウラジミール・プーチンの3段活用: Putining » Skeputing » Putinistic


1. Friendship with Bush helps ease

At the same time, Putin suggested the tension was much lower that during the Cuban missile crisis because Russian-U.S. relations have moved on since the Cold War, and said he feels the United States is listening to Moscow's concerns about its missile plans. Putin said his relationship with President Bush helps iron out problems in ties with the U.S., calling him a friend.
「ブッシュとの友情でやや緩和」
しかしこの新しい冷戦危機発言と同時に、プーチンは「二国間の緊張は、キューバミサイル危機とは違って、冷戦時代終結以来ロシアと米国の友好関係を育ててきたおかげでかなり和らいだものだが」と言い添えた。また「ロシア政府が米国のミサイル防衛計画に対して非常に危惧していることを、米国はよくわかっていると思う」とも述べ、彼が「我が友」と呼ぶブッシュ大統領との個人的な友情が、米国との友好にひびが入るのを防いだとも表明した。
d0123476_16241196.jpg
7月にドイツで行なわれたG8サミットで仲の良いところを記者団に見せるご両人 ともに任期は来年までだが....

2. State Dept: 'Clear historical differences'

State Department spokesman Sean McCormack disputed the comparison of the missile crisis with the missile defense system, saying, "I don't think they are historically analogous in any way, shape or form." McCormack said there were "clear historical differences between our plans to deploy a defensive missile system designed to protect against the launch of missiles from rogue states, such as Iran, and the offensive nuclear-tipped capability of the missiles that were being installed in Cuba back in the 1960s."
マコーミック「歴史的に全く別者」
プーチンの今回の発言の波紋を受けて、米国国務省のショーン・マコーミック広報官は、東欧MD計画とキューバ危機との比較に対してこう反駁した。「私が思うに、両者は歴史的に見ていかなる見方をしても似ていませんよ。その規模も形態も。」マコーミック氏はこの反論の根拠を、次のように説明した。
「イランのような無頼の国家からミサイルが打ち込まれるのに対抗して、自衛のために設計されたミサイル防衛システムを採用する我々の計画と、60年代にさかのぼって、核弾頭を搭載できる攻撃型ミサイルがキューバに設置された事件とは、両者の間に歴然とした歴史的認識での相違があります。」
d0123476_16245232.jpg
G8サミットでの米・ロシア両国のファーストカップル/国務省のやる気のない広報官ショーン・マコーミック

3. White House: 'sharing thoughts'

White House press secretary Dana Perino noted that Putin also said he believes there's a path where the United States and Russia can work to find a way to get a missile system that works for both countries. "I think if anyone takes a look at his entire comments and looks at them objectively, there's no way you could walk away without thinking that he thinks that we can work together," she said, adding that Bush is convinced that Putin shares the belief that Iran should not be allowed to have a nuclear weapon.
ホワイトハウス「イランの核に対する合意」
ホワイトハウスのダーナ・ペリーノ広報官は、プーチンの「新ミサイル危機」発言に関する記者団の質問に答え、「プーチン自身もまた、米国とロシアの双方にうまく働くようなミサイル防衛システムを共同提案できるような施策の道があるはずだと思う、と言っていたではありませんか」と切り返した。
「どなたでも、まずプーチン大統領の発言全体を通読して、しかも客観的に読めば、彼は『われわれは一緒にやっていける』と思っているという考えにいたらずに、早熟に結論づけることはないでしょう」ペリーノ女史は記者団にこう説明し、さらに「ブッシュ大統領は、『イランには核兵器を持たせるべきではない』という見地では、プーチン大統領と共通していることに納得しました」と補足した。
d0123476_16253064.jpg
手前の米国側:後ろ姿のライス国務長官とゲイツ国防総省長官 対峙するプーチン、外相以下ロシア外交団

4. Radar in Czech, missiles in Poland

The U.S. plan would install a radar base in the Czech Republic and 10 interceptor missiles in Poland — both former Soviet satellites that are now NATO members. It is part of a wider missile shield involving defenses in California and Alaska which the United States says are to defend against any long-range missile attack from countries such as North Korea or Iran. Russia strongly opposes the idea, saying Iran is decades away from developing missile technology that could threaten Europe or North America, and it says the U.S. bases will undermine Russia's own missile deterrent force.
欧州MD: チェコにレーダー、ポーランドにミサイル基地
米国のMD計画は、レーダー基地をチェコ共和国に、10基の迎撃ミサイル発射台をポーランドに敷設するものである。しかも、両国とも旧ソビエト連邦の同盟国だった過去があり、現在では共にNATO北太平洋条約機構の加盟国である。
この計画は北朝鮮やイランからのミサイル攻撃に対応し、いかなる長距離用ミサイルも迎撃できると米国が豪語するカリフォルニアとアラスカにある防衛設備をも含む、広汎なミサイルシールド「ミサイルの楯」の一環である。ロシアはこの計画に強く反対しており「イランがヨーロッパやアメリカを脅かせるような段階までミサイル技術を開発するには、まだあと数十年もかかる。従って米国の東欧MD基地は、ロシア自身のミサイル攻撃力を阻止するものである」とも発言していた。
d0123476_1626278.jpg
ソ連時代には連邦共産圏だったチェコとポーランドも 民主化とEU加盟で今や米国のミサイル防衛計画の一環に

5. Dismisses fears against Russian money

Earlier, Putin tried to assure European leaders that Russian investment was not to be feared. "When we hear in some countries phrases like, 'The Russians are coming with their scary money,' it sounds a bit funny," he said. He said money flowing into Russian government coffers — largely from oil and gas exports — was being used to resolve domestic problems. And he noted that private foreign investors hold large amounts of shares in Gazprom.
ロシアンマネーによる投資への恐怖を払拭
今回の発言に先立って、プーチンは欧州各国の指導者に対して「ロシアの投資は怖れるべきものではない。」と強調した。「『ロシアが恐怖のロシアンマネーをたずさえて来襲』というような文句が、ある国々で交わされるのを聴くと、かなり奇異に感じる」と切り出した。プーチンいわく、「これらの投資基金は、そのほとんどが石油とガスの輸出による歳入であり、ロシアの国内問題を解決するために使われているものである」と説明した。また一方では、外国の投資家グループが「Gazprom=ガズプロム」の株のかなりな部分を買い占めている事実にも、注目するよう促した。
d0123476_1627623.jpg
2000年に就任した頃と比べると、ブッシュもプーチンも老年期に近い しかし雷帝ウラジミールの覇権は続く.....

6. Lisbon meeting with EU president/Portuguese PM

Putin held talks Friday with Barroso and Portuguese Prime Minister Jose Socrates, whose country holds the EU's rotating presidency, at an 18th-century baroque palace in Mafra, a small town about 30 miles north of Lisbon.
EU会長、ポルトガル首相と会談
同じ金曜に、プーチンはリスボンの北30マイルの小都市マフラにある18世紀の宮殿で、前ポルトガル首相で現在EUのバロッソ会長、ポルトガルのホセ・ソクラテス現首相と会談を持った。ちなみに、ポルトガルは現在EU内で持ち回りの大統領職にある。

【米国時間 2007年10月26日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_6414361.jpg
ポルトガルのホセ・ソクラテス首相との前回の会談/クレムリンの大統領執務室で広報のカメラに対応するプーチン

»» 次号「覇王プーチンの明日・ロシア国家体制の構造改革」


d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6454316
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6454316

__________________________________________________________________
||| 中東核戦争 特集記事 |||
d0123476_8345660.jpg序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコンの中東核の戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機 B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?


__________________________________________________________________
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代 | グローバルウォー | イラク戦争 | テロとスパイ陰謀 | 中東・権力の迷宮 | ブッシュと米国政治 | プーチンのロシア | サルコジのフランス | 欧米の見る日本 | ダイハード中国 | トンデモ北朝鮮 | ビルマの赤い川


いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位です。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_8292554.jpg社会経済ニュースでベスト10内。応援よろしくお願いします!

[PR]
by ysbee-2 | 2007-10-26 16:44 | 次世代冷戦時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30