人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

米・イラン25年ぶり外交再開「バグダッド会談」

f0127501_128435.gif
  ||| 米とイラン、バグダッド会談で外交復活 |||
d0123476_21123250.jpg
米国25年ぶりにイランと公式外交再開、次週からバグダッドで会談
米国務省側、イラク平定に協力するイランの積極的役割を期待か?


2007年5月13日 ヴァージニア州ラングレー空軍基地発 |米国とイランは来る数週間、イラクの安定化に積極的役割を果たすものと期待して、バッグダッドでイラン政府代表と会談を持つと、13日日曜ホワイトハウスから発表があった。この会談にはイラク駐在のライアン・クロッカー米国大使が米国側代表として出席するが、米国は従来「イランはイラクのシーア派軍団の後ろ盾であり、原子爆弾を保有する意図がある」として、イランを非難していた。イラン政府では、この糾弾を否定している。
U.S. Iran Agree to Hold Talks in Baghdad
Nations to collaborate on taking 'productive role' in Iraq's security
LANGLEY AIR FORCE BASE, Virginia | MAY 13, 2006 — The United States and Iran will meet in Baghdad in the next few weeks to discuss Tehran taking a “productive role” in Iraq’s security, the White House said on Sunday. U.S. Ambassador to Iraq Chester Crocker will represent the United States, which has accused Iran of backing Shiite militia in Iraq and seeking an atomic bomb. Tehran denies both charges.


__________________________________________________________________
MAY 13, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_2052197.gif

 R E U T E R S | M S N B C . c o m
イラク平定バグダッド会談で米国とイラン25年ぶりに外交再開
2007年5月13日 | ロイター通信/MSNBC.com | 訳:『米流時評』ysbee


d0123476_2164344.jpg1. After 25 years of separation
Iran, which has not had diplomatic relations with the United States in more than 25 years, first announced the talks on Sunday and White House spokesman Gordon Johndroe confirmed the development from Air Force One en route to Virginia with President George W. Bush. “You could expect a meeting in the next few weeks with Ambassador Crocker and Iranians,” Johndroe said. “The purpose is to try to make sure that the Iranians play a productive role in Iraq.”

25年ぶりの米・イラン外交会談
25年以上米国との国交を絶っていたイランは、今回予定されるバグダッド会談を13日日曜に、米国に先立って発表した。ジョージ・W・ブッシュ大統領がヴァージニアを訪れる途上、大統領専用機のエアフォースワンの機内で、ゴードン・ジョンドローホワイトハウス広報官が、この件に関する進展を確認し記者発表した。「きたる数週間のうちにクロッカーイラク駐在大使とイラン政府代表との間で話し合いが持たれます。その目的は、イランがイラクの現況において、平定の方向で積極的役割を果たせよう確認してみるためです。」
d0123476_2175043.jpg
2. 'This is about Iraq'
Iraqi Foreign Minister Hoshiyar Zebari welcomed the talks by saying, “This is a positive sign ... The U.S. is a major player and so is Iran, and there will be a room for some substantial discussions for the stability of Iraq.”
U.S. officials have often said they would meet with Iranian counterparts but that talks would have to be limited to Iraq. There was no indication the upcoming discussions would stray from that position. “This is not about the United States and Iran. This is about Iraq,” Johndroe said, emphasizing that the nuclear issues are separate from discussions about Iraq.

バグダッド会議、イラク政府も歓迎
イラクのホシヤール・ゼバリ外相は今回の会談を歓迎してこう語った。「これは良い兆候です。米国は主役ですがイランもまたしかり。イラク平定に関する根本的討議を図る余地はまだあります。」
米国国務省高官はしばしば、イランの高官と会見するとは言ってきたが、いずれの場合もイラク問題に限定された会談に限られていた。次回予定の会談に関しては、従来同様のスタンスとははずれるのかという点については何らの詳細も付されていないが「この会談は米国対イランの問題ではなく、あくまでイラクの問題を話し合うためだ」とジョンドロー広報官は述べ、イランの核保有問題はイラクの問題解決とは切り離して考えることを強調した。
d0123476_2184082.jpg
3. 'Aim to strengthen security in Iraq'
Iranian Foreign Ministry spokesman Mohammad Ali Hosseini said Iran’s decision to hold talks with its arch enemy followed weeks of intense lobbying by Baghdad, which had sought to persuade Iran to engage in such talks. “With the aim of easing the pain of the Iraqi people, supporting the Iraqi government and strengthening security in Iraq ... Iran will talk with the American side in Baghdad,” Iran’s official IRNA news service quoted Hosseini as saying.
イラクの治安強化が目的
イラン外相の広報官モハメド・アリ・ホセイニ氏は、イランに対して今回のような会談をもつように説得にあたり数週間にわたって繰り返されたイラク政府の執拗な陳情に折れて、イランがその宿敵と目される米国と会談を持つにいたった経過を、次のように語っている。「イラク国民の苦難を和らげるために、イラク政府を援助しイラクの治安を強化する……それが今回の会談の目的です。イランはバグダッドでアメリカ側の統治する立場に立って発言します」イランの国営新聞 IRNAは、以上のようなホセイニ広報官の談話を報道した。
d0123476_2013279.jpg
4. PM Maliki cried for neighbors
The recent conference in Egypt was a follow-up to a meeting of senior officials in Baghdad in March, where Iraqi Prime Minister Nuri al-Maliki urged neighbors to do more to end bloodshed that has killed tens of thousands of Iraqis. Many experts say Tehran could play a big role in stabilizing Iraq and this should be a major area of U.S.-Iranian convergence.
アルマリキ首相近隣諸国へ呼びかけ
最近エジプトで行われた会議は、3月に中東諸国の高官が会合したバグダッド会議に続くものであったが、後者においてはイラクのヌリ・アルマリキ首相が「数万人のイラク国民が殺されている流血の事態を終わらせること」を、近隣諸国へ強く要請した会議であった。この地域の専門家は、イラン政府がイラクの安定化に大きな役割を果たせるだろうと見ており、このこと事態が米国とイランの間の歩み寄りにおいてもかなりな部分を占めるものと期待されている。
d0123476_20133784.jpg
5. Current U.S.-Iran relation
Washington has been leading diplomatic efforts to isolate Iran because of its nuclear program. Iran has rejected repeated U.N. demands to halt uranium enrichment, which is used to make fuel for atomic power stations but also has military uses. Iran, a major oil exporter, says it needs its atomic program to satisfy its booming electricity demand.
Earlier this month Iranian Foreign Minister Manouchehr Mottaki and Secretary of State Condoleezza Rice exchanged pleasantries at a lunch on the sidelines of an Egyptian conference on efforts to stabilize Iraq but held no substantive discussions.

米国対イランの最近の外交展開
米国政府は、イランが核兵器開発を意図しているという理由で、イランの孤立化を図る外交的努力の陣頭に立ってきた。これに対してイランは、原子力発電所の燃料となる一方で軍事用にも使用可能なウラン濃縮化の即時停止を要求する、国連の再三の指示を繰り返し拒否してきた。また、イランは代表的石油輸出国でもあるが、消費電力が爆発的な需要を満たすために原子力開発が必要だと開発計画の必要性を理由付けしている。
今月初めにはイラク平定目的のエジプト会談の傍ら、イランのマヌシェール・モタキ外相が米国のコンドリーザ・ライス国務長官と和やかに昼食を共にしたが、抜本的な話し合いを持つまでにははいたらなかった。
d0123476_20142710.jpg
6. Insurgency urgent than nuclear problem
Iran has denied backing the insurgency in Iraq and accuses Washington of igniting tensions between Iraq’s Shiite and Sunni Muslims. Analysts say Washington and Tehran are both concerned about worsening violence in Iraq, pushing them to agree to meet. Both sides acknowledge meeting one-on-one in recent years for discussions specific to Afghanistan, another neighbor of Iran where the United States went to war.
核問題よりイラク平定が先決
イラン政府は、イラクの騒擾を支援している事を否定し、イラクのシーア派とスンニ派の間の抗争に火をつけたのは米国政府であると非難していた。専門家の説によると、米国とイランは共にイラクの暴動が悪化することを懸念しており、このことが両国をして会談を持たざるを得ない状況に追い込んだと見ている。またイランの隣国であり、米国がいまだ闘っているもうひとつの戦線アフガニスタンに焦点を絞った会議を、近年一対一で持った事を両国ともに認めている。
d0123476_20145857.jpg
【2007年5月13日 米流時評 ysbee訳】

__________________________________________________________________
▼ 最近ランキングの順位ががっくり落ちております。ブログ継続の励みになりますので、クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!
みなさまのおかげで2つのランキングではトップを維持しております。ご愛読たいへんありがとうございます。

ブログランキング おかげさまで2位をキープです!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
f0127501_170889.gif
サイト内で「投票」アイコンをクリックしてください。ただいまトップです。多謝!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へf0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

by ysbee-2 | 2007-05-13 18:07 | 中東のパワーラビリンス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31