人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

G8ショック! 米露急速解凍で共同ミサイル防衛網?

f0127501_128435.gif
 ||| G8サミット2日目のプーチンショック |||
d0123476_13212280.jpg
 プーチン、米の東欧ミサイル防衛システム設置に譲歩し交換条件
「米がアゼルバイジャンにレーダー施設を建設すれば、抗議を撤回」


2007年6月7日 ドイツ・ハイリゲンダム発 AP通信 |ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、今年に入ってから米国が東欧に建設を予定しているミサイル防衛施設計画に対して厳しい批判を繰り返してきていたが、7日木曜G8サミットの会場で、ブッシュ大統領に対して「もし米国がそれらのレーダー施設をアゼルバイジャンに設置するならば、ロシア政府は計画への反対を取り下げる」と直接伝えた模様である。
▲トップの写真: 2007年G8サミットで、会場の地元ホテル特製のカバナに収まる各国首脳:左から日本の安倍首相、カナダのハーパー首相、フランスのサルコジ大統領、ロシアのプーチン大統領、主催国ドイツのメルケル首相、米国のブッシュ大統領、英国のブレア首相、イタリーのプロディ首相、EU代表

Putin Offers Compromise on U.S. Missile Shield
Russian president wants it in Azerbaijan; Hadley: An ‘interesting proposal’
HEILIGENDAMM, Germany — Associated Press | JUNE 7, 2007 — Russian President Vladimir Putin, bitterly opposed to a U.S. missile shield in Europe, told President Bush on Thursday that Moscow would drop its objections if the radar-based system were installed in Azerbaijan.

__________________________________________________________________
JUNE 7, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

 A s s o c i a t e d P r e s s | M S N B C . C O M
    ||| サミット2日目のプーチンショック |||
d0123476_13223981.jpg
プーチン、米の東欧ミサイル防衛システム設置に代替国を提案し譲歩
1. Putin's groundbreaking suggestion
Putin told Bush he would not seek to retarget Russian missiles on Europe if the United States agreed to put the system in the central Asian nation of Azerbaijan, a former Soviet republic. National Security Adviser Steve Hadley called it an “interesting proposal.” “Let’s let our experts have a look at it,” he said.
プーチンショック!ミサイル計画で米に協調提案
プーチンは、もしブッシュがヨーロッパでの米国のミサイル防衛システムを、旧ソビエト連邦の盟邦国であった中央アジアのアゼルバイジャンに設置するならば、ロシアのミサイルの標的にはしないつもりであると、ブッシュに直接に伝えた模様である。国防に関するブッシュの相談役であるスティーブ・ハドリーは、今回のプーチンの申し出を「興味ある提案」だと表現し「早速我が国の専門家に検討させましょう」と前向きに受けとめている。
d0123476_13232585.jpg
▲05年G8サミット首脳陣から顔ぶれが変動し、フランスのシラクがサルコジ新大統領に、日本の小泉が安倍首相に変わったが、写真のビッグ3、ロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相、米国のブッシュ大統領はそのまま

2. 'Grounds for common work'

Bush has proposed putting the radar and rockets in the Czech Republic and Poland. “This will create grounds for common work,” Putin told Bush as they met on the sidelines of a summit of the world’s eight major industrialized democracies being held at this seaside resort.
前代未聞の米ロ共同事業提案
ブッシュはチェコに対ミサイルレーダーを、ポーランドにミサイル搭載ロケットの打ち上げ施設を建設する計画を立てていた。この海辺のリゾートで開催されている主要8カ国先進国首脳会議の傍ら、ブッシュと一対一の会話の席で、プーチンはブッシュにこう持ちかけたと言う。
「この提案は、米国とロシアが共同事業を行う試金石になりますよ。」
d0123476_59519.jpg
▲昨日までは両者の非難合戦がエスカレートし冷戦以来の緊張が累積していたので、今日のプーチン提案は外交関係者やメディアにとっては奇跡的な展開 石油と天然ガスの宝庫であるアゼルバイジャンはブッシュにとってもおいしい国
写真はアクシス・オブ・ブッシュ?左からイタリーのロディ首相、ブッシュ大統領、日本の安倍首相、EU代表


3. Putin's proposal a real surprise

Bush, speaking before Putin, said that the Russian president had presented some interesting suggestions and that they would pursue the issue during two days of talks beginning July 1 in Kennebunkport, Maine, at the Bush family’s oceanfront compound. “We both agreed to have a strategic dialogue,” Bush said. “This is a serious issue.”
晴天の霹靂のプーチン提案
プーチンの今回の提案が伝えられる前までは、ロシアの大統領がなにか非常に興味のある提案をするだろうとブッシュは言っていた。また、ブッシュ家の海辺の別荘があるメイン州ケンネバンクポートで、7月1日から始まる2日間のプーチンの滞在期間中に、問題になっている懸案をつっこんで話し合うつもりだとも伝えられていた。「われわれはどちらも、戦略的対話を持つことに合意している。これは真剣な問題だ。」とブッシュは語った。
d0123476_5115784.jpg
▲アゼルバイジャンは旧ソビエト連邦国で現在でもロシアとは友好的 カスピ海沿岸に位置し石油と天然ガスが豊富

4. Relocation of shield to Azerbaijan

Putin’s proposal to put the system in Azerbaijan was a surprise. The Russian leader said the proposed relocation would alleviate Russia’s concerns about a missile shield based in Europe. Moreover, he said an Azerbaijan-based system would cover all of Europe rather than part it.
アゼルバイジャンなら欧州全域をカバー
ミサイル防衛設備をアゼルバイジャンに置くというプーチンの提案は、まさに驚きであった。ロシアの元首自身が、ヨーロッパを基地とする米国のミサイル防衛網についての懸念を緩和するように、施設の設置場所の変更を提案したのだから無理もない。その上さらにプーチン自らが、アゼルバイジャンをレーダー基地にすれば、それまでの一部対象ではなくて、ヨーロッパ全域をカバーできると勧めているのだから。
d0123476_132457.jpg
▲地図中の白い文字は、現ロシアの前身かつてのソビエト連邦の盟邦国だった国々:上からエストニア、ラトヴィア、リトワニア(以上バルト三国)、ベラルス、ウクライナ、モルドヴァ、グルジア、ルーマニア、カスピ海西岸に位置する今回の焦点アゼルバイジャン、カザクスタン、ツルクメンスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタン

5. Conditions to drop opposition

Hadley did not rule out the possibility that the end result would be some mix of the Russian and the U.S. proposals. “We asked the Russians to cooperate with us on missile defense, and what we got was a willingness to do so,” Hadley said after the Bush-Putin meeting.
Putin laid out several conditions that would lead Russia to drop its opposition to a new missile shield:
• Taking Russia’s concerns into account.
• Giving all sides “equal access” to the system.
• Making the development of the system transparent.
“Then we will have no problem,” the Russian leader said.

ミサイル施設計画に対するプーチンの交換条件
ブッシュの防衛顧問ハドリー氏は、最終的結論はロシアと米国双方の提案をある程度ミックスしたものになるだろうと予想している。「米国はロシアに対してミサイル防衛システムに協力してくれるようにお願いした。その見返りとして受けとったのが、その意向に沿うと言う今回のロシア側の意思表示です」ハドリー氏はブッシュ・プーチン会談のあとでこのように説明した。
米国が計画している欧州ミサイル防衛網に対する反対意見を、ロシアが取り下げるための基準となるいくつかの条件を、プーチンは次のように並べ上げている。
  ・ロシアの意見を検討すること
  ・施設への両国関係者の「平等な立ち入り」を許可すること
  ・秘密事項の無いシステム開発を行うこと
「以上の条件が整えば、われわれの側では何ら問題は無い。」ロシアの元首はこう語った。
d0123476_13245873.jpg
▲5月9日は第二次大戦中にソ連がナチスドイツの侵略と戦い最終的にベルリンを陥落した、ロシアの戦勝記念日
この日にプーチンは、恒例の赤の広場のパレードで国家元首として演説したが「ナチスの第三帝国的世界制覇を目指している」と暗にブッシュ政権の覇権態勢を痛烈に批判し、軍事・外交評論家に「冷戦時代の再来」と囁かれた


6. Dispute and a call on world stage

Bush this week put Russia on a par with China, calling U.S.-Russian ties "complex" and criticizing democracy as having being "derailed" under Putin. The remarks carried extra sting because they were delivered publicly and in the Czech Republic. The NATO membership of the former Soviet satellite, which threw off communism in 1989, along with others, is a thorn in Russia's side.
国際外交の檜舞台で決めるプーチンの着地技
ブッシュはつい今週「米露関係は複雑だ」と表明し、「プーチン政権下でのロシアの民主主義は脱線した」と批判して、ロシアを中国と同等に見るような立場においた。この批評が公表されたのは、チェコ訪問の際であったことから、米露間の関係は著しく険悪化した。それというのも、旧ソビエト連邦の盟邦国であり現在はNATO加盟国のこの国は、1989年のソ連瓦解と同時に共産主義国家であることを放棄して以来、他の脱退した盟邦国と同様、ロシアにとっては目の上のたんこぶだったからである。
d0123476_13254277.jpg
▲バルト海に面したドイツ北部リゾート、ロストック・ハイリゲンダムにあるグランドホテル・ケンピンスキが会場

7. Bush invited Putin to Maine

Putin next month will become the first world leader during Bush's presidency to come to the Bush family's summer compound on the Maine coast. The two — once so close in the aftermath of the Sept. 11, 2001, attacks — last met in November, in Hanoi, Vietnam.
Blair, too, is scheduled to meet Putin privately. He is expected to speak to Putin about Russia's worsening relations with the U.S. and Europe, as well as the case of an ex-Soviet spy poisoned in Britain.

7月1日からブッシュ家の別荘に招待
しかしながら来月になれば、プーチンはブッシュ大統領の在職期間中外国元首としては初めて、メイン州の海辺にあるブッシュ家の夏の別荘を訪問することになっている。両者は、2001年の9/11直後は非常に親密であったが、最近顔を会わせたのは、昨年11月にベトナムのハノイで会って以来である。
英国のブレア首相もまた、プーチンと個人的に会う予定である。彼はその時に、欧米諸国と険悪になってきているロシアの外交関係や、ロンドンで起きた元KGB/FSBスパイの毒殺事件について、プーチンと話し合うだろうと予測されている。
d0123476_527528.jpg
▲プライベートな雰囲気の中で両国間に横たわる問題を率直に話し合う意図で、ブッシュはプーチンをメイン州ケンネバンクポートにあるブッシュ家の海辺の別荘に招待 各国元首としては初めての特別扱いを受けるため注目される

8. Blair-Putin meeting on ex-KGB case

Britain’s relations with Russia have soured considerably over the November poisoning death of ex-Soviet agent Alexander Litvinenko, a fierce Kremlin critic who pointed the finger at Putin from his deathbed. Britain has requested the extradition from Russia of Andrei Lugovoi, the only named suspect in Litvinenko’s murder — a request Putin characterized as “stupidity.” The Kremlin warned Britain against “politicizing” the Litvinenko case.
KGBスパイ暗殺事件でブレアと会談
英国とロシアの間柄は、昨年11月の元KGBスパイ毒殺事件以来急速に気まずくなったように受けとられる。国際的に注目されたこの事件は、プーチン政権を真っ向から批判した元KGB諜報員のアレクサンドル・リトヴィネンコが、何者かによって放射性物質を盛られて瀕死の状態となり、その死の床で暗殺の犯人はプーチンだと名指しした事件である。
英国は先月22日に、このスパイ暗殺事件の唯一の容疑者である同じく元KGBのアンドレイ・ルゴヴォイを引き渡すようロシア政府に要請したが、プーチンはこの要求を「馬鹿げている」と酷評した。ロシア政府は英国に対して、リトヴィネンコ事件を政治的に利用しないよう警告を発したという経緯がある。
d0123476_14542211.jpg
▲昨年11月ロンドンで放射性物質ポロニウム210で暗殺された元FSB諜報員アレクサンダー・リトヴィネンコ 諜報時代にプーチンの暗殺指令に背き投獄されたが、その後家族ぐるみ英国に亡命しプーチンの悪事の数々を暴露した本を執筆出版しプーチンの宿敵に アンナ・ポリスツカヤと同じく、FSB(旧KGB)のヒットリストに載っていたという

9. 90% of Plutonium-210 from Russia

Meanwhile, Litvinenko’s widow, Marina, urged world leaders to press Putin about the source of the polonium-210 that poisoned him. It is widely believed that around 90 percent of the world’s supply of polonium comes from a single Russian laboratory.
プルトニウム210の90%はロシア製
一方リトヴィネンコの未亡人であるマリーナは、リトヴィネンコ暗殺の死因である放射性物質ポロニウム210の出所について、事実をつきとめるようプーチンに圧力をかけてくれるよう、世界各国の首脳に懇願していた。一般的によく知られているのは、この希少価値の放射性物質ポロニウムは、世界でもたった1カ所で世界の総生産量の90%前後を産出しており、それはロシア国内の一研究機関だという事実である。
d0123476_1512835.jpg
▲FSB時代の同僚アンドレイ・ルゴヴォイとドミトリー・コヴツン ロンドンの高級ホテルで放射物質が盛られたと見られる紅茶をリトヴィネンコが飲んだ時に、ロシアから訪問し同席していた人物である 英国のスコットランドヤードではこの事件を国内で起きた犯罪事件として大々的に捜査を展開 先月この二人のロシア人のうちルゴヴォイに殺人容疑の逮捕状を発令した

【米国時間2007年6月7日 『米流時評』ysbee訳】
__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

f0127501_12134737.gif政治ブログに参加しています よろしく!
f0127501_1040831.gif全国区はきびしい 牛歩の歩みですがぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらもトップをめざしてクリック!
d0123476_10141436.gif長らくトップだったKazu先生が政治のカテゴリーに移られたので1位になりました!


by ysbee-2 | 2007-06-07 13:20 | 次世代冷戦時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31