人気ブログランキング | 話題のタグを見る

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記

永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_128435.gif
 ||| 永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記 |||
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_19191757.jpg
内戦状態のガザを逃れて国外へ脱出する、パレスチナ人数十万人の暗黒の未来
パレスチナ難民のさらなる難民化、ハマスの勝利で欧米が資金援助を打ち切り


ニューズウィーク米国版 6月25日号『ガザ特集』
By ケヴィン・ペレイノ N.Y./ジョアンナ・チェン イエルサレム/ヌハ・ムスレー ウェストバンク/ダン・エフロン ワシントン | 訳『米流時評』ysbee
前号からの続き |しかしながらこれまでのところ、パレスチナでハマスとファタハのどちら側に付くかという立場を選ぶのは容易なことではなかった。昨年の総選挙でハマスが勝ってからというもの、米国やヨーロッパはパレスチナ政府への援助金を打ち切り、その代わりに敵対政党ファタハのアッバース大統領の事務所へ直接資金を流し込んだ。

GAZA Special 2 — Back to the Stone Age
Newsweek — June 25, 2007 issue | By Kevin Peraino from New York/Joanna Chen from Jerusalem / Nuha Musleh from West Bank / Dan Ephron from D.C. | Translation by ysbee
7. Western cut aid money
However picking sides in Palestine hasn't worked so well thus far. After Hamas's electoral wins, the United States and other Western countries cut aid money to the Palestinian government, instead funneling resources directly to Abbas's office. What seems certain is that Hamas-run Gaza is doomed to greater isolation and misery.

__________________________________________________________________
JUNE 21, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽 園 通 信』デイリー版永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_6213945.jpg
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_2052197.gif

N E W S W E E K | M S N B C .com

    ||| 永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記 |||
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_8242317.jpg
内戦状態のガザを逃れて国外へ脱出する、パレスチナ人数十万人の暗黒の未来


8. 'U.S. pushed confrontation'
Some observers accuse Washington of baldly encouraging rivalry between the two camps. In a confidential report leaked last week, United Nations envoy Alvaro de Soto wrote that "the U.S. clearly pushed for a confrontation between Fatah and Hamas." De Soto recounts listening to a U.S. official declare "I like this violence" twice at an envoys' meeting in Washington recently. "The U.S. fanned the flames of this internal Palestinian conflict," says Haim Malka of Washington's Center for Strategic and International Studies. State Department spokesman Sean McCormack dismissed de Soto's remarks as "the views of an individual."
「米国はハマスとの抗争を望んだ」
今回のファタハとハマスのガザ攻防戦の一部始終を見ていた者の中には、米国政府が二者の間の敵意を増長するように、意図的に焚き付けた節があると非難する者もいる。先週メディアに漏洩した極秘情報の中で、国連代表のアルヴァロ・デソト氏はこう述べたと伝えられている。「米国は明らかにファタハとハマス間に衝突が起きるよう後押しした。」デソト氏は、ワシントンで最近行われた会合で、米国政府高官が二度も「こういう武力衝突は大好きだ」と漏らしたのを耳にしたと語っている。
「米国は、今回のようなパレスチナ内紛の火に油を注いだ。」こう見るのはワシントンにある国際戦略研究センターのハイム・マルカ氏である。一方、国務省のショーン・マコーミック広報官は、デソト氏の意見に対して「一個人の勝手な見解に過ぎない」と無視した。
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_8251130.jpg
昨年選挙で勝利したハマスの指導者イスマイル・ハニイェ(右)/パレスチナ大学の卒業式が6月上旬にあったばかり

9. Doomed to greater isolation, misery

With the Islamists in control, Israel may intensify its campaign of airstrikes on Hamas rocket teams and other militants. Some Israeli analysts point out that a strong Hamas leadership in Gaza could have its advantages; at least someone would be in control there. But that is a minority view. "There's no common ground [with Hamas]," says Ephraim Sneh, Israel's deputy Defense minister. Dialogue, he says, is almost certainly a nonstarter. "Listen to them, for God's sake!" he says. "Gaza will be worse than Mogadishu. Our Apache [helicopter gunships] will talk to them."
孤立と窮状を深めたガザ
イスラム強硬派の覇権で、イスラエルはハマスのロケット攻撃や他の過激派グループの叛徒に対する空爆作戦を強化するかも知れないと見られている。ガザにおけるハマスの強力な指導態勢は、少なくとも誰かがガザで采配を振るえば、逆に敵が一団となったので攻撃しやすくなったという意味で、イスラエル評論家の中には「イスラエルにとって攻撃の好機到来」と捉える者もいる。
しかしそれは今のところ、まだ少数意見に過ぎない。イスラエルの防衛相エフレイム・スネヘ氏は次のように語っている。「イスラエルとハマスとの間では、共通の足場は皆無だ。彼らが言ってるとんでもないことを聞けば判るじゃないか。ガザはモガディシュよりもひどい事態になるだろう。そうなれば我が軍の攻撃用アパッチヘリコプターがモノを言うだろう。」
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_8264410.jpg
ガザからイスラエルへ抜ける国境では、ガザ地区を制圧したハマスの武装兵が旅客をチェックする戦時体制

10. Palestinians' Exodus

It is no wonder, then, that so many Palestinians like the Dahmans are trying to get out. Over the past year, thousands of Gazans have fled to Europe, Canada and Arab capitals like Cairo and Amman. In the past 12 months, 88,320 people have left Gaza for Egypt through the Rafah crossing, and only 76,176 have come in — a net loss of some 12,000 people. Many more would leave if they could. Ahmad Hanun, the director of the Shaml research center in Ramallah, says roughly 45,000 Palestinians applied to emigrate from Gaza and the West Bank in 2006. A travel agent in Gaza City, who didn't want to be identified for safety reasons, says he takes 50 calls each day from Gazans trying to wangle fake visa papers.
パレスチナ人のエクソダス
道理で、冒頭に述べたダハマン一家のように、あまりにも多くのパレスチナ人が国外へ脱出しようと必死になる訳である。昨年1年だけでも何万人ものガザ市民が、ヨーロッパ、カナダやエジプトのカイロ、ヨルダンのアマンなどの近隣諸国の首都へ亡命した。過去1年の間に88,320名がラファハの国境を通過してエジプトへ出国したが、それに反して入国者は76,176名である。つまり1万2千名が行ったきりになっている。状況が許せば出国者は多分それ以上の数になるだろう。
西岸地区の首都ラマラーにあるシャムル・リサーチセンターのアハマン・ハヌン部長が行った2006年度の調査結果では、ざっと見ても4万5千人のパレスチナ人がガザからウェストバンク(西岸地区)へ移住申請を申し込んだと出ている。ガザ市内の旅行代理店職員が匿名で語る所によると、偽のビザを入手してくれと懇願する電話が1日当たり50件を下らないという。
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_8271938.jpg
今回の紛争のきっかけはイスラエルのガザに対するミサイル攻撃/戦闘前のファタハ警備兵と爆撃を受けた車

11. 'Going back to the Stone Age'

Anecdotal evidence suggests that the vast majority of those who manage to escape are the young, wealthy and well educated. Many of those who are leaving are technocrat types who work for organizations like the United Nations and foreign NGOs with global reach. Khaled Abdel Shafi, the director of the United Nations Development Program's Gaza office, says he recently lost 10 percent of his employees, including many of the best. He says another 10 percent are trying to go, but can't get visas. "The big brains are leaving Gaza," says Sana Dahman. "We're going back to the Stone Age."
「石器時代に逆戻りの状況」
以上のような断片的な個人の見解をつなぎあわせてみると、国外へ脱出できた者の大半は、若くて裕福な高学歴者という実像が浮かび上がる。亡命者の多くは、国連やグローバルに活動するNGO法人のような組織に勤務していた官僚タイプである。国連開発機構ガザ事務所の所長カレド・アブデル・シャーフィ氏は、最近だけでも職員の1割が辞め、優秀な者ほど率先して亡命しているようである。その上さらに1割がビザを申請中という実状らしい。「頭脳流出の最たるものです。ガザは石器時代に戻るでしょう。」先述のサーナ・ダハマンさんはこう嘆く。
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_8274785.jpg
学校も紛争で焼き討ちに合い焼失、教師も国外へ脱出/爆撃で荒廃したガザ 破壊された車で遊ぶ難民の子供たち

12. Refugees from the refugee camps

The irony is that the bulk of Gaza's 1.4 million residents are already from refugee families, mostly from Israel's 1948 War of Independence. Israeli historian Benny Morris, author of the seminal "Birth of the Palestinian Refugee Problem," says that a similar brain drain preceded that conflict. "The well educated fled first," says Morris. "It left the vast majority of the population leaderless." When fighting broke out, Palestinians "didn't have anyone to say 'Stay'," he says. "They were like chickens without heads." Some 700,000 Palestinians ended up fleeing or being driven from their homes, a quarter million of them to neighboring countries.
難民キャンプからの難民化現象
皮肉な現実だが、140万人を数えるガザ全人口の大方は、すでにパレスチナ難民としてこの地に流れ着いた者たちである。そのほとんどは、1948年のイスラエル独立戦争時にユダヤ人に生地を追われてやってきた。イスラエルの歴史研究家で隔年刊『パレスチナ難民問題の誕生』の著者ベニー・モーリス氏は、この「難民の難民化現象」によって、前述と同様の頭脳流出現象が紛争の起きる前からすでに発生していたと説明する。
「高学歴者ほど先に国外へ脱出します。その結果大多数の一般市民が、指導者のない状況に置き去りにされます。紛争が勃発した時点では、すでにパレスチナ市民に向かって『とどまれ』と指示する者が存在しなかった訳ですよ。親鳥を失ったひよこの群れのようなものです。」
かくしてガザ地区住民のうち70万人以上のパレスチナ人が国外へ脱出、あるいは自宅から非難することを余儀なくされた。そのうち25万人は、近隣諸国へ流出する難民と化すという結果を招いた。
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_8283728.jpg
ガザ市内は完全にハマス勢力の制圧下に/紛争に巻き込まれ負傷した市民が担ぎ込まれる病院も流出で医師不足

13. Last resort UNRWA

Now, with Gaza exploding into violence, even the United Nations-operated refugee camps have become unsafe. Militants have stormed several of the food-distribution centers run by the United Nations Relief and Works Agency (UNRWA), searching for high ground as the fighting raged. Two UNRWA workers were shot to death during gun battles, and two more were wounded. As a result, the agency announced it would temporarily suspend service at most of its Gaza health clinics and food-distribution centers. Refugees contacted by NEWSWEEK said they expected to run out of food within days. "If they don't get our food, they don't have food," says John Ging, UNRWA's director of Gaza operations. "We are their last resort."
最後の頼みの綱 UNRWA
いまや戦乱の巷と化してしまったガザでは、国連運営の難民キャンプですら危険な状況に陥ってしまった。ハマスの武装叛徒は、市街戦で有利な高位置を確保するために、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA: United Nations Relief and Works Agency)によって運営されていた食料配給施設の数カ所を急襲し占拠した。この銃撃戦で、現地職員のうち二人が死亡、二人が負傷。
その結果、UNRWAではガザ地区の診療所と食料配給センターのほとんどで、臨時的に操業を保留している。ニューズウィーク誌がコンタクトした難民たちは、数日中に食料が底を尽きるだろうと予測している。ガザ地区のUNRWAセンター所長のジョン・ギン氏は、悲観的観測をこう述べる。「配給センターに食料がないとなれば、ガザのどこにも食料がないのと同じことです。われわれは彼ら難民にとっての最後の頼みの綱でしたから。」

【米国時間 2007年6月21日 『米流時評』ysbee訳】
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_829842.jpg
国連パレスチナ難民救済事業機関のガザ地区食料配給センターは難民への唯一の食料配給機関 現在は操業停止


__________________________________________________________________
▼ ご愛読たいへんありがとうございます。クリックで各ランキングへのご投票をよろしくおねがいします!

永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_12134737.gifここをぽちっとよろしく!上位カテゴリで20位に入りたい
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_1040831.gif全国区はきびしーっ 牛歩の歩みで25〜30位をうろうろですが、ぽちっ!
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_d0123476_10141436.gifおかげさまで1位をキープさせていただいてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です

__________________________________________________________________
永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_19325811.jpg1月から4月までの『米流時評』へ永遠なる難民パレスチナ人のガザ出国記_f0127501_19383540.jpg

以下2006年版本誌『楽園通信』です
▶ 本誌『楽園通信』カバーページ
▶『楽園通信』全記事アーカイブ
▶『楽園紀行』イタリー編トラベローグ
▶『楽園百撰』ハワイのベスト100
『米流時評』自選コラム・ベスト3
▶ 傷だらけの星条旗/米国ジャーナリズムの良心
▶ 米国式濃縮ニュース解説/風に聴け精神よ何処へ
▶ 西暦2003年のコマーシャル/広告と戦争のはざまで

by ysbee-2 | 2007-06-21 08:21 | 中東のパワーラビリンス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30