人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

イランが危ない!中東大戦争の可能性

f0127501_128435.gif
   ||| 「中東大戦争」の可能性を危惧する |||
d0123476_12345417.jpg
中東危機:イラクにムクタダ、レバノンにヒズボラ、ガザにハマス
バラク前首相も危惧するイスラエル対イラン「中東大戦争」の可能性


d0123476_18552829.gif米国がクリントン大統領時代にイスラエルの首相を務めたエフド・バラク氏は、今月10日にフランスのメディアのインタビューに答え、「ここ30年間でもっとも危険な状況が、イスラエルを取り巻く中東に出現している」と述べ、一触即発の好戦的なムードがイランからもイスラエル側からも看てとれると率直に語っていた。

レバノン侵攻は前哨戦
d0123476_2154913.jpgバラク氏と同じ悲観的観測をとる識者は、特に西側の外交・軍事評論家に多く見られる。昨年夏のレバノン戦争は、イランやシリアの軍事設備の配置状況や、対応速度を観察するために両サイドの手の内を詮索する「中東大戦争へ向けての戦略的前哨戦」だったと私は診ている。イスラエル軍は周到なゲリラ戦に長けたヒズボラを相手に、結果的に勝利を納めることはできなかったが、軍事上のデータはしっかりインプットできたはずだ。情報取得の対象は、ヒズボラよりもむしろその背後に連なるシリアであり、イランであったからだ。(写真はイラン国内の核施設配置図)

アフマディネジャド VS ネタニヤフ
問題は、シャロン路線を引き継いで、なるべくならパレスチナと協調をという「先代のシッポ」がついたままの、煮え切らないオルメルト首相の存在だった。しかし、今月初めにイスラエルの総選挙で、タカ派の旗手ベンヤミン・ネタニヤフが、圧倒的優位で次期首相に復帰当選してしまった。これでアフマディネジャドと真っ向からぶつかる「イスラエルVSイラン」というとんでもない宿敵カードが、中東と言うテーブルにそろったことになる。当初から読めていた結果とはいえ、バラク氏も青くなるわけである。
d0123476_2162484.jpg
イランの精鋭部隊をテロ認定
一方米国では金曜に、イスラエルに対して向こう10年間に300億ドル(約3兆6千億円)の軍事費援助を約束した。その2日前には、ブッシュ政権はイランの革命政府軍=Revolutionary Guard の精鋭隊「Qods/Quds=コッズ/カッズ」を、国務省(米国の外務省)のテロリストグループ認定のブラックリストに載せると発表した。
ご存知の通り、米国は現在戦時国家である。しかし、その戦争の正式名称は「イラク戦争」ではない。「War on Terror」である。対テロリズム戦争の一ステージとしての「War in Iraq」という仕組みである。当初から拡大解釈を意図して付けられた名称だと批判があがるのも無理はない。つまり、9/11以降テロリストと認証された人物・国家に対しては、米国は敵性国家として即時対応する「殺しのライセンス・侵攻の事由」を持つのである。
d0123476_216594.jpg
米国と中露の臨戦態勢
米国は、イランをイラク紛争の陰の犯人に仕立てようとして、目下躍起である。ほとんど連日のごとく、イラク駐留軍の記者会見でイラン製の爆発物をその証拠品としてメディアに披露している。もし米軍が、ホルムズ海峡に随時待機している米海軍USSステニス以下の、艦隊の空母から爆撃機を飛ばし、西隣のイラクと東隣のアフガニスタンから陸軍や海兵隊がイランへと侵攻するとしよう。(そういう体勢はすでに整っている) その場合には事前の段階で、ロシアがだまってはいない。先週末の中ロ合同の実戦演習は、もはや絵空事ではなくなってきた中東大戦争の、米国と友軍国への牽制のステージングだったのだろう。
d0123476_219383.jpg
イスラム急進派軍団の台頭
イラクでの紛争の焦点、ムクタダ・アルサドルのシーア派をバックするイラン。イスラエルとガザ・パレスチナのハマスとの小競り合い。さらにイスラエルは、レバノンのヒズボラに対しても、昨年の紛争の復讐という可能性も考えうる。アルカイダはならず者に過ぎない。恐怖を武器に一時的にはびこっても、住民の支持がなければ長くは続かない。しかし、ムクタダもハマスもヒズボラも、イスラム教のドグマとオイルマネーからの潤沢な支援資金を基盤に、現実の政府以上の実質的「行政」を仕切っているので、正規の腐敗した政権に対する失望の裏返しとして、住民の支持はどこでも非常に高い。
d0123476_218678.jpg
戦争回避の冷静外交を
これだけ米国の敵がそろってしまうと、撤退を意図しないブッシュ政権(=ネオコン)は、イスラエルを盾にして武力行使に走ろうとしているように見える。イラク、イラン、レバノン、ガザ.... 紛争のきっかけは、どこにでも転がっている。どちらかが引き金を引く前に、シリアのアサド大統領や英国のブレア前首相などの、外交手腕に長けた大人のディプロマットが、戦争を引き止める予防の会談に巡業してくれることを祈るばかりである。
【米国時間 2007年8月19日 『米流時評』ysbee】


d0123476_539242.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6002829
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6002829

__________________________________________________________________
f0127501_2052197.gif
■ 米流時評・最近の中東問題特集
シリーズで読む『中東のパワーアラベスク』
8/19  イランが危ない!中東大戦争の可能性(当記事)
8/19  アフマディネジャドの大暴言「イスラエルは悪魔の旗」
6/27  ブレアの再出発・中東平和外交代表
6/22  地獄のガザ・混迷の左岸、パレスチナは生き残れるか?
6/21  ガザエクソダス2章「永遠なる難民」パレスチナ人のガザ出国記
6/20  ガザエクソダス1章「パレスチナの悪夢」ガザ市街戦レポート
6/19  ガザエクソダス序章「ガザの悲劇」4千年の民族抗争d0123476_7394773.jpg
6/18 「中東のフルハウス」パワーアラベスクの解読
6/17 「中東の黙示録」後編 反イスラエル連合の予兆
6/16 「中東の黙示録」前編 ガザ陥落
6/15 「ガザの黙示録」序章 中東恐怖の未来
5/16  イランの「偏執狂時代」米女性学者スパイ容疑で投獄
5/13 「バグダッド会談」米・イラン25年ぶり外交再開
5/11  チェニー、ペルシャ湾でイランを威嚇
5/11  急接近する北朝鮮とイラン「悪の枢軸」同盟に調印


__________________________________________________________________
残 暑 お 見 舞 申 し 上 げ ま す !d0123476_19193075.jpg

ご愛読たいへんありがとうございます。夏も真っ盛りですが、いかがお過ごしですか。みなさまも暑さに負けず、毎日ブログを更新してらっしゃることと存じます。私の方はおかげさまでランキングがやや回復しました。ご面倒をおかけしますが、クリックで応援をよろしくお願いいたします!
▶ 1940年代のジブラルタル海峡 バカンス気分に今昔の違いはないようだ



f0127501_12134737.gifトップの方が引っ越しなさったらしく、繰り上げで1位になりました。ラッキー!
f0127501_1040831.gif社会・経済ニュースに移りました。11〜15位あたりです。上位入賞めざして、ぽちっ!
f0127501_10375846.gifこちらはみなさんのクリックで、おかげさまで3位まで上がりました。もう一歩!
d0123476_10141436.gifおかげさまで、ニュース部門で1位をキープできてます。ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利です


by ysbee-2 | 2007-08-20 19:41 | 中東核戦争
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31