人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

国連特使ガンバリ氏、ミャンマーでスーチーさんと初会見

f0127501_128435.gif

   ||| 国連特使ミャンマーでスーチー女史と会見 |||
d0123476_9181184.jpg
ミャンマーの軍事独裁政権、スーチー女史に初の特別外出許可
僧侶の民主化運動・抗議デモ弾圧問題で国連特使と会談のため


d0123476_349123.gifこの上の僧侶の赤い大河の写真と、この下のたったひとりで「自国の軍隊」に立ち向かうおじさんの写真を、どうしても載せたくて、この記事を掲載します。私はたぶんこの裸足のおじさんの後ろ姿を、一生忘れないでしょう。
ズボンのたたみジワを見ると、新品をおろしてはいてきたようにも見える。万が一の場合のために.... このひとにとっては、きっと自由の方が自分の命よりも大切だったのですね。本気で覚悟を決めた人間の勇気って、すごい。
d0123476_9172962.jpg
U.N. Envoy Meets Myanmar Opposition Figure
Government unexpectedly allows Aung San Suu Kyi to leave house arrest
SEPTEMBER 30, 2007 | Associated Press — BREAKING NEWS | Translation by ysbee
YANGON, Myanmar — The demonstrations seeking to end 45 years of military dictatorship drew international attention after thousands of Buddhist monks joined in. At the height of the protests, some 70,000 people turned out, but were crushed on Wednesday and Thursday when government troops opened fire into the crowds. The government says 10 people were killed, but independent sources say the number is far higher. A video shot Sunday by a dissident group, Democratic Voice of Burma, showed a monk, covered in bruises, floating face down in a Yangon river. It was not clear how long the body had been in the river.

2007年9月30日 ミャンマー・ヤンゴン発 |ミャンマーを45年間独裁してきた軍事政権の終焉を標榜する今回の反政府デモは、数万人の仏教の僧侶が参加して以来世界的注目を集めた。抗議活動のピークには7万〜10万人の市民が参加して、デモ隊の列で通りを埋めたが、水曜と木曜の2日間にわたって政府軍が弾圧のため出動し、デモ隊に向かって発砲するなどして、一気に流血の争乱状態を引き起こした。

__________________________________________________________________
SEPTEMBER 30, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

ASSOCIATED PRESS | BREAKING NEWS

国連特使ガンバリ氏、ミャンマー平定でスーチーさんと初会見
米国東部時間 2007年9月30日午後1時30分 | AP通信/ニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee


1. UN envoy entered locked-down Yangon
d0123476_1036597.jpgBut thousands of troops locked down Myanmar's largest cities, and scores of people were arrested overnight, further weakening the flagging movement. And Ibrahim Gambari, the U.N.'s special envoy to Myanmar, failed to see either the junta leader or his deputy in his scheduled meetings. The diplomat was returning late Sunday to the military government's headquarters for a possible third meeting.

戒厳令下のヤンゴンへ国連特使派遣
特使の要請とはうらはらに、数千人の軍隊がミャンマー最大の都市ヤンゴンを制圧し、鎮静した抗議活動をさらに弱めるべく、夜間を通して数十人の市民が逮捕された。一方今後の平定を図って国連からミャンマーへ派遣されたイブラヒム・ガンバリ特使は、戒厳令下のヤンゴンに到着したが、国連側が予定した軍事独裁政権のトップと副官との会談は開かれずに終わった。特使は三度目の正直を期待して会談を求め、日曜遅くに軍事政権本部へ再度訪れる予定である。
d0123476_920094.jpg
2. 'All decisions rests with junta leader'
A U.N. statement said Ibrahim Gambari met Sunday with the acting prime minister, the deputy foreign minister and the ministers of information and culture. While these officials have senior positions in the ruling coterie, the final say in all decisions rests with junta leader, Senior Gen. Than Shwe, and to some extent Deputy Senior Gen. Maung Aye. Gambari "looks forward to meeting ... Than Shwe," before he leaves the region, a U.N. statement said.
全ての決定権は軍事独裁者の手中に
国連から発表された声明によると、ガンバリ氏は現政権の首相と副首相、情報文化相とは会談が実現した。これらの閣僚は軍事政権の中枢にいるとはいうものの、実質的な最終権限はすべて軍事政権の総司令官であるタン・シュウェ総督とマウング・アイェ副総督が握っているのが実状である。ガンバリ氏は「訪問を終える前に、いずれタン・シュウェ氏に逢えることを期待してます」と声明の中で述べている。
d0123476_921090.jpg
3. Junta allowed the meeting with Suu Kyi
Myanmar's government unexpectedly allowed the country's leading opposition figure, Aung San Suu Kyi, to leave house arrest briefly on Sunday and meet with a U.N. envoy trying to persuade the junta to ease its crackdown against a pro-democracy uprising. Gambari's efforts began on Saturday when he came from Singapore to Yangon and was immediately flown to Naypyitaw.
軍事独裁政権、スーチー女史との面会を許可
30日日曜現在ヤンゴン市内は一時的鎮静をみているが、そのさなかにガンバリ国連特使と、反政府派代表で4年間幽閉されていたアウン・サン・スーチー女史の会談に、政府側の承諾が下りて実現した。ミャンマー軍事政権への民主化説得を図る国連特使の派遣は、過去にも数回あったがその都度失敗に終わっている。今回の特使派遣の目的は、民主化を主張して立ち上がった国民に対する暴力的弾圧の緩和である。ガンバリ氏の今回の会談への努力は、シンガポールからヤンゴンに向けて発った後、直ちに政府機関のある首都ナイピイタウへ飛んだことからも伺える。
d0123476_921582.jpg
4. No details from meeting
After his meetings Sunday, he returned to Yangon and was whisked to the State Guest House to meet Suu Kyi, who was brought out of house arrest to see him in what appeared to be an unexpected concession by the junta. Gambari and Suu Kyi met for over an hour, the U.N. statement said, but gave no details.
会談の内容は極秘裏に
日曜の閣僚との会談後、特使はひとまずヤンゴンへ戻り、スーチー女史と面談のため政府の迎賓館へ向かった。スーチー女史は、軍事独裁政権の思いがけない計らいと受けとれる会談に出席するため、4年間の自宅監禁状態を一時的に解かれて、指定の場所へ向かった。ガンバリ氏とスーチー女史は、迎賓館でおよそ1時間ほどの会談をもったと国連側から発表されたが、その内容及び詳細は明らかにされていない。
d0123476_174926100.jpg
5. 'Give as much time as it takes'
"We want Mr. Gambari to stay here long enough to get under way a genuine process of national reconciliation," Britain's ambassador Mark Canning said. "He should be given as much time as that takes. That will require access to senior levels of government as well as a range of political actors."
英国大使「必要なだけ滞在して交渉を」
「この国が和解して平定を見る正常な成り行きが整うまで、時間はかかるかも知れないが、われわれはガンバリ氏に滞在してもらいたい。必要な限りいくらでも時間をかけるべきだ。政府の首脳陣や、その他さまざまな分野の政府関係者と交渉するには、そうする必要がある」ミャンマー駐在の英国大使マーク・カニング氏は、このように国連特使に対する希望を述べた。
d0123476_9284413.jpg
6. U.N. failed in the past
The U.N. has repeatedly failed to bring about a reconciliation between the military government and the pro-democracy opposition. Gambari and his predecessor, Razali Ismail of Malaysia, have also failed to secure freedom for Suu Kyi, the 1991 Nobel Peace prize winner who has come to symbolize the struggle for democracy in Myanmar.
過去の国連介入はすべて失敗
しかし国連は過去においても、ミャンマーの軍事政権と民主化を標榜する反政府グループとの間に、和解をもたらそうと何度か試みたが、その度に失敗に終わっている。ガンバリ氏も過去に一度、また彼の先任者であるマレーシアのラザリ・イスマイル氏も、スーチー女史を自宅監禁状態から解放する試みに失敗している。アウン・サン・スーチー女史は、1991年度のノーベル平和賞受賞者で、民主主義を確立する反体制運動に献身して政府から禁固処分を受け、ミャンマーの民主化運動のシンボルとなっている人物である。
d0123476_9274391.jpg
7. A symbol of pro-democracy movement
Her National League for Democracy party won the 1990 general elections, which the junta called after crushing a much larger pro-democracy movement in 1988. But the party was never allowed to take power, and many of its top members were jailed. Suu Kyi has spent 12 of the last 18 years under house arrest.
ミャンマーのネルソン・マンデラ
彼女の率いるNLD(民主国民連盟党)は1990年の総選挙で圧勝している。またそれ以前の1988年にはさらに大規模な民主化運動を率いたが、このときに政府軍が機関銃とロケット砲で弾圧、3千名の一般市民が犠牲となった。その結果軍首脳部が武力で実権を握り、NLDは政権の座につくことすら許されず、数多くの党員と指導者は投獄された。スーチー女史は過去18年間のうち12年を、軍閥政権による政治活動への制裁として、自宅での幽閉状態を余儀なくされている。

【米国時間 2007年9月30日 訳『米流時評』ysbee】
d0123476_9292124.jpg
次の記事「許すな末世の法、ミャンマー軍事独裁政権の圧殺」へ続く

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6275742
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6275742

__________________________________________________________________
「中東核戦争」の記事を連載で掲載しております。なにぶん事態が極めて流動的であり参考記事も膨大なため、掲出順序やタイトルの変更もありますので、よろしくご了承ください。

||| 中東核戦争 特集記事 |||
d0123476_8345660.jpg序 章 中東核戦争前夜?急浮上するシリア対イスラエル核紛争
第1章 戦争挑発行為?イスラエル爆撃機のシリア領空侵犯
第2章 シリア対イスラエル 中東核戦争の危機は本物か
第3章 新・ジェリコの闘い イランのミサイル報復作戦
第4章 核のターゲットは駐留米軍 国連とEUの経済制裁
第5章 消された記事『中東代理戦争・シリアvsイスラエル』
第6章 囁かれる中東核戦争
   中東核戦争6.1 ホワイトハウスのウォーゲーム
   中東核戦争6.2 2008年核戦争の冬・チェニーのウォープラン
   中東核戦争6.3 復讐の世紀・中東戦争「核のアルマゲドン」
   中東核戦争6.4 暴かれた大謀略・イスラエルとネオコンの中東核の戦略
第7章 驚愕!原爆搭載機B-52飛行事件は米空軍内のクーデターか?
第8章 ラマダンとヨムキッパー 沈黙の壁を崩したネタニヤフ
第9章 新冷戦中東編 モサドとCIAのニューインテリジェンスウォー

||| 『米流時評』 特集記事 |||
中東のパワーラビリンス | イラク戦争 関連記事 | 安倍首相辞任と総裁選

__________________________________________________________________
Where in the World?d0123476_956012.jpg

回答:この場所はヨルダンの古代遺跡ペトラの石窟寺院です。屋根に登った人物との対比でその壮大さが伺えます。写真は愛読書の『National Geographic』のサイトで毎日連載しているフリーダウンロード素材です。

いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。
ランキングのクリックがブログの栄養です、よろしく!


f0127501_12134737.gifブログ村では国際政治部門で、あと5票で1位になれそう? えっ、ほんとだ!
d0123476_10141436.gifおかげさまで ニュース部門で1位をキープ。ありがとうございます!
d0123476_8292554.jpg
おかげさまで政治ニュースでベスト10に入ってます。 ぽちっ!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


by ysbee-2 | 2007-09-30 09:14 | ビルマの赤い川革命
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31