人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

アイオワカルテ 続クリントン11の敗因

f0127501_128435.gif
  ||| 続ヒラリー・クリントン11の敗因 |||

d0123476_12355945.jpg

何がヒラリーに起ったのか?民主党最有力候補クリントンの急転直下
ニューハンプシャー予備選で負ければ致命的 陣営立て直しは可能か


米国時間 2008年1月7日 | ハワード・ファインマン/MSNBC |『米流時評』ysbee 訳
前号からの続き | 振り返って見れば、選挙戦開始当時のスローガン「すでに勝利への途上に」が、ヒラリー・クリントンの選挙運動の、自己中心的な自信過剰の傾向を如実にものがたっている。それはアメリカの国民についての表明とは思えなかった。選挙運動自体が、すべてワシントン・インサイダーであるヒラリーと彼女(と旧クリントン政権内部)のお取り巻き連中のためであるかのように受けとられた。
What the Heck Happened to Hillary?
President following up Annapolis peace conference with Mideast tour
JANUARY 7, 2008 | Howard Fineman / MSNBC political analyst | Translation by ysbee
7. The kickoff slogan — I’m in it to win it,” in retrospect, said way too much about the mentality of the campaign. It didn’t seem to be about the American people, but about her and her coterie of well-placed acolytes inside the Beltway.

__________________________________________________________________
JANUARY 7, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

    N B C / M S N B C | A N A L Y S I S

アイオワの診断書 続ヒラリー・クリントン11の敗因
米国時間 2008年1月7日午後12時20分 | ハワード・ファインマン/MSNBC | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_12393559.jpg

8. Focusing on women
Senior strategist Mark Penn bragged repeatedly months ago about how Hillary had a solid, unassailable base among women — and a core that, if all else failed, would guarantee her the nomination. Three things wrong with that. For one, it made her sound like a for-women-only crusader (no way to attract men). Second, it violated the strategist principle used shrewdly by another top aide, Mandy Grunwald, in designing Hillary’s first run for the Senate in New York in 2000. In that race, Hillary focused on her weakest spot, upstate New York, and turned it into a positive. She should have done the same thing demographically, as opposed to geographically, this time around. Third is perhaps the result of the other two — she didn’t even win the female vote in Iowa.
女性票をターゲット
翻訳中
d0123476_1252591.jpg
オバマの魅力はひと言で「Genuine」。どのインタビューでも討論会でもまやかしのない「本物」の真摯な人間性

9. Bill
Having seen him on the trail (not to mention on “Charlie Rose,”) I think the former president is a net positive for his wife. It’s not his fault that no one else in the campaign had tried aggressively to call Obama to account. He had to do it. He also summarized her resume better than she herself did. But the visibility of her husband allowed Obama and Edwards to more easily outflank her on the “change” issue. It seems that the country really has had enough after 28 years of Bushes and Clintons.
ビル・ファクター
翻訳中
d0123476_12545457.jpg
元来票田だった黒人層はオバマに動き、低所得者層はエドワーズに喰われ、苦戦を強いられるクリントン王朝

10. Edwards and Obama gangup
They did it here in New Hampshire at the ABC debate. Hillary got angry. She had reason to be. She had a right to respond aggressively to both of them. Edwards’ patients’ bill of rights never did pass; Obama indeed has talked out of both sides of his Cheshire-cat-grin mouth from time to time. But the sight of Hillary — back up and eyes flashing — did not help.
必然的に孤立化する存在
翻訳中
d0123476_1259049.jpg
貧しい労働者の家庭に生まれ育った苦労人エドワーズ 各州の労働組合や低所得者層に受け入れられ支持層を形成

11. Missing the wave
For many Baby Boomer women it is infuriating to watch Hillary, who would be the first female president, be outflanked by Obama on the “making history” theme. Had she run five years earlier, it would have been a more sensational thing. But she seems to have missed by half a wave. There is a bigger story now, or at least there seems to be here in New Hampshire.
時流の波に乗りそこねたヒラリー
翻訳中

【米国時間 2008年1月7日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1311688.jpg
白人が96%を占めるアイオワ州でオバマが勝利を獲得したことで「人種の壁を越えた革命的選挙だ」の声も

»» ニューハンプシャー予備選「民主クリントン共和マケインが逆転勝利」へ続く
d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6935159
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6935159

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

社会経済ニュースであと数票でベスト5入り!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
1/10 「ドリームボーイ」バラク・オバマ(予定)
1/09 「クリントン帝国の逆襲」ヒラリー9つの勝因(予定)
1/08  ニューハンプシャー予備選結果マケインとクリントンの勝利
1/07 「アイオワカルテ」続ヒラリー・クリントン11の敗因
1/07 「アイオワショック」ヒラリー・クリントン11の敗因
1/06  米流時評「墓穴を掘ったヒラリー」意地悪婆から泣き婆へ
1/05  米流時評「バラク・オバマはケネディの再来か」
1/04  米大統領選アイオワ州共和党指名はハッカビー
1/03  オバマ予備選で歴史的勝利!次点エドワーズ、クリントン3位
07/08/09  オバマの問題発言「パキスタン派兵」とイラク戦争批判*
07/04/28  堕ちた偶像アメリカの復権に賭ける民主党大統領選候補*
06/10/28 「バラク・オバマ フィーバー」2008年大統領選のスーパースター*

d0123476_11144898.jpg
2006年版の拙ブログ『楽園通信』で紹介したオバマの著書2冊 自伝の『Dreams from My Father』と、政治家としての信念と米国と世界が歩むべき道を説いたベストセラー『The Audacity of Hope』今や若者のバイブル。
バラク・オバマに関してもっと知りたいと思われる方は、リストの「*印」のついた記事をご一読ください。
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

by ysbee-2 | 2008-01-07 20:54 | 2008年米国大統領選
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30