人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

米大統領選予測:サウスカロライナ州事前調査結果

f0127501_128435.gif
   ||| サウスカロライナ州予備選予測 |||

d0123476_9435083.jpg
サウスカロライナ州 共和党:マケインとハッカビー接戦で首位争い
民主党はオバマがクリントンを9%リード、エドワーズ13%で3位


サウスカロライナ州コロンビア発 |最新のMSNBC/NBC/マクラッチー/メイソン・ディクソン選挙投票傾向事前調査の結果によると、サウスカロライナ州の予備選もあと2日後に迫った17日木曜の時点では、共和党のジョン・マケインとマイク・ハッカビーが文字通り接戦で首位を争っている実態が明らかになった。
d0123476_20205725.jpg
McCain, Huck in Dead Heat in SC
New MSNBC/McClatchy/Mason-Dixon poll results in South Carolina
JANUARY 17, 2008 |  Mark Murray / Chuck Todd — NBC political analyst | Translation by ysbee
COLUMBIA, South Carolina — Two days until South Carolina’s GOP primary, John McCain and Mike Huckabee are locked in a virtual tie in that contest, according to a new MSNBC/McClatchy/Mason-Dixon poll.

__________________________________________________________________
JANUARY 17, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

    N B C A N A L Y S I S | F I R S T R E A D

SC州調査結果:マケイン、ハッカビー接戦 オバマ9%リード
米国時間 2008年1月17日午後4時00分 | NBC ファーストリード | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_20213514.jpg
1. GOP: McCain, Huckabee tie
McCain leads Huckabee by two points, 27%-25%, which is within the survey’s 5% margin of error. They’re followed by Mitt Romney at 15%, Fred Thompson at 13%, Ron Paul at 6%, and Rudy Giuliani at 5%. Eight percent say they’re undecided.
共和党:マケインとハッカビー接戦
共和党はマケインがハッカビーを27%対25%で2%リードしている。(調査マージン5%以内)首位の2人を追って、ミット・ロムニーが15%、フレッド・トンプソンが13%、ロン・ポールが6%、ルディ・ジュリアーニが5%と続いている。残りの8%は特定候補者未定と答えている。
d0123476_934731.jpg
2. DEMs: Obama leads Clinton by 9%
In the Democratic contest, Barack Obama has a nine-point lead over Hillary Clinton, 40%-31%, with John Edwards — who won this state in 2004 — at 13%. Fifteen percent say they’re undecided. The largest chunks of undecided voters are women and African-Americans, which could be a boon to either Clinton or Obama.
民主党:オバマ、クリントンを9%差でリード
一方民主党予備選の事前調査では、バラク・オバマが40%を獲得し、31%のヒラリー・クリントンを9%引き離して、現時点の調査結果においてサウスカロライナ州民主党候補の首位をマークした。2004年のブッシュ2期目の大統領選で、対立候補ジョン・ケリーと組んで副大統領候補としてこの州で勝利を収めた経歴のあるジョン・エドワーズは13%のシェアをマーク、先回のニューハンプシャー州に次いで3位に納まるものと予測されている。今回の事前調査対象者の中で最大のシェアを占める有権者層は、女性と黒人層である。どちらの層も、クリントン、オバマ両候補にとっては共に得票に結びつく層でもある。
d0123476_935339.jpg
3. Choices sprit between leadership and values
Looking deeper into the poll numbers, the McCain-Huckabee race in South Carolina shows a striking split between voters who think that leadership and strength are the most important qualities they’re looking for in a presidential candidate, and those who believe that sharing their values is the top quality.
Among the 43% of likely GOP primary voters who cite strength and leadership, 33% chose McCain — compared with 19% for Romney and 17% for Huckabee. But among the 39% who say values, 37% picked Huckabee — versus 19% who selected Thompson, 15% who went with Romney, and 12% who said McCain.

強さと指導力でマケイン
アンケート結果の数字をもう掘り下げてみると、サウスカロライナ州でのマケイン対ハッカビーの接戦は、支持する有権者層が驚くほどくっきりと二分している結果だと読み取れる。彼らが大統領候補に選ぶ基準とするのは、マケイン支持者がもっとも重要な資質は強さと指導力であると考えているのに対して、ハッカビー支持者は価値観を第一に求めている。今回の予備選に際して、強さと指導力を最重要と考えてるのはサウスカロライナ州共和党有権者の43%を占めるが、さらにその中の33%がマケインを選び、19%がロムニーを、17%がハッカビーを支持している。
d0123476_9355253.jpg
4. Huckabee with value and faith
In addition, respondents who identified themselves as born-again Christians pick Huckabee over McCain, 33%-20%. Among those who aren’t born again, the split is McCain 39%, Huckabee 11%. Self-described born-again Christians made up 62% of the Republican sample.
価値観と信仰心でハッカビー
調査対象のバサウスカロライナ州共和党有権者の39%が、大統領の資質に価値観をトップにおいたが、そのうちの39%がハッカビーを選んでいる。対するにトンプソンが19%、ロムニーが15%、で、マケインと答えたのは12%に過ぎない。さらに「Born-again Christians=福音派」の回答者のうちハッカビー支持が33%に対し、マケイン支持は20%である。逆に福音派ではないと答えた者では、、マケイン支持が39%、ハッカビー支持が11%となっている。ちなみにサウスカロライナ州では、抽出調査の対象となった共和党回答者のうち62%が福音派である。
【注:Born-again Christians=福音派とは、元々クリスチャンの家庭に育った人物で、成人してから改めてキリスト教の教義に目覚め「自覚した信仰心をもって生まれ変わったクリスチャン」という米国特有のカテゴリーで認識される人びとで、現行のブッシュ大統領も福音派の代表的人物】
d0123476_938535.jpg
5. Obama appeals men, African Americans
In the Democratic race, Obama bests Clinton among men (42%-27%), women (39%-34%), African Americans (56%-25%), and voters under 50 (47%-21%). Clinton leads Obama among whites (39%-20%) and those over 50 (39%-35%). In fact, it's worth noting, Obama's third among whites, at 20% with John Edwards garnering 28% of the white vote, 11 points behind Clinton. Edwards is virtually shut out among African-Americans, receiving less than the poll's 5% margin of error.
オバマに男性票と黒人票
民主党の候補選を掘り下げてみると、オバマ対クリントンの支持比率が、男性の支持者では42%対27%の大差、女性の支持者では39%対34%。黒人の支持者では56%対25%で2倍以上の支持を集め、50才以下の年齢層の支持が47%対21%と、ここでも2倍以上の支持で圧勝の傾向を示している。しかし実際注目に値するのは白人の支持で、クリントン支持31%、エドワーズ支持28%に越され20%の3位に甘んじている。またエドワーズは、黒人回答者の中では調査マージンの5%を割る支持率のため完全にシャットアウトである。
d0123476_939199.jpg
6. Change-vs.-Experience theme
The change-vs.-experience theme also plays out in South Carolina, according to the poll. Among those who believe that change is the most important quality in picking a presidential candidate, it’s Obama 65%, Edwards 11%, and Clinton 7%. Among those looking for experience, it’s Clinton 81%, Edwards 8%, and Obama 7%.
改革か経験か
アンケート集計結果を見る限り、サウスカロライナでも今回の選挙のメインテーマである「変革か経験か」が繰り返されているように読める。大統領候補のもっとも重要な資質として「変革」に賭けると答えた者のうちの65%がオバマを支持しており、エドワーズへは11%、クリントンへは7%となっている。逆に経験を重視すると答えた者のうち、クリントン支持が81%、エドワーズ8%、オバマ7%の結果となっている。
d0123476_9401431.jpg
7. Position on the issues tops
Yet more likely Democratic primary voters in the poll (37%) say that the candidates’ position on the issues is the top quality — rather than change (18%), experience (16%), and being honest and trustworthy (19%). Among those Democrats who cite issues as the top quality, it’s Clinton 32%, Obama 29%, and Edwards 21%.
【The poll — taken of 400 likely Republican primary voters and 400 likely Democratic primary voters — was conducted from January 14-16, and it has a margin of error of +/- 5%.】

公約自体が選択の判断基準
しかしながら、アンケート調査に協力した民主党回答者のうち37%が、候補者の政策主張を最重要視すると答えており、変革と答えた者18%、経験16%、正直・信頼できるの合計19%を引き離している。さらに政策重視と答えた者のうち、クリントン支持が32%、オバマ29%、エドワーズ21%となっている。
【今回のMSNBC/NBC/マクラッチー/メイソン・ディクソン選挙投票傾向事前調査は、共和党・民主党それぞれ400名の予備選有権者を対象に1月14〜16日の期間に実施され、統計上の誤差は±5%である。】

【米国時間 2008年1月17日 『米流時評』ysbee 訳】 
d0123476_9413341.jpg
»» 次号「速報!タリバン襲撃でパキスタン政府軍国境基地陥落」
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7009923
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7009923

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで8位にカムバックしました!
f0127501_12134737.gif油断大敵!ブログ村の国際政治部門で2位。挽回します!
d0123476_10141436.gifみなさまのおかげでニュース部門でトップ継続です!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
連載予告「ドリームボーイ」バラク・オバマ*
1/19  ネバダ州・サウスカロライナ州予備選結果速報(予定)d0123476_10413398.jpg
1/18  米大統領選プロ今後の予測:継続する三択ゲーム
1/17  SC州調査:マケイン vs ハッカビー接戦、オバマトップ
1/15  ミシガン州予備選でロムニー候補初勝利
1/12  米流時評「米大統領選の先読み・共和党編」
1/11  米流時評「米大統領選の先読み・民主党編」
1/10 「続・帝国の逆襲」ヒラリー7つの勝因
1/09 「クリントン帝国の逆襲」ヒラリーの勝因分析
1/08  ニューハンプシャー予備選結果マケインとクリントンの勝利
1/07 「アイオワカルテ」続ヒラリー・クリントン11の敗因
1/07 「アイオワショック」ヒラリー・クリントン11の敗因
1/06  米流時評「墓穴を掘ったヒラリー」意地悪婆から泣き婆へ
1/05  米流時評「バラク・オバマはケネディの再来か」*
1/04  米大統領選アイオワ州共和党指名はハッカビー
1/03  オバマ予備選で歴史的勝利!次点エドワーズ、クリントン3位
07/08/09  オバマの問題発言「パキスタン派兵」とイラク戦争批判*
07/04/28  堕ちた偶像アメリカの復権に賭ける民主党大統領選候補*
06/10/28  バラク・オバマ フィーバー/2008年大統領選のスーパースター*

d0123476_11144898.jpg
2006年版の拙ブログ『楽園通信』で紹介したオバマの著書2冊 自伝の『Dreams from My Father』と、政治家としての信念と米国と世界が歩むべき道を説いたベストセラー『The Audacity of Hope』今や若者のバイブル。
バラク・オバマに関してもっと知りたいと思われる方は、リストの「*印」のついた記事をご一読ください。
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節  |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

by ysbee-2 | 2008-01-17 18:44 | 2008年米国大統領選
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31