人気ブログランキング | 話題のタグを見る

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星

ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_f0127501_128435.gif
  ||| 堕ちてくるブッシュとスパイ衛星 |||

ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_11104874.jpg
ニュースの三択: ブッシュか、ケネディか、スパイ衛星墜落!か

ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_18552829.gif【まえがきの前書き】かなり重要な政治スキャンダルを追っかけていますが、連載で長〜くなりそうですので、その前に「ニュースで一服」的なニュースを。実は3日も前に用意していた記事なのですが、エドワーズの引退や予備選最後の両党討論会が立て続けにあったりで、アップするチャンスを逃しました。連載を始める前の準備運動的な息抜きにしては、軍事的にも地球保護の観点からも実に深刻な問題なのです。しかし、ワシントン政府からの発表のされ方が、あまりにもお粗末というかお間抜けなので、悪い冗談としかとれないWacky Science Newsではあります。 【米国時間 08年2月1日】
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_11131870.jpg
『米流時評』1月28日号 【まえがき】
今日は、ワシントンからの大きなニュースがあるはずだった。ブッシュ大統領の任期最後の「the States of Union」2008年の年頭教書が発表される日だからだ。昨年の教書では「SURGE」に焦点が絞られ「イラク戦争、のるかそるか」という米国軍事シーソーの支点でバランスをとるような、重要な決定が下された。結論は「撤退のための増兵」というブッシュ政権お得意の小手先戦術「Political Jiujitsu=政治の柔術」の典型で、実にひねくれた提案だった。
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_1112950.jpg
しかし、今年の教書の盛り上がりのなさと言ったら....評論家連中も一様にこきおろした。普段から堂々と反ブッシュを公言してはばからないMSNBCのキース・オルバーマンなどは「犯罪的なほど現実無視の『dreaming in Lala-land』=極楽トンボの寝言」と、いつもながら手厳しい。
CNNでも、おなじみの顔ぶれの評論家が誰も教書の内容を云々せずに、むしろ同じワシントンで午前中にあった、エドワード・ケネディ上院議員とキャロライン・ケネディのオバマ候補への支持表明の方へと、ともすると話題が移りがちだったのがおかしい位だった。もう彼らの頭の中では、ブッシュが何を提案しようと「彼は終わった」Lame Duck の状況なのだろう。
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_11135271.jpg
あまりにも嘘くさい現実逃避的自画自賛の「薮の中・教書」なので、そんな日に一般のニュースに紛れてこっそりと発表されたこの下の記事には驚かされた。確かに打ち上げたスパイ衛星がコントロール不能になったというだけでも、最近失敗続きのNASAの汚点のシミが拡大する失態である。しかしそれよりももっとクサイのは、今まで操縦不能であっても軌道を回っていたはずのサテライトが、なぜ今頃突然粉々にになって地球上に落下してくるのか?という極めて素朴な疑問である。小学生でも気がつく原因不明のなぞであり、その「不明」の部分だけが浮かび上がってしまった。
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_15455418.jpg
誰がどう考えても「誰かが」(中国?ロシア?)アメリカのスパイ衛星を「何かで」(ミサイルしか考えつかないが)撃ち落としたので、爆発後の残滓が地球の表面の「何処かに」多分「いつか」まもなく落下する、というとんでもない事態である。つまり一言で言えば、スペースウォーの最前線で一敗したのである。ブッシュ政権は、でっちあげの捏造は得意だが、こうした深刻な事実への対応は常にほおかむり。しらっとさりげなくその場をやり過ごそうとしているのは明からさまだ。

元記事のタイトルにも、報道するメディア側の同じような疑問と批判が看てとれる。
「U.S. Downplays Threat from Falling Satellite」衛星落下の脅威を矮小化して伝える米国政府...とつけている。「U.S.」という物言いに、ニュースソースが米国以外であるスタンスが現れている。多分ロイターの記事にAP通信の一部をミックスして掲出したのだろう。NBC/MSNBCでは、こういうおいしいとこどりで編集した記事に、しばしばお目にかかる。
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_6245911.jpg
サイトに掲出する際も、果たしてサイエンス欄に載せたものか、はたまたセキュリティ/防衛問題欄で公表すべきか迷ったに違いない。しかし私に言わせたら、こんな危急で重要な問題、1面トップで大々的に臨時ニュースとして扱ってほしい情報である。まあでも、天気予報欄でなかったのがせめてもの救いか。ことのついでに天気予報風に伝えられたら、という想定だと、さしずめこんなタイトルになるのだろうか。「本日の地球の天気は晴れときどき曇り。ところによりスパイ衛星のかけらが降ったりやんだり......!?」

【米国時間 2008年1月28日『米流時評』ysbee】
»» 次号「またも撃墜?米国のスパイ衛星落下警報発令」本文記事へニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_1023580.jpg

ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7158667
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7158667

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6〜8位!
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で2位。挽回を期してクリックを!
ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!

ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
連載予告「ドリームボーイ」バラク・オバマ*
1/31  究極のキングメーカー ジョン・エドワーズニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_10413398.jpg
1/30  米流時評「キングメーカー 予備選で淘汰される支流候補」
1/30  第三の男 ジョン・エドワーズの決断 大統領選から撤退
1/29 フロリダの回答 マケイン対ロムニーに絞られた共和党
1/27  米流時評「ミラクルメーカー バラク・オバマ」*
1/12  米流時評「米大統領選の先読み・共和党編」
1/11  米流時評「米大統領選の先読み・民主党編」
1/06  米流時評「墓穴を掘ったヒラリー」意地悪婆から泣き婆へ
1/05  米流時評「バラク・オバマはケネディの再来か」*
1/03  オバマ予備選で歴史的勝利!次点エドワーズ、クリントン3位
07/08/09  オバマの問題発言「パキスタン派兵」とイラク戦争批判*
07/04/28  堕ちた偶像アメリカの復権に賭ける民主党大統領選候補*
06/10/28  バラク・オバマ フィーバー/08年大統領選のスーパースター*


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀ニュースの三択・ブッシュとケネディとスパイ衛星_d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


by ysbee-2 | 2008-02-01 10:40 | スペースウォー
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30