人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

予備選グローバルウォッチ・後編

f0127501_128435.gif
  ||| 予備選グローバルウォッチ・後編 |||

d0123476_9184753.jpg
米大統領選の激戦報道にグローバルな視聴者が注目する理由
By ストライカー・マクガイア/ニューズウィーク | 『米流時評』ysbee 訳
米国時間2008年2月6日 【前号からの続き】 
中国人は、ネズミ年の新年が明けて旧正月を祝っている最中だが、同時に米国の大統領選に対しても大いに関心の目を向けている。もしも中国人に、クリントンとオバマのどちらかを無理矢理選ばせたとしたら、どちらに軍配を上げるだろうか? 中国のお役人ならば、親しみやすさと現状維持の観点から、クリントン候補を好む傾向が強い。
d0123476_9193564.jpg
The World Watches
Interest in American presidential campaign heats up with Super Tuesday.

By Howard Fineman — Analysis | NEWSWEEK — WEB EXCLUSIVE  | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — The Chinese may be celebrating the Year of the Rat, but they don't play down the significance of the U.S. elections either. If forced to choose between Clinton and Obama, Chinese officials, who prize familiarity and the status quo, would marginally prefer Clinton.

__________________________________________________________________
FEBRUARY 6, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

N E W S W E E K | E X C L U S I V E

予備選の山場「スーパーチューズデー」グローバルウォッチ・後編
米国時間08年2月6日午前9時 | ストライカー・マクガイア/ニューズウィーク | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_920410.jpg
9. China's fondness of Clinton
They have a sense for her and her politics and a fondness for Bill Clinton, who didn't give Beijing a hard time on the only seriously neuralgic Sino-U.S. issue—Taiwan. Still, the Beijing regime is well aware that any new U.S. administration can be expected to have a bit of a learning curve on China once it takes office, and that campaign-trail rhetoric does not always translate into policy once a contender becomes the commander in chief.
クリントン好みの中国
翻訳中
d0123476_9204697.jpg
日本の報道として米国のメディアによく載るのは左のBic Camera/右も日本のメガストアですが店名不明

10. South Africa, Australia

Physical distance is no obstacle when it comes to fascination with this year's American spectacle. In Johannesburg, the Mail & Guardian looked ahead to "the battle of the airwaves … already underway in the next round of primary states." On the Sydney Morning Herald Web site, which features a glitzy multimedia "Super Tuesday Showdown," "Clinton polls strongly on Super Tuesday" was the most-viewed article on Wednesday—topping even a story about the model "Elle McPherson and her 21-year-old toyboy."
南アフリカ、オーストラリアでも特集
翻訳中
d0123476_9233727.jpg
総合プロデューサーとしてソルトレーク冬季五輪を成功させたミット・ロムニー候補が勝ったモルモン教のユタ州

11. O Globo — Brazil

Wednesday's edition of O Globo, the Rio de Janeiro daily, carries a commentary by political analyst Merval Pereira, titled WHAT CHANGE?, which is a thinly disguised tout for Obama, arguing that because Clinton is the Democrat's "establishment" candidate, she is unlikely to represent significant change. On the other hand, "Barack Obama would be the real [candidate of] change. Even if this is just a dream version of reality."
ブラジル『オグロボ』紙
翻訳中
d0123476_9262830.jpg
スーパーチューズデー当日の開票速報を映し出すスポーツバーの巨大モニター 当日の視聴率も記録を破った

12. Haarez — Israel

As disrespected as President Bush is around the world, he remains a popular figure in Israel, where he's seen as a stalwart guardian of Israeli interests. Unsurprisingly, interest in those seeking to succeed him runs high. For several months now, the Haaretz newspaper has been running a feature called "The Israel Factor: Ranking the Presidential Candidates." A panel ranks contenders on a scale of 1 to 9, with 9 being the most pro-Israel. McCain is currently ranked highest, at 7.75; Clinton comes in at 7.5, with Obama trailing at 5.12.
イスラエル『ハアレツ』紙
翻訳中
d0123476_9281530.jpg
投票用紙「Ballot」を読み込む機械 2004年のような不正読み取りが再び行なわれないことを祈る

13. In an era of U.S. hegemony

Americans are often accused of ignoring events that occur beyond their borders even in a world transformed by globalization. In an era of U.S. hegemony, the rest of the world doesn't have that option — as the rapt attention to Campaign 2008 demonstrates in spades.

With Melinda Liu in Beijing, Owen Matthews in Moscow, Kevin Peraino in Jerusalem and Christopher Werth in London.

米国のグローバル覇権主義と大統領選
翻訳中

【米国時間 2008年2月6日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_9302677.jpg
共和党は赤、民主党は青がパーティーカラー 党のシンボルキャラクターは共和党が象、民主党がロバ

»» 次号「予備選ウィークエンダーLIVE速報と今後の展開」へ

d0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7219610
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7219610

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースでベストテン内
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で2位。挽回を期してクリックを!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!

d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
d0123476_2241168.jpg
米国時間 2月9日現在 予備選得票チャート ▶本日までの民主党・共和党全米大会代議員獲得データへ
連載予告「ドリームボーイ」バラク・オバマ*
2/09  予備選ウィークエンダーLIVE速報
2/07  共和党ミット・ロムニー大統領選から撤退
2/06  グローバルウォッチ予備選レポート・後編
2/06  グローバルウォッチ予備選レポート・前編
2/05  スーパーチューズデー"LIVE"開票中継ブログd0123476_10413398.jpg
2/04  'Yes We Can' なぜオバマなのか?のメッセージビデオ
2/03  マリアの決断 クリントン派とオバマ派に二分したケネディ家
2/03  マリアの選択 サクラメントの秘跡
2/02  ロムニー、メイン州予備選でマケインに圧勝
1/31  究極のキングメーカー ジョン・エドワーズ
1/30  米流時評「キングメーカー 予備選で淘汰される支流候補」
1/30  第三の男 ジョン・エドワーズの決断 大統領選から撤退
1/29  フロリダの回答 マケイン対ロムニーに絞られた共和党
1/27  米流時評「ミラクルメーカー バラク・オバマ」*
1/12  米流時評「米大統領選の先読み・共和党編」
1/11  米流時評「米大統領選の先読み・民主党編」
1/06  米流時評「墓穴を掘ったヒラリー」意地悪婆から泣き婆へ
1/05  米流時評「バラク・オバマはケネディの再来か」*
1/03  オバマ予備選で歴史的勝利!次点エドワーズ、クリントン3位
07/08/09  オバマの問題発言「パキスタン派兵」とイラク戦争批判*
07/04/28  堕ちた偶像アメリカの復権に賭ける民主党大統領選候補*
06/10/28  バラク・オバマ フィーバー/08年大統領選のスーパースター*


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


by ysbee-2 | 2008-02-08 22:36 | 2008年米国大統領選
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31