人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

土壇場のヒラリー最後の秒読み

f0127501_128435.gif
   ||| 土壇場のヒラリー最後の秒読み |||

d0123476_18171917.jpg
3月5日最後の決戦、テキサス・オハイオ州予備選目前の秒読み
オバマ破竹の11連勝に圧倒され、あとがない土壇場のクリントン


By エリノア・クリフト | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 訳『米流時評』ysbee
2008年2月29日 | ヒラリー・クリントンの最後の審判の日は、もうすぐそこまで来ている。オハイオ州の有権者の投票が、彼女の選挙戦に終了のゴングを打つ最後の一撃となるか? はたまた運良く行けば、大統領候補最終指名を勝ち得るまでの長い行進へと一息つくのに必要な、念願の勝利につながるか? どちらにしろ、来週火曜に審判が下る。
d0123476_18174837.jpg
Day of Reckoning: The Final Countdown
Before the second Super-Tuesday, Clinton HQ sees signs of serious trouble

By Elenor Clift | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
FEBRUARY 29, 2008 — The day of reckoning for Hillary Clinton is almost here. The voters in Ohio will either deal a final blow to her campaign or provide a much needed victory that at best will give her a reprieve in the long march to the nomination.

__________________________________________________________________
FEBRUARY 29, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

   N E W S W E E K | W E B E X C L U S I V E

土壇場のクリントン陣営、テキサス・オハイオ予備選迫る
米国時間 2008年2月29日 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_1818215.jpg
1. Visiting Clinton's Headquarter
A visitor from another country recently paid a call on the Clinton campaign headquarters in Ballston, Va., a place just over the bridge from Washington but light years away. He imagined he would be present at a moment of great triumph.
ヒラリーの選挙運動本部を訪問
最近米国を訪問した外国人の知人が、ヴァージニア州ボールストンにあるクリントンの選挙運動本部からの招待を受け訪問した。首都ワシントンとは橋ひとつへだてただけの隣町なのだが、感覚的には1光年も離れている印象を受ける場所である。そこを訪れるまでは、彼は大いなる勝利の興奮に包まれた時間を味わえると思っていたらしい。
d0123476_1824408.jpg
2. Stunned by atmosphere of implosion
Instead he found a campaign on the verge of imploding. Phone bank tables were unmanned. Bins full of mail sent over from the Senate sat unattended.
クリントン陣営内部崩壊の兆し
ところが、実際に訪れてみるとそんな先入観はくつがえされ、キャンペーンの選挙事務所はまさに内部崩壊の崖っぷちにあることに気がついたそうである。電話攻勢をかける「フォーンバンク」のテーブルには人気がなく、クリントン上院議員から郵送された演説会場への招待状は、欠席で返送されて郵便受けに束になったままであったという。
d0123476_18191362.jpg
3. Not a happy family
A lot of young women, fanatical Hillary fans all, rushed about, seemingly unclear about what they were supposed to be doing. Other aides sat in front of computer screens, gloomily reading coverage of the campaign. Howard Wolfson and Phil Singer, the campaign's communications team, weren't speaking with anybody else, just doing their own thing, whatever that might have been. In short, it was not a happy family.
すでに敗北感漂う選挙本部
若い女性の運動員たちはみな狂信的とも言えるヒラリーファンであるが、いったい何をどうすればいいのか見当がつかないとでもいうように、ひたすらうろうろしていた。側近の一群はコンピュータのモニターの前に座して、恒例の討論直後の有権者の反応を見るアンケートを、陰鬱な表情で読み取っていた。クリントン陣営のメディア担当チーム参謀であるハワード・ウルフソンとフィル・シンガーは二人とも誰とも口をきかずに、何はともあれひたすら自分たちの仕事に没頭していた。ひと言で言って、それはハッピーな仲間とはお世辞にも言える雰囲気ではなかったそうである。
d0123476_18194638.jpg
4. Last chance, Ohio debate
No amount of spin can overcome Hillary's disappointing performance Tuesday night in Cleveland. MSNBC called it a draw, but hardly anybody else did. Hillary didn't land a single blow.
最後のチャンス、オハイオ討論会
今さらどんな手を弄しても、火曜の夜オハイオ州クリーブランドで行なわれたテレビ討論での、ヒラリーの絶望的失態をとりつくろう術はない。主催者のMSNBCは、表面上討論の結果は引き分けと評価したものの、ライブ放送を見た者は誰もそうは思わなかった。実際に、ヒラリーのパンチはただの一発も当らなかった。
d0123476_1820244.jpg
5. Sticks to her own agenda
Her insistence on sticking with health-care reform as an issue for the first 16 minutes of the debate only reminded people how unbending she can be when convinced of the rectitude of her position. The debate was perhaps her last chance to turn the tide after 11 straight losses.
ブッシュ以上の頑迷ぶり
討論の開幕早々、彼女は唯一のセールスポイント「健康保険制度改正政策」について、16分も延々とこだわって議論を続けた。あのしつこさを観た者なら間違いなく「ヒラリーはいったん自分の立場にこもったら、てこでも動かない頑固者」と思ったにちがいない。火曜の夜行なわれた今回の公開討論は、多分これまで11連敗を喫した潮目をくつがえす最後のチャンスだったはずなのに……
d0123476_23452859.jpg
6. Giving up winning in Texas
As aides sat looking at polls coming in with the gaps widening, a new reality took hold. They've given up winning in Texas and they fear they may not win in Ohio. Clinton once led Obama in all the national polls; now she's behind him by a growing margin—as much as 13 or 18 percent in some soundings.
テキサスでの勝利、遠のく
コンピュータの前に陣取って討論後のアンケート結果に見入っていたヒラリーの側近は、オバマとの差が一段と開いたのを目の当たりにして、新たな現実を思い知らされたようであった。彼らはテキサスでの勝利を諦めざるをえないばかりか、下手をすればオハイオでの勝利さえ危ういと怖れをなしていた。かつて(ほんの2カ月前まで)クリントンは全米どの州のアンケート調査でもオバマをリードしていた。それが今や彼の後塵を拝す立場になり、しかもその差はますます開いている。確実な線で13%から最大18%まで開きが出ている。
d0123476_18213767.jpg
7. Obama leads in Texas
In Texas, which votes on March 4, Obama is now ahead in most polls. For the first time he has also surged ahead of her in an Ohio poll—one taken before the debate. Hillary leads in three other polls, but by a margin of 4 percent at best.
テキサスでヒラリーを抜いたオバマ
3月4日火曜に予備選が行なわれるテキサス州では、オバマは今やどの調査会社のアンケートでもトップに立っている。同じ日に予備選を控えるオハイオ州での調査では、初めてクリントンを抜く勢いを見せた。しかもこの集計は、テレビ討論よりも前に実施された数字である。他の3社のアンケートではヒラリーはまだ首位を保っているが、最大の開きでもマージンよりも少なく、わずか4%しかない。
d0123476_23471763.jpg
8. Fading image of a dream ticket
This is a state where she has the backing of the governor and once led by a double-digit margin. Campaign aides are dejected and demoralized, and they're turning up for work late. It's as if they've given up. Talk of a dream ticket—the idea that a deal would be struck to combine his youth and her experience—was once an exciting prospect. Now the likelihood of that happening seems to fade by the day.
消えた「クリントン・オバマ政権」の夢
ここテキサスは州知事がクリントン支持を表明し、ついこの前まで2ケタ台の差をつけて首位を保持してきた州だったはずだ。選対本部の側近は方向を見失い、おまけにモラルを喪失している。事務所に遅く顔を出すような有様だ。それはまるで、あたかも(勝つことを)諦めてしまったかのようだ。そう言えば、クリントンが大統領でオバマが副大統領の「ドリームチケット」という話も、一時はあった。彼の若さと彼女の経験を組ませれば理想的という案で(CNNのテレビ討論会で司会のウルフ・ブリッツァーが提案)、一時は民主党有権者をわくわくさせた構想だったのだが…… 今ではその逆の案(オバマ大統領とクリントン副大統領)でさえ、もはや日に日に色褪せた過去の妄想にすぎなくなってきている。 »» 続く
d0123476_18221759.jpg
»» 次号「テキサス・オハイオのカウントダウン」「オバマの選挙戦略・マクロトレンド」へ続く
【米国時間 2008年2月29日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_1023580.jpg
d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/7384599
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/7384599

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。風邪で4・5日休んだために、ランキングがどっと落ちてしまいました。元の位置まで挽回するのは大変ですが、みなさまのクリックで応援よろしくお願いします!
d0123476_12465883.gif
おかげさまで社会経済ニュースでベストテン内
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門で2位です。

d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_4274095.jpg
»» 米流時評 特集「2008年米国大統領選
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン・戒厳令の季節 |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


by ysbee-2 | 2008-03-01 10:32 | 2008年米国大統領選
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31