人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

オバマワールド第3章 明日へのカウントダウン

f0127501_128435.gif

   ||| 第3章 明日へのカウントダウン |||

d0123476_0272215.jpg
 米国大統領選 アメリカの再生を賭けた1億8千万人の民主主義革命
 テロと戦争の世界の闇を切り裂く、新しい世紀の朝へカウントダウン!


d0123476_18552829.gifただ今投票日の早朝。すでに投票結果が開票になったところさえある。特集の記事を1日2本ずつアップする予定だったのが、やはり1本でやっとだ。書きたい事が山のようにあるのに、吸収する情報はその百倍もの量でなだれ落ちてくる。こういうときはオバマを見習って、言いたいコアを先に言ってしまおう。

とにかく投票への情熱がもの凄いのだ。文字通り「時代が明けていく」のを目の当たりにする思いである。全米各州のありとあらゆる投票所で、前代未聞の行列が続いている。2〜3時間の行列は当り前で、ひどいところでは7〜8時間も(仕事はどうするのだろう?)待った挙げ句に、たった1票の投票用紙に有権者の思いと未来を賭けて、投票し帰ってゆく。しかも不平ひとつ吐かずに、満ち足りて、誇らしげに……
d0123476_0293017.jpg
いつからアメリカ人はこんなに我慢強くなったのだろう? 行列なんて3分と待てないはずだったのに。彼らはその1票が、行き詰まったアメリカがぶち当たった壁を貫く一撃だ、ということを、しっかりと承知しているようだ。この広いアメリカの都会でも田舎でも、誰もがその決意を胸に、投票所へ向かった。 メイン州の漁村で、ペンシルバニアの炭坑で、インディアナのコーン畑で、アイダホの農道で、モンタナの牧場で、オレゴンの林道で………そしてもちろん、マンハッタンの勤め人も、アトランタのIT業者も、シスコのバリスタも、サンディエゴの水兵も、たった一票を投じるために、ただそのためだけに、粛々と列につく。

この8年という歳月の間に、ブッシュ政権の怠慢によって、空に届くかと思われるほどうずたかく積み上げられた「閉塞」という巨大な壁を、今この瞬間にアメリカ人のひとりひとりが、その巨大な壁の煉瓦のひとつづつを、渾身の力を込めて打ち壊していっている。1億8千万人の「打ち壊し運動」だ。 これは革命だ!
d0123476_0301734.jpg
テレビの画面には、今ちょうどオバマと家族が、地元シカゴの投票所で安っぽい投票ボックスに向かって投票用紙に書き込んで(打ち込んで?)いるところを、ライブで映し出している。ニュースショーの評論家連中が、口をそろえてこう言っている。2年前に、イリノイ州スプリングフィールドの州庁舎の広場で、大統領選に立候補するとオバマが宣言した時には、この日のくることを誰が想像しただろう……と。

多分世界中のメディアが、今夕は「米国史上初の黒人大統領誕生!」という特大見出しで、オバマ当選のニュースを流すだろう。しかしその捉え方ではあまりにも表層をなぞっているに過ぎない。彼はそもそも、半分は白人なのだから。正確を期して言うならば「人種を越えた大統領」だろう。そしてオバマを選んだアメリカ人もまた、もう黒とか白とか黄色とか、そう言った肌の色を超越したのだ。彼らがそこに見たのは、高い理想とパワフルな演説、その言葉を言葉に終わらせずに勇気と責任をもって実行する、映画でしかお目にかかったことのない、理想の大統領だ。
d0123476_031417.jpg
敵意ではなく共感で、独断ではなく理解で、危機を乗り越え、米国を牽引し、世界のあちこちで頻発している闘争から、虐げられた民衆を解放していってくれる人物。それには、従来のワシントンの「政治屋」ではダメなのだ。素晴らしく頭のいい、素晴らしく人類全体への愛にあふれ、素晴らしくこの世界を理解しているスーパーマンでなくては、21世紀の抱える問題は解決できない。

少なくともオバマには、その気の遠くなるような難題の山を、薮や壁で隠そうとせずに「みんな、一緒に片付けようじゃないか。ダメなアメリカを変えよう!CHANGE. Yes, We Can.」と国民に呼びかけるだけの、計算抜きの無謀な勇気があった。彼は、アメリカ人の良識と底力を信じたのだ。そうやって国民ひとりひとりを奮い立たせ、キャンペーンに参加させアメリカの誇りを取り戻させるのに、この2年間で成功してきた。国家の危機と闘う闇の中では、白とか黒とかそういった表層的なことはどうでもいいのだ。要はかけ声をかける人間が、正しい判断を下せるかどうかなのだ。
d0123476_0395633.jpg
そうして億と言う数のアメリカ人を引き連れた、痩せっぽちで奇妙な名前の、しかし実に落ち着いた、確かな声を響かせる男が、輝く理想をひっさげて、山を乗り越え壁を打ち破り、最後の難関を突破して、今夕ホワイトハウスへの道を拓く。すでにカウントダウンの秒読みに入った。
夢と理想は自らの手で現実にできるのだという、生きた証しが出現する歴史的瞬間を、見逃さずにおこう。テロと戦争と恐慌に明け暮れた世界の闇を切り裂いて、新しい世紀の朝が今ようやく明けたことを、この目でしっかりと見届けたい。
d0123476_1023580.jpg
【米国時間 2008年11月4日『米流時評』ysbee】

d0123476_12223719.jpg
11/04「希望と変革のサイン」オバマキャンペーン投票日用ビデオ
"Signs of Hope & Change" for Election Night / November 4, 2008
Thank you for all that you have done. / www.barackobama.com
▼コピー推奨ビデオ
 http://www.youtube.com/watch?v=VDa6CwzSA74



»» 次号「オバマワールド第4章 予期せぬグローバルプレジデントの誕生」へ
«« 前号「オバマワールド第2章 21世紀のニューリーダー」へ


d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8873562f0127501_6213945.jpg
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8873562

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギー!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

by ysbee-2 | 2008-11-03 02:30 | オバマの時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31