人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

ムンバイ テロの決算・タージホテル陥落

f0127501_128435.gif

   ||| タージ陥落でムンバイテロ終結 |||

d0123476_8342069.jpg
  60時間の死闘の末、人質篭城のテロリスト最後の砦 タージマハルホテル陥落

d0123476_18552829.gifムンバイの同時テロ襲撃発生から延々60時間経った28日金曜(日本時間で29日土曜)インド政府軍のコマンド特殊部隊が、タージマハールホテルを虐殺の砦にしてたてこもったテロリストの、最後の3人をしとめて、足掛け4日間の市街戦に終止符を打ちました。

手榴弾と機関銃でホテルのコリドールを駆け抜け、宿泊客を手当り次第に撃ち殺したテロリスト。命からがら脱出した生存者の話では、彼らは顔面に笑みを浮かべながら後ろ手に縛った人質の頭部に、次々と銃弾を撃ち込んでいったそうです。「Pure evil!」と吐き捨てるように言った脱出者の声が脳裏でエコーしています。ホテルの生き地獄を生き抜いた宿泊客の談話や、惜しくも殺された犠牲者のストーリーは、このあとに続けてご紹介したいと思います。
d0123476_8364770.jpg
また戦闘が終結してほっとする間もなく始まった、テロリストの正体を追求する国際捜査陣の推理や、テロ専門の諜報関係者の談話では、やはりこのテロ攻撃の影にパキスタンの黒幕の暗躍があった模様。テロリストのネットワークを暴く諜報の『CSI ムンバイ』を続編でお届けします。
まずはともかく、壮麗なタージホテルがテロ戦争の戦場となった『ムンバイ・テロの決算』を。

[米国時間 2008年11月28日『米流時評』ysbee]

__________________________________________________________________
NOVEMBER 28, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年11月28日号
f0127501_457513.gif

A s s o c i a t e d  P r e s s | B R E A K I N G
60時間の死闘の末、テロリスト人質篭城の最後の砦 タージホテル陥落
米国時間 2008年11月28日午後11時16分 | NBCニュース速報 | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_8354656.jpg
Troops Search India Hotel After Rampage Ends
Bush pledges full support as India probes attacks that killed 196
NOVEMBER 29, 2008 | NBC News — BREAKING | Translation by ysbee
MUMBAI, India — A 60-hour terror rampage that killed 196 people across India's financial capital ended Saturday when commandos killed the last three gunmen inside a luxury hotel while it was engulfed in flames. Authorities searched for any remaining captives hiding in their rooms and began to shift their focus to who was behind the attacks, which killed 18 foreigners including six Americans.

ムンバイテロ最後の攻防戦終結
インド・ムンバイ発 |60時間にわたるテロリストとの死闘の末、200名近い犠牲者を出したインド経済の首都ムンバイの戦闘は、インド陸軍のコマンド部隊が炎上した最高級ホテル・タージマハール内部に立てこもった最後の3人のテロリストを射殺して、終結を迎えた。
ムンバイ警察当局は、まだホテル客室内に隠れている宿泊客の救出確認を急いでいるが、6名のアメリカ人を含む18名の外国人も犠牲となった今回のテロ襲撃の背後にいるのは何者か?という犯人究明に捜査の焦点をあてる方向へシフトし、事件の原因解明へ踏み出した。
d0123476_92984.jpg
テロリストが宿泊客を人質に取って立て篭ったタージホテル 機関銃を据えて習いを定めるインド政府軍の狙撃兵

1. Seized the World Heritage Taj

Orange flames and black smoke engulfed the landmark 565-room Taj Mahal hotel after dawn Saturday as Indian forces ended the siege in a hail of gunfire, just hours after elite commandos stormed a Jewish center and found six hostages dead.
炎上した世界遺産のタージホテル陥落
世界遺産にも指定され「ムンバイの星」と謳われ同市のンボルだった、壮麗なタージマハール・ホテル&タワー。この565室を擁する超高級ホテルは、テロリストが宿泊客を人質に立て篭って以来、強固な要塞と化した。このタージホテルを戦場に、テロリストの侵入占拠から3日目の土曜の朝が明けたあと、インド政府軍の特殊部隊は、ホテル内部から機関銃を発射するテロリストと激しい銃撃戦の応酬を交わした。
別のテロ襲撃現場であるナリマンハウス(インド訪問のユダヤ人の立寄り場所として有名)では、エリートコマンド部隊が空から劇的な奇襲作戦をかけて犯人を射ち倒し3日間の包囲を終結したがこちらでは6人の人質が遺体で見つかった。
d0123476_1264713.jpg
ムンバイのユダヤ人センター・ナリマンハウスで2日間の篭城を続ける犯人を包囲し、空から奇襲するコマンド部隊

2. Driven by Black Cats, India's best commandos

字数制限のため英文省略
精鋭「黒猫」コマンド部隊が突撃
それから数時間後に、タージホテルへの軍隊の突撃が開始された。篭城していたテロリストは、ホテルのオーシャンフロントの一角に火を放ち、1・2階からはと猛炎が吹き出した。「The Black Cats」の愛称で親しまれる精鋭のコマンド部隊は、ホテル内部を部屋から部屋へと逃げ回る犯人たちとイタチごっこを繰り返した末、最終的に追いつめた。
テロリストたちは、26日水曜夜の攻撃の第一波で手榴弾を投げ込み突入したが、機関銃を乱射して殺害した宿泊客の死体に工作をしていた。ある者の口中には手榴弾を詰め込み、ある者の死体の下には爆弾を隠して、警官や兵士がホテル内へ入って死体に触れたら爆発するように卑劣な工作が仕掛けられていた。
d0123476_1293243.jpg
3昼夜市街戦の戦場と化したタージホテル テロリストはこのホテル全体を爆破し5千人殺害する計画だった

3. Nine attackers killed, one arrested

字数制限のため英文省略
最後のテロリスト9人死亡、1人逮捕
襲撃を挙行したテロリストたちは、当初およそ40名ほどと見られていたが、水曜夜ムンバイ市内の合計10カ所を襲撃した。彼らは海から上陸し、市の中心にあるターミナル駅で混雑した人混みに機関銃を乱射し、一般市民数十名を殺害。その際に駅構内の警察の派出所を襲撃して警官を殺害し、警官のユニフォームを身につけてパトカーで逃走するという、大胆不敵な作戦を実施した。
しかし3日間の攻防のあとで最後に残った篭城の砦が、タージマハールホテルだった。「ホテル内部に立て篭った犯人は3人で、われわれは全員をやっつけた。」インド国防軍の中でも精鋭のコマンド部隊のJ・K・ダット司令官は、戦闘終結の状況をこう説明した。
d0123476_8371714.jpg
テロ襲撃・人質篭城・爆破炎上・銃撃戦と、60時間ぶっ通しで市街戦の戦場となったホテルのエントランス

4. Historic terror as 'India's 9/11'

Nine of the attackers were killed, a tenth caught alive. He told interrogators they wanted to go down in history for an "Indian 9/11", and were also inspired by the bombing of the Marriott hotel in Islamabad in September, Times Now TV said, quoting an unidentified defense ministry official.
「インドの9/11」として歴史に残るテロ
ムンバイ市ばかりでなく世界を震撼とさせたテロ実行犯人は全部でわずか10人で、そのうち9人は警察や軍隊との戦闘で狙撃され死亡。最後の一人は生け捕りになった。
このたった一人の生き残り犯人が警察の尋問を受けて自白した内容では、「インドの9/11」として歴史に残るような大事件を起こすつもりだったらしく、また9月にパキスタンの首都イスラマバードで起きた、マリオットホテル爆破事件からもヒントを得たようであると、匿名の内務省高官が語ったと、Times Nowテレビの報道は伝えている。
d0123476_930944.jpg
世界のツーリストの憧れ「ボンベイの星」と謳われたタージマハールホテル この世界遺産も二度火に包まれた

5. Plan to kill total of 5,000

Local news channel NDTV also reported the captured militant told investigators the gang aimed to blow up the Taj hotel and hoped to kill a total of 5,000 people. It is thought that the terrorists underestimated the strength of the building's stone exterior.
ホテル爆破で5千名の大量殺人計画
また地元のニュースチャンネルNDTVでも、生け捕りになった犯人が捜査官に自白した内容を伝えているが、そちらの報道内容では、犯人一味はタージマハールホテル全体を木っ端微塵に爆破する計画だったらしく、5千名の一般市民を大量殺人するのが最終目標だったと語ったと伝えている。しかし結果的には、内部に侵入してから仕掛けた爆薬を爆破しても、強固な石造建築のタージホテルは崩壊せず、内部からの火災でホテルの一角が二度炎上するにとどまった。
d0123476_839148.jpg
事件発生当時ホテル最上階ではセキュリティ問題のエキスパートが集まり、国際フォーラムを開いていた最中だった

6. Survivors and booby traps left by militants

Explosions continued rock the Taj hotel after the battle as soldiers blasted open doors and detonated explosives found on the gunmen as they swept the hotel once more looking for survivors and booby traps left by the militants. Some hotel guests were still believed to be in their rooms.
恐怖の牢獄と化した客室
最後の犯人が殺されて戦闘が終結したあとも、タージマハールホテルには何回となく爆発音がとどろいた。一連の爆発は、それ以上の犯人が隠れていないかどうか兵士たちが鍵のかかった客室のドアを開けるために爆破したり、前述の死体に隠された爆発物が起爆したり、また生存者捜索の際に爆発を起こすようテロリストによってあちこちに仕掛けられたブービートラップに兵士が触れて爆発を起こしたことによるものである。さらにはまだ相当数の宿泊客が、兵士とテロリストの区別がつかないので戦闘終結の事態が納得できず、恐怖のあまり客室に閉じこもったまま出て来ない現状だという。
d0123476_12104722.jpg
ムンバイハーバーのウォーターフロントで占領されたもうひとつのラグジュアリーホテル・オベロイトライデント

7. Many guests hiding in their rooms

字数制限のため英文省略
60時間の地獄を生き抜いた生存者
「彼らはまだ恐怖におののいています。なので、われわれがドアの外から客室に向かって出てくるように言っても拒絶して、軍隊の身分証明書を示して安心させようとしても、しばらくは戦闘が終わった事実を信じられないでいます」コマンド部隊のダット司令官は、宿泊客のトラウマをこう語った。
一方捜索班の警察犬は、豪華ホテルの客室に遺体が残留していないかどうか嗅ぎ回り、手術用のマスクをつけた担当スタッフが、ホテル内のあちこちに散乱した死体を搬出している。戦闘が激しく展開していた時点では、まだ多くの宿泊客が客室をロックして閉じこもっていたが、兵士たちの説得で、次々に部屋から惨劇の現場となった廊下へと姿を現した。
d0123476_8394225.jpg
オベロイトライデントホテルの上階 手榴弾の爆発で壊れたウィンドーから生き残った宿泊客が見える

8. 'Blood, blood everywhere'

"The blood, everywhere the blood," an American woman called Patricia told NDTV channel, choking back tears. "And when we came down to the lobby, all the hundreds and hundreds of policemen were standing there looking so fried and so sad."
生存者「そこらじゅう血の海」
「血だらけ、もうそこら中、血の海!」生存者のひとりでパトリシアさんと名乗るアメリカ人女性は、NDTVチャンネルの取材に、嗚咽をこらえてこう語った。「部屋から出てロビーへ降りたら、それこそ何百人という警官が呆然と立ち尽くしていて、みなひどく悲しそうな顔をしていました」
d0123476_840344.jpg
タージマハールホテルの厨房は屠殺場と化したと言う /左:厨房で奇跡的に生き延びて救出されたコックたち
右:救出されたあとも恐怖感が抜けず取材に答えられない生存者。脱出者はみな一様に生き地獄だったと表現する


9. Many bodies not recovered yet

字数制限のため英文省略
未確認の死体続出の恐れ
またNDTVの報道によると、タージホテルの4階と6階は、爆破されたあとに起きた2度の火災によって、床が陥没していると言う。遺体捜索の担当官の談話では、消失した部分の客室にいて焼死した宿泊客の遺体が、今後かなりな数で発見されるのは間違いないと語っている。
一方ホテルの外部では、客室に閉じ込められ人質となったゲストの家族たちがひとかたまりになって、当事者が無事な姿で現れることを心待ちにして立ち尽くしている。彼らのほとんどは、水曜の事件勃発以来キャンドルを点して、家族の無事を祈り続けてきた。
d0123476_8411058.jpg
家族の身元確認のため遺体安置所と化したセントジェームズ病院を訪れた犠牲者の遺族 死者の数は今後も増える模様

10. Well-planned, well-prepared

字数制限のため英文省略
周到に練られた計画と実戦訓練
テロ襲撃の犯人たちは準備周到で、かなり以前からある特定のターゲットをあらかじめ選定していたと見える。また長い篭城と戦闘に備えてその間のエネルギーを保持するためか、大きな袋入りのアーモンドを携帯していた。終結後に押収された犯人のバックパックのひとつからは、400発の弾薬も発見されている。
インドは近年、イスラム狂信派のジハディストによるものと思われるテロ攻撃が頻発し、社会不安の要因になってきていた。しかし今回の一連の襲撃は、きわめて高度な計画と連係プレーによる作戦で、しかも随分大胆な戦略である。
d0123476_8414877.jpg
ムンバイの鉄道ターミナル、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナル駅でAK47の機関銃を乱射したテロリスト

11. Checked in hotel weeks before

Several newspapers said some of the militants had checked into the Taj hotel days or weeks before the attacks, while the Times of India said they had rented an apartment in the city a few months ago pretending to be students.
事件の数週間前からホテルに逗留
現地の新聞のいくつかが報道する内容では、犯人たちはタージマハルホテルに襲撃決行の数日前、あるいは数週間前からチェックインしていたと伝えているが、タイムズオブインディア紙の記事では、彼らが学生の身分を偽って、数ヶ月前からムンバイ市内の賃貸アパートで過ごしていたと報道している。
d0123476_8422673.jpg
バスケットに乗って決死の消火作業 当初は内部から狙撃されるため消防車が到着しても消火作業ができなかった

12. With long stint of commando training

An army general said the gunmen appeared to be very familiar with the hotel's layout and were well trained. "At times we found them matching us in combat and movement," one commando told the Hindustan Times. "They were either army regulars or have done a long stint of commando training."
長期の特殊軍事訓練を経たテロリスト
インド陸軍のある司令官の談話では、テロリストたちはホテル内の配置に精通しており、武器の使用に関しても熟達していたと言う。また実際の戦闘に立ち会ったコマンド部隊の司令官がヒンドゥスタンタイムズ紙に語った内容は、次のようなものである。「彼らの戦闘能力と作戦行動での敏捷な動きは、われわれコマンド部隊の実力と匹敵するものだった。彼らはさながら現役の兵士か、さもなければ特殊部隊のコマンドとしてのトレーニングで長期間鍛え上げたプロのようだった。」
d0123476_843261.jpg
事件発生の翌朝28日、ムンバイの同時襲撃テロ事件を伝える現地の新聞 タイトルは「War Zone Mumbai」

13. 18 Foreigners of 11 countries killed

字数制限のため英文省略
11カ国の外国人18名が犠牲に
ムンバイ市内のユダヤ人センター、ナリマンハウスを運営するニューヨーク出身の米国籍ユダヤ人ラバイ(ユダヤ教の長老)ガヴリエル・ノーチ・ホルツバーグさんと妻のリヴカさんは、水曜にテロリストが襲撃して篭城して以来人質になっていたが、2人とも死体となって発見された。しかし、夫妻の一人息子で土曜に2才の誕生日を迎えるモシェ君は、人質になっていた使用人の女性が警察の突撃で逃走する際に、素早く部屋に飛び込んで子供を抱えてビルの外へ逃げ出したために助かっている。
夫妻の他にも、ドイツ人、カナダ人、イスラエル人、英国人、イタリー人、日本人、中国人、タイ人、オーストラリア人、シンガポール人の合計18名の外国人が、今回の襲撃事件の対象となって殺されている。負傷者は、28日金曜夜までの段階で295名にのぼった。 »» 続く
d0123476_8433950.jpg
タージホテルから60時間ぶりに救出された宿泊客 今後のインターナショナルなホテルの保安強化体制は必然の流れ

【 米国時間 2008年11月28日 『米流時評』ysbee訳 】f0127501_6213945.jpg

»» 次号「速報!インドでまた爆破テロ、アッサム州の列車爆破」へ続く
«« 前号「速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8993719
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8993719

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


4〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」の国際政治部門では、おかげさまで1〜2位です!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


d0123476_15291091.jpg





12/04 ムンバイテロ首謀者はラシュカレタイバの幹部2人
ムンバイテロの実行を指令した首謀者は、カシミール州のラシュカレタイバ

12/03 ムンバイテロの黒幕・パキスタン諜報 ISIとテロ組織ラシュカレタイバ
>陰のネットワーク パキスタン軍部諜報 ISIと テロ組織ラシュカレタイバ
インドからの独立分離運動をパキスタンが支援して育てた、ジハド戦士軍団

12/02 スクープ!米国務省レポート・ムンバイコンフィデンシャル
ムンバイ・コンフィデンシャル 米国務省のテロ諜報ファイルをNBCが入手!

12/01 速報!インドでまた爆破テロ、アッサム州の列車爆破
インドでまた爆破テロ、アッサム州の列車爆破で3名死亡、29名負傷

11/28 ムンバイ テロの決算・タージホテル陥落
60時間の死闘の末、人質篭城のテロリスト最後の砦 タージマハルホテル陥落

11/26 速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!犯人画像と現場写真
速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!市内8か所爆破テロで80数名死亡
犯人はラグジュアリーホテル タージマハルとオベロイで人質を捕り篭城、炎上中!

11/25 タイ反政府デモ隊数千人がバンコック国際空港を占拠!
タクシンの傀儡政権打倒を要求して、タイ反政府デモ隊がバンコック空港を占拠!

11/24 ポストグルジア紛争・尾を引くグルジアとロシアの対立
サルコジ仲介の和平協定実効せず、グルジア紛争後も尾を引くコーカサスの対立
ロシア軍撤退後も南オセチア・アブハジアに4千名駐留継続、危機体制変わらず

11/23 狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難
サーカシビリ危機一髪!グルジア難民キャンプ慰問の帰路、危うく狙撃さる
仏仲介の和平協定実効せず、南オセチア・アブハジアにロシア兵4千名駐屯

11/22 「日本の夜と霧」亡国への傾斜に警世の一閃!今からでも遅くない
警世の一閃: 西村幸祐氏「国籍法改正案に反撃を! It's not too late!」
うにまろ氏「国籍法、対馬、郵政株凍結、りそな、暗殺【国家反逆罪国会】」

11/20 ソマリア海賊の猛威!1週間でインド洋航行船舶8隻をハイジャック!
ソマリア海賊の猛威、インド洋上のシーレーンで1週間に船舶8隻を略奪!
香港籍のタンカー2隻釈放、サウジスーパータンカーに身代金24億円要求

11/18 オバマのチャイナフリーFDA改革・禁中国汚染食品!
オバマ新政権の FDA改革で輸入ストップになる 中国汚染食品
ブッシュの中国輸入品放任政策にメス、安全基準の引き上げに

11/16 速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック
ソマリア沖のインド洋海域で海賊が日本の貨物船をハイジャック
韓国外務省情報: 乗組員の安否不明、23名のうち5名が韓国人

11/15 オバマ紳士録・後編 クリントンが国務長官?
国防長官はコーリン・パウエルか? 国務長官はクリントンか、ケリーか?
党派を越えたベストメンバーの最強内閣と噂されるオバマ新政権の人事予測

11/14 オバマの初仕事・ホワイトハウスの組閣人事
オバマの初仕事:超党派推進のオバマ新政権ホワイトハウス 組閣人事予測
ヒラリー・クリントンが国務長官? NBCニュースのスクープは本当か?

11/09 核ミサイル基地のある中国青海省でまた強震
チベットの東隣、中国青海省で マグニチュード6.5の強震発生
震源地は、辺境自治区のダカイカン核ミサイル発射基地の近く

11/08 速報!極東海域でロシア原潜事故、20名死亡!
太平洋極東海域でロシア海軍原子力潜水艦に事故発生、20名死亡
事故発生場所未発表、メドベージェフ 事故原因の緊急調査を指令

11/07 オバマの第一声「アメリカの大いなる挑戦」
「米国経済の大いなる挑戦」オバマ次期大統領、初の公式記者会見
変革のスローガンCHANGEから 山積する問題にCHALLENGEへ
by ysbee-2 | 2008-11-28 08:45 | インド・ムンバイテロ
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30