人気ブログランキング | 話題のタグを見る

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」

オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_f0127501_128435.gif

   ||| グローバル経済の「神々の黄昏」 |||

オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_1444097.jpg
グリーンスパン、バーネンキ、ポールソン・・・・グローバル経済の神々の黄昏
一握りのユダヤ資本家に潰された米国経済は、オバマノミクスで救済できるか?


米国時間 2008年12月20日 | ニューズウィーク経済コラム | 訳『米流時評』ysbee
連邦金利の切り下げを繰り返し、米国経済史上類を見ないブームを不動産市場のサブプライムローンにもたらしたアラン・グリーンスパン。一昨年までFRBの御大だった彼が、今秋9月のリーマンブラザースの倒産を皮切りに始まったウォール街の凋落に対して、ついに公に非を認める口を開いたのは、10月に招聘された下院の聴聞会でのことだった。それは、70年代以来何十年もグリーンスパンが推し奨めてきたレッセ・フェール方式の自由放任経済にも、実は重大な欠陥があったのに気がついたと自らの非を認めた時だった。
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_1463058.jpg
Twilight of the Capitalist Gods
Why and How the world greatest capitalism has begin to fallen?
DECEMBER 20, 2008 | Michael Freedman — NEWSWEEK | Translation by ysbee
NEW YORK — Possibly one of the clearest public statements ever uttered by the notoriously opaque Alan Greenspan came in late October, when he admitted he had "found a flaw" in the laissez-faire ideology he had promoted for decades.

__________________________________________________________________
DECEMBER 19, 2008 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版 2008年12月19日号
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_841403.gif

N E W S W E E K | A N A L Y S I S
グローバル経済の神々の黄昏から、オバマノミクスの救済へ
米国時間 2008年12月20日 | マイケル・フリードマン/ニューズウィーク | 訳『米流時評』ysbee

オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_1475223.jpg
トップから順に古代ギリシャ神殿、ニューヨーク証券取引所、連邦財務局 破風に至るまで何と酷似していることか

1. Iconic sigh, 'Economic Tsunami'

"I don't know how significant or permanent it is," he told a congressional committee, "but I've been very distressed by that fact." That this icon of the financial world should falter, even if only for a moment, will live to be one of the most enduring symbols of the 2008 economic and financial crisis.
グリーンスパンの箴言「経済破綻の津波」
グリーンスパンは、下院の予算委員会の聴聞会に召還された席で、識者から長年警告が発せられていた米国経済破綻の実相を、次のように認めた。「今回の経済破綻がいかに甚大なものか、あるいはほとんど恒久化する現象なのかについてはわかりませんが、今回の状況は極めて絶望的と受け止めています」長年米国の財政を牛耳ってきた経済界の大御所が、たとえ一時的にでも「絶望的」とのたまうならば、グリーンスパンの箴言は、2008年に起きた経済財政危機をもっとも端的に象徴するもののひとつとして、ゆくゆく後世に残るだろう。

注:この公聴会でグリーンスパンが吐いた一言「Tsunami of economic distraction=経済破綻の津波」は、即日あらゆるメディア記事のタイトルに引用され、今回の不況は単なる一時的景気の下降現象ではなく、米国経済のインフラそのものを根こそぎ壊滅するような、取り返しのつかないドラスティックなシフトをもたらすもの、ひいては「米国型自由主義経済の終焉」という印象を植え付けた。
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_1483959.jpg
80年代から米国経済の舵を握ったアラン・グリーンスパン元財務局長 自由放任経済の推進者だったが......

2. In the chair of FRB shrines

In more than 18 years as chairman of the Federal Reserve, he became the trustworthy face of global capitalism. "With Greenspan, we find comfort," Bob Woodward wrote in "Maestro," his 2000 biography of the central banker. "He helps breathe life into the vision of America as strong, the best, invincible."
FRB 連邦準備銀行の守護神
18年以上にわたって、FRB (Federal Reserve Board/Bank)=連邦準備銀行の議長を務めたアラン・グリーンスパンは、グローバル資本主義の信奉者を代表する顔となった。
2000年発行のこの財政界のご本尊の伝記『Maestro=巨匠』を著したボブ・ウッドワードは、(どんな状況でも)「グリーンスパンがいれば安心だった」と、米国経済界における彼の存在の大きさを表現した。「彼は、アメリカが向かうところ敵なしの世界最強で最良の国家であると言うビジョンを、経済面の具体的数字で実現するのに一役買った人物である......」
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_1492625.jpg
グリーンスパンの細君はNBCニュース・ワシントンビューロー局長のアンドレア・ミッチェル。現在はMSNBCの昼のニュースショーのホストを務め、ワシントンの政治外交情報通として海外の元首も一目置く業界トップクラスの才女。

3. Fallen idols of global capitalism

But as 2009 begins America no longer looks quite so invincible. The icons of capitalism have fallen around Greenspan with such bewildering speed it bears repeating: Bear Stearns, Lehman Brothers, AIG, the Big Three automakers—all have suffered enormously.
グローバル経済の堕ちた偶像たち
しかしながら、2009年が始まろうとしている今、アメリカはグリーンスパンが活躍した時代のような、無敵の存在とは言いがたい状況に陥っている。これまで栄華の嶮を競ってきたキャピタリズムのアイコンとも言うべき金融界の巨人たち・・・ベアスターンズ、リーマンブラザース、AIG、それに自動車メーカーのビッグ3。彼らはみな未曾有の困難に直面している。
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_14122864.jpg
今秋のリーマンショックは、世界の経済にも大いなる影響を及ぼした。直後に緊急招集されたG20経済サミット。

4. $50 billion fraud by ex-chair of NASDAQ

Bernard Madoff, a pillar of his community and former NASDAQ chairman, stands accused of leading a $50 billion fraud. The victims: many of the world's most sophisticated investors.
史上最大のネズミ講詐欺「マドフ事件」
さらに先週浮上した「マドフ事件」。これは、ユダヤ系資本家・億万長者の上流社会ネットワークの大黒柱で、元ナスダックの会長を務めたバーナード・マドフが、実は500億ドルにものぼる巨大なネズミ講詐欺事件の張本人として、連邦検察局から告発された逮捕された事件である。米国史上最大の「未曾有の」詐欺事件であるが、その被害者となったのは、世界でももっとも練達の個人投資家たちが多かったことも特筆に値する。

注:この史上最大の詐欺事件「マドフ事件」に関しては、被害者たちがハリウッドではスピルバーグ監督やプロデューサーのカッツェンバーグをはじめ米国実業界の錚々たるメンバーであることから、一般市民にも大きな反響を呼んでいる。後続の記事で特集して詳細をお伝えする予定である。
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_19303771.jpg
連邦財務局の前で、経済救済金を企業にではなく困窮している失業者に回せと訴える抗議団体「コードピンク」

5. Astonishing 'blind faith' in Jewish capitalists

Alas, still more will fall in the months to come, names that are smaller and bigger. And in this twilight of the capitalism gods moment, the picture emerging is not one of greed, not of the Gordon Gekko variety, anyway. No, what is becoming clear is the astonishing trust the world put in a handful of gray-haired men and institutions.
一握りのユダヤ人資本家への盲目的信頼
むべなるかな、規模の大小・有名無名を問わず今後の数カ月もさらに、グローバルキャピタリズムの戦列から脱落する者が後を絶たないだろう。そしてこの「資本主義の神々の黄昏」の時にあっては、いかんせん浮上してくる強欲な被害者の実像はひとつではなく、ましてやゴードン・ゲッコー流のバラエティに富んだイメージでもない。それは被害者ひとりひとりが、たった一握りの初老のユダヤ人投資家やその投資機関に、彼らの全財産を賭するような全幅の信頼を預けたという、驚嘆に値する「盲目的信頼」そのものに他ならない。
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_14113665.jpg
9月末のドイツDAX市場。ニューヨーク・ダウ市場の立て続けの暴落に右ならえで、各国の相場も軒並み急落。

6. Even a hero of investigative journalism

Even a fellow like Woodward, a dogged reporter famous in America for stories that helped bring down Richard Nixon in Watergate, seemed to believe that Greenspan, despite his lack of clarity, or perhaps because of it, was somehow omnipotent.
真相追求ジャーナリストのヒーローでさえ
われわれ真実を追究するジャーナリストのヒーロー、かつてウォーターゲート事件で時の大統領リチャード・ニクソンを弾劾し退陣に追いやった、アメリカンジャーナリズムの旗手として歴戦の強者であるかのボブ・ウッドワードでさえ、今回はすっかり騙されグリーンスパンを信じきっていたようだ。グリーンスパンもまた、ことの核心については曖昧だった。しかしだからこそ、多極的な可能性があるように錯覚されたのかも知れないが。
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_14205455.jpg
ネット経由の素人投資家の激増と、お粗末な監査体制のヘッジファンド・モゲージローンのバブルが見事に炸裂

7. Significant gaps in knowledge

But now, with Alan Greenspan caught in a moment of self-doubt—and pilloried by newly confident critics—it is hardly surprising if the rest of us are questioning the received wisdom about markets, too. The people in which the market put its faith—those like Greenspan, Robert Rubin, Hank Paulson and the CEOs of the world's biggest companies—demonstrated that even they had doubts or at least significant gaps in knowledge.
事実と情報との致命的な落差
翻訳中
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_14162563.jpg
アイルランドでも「Bail out Plan」 ニューヨーク市場の暴落はグローバル経済のネットワークでつながる世界各国へ波及し、世界中の政府が何らかの業界救済のつなぎ注入資金を対抗策として緊急可決した。

8. The heralded tzar of Obamanomics

Soon, a new batch of big brains will come into power. Lawrence Summers, heralded as the top economist of his generation, will become Barack Obama's chief economic adviser. Treasury watchers have called Timothy Geithner, nominated to take the department's helm, "a solid choice in many ways." And Obama himself, it is often said, has the right combination of brains and temperament to lead the United States through the crisis.
オバマノミクスのニューエコノミー・ツァー
翻訳中
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_14143749.jpg
ブライダルにも不況の波。地元オハイオ州より経費が安く済むというので隣のアイオワ州で挙式した若いカップル

9. As Reagan, 'Trust, but verify'

But expecting too much from any of these individuals, or putting them on a pedestal, is perhaps the exact wrong lesson of 2008. As brilliant and well intended as they are, they, like Greenspan and Paulson and all those smart, rich guys allegedly snookered by Madoff, don't know what they don't know. No more icons, please. Trust, but verify.
レーガン流に「信じながらもウラをとる」
翻訳中 <了>

【 米国時間 2008年12月19日 『米流時評』ysbee訳 】オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_f0127501_6213945.jpg
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_14152157.jpg
不況の津波はバブルのはじけた金融業界から始まり、ローンが利かなくなったので、ハウジング、クルマ、家電....と大型消費から軒並み被害に遭っている。その中で好況を伝えられるのはキャンベルなどの保存食品業界で、消費者の食費支出の切り詰めと、耐乏生活を予感した市民の「保存食品の買い貯め」傾向によるものと分析されている。

◀ 次号「全米メディアの編集長が選んだ「今年の名言」17選」へ続く
▶ 前号「ブッシュマン帝国最後の日々・Shoe must go on」へ
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_1023580.jpg

オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9109628
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9109628

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_12465883.gif


5〜7位を行ったり来たり。クリックで応援をよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ  「ブログ村」がちょっとへこんでおります。クリックで喝!を入れてやって下さい。


オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_7574418.jpg
 ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利


オバマノミクス-1 グローバル経済の「神々の黄昏」_d0123476_15363634.jpg




12/19 オバマノミクス-1・グローバル経済の「神々の黄昏」
グリーンスパン、バーネンキ、ポールソン・・・・グローバル経済の神々の黄昏
一握りのユダヤ資本家に潰された米国経済は、オバマノミクスで救済できるか?

12/18 ブッシュマン帝国最後の日々・Shoe must go on
"The Last Daze of the Bushman Empire" ...... Shoe must go on

12/17 速報!クライスラーショック!全30工場を1か月閉鎖
クライスラーショック!ついに襲った不況の津波で、全30工場一時操業停止
消費者買い控えが直撃 サーベラス、クライスラーとGMの合併交渉を再燃へ

12/16 速報!ソマリア海賊との全面戦争を国連が承認
ソマリア海賊掃討戦ついに全面戦争へ拡大か?国連が陸海空三軍出兵を承認
広すぎる防衛海域に業を煮やした欧米各国、海賊の本拠地ソマリアを攻撃へ

12/13 スクープ!ムンバイ犯人の自白調書初公開
スクープ!ムンバイ犯人の自白調書初公開

12/10-12 ギリシャ騒乱!警官の15才少年射殺に抗議デモ、欧州全土に拡大

12/09 ペイリンの逆襲・グーグル検索トップランキング
グーグルが検索用語トップリストを発表、1位はサラ・ペイリン!オバマは6位
You-Tube、FaceBook、終末戦争対応の近未来マシン ハドロンコライダーも

12/08 号外! ウォール街復活? オバマのNewニューディール効果
オバマの「New ニューディール」計画発表で、米国経済再生へ転換か?
注入金よりも長期計画が効果、公共インフラ再建案でウォール街復活へ

12/06-07 インドのダブルスパイが事件に関連、ますます錯綜するテロの真相

12/05 生き残り犯人が自白、11万5千円で請け負ったムンバイテロ
インド政府、公安当局システム全体の致命的失態を認め、自治相以下3名辞任

12/04 ムンバイテロ首謀者はカシミールのテロ組織ラシュカレタイバ
犯人はカシミールのラシュカレタイバ戦士養成キャンプで、1年以上攻撃訓練

12/03 ムンバイテロの黒幕・パキスタン諜報 ISIとテロ組織ラシュカレタイバ
インドからの独立分離運動をパキスタンが支援して育てた、ジハド戦士軍団

12/02 スクープ!米国務省レポート・ムンバイコンフィデンシャル
ムンバイ・コンフィデンシャル 米国務省のテロ諜報ファイルをNBCが入手!

12/01 速報!インドでまた爆破テロ、アッサム州の列車爆破
インドでまた爆破テロ、アッサム州の列車爆破で3名死亡、29名負傷

11/30 ムンバイ テロの決算・タージホテル陥落
60時間の死闘の末、人質篭城のテロリスト最後の砦 タージマハルホテル陥落

11/26 速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!犯人画像と現場写真
速報!インド・ムンバイで同時多発テロ発生!市内8か所爆破テロで80数名死亡
犯人はラグジュアリーホテル タージマハルとオベロイで人質を捕り篭城、炎上中!

11/25 タイ反政府デモ隊数千人がバンコック国際空港を占拠!
タクシンの傀儡政権打倒を要求して、タイ反政府デモ隊がバンコック空港を占拠!

11/24 ポストグルジア紛争・尾を引くグルジアとロシアの対立
サルコジ仲介の和平協定実効せず、グルジア紛争後も尾を引くコーカサスの対立
ロシア軍撤退後も南オセチア・アブハジアに4千名駐留継続、危機体制変わらず

11/23 狙撃!サーカシビリ危機一髪!グルジア、ロシアを非難
サーカシビリ危機一髪!グルジア難民キャンプ慰問の帰路、危うく狙撃さる
仏仲介の和平協定実効せず、南オセチア・アブハジアにロシア兵4千名駐屯

11/22 「日本の夜と霧」亡国への傾斜に警世の一閃!今からでも遅くない
警世の一閃: 西村幸祐氏「国籍法改正案に反撃を! It's not too late!」
うにまろ氏「国籍法、対馬、郵政株凍結、りそな、暗殺【国家反逆罪国会】」

11/20 ソマリア海賊の猛威!1週間でインド洋航行船舶8隻をハイジャック!
ソマリア海賊の猛威、インド洋上のシーレーンで1週間に船舶8隻を略奪!
香港籍のタンカー2隻釈放、サウジスーパータンカーに身代金24億円要求

11/18 オバマのチャイナフリーFDA改革・禁中国汚染食品!
オバマ新政権の FDA改革で輸入ストップになる 中国汚染食品
ブッシュの中国輸入品放任政策にメス、安全基準の引き上げに

11/16 速報!ソマリア海賊が日本の貨物船をハイジャック
ソマリア沖のインド洋海域で海賊が日本の貨物船をハイジャック
韓国外務省情報: 乗組員の安否不明、23名のうち5名が韓国人

11/15 オバマ紳士録・後編 クリントンが国務長官?
国防長官はコーリン・パウエルか? 国務長官はクリントンか、ケリーか?
党派を越えたベストメンバーの最強内閣と噂されるオバマ新政権の人事予測

11/14 オバマの初仕事・ホワイトハウスの組閣人事
オバマの初仕事:超党派推進のオバマ新政権ホワイトハウス 組閣人事予測
ヒラリー・クリントンが国務長官? NBCニュースのスクープは本当か?

11/09 核ミサイル基地のある中国青海省でまた強震
チベットの東隣、中国青海省で マグニチュード6.5の強震発生
震源地は、辺境自治区のダカイカン核ミサイル発射基地の近く

11/08 速報!極東海域でロシア原潜事故、20名死亡!
太平洋極東海域でロシア海軍原子力潜水艦に事故発生、20名死亡
事故発生場所未発表、メドベージェフ 事故原因の緊急調査を指令

11/07 オバマの第一声「アメリカの大いなる挑戦」
「米国経済の大いなる挑戦」オバマ次期大統領、初の公式記者会見
変革のスローガンCHANGEから 山積する問題にCHALLENGEへ

by ysbee-2 | 2008-12-19 14:30 | グローバルビジネス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30