人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

テロ戦争の内幕/ブッシュとビンラディンの危険な関係

f0127501_128435.gif

 ||| ブッシュとビンラディンの危険な関係 |||

d0123476_16211597.jpg
今だから言える、オサマ・ビンラディン一族とブッシュ家のテロ戦争の危険な関係

d0123476_18552829.gifテロ戦争に関しては、イラク戦争と違ってオバマは100%反対ではない。というよりもむしろ、タリバンの残党とアルカイダのトップ2、オサマ・ビンラディンとザワヒリが棲息すると見られる、アフガニスタンの東とパキスタンの西の、いわゆるタリバニスタンと俗称される地域にある本拠地をピンポイントで攻撃すべきであると、2007年の段階から主張していた。

▶『米流時評』2007年8月9日号 「オバマの『パキスタン派兵』発言とイラク戦争批判
d0123476_14302471.jpgオバマ上院議員「ブッシュのイラク戦争は米国を誤った方向へ導いた」とズバリ指摘
大統領選民主党ライバル候補のクリントンはオバマ発言を「ナイーブ=稚拙」と酷評

d0123476_13575154.jpg
2007年8/9号「オバマのパキスタン派兵発言とイラク戦争批判」より一部抜粋:
「もし自分が総司令官 (commander in chief/軍事行動の最終権限をもつ米国大統領の別称) であれば、軍隊をイラクから引き揚げて、彼らをテロ戦争の本来の戦場であるアフガニスタンとパキスタン (の国境付近) に配備します。特にアフガニスタンへは、少なくとも現在よりも2大隊増やして配属するほか、救済資金としてアフガンの国庫に10億ドル (約1,200億円) の非軍事的一般予算援助金を投与します。」  
オバマ氏はさらに抜本的なテロ戦争対策として、グローバルなインテリジェンス(諜報機関)のネットワークと(情報交換の)インフラを構築する計画を明らかにした。
「またインドネシアからアフリカに至るテロリストのネットワークを撲滅するために、全世界的規模で友好国と諜報機関の情報をシェアできる計画を実現する用途で50億ドル (約6000億円) をかけ3年がかりで、新しいインテリジェンスネットワークを構築します。」
d0123476_13232551.jpg
 左:ムシャラフ時代に選出されたが辺境の部族制圧に失敗したパキスタンのギラニ首相(左)とインドのシン首相
 右:親米の立場でテロ戦争での友軍体制を固めたアフガニスタンのカルザイ大統領とパキスタンのザルダリ大統領


2年間の長い選挙戦で公約に謳い続け見事に当選、大統領に就任したからには、公約通り「イラクはイラクの元へ」納めて米軍撤退が本筋。しかし当初から主張してきたように、9/11の元凶でテロ戦争の本来のターゲットであるアルカイダと、イスラム原理主義のプロパガンダを拡大するタリバンへは追及の手をゆるめない。したがって、彼らの本拠地であるアフガン・パキスタン国境地帯のテロ組織の基地に対しては、両国政府軍の掃討作戦への協力と援助を惜しまない。
これが、オバマのテロ戦争戦略を簡略化した骨子である。

d0123476_14302471.jpg▶『米流時評』2007年7月「アルカイダ 2.0 核のテロ」
07/7/22「アルカイダ2.0 タリバンの逆襲」
07/7/23「アルカイダ2.0 核目的のパキスタン戦略」

Newsweek特約 サミ・ユサフザイ+ロン・モロー 共同取材書き下ろし/翻訳 by ysbee
・アフガニスタンとパキスタンの国境地帯でタリバン勢力が再生復活
・アルカイダのNo.2 アル・ザワヒリをめぐるテロ集団の内部派閥抗争

d0123476_1383684.jpg
オバマの大統領就任によってパキスタン政府も覚悟を決めたと見え、政府軍の諜報機関ISI自体が米軍との諜報情報交換を推進、タリンシンパ討伐作戦へ本腰を入れて乗り出した。今回のエントリーはその詳細であるが、同日に「パキスタンの核の父」と呼ばれるA・Q・カーン博士を、自宅拘禁の身柄から解放処分にしたのは、非常に気になる動きである。パキスタンと核とアルカイダというのは、テロ戦争の典型的な三題噺の種であり『米流時評』でもたびたび取り上げた。

d0123476_14302471.jpg▶ドバイ-パキスタンの核コネクション『米流時評』2007年11月
英国エージェントが暴露する核取引の闇市場とドバイネットワーク
〜グローバルな核の時代を許したドクター・カーンの恐怖の構図

07/11/01 第1話「ドクター・カーンのグローバルな核のブラックマーケット」
07/11/02 第2話「英米 » ドバイ » パキスタン » リビア の核の密輸ルート」
07/11/03 第3話「グローバルな核の時代を許した恐怖の構図」
07/11/04 第4話「北朝鮮とイランの核所有はカーン発ドバイ経由」
d0123476_1794397.jpg
パキスタン、核、アルカイダ。この3つの危険なファクターをつなぐ赤い糸が、パキスタン諜報部のISIである。ソ連のアフガン侵攻の時代から、隣国アフガニスタンの不穏化に利する騒擾要素としてアルカイダを泳がせてきた ISI司令部。しかし、オバマの米国外交政策の根本的CHANGEの高波は、中央アジアの高原にまで押し寄せてきたようだ。

【ブッシュとビンラディンのテロ戦争のネットワーク】
下のチャートは、陰謀マニアには垂涎ものの「ブッシュ家とビンラディン一族の相互関連図」。米国では俗に「Bush Co.」と呼ばれる構造で、ネオコンタカ派の主唱した「ニューワールド政策」の元にグローバルな戦争を推進。軍産複合のネットワークで数兆円稼いだ資金はカーライルグループに蓄積。
他にも関連産業としては、チェニーがCEOだったハリバートン、イラクで悪名の高い警備保障会社のブラックウォーター、戦車製造メーカーのアームストロング、死体処理産業のKenyon……など、いずれもブッシュが州知事だったテキサス州が本拠地。当然石油財閥のExxon Mobile(ライス国務長官も取締役)や戦闘機納入のボーイング社など、枚挙にいとまがありません。
d0123476_1535154.jpg
(*図をクリックすれば拡大します)
テロ戦争関連の記事は『米流時評』を2007年に開始して以来、ほとんど毎日と言っていいほど掲載してきました。さらにそれより以前には『楽園通信』というパーソナルサイトでも、記事を書いてきました。そうした過去のエントリーは以下のカテゴリーアーカイブで、それぞれの地域のテロ戦争に関連した記事が、日付の新しい順にまとめてお読みいただけます。
d0123476_13472290.jpg
ブッシュと米国政治イラク戦争レポートテロとスパイ陰謀アルカイダ 2.0 核のテロアフガン タリバンの復活パキスタン戒厳令の季節次世代冷戦時代ユーラシアの回廊中東のパワーラビリンス中東核戦争グローバルウォーロシア・グルジア紛争インド ムンバイテロソマリアの海賊イスラエル・ガザ戦争. . . . .

【米国時間2009年2月8日『米流時評』ysbee】

◀前号「アルカイダとオバマ/パキスタン諜報部 ISIのCHANGE」
▶次号「ネタニヤフとオバマ/イスラエルの2月体制」へ
d0123476_1023580.jpg

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9321222
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9321222

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックがブログのエネルギーです!
d0123476_12465883.gif


 きりもみ状態で下降。応援のクリックでストップを!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門ではおかげさまでトップです。変わらぬ応援に感謝!


d0123476_14321612.jpg
米流時評 特集 ||| オバマの時代 |||
第1章 オバマ時代開幕 Road to White House
▶11/01(1)世界が待ち望む オバマ時代の夜明けd0123476_19284774.jpg
▶11/02(2)世界危機に挑戦する 21世紀のニューリーダー
▶11/04(3)アメリカの再生を賭けた明日へのカウントダウン
▶11/07(4)オバマの第一声「アメリカの大いなる挑戦」
▶11/13(5)オバマの初仕事・ホワイトハウスの組閣人事
▶11/14(6)オバマ紳士録・後編 クリントンが国務長官?
▶11/16(7)オバマのチャイナフリーFDA改革・禁中国汚染食品!
▶12/08(8)ウォール街復活? オバマのNewニューディール効果


第2章 オバマの百日革命 Revolutionary Road
▶1/19(1)勝者なき闘い・ガザの終りとオバマの始まり
▶1/23(2)ブッシュとオバマ/スーパーマンの仕事始め
▶1/24(3)カストロとオバマ/キューバとアメリカの新しい海峡
▶1/25(4)旧体制とオバマ/レボルーショナリーロード
▶1/27(5)中東とオバマ/カウボーイ外交からピース外交へ
▶1/28(6)アラブとオバマ/アルアラビアTVインタビュー対訳
▶2/01(7)金正日とオバマ/狼少年の歓迎のテポドンd0123476_1936736.jpg
▶2/03(8)テロ戦争とオバマ/アフガン戦線と東欧MD計画
▶2/04(9)メドベージェフとオバマ/ユーラシア防衛とキルギスタン
▶2/05(10)アフガンとオバマ/カイバー峠の戦場にかける橋
▶2/06(11)パキスタンとオバマ/タリバン戦線の共闘戦略
▶2/07(12)アルカイダとオバマ/パキスタン ISIのCHANGE
▶2/08(13)ビンラディンとブッシュ/テロ戦争内幕の危険な関係
▶2/09(14)イスラエルとオバマ/タカ派三つ巴のイスラエル総選挙
▶2/10(15)ネタニヤフとリブニ/イスラエルの2月体制
▶2/11(16)タリバンとオバマ/首都カブール同時多発テロ攻撃
▶2/12(17)カルザイとオバマ/アフガン増兵とアフ・パキ戦線
▶2/13(18)クリントンと日本/拉致被害者家族と東京で会談
▶2/14(19)クリントンと北朝鮮/核と平和のアメとムチ
▶2/15(20)パレスチナとオバマ/絶望と希望のはざまで
▶2/17(21)アフマディネジャドとオバマ/テヘランの春
▶2/18(22)IAEAとオバマ/イラン核外交のCHANGE


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  |  グローバルウォー  |  イラク戦争  | テロとスパイ陰謀d0123476_1746245.jpg
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節  |  アフガン・タリバンの復活
中東のパワーラビリンス | プーチンのロシア | ユーラシアの回廊 | ダイハード中国
2008年米大統領選 | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | トンデモ北朝鮮
ビルマの赤い川革命 |  欧米の見る日本  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス


by ysbee-2 | 2009-02-08 15:45 | テロとスパイ陰謀
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31