人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

アメリカン エミスフェール・米半球が微笑んだサミット

f0127501_128435.gif

  ||| アメリカン エミスフェール 第2章 |||

d0123476_17345497.jpg
 旧来の関係を破るオバマの動きに希望的観測を抱いた、米州機構サミットの成果
 国交回復を視野に入れるキューバ、大使派遣のベネズェラが、米国外交の焦点に


d0123476_3532373.jpg【前号まえ書きからの続き】 よく、オバマは饒舌な詭弁家に過ぎない、と彼の資質をおとしめて評価する連中がいる。しかし、オバマの真価をわかっている国民は(いつでも国民全体の3分の2だが)そうした誹謗を微塵も意に介さない。なぜなら、アメリカという国の体質そのものが、健全で建設的な方向へ変わって行っている実感を、日々痛感しているからだ。

さらに最近しばしば驚かされるのは、あのミーイズムの独善主義の権化と思われていたアメリカ人が、どうも変わってきているようなのである。余分なお金と時間があるなら、社会奉仕へ差し出そう、という利他主義への変化である。これは、オバマの出現以前から、少しずつ米国社会の吹きだまりで起きてきた現象である。
d0123476_1736435.jpg
きっかけは他のすべての社会現象と同じく、9/11だろう。「外部からの攻撃や脅威」のない生活がどれだけ貴重なものであるかを痛感し、人種はさまざまでもひとつの国の旗の元に集まった民衆として同じ痛みを分ち合うことを自然に学んだ7年半前の秋。そしてその3年後の04年のカトリナ。

アメリカ人は世界で最も豊かな国だと思い込んでいた自分の国が、いつのまにかテロや天災にもろくも屈してしまうバナナリパブリックと大差のない脆弱な国に堕してしまった現実に愕然とした。テロ戦争でアフガン侵攻を始めた段階では、国民の8割がブッシュ政権の方針を支持していたが、カトリナでブッシュに対する信頼は崩れ落ちた。

共和党が転落の坂を転がり始めたのは、この時からだろう。ブッシュを2期当選させた保守派でさえ、国民不在の政策に疑問を抱き始めた。もちろん民主党支持者は、アフガン戦争を中途半端のまま、イラクへ踏み込んだ時点で反旗を翻した。
d0123476_17363970.jpg
こうした「反ブッシュ」の草の根の結束に押し上げられて、04年の大統領選でケリーがブッシュに惜敗した雪辱を晴らすかのように、06年の総選挙では民主党が各州で大量得点で大勝、会員の圧倒的過半数を獲得できた。

そしてこの上向きのベクトルが「アメリカを国民の手に取り戻そう」という、合衆国の初心に立ち直る政策を掲げたオバマというミスター・リバティを得て、ついにブッシュを傀儡の独裁者とするグローバルな軍産一体化の恐怖政治体制に、ピリオドを打つことができた。

ブッシュからオバマへの転換は、これまでの米国大統領制のどのバトンタッチよりも際立って対照的な、閉塞した暗黒時代から啓蒙された新しい時代への大きな方向転換である。
d0123476_17373732.jpg
就任してからわずか100日間。経済危機と2つの戦争という、これまでのどの大統領よりも困難な重荷を背負い、愚痴もこぼさず次々と審議し、解決案を示し、法案化して行くオバマ政権。

各地のコミュニティセンターや大学で、ひんぱんに行なわれる国民との直接対話集会。どんな質問にも真摯に、納得がいくまで説明するオバマ。また、その週に片付けた仕事の説明と次の週に取り組む課題を、先生が生徒に教えるように毎週土曜には国民に直接語りかけるオバマ。
今までこんなに熱心な大統領がいただろうか?   >> 次号の冒頭へ続く

【米国時間2009年4月20日『米流時評』ysbee】

d0123476_1539544.jpg
APRIL 20, 2009 | 『米 流 時 評』 |  時事評論ブログ雑誌・デイリー版  2009年4月20日号
d0123476_17164267.gif

  A s s o c i a t e d P r e s s | B R E A K I N G
アメリカン エミスフェール 第2章 アメリカの半球が微笑んだサミット
米国時間 2009年4月20日午前0時30分 | AP通信・OASサミットレポート | 訳『米流時評』ysbee

d0123476_17365671.jpg
各国代表の入場に儀礼兵が国旗を掲げて先行 アルゼンチンのブルーの国旗が最初に入場

At Summit, Obama Gets Friendly with Neighbors
He reaches out to fiery leftist leader Chavez, offers new agenda for region
APRIL 20, 2009 | Associated Press — BREAKING | Translation by ysbee

11. Chavez: Hoping for U.S.-Cuba ties
At a luncheon speech to fellow leaders, Chavez said the spirit of respect is encouraging and he proposed that Havana host the next summit. "I'm not going to speak for Cuba. It's not up to me.... (but) all of us here are friends of Cuba, and we hope the United States will be, too," Chavez said.
米国との友好的関係へ転換するチャベス
前号「アメリカの半球・失われた友情を求めて」からの続き
トリニダッドトバゴ・ポートオブスペイン |
翻訳中
d0123476_17401231.jpg
社会主義国家の同胞としてカストロと仲の良いベネズエラのチャベスは、見舞いもかねてしばしばキューバを訪問

12. Still critical against U.S. foreign policy

U.S. aides said that Chavez later spoke during a summit session on democratic governance; Obama chose not to speak. The White House said Chavez was civil in his criticism of the U.S. during a summit meeting, but that there was no discussion of reinstating ambassadors who were kicked out of each other's countries last year.
米国外交政策にはいまだ批判的
翻訳中
d0123476_17424090.jpg
米州機構サミットに出席する途上、メキシコを表敬訪問しカルデロン首相と親交を深めたオバマ

13. Chavez approached Clinton

"Relationships depend on more than smiles and handshakes," Obama economic adviser Larry Summers told reporters later. The State Department welcomed Chavez's outreach. Earlier today at the Summit of the Americas President Chavez approached Secretary of State Hillary Rodham Clinton.
クリントンにも接近したチャベス
翻訳中
d0123476_1748216.jpg
左:オバマ外交の最前線で世界各国を飛び回るクリントン長官/中:ボリビアのモラレス大統領/右:チャベス大統領

14. issue of returning ambassadors

They discussed returning ambassadors to their respective posts in Caracas and Washington," said State spokesman Robert Wood. "This is a positive development that will help advance U.S. interests, and the State Department will now work to further this shared goal."
両国大使の復活派遣を検討
翻訳中
d0123476_17455366.jpg
麻薬のメッカ、中米の親米政権コロンビアのウリベ首相と外交的会話を交わす、ヒラリー・クリントン国務長官

15. Bolivia President disagrees

Bolivia President Evo Morales, a close ally of Chavez, said Obama's pledge of a new era of mutual respect toward Latin America rings hollow. "Obama said three things: There are neither senior or junior partners. He said relations should be of mutual respect, and he spoke of change," Morales said. "In Bolivia ... one doesn't feel any change. The policy of conspiracy continues."
ボリビアのモラレス大統領「米国の陰謀は継続」
翻訳中
d0123476_17525033.jpg
左:アルゼンチンのクリスティナ・キルチネル大統領/右:エクアドルのラファエル・コレア大統領 共に親米派

16. Morales expelled U.S. ambassador

Morales expelled U.S. ambassador Philip Goldberg in September and kicked out the Drug Enforcement Administration the next month for allegedly conspiring with the political opposition to incite violence. Chavez expelled the U.S. ambassador in Venezuela in solidarity.
ブッシュ時代に米大使を国外追放したボリビア
翻訳中
d0123476_17522252.jpg
中南米と言えば、クーデタと革命のメッカ 会場周辺の警備も厳重を極め、事故もなく会期終了した。

17. Bush suspended trade to Bolivia

The Bush administration subsequently suspended trade preferences to Bolivia that Bolivian business leaders say could cost 20,000 jobs. But as the summit neared its close, Chavez said he soon expects to send an ambassador back to Washington. Obama administration officials didn't have an immediate comment on the announcement.
ボリビアに経済制裁で応酬したブッシュ
翻訳中
d0123476_17445965.jpg
18. Nicaragua's Ortega still in avenger
Obama also extended a hand to Nicaragua's Daniel Ortega, whom President Ronald Reagan spent years trying to drive from power. Ortega was ousted in 1990 elections that ended Nicaragua's civil war, but was returned to power by voters in 2006.
レーガン時代のしこりを残すニカラグア
翻訳中
d0123476_1759988.jpg
19. Ortega denounced U.S. 'imperialism'
Ortega stepped up and introduced himself to Obama, U.S. officials said. But a short time later, Ortega delivered a blistering 50-minute speech that denounced capitalism and U.S. imperialism as the root of much hemispheric mischief.
「帝国主義国家」と非難するオルテガ
翻訳中
d0123476_17595483.jpg
20. Laughter and applauseto Obama
The address even recalled the 1961 Bay of Pigs invasion of Cuba, though Ortega said the new U.S. president could not be held to account for that. "I'm grateful that President Ortega did not blame me for things that happened when I was three months old," Obama said, to laughter and applause from the other leaders.
オバマのジョークに笑いと拍手
翻訳中  >> 続く

【 米国時間 2009年4月20日 『米流時評』ysbee訳 】
d0123476_1804271.jpg
閉会式を前に加盟国代表全員がそろって記念写真撮影 ピンクの目立つ女性はアルゼンチンのキルチネル大統領
d0123476_1023580.jpg
d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/9644273/
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/9644273

d0123476_11202865.jpg
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ワンクリックで応援をよろしく!
d0123476_12465883.gif


ブログランキングでは社会経済ニュース部門。クリックで応援をお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ   ブログ村では国際政治部門。ちょっと凹んでます。ここを重点的にクリックを!





d0123476_6311283.jpg
||| 米流時評 ||| 最近の記事リスト   b e i r y u * c u r r e n t
4/20 アメリカン エミスフェール・米半球が微笑んだサミット
4/19 アメリカの半球-1・失われた友情を求めて
4/18 オバマミラクルの握手!「お友だちになりたい」チャベス
4/17 過熱するアデン湾岸戦争でソマリア歩哨基地案も
4/16 復讐を誓う海賊・米国は資金凍結・EU海軍増強
4/14 海軍伝説・ネイビーシールズの殺しのライセンス
4/13 ソマリア沖のボーン・アルティメイタム/海賊3人3発3中d0123476_17124236.gif
4/12 米海軍、ソマリア海賊から人質船長救出に成功!
4/09 時代はハイブリッドカーへ/BIG3ゾンビ部門摘出再生案
4/08 NYモーターショープレス速報!不況克服の大胆な新車続々
4/07 アブルッツォの悲劇 地震生存者の悲痛な声(予定)
4/06 【イタリア中部地震 第2報】激甚被害で非常事態宣言!
4/05 速報!M6.3 イタリー ラクイラ大地震発生、死者50名以上
4/04 号外!北朝鮮ロケットついに発射〜日本政府発表
4/03 万事休す! 発射秒読みに入った北朝鮮
3/30 G20イブ・サミット開幕前夜の超人オバマ
3/29 北の打上げは核搭載ミサイルの可能性〜米諜報部公開
3/28 ネオ紅衛兵?グローバル不況と中国次世代ナショナリズム
3/26 ニューキャピタリズム・資本の活性化を促すガイトナープラン
3/24 資本家は何処へ行った?ガイトナーソルーションの行方


by ysbee-2 | 2009-04-20 18:20 | オバマの時代
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30