米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

2007年 11月 25日 ( 1 )

レバノン戒厳令-2「大統領不在・権力の空白地帯」

f0127501_128435.gif
   ||| 大統領不在で権力に空白地帯 |||
d0123476_14462471.jpg
ラフード任期満了後任立たず、レバノン大統領不在で権力に空白地帯

米国時間 2007年11月25日 | ベイルート発/AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳
前号「ベイルート・戒厳令の夜」からの続き |24日土曜レバノンでは次期大統領を選定できなかったため、国家元首不在のまま空転する政治危機を乗り越えようと、議員達が国会で悪銭苦闘していた。その間フアド・シニオラ首相は「政府軍が国家の治安にあたっているおかげで、レバノンの現状は無事である」と強調した。一方軍指令部は政治的紛争には一切かかわらないことを明らかにし、あくまで国家治安体制に専念した結果、軍隊が時局安定を維持する最良のつてとして、頼みの綱となっている。
前号:ラフード大統領任期満了の当日まで後継者選出の議会投票が行なわれたが、ヒズボラをはじめとする野党が棄権し次期大統領の座は文字通り空白のまま。混乱を予期したラフードは期限切れの2時間前に戒厳令を発して退位した。

Lebanon PM Tries to Calm Presidentless Nation
Army leaders say they will stay out of politics, keep streets secure
NOVEMBER 25, 2007 EST | Associated Press — LEBANON | Translation by ysbee
BEIRUT, Lebanon — Prime Minister Fuad Seniora assured his country Saturday that the military was in control of the streets while lawmakers struggled to overcome a political crisis that has left the country without a president. The army made clear it will stay out of politics, emerging as the country’s best hope for stability.

__________________________________________________________________
NOVEMBER 25, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_197311.gif

 A s s o c i a t e d P r e s s | L E B A N O N

ラフード任期満了後、レバノン大統領不在で権力に空白地帯
米国時間 2007年11月25日 午後7時37分 | ベイルート発・AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_1447147.jpg
1. Beirut calm after turmoil
Beirut remained calm Saturday and shops opened for business following a tumultuous day that intensified fears of street violence between supporters of Saniora’s U.S.-backed government and the opposition led by the Shiite militant group Hezbollah and backed by Syria and Iran.
ベイルート、政治的嵐のあとの静けさ
政局混乱のただ中で、退陣する大統領から最後に発令された戒厳令の夜。米国をバックにするシニオラ親米政権支持派と、シリアとイランを背後に控えるシーア派軍団ヒズボラが主導する反体制派との間で、市街戦が展開されるのではという極度の緊張がピークを迎えた日だった。しかし一夜明けた24日土曜のベイルートは落ち着きを取り戻し、市内のショップも通常通りの営業を再開した。
d0123476_1447422.jpg
ベイルート市内の高級ブティック街も戒厳令直後の政局不安による紛争を怖れて軒並み閉店状態

2. Seniora's first statement
After months of trying, the two rival camps were unable to agree on a compromise candidate to succeed pro-Syrian President Emile Lahoud who stepped down Friday night, leaving a political vacuum. In his first comments since Lahoud left office, Saniora defended his government, saying it will continue to function according to the constitution.
シニオラ首相、空白後最初の声明
与野党両陣営は親シリア派エミール・ラフード大統領任期満了後の後継者を指名するべく、今日にいたるまで数カ月にわたって画策していたが両者の歩み寄りは見られず、ラフード氏は権力の真空地帯を後に残したまま、金曜真夜中に大統領の座を去った。25日朝ラフード氏が大統領官邸を去って以来初めてシニオラ首相は所信声明を発表したが、その中で彼は自分の率いる内閣の立場を擁護し、今後も憲法の認める通り、大統領の臨時代行として執権機能を続けることを明らかにした。
d0123476_1450035.jpg
戒厳令発令直後の23日金曜の夜中から24日未明にかけては与党支持派の群衆が繰り出したが無事に終了

3. Cabinet takes executive power
In the absence of a president, Saniora’s cabinet, which the opposition considers illegitimate, takes executive power under the constitution. “Our main goal in the coming stage, which we hope will not take longer than few days, will be to exert all possible efforts ... to end this situation as soon as possible,” said Saniora.
親米派シニオラ内閣が執権を代行
大統領不在の状況では、野党は憲法違反だと看做しているにもかかわらず、憲法で定められた通りにシニオラ内閣には代理執行権が発生する。「数日以上は続かない事を期待しているが、次の段階におけるわれわれの主たる目標は、あらゆる努力を払って極力すぐにでも、この非常事態を終了することである。」シニオラ首相は、戒厳令後初の所信表明でこのように語った。
d0123476_14523262.jpg
親米・新仏派で知られるフアド・シニオラ首相(右) ベイルート駐在の米国大使と歓談

4. 'There is absolutely no need for emergency'
He dismissed a declaration by Lahoud, who before departing the presidential palace at midnight Friday said the country was in a “state of emergency” and he was handing over security powers to the army. “There is no state of emergency, and there is no need for that,” Saniora said. “There is absolutely no need for any Lebanese to be concerned about the security situation. The army is doing its work and is in full control of the situation on the ground.”
シニオラ「戒厳令の必要性は皆無」
ラフード前大統領が、23日金曜の真夜中に大統領官邸を去る直前に「我が国は非常事態にある。したがって治安の権限はすべて軍部に預ける。」と宣言した内容について、シニオラ首相はその有効性を認めようとせず、次のように発言した。
「非常事態などどこにも存在しないし、またその必要もない。現時点では、いかなるレバノン人も、治安状況について心配する必要はまったくない。軍隊がその任務をまっとうし、国内の治安は完全に制圧され無事である。」
d0123476_14551570.jpg
戒厳令の夜も明けようとしている24日土曜未明のベイルート市内 通りに繰り出した群衆も三々五々解散した

5. Accusation on Hezbollah of obstructing election
Hezbollah and its opposition allies have been able to stymie the government’s hopes by repeatedly boycotting parliamentary votes for a new president, as they did Friday afternoon, leaving it without the required quorum. Pro-government Christian leader Samir Geagea accused Syrian-backed Hezbollah of obstructing the election. “We will not let Syria control again Lebanese politics no matter what happens,” he warned at a news conference.
キリスト教与党、投票棄権のヒズボラを非難
ヒズボラを初めとする野党各党は、後継者の大統領を選定しようとあせる政府の思惑を、議会投票を何度も繰り返して棄権することによって、新大統領選出の可能性を打ち砕いてきた。金曜の午後も彼らはその常套手段を実行し、有効議席数に満たないまま投票は成立せずに終わった。
政府与党のキリスト教政党党首サミール・ギーギー氏は「シリアをバックとするヒズボラが今回の選挙妨害に対して責任がある」と非難した。
「われわれはたとえ何が起きようとも、シリアがレバノン政界を牛耳るような状況を二度と再び許してはならない。」ギーギー氏は記者会見で、国民に向けてこのように警告を発した。
»» 次号 「レバノン戒厳令-3「政局分裂で政府軍結束」へ続く
d0123476_14572346.jpg
レバノンの与党は北部の都市中産階級を票田とするキリスト教政党 シニオラ首相とベイルートキリスト教会枢機卿

【米国時間 2007年11月25日 訳『米流時評』ysbee】

d0123476_16472783.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6632451
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6632451

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今11〜14位。応援よろしくお願いします!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-11-25 15:12 | 中東のパワーラビリンス
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー