米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

2007年 12月 04日 ( 2 )

緊急時評:NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘

f0127501_128435.gif
  ||| 諜報白書で暴かれたブッシュの大嘘 |||
d0123476_18291311.jpg

米国NIEレポート:「イランは核兵器開発を2003年にすでに中止していた!」
「イランの核開発」事実を知りながら国民を騙し続けてきたブッシュ政権の大嘘


d0123476_18552829.gif本日は「プーチン王朝の明日」のレイアウトを終えて翻訳に取りかかるところでしたが、緊急の話題に釘付けのため急遽予定を変更してこちらの記事を先行します。米国のニュースをチェックしている方ならすでに昨日の段階で日本でも報道されてご存知と思うのですが、あらためてそもそもの振り出しからお知らせします。
d0123476_18295879.jpg
時は霜月、十一月の朝(あした)。
DCが丘に記者満ちて、片目つむりの報道官名乗りいで、
諜報の紙、空に「白」示す。
全てイランは核もなし。

などとつぶやきたくなるような仰天のレポートです。単刀直入に言いましょう。(もう三段落目ですが)実はですね、ブッシュ政権がここ数年騒ぎ立てていた「イランの核兵器開発」ですが、この計画はなんと4年も前の2003年に「The End」、国連との約束通りに終わっていた、と言うんですね。で、何が問題かというと、ブッシュ政権はその事実を、米国インテリジェンス即ちCIAやNSAから報告を受けて知っていた、と言う事実が、昨日の段階で公けに暴露されました。
d0123476_18304088.jpg
それで何が問題かですって? ともかく、その事実を知りながらいけしゃあしゃあと「イランは核兵器を準備している」「中東は核戦争の危機に迫られている」「第三次大戦が勃発する危険な状態にある」と、ブッシュ本人が記者会見のたびに繰り返していたんですよ。毎度おなじみの「Big Bold Lie」こちらが赤面するほどの真っ赤っかの嘘八百だった訳です。

ということは、諜報情報を交換しているイスラエルも、当然その事実を知りながらシリアやイランを威嚇していたことになります。これは、単に情報のすれ違いとかそんな生易しい問題ではなく、ブッシュ政権にとっては致命傷の「国民の信頼を完全に裏切った、大統領にあるまじき詐欺行為」で、多分長いこと叫ばれ続けてきた「IMPEACH=ブッシュ政権弾劾」の運動が、本格的に動き出すことになるでしょう。
d0123476_18315446.jpg
今日はCNNとMSNBCの各ニュースショーを代わる代わるチェックしていたので、「ヌースアタマ」になっております。それにしても、イラクに続いてもう少しでイラン戦争へ踏み込ませられるところだった米国民の憤慨は、今やアメリカ全土で爆発寸前の活火山なみです。メディアの連中も相当アタマにきたと見えて、MSNBCでいつもは『COUNTDOWN』のキース・オルバーマンほど糾弾の厳しくない『HARDBALL』のクリス・マシューズでさえ、もう「大統領」とか「ブッシュ」ではなくて「That guy=あいつ」と呼んでいたほどです。

いつものニューズウィークでも、辛口の批評でおなじみのマイケル・ハーシュが、早速間髪を入れずにサイトに時評を出しました。タイトルは「Forget War With Iran」。私ならこうつけたい。「Never Forget That Big Liar」。
d0123476_18323779.jpg
【米国時間 2007年12月4日 『米流時評』ysbee 記】
»» 次号 緊急時評:NIE衝撃レポート1「さらば、イラン戦争」へ続く

d0123476_12434412.jpg記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6685560
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6685560


»» 緊急特集「NIE衝撃の諜報レポート」
d0123476_1746245.jpg時 評  「NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘」
Part-1 「さらば、イラン戦争」
Part-2 「暴かれたブッシュ政権の戦争体質」
Part-3 「大統領選にまで波及するNIEシンドローム」
Part-4 「米外交のUターン・金宛ブッシュ親書の謎」
Part-5 「半島平和?ブッシュ最終章外交の突然変異」

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで3位に入りました!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今15位。がんばらなくては!

d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  |  欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 大事故・大災害  | 世界不思議探検
グローバルビジネス | アップル vs MS  | ニュースで一服

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-04 18:52 | ブッシュと米国政治

プーチン神話・後編「次世代オリガーキーの明日」

f0127501_128435.gif
 ||| プーチン神話・次世代オリガーキーの明日 |||
d0123476_13272637.jpg

新生ロシア奇跡の復興ロシアンルネッサンスを果したプーチンの明日
イェリツィン時代と異なる次世代オリガーキーは繁栄を継続できるか


By オーウェン・マシューズ | ニューズウィーク・モスクワ支局 | 『米流時評』ysbee 訳
プーチン神話・前編「総選挙圧勝とロシア隆盛の秘密」からの続き
止まるところを知らないプーチンの人気は、とどのつまり、無尽蔵に湧き出るかのような豊かな歳入の賜物である。この国家財源のお陰で、プーチンは予算調整や増税といったようなありきたりの手段に出なくても、経済政策を潤沢に実施し、権力の座に安住し続けることができた。

上:プーチン支持の若者団体Nashi プーチンのネオナショナリズムはロシアの新しい世代にも誇りを植え付けた
下:モスクワの広場に面した一等地にお目見えしたプーチン率いるロシア統一党の巨大看板 市内随所で同様の展開
d0123476_13281095.jpg
Myth of Putin – Part 2
Putin has killed off Russian democracy, sown dragon's teeth for the future
By Owen Matthew | Newsweek — Web Exclusive | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — MOSCOW |Putin's popularity is, at base, simply shorn up by an endless stream of free revenue, which gives him the luxury of not having to bother with such mundane concerns as balancing budgets, raising taxation and optimizing economic performance to stay in power.


__________________________________________________________________
DECEMBER 4, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_16135325.gif

N E W S W E E K | M O S C O W

プーチン神話・後編「プーチン王朝次世代オリガーキーの明日」
米国時間 2007年12月4日 | By オーウェン・マシューズ/ニューズウィーク | 『米流時評』ysbee 訳


d0123476_13284763.jpg
1. New wealth of Russian economy
Many of the Kremlin's macroeconomic policies, such as putting aside oil money into a "stabilization fund," have been sensible enough. And Putin is certainly nowhere near as crazed as the world's other petro-demagogues, like Venezuela's Hugo Chávez and Iran's Mahmoud Ahmadinejad (though he is friendly with both). Yet the difference is one of style; in substance Putin, like the others, owes his swagger to one of the great redistributions of wealth of our times, as the industrialized world pours its dollars into the coffers of those countries lucky enough to have mineral and energy resources under their soil.
ロシア新経済の膨大な富の蓄積
翻訳中
d0123476_13293285.jpg
経済さえうまく回れば昔日の怨念も忘却の彼方か プーチンによる虐殺のあったチェッチェンですら与党が大量得票

2. Killing off democracy is a Putin's mistake
Putin's killing off of Russian democracy is worse than a crime—it's a mistake. The president has missed a historic opportunity to create a truly stable Russia. Instead of using Russia's rising prosperity to encourage a functional civil society, a responsible media and truly public-spirited political parties, Putin has done the opposite.
民主主義蹂躙はプーチンの重大な過失
翻訳中
d0123476_13301974.jpg

3. Rubber-stamp government
He has cracked down on critical media outlets and he jailed Russia's richest man, Mikhail Khodorkovsky, after he dared to challenge Putin's political power by funding political parties. He also reduced parliament's powers to little more than those of its Communist-era rubber-stamp predecessor. As Putin's recently appointed prime minister, Viktor Zubkov, observed, "the Duma is no place for discussions."
プーチンの独裁体制と傀儡閣僚
翻訳中
d0123476_13305563.jpg

4. 'In transition stability is everything'
One former top Kremlin official, who spent years in Putin's inner circle, told me last week that the suspension of democracy was all temporary. In time, he said, Russians would be empowered by their newfound freedoms—to travel, to watch and read what they like, to make money and spend it—to demand more rights from their rulers. For the time being, though, "stability is everything—we cannot make any progress without stability, so we are willing to sacrifice democracy for its sake."
民主主義よりも安定した経済成長を選択
翻訳中
d0123476_13315980.jpg

5. Financial empires controlled by inner circle
Yet behind the high-minded talk of having to "manage" democracy for the sake of stability lies a very different, and baser, motivation: Putin and his cronies have eliminated democracy to keep themselves in power, and in business, indefinitely. Vast financial empires are controlled by the individuals in Putin's inner circle.
民営大企業も身内で固める寡占体制
翻訳中
d0123476_1332388.jpg

6. New generation of Putin-era oligarchs
In the Yeltsin days top businessmen known as oligarchs used their connections to the Kremlin to get rich. Now the new generation of Putin-era oligarchs are themselves Kremlin bureaucrats, who have used the power of the state to bring private business under their control. Elections, and the uncertainty they bring, threaten those lucrative businesses. Similarly, a free press is a threat to corrupt bureaucracies everywhere, so it must be stamped out.
プーチン時代の次世代オリガーキー
翻訳中
d0123476_13348100.jpg

7. Powerful reminisce of the old East Germany
Clearly, the Kremlin's managed elections aren't designed to be an instrument whereby the voters can actually remove the incumbent government. Nor are voters actually offered a choice of credible alternatives for whom they wish to rule them. Rather, the system Putin has created is powerfully reminiscent of the old East Germany, where the Russian leader spent the formative years of his career spying on colleagues at the Soviet consulate-general in Dresden—and where communist-approved political "parties" would fight fake elections that posed no danger to the status quo.
旧東ドイツを彷彿とさせる社会統制
翻訳中
d0123476_13344599.jpg

8. Putin sown dragon's teeth for the future
One day, maybe not soon, commodity prices will fall. In destroying the mechanisms of Russian democracy, instead of nurturing them, Putin has sown dragon's teeth for the future. One-party systems are inherently unstable; so are economies dependent on a narrow basket of commodities for their stability. Moreover, Putin has played on ugly nationalism to boost his already sky-high popularity.
一党独裁の危険な傾向
翻訳中
d0123476_13353216.jpg

9. When Russia's economy starts to crash...
He has created creepy, loyalist youth groups to act as shock troops against the enemy of the moment—whether it's Kasparov or troublesome neighbors like the Estonians or the Georgians—whose xenophobic credos could metamorphose into something far darker and more dangerous if Russia's economy starts to crash. Putin killed democracy and has created in its place a secretive oligarchy, one that will doubtless split and squabble as soon as the economic pie starts to shrink—with disastrous consequences for the country's stability.
ロシア経済が破綻するとき
翻訳中
d0123476_13361134.jpg
»» 次号 緊急時評「NEIレポートショック!諜報白書で暴かれたブッシュの大嘘」へ
【米国時間 2007年12月4日『米流時評』ysbee 訳】

d0123476_14342238.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6684315
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6684315

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力です、よろしく!

f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
f0127501_10375846.gif政治経済ニュースで3位に入りました!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_319955.gif社会経済ニュースでただ今18位。がんばらなくては!
d0123476_9295514.gif
||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-04 13:25 | プーチンのロシア
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28