米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

2007年 12月 31日 ( 1 )

誰がブットを殺したか?陰謀と暗殺の迷宮パキスタン

f0127501_128435.gif
   ||| 陰謀と暗殺の迷宮パキスタン |||
d0123476_19223068.jpg

タリバン、アルカイダ、ムシャラフ、政府諜報、CIA…真犯人は誰?
暗殺現場目撃者談と食い違う政府の説明で深まる事件真相の謎を解明


ロン・モロー/パキスタン | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳
前号「第4章 パキスタン・さらば民主主義のアイコン」からの続き

ベナジル・ブット元首相はもし政権を握る首相の座に返り咲いたら、これまでムシャラフ大統領が果たせなかったあまたの公約を彼女の立場で実現すると誓っていた。その一例として、パキスタン国内の数千に及ぶマドラサ(イスラム教の寺院付属の学院)の改革を実行することが挙げられていた。今までにも大半のマドラサで、数十万とまではいかないまでも数万人の貧しい学生たちに対して、ジハド=イスラム教の聖戦理論を教えてきた背景がある。さらにブット女史は、パキスタン国境地帯の民族自治区のジハディストや、テロ戦争の最前線にいるアルカイダと闘争するために、米国が一国だけでユニラテラルな軍事行動をとることさえ、認めようとしていた。
d0123476_19233399.jpg
【訳者注:従来はパキスタン国内への米軍あるいはNATO軍の軍事介入を、ムシャラフ政権はかたくなに断ってきた。その理由のひとつは、軍事独裁政権の主権国家としてのプライドもあるが、実質的な理由としては、米国が叛徒掃討で直接介入すれば、従来米国から供与されていた莫大な軍事援助金(6年間で100億ドル=1兆1400億円)を受ける資格を失うからである。ここにブッシュ政権の軍事産業との癒着が原因で、パキスタンに軍事費をあてがって米国の軍需事業の得意先とさせるからくりが隠れている。これをズバリ指摘してニュースにしたのがバラク・オバマである

d0123476_1924069.jpg
Who Killed Benazir Bhutto?
Benazir Bhutto's assassination has diminished the Pakistani president's already low public standing. How her death could lead to his political demise.
By Ron Morrow | NEWSWEEK — Web Exclusive | Translation by ysbee
Continued from the previous issue — She pledged that if she returned to power she would implement many of Musharraf's failed promises, such as carrying out reforms in the country's thousands of madrassas, or religious schools, many of which teach jihad to tens, if not hundreds, of thousands of poor students. She said she would even allow the United States to take unilateral military action against Pakistani tribal insurgents and Al Qaeda in the frontier areas.


__________________________________________________________________
DECEMBER 31, 2007 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
f0127501_457513.gif

  w w w . N E W S W E E K . c o m

第5章 ブット暗殺の真犯人は誰? 陰謀と暗殺の迷宮パキスタン
ロン・モロー/パキスタン特派 | ニューズウィーク・サイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳

d0123476_19245030.jpg

1. Challenging the Nuke network of Dr. Khan
She also promised to allow the International Atomic Energy Agency (IAEA) to interview Abdul Qadir Khan, the discredited father of Pakistan's atomic bomb who also ran a potentially lethal underground market in sensitive nuclear technology and know-how to such states as Iran, Libya and North Korea. Musharraf placed Khan under house arrest but refused to allow any foreigners to interrogate the scientist about his activities.
核の父カーン博士の疑惑を追求
翻訳中ブット女史はまた、IAEA国際原子力機関に対して、パキスタンの原爆の父と呼ばれるアブドゥル・カディール・カーン博士との会見を許可する約束もしていた。カーン博士は、国際間の微妙な問題である核のテクノロジーと製造ノウハウを、イランやリビア、北朝鮮といったような国家へ売りつけるための、武器のブラックマーケットの地下組織を秘密裏に運営していることでも悪名が高い人物である。ムシャラフ大統領はカーン博士を自宅拘禁状態に置いているが、逆に言うとこの科学者の活動に関して、いかなる国外の捜査の手が及ぶことも拒絶している。
d0123476_19272321.jpg
パキスタンの核の父で北朝鮮、イランに核を売ったカーン博士/英国の関税Gメンで核のネットワークを追求したアティフ・アミン /核の密貿易とテロ戦争の危険な状況をレポートした特集「ドクター・カーンの核のネットワーク」
第1話「ドクター・カーンのグローバルな核のブラックマーケット
第2話「英米 » ドバイ » パキスタン » リビア の核の密輸ルート
第3話「グローバルな核の時代を許した恐怖の構図
第4話「北朝鮮とイランの核所有はカーン発ドバイ経由
テロ戦争黙示録「核のテロ時代のアポカリプス」


2. The most enemy of Islamic extremists
Largely because of those tough, seemingly pro-Western stands, and because she was a woman vying for political power, she became a target of Islamic extremists. Before she arrived home from exile last October, Baitullah Mehsud, a powerful pro-Taliban and pro-Al Qaeda tribal leader in the South Waziristan tribal area, vowed to greet her with suicide bombers. (He later denied any involvement in the October attack on her motorcade in Karachi.)
イスラム過激派最大のターゲット
翻訳中
d0123476_12222663.jpg
パキスタン北西部アフガン国境地帯のパシュトゥン民族自治区ワジリスタンは、タリバンのゲリラ活動の本拠地
関連記事:アルカイダ2.0 タリバンの逆襲


3. Political threat of Taliban and al-Qaiada
But Pakistani militants, the Taliban and Al Qaeda doubtlessly saw her as an imminent political threat. Almost all of the more than 50 suicide bombings that have occurred in Pakistan this year, attacks largely aimed at military targets and senior government officials, have originated from the tribal area, Pakistani investigators say. Several insurgent training camps, which include instruction in suicide and IED attacks, are located in Mehsud's territory.
タリバンとアルカイダの宿敵
翻訳中
d0123476_16342231.jpg
関連記事「アルカイダ2.0 核のテロ」: アルカイダのトップ3 副首領のアイマン・アルザワヒリ、オサマ・ビンラディン(英語読み:ビンレーダン)、アルカイダの内部抗争でザワヒリと覇権を競う若手のナンバー3、アルリビ

4. PPP blames on Musharraf's ignorance
While Islamic extremists are the most likely perpetrators of the attack, many emotional Pakistanis, especially the devoted rank and file of Bhutto's Pakistan People's Party, will blame Musharraf, and the powerful military and civilian intelligence agencies he controls, for the killing. That perception will resonate among many Pakistanis. Already, pro-Bhutto crowds have started antiregime rioting in the major cities of Karachi, Lahore and Islamabad. The house of one government minister has been torched.
警護強化の要求を無視したムシャラフ
翻訳中
d0123476_19254075.jpg
左:10月18日の帰国以来ブット元首相に影のように付き添ってきたパキスタン人民党の秘書ナヒド・カーン
右:イスラム圏で史上初の首相としてパキスタン女性の尊敬を集めていたブット女史の死を悼むカラチの女性


5. Intelligence agencies behind the attack?
At least one Bhutto stalwart has publicly pointed the finger of blame at the regime. "This was not the work of Al Qaeda or the Taliban," says a senior PPP stalwart who did not want to be quoted by name. "She told Musharraf this could happen before she came [back from exile, and] he laughed it off. [Pakistanis] know who is to blame for this." Indeed, many of Bhutto's supporters and Musharraf's opponents will say that the government's intelligence agencies were behind the attack because they saw Bhutto as a threat to the political survival of the president, who has ruled Pakistan since overthrowing Prime Minister Nawaz Sharif in a bloodless coup in 1999.
暗殺の陰にパキスタン軍諜報部?
翻訳中
d0123476_19281330.jpg
12/15で政府軍総司令官を退位し民間の大統領となったムシャラフと軍事独裁体制から一歩民主化したパキスタン

6. Sharif 'The unthinkable has happened'
"This is the darkest, gloomiest day in the history of Pakistan," said Sharif at the Rawalpindi hospital where Bhutto's body lay. "The unthinkable has happened." If the rioting continues, and the popular view that Musharraf may have had something to do with Bhutto's death gathers momentum, then Musharraf may come under heavy pressure to resign. Many Pakistanis may conclude that if he wasn't behind the attack he is responsible for failing to have his ubiquitous security services protect Bhutto.
シャリフ候補「考えられないことが起った」
翻訳中
d0123476_19293273.jpg
ムシャラフ政権のチーマ内相 記者会見の度にブットの死因を変更したため、ついには国際社会が捜査介入する結果に

7. Political storm ahead of election
For now the Pakistani police and paramilitary rangers seem to be handling the emotional civil disturbances that are breaking out. The army is on alert but did not take to the streets in the hours immediately following the attack. That could change if the police are not able to control or subdue the demonstrators and rioters. If Musharraf does call out the military, army head Gen. Ashfaq Kiyani, Musharraf's handpicked successor, could ask Musharraf to step down rather than have Pakistani troops firing on crowds in the streets.
選挙を前に混乱と騒擾の社会情勢に
翻訳中

【米国時間 2007年12月31日 『米流時評』ysbee 訳】
d0123476_19301476.jpg
ブット暗殺の悲報と同時にムシャラフに疑惑を持つ国民が全土で反体制の騒擾行為に 平和と安定から大きく後退した

»» 次号「第6章 どうなる?パキスタンとムシャラフ政権の行く末」へd0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/6877266
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/6877266

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。ランキングのクリックがブログの活力ですので、よろしく!
d0123476_12465883.gif

おかげさまで社会経済ニュースで6位です!
f0127501_12134737.gifブログ村の国際政治部門で1位をキープ。みなさまのおかげです!
d0123476_10141436.gifニュース部門でトップです。みなさまのクリックに感謝します!
d0123476_9295514.gif
»» 米流時評 特集「パキスタン・陰謀と暗殺の歴史」
d0123476_10413398.jpg12/27 米流時評「ブットの暗殺 序章・テロ戦争と核と米国政治」
12/27 第1章「パキスタンの悲劇 ・ブット暗殺の衝撃」
12/28 第2章「ブットの葬列・慟哭と暴動の奔流」(未掲載)
12/29 第3章「ブットの遺言・息子ビラワルが党首後継」
12/30 第4章「パキスタン・さらば民主主義のアイコン」
12/31 第5章「真犯人は誰?陰謀と暗殺の迷宮」
1/01 第6章「どうなる?動乱のパキスタンとムシャラフ政権の行く末」


»» 米流時評 特集「パキスタン・戒厳令の季節」
11/03 米流時評「パキスタン戒厳令の季節・序章」
11/04 戒厳令と米国 前編「民主化十字軍ブッシュのジレンマ」
11/05 戒厳令と米国・後編「テロ戦争と民主化の皮肉な運命」
11/06 ジョー・バイデンの諌言「ムシャラフを切れ」
11/09 ムシャラフの朝令暮改「ブットを自宅拘束後解放」
11/10 ムシャラフの大弾圧「パキスタン国民から猛反撥」d0123476_1746245.jpg
11/10 ブットの警告「パキスタンは爆発寸前の危機」
11/11 ブットの挑戦「国民総決起デモで対立決戦」
11/12 ブットのラホーレ入城「またもや7日間の自宅拘束」
11/16 米流時評「パキスタンの11月革命」民主化への潮目が見えた!
11/22 英雄伝説 前編「戒厳令下のヒーロー イムラン・カーン」


||| 『米流時評』 特集シリーズ |||
次世代冷戦時代  | グローバルウォー | イラク戦争 | 中東のパワーラビリンス | テロとスパイ陰謀
ユーラシアの回廊 | プーチンのロシア | ブッシュと米国政治 | サルコジのフランス | EUとNATO
アルカイダ2.0 核のテロ | パキスタン戒厳令の季節 | アフガン・タリバンの復活 | ビルマの赤い川革命
ダイハード中国  | 欧米の見る日本  | トンデモ北朝鮮  | 世界不思議探検 | グローバルビジネス

[PR]
by ysbee-2 | 2007-12-31 19:56 | パキスタン戒厳令の季節
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー