人気ブログランキング |

米流時評

beiryu2.exblog.jp ブログトップ

2008年 07月 19日 ( 1 )

速報!オバマの大統領研修旅行・第一歩はアフガニスタン

f0127501_128435.gif

  ||| オバマの研修旅行・アフガニスタン |||

d0123476_71252100.jpg
オバマ候補、アフガニスタン、イラク、中東ヨーロッパを視察旅行
戦局熾烈をきわめるアフガン戦線のカブールから第一歩をスタート


米国時間 2008年7月19日 | AP 通信・臨時ニュース |  訳『米流時評』ysbee
アフガニスタン・カブール発 |米大統領選の民主党候補バラク・オバマ上院議員は、選挙運動の一環でもある戦場の米軍基地訪問の第一歩として、19日日曜アフガニスタンに到着したとオバマ選挙事務所のスポークスマンから発表があった。大統領選の全国投票を4カ月後に控えた今回の旅行では、オバマ氏の最初の訪問地にはアフガニスタンが選ばれたが、その次のステップは政治的に複雑な背景をもつイラクを訪問する予定である。オバマ氏は、外交団の一員であるイリノイ州選出の上院議員として、過去にすでに一度イラクを訪問している。
d0123476_19757100.jpg
カブールのNATO駐屯基地ゲートを護るNATO ISAF軍の英国陸軍兵

Obama Lands in Afghanistan to Tour War Zone
Campaign trip to include Iraq, Mideast and European countries
JULY 19, 2008 | Associated Press — NEWSWEEK | Translation by ysbee
KABUL, Afghanistan — Democratic presidential contender Barack Obama arrived in Afghanistan on Saturday, the first stop on a campaign-season tour of war zones, a spokesman said. Less than four months before the general election, Obama's first visit to Afghanistan, with a subsequent stop in Iraq, was rich with political implications, although the Illinois senator flew as part of an official congressional delegation.

__________________________________________________________________
JULY 19, 2008 | 米 流 時 評 | ブログ雑誌『 楽園通信』デイリー版f0127501_6213945.jpg
d0123476_17164267.gif

  A S S O C I A T E D P R E S S | B R E A K I N G

オバマ候補、アフガニスタン、イラク、中東ヨーロッパを視察旅行
米国時間 2008年7月19日 | AP 通信・臨時ニュース |  訳『米流時評』ysbee

d0123476_1838179.jpg
1. Beating down the criticism
文字数制限のため英文省略
戦地体験のなさに対する批判への回答
オバマ氏は、イリノイ州選出の上院議員の立場で外交団の一員として過去にすでに一度イラクを訪問している。大統領選のライバル候補である共和党のマケイン候補は、イラクやアフニスタガンの戦地、中東や中央・南アジアの問題を対処するには、オバマ候補はまだ日が浅いと批判していた。またRNC・全米共和党委員会では、オバマ氏の最初のイラク訪問からすでに900日以上経過している事実をとりあげてもいた。オバマ陣営のスポークスマン、ロバート・ギブ氏から記者団に発表された内容では、オバマ氏は19日朝、アフガニスタンの首都カブールに到着したと伝えている。
d0123476_20102264.jpg
イラク戦争継続に固執してアフガン戦線を軽視していたジョン・マケイン候補は、オバマが2連隊アフガン派兵を提案した2日後に、3連隊必要と急遽主張を変更し「Flip-flopper=変節者」と呼ばれる

2. To grab the situation of the war zone

文字数制限のため英文省略
米軍の戦況を実地把握するための訪問
大統領選の対立候補、共和党のジョン・マケイン上院議員は、オバマ候補は戦地視察の経験が不足していると批判していた。オバマ氏は、この後の視察先としてイラクを回ることも予定している。オバマ陣営の選挙キャンペーンのスポークスマン、ロバート・ギブズ氏の発表では、オバマ候補は19日正午にカブールに到着したと伝えている。ワシントンからカブールまでの空路、彼は最初に給油地のクウェートへ着陸したが、当地駐屯の米軍兵士たちも訪問している。
d0123476_20135417.jpg
アフガニスタンのカルザイ首相とは頻繁に会議を持たねばならない米軍アフガン駐屯部隊のマッキャナン司令官

3. To get a sense both in Afghan, Iraq

Obama advocates ending the U.S. combat role in Iraq by withdrawing troops at the rate of one to two combat brigades a month. But he supports increasing the military commitment to Afghanistan, where the Taliban has been resurgent and Osama bin laden is believed to be hiding. On his trip, Obama intends to meet with Hamid Karzai, the Afghan president. He recently chided Karzai and his government, saying it had "not gotten out of the bunker" and helped to organize the country or its political and security institutions.
戦地の生の声を聴くため
アフガン政府外務省のサルタン・アハマド・バヒーン広報官は、オバマ上院議員がアフガニスタンに滞在中にハミド・カルザイ大統領と会見する予定であることを認めた。18日夕刻アンドリュース空軍基地から出発する際に、彼に随行するふたりの記者にオバマ氏は次のように語った。
「戦地での現状がどうなのかこの目で確かめたいと思う。ご承知のように、アフガニスタンとイラクの両方の戦線で、米軍の司令官たちに耳を傾けて現場の感覚を掴みたい。なによりもまず、いったい彼らの最大の要望が何であるかを理解するためにも。それから、戦地で果敢に闘っている我が国の兵士たちに、感謝の気持ちを伝えたいと思っている。」
d0123476_20183862.jpg
先月カブールでの閲兵式の最中にテロリストのカルザイ暗殺未遂事件があった 写真は爆発音で駆け出す兵士

4. Meeting with al-Maliki as a senator

Also on his itinerary is a meeting with Nouri al-Maliki, the Iraqi leader. On the campaign trail, Obama has said one benefit of withdrawing U.S. troops is that it would pressure al-Maliki to shore up his government as well. Nonetheless, he said he did not plan to reiterate those messages in person. "I'm more interested in listening than doing a lot of talking, and I think it's very important to recognize that I'm going over there as a U.S. senator," he said. "We have one president at a time."
上院議員としてアルマリキ首相と会見
オバマ氏の訪問予定には、イラクのヌーリ・アルマリキ首相との会談も組み込まれている。随分前になるが、オバマ候補は大統領選の選挙運動で遊説中にも、イラクからの「米軍撤退表明の効果の一つは、アル・マリキ首相以下イラク政府首脳部が撤退のプレッシャーを感じて、イラクの自衛力強化を促進するだろう」というものだった。さはさりながら、彼はマリキ首相に面と向かってこうした圧力をかけるような意見は出さない、という個人的立場を次のように強調した。
「私は一方的に意見を押しつけるよりも、相手の話を聴く方にずっと興味があります。私が当地へ出向くのは米国の一上院議員としてであって、その点を強調しておきたい。アメリカには一度にひとりの大統領がいればいいですから。」
d0123476_20163479.jpg
「すべては石油のため」と現在では解釈されているイラク戦争 昨年春以来のサージ=増兵は効果があったか?

5. Sending 2 brigades to Afghanistan

In a speech this week, Obama said the war in Iraq was a distraction, unlike the fighting in Afghanistan. "This is a war that we have to win," he said. "I will send at least two additional combat brigades to Afghanistan, and use this commitment to seek greater contributions — with fewer restrictions — from NATO allies. "I will focus on training Afghan security forces and supporting an Afghan judiciary, with more resources and incentives for American officers who perform these missions."
アフガニスタンへあと2連隊派兵を提案
今週発表した声明の中で、オバマ候補は米国のテロ戦争について次のように述べている。
「イラク戦争でわれわれはつまずいた。しかし、アフガニスタンはちがう。アフガン戦線では勝たねばならない。さらにはNATO諸国も、この地域に対してより高度の貢献を果たすという覚悟を(従来のように軍事面の援助だけでなく、社会制度確立、インフラ整備や教育などの面でも)規制を緩和して協力してほしい。(もし私が大統領になったら)安定化のために、アフガン自衛軍の訓練と司法制度のバックアップに焦点をおきたい。米国政府の関係者がこうした使命を遂行するためには、今以上の人員派遣と援助資金が必要である。」
d0123476_6534371.jpg
タリバンシンパの辺境部族と和平交渉を結んだパキスタンのパシュタン部族自治区はイスラム過激派ゲリラの別天地。「ジハディスタン」「タリバニスタン」とも別称されるこの国境地帯から、アフガニスタンへフリーパスで流入するジハディスト(イスラム聖戦の戦士)があとを絶たない。米国がテロリストグループと認定しているこうしたタリバン側の叛徒が、現在はアフガニスタン・パキスタン両国の政府軍や米・NATO軍を圧倒して、無政府状態に近い。

6. Obama's shift to the central

By contrast, his opposition to the war in Iraq — and call for an end to the U.S. combat role — helped him overcome his rivals in the battle for the Democratic presidential nomination. Lately, his efforts to explain how he will use what he learns from U.S. commanders to refine his proposals have brought charges from Republicans and complaints from Democratic liberals that he seems to be shifting his Iraq policy toward the political center. But Obama maintains his basic goal of ending the U.S. combat role soon remains unchanged and that he's always said the U.S. withdrawal must be done carefully.
オバマの保守化を危ぶむ民主党リベラル
翻訳中
d0123476_20295034.jpg
「イラクからアフガンへの戦線シフト」という旧来のオバマの持論とペンタゴンが今週発表した政策は、結果的に
図らずも一致した 国務総省で戦略変更を発表するミューレン総司令官


7. More stops in Mideast, Europe

Obama also arranged to visit Jordan, Israel, Germany, France and England, traveling aboard a jet chartered by his presidential campaign, before his return to the United States. The weeklong trip marks his only foreign excursion as a presidential candidate; McCain has visited Canada, Colombia and Mexico, in part to highlight Obama's opposition to trade deals with those allies.
ヨルダン、イスラエル、英独仏にも立寄り
翻訳中
d0123476_2034473.jpg
核保有問題でブッシュはイランを悪の枢軸国と決めつけ6年間アフマディネジャド大統領と対立してきた。その間米国は世界の、特に中東アラブ諸国の嫌われ者になってしまったが、オバマが目指すのは軍事侵略ではなく直接対話外交。イランに対してもまず話を聴こうという姿勢だったが、今週同じ体勢を国務省のバーンズ次官がジュネーブで取る。

8. Started from Andrews AFB

Obama began his trip with as much secrecy as a presumed presidential nominee can muster. The senator took an unmarked, corporate Gulfstream-III jet, much smaller than his normal campaign plane, from Chicago to Washington. He was joined by his Secret Service detail, spokeswoman Linda Douglass and two reporters. Obama deplaned at Reagan National Airport in Washington, took one question apiece from the reporters, and then his motorcade departed for a hasty ride to Andrews Air Force Base about 10 miles away in Maryland.
アンドリュース米空軍基地から出発
翻訳中
d0123476_20502278.jpg
連日の遊説でどんなに疲れていても、荷物は自分で持つ……お坊ちゃまクン育ち三代目のブッシュやマケインでは考えられない日常行動。アメリカの庶民は、こんなどうでもいいようだけれど本質が出てるところもしっかり見てます。

9. Hagel, Reed accompanied

Upon his arrival, Obama was greeted by a group of Air Force personnel at the bottom of stairs leading to the military Boeing 737 transporting his congressional delegation. Obama's traveling companions, Sens. Chuck Hagel, R-Neb., and Jack Reed, R.I., were not visible to the reporters, but Douglass confirmed they were already on board the aircraft. Both senators, each a veteran, have been mentioned as potential Obama vice presidential running mates, but Reed has said he's not interested in the job.
ヘーゲル、リード両議員が随行
翻訳中

10. Receiving presidential salutes

d0123476_2043357.jpgAs Obama boarded the plane, luggage in hand, a pair of uniformed Air Force officers at the foot of the stairs saluted simultaneously, as they do each time President Bush boards Air Force One. The only staff member to accompany Obama was a Senate foreign policy aide, Mark Lippert. He is a Navy reservist who returned in late spring from a tour of duty in Iraq.
大統領へと同じ敬礼を受け搭乗
翻訳中






[了]
米国を代表する2大週刊誌『Newsweek』と『TIME』どちらの特集記事カバーにもオバマはすでにマケインの3倍以上の頻度で登場

【米国時間 2008年7月19日 『米流時評』ysbee 訳】

»» 次号「オバマの外交戦略 アメリカが変わる、オバマが変える」
    「オバマのテロ戦争 核とテロの脅威に対応するアメリカの新戦略」へ続く
d0123476_1023580.jpg

d0123476_7294370.gif記事リンク http://beiryu2.exblog.jp/8304409
TBリンク http://beiryu2.exblog.jp/tb/8304409

__________________________________________________________________
いつもご愛読いただきまして大変ありがとうございます。みなさまのクリックがブログの活力です。よろしく!
d0123476_12465883.gif


あと数票で3位に、クリックで応援をよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログ村の国際政治部門では、おかげさまで開設以来トップです!


d0123476_10141436.gif
ニュース部門でトップです。みなさまのクリック、ありがとうございます!
テクノラティお気に入りに追加する テクノラティはお気に入りブログの更新内容が一覧できて大変便利

d0123476_4274095.jpg
||| 『米流時評』テロ戦争関連特集 |||
•中東核戦争 | •中東のパワーラビリンス | •グローバルウォー | •次世代冷戦時代
•アフガン・タリバンの復活 | •アルカイダ2.0・核のテロ | •パキスタン戒厳令の季節
•テロとスパイ陰謀 | •イラク戦争レポート | •ブッシュと米国政治 | •米大統領選

by ysbee-2 | 2008-07-19 16:40 | 2008年米国大統領選
line

世界の動きがよくわかる!激動する国際情勢を、欧米メディアでディープに読む…世界の「今」と真実探求に関心ある知的冒険者へ送るグローバル情報満載ブログ


by ysbee-2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー